au PAYカードとゴールドカードの違いを比較!どっちがおすすめか解説!2021

更新日: クレジットカード

au PAYカードとゴールドカード

auの謹製クレジットカードとして、一般カードの「au PAYカード」と、上位カードの「au PAY ゴールドカード」があります。

基本ポイント還元率が1%と合格水準であり、au PAYチャージでポイント二重取りが可能で高還元のクレジットカードです。

どちらも海外旅行傷害保険が充実しており、ゴールドカードは高還元と豊富な特典をダブルで享受できるのが魅力的です。

どっちがいいのか迷う方も多いでしょう。そこで、au PAY カードとau PAY ゴールドカードの違いを徹底的に比較します。

国際ブランド・使えるお店の比較

au PAY カード、au PAY ゴールドカードの国際ブランドは、どちらもVISA、Mastercardの2種類です。

JCBアメックスダイナースクラブはありません。

VISAとMastercardは、世界中で加盟店が多いのがメリットです。地球上で幅広く使える決済力があります。

国際ブランドのロゴ(VISA・PLUS・Mastercard・maestro・cirrus

JCB・アメックス・ダイナースクラブは海外での利用時は使えない加盟店も多く、結局サブカードとしてVISAかMastercardを持たざるを得ません。

事実、クレジットカードの売上高の世界シェアは、Visaが50%で1位、Mastercardが26%で2位です(NILSON REPORT 2018年4月)。この2つで約76%と圧倒的なビッグ2となっています。飛車角です。

  1. Visa:50%
  2. Mastercard:26%
  3. UnionPay(銀聯):20%
  4. Amex:3%
  5. JCB:1%
  6. DinersClub/DISCOVER:1%

au PAY カード、au PAY ゴールドカードのいずれも、利用可能店舗が広いMastercard、Visaがあるので、不自由なく決済できます。

au PAY カードMastercard、Visa
au PAY ゴールドカードMastercard、Visa

年会費の比較

年会費と書かれたボードを掲げる女性

au PAY カードの年会費は、本会員・家族会員のいずれもau契約者なら無料です。

auユーザーでない場合でも年1回の利用で無料となります。全くカードショッピングの実績がない場合、本会員1,250円(税抜)、家族会員400円(税抜)の年会費が発生します。

au PAY ゴールドカードの年会費は、本会員が10,000円(税抜)、家族会員は1名無料、2名以降1名ごとに2,000円(税抜)です。

ETCカードの年会費はどっちも無料です。ただし、実質的に年会費無料カードであるau PAY カードは、1,000円(税抜)の発行手数料が必要となります。

カード名年会費(税抜)ETCカード(税抜)
au PAY カード無料
(※au非契約者は年1回の利用で無料)
発行料:1,000円
年会費:無料
au PAY ゴールドカード本会員10,000円
家族会員は1名無料、2名以降1名ごとに2,000円
発行料:無料
年会費:無料

ポイント還元率の比較(一般加盟店)

東京ミッドタウン

2つのクレジットカードはどちらも、税抜ではなく、税込金額に対してポイントが貯まるのが地味なメリットです。

税抜980円(税込1,078円)といった場合は端数が無駄になりにくく効率的にポイントが貯められます。

還元率

一般加盟店でのポイント還元率は同一となっており、基本1%です。100円(税込)ごとに1Pontaポイント貯まります。

au PAY カードは利用の都度ポイントが発生します。毎回1円~199円の端数が切り捨てられるのは強烈なデメリットのように感じます。

しかし、100円未満の少額の支払いを多発させない限りは、意外にも影響はさほど大きくありません。

2017年12月の1ヶ月間は、au PAY カードと同じく、1回ごとに端数が切り捨てられるアメックスで485,885円使いました。

アメックスプラチナ

多額の利用をドーンとした訳ではなく満遍なく一般的な日常使いで使用して、利用回数は合計46回、平均利用額は10,563円、利用額の中央値は3,580円です。

485,885円の利用で切り捨てられて損したポイント数は、たったの14ポイントでした。

その他、私は100円未満切捨てのクレジットカードで、合計115,425円利用した例があります。この時に損したポイント数は5ポイントでした。さほど大きな差はないと評価できます。

アメックス・ゴールドを作成して使い始めています。アメックスは利用金額100円毎に1ポイントが付与されます。月間のトータル...

ポイント付与の範囲・公共料金等の取扱い

au PAY カード、au PAY ゴールドカードは、Yahoo!公金支払い(ふるさと納税含む)、NHK受信料、電力・ガス・水道などの公共料金などもポイントの対象です。

Yahoo!公金支払いでふるさと納税する際のポイントも満額が付与されます。一般加盟店と同じです。

ふるさと納税制度が一般に広がっています。2013年からアーリーアダプターに広がり始め、マネー雑誌やマスメディアでも大々的...

アメックスダイナースクラブだと、ポイント付与の対象外だったり、ポイント付与が半減するカードもあります。

公共料金やふるさと納税の支払いもポイント対象なのはメリットです。

有効期間

au PAY カードで貯まるPontaポイントの有効期限は、最後にポイントを獲得してから1年間となります。

特筆すべきなのは、新しいポイントだけではなく、既存の全てのポイントの有効期限が1年間延長することです。

ポイント有効期間は実質無期限と評価でき、ポイント失効の心配なくじっくりと貯められます。

ポイントやマイルを貯められるクレジットカードは、日常のお買い物や課金で得することができます。しかし、ポイントやマイル...

貯まるポイントの使い道

au PAY カード、au PAY ゴールドカードで貯まるPontaポイントは、利便性が高い共通ポイントです。

Pontaポイントはローソン、ケンタッキー、GEO、シェル、ビックカメラ、コジマ、ピザハット、ライフなどにて1ポイント1円で使えるので、現金同様の利便性があります。

PontaポイントはJALマイルとの交換も可能であり、ポン活で「ローソンお試し引換券」を使うと、お茶、お酒、コーヒー、お惣菜、ヨーグルト、お菓子、カップ麺などの多様な商品と1ポイント1.5~3円で交換できます。

優待特典はゴールドカードが格段に豪華

au PAY ゴールドカード

カード会員が利用できるベネフィットは、au PAY ゴールドカードの方が圧倒的に優れています。

年会費は高いものの、au PAY カードにはない独自特典が付帯しています。

特典をフルに使いこなすと、年会費の元を取り戻すことが可能です。

auの金融サービスにはゴールドカードがあります。「au PAY ゴールドカード」という名前です。従来はau WALLET ゴールドカード...

旅行保険

海外旅行傷害保険

海外リゾート

au PAY カード、au PAY ゴールドカードには海外旅行傷害保険が付帯しています。

海外旅行傷害保険の中で最も利用頻度が高くて重要な「疾病・傷害治療費用」に対する保障は、最高200万円と充実しています。

200万円という水準はなんと年会費20,000円(税抜)の三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードと同じで卓越しています。外国でケガ・病気によって医療費が発生した場合に役立ちます。

エポスカードは、海外旅行傷害保険が充実しています。自動付帯であり、カード利用や事前の届け出などの煩わしい条件は一切あ...

au PAY ゴールドカードは自動付帯であり、事前に旅行代金を支払わなくても補償されるのが素晴らしい点です。

au PAY カードは利用付帯であり、事前に旅行代金を支払った場合が対象となっています。

補償項目au PAY カードau PAY ゴールドカード
傷害死亡・後遺障害2000万円5000万円
傷害治療費用200万円200万円
疾病治療費用200万円200万円
賠償責任2000万円3000万円
携行品損害20万円100万円
救援者費用200万円200万円
付帯利用付帯自動付帯

なお、海外では医療費が高い地域も多く、数日間の入院で数百万円といった費用が発生することがあります。

日本の健康保険で帰国後に給付を受けることは可能ですが、あくまで同種の治療を日本で行った場合の費用の一部(現役世代は70%)が補償されるにすぎません。

海外で支払った金額の70%が健康保険から出るわけではない点に大きな留意が必要です。

異なるカード会社が発行する海外旅行保険付きクレジットカードを複数所有している場合、死亡・後遺障害以外の保険金は、複数のクレカの補償額が合算されます。

より傷害・疾病治療に関する保障を充実させる場合は、年会費無料で海外旅行保険が自動付帯のエポスカード横浜インビテーションカードをサブカードとして寝かせておけばカバーできます。

死亡・後遺障害以外の補償は上乗せされるので、使わなくてもお得なクレジットカードです。

国内旅行傷害保険

羽田空港第2ターミナルのエスカレーター

au PAY ゴールドカードには、利用付帯の国内旅行傷害保険が備わっています。

補償項目保険金額条件
死亡・後遺障害最高5,000万円事故の日を含めて180日以内
入院1日につき5,000円事故発生日より180日限度
通院1日につき3,000円事故発生日より180日以内で90日を限度

ショッピング保険「お買物あんしん保険」

アトレのニトリ

au PAY ゴールドカードの方にはショッピング保険が付帯しています。au PAY ゴールドカードで購入した品物の破損・盗難などの損害が補償されます。

主なスペック

  • 補償限度額:年間最高300万円
  • 自己負担額:1回あたり3,000円
  • 補償期間:購入日より90日間

年300万あれば、ほとんどの方にとってはカバーされる範囲です。

電子マネー・Pay対応

電子マネーの端末

プリペイド型電子マネー

au PAY カード、au PAY ゴールドカードは、

楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCAなどの電子マネーへのチャージはポイント付与の対象外となります。

電子マネーにチャージしたい場合は、サブカードとして対応のクレジットカードを使いましょう。おすすめのクレジットカードは下表の通りです。

電子マネーカード名還元率年会費(税抜)
nanacoセブンカード・プラス0.50%無料
楽天Edyリクルートカード1.20%無料
エポスカード0.50%無料
WAONイオンカードセレクト0.50%無料
JALカード (JCB/
TOKYU/DC)
0.5-1.0%2,000-31,000円
モバイルSuicaビックカメラSuicaカード1.50%年1回の利用で無料
「ビュー・スイカ」カード1.50%477円
PASMOTOKYU CARD ClubQ JMB1.00%1,000円
ANA To Me CARD PASMO JCB0.5-1.0%2,000円
To Me CARD Prime PASMO0.50%年50万円以上利用で無料
OPクレジットカード0.50%年1回の利用で無料
京王パスポートVISAカード0.50%年1回の利用で無料
ANA TOKYU POINT ClubQ
PASMOマスターカード
0.5-1.0%マイ・ペイすリボ
利用で751円
JALカード OPクレジット0.5-1.0%2,000円
モバイルPASMO
SMART ICOCA
リクルートカード
(VISA / Mastercard)
1.20%無料
オリコカードザポイント1.00%無料
ヤフーカード1.00%無料

Payサービス

au PAY カード、au PAY ゴールドカードはMastercard/Visaブランドの、Payサービスを幅広く利用可能です。

Kyashd払い楽天ペイなどのスマホ決済に対応しています。

au PAY カード、au PAY ゴールドカードはau PAY チャージがポイント付与対象なので、スマホ決済のau PAY、Mastercardプリペイドカードのau PAY プリペイドカードでポイント二重取りが可能です。

カード名チャージ還元率合計還元率
(チャージ+利用)
au PAY カード1.0%1.5%
au PAY ゴールドカード2.0%2.5%

Apple Pay

iPhone 7とiPhone X(裏面)

7以降のiPhone、Series 2以降のApple Watchは、おサイフケータイに類似するサービス「Apple Pay」を利用可能です。

モバイルSuicaに類似した仕組みで電車・バス等に乗ることができます。また、iD、QUICPayの店舗でお買い物することが可能です。

au PAY カード、au PAY ゴールドカードをApple Payに登録すると、QUICPayとして割り当てられて、全国のQUICPay加盟店でお買い物できます。ポイントも貯まります。

QUICPay(クイックペイ)という事前のチャージが不要な後払い型の電子マネーがあります。ドコモのiDと似たJCBのポストペイ型決...

「QUICPay+」の機能もあるため、QUICPay+加盟店では2万円を超える金額も決済できます。加盟店はビックカメラ、ヨドバシカメラ、コジマ、Right-on、auショップ等です。

Mastercardブランドの場合、店舗でのお買い物だけではなく、Apple PayのWalletアプリ内のSuicaチャージに利用することも可能です。

JR東日本が出しているiPhone用の「Suica」アプリにVISAのカードを登録して、Suicaアプリ内で「クレジットカード」によるチャージを行う場合は、VISAでもSuicaチャージが可能です。

SuicaアプリのSuica一覧画面

Apple PayとSuica、国際ブランドの関係については、以下で解説しています。

Apple Payはクレジットカード・プリペイドカードの国際ブランドのうち、JCB、Mastercard、アメックスが便利に使えます。ダイ...

au PAY カード、au PAY ゴールドカードのいずれも、QUICPayの利用分はポイントの対象。Apple PayのSuicaへのチャージは対象外です。

実際にApple Payを使ってみた感想については、以下にまとめています。

Apple Pay(アップルペイ)を1年間リアル店舗、アプリ(ネット決済)、Suicaに使ってみて、良い点・悪い点が見えてきました。おサ...

セキュリティ

セキュリティのイメージ

au PAY カード、au PAY ゴールドカードのいずれも、不正使用被害を防止するために、24時間年中無休でシステムが監視しています。

ビッグデータの活用による不正検知システムが稼働しており、もし第三者に不正使用されていそうだと検知されたら、カードの利用をいったん保留にしてくれます。

インターネットショッピングでは本人認証サービス(3Dセキュア)の制度があり、一部のインターネットショッピングで利用可能です。

対応加盟店で買い物をするとき、自身が事前に設定したパスワード等を入力するシステムです。

第三者が容易に決済できない仕組みになっており、ネットショッピングの安全性が向上します。

万が一の紛失・盗難時も安心です。24時間体制で受け付けているので、電話をかけたらすぐに対応して利用をストップしてくれます。

まとめ

au WALLET クレジットカードとゴールドカード

au PAY カード、au PAY ゴールドカードはいずれも秀逸なハイ・クオリティー・カードです。最後に比較しやすいように、違いを一覧表にまとめました。

事項au PAY ゴールドカードau PAY カード
決済ブランドVisa、Mastercard
発行条件満20歳以上で本人か配偶者に定期収入
(学生・無職・パートアルバイト除く)
満18歳以上 (高校生は除く)
本人または配偶者に定期収入のある方
年会費 (税抜)本会員10,000円
家族会員は1名無料、2名以降1名ごとに2,000円
無料
※au非契約者は年1回の利用で無料
利用がない場合、本会員1,250円、家族会員400円
ETCカード発行料:無料
年会費:無料
発行料:1,000円(税抜)
年会費:無料
ポイント還元率通常1%(ポイントアップ店あり)
独自ポイントUPau PAY 残高へのチャージで+1.0%
au PAY マーケットで7%還元
auでんき、都市ガス for auは+2.0%還元
-
データ定額プランの優待+10%還元-
Relux優待-
空港ラウンジ-
海外アシスタンスハローデスク-
海外・国内レンタカー-
紛失・盗難保険-
海外旅行傷害保険付帯区分自動付帯利用付帯
傷害死亡・後遺障害5,000万円2,000万円
傷害治療費用200万円200万円
疾病治療費用200万円200万円
救援者費用200万円200万円
賠償責任3,000万円2,000万円
携行品損害100万円(免責3,000円)20万円(免責3,000円)
乗継遅延費用2万円-
出航遅延・欠航搭乗不能費用2万円-
国内旅行傷害保険付帯区分利用付帯-
傷害死亡・後遺障害5,000万円-
入院(1回につき)5,000円-
通院(1回につき)3,000円-
ショッピング保険支払限度額年間300万円年間100万円
免責金額3,000円
担保期間商品購入日から90日間
適用範囲国内・海外
支払方法翌月1回払い、2回払い、ボーナス一括払い、リボ払い、分割払い
キャッシング機能有(キャッシングサービス、カードローン)
発行審査
発行手数料無料

au PAY カード、ゴールドカードは即時利用サービスも開始しており、より一層便利で使いやすくなっています。

au PAY カード、ゴールドカードが2018年6月12日から、カードが届く前にクレジット決済が可能になる「即時利用サービス」を開...

どちらも競争力が高く、メインカードとしてガンガン使うことも可能なハイ・クオリティー・カードです。

au PAY カードは、auユーザーなら年会費無料で利用でき、還元率1.0%でPontaポイントを獲得できます。

セブン-イレブン、マツモトキヨシ、出光、スターバックスカードへのチャージなどau WALLETポイントアップ店だと通常より増量でポイントが貯まり、1.5%以上の還元率に昇華してお得です。

au WALLET ポイントアップ店

ポイント増量店を頻繁に利用する場合は、検討し得るクレジットカードです。

au PAY カード本体

既存のプリペイド式のau PAY プリペイドカードは、チャージ時と利用時にポイント二重取りが可能です。

au PAY(旧 auウォレット)には、プリペイドカードとクレジットカードの2種類があります。 VisaもしくはMastercardブランドの...

au PAYカードなら、au PAY残高へのチャージが1%還元です。Payサービスau PAYau PAY プリペイドカードで支払うと、利用時の0.5%と合わせて合計1.5%還元となります。

au PAY カードは、au PAYチャージで1%のPontaポイントを貯められるクレジットカードです。l内訳:通常1%+利用時の0.5%=...

また、得られるポイントはau PAY プリペイドカードにチャージするとMastercard加盟店で現金同様に使えるのが便利です。

au PAY プリペイドカードとau PAY カード

au PAY マーケット、セブンイレブン等のリアル店舗でお得になるキャンペーンも定期的に開催されていて魅力的です。

また、紛失・盗難保険、お買物あんしん保険、海外旅行あんしん保険などが充実しています。

海外旅行傷害保険は最も利用頻度が高くて重要な疾病・傷害治療費用が200万円とパワフルです。

年会費12,000円(税抜)のアメリカン・エキスプレス・カードは、この補償に関してはたったの100万円に過ぎません。

au PAY カードは、実用性が高い保険が年会費無料カードとしては卓越しており、質実剛健なスペックです。利用金額にポイントを充当できるようになり、便利になっています。

au PAY カード、ゴールドカードは、未確定分のご請求予定額にポイントを充当することが可能です。1,000 WALLETポイントが貯ま...

空前の低金利の時代には、au PAY カードのポイント還元、各種付帯特典は絶大な威力があります。

au PAY カード(旧au WALLET クレジットカード)は、Pontaポイントを1%還元で貯められるクレジットカードです。セブンイレブ...

お得な生活を送れて、浮いた分を貯金したり他のことに使えるようになり、人生を豊かに彩ることができます。

公式サイトau PAY カード 公式キャンペーン

au PAY ゴールドカードは、auの最上級のクレジットカードで、至れり尽くせりのベネフィットを享受できます。

au PAY ゴールドカード

au PAY カードのスペックに加えて、ゴールドカードならではの特典が付帯しています。

スタンダードカードのau PAY カード、Mastercard搭載型のau PAY プリペイドカードにはないベネフィットが豊富です。

au PAY(旧 auウォレット)には、プリペイドカードとクレジットカードの2種類があります。 VisaもしくはMastercardブランドの...

一般の加盟店でも還元率1.0%で、現金同様のPontaポイントが貯まるのが使い勝手良好です。利用金額にポイントを充当することも可能となっています。

au PAY カード、ゴールドカードは、未確定分のご請求予定額にポイントを充当することが可能です。1,000 WALLETポイントが貯ま...

入会特典として最大10,000円分の「au ケータイ・スマートフォンなどご購入クーポン」がプレゼントされます。更に新規入会&利用で10,000円分のポイントが付与されます。

ヨットで航海するリッチな仲間たち

対象料金プランによっては、月額のau利用料金が10,000円(税抜)の場合、年間のポイント還元の上乗せが12,000円となるので、au PAY ゴールドカードの年会費をフルにカバーできます。

このような方ですと、au PAY ゴールドカードは持たないと損といっても過言ではないハイ・クオリティー・カードです。

au PAY ゴールドカードはauで至れり尽くせりのベネフィットを享受できます。auユーザーにとっては絶大なメリットがあるゴールドカードであり、最強クレジットカードです。

こんな方におすすめ

  • au料金が高い
  • 諸々のボーナスポイントを得たい
  • 空港ラウンジを利用したい
  • 充実の付帯保険に魅力を感じる

携帯電話の支払いにおすすめのクレジットカードの筆頭であり、auユーザーにとっては絶大なメリットがあるゴールドカードです。ドコモのdカード ゴールドと比較してもエッジが効いています。

慈愛さえ感じるようなお得さ、プライスレスのスペシャルな特典が満載であり、無尽蔵に湧出される豊潤さには身震いする程です。

オンリー・ワン、スペシャル・ワン、エアフォース・ワンのパワーがあります。歴史の偉人で例えると、ジャンヌ・ダルクのようなパワーがあります。

auの金融サービスにはゴールドカードがあります。「au PAY ゴールドカード」という名前です。従来はau WALLET ゴールドカード...

au PAY ゴールドカードの卓越したポイント還元、スペシャルな特典お得度は絶大な威力があり、ふつふつと喜びが湧き上がってくる世界へ雄飛することが可能になります。

慈愛さえ感じるようなお得さがあり、無尽蔵に湧出される豊潤さには身震いする程です。

公式サイトau PAY ゴールドカード 公式キャンペーン

ただし、auの契約がない場合、料金が大きくない場合はメリットが乏しいのが難点です。

その場合はau PAY カード、もしくは年会費無料のゴールドカード年会費が安い格安ゴールドカードゴールドカード格安プラチナカードがおすすめです。

-クレジットカード
-,

© 2014-2021 The Goal