三井住友カード プリファードとゴールド(NL)のクレカ積立が改悪!代わり&損益分岐点を解説

サイト運営費用を賄うための運営ポリシー

4枚の三井住友カード

三井住友カード&SBI証券のクレカ積立において、年500万円以上ナチュラルに使っていた方を除き、プラチナプリファード会員にとって改悪となりました。

クレカ積立の還元率が、三井住友カード プラチナプリファードは5%→前年500万円利用で3%・前年300万円だと2%・前年300万円未満は1%に大改悪。

三井住友カード ゴールド(NL)会員の場合、前年100万円以上使う場合はこれまで通り1%ですが、前年10万円以上100万円未満の場合は0.75%・前年10万円未満だと還元率0%です。

三井住友カード(NL)等の一般カード会員は、前年10万円以上だと0.5%、未満なら0%となります。

これらの利用額にはクレカ積立は含まれませんので、純粋なカードショッピングやプリペイドカード等へのチャージで達成する必要があります。

年100万円利用で1万ポイントのボーナスがつき、年会費無料で維持できるゴールドカードであるゴールド(NL)会員なら許容範囲です。

しかし、プラチナプリファードの場合は、ほとんどの方にとって改悪です。ただし、年500万円以上使う方なら、これまでよりお得になります。

なぜ改悪なのか

三井住友カード ゴールド(NL)の郵便物

クレジットカードによる投信積立でカード会社が得られる手数料は大きくなく、ポイント還元を考慮すると採算は厳しいです。

楽天カード&楽天証券au PAY カード&auカブコム証券のように、同じ企業グループ内の場合は、全体的な顧客拡大や証券販促の観点で目をつぶれます。

しかし、三井住友カード&SBI証券や、マネックスカードのアプラス&マネックス証券のように、別企業の場合は、月5万円までなら我慢できたようですが、月10万円となると限界なのでしょう。

今後も三井住友カード&SBIを使う場合、おすすめは1度でも年100万円利用したら年会費が無料となり、投信積立が1.0%付与の三井住友カード ゴールド(NL)です。

三井住友カードゴールド(NL)と三井住友カード(NL)の違いを比較!どっちがおすすめか解説
銀行系クレジットカードで、年会費無料で維持できるクレジットカードの筆頭が、ナンバーレスの三井住友カード(NL)、ゴール...
三井住友カード ゴールド(NL)と三井住友カード ゴールドの違いを比較!どっちがおすすめか解説
銀行系クレジットカードで、コスパが良いゴールドカードの筆頭が、ナンバーレスの三井住友カード ゴールド(NL)、一般カード...

無条件で年会費無料なのは三井住友カード(NL)、還元率が最大3%でNo.1なのは、三井住友カード プラチナプリファードです(年会費は税込33,000円)。

SBI証券はお得なキャンペーンを行っています。3,000円分のAmazonギフト券が当たります。

口座開設・維持・入金・出金の手数料は無料です。費用は一切かかりません。

まだ口座をお持ちでなければ、この機会にぜひ口座開設してみてはいかがでしょうか。

blank

損益分岐点:年500万円以上ならプラチナプリファード、未満だとゴールド(NL)がお得

三井住友カード プラチナプリファード

三井住友カード プラチナプリファードは、2024年10月10日積立設定締切分(2024年11月1日買付分)以降、SBI証券での投信積立が最大3.0%Vポイント付与(それまでは5.0%)で、ソラシドエアマイルに交換すると6%マイル還元となります。

※2024年9月10日(火)積立設定締切分(2024年10月1日(火)買付分)までのポイント付与。以降は対象カードごとのカードご利用金額などに応じたポイント付与率になります。
※三井住友カードつみたて投資の利用金額は、プラチナプリファードの新規入会&利用特典、継続特典の付与条件である利用金額の集計対象外

また、ETC利用分と外貨建て決済は3%となり、国内の特約店では2%以上の還元率です。

2%(税抜)の外貨事務処理手数料が必要ですが、Vポイントの還元率が3%(ソラシドエアマイルへの交換なら6%マイル還元)なので、コストを上回る価値を享受できます。

さらに年100万円利用ごとにボーナスポイントを獲得可能で、コンシェルジュはメール依頼可能で使い勝手がよいVPCCです。

年間ボーナスポイントの上限は年400万円利用なので、年400万円利用時が最高還元となります。

SBI証券での投信積立は最大3%であり、最大1%の三井住友カード ゴールド(NL)と比較すると、最大+2%となります。

この最大+2%を考慮した場合、年500万円カードショッピングし、かつ投信積立を月10万円行うと、年会費をマイナスしても実質最大2.12% (※)となり、実質最大2%のゴールド(NL)よりお得です。

※基本1%+特定の支払い方法ボーナス0.5%+年間ボーナス0.8%相当+投信積立のゴールド(NL)との差(年24,000円相当)。

年間利用額基本1%マイペイす
0.5%
年間
ボーナス
投信積立
の差 (※)
合計-年会費還元率
100万10,0005,00010,0000-8,000-0.80%
200万20,00010,00020,000017,0000.85%
300万30,00015,00030,00012,00054,0001.80%
400万40,00020,00040,00012,00079,0001.98%
500万50,00025,00040,00024,000106,0002.12%

年会費無料ゴールドカードであるゴールド(NL)に対する上乗せ

一般加盟店での還元率は、年会費マイナス後でウエル活なら約3.18%、ANAマイルは最大1.48%、JALマイルは最大1.27%に昇華します。

その他、外貨建決済・ETC3%、他特約店(プリファードストア)で2%以上の高還元となります。

年500万円利用して、SBI証券で月10万円の投信積立を行うなら、三井住友カード ゴールド(NL)よりお得になりますが、ハードルはかなり高めです。

三井住友カード プラチナプリファードの口コミ!ポイント・メリット・デメリットを解説
三井住友カード プラチナプリファードというクレジットカードがあります。ポイント還元に強みがあるタイプのプラチナカードで...

なお、2024年10月買付分までは投信積立が5%還元なので、それまでなんと月5千円です。

初年度の年会費3.3万円は入会キャンペーンの4万+紹介特典で相殺できますし、1年で解約するのはありだと考えます。解約時に年会費無料のオファーが出ることも。お得な入会キャンペーンは魅力的です。

三井住友カード プラチナプリファードの入会キャンペーンは年会費を超えてお得!
三井住友カード プラチナプリファードは、入会キャンペーンが豪華なのが特徴です。さすが大手クレジットカード会社の三井住友...

なお、年500万円未満の方は、三井住友カード ゴールド(NL)のVisa&Mastercard、三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールドのVisa&Mastercardを複数枚持ちするのがお得です。

ただし、クレカ積立以外の特約店の利用や、VPCC等の限定特典を活用する場合は、年300万~400万でもプラチナプリファードが選択肢になり得ます。

代わりの候補

三井住友カード以外でも、多数のクレジットカードで投資信託の積立投資が可能です。

証券会社名クレジットカード対象
投信
ポイント還元
SBI証券三井住友カード
三井住友カードNL
三井住友カード ゴールドNL
三井住友カード プラチナプリファード
三井住友カード プラチナ
ANA VISAカード
ANA Mastercard
多数0.5%のVポイント
一部カードは1~5%
改悪後は最大0.5~3%
マネックス証券マネックスカード多数マネックスポイント
5万円まで1.1%
5万超は0.2~0.6%
auカブコム証券au PAYカード
au PAYゴールドカード
多数1.0%のPontaポイント
楽天証券楽天カード
楽天ゴールドカード
楽天プレミアムカード
多数最大1%の楽天ポイント
※別途、楽天キャッシュ
での積立は0.5%
PayPay証券PayPayカード数十0.7%のPayPayポイント
※別途PayPay残高で0.5%
※各月5万円が上限
大和コネクト証券セゾンカード数十0.1~1%の永久不滅ポイント
tsumiki証券エポスカード4本0.1%~0.5%の
エポスポイント
セゾンポケットセゾンカード2本0.1%~0.5%の
永久不滅ポイント

※上限はすべて月10万円(楽天証券は楽天カード10万+楽天キャッシュ5万、PayPay証券はPayPayカード5万+PayPay残高5万)

SBI証券での投信積立は、カードのグレードごとに還元率が異なるのが特徴。三井住友カードシリーズのゴールドカードは1.0%、プラチナカードは2.0%還元です。

カード名還元率
三井住友カード ゴールド1.0%
三井住友カード ゴールド(NL)1.0%
三井住友カード プラチナプリファード5.0%
三井住友カード プラチナ2.0%

※コストがお得な三井住友カード ゴールド(NL)、2024年10月までは三井住友カード プラチナプリファードがおすすめ

特におすすめ

クレジットカード以外で妙味がある積立としては、楽天証券での楽天キャッシュ(0.5%還元)、PayPay証券でのPayPay残高(0.5%)、三菱UFJ銀行(最大0.3%のPonta還元)もあります。

au PAYカード&auカブコム証券は月10万円まで1%還元!auユーザー以外もOK

au PAYカードのauカブコム証券での投信積立

au PAYカード&auカブコム証券は、月10万円まで1%還元です。

au PAYカードは年会費無料カードですので、誰でもお手軽に利用可能。もちろんauユーザーでなくても使えます。

au PAYカード&カブコム証券のクレカ投信積立がお得!1%のPontaポイント還元
auカブコム証券は2022年3月28日(月)から、au PAYカード決済による投信積立サービスを開始しました。auカブコム証券にてau PAY...

auカブコム証券にてau PAYカード決済で投資信託を積立すると、1%のPontaポイントを得られます。

積立できる毎月の金額は5万円が上限。5万円をau PAYカードで積み立てると500 Pontaポイントを獲得可能です。

低コスト&低リスクの債券投信も対象なので、即売り希望の方にはハイ・クオリティーのクレカ積立サービスとなっています。

Pontaポイントは、ポン活で1P=2円程度、au PAYふるさと納税で1P=1.5円で利用可能。お得に使えるシーンが多いです!

また、ケンタッキーチキンマイルという会員プログラムがあり、お得な仕組みも存在しています。

auカブコム証券のクレカ投信積立は、毎月100円~5万円の範囲で設定でき、特定口座、一般口座、一般NISA、つみたてNISAに対応しています。

auユーザーならau PAY ゴールドカードがお得です。年会費10,000円(税抜)でauユーザーにとってお得な仕組みが満載の特典が付帯しています。

詳細は以下で精緻に分析しています。

au PAY ゴールドカード 2024!メリット・デメリット・特典・ポイントを解説
「au PAY ゴールドカード」は、一般クレジットカードであるau PAY カードと同様のポイント還元率・特約店でのポイントアップ...

楽天証券は0.5%~2%

楽天カードの種類

楽天証券のクレカ積立(低コストインデックス投信)は、楽天カード0.5%、楽天ゴールドカード0.75%、楽天プレミアムカード1%です。

インビテーション制の楽天ブラックカードは2%であり、三井住友プラチナプリファードの5%に次いで高還元となっています。

各楽天カードはお得な入会キャンペーンを開催しています。

マネックスカードは最大1.1%還元

マネックスカード(クレカ積立)

クレジットカードのマネックスカードを保有すると、マネックス証券で月5万円まで投信積立で最大1.1%のマネックスポイントを得られます。

年会費無料カードなので、サブカードとしておすすめです。

マネックスカードのメリット

一部の国内債券投信は対象外ですが、低リスクの投信もあるので、ほとんどのケースでは即売りで利益ができます。

最大1.1%という高還元率で投信積立が可能なのはエッジが効いています。

公式サイトマネックス証券 公式キャンペーンblank

月5万円まで0.7%還元のPayPayカード

PayPayカード」は年会費が無条件で0円なので、サブカードとして使いやすくなっています。

クレカ積立では月5万円まで0.7%還元となり、三井住友カード(NL)よりは高還元です。

一般加盟店では1%で得たPayPayポイントを投資に使えます。

PayPayカード

ポイント運用の他、PayPay証券では投信購入に充当可能です。投資信託を買う場合は、購入手数料はありません。

積立てのイメージ写真

PayPayカードは資産運用できるクレジットカードの筆頭です。投資ができるカードは類稀であり、一歩先に進んだ画期的なスペックを備えています。

PayPayカードの口コミ!ポイント還元率・メリット・デメリットを解説
PayPayカードは、Yahoo! JAPANグループのクレジットカードです。基本還元率1%、Yahoo!ショッピング・LOHACOでは合計5%、ポ...

PayPayカードの入会キャンペーンはお得で、大量のポイントを獲得可能です。

公式サイトPayPayカード 入会&利用特典

月10万円まで最大1%還元の大和コネクト証券

大和コネクト証券&セゾンカードのクレカ積立では、一般カード0.1~0.5%、ゴールドカード0.5%、プラチナ・カード1.0%の永久不滅ポイントを得られます。

-クレジットカード, 証券会社, 投資信託・ETF, 三井住友カード