The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

tsumiki証券が光臨!丸井の証券会社で投信の積立投資が可能!株式・REIT・ETFはなし

更新日: 証券会社 投資信託・ETF エポスカード クレジットカード

丸井・エポスカードのビルのロビー

丸井グループが「tsumiki証券」の事業を2018年9月以降に開始します。つみたて投資による投資信託の購入に限定されたユニークな証券会社です。

エポスカードで投信の買付けが可能でエポスポイント、JRキューポ等のポイント還元の対象です。Webサービスも用意されるのでネット証券のように対面でのやり取りなしに利用することも可能です。

日本株、外国株、ETF、REIT、ETNなどの取り扱いはありません。投信もスポット購入の仕組みはなくて毎月一定額を購入する方式のみとなっています。

つみたてNISAと同じ方式で投資信託を購入できる証券会社で初心者向けとなっています。

tsumiki証券のメリット、デメリット、お得な使い方について、注意点を完全網羅してわかりやすく徹底的に解説します。


tsumiki証券とは

丸井は収入や世代を問わずあらゆる人々が豊かなライフスタイルを実現できる金融サービスを提供すること(ファイナンシャル・インクルージョン)を、事業のミッションとしています。

お金には夢・希望・安心・大切な人と過ごすための礎など、一人ひとりの想いが詰まっている一方で、多くの方がお金に関する心配や不安を抱いています。

そうした情勢下、丸井は「こつこつ・ゆっくり・自分のペース」の積立投資が最も無難だと考えて、つみたて専門の証券会社を設立しました。

丸井(マルイ)の店舗

tsumiki証券は投資信託の積み立てを通じて、顧客が安心してお金を育てることに寄与することを目指しています。

そうした思いが漢字にすると「積み木証券」になる「tsyumiki証券」という名前に込められています。

具体的には、「つみたてNISA」対象の投資信託のうち厳選された投信を、毎月一定金額エポスカードの1回払いで購入することが可能です。

クレジットカードによってつみたてNISAのように毎月コツコツと投資でき、投信のつみたて投資による長期の資産形成が可能になります。

エポスカードは若年層・女性が顧客のボリュームゾーンとなっている稀有なクレジットカード会社です。

カード会員657万人(2018年3月末時点)のうち、約52%が20代・30代で、約7割が女性となっています。

乾杯する女性

2017年の内閣府「国民生活に関する世論調査」によると、10代~30代の若年層の約6割が「将来のために」貯蓄や投資などで備えていると回答しており、将来の備えを重視する若年層が増えてきています。

また日本は先進国中で資産に占める不動産の割合が高く、リスクテイクはそこで終了している傾向があり、金融資産に占める現預金の割合は低い傾向にあります。

家計金融資産の伸びが諸外国に比べ低水準となっていることから、金融庁は「貯蓄から資産形成へ」を推進しています。

このような背景を踏まえて、丸井はフィンテック事業においてtsumiki証券を設立して、新たな資産形成サービスの提供を開始しました。

tsumiki証券は顧客が明るい未来を想像できて、夢の実現に向かって歩み出すためのお手伝いをしていく方針です。

証券総合口座とつみたてNISAの2種類の口座があり、まずは証券総合口座を解説する流れとなります。

tsumiki証券を利用するには、エポスカードを保有する必要があります。エポスカードの情報に基づいて口座開設するため、入力項目が少なくてサクサクと手間なく手続きできます。

メリット

マルイの店舗

エポスカードで投信を購入可能でポイント還元

tsumiki証券ではクレジットカード決済で投資信託を購入できます。これは日本初のスキームです。これは史上初であり、類稀な仕組みとなっています。

ナンバーワンになれなくてもオンリーワンならいいどころの話ではありません。No.1でもあり、Only Oneでもあるのです。

チャンピオンズ

tsumiki証券では3,000円~50,000円の範囲内で、月5万円を上限に投資信託の定期的な購入が可能となっています。

つみたてNISA対象の投信を購入できるということであり、つみたてNISAそのものではないので年40万円という制限はありません。

通常のカードショッピング、インターネット料金や携帯電話などの固定費の利用代金と一緒に、毎月銀行口座から引き落とすことが可能です。

利用は1回払いのみとなっており、金利・手数料などは一切発生しません。完全無料で利用可能です。

スタンダードカードのエポスカードは年会費・発行手数料なども無料なので、完全無料でtsumiki証券で投信購入が可能です。

年間の購入金額、積み立て期間に応じてエポスポイントもプレゼントされます。

ポイント還元率は、1年目は積立金額の0.1%、2年目は0.2%、3年目は0.3%、4年目は0.4%、5年目以降は0.5%となります。

クレジットカード特有の後払いでキャッシュフローが改善されるだけではなく、ポイント還元で得することも可能でファンタスティックです。

マイナス金利の状況では支払いの繰り延べに大きなメリットはありませんけれども、資金繰りが楽になるのは着実なメリットです。

  • 27日払い:前月の28日~今月27日の利用→翌月27日の支払い
  • 4日払い:前月の5日~今月4日の利用→翌月4日の支払い

tsumiki証券に口座開設すると、2018年10月以降に「オマモリ」という物品がプレゼントされます。

tsumiki証券のオマモリ

ゴールドカード・プラチナカードのボーナスポイントの算定対象

エポスゴールドカードエポスプラチナカード会員は、年間利用額に応じてボーナスポイントを得られます。

エポスゴールドカードの場合は、年間50万円の利用で2,500円、年100万円以上で1万円相当のエポスポイントが付与されます。

エポスプラチナカードは100万円以上で2万ポイント、200万円なら3万ポイント、300万円で4万ポイントです。

エポスプラチナカードの年間利用額画面

この年間利用額にtsumiki証券での積立金額は算入されます。月5万円を積み立てると年60万円となり、年間ボーナスポイントを獲得しやすくなります。

Webサービス・丸井店頭での顧客サポート・セミナー

丸井グループの証券会社らしく、tsumiki証券はネットとリアルの融合を図ってサポートサービスを展開します。

シンプルで分かりやすいWebサービスを軸に、マルイ店頭で投資初心者向けに入門セミナーやフォローセミナー等を開催します。

また、お金に関する相談窓口や口座申込みサポートなども用意して、Webだけではなくリアルで顧客一人ひとりに寄り添ったサービスや学びの場を提供します。

インターネットやスマホアプリで自分で調べて手続きしたいという方向けにしっかりとWebサービスを展開して、対面や電話で相談したいという方には相談窓口を用意します。

迷いのない絞り込まれた商品ラインナップ

日本国内では約6,000本という膨大な数の投資信託が販売されています。

tsumiki証券で購入できるのは、「お客さまが長期の資産形成をしていただくのにふさわしい商品である」と判断されたた4本の投資信託に限定されています。

運用会社 投資信託の名前
ひふみ投信 ひふみプラス
セゾン投信 セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
セゾン資産形成の達人ファンド
コモンズ投信 コモンズ30

低コストインデックス投信、評判・口コミが良好なアクティブ投信が厳選されています。

知名度抜群のひふみ投信は、2018年6月末基準ではTOPIX(配当込)を凌駕するパフォーマンスを継続的に叩き出していてファンタスティックです。

期間 ひふみ投信 TOPIX(配当込)
過去1ヵ月 -0.2% -0.8%
過去3ヵ月 1.9% 1.1%
過去6ヵ月 0.2% -3.7%
過去1年 23.0% 9.7%
過去3年 57.9% 13.2%
設定来 419.7% 94.3%

これは2018年6月末だけではなく、ほとんどの時期で同様の状況となっています。

実際に私もひふみ投信に少額を投資したところ、約5年3ヶ月が経過した2018年6月末時点で約+198%という驚異的なリターンとなっています。

ひふみ投信のトータルリターン

もし100万円を投資していたら、298万円になった計算です。ひふみ投信の運用実績は素晴らしかったというのが私の5年間の体験談・口コミです。

tsumiki証券では日本株から外国株まで幅広い国際分散投資が可能となっています。

デメリット

tsumiki証券のデメリットは、エポスカードを保有しないと利用できない点です。

また、積立金額が3,000円以上50,000円以下となっており、3,000円未満あるいは50,000円を超える金額を購入したい場合は不便です。つみたてNISA口座は年40万円が上限となります。

また、0.1%~0.5%のポイント還元は購入金額に対して付与されます。SBI証券は月間平均保有金額の0.03~0.2%が付与されます。

SBI証券には「投信マイレージサービス」というサービスがあります。対象投資信託の月間平均保有額に応じてSBIポイントが獲得できる制...
SBI証券が2017年10月中旬から投信積立を大幅に拡充しました。2006年から11年以上も積立サービスを提供している老舗が更なる進化を成し...

楽天証券の楽天スーパーポイント還元も保有金額に対して付与されます。tsumiki証券は購入金額のみであり、保有残高に対する還元がないのがデメリットです。

楽天証券で2017年8月26日から、楽天スーパーポイントで投資信託を購入できるようになります。お買い物やクレジットカード、ポイントカ...

また、楽天証券に口座がなくても投資が可能な「ポイント運用 by 楽天PointClub」もあります。

楽天スーパーポイントを利用して投資ができる「ポイント運用 by 楽天PointClub」が2018年10月3日(水)12時に開始しました。手数料は無...

2018年10月27日から楽天カードのクレジット決済で投信積立が可能になり、1%の楽天スーパーポイントを貯めることも可能になりました。

楽天カードのクレジット払いでポイント還元を受けながら、楽天証券で投資信託の積立ができるサービスが開始します。還元率は通常のカ...

更に、tsumiki証券では投資信託の積み立て購入しかできない点もデメリットです。つみたてNISAと同じような定期的購入しかできません。

最も期待リターンが高くて低コストの個別株式への投資が不可能なのが大きなデメリットです。配当利回りが6%近い銘柄もあるREITも購入できません。

個別株式への投資は投資信託よりは難易度が上がりますが、20~30銘柄程度に分散すれば、教科書的には投信に近いところまでリスクを抑制できて期待リターンは変わらない状態を作れます。

初心者には株主優待株への分散投資もおすすめです。優待をもらっても株価下落で損したら意味ないと感じるところですけれども、着実なインカムゲイン的なリターン獲得は侮れません。

コロワイドの株主優待(鰻)株主優待でアサヒメロンブロンコビリーのサラダバーブロンコビリーのサラダブロンコビリーのお肉

大庄の雅パンは類まれなるゴージャス感、たくましいテクスチャー、濃密な香り、深く鎮まる重厚な味わいが素晴らしく、卓越した美味しさです。

大庄の株主優待 (雅パン)

業種をばらして適当に優待株に分散投資したとしても、TOPIXや日経平均に対する超過リターン獲得は十分に可能だと考えます。

しかし、tsumiki証券では投資信託の積立投資のみなので、株式投資ができないのがデメリットです。

投信積立は投資初心者、株式投資で勝てない方向けの仕組みであり、投資の玄人、株で勝てる人ですと利用価値に乏しいのが最大のデメリットです。

株式投資を行いたい場合は、手数料が安いネット証券がおすすめです。対面証券はある程度資金量が多くないとメリットがありません。

幾多のインターネットの証券会社がある中で、おすすめのネット証券については、以下で徹底的に解説しています。

インターネットが生活の隅々まで浸透しています。証券取引もオンラインのネット証券が低コストで便利です。IPO・PO・BO取引に本格的に...

大手総合証券ですと、SBI証券楽天証券マネックス証券松井証券カブドットコム証券あたりが有力候補です。

手数料の安さではDMM 株ライブスター証券GMOクリック証券SMBC日興証券(信用取引)が候補です。

松井証券は約定代金が1日10万円までなら日本株の売買手数料が無料なので、1日10万円までは松井証券で取引するとオトクです。

岡三オンライン証券は1日定額制の場合は現物取引、信用取引がそれぞれ手数料無料となり、合計で1日40万円まで無料で売買可能です。

岡三オンライン証券が2017年12月25日から、国内株式取引手数料を引き下げます。現物取引、信用取引(制度・一般)の両方が対象です。1...

ネット証券の現物株式取引、信用取引の手数料については、以下で徹底的に比較しています。

2017年9月にはSBI証券と楽天証券が1日定額コースの手数料を、11月27日からはマネックス証券、SBI証券が信用取引の取引毎手数料を引き...

ネット証券大手のSBI証券、マネックス証券、楽天証券、松井証券には以前にインタビューに伺いました。ネットでは公開されていない事項まで徹底的にヒアリングしました。

幾多のネット証券がある中で、日本で最も人気があるネット証券がSBI証券です。口座開設数(430万)、NISA口座数(100万)はネット証券NO.1...
  数多くのオンライン証券の中で日本で一番人気のネット証券はSBI証券です。口座開設数(430万)、NISA口座数(100万)はネット証券NO.1(...
楽天証券という楽天グループのネット証券があります。日本の大手ネット証券の一角であり、大人気で存在感がある証券会社です。業界最...
日本の大手ネット証券の一角がマネックス証券です。1999年創業以来、次々と先進的なサービスを提供してきており、日本初のサービスを...
日本を代表する大手ネット証券の一角が松井証券です。約100年の歴史があり、大正・昭和・平成と時を紡いできました。日本初のボックス...

SBI証券は当サイト経由でお得なキャンペーンを行っています。桐谷さんの直筆サイン本が当たります。

口座開設・維持・入出金は無料です。まだ口座をお持ちでなければ、この機会にぜひ口座開設してみてはいかがでしょうか。

松井証券は10万円以下手数料無料の他、一般信用売りが可能でIPOに申し込めるのが大きなメリットです。

松井証券というネット証券があります。5大ネット証券の一角であり、日本を代表する証券会社です。松井証券は日本株の取引の仕組みにメ...

松井証券も当サイト限定タイアップキャンペーンを実施しています。最新の税制に関する書籍がプレゼントされます。

大手ネット証券の一角で約100年の歴史を誇る松井証券は、お得なキャンペーンを開催しています。口座開設キャンペーンはもちろん、開設...

岡三オンライン証券でもNISA口座、ジュニアNISA口座があり、積立NISAの導入も考えられます。

岡三オンライン証券のタイアップキャンペーン

岡三オンライン証券は事前入金不要のIPOが魅力的なネット証券です。老舗証券の岡三証券グループのネット証券で安心感・信頼性も高いです。

岡三証券グループにはネット証券「岡三オンライン証券」があります。使い勝手がよくて投資に役立つツールに定評のあるネット証券です...
創業10周年を迎えた岡三証券グループの専業オンライン証券「岡三オンライン証券」に取材したインタビューの続きです。取引ツール、特...

岡三オンライン証券は、当サイト限定タイアップでお得な入会キャンペーンを行なっています。口座開設と5万円以上の入金だけで2,000円がプレゼントされます。

ネット証券のキャンペーンとしては破格の内容でおすすめです。まだ口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会に開設してみてはいかがでしょうか。

ライブスター証券でもNISA口座、ジュニアNISA口座の取扱いがあり、投資信託のひふみプラスを取り扱っています。

ライブスター証券はネット証券全体の中でも、手数料が秀逸な低コストなのがメリットです。やはり手数料を第一に考える場合は最有力候補です。

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン

ライブスター証券は当サイトと限定タイアップキャンペーンを行なっています。新規口座開設だけで特別に2,000円がプレゼントされます。

当サイト限定!ライブスター証券の口座開設で2,000円プレゼント

まとめ

丸井グループがエポスカード決済で投資信託を購入できる「tsumiki証券」を設立します。

一度エポスカードで毎月いくら購入するのかを決定したら、それ以降は自動的に毎月一定額で投信を購入する積立投資が可能になります。

クレジットカード払いで投信を購入できるのは日本初の仕組みとなっています。ひふみ投信と同じ運用成績のひふみプラス、セゾン投信などを購入可能です。

エポスカードで投信の買付けが可能でエポスポイント、JRキューポ等のポイント還元の対象です。

シンプルで分かりやすいWebサービスを軸に、マルイ店頭で投資初心者向けに入門セミナーやフォローセミナー等を開催します。

丸井 町田店の店内

また、お金に関する相談窓口や口座申込みサポートなど、充実のサポート体制が構築されます。

個別株式や不動産などでのアクティブ投資はハードルが高いという方で、クレジットカードでお手軽に資産運用を開始したいという方にピッタリのネット証券です。

エポスカードは資産運用できるクレジットカードの筆頭です。投資ができるカードは類稀であり、一歩先に進んだ画期的なスペックを備えています。

マルイは成長戦略で「カード事業からフィンテック事業へ」を掲げており、「すべての人へ金融サービスを(Financial Inclusion)」を推進していく方針です。

今後もエポスカードはさらなる成長・進化を成し遂げて、高みに昇りつめていくことが期待できます。

エポスカードとエポスゴールドカード

エポスカードは年会費が無条件で無料であり、使いやすいクレジットカードです。全国10,000店舗以上のお店で優待特典が受けられます。

膨大な数の優待・割引を享受できるので、使わなくてもお得なクレジットカードの筆頭で質実剛健です。

イオンシネマ、ユナイテッド・シネマ / シネプレックス等の映画館、ビッグエコー・シダックス等のカラオケの割引は特に使いやすいです。

イオンシネマ

ビッグエコー

丸井やモディ等にはエポスカードのカードセンターが設置されており、 専任スタッフが常駐しています。

一般のエポスカードについては、VisaブランドのICチップ付カードを、申し込み当日に店頭で即時発行することが可能です。

渋谷モディのエポスカードセンター

ICチップ付のVISAカードの即日発行は、日本で初めてエポスカードが成し遂げた快挙です。VISAとの粘り強い交渉の末に可能になりました。

4名のビジネスパーソン

Visa付カードの店頭即時発行は、ドラクエで喩えるとはぐれメタルのような希少性があります。

利便性の高さは高く評価されており、2016年10月には、第16回ポーター賞(主催:一橋大学大学院国際企業戦略研究科)を受賞しています。

エポスカードの即日発行の流れは以下にまとめています。

丸井が発行している「エポスカード」というクレジットカードがあります。エポスカードは即日発行が可能であり、最短で申し込み当日に...

年4回、エポスカードの利用でマルイのネット通販、マルイでのお買い物が10%OFFとなる「マルコとマルオの7日間」が開催されています。

丸井(マルイ)では「マルコとマルオの7日間」というセールがあります。マルイでのお買い物がお得なセールです。エポスカードで決済す...

無印良品週間と期間が重複した場合、無印良品を最大で約19%割引で買うこともできます。

「無印良品週間」というキャンペーンがあります。ベーシックな中でキラリと光る魅力がある無印良品でお得に買い物ができるセールです...

エポスカードウィークスという優待特典が更に充実する時期もあります。その他エポスカードの特典は以下で徹底解説しています。

エポスカード(EPOS CARD)という丸井のクレジットカードがあります。サブカードとして利用すると最高にお得なカードです。マルイでの...

エポスカード以外のデパートでお得にお買い物できるクレジットカードについては、以下で丹念に論述しています。

モノ消費よりコト消費という潮流となっているものの、依然として百貨店は絶大な魅力があるショップです。多種多様でエクセレントな輝...

日本全国10,000店舗以上でお得な優待・割引を享受でき、エポスカードを持つと家計が頑健化します。日々の生活を豊かに彩ることができます。使わなくてもお得なクレジットカードの筆頭です。

クレジットカードの専門家・岩田昭男さん

クレジットカードの専門家・岩田昭男さんも、おすすめの「年会費無料カード」としてエポスカードを挙げられていました。

世の中には膨大な数のクレジットカードがあります。どれがいいのか分からなくなってしまうことも多いですね。特に2枚持ち・3枚持ちで...

エポスカードは、海外旅行傷害保険が充実しています。最も利用頻度が高い傷害治療費用は270万円、疾病治療費用も200万円と高額補償で自動付帯なのが魅力的です。

エポスカードは、海外旅行傷害保険が充実しています。自動付帯であり、カード利用や事前の届け出などの煩わしい条件は一切ありません...

ネット通販でのセキュリティに優れているエポスバーチャルカードも使えます。

エポスバーチャルカードは、クレジットカードのように実物があるカードではなく、データ上の決済VISAカードです。

エポスバーチャルカードを使うと、本体のエポスカードとは別の番号によってインターネットで決済できます。 もちろんポイントはエポスカード同様に付与されます。

万が一エポスバーチャルカードの情報が流出しても、エポスカードの番号を知られることはありません。

エポスカードは「エポスバーチャルカード」を発行することができます。バーチャルカードとは、インターネットでのお買い物にクレジッ...

本体のカードの方も利用ごとにメールを送ってもらう設定もできるので、不正利用をいち早く察知することができてセキュリティも高いです。

エポスカードの「カードご利用のお知らせ」メール

国際ブランドがVISAであり、世界中で加盟店が多いのが大きなメリットです。地球上で幅広く使える圧巻の決済力があります。

JCB・アメックス・ダイナースクラブは海外での利用時は使えない加盟店も多く、結局サブカードとしてVISAかMastercardを持たざるを得ません。

事実、クレジットカードの売上高の世界シェアは、Visaが50%で圧倒的なNo.1となっています(NILSON REPORT 2018年4月)。

  1. Visa:50%
  2. Mastercard:26%
  3. UnionPay(銀聯):20%
  4. Amex:3%
  5. JCB:1%
  6. DinersClub/DISCOVER:1%

エポスポイントは、エポスVisaプリペイドカードにチャージすることでVISA加盟店でクレジットカードのように使えるので、現金同様の利便性があります。

丸井グループのクレジットカード「エポスカード」は、「エポスVisaプリペイドカード」を提供しています。国内外のVISA加盟店でクレジ...

エポスカードを利用していくと、エポスゴールドカードのインビテーションが届く可能性があるのもメリットです。

ゴールドカードランキングの上位に位置付けられるハイ・クオリティー・カードです。また、私は最強のクレジットカードの1枚だと考えています。

年会費永年無料・ポイント有効期限無期限・ボーナスポイント・ゴールドカードのオリジナル特典など絶大なベネフィットがあり、ゴールドカードとしては異例なほどにコストパフォーマンスが高いカードです。

丸井の人気クレジットカード「エポスカード」のゴールドカード「エポスゴールドカード」は、自分から申し込むことも可能ですが、イン...
エポスカードという丸井のクレジットカードがあります。エポスカードにはゴールドカードもあります。「エポスゴールドカード」という...

家族にエポスゴールドカードの招待ができるエポスファミリーゴールドという制度もあります。これで入会した場合は家族の年会費もずっと無料です。

丸井グループのクレジットカード「エポスカード」には、長らく家族会員制度がなく家族カードの発行はできませんでした。しかし、2018...

年会費無料のゴールドカードは稀有であり、質実剛健なハイ・クオリティー・カードです。空港ラウンジを無料で使えるクレジットカードの一角です。

クレジットカードの専門家・菊地崇仁さん

67枚のクレカをお持ちで合計年会費が約130万円のプロ・菊地崇仁さんも、おすすめのゴールドカードとしてエポスゴールドカードを挙げていらっしゃいました。

ネット通販・オンライン課金の普及でクレジットカードはもはやマストアイテムといっても過言ではありません。やはりクレカの中で人気...

エポスカードはお得なキャンペーンを行なっています。Webから入会すると2,000円相当のエポスポイントがプレゼントされます。特に条件はありません。無条件で2,000円のお得な入会キャンペーンです。

エポスカードの公式キャンペーン

以前には株式会社エポスカードに取材に行き、利用促進部 利用促進課の田中さんにインタビューしました。

エポスカードの特徴・歴史から、お得な優待・特典・イベント、プリペイドカード・電子マネーなど、エポスカードについて色々と聞き倒しています!

私がよく利用しているクレジットカードの一つがエポスカードです。お得な特典が満載のクレカでゴールドカードのエポスゴールドカード...

続いて、以下では海外トラベルサービス、最短即日発行の仕組み、エポスカード公式アプリ、セキュリティに対する取り組み、キャッシング、エポスゴールドカード、エポスプラチナカードについて伺っています。

最近はマルイ以外でも人気が高まっているエポスカードに取材したインタビューの続きです。エポスカードの概要・歴史、お得な優待・特...

他に投資に使えるクレジットカードについては、以下で精緻に分析しています。

投資ができる仕組みのクレジットカードがあります。貯めたポイントを資産運用に充当できたり、投資信託を購入できるクレカがあります...

投資体験サービスが用意されているポイントについては、以下で精緻に分析しています。

ポイント投資のサービスがメジャーになってきました。楽天スーパーポイント、ドコモのdポイント等で可能になっており、大手共通ポイン...

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-証券会社, 投資信託・ETF, エポスカード, クレジットカード

Copyright© The Goal , 2018 All Rights Reserved.