正直クレカ積立での三井住友カードのキャンペーンがお得すぎて謎。バケツに穴を開けたバラマキの先に?

サイト運営費用を賄うための運営ポリシー

三井住友カード プラチナプリファード

三井住友カード&SBI証券のクレカ積立では、多くの方にとって2024年10月設定・11月買付分から改悪されます。

しかし、2024年9月設定・10月買付分までは、これまで通りの還元率が維持されて、月10万円フルに最大5.0%ポイント付与を享受可能です。

なんと三井住友カード プラチナプリファードは5.0%ポイント付与でパワフルです。

※2024年9月10日(火)積立設定締切分(2024年10月1日(火)買付分)までのポイント付与。以降は対象カードごとのカードご利用金額などに応じたポイント付与率になります。
※三井住友カードつみたて投資の利用金額は、プラチナプリファードの新規入会&利用特典、継続特典の付与条件である利用金額の集計対象外

初年度の年会費3.3万円は入会キャンペーンの4万円でむしろお得になりますし、1年で解約するとかなりお得です。

かなりの方が三井住友カード プラチナプリファードで2024年10月買付分まで月5,000円をゲットし、入会キャンペーンで得して、1年で解約すると思われます。

不思議なのはこのような「穴の空いたバケツ」、盛大な入会&即解約を促進し、自社の損失を拡散するようなキャンペーンを行っている三井住友カードです。

主な可能性としては2つあります。

解約忘れ&年会費無料オファーの二段階ストラテジー

ANA VISA ワイドゴールドカードの年会費無料オファー (2)

三井住友カードは、会員サイトVpassでカード解約画面に進むと、年会費無料のオファーが出ることがあります。

穴の空いたバケツ的バラマキで三井住友カード プラチナプリファード会員を集めて、一部は解約忘れで延長してもらい、忘れずに解約しようとした会員に対しては、年会費無料オファーを出すという戦略を考えている可能性があります。

三井住友カード プラチナプリファード

三井住友カード プラチナプリファードはかっこいいカードフェイスですし、なんだかんだ持っていると使う人が多い可能性があります。

解約忘れ&年会費無料オファーの二段階で施策を講じると、総合的に利が出る可能性はあるかもしれません。

好感度低下の防止のためファイナル大放出

三井住友カード本社ビル

今回の三井住友カード&SBI証券のクレカ積立改悪は、キャンペーンがなければ炎上に昇華した可能性があります。

ただし、数ヶ月の激変緩和措置で、まあ仕方ないという感情を抱いた方が多いでしょう。

好感度低下の防止のために、大損失覚悟で最後の大放出をした可能性があります。

まとめ

三井住友カード&SBI証券のクレカ積立改悪は手痛い打撃であり、auカブコム証券と比較して競争力が低下しました。

証券会社名クレジットカード対象
投信
ポイント還元
SBI証券三井住友カード
三井住友カードNL
三井住友カード ゴールドNL
三井住友カード プラチナプリファード
三井住友カード プラチナ
ANA VISAカード
ANA Mastercard
多数0.5%のVポイント
一部カードは1~5%
改悪後は最大0.5~3%
マネックス証券マネックスカード多数マネックスポイント
5万円まで1.1%
5万超は0.2~0.6%
auカブコム証券au PAYカード
au PAYゴールドカード
多数1.0%のPontaポイント
楽天証券楽天カード
楽天ゴールドカード
楽天プレミアムカード
多数最大1%の楽天ポイント
※別途、楽天キャッシュ
での積立は0.5%
PayPay証券PayPayカード数十0.7%のPayPayポイント
※別途PayPay残高で0.5%
※各月5万円が上限
大和コネクト証券セゾンカード数十0.1~1%の永久不滅ポイント
tsumiki証券エポスカード4本0.1%~0.5%の
エポスポイント
セゾンポケットセゾンカード2本0.1%~0.5%の
永久不滅ポイント

※上限はすべて月10万円(楽天証券は楽天カード10万+楽天キャッシュ5万、PayPay証券はPayPayカード5万+PayPay残高5万)

SBI証券での投信積立は、カードのグレードごとに還元率が異なるのが特徴。三井住友カードシリーズのゴールドカードは1.0%、プラチナカードは2.0%還元です。

カード名還元率
三井住友カード ゴールド1.0%
三井住友カード ゴールド(NL)1.0%
三井住友カード プラチナプリファード5.0%
三井住友カード プラチナ2.0%

※コストがお得な三井住友カード ゴールド(NL)、2024年10月までは三井住友カード プラチナプリファードがおすすめ

しかし、2024年9月設定・10月買付分までは、月10万円までフルにこれまで通りの還元率が維持されます。

なんと三井住友カード プラチナプリファードは5.0%還元でパワフルです。

※2024年9月10日(火)積立設定締切分(2024年10月1日(火)買付分)までのポイント付与。以降は対象カードごとのカードご利用金額などに応じたポイント付与率になります。
※三井住友カードつみたて投資の利用金額は、プラチナプリファードの新規入会&利用特典、継続特典の付与条件である利用金額の集計対象外

初年度の年会費3.3万円は入会キャンペーンの4万円でむしろお得になりますし、1年で解約するとかなりお得です。

かなりの方が三井住友カード プラチナプリファードで2024年10月買付分まで月5,000円をゲットし、入会キャンペーンで得して、1年で解約すると思われます。

入会&即解約を促進して損を拡散するような施策は、正直不思議ですが、可能性は以下のとおりです。

主な趣旨

  • 解約忘れを期待、忘れなかった会員には年会費無料オファー
  • 好感度低下の防止を企図し、損失覚悟でサヨナラ大放出

なお、年500万円使う方は、三井住友カード ゴールド(NL)よりプラチナプリファードの方がお得です。

三井住友カード プラチナプリファード

三井住友カード プラチナプリファードは、SBI証券での投信積立が最大3.0%Vポイント付与(それまでは5.0%)で、ソラシドエアマイルに交換すると6%マイル還元となります。

また、ETC利用分と外貨建て決済は3%となり、国内の特約店では2%以上の還元率です。

2%(税抜)の外貨事務処理手数料が必要ですが、Vポイントの還元率が3%(ソラシドエアマイルへの交換なら6%マイル還元)なので、コストを上回る価値を享受できます。

さらに年100万円利用ごとにボーナスポイントを獲得可能で、コンシェルジュはメール依頼可能で使い勝手がよいVPCCです。

年間ボーナスポイントの上限は年400万円利用なので、年400万円利用時が最高還元となります。

SBI証券での投信積立は最大3%であり、最大1%の三井住友カード ゴールド(NL)と比較すると、最大+2%となります。

この最大+2%を考慮した場合、年500万円カードショッピングし、かつ投信積立を月10万円行うと、年会費をマイナスしても実質最大2.12% (※)となり、実質最大2%のゴールド(NL)よりお得です。

※基本1%+特定の支払い方法ボーナス0.5%+年間ボーナス0.8%相当+投信積立のゴールド(NL)との差(年24,000円相当)。

年間利用額基本1%マイペイす
0.5%
年間
ボーナス
投信積立
の差 (※)
合計-年会費還元率
100万10,0005,00010,0000-8,000-0.80%
200万20,00010,00020,000017,0000.85%
300万30,00015,00030,00012,00054,0001.80%
400万40,00020,00040,00012,00079,0001.98%
500万50,00025,00040,00024,000106,0002.12%

年会費無料ゴールドカードであるゴールド(NL)に対する上乗せ

一般加盟店での還元率は、年会費マイナス後でウエル活なら約3.18%、ANAマイルは最大1.48%、JALマイルは最大1.27%に昇華します。

その他、外貨建決済・ETC3%、他特約店(プリファードストア)で2%以上の高還元となります。

年500万円利用して、SBI証券で月10万円の投信積立を行うなら、三井住友カード ゴールド(NL)よりお得になりますが、ハードルはかなり高めです。

三井住友カード プラチナプリファードの口コミ!ポイント・メリット・デメリットを解説
三井住友カード プラチナプリファードというクレジットカードがあります。ポイント還元に強みがあるタイプのプラチナカードで...

なお、2024年10月買付分までは投信積立が5%還元なので、それまでなんと月5千円です。

初年度の年会費3.3万円は入会キャンペーンの4万+紹介特典で相殺できますし、1年で解約するのはありだと考えます。解約時に年会費無料のオファーが出ることも。お得な入会キャンペーンは魅力的です。

三井住友カード プラチナプリファードの入会キャンペーンは年会費を超えてお得!
三井住友カード プラチナプリファードは、入会キャンペーンが豪華なのが特徴です。さすが大手クレジットカード会社の三井住友...

なお、年500万円未満の方は、三井住友カード ゴールド(NL)のVisa&Mastercard、三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールドのVisa&Mastercardを複数枚持ちするのがお得です。

ただし、クレカ積立以外の特約店の利用や、VPCC等の限定特典を活用する場合は、年300万~400万でもプラチナプリファードが選択肢になり得ます。

-クレジットカード, 証券会社, キャンペーン, 投資信託・ETF, 三井住友カード