TポイントをJRキューポへ交換可能に!81%のANAマイルに移行可能!

更新日: ANAマイル ポイント

TポイントカードとJRキューポが貯まるJQ CARD

2019年3月25日から、最大手共通ポイントの「Tポイント」を、JR九州のポイントプログラム「JRキューポ」に交換できるようになりました。

これまではJRキューポをTポイントに交換できましたが、今後はTポイント→JRキューポのルートも開通しました。

Tポイントを81%の交換レートでANAマイルに移行できるようになってファンタスティックです。マイラー感涙の珠玉の価値があります。

JRキューポとTポイントの相互交換について、注意点を完全網羅してわかりやすく徹底的に解説します。

TポイントとJRキューポの相互交換

500ポイント以上1ポイント単位で、JRキューポとTポイントは相互に等価交換できます。期間固定Tポイントは交換できません。

  • 500 Tポイント → 500 JRキューポ(500ポイント以上1ポイント単位)
  • 500 JRキューポ → 500 Tポイント(500ポイント以上1ポイント単位)

TポイントはYahoo!ショッピング、ファミリーマート、ウエルシア、吉野家、ENEOS、エディオン、TSUTAYA、ガスト・バーミヤン・ジョナサン、マルエツ等で貯めて使えます。

有名なポイントカードの一つに、Tポイントカードがありますね。TSUTAYAとレンタル契約していなくても、ポイントカードのみを持つこと...

また、クレジットカードの活用によって、日常の決済で着実に獲得することが可能です。

老舗の共通ポイントサービスの「Tポイント」は、多様なジャンルの数多くの加盟店で貯めて使えるのが大きな魅力ですね。Tポイントは加...

JRキューポはJR九州のサービスやクレジットカード払いで貯めることが可能です。

  • クレジットカード「JQ CARD」の利用
  • 交通系電子マネーSUGOCAの利用
  • インターネット列車予約

貯めたJRキューポは、SUGOCA電子マネー、JR吸収旅行券、アミュプラザのお買い物券、Tポイント、Pontaポイント、Gポイント、各種ポイント・ギフト券・おすすめグルメ等に交換できます。

「JRキューポ」というJR九州の共通ポイントが2017年7月7日に光臨しました。eレールポイント、JQポイント、SUGOCAポイントが統合されて...

JRキューポをザクザクと得られるクレジットカードは、JQ CARD エポスゴールドJQ CARDセゾン等のJQカードです。

特におすすめなのは最大2.43%ANAマイル還元を実現するJQ CARD エポスゴールドです。詳細は以下で徹底的に解説しています。

エポスカードが発行しているJQ CARDにはゴールドカードもあります。「JQ CARD エポスゴールド」という名前です。JQカードの特典とエポ...

81%のANAマイルに交換できるのが最大のメリット

ANAの飛行機

JRキューポはJR九州のポイントプログラムですが、九州に住んでいない方にとってもメリットが大きいですよ!

なんとJRキューポはGポイントLINEポイントメトロポイント→ANAマイルと交換すると、1対0.81のレートでANAマイルに移行できます。

  1. JRキューポ 1,000 pt → Gポイント 1,000 pt
  2. Gポイント 1,000 pt → LINEポイント 1,000 pt
  3. LINEポイント 1,000 pt → メトロポイント 900 pt
  4. メトロポイント 900 pt → ANAマイル 810 mile

つまり、1,000 Tポイントを810 ANAマイルに交換できて流麗。震撼するお得さが備わっており、虎に翼、弁慶に薙刀の威力があります。

マイラー垂涎の高レートであり、まとまったTポイントを交換すれば、一気に特典航空券、トクたびマイルANA SKY コインをゲットすることもできちゃいます!

Tポイントの明細

GポイントをLINEポイントに交換するには、5%のポイント交換手数料が必要です。

ただし、交換する前月の1日から交換申請月の4ヶ月後の末日までに、ショッピングや登録応募などでGポイントを得た場合は、交換手数料がポイントで戻ってくるので無料となります。

GポイントのLINEポイントへの交換後、5%の手数料が返却された明細

Gポイント経由で楽天などのネット通販サイトでお買い物したり、対象のスマホアプリをインストールすると条件をクリアできます。交換手数料を無料にするハードルは高くありません。

メトロポイントを90%のレートでANAマイルに移行するためには、ソラチカカードというクレジットカードが必要になります。正式名称は「ANA To Me CARD PASMO JCB」です。

TポイントをJRキューポに交換する手順

TポイントをJRキューポに交換するためには、Tカード番号が登録されたYahoo! JAPAN IDでTサイトにログインする必要があります。

TサイトのJRキューポ交換ページにアクセスして、「TポイントからJRキューポに交換する」を選択しましょう。レスポンシブデザインなので、PCでもスマホでも同一の流れです。

Tポイント→JRキューポの画面

Yahoo! JAPAN IDでログインすると「JR九州Web会員認証」画面が出るので、JR九州の認証ID(メールアドレス)、パスワードを入力して「本人認証」という赤色のボタンを選択します。

「キューポポイントへの交換申請」という画面になるので、交換するTポイント数、Tカード番号、文字認証を入力して、「確認する」という青色のボタンを選択すればOKです。

Tポイント→JRキューポの交換画面

なお、500ポイント未満の数字を入力すると、「交換するTポイント数が下限ポイントを下回っています。(STKIp1442001_04_EO)」というエラーが出ます。

500ポイント以上を入力すると確認画面が出るので、「交換を申請する」というオレンジ色のボタンを選択すれば完了です。17,636ポイントを一気に交換しました!

Tポイント→JRキューポの交換確認画面

交換手続きが完了したらメールでも連絡が届くので安心・安全です。

Tポイント→JRキューポの交換受付完了メール

交換申請後、申請を取り消すことはできません。手続き完了には申し込んでから2~4日ほどかかります。

なお、交換が完了するまで新たな交換申請がミッション・インポッシブルになる点に注意が必要です。

JRキューポをTポイントに交換する手順

逆にJRキューポをTポイントに交換したい場合、JRキューポの会員ページで手続きすることになります。

ログインしたら「メニュー」を選択して、「JRキューポをつかう」をタップします。パソコンの場合は右サイドバーにあります。

JRキューポの会員サイト

JRキューポのメニュー画面

そして、画面下部の「提携ポイントに交換」を選択して、次ページのTポイント欄から交換手続きが可能です。

JRキューポのポイントメニュー

JRキューポ→Tポイントの画面

まとめ

TポイントとJRキューポの相互交換が可能になり、より一層ポイントライフが便利になりました。

JRキューポはGポイントLINEポイントメトロポイント→ANAマイルと交換すると、1対0.81のレートでANAマイルに移行できます。

Tポイントカード、JQカード、LINE Payカード、ANA To Me CARD

Tポイントを81%の交換レートでANAマイルに移行できるようになり、九州非在住者でもマイラーにとってはエレガントな制度です!

特典航空券に向けて劇的な加速を成し遂げられて、順風満帆・視界良好で新たな地平へと雄飛することが可能になります。

Tポイントが貯まるカード、カード利用で貯めたポイントをTポイントに交換できるクレジットカードで、おすすめは下表のとおりです。

カード名 年会費 基本還元率 Tカード一体型 主な特徴
ヤフーカード 無料 1.00% Yahoo!ショッピング・LOHACOでは3倍
ソフトバンク・ワイモバイル契約者なら12倍
Orico Card THE POINT 無料 1.00% - オリコポイントをTポイントに交換可能
Amazon・楽天市場・ベルメゾンなどネット通販で2%Tポイント還元
JCB CARD W 無料 1.00% - Oki DokiポイントをTポイントに交換可能
Amazon・セブン-イレブン、昭和シェル石油、ENEOS・エッソ・モービル・ゼネラル等で高還元
ファミマTカード 無料 0.50% 火曜と土曜は合計2.5%還元
女性はレディースデーで水曜はポイント2倍
全額一括払いの設定が重要(最初の1回でOK)
Tカードプラス 無料 0.50% TSUTAYAでTポイント3倍~5倍
TSUTAYAの更新手続き・手数料が不要
JCBブランドはnanacoチャージでTポイント付与
リーダーズカード 無料で維持可 1.257% - ポイントをGポイント経由でTポイントに交換可能
年30万円以上で年会費無料(未満の場合税抜2,500円)
DCカード Jizile 無料 1.20% - ポイントをTポイントに交換可能
リボ払い専用カードなので注意が必要
月5万円超は毎月増額の手続きが必要
マジカルクラブTカードJCB 無料 0.50% 1ヶ月3万円以上の利用で1%
定期的にポイントUPのキャンペーンを開催

各クレジットカードの詳細については、以下で徹底的に解説しています。

老舗の共通ポイントサービスの「Tポイント」は、多様なジャンルの数多くの加盟店で貯めて使えるのが大きな魅力ですね。Tポイントは加...

この中でおすすめNo.1は年会費が無条件無料で、還元率が1%と高く、かつカード利用で直接Tポイントが付与されるヤフーカードです。

クレジットカードの専門家・岩田昭男さん

クレジットカードの専門家・岩田昭男さんも、おすすめの「ネット通販でお得なカード」としてヤフーカードを挙げられていました。

世の中には膨大な数のクレジットカードがあります。どれがいいのか分からなくなってしまうことも多いですね。特に2枚持ち・3枚持ちで...

67枚のクレジットカードをお持ちで合計年会費が約130万円のプロ・菊地崇仁さんも、おすすめのネット通販で得するクレジットカードとして挙げていらっしゃいました。

クレジットカードの専門家・菊地崇仁さん

Yahoo! JAPANカードはクレジットカードのレジェンドも高く評価しているハイ・クオリティー・カードです。

インターネットの普及でオンラインで決済する頻度というのが日本中で高まっています。そうした情勢下、クレジットカードはもはやマス...

年会費無料で還元率はいつでも1%で、Yahoo!ショッピングとLOHACOではショップポイントも合わせて3%です。詳しくは以下で解説しています。

年会費無料のクレジットカードでおすすめできるのは、還元率1.2%のリクルートカードです。クレカ使用で貯まるリクルートポイントをPo...

実際に発行して使い倒したところ、諸々の特典の賜物で大量のTポイントを得られたのが嬉しかったです。Tポイントがお得に貯まるクレジットカードの筆頭です。

Yahoo! JAPANのクレジットカード「ヤフーカード」は、良い評判と悪い評判に分かれています。募集開始してすぐにヤフーカードを作成し...

Yahoo! JAPANカードは加入で10,000Tポイントプレゼントの入会特典を用意しています。

カード発行は無料で一切費用はかからないので、使用しなくてもとりあえず作成してTポイントをゲットするのもお得ですね。

ヤフーカードのキャンペーン

ANAマイルを貯めている方におすすめのクレジットカードは、ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)です。

一般カードではソラチカカードリーダーズカードの組み合わせだと、マイル還元率が約1.018%となります。

ANAカードの中では、ANA VISAカードANA Mastercardが、ソラチカカードとの併用でマイル付与率を格段に上げることができて魅力的です。

年会費86,400円~167,400円のANA プラチナ・プレミアムカードを除くと、ANAカードの中ではお手軽に高還元にできます。

少額のリボ払いを発生させてソラチカカードと2枚持ちするという手間をかければ、最大で1.5265%還元になります。

マイ・ペイすリボでボーナスポイントを獲得して、ソラチカルートでワールドプレゼント→GポイントLINEポイントメトロポイント→ANAマイルと交換すればOKです。

ソラチカカードでJCBのスマリボを利用すると、年会費から1,350円のキャッシュバックを受けられるので、実質負担は更に低下します。

この他にマイル移行手数料が発生しますが、スケジュール管理を工夫すると3年に1回で済みます(1年あたり税抜2,000円)。

1マイルの価値は諸説ありますけれども、1マイル2円というのが通説です。そう考えると実質還元率はこの2倍となります。

年会費が上がってゴールドカードでもOKの場合は、ANA VISA/マスター ワイドゴールドカードに魅力があります。

ソラチカカードとANA VISAワイドゴールドカード

ソラチカカードとの併用でマイル付与率を最大1.648%まで上昇させることができます。年会費は合計11,500円(税抜)で継続ボーナスが3,000マイルもらえます。

ANA VISA/マスター ワイドゴールドカードというクレジットカードがあります。ANA(全日空)と三井住友カードが提携して発行しているANA...

67枚のクレカをお持ちで合計年会費が約130万円のプロ・菊地崇仁さんは、おすすめのゴールドカードとしてANA VISA/マスター ワイドゴールドカードを挙げていらっしゃいました。

ANA VISA/マスター ワイドゴールドカードは、クレジットカードのレジェンドも高く評価しています。

ネット通販・オンライン課金の普及でクレジットカードはもはやマストアイテムといっても過言ではありません。やはりクレカの中で人気...

あらゆるANAカードの比較については、以下で徹底的に解説しています。

ANAカードというクレジットカードがあります。全日本空輸(ANA)が大手クレジットカード会社と提携して発行している航空カードです。ANA...

以前ANAに取材して、ANAの安全運航に対する取り組み、搭乗までのサービス、ANAカードのお得な仕組みを伺いました。以下にまとめています。

ANAに取材する機会があり、飛行機の出発と到着、そこでなされている取組み、空港でのサービス、空港のオフィスでのお仕事について伺っ...

年会費が高いANAカードでは、ANA VISAプラチナ プレミアムカードが、ソラチカカードとの併用でマイル付与率が最大1.905%も貯まります。

ANA VISAプラチナ プレミアムカードというクレジットカードがあります。ANA(全日空)と三井住友カードが提携して発行しているANAカード...

ANAカードは、ANA VISAカードANA Mastercardが、ソラチカカードとの併用でマイル付与率を格段に上げることができて魅力的です。

ダイナースクラブ プレミアムカード

ダイナースプレミアムだと、年会費は高いものの、カード利用だけで国内1.5%・海外2%のANAマイルを得られます。手間が一切かからない点にエッジ・優位性があります。

ANAダイナースプレミアムは一般加盟店は1.5%、ANA航空券等は2.5%還元です。

一般加盟店での1.5%~2%マイル還元は破格以外の何ものでもなく、年間利用額が大きいとカード会社の収支が極めて厳しいという噂も耳にしました。

例えば年間利用額が1000万円の場合は国内15万・海外20万マイルを得られます。1マイル2円と考えると30万/40万円の還元となります。

菊地崇仁さんとまつのすけ

クレジットカードの専門家・菊地崇仁さんは、おすすめのプラチナ/ブラックカード、高還元カードとして、ダイナースクラブ プレミアムカードを挙げていらっしゃいます。

利用額が大きい場合は高い年会費をペイすることも可能になり、卓越したバリューがあります。

ダイナースクラブカードのブラックカードは「ダイナースクラブ プレミアムカード」という名前です。「ダイナースプレミアム」と略され...

株主優待でもTポイントが貯まります。ウエルシアホールディングス(3141)の株主優待でTポイントが得られます。

東証一部上場企業であり、権利確定日は8月末です。100株以上3,000ポイント、500株以上5,000ポイント、1000株以上10,000ポイントが得られます。

ただし、株式は当然に価格変動リスクが有ります。株価が下落して損してしまうのは避けたいですよね。

そこで株価変動リスクを回避して少々の手数料で株主優待を取得できる技があります。SBI証券松井証券楽天証券カブドットコム証券などでの一般信用取引を活用したクロス取引です。

クロス取引・つなぎ売りについては以下で徹底解説しています。

3月末は株主優待の権利確定が最も多い月です。株主優待は現物の株式を保有してゲットするのが基本ですが、いわゆる「株主優待タダ取り...

SBI証券は当サイト限定でお得なタイアップ・プログラムを実施しています。なんと3,000円分で、ネット証券としては破格の内容です。

SBI証券のタイアップキャンペーン

口座開設と5万円以上の入金・SBIハイブリッド預金への振替だけで、3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。

口座開設時に以下の項目(無料)に申し込めば、SBI証券に入金するだけで自動的に振り替えられるので面倒な手間はありません。

SBI証券の口座開設申込画面

SBI証券は1000万円までは銀行預金のような公的な保護(投資家保護基金)があるので安心・安全です。銀行預金と同じで万が一破綻しても保護されます。

SBI証券の口座開設・維持・入出金は無料です。まだ口座をお持ちでなければ、この機会にぜひ口座開設してみてはいかがでしょうか。

制度信用クロスは他のネット証券の活用も検討しえます。岡三オンライン証券は1日定額プランだと、現物取引20万円、信用取引20万円までは手数料がそれぞれ無料です(1日最大40万円)。

岡三オンライン証券のタイアップキャンペーン

当サイト限定タイアップでお得な入会キャンペーンを行なっています。口座開設と1回以上の取引だけで3,500円がプレゼントされます。

ネット証券のキャンペーンとしては破格の内容でおすすめです。まだ口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会に開設してみてはいかがでしょうか。

岡三オンライン証券

ライブスター証券はネット証券全体の中でも、手数料が秀逸な低コストである点が絶大なメリットです。やはり手数料を第一に考える場合は最有力候補です。

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン

ライブスター証券は当サイトと限定タイアップキャンペーンを行なっています。新規口座開設だけで特別に2,000円がプレゼントされます。

当サイト限定!ライブスター証券の口座開設で2,000円プレゼント

  • この記事を書いた人

まつのすけ

14年に渡ってクレカ・電子マネー等のキャッシュレス決済を探求。日本のキャッシュレス化に貢献することが目標です。52枚のクレジットカードを保有し、支払年会費の総額は113万円。実生活において徹底的に活用した経験を活かして、記事を執筆しております。

-ANAマイル, ポイント
-,

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.