The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

WAONポイントカードは、イオンの共通ポイント「WAON POINT」がザクザク貯まる!

更新日: 電子マネー・ポイント

WAON POINTカード

イオンが2016年6月から新しい共通ポイント「WAON POINT」を開始しました。現金やギフトカードでのお買い物でもWAONポイントが貯まるようになります。

TカードやPontaのような「WAONポイントカード」ができました。イオングループ以外の加盟店で現金やギフトカードで買い物した際にポイントが付くようになります。

「smart WAON」というコンセプトが新たに打ち出されています。スマートなWAON POINTカードというニュアンスです。

新しい共通ポイントであるWAONポイントカードのメリット・デメリット・使い方についてまとめます。


WAON POINTとは

これまでの「WAONポイント」は、電子マネーWAONの利用に応じて貯まり、貯まったポイントを再び電子マネーWAONに交換して使うポイントでした。WAONについては以下で徹底解説しています。

WAONの使える店・使い方・オートチャージまとめ!
WAON(ワオン)とは、イオンが発行している電子マネーです。イオングループでの利用でお得な特典がある電子マネーです。イオンカードに...

新しい「WAON POINT」は、smart WAONのウェブサイト等で会員登録すると、電子マネーWAONの利用だけではなく、WAONポイントカードやイオンカードの提示(現金での支払い)でもポイントが貯まります。

コンセプトは「家族や地域社会とつながり、健康生活も応援するポイント」です。「健康生活」というキーワードが入っているところあたりが、高齢化社会を意識している感がありますね。

私は30代前半ですが、健康に対する意識は20代の頃と比較して格段に向上しています。40代・50代になったらより一層これが激化することは間違いないと思います。

高齢化社会では「健康」は多くの人々に刺さるキラーワードですね。

WAONポイントカードの入会金・年会費は無料です。WAONやnanacoカードのような発行手数料は、WAONポイントカードにはありません。

WAONポイントのキャラクターはWAONと同じ犬となっています。デザインが微妙に異なっています。

WAON POINT

Tカード、Pontaカード、dカードと同じ仕組みで入手にコストはかかりません。無料で利用できます。

既存の電子マネーであるWAONカード、クレジットカードのイオンカードの提示による現金やギフトカードでの支払いでも、「WAON POINT」を貯めることができるようになります。

従来のWAONカード、イオンカードを保有している場合は、新しいWAON POINTカードを新しく作成してお財布に入れておく必要はありません。

ちなみに最もお得なイオンカードは、WAONオートチャージでポイントが貯まるイオンカードセレクトです。

イオン銀行の金利が大幅にアップするというメリットもあります。普通預金がなんと0.1%とメガバンクの100倍であり、普通預金では日本一の高金利で着実にお得です。マイナス金利下では屈指の高金利です。

イオンカードセレクトのメリット・デメリットまとめ!イオンでお得
イオンのクレジットカードは多様な特典があり、電子マネーWAONとの連動も魅力です。イオンやWAONを利用する機会がある方にはおすすめ...

ビックカメラをよく使う方は、ビックカメラでのポイント優待特典があるベネッセ・イオンカードも魅力的です。

ベネッセカードではベネッセ・イオンカードがお得!
ベネッセ・イオンカードというクレジットカードがあります。ベネッセのサービスは一切使わない方にとっても良いクレジットカードです...

その他、おすすめのイオンカードについては、以下で徹底的に解説しています。

おすすめのイオンカードを徹底的に比較!個人的口コミまとめ
イオンカードというクレジットカードがあります。イオングループが発行するクレジットカードです。一般カード、提携カード、ゴールド...

イオンカードを数年間使って感じたイオンカードの感想については、以下にまとめています。

イオンのクレジットカード「イオンカード」(AEON CARD)を4年半使ってみて感じた口コミ
イオンカードを初めて作成したのは2012年末です。それから約4年半、イオンカード(WAON一体型)、ワタミふれあいカード、イオンカードセ...

WAONポイントの利便性を高めることで、イオンはポイント発行額の規模を現在の約500億から3年後の2018年に1,000億円と倍増させる野心的な計画を立てています。

会員数は重複を除いて6,000万人と概ね国民の2人に1人が持つ、国内では最大級のポイントサービスを目指しています。

イオンモール店内のsamrt WAONの旗 (2)

まず、イオン、イオンモール、イオンタウンの専門店、イオンスーパーセンター、マックスバリュ、ダイエー、グルメシティ、ザ・ビッグ、アコレ、ピーコックストア、KOHYO、山陽マルナカ、マルナカ、ホームワイド、ワイドマート、まいばすけっと、イオンバイク、イオンリカーなど、グループ各社が運営する店舗より順次サービスを開始しました。

2016年12月27日からは、イオングループのコンビニ「ミニストップ」の日本国内店舗(2016年11月末現在で2,229店)でもWAON POINTが開始します。2017年5月28日現在の店舗は下表のとおりです。

Index WAON POINT加盟店名
あ行 R.O.U、アコレ、ASBee、ASBee KIDS、&eggs、イオン、イオンエクスプレス、イオンカルチャークラブ、イオンシネマ、イオンスーパーセンター、イオンスタイル、イオンバイク、イオンペット、イオンモール、イオンリカー、ikkaikka LOUNGE、VENCE EXCHANGE、VENCE share style、LBC、LBC with Life、LBC market、おひつごはん海の穂まれ、おひつごはん四六時中、
か行 カフェ・ド・ペラゴロ、かまど炊きおひつごはん四六時中、ガリバーミニクル(一部対象外)、CURRENT、キミサワキミサワグラッテ、Greenbox、グルメシティ、グルメドール、クレアーズ、クレミーノ、CORNERS SPORTSAUTHORITY、KOHYO
さ行 ザ・コンボ、ザ・ビッグ、ザ・ビッグエクストラ、ザ・ビッグエクスプレス、サンデー、山陽マルナカ、ジョイ、SHIROKU、四六時中、スポーツオーソリティ
た行 ダイエー、タルボット、ツヴァイ
な行 ナポリピッツア四六時中
は行 PALO、パワーシティ、ピーコックストア、ビブレ、フードセンター、FeminineCafe、フォーラス、Pentusclub、ホームマート、ホームワイド、ポップンパーク、ボンベルタ
ま行 まいばすけっと、マックスバリュ、マックスバリュエクスプレス、マルナカ、ミセススマート、ミニストップ、麦の香、モーリーファンタジー、モーリーファンタジーf
ら行 らんらんらんど、れすとらん四六時中
わ行 ワイドマートD&F、和ぐるめ、和ダイニング四六時中

これまでイオングループ各社で運営していた会員組織(重複ありのトータル約1億人・カード57種類)を順次統合していく予定です。

例えば、イオングループのジーフットのASBeeのポイントカードもWAONポイントカードに統合される可能性があります。

ASBeeのポイントカード

2016年夏以降は、イオングループ以外の提携加盟店や、ネットでのお買い物にもサービスを拡大する予定です。共通ポイント化が本格化します。

イオングループでは、おうちでイオン イオンネットスーパー、イオンショップに導入されます。イオン以外では、インターネットホテル予約「Agoda.com」でWAON POINTが貯まるようになります。

WAON POINTは、毎日のお買い物での利用だけではなく、ウォーキングなどの健康増進活動や植樹祭・育樹祭などの環境保護活動に参加することでポイントを貯めることができます。

ウォーキングアプリでは、ネオス株式会社の「RenoBody」、株式会社エムティーアイの「CARADA」でWAON POINTが貯まるようになりました。

赤ちゃんを抱える母親と家族のイラスト

マイレージプログラムのように家族間でのポイント合算も可能になります。また、ソフトバンクカードのようにお友達などにポイントをプレゼントすることも可能になります。

イオングループ各店舗で毎月11日に実施している「イオン 幸せの黄色いレシートキャンペーン」対象団体への寄付などにもポイント利用可能となっています。

TポイントやPontaポイントなど他の共通ポイントのように「1業種1社」の加盟店の制限は設けない方針です。

理論上は宿敵であるイトーヨーカドー・セブンイレブンへの導入という「禁断の果実」もあり得ます。英国の政治で例えると、保守党と労働党の大連立といった様相ですね。しかし、これはさすがになさそうです。

2016年6月~8月はダイエー・グルメシティ限定で、5のつく日(5日・15日・25日)は、WAONポイントカードまたはイオンカードの提示で、ほとんど売り場全品ポイント5倍(2.5%還元)となるキャンペーンが開催されました。

WAONポイントカードのダイエー・グルメシティ ポイント5倍キャンペーン

WAONポイントカードはこのようなお得なキャンペーンも開催されます。


WAON POINTの貯め方 

まずはイオングループのカード取扱各店でWAONポイントカードを手に入れます。

イオン、ダイエー、マックスバリュ、ピーコックストア、イオンスタイル、イオンスーパーセンター、マルナカ、ザ・ビッグ、イオンバイク、イオンリカーの一部店舗で配布しています。

イオンのサービスカウンター

サービスカウンターなどにWAON POINTカードが置かれています。もちろん無料であり、自由に持って帰れます。

WAON POINTカードの設置WAON POINTカード

カード裏面にはWAON POINT番号、セキュリティコードが記載されています。

WAONポイントカードの裏面WAON POINTカードの裏面

続いて会員サイトで新規登録します。イオンスクエアID、Facebook、Yahoo! JapanのIDでログインすることもできますし、「smart WAONウェブID」を新しく作ることもできます。

登録画面で会員登録すると、ポイントが使えるようになる他、家族でポイントをまとめることができるようになります。

WAON POINTカードの登録では、カード表面のカード番号、カード裏面に記載されているセキュリティコード、氏名・性別・生年月日・住所・電話番号等を入力します。

WAONポイントカードの会員登録画面

電子マネーのWAONカードを登録する場合は、カード番号・セキュリティコードはカード裏面の左上に記載されています。セキュリティコードは「コード」の右の6桁の数字です。

以下のWAONは6月15日までに「所有者情報登録」をしている場合は、6月23日に自動移行されたので手続き不要です。

  • WAONカード
  • ご当地WAON各種
  • サッカー大好きWAON各種
  • G.G WAON
  • ゆうゆうワオン
  • イオンペットWAON
  • イオンライフWAON
  • イオンライフWAON(G.Gマーク付き)
  • オリジンWAON
  • BonBelta WAON

イオンバンクカード、WAONカードプラス、スポーツオーソリティWAONカードプラス、モバイルWAONは所有者情報登録に関わらずWAON POINTが自動で使えるようになります。

イオンカードを登録する場合、カード表面に記載の16桁の番号と有効期限を入力すればOKです。

また、会員登録後、smart WAON アプリをダウンロードすると、友達とポイントを交換できるようになります。

WAONポイントカード提示

イオンスタイル

イオングループ各店の対象店舗、WAON POINT加盟店でのお買い物時にWAONポイントカードを提示すると、200円(税込)あたり1WAON POINTが貯まります。

現金払い、WAON払い、ギフトカードがポイント付与の対象です。WAON以外の電子マネー(Suica等)の支払い時はポイント対象外です。

現金払いでWAON POINTが付与されるのは、WAON POINTカードを提示した場合です。既存の電子マネーWAONを提示して現金払いの場合はポイント付与の対象外となります。

2016年8月31日までは、ダイエー・グルメシティ・フーディアムのみ、WAON POINTカードを提示して、かつ電子マネーのWAONで決済すると、ポイントカード提示とWAON決済でポイント二重取りが可能でした。

カード提示による0.5%のWAON POINTと、WAON決済による0.5%のWAONポイントで、合計1%還元となりました。

クレジットカードに関しては、ダイエー、グルメシティ、FoodiumはイオンカードもしくはOMCカードでの支払いのみWAON POINT付与となります。

それ以外のイオン、イオンモール、マックスバリュなどは、イオンカード以外のクレジットカード、電子マネーで支払った場合でも、WAON POINTが付与されます!

WAON POINT付与のレシート

高還元クレジットカードで支払い、WAONポイントカードを提示するとポイント二重取りが可能でお得です。

例えばP-one Wizで支払うと1.5%還元なので、0.5%のWAON POINTと合計して2%還元となります!

高還元率のおすすめクレジットカードまとめ!2017年最新版
クレジットカードの選択基準で重要な要素の一つが還元率です。年間のクレカ利用額が多い場合は、たとえ年会費がかかっても高還元率の...

お店によっては、期間限定でボーナスポイントが設定される商品もあります。対象商品を購入すると、通常のWAON POINTに加え、ボーナスポイントも貯まります。

更にWAON POINT加盟店での月額の合計利用額500円(税込)あたり1 WAON POINTが別途貯まります。「月間WAON POINT」という名前です。

WAON POINTが貯まる仕組み

例えば、1ヶ月間の合計利用額が1回1,000円(税込)のみだと、7 WAON POINT(カード提示の5P+月間利用ボーナスの2P)が貯まります。還元率は最大で0.7%となります。

この点はTSUTAYAの電子マネー「Tマネー」と類似してます。Tポイントカード提示で貯められる200円あたり1ポイントとは別に、月間利用額に応じてポイントが貯まる仕組みです。

会員登録なしのWAONで支払い

イオンスタイル

ちなみにsmart WAONで会員登録していないWAONで支払うと、WAON POINTではなく、従来通りのWAONポイントが200円(税込)あたり1ポイント貯まります。

従来通りのWAONポイントはWAONにチャージして使うことになり、新しいWAON POINTは1ポイント1円でそのまま使える点に違いがあります。

なお、smart WAONで電子マネーWAONの会員登録をしている場合は、自動的にWAON POINTが貯まるようになるので、WAON POINTカードは不要になります。従来のWAONを提示すればOKです。

イオンカード

イオンカードは自動的にWAON POINTの会員にも登録されることになります。

したがって、イオンカードセレクトイオンカード(WAON一体型)コスモ・ザ・カード・オーパス等のWAONで支払った場合は、WAON POINTが貯まります。

イオンカードのクレジットカード機能で決済した場合は、WAON POINTではなく、これまで通りときめきポイントが貯まります。イオングループでは還元率1%です。

専用歩数計アプリ(Reno Body)

smart WAONアプリと専用歩数計アプリ(Reno Body)を連動させると、ウォーキング時にポイントが貯まります。8,000歩あたり1WAON POINTが貯まります。

1日1万歩歩くと体にいいと言われています。1日1WAON POINTがもらえるように意識すると健康にプラスですね。

アプリをインストール後、アプリトップ画面の左上のメニューアイコンをタップして、「設定」をタップします。

Reno Body

次の画面を下にスクロールすると、「WAON POINTと連携する」という欄があるので、タップしてsmart WAONのIDとパスワードでログインすると、連携が完了します。

歩数計によるWAON POINT獲得機能を使う場合は、FacebookやTwitterのIDではなく、smart WAONウェブIDを作成しましょう。

smart WAONウェブIDでできて、AEON SQUARE IDではできないことは、RenoBodyアプリで歩いてのポイント獲得です。

1日あたり8,000歩で1 WAON POINT(2016年8月31日までは3ポイント)が得られます。

1日で8,000歩歩く必要があり、2日で合計8,000歩以上に達してもポイント付与の対象外です。また、1日16,000歩でも2ポイントではなく、得られるのは1ポイントです。

リサイクル

古新聞・古雑誌、ペットボトル、紙パックをイオンの一部店舗に持参して、リサイクル機で処理すると、重さ・本数に応じてWAON POINTが得られます。

  • 古新聞・古雑誌:1kgあたり1WAON POINT
  • ペットボトル:5本あたり1WAON POINT
  • 紙パック:約10枚(=300g)あたり1WAON POINT

当月1日~末日までにリサイクルした実績に応じて、翌月5日ごろに10WAON POINT単位で反映されます。ポイントの端数は翌月繰越しとなります。

有効期限

WAON POINTの有効期限は、1年間のポイント加算期間を含む最大2年間となります。

WAON POINTの有効期限

WAON POINTの残高はレシートの下の方に書かれていますし、smart WAONウェブサイトに会員登録していると、PCやスマホで会員サイトでポイントの3ヶ月分の履歴を確認できます。

WAON POINTの残高が表示されているレシートの例

WAON POINTカード提示でも5%OFF等の特典あり

イオンカードや電子マネーWAONで、イオングループで決済すると、5%OFFや2.5%還元などの特典があります。WAON POINTカードを提示した場合でも、これらの割引を原則として受けられます。

対象外なのは、55歳以上が対象のG.G感謝デー(毎月15日は5%OFF)だけです。G.G感謝デーの割引を受ける場合は、G.Gイオンカード等を利用しましょう。

以下はWAON POINTカードの提示で受けられる、イオングループの特典デーです。

「お客さま感謝デー」は5%OFF!

毎月20・30日は、イオングループ各店舗でのイオン銀行キャッシュ+デビット利用・提示で、お買い物代金が5%OFFになります。対象店舗は以下の通りです。

  • イオン、マックスバリュ、ビブレ、メガマート、イオンスーパーセンター
  • ダイエー、グルメシティ
  • マジックミシン、ミスタークラフトマン、スポーツオーソリティ、コックス、ニューステップ、クレアーズ

イオンネットスーパー・イオンショップは対象外となります、その他専門店など一部対象外となる店舗があります。

毎月2万円イオンでお買い物しているとすると、20・30日に集中させたら1ヶ月あたり1,000円、1年で12,000円も節約することができます。

イオン銀行キャッシュ+デビットを活用して買い物したら、それだけで大きなリターンとなります。

イオンデビットカードで1ヶ月に3万円お買い物すると、1年間なら18,000円、3年で54,000円です^^

1ヶ月あたり
利用金額
割引額
1年 3年 5年 7年 10年
10,000 6,000 18,000 30,000 42,000 60,000
20,000 12,000 36,000 60,000 84,000 120,000
30,000 18,000 54,000 90,000 126,000 180,000
40,000 24,000 72,000 120,000 168,000 240,000
50,000 30,000 90,000 150,000 210,000 300,000
60,000 36,000 108,000 180,000 252,000 360,000
70,000 42,000 126,000 210,000 294,000 420,000

毎月10日はポイント5倍

毎月10日は「ありが10デー」であり、WAON払いでポイント5倍となります。なんと還元率2.5%です!

全国のイオン(北海道地区を除く)でWAONで支払うとWAONポイントが5倍となります。これも強力な特典ですね^^

お客さまわくわくデー

お客さまわくわくデーは、毎月5日・15日・25日に、WAONでイオングループ各店舗でお買い物すると、WAONポイントが2倍となる制度です。

5のつく日ということでYahoo!ショッピングやLOHACOと似た特典です。イオンカード決済だといつでも2倍ですが、WAON払いでもポイント2倍となる日があります。

結局イオンではどう支払うのがお得なのか

イオン

WAON POINTカードが導入されましたが、従来の電子マネーWAONで貯まっていたWAONポイントはそのまま残ったため、複雑で分かりづらい状況が続いています。

結局のところ、イオン・イオンモール等のWAON POINT加盟店では、どのような組み合わせで決済すればお得なのかについてまとめます。

現金払いでWAON POINTカード提示(0.5%)

この場合はWAON POINTが0.5%貯まることになります。クレジットカードや電子マネーは一切使わないというお考えの場合でも、0.5%得することになります。

ポイントカードすら絶対に持ちたくないというお考えでない限りは、WAON POINTカードを提示すると着実にお得になります。

電子マネーWAON決済(0.7%)

会員登録した電子マネーWAONで支払った場合、0.5%のWAON POINTの他に、最大0.2%の月間WAONポイントが貯まります。

合計で最大0.7%のWAON POINTが得られます。現金払いよりも0.2%お得になります。

なお、電子マネーWAONで支払って、それとは別のWAON POINTカードを提示した場合も、WAON POINTカードへのポイント付与はないので、0.7%還元になります。

イオンカード払い(1.0%)

イオンカード(WAON一体型)とイオンカードセレクト

イオンカードで支払った場合、イオングループでは1%のときめきポイントが貯まります。

0.5%のWAON POINTも、0.2%の月間WAONポイントも対象外です。

クレジットカード・iD/QUICPay払い(クレカのポイント等&0.5%)

イオンカード以外のクレジットカードで支払い、WAON POINTカードを提示した場合、WAON POINTは付与されます。

後払い型の電子マネーであるiDQUICPayも、イオンカード以外のクレジットカードを登録している場合は、WAON POINTカードを提示すると、0.5%のWAON POINTが貯まります。

基本的にはこれが最もお得な支払い方法となります。高還元のクレジットカードで決済し、WAON POINTカード提示が最もお得です。

高還元率のおすすめクレジットカードまとめ!2017年最新版
クレジットカードの選択基準で重要な要素の一つが還元率です。年間のクレカ利用額が多い場合は、たとえ年会費がかかっても高還元率の...

ただし、イオンの株主優待(オーナーズカード)を保有している場合、WAON払いですと3%~7%キャッシュバックが受けられます。

この場合は、クレジットカード払い&WAON POINTカード提示よりも、WAON払いの方がお得です。

WAONへのチャージでポイントが得られるのは、イオンカードセレクト、JALカードです。WAONチャージで得するクレジットカードについては、以下で精緻に分析しています。

WAONチャージで得するクレジットカードを比較!オートチャージのポイントを詳細解説
WAON(ワオン)というイオングループの電子マネーがあります。JALマイレージバンク機能と一体型の「JMB ワオン」もあります。イオングル...

JMB WAONはWAON POINT対象外

JMB WAON

JMB WAONはWAON POINTが利用できません。JMB WAONは通常のWAONとは異なり、利用時にJALマイルが貯まるのが特徴です。詳細は以下で徹底解説しています。

JMB WAONはJALカードのチャージでマイル獲得!税金の支払も可能!
WAONには「JMB WAON」というタイプがあります。JMB WAONカードとおサイフケータイの二種類があります。JALカードでチャージが可能であ...

ただし、JALマイラーでしたら、通常のWAONに切り替える必要はありません。

通常のWAONも、2016年8月末まではダイエー・グルメシティ・フーディアム以外では、決済の0.5%とPOINTカード機能の0.5%を二重取りできるわけではなく、0.5%だけです。

9月以降はダイエー・グルメシティ・フーディアムでも、WAONで貯まるのは0.5%だけになります。

ただし、決済ごとのWAON POINTとは別に、「月間WAON POINT」が500円ごとに1 WAON POINT(最大0.2%)貯まります。合計で最大0.7%です。

JMB WAON決済でWAON POINTカードを提示しても、0.5%のマイルの他に0.5%のWAON POINTは得られませんし、月間WAON POINTもありません。

しかし、WAONによる最大0.7%のWAON POINTよりも、JMB WAON(チャージ時のJALカードのマイル0.5-1%、決済時の0.5%のJALマイル)の方がお得です。

ショッピングマイル・プレミアム加入時は合計で1.5%でマイルが得られます。マイル5倍デーはなんと3.5%とパワフルです。

ちなみにイオンはJALカード特約店なので、マイル5倍デー以外は、JALカード払い&WAON POINTカード提示だと2%のマイル+0.5%のWAON POINTとなり、こちらの方がお得になります。

ただし、イオンの株主優待(オーナーズカード)を保有している場合、JMB WAON払いだと3%~7%キャッシュバックがあります。JALカード払いではありません。

したがって、オーナーズカード保有者はマイル5倍デー以外でも、JMB WAON払い(1.5%のマイル + 3-7%CB)の方がいいでしょう。

WAON POINTの使い方

イオンモールの店内

加盟店でのお買い物に利用

貯めたWAON POINTは、WAON POINT加盟店でのお買い物に、1WAON POINT=1円で使えます。現金同様の価値があります。

従来のWAONポイントは、一定ポイントを貯めてWAONにチャージする手間がかかりました。新しいWAON POINTは圧倒的に便利になっています。

また、WAON POINTを電子マネーWAONに交換することも可能です。

WAON POINTの電子マネーWAONへの交換レート

WAON POINTをWAONステーション、イオン銀行ATM、Famiポートで、1ポイント単位で電子マネーWAONに交換して、電子マネーのWAONとして全国の加盟店で使う流れとなります。

WAON POINTの加盟店での使い方の手順のイメージ

アイテムとの交換

また、オリジナルグッズや、その他アイテム・サービスに交換することもできます。

交換商品の一覧、交換手順については、以下で丹念に解説しています。

WAON POINTの交換まとめ!商品一覧・方法・手順を徹底解説
イオングループの共通ポイントのWAON POINTがありますね。スマートワオンに登録することで、貯めて使えるようになります。WAON POINT...

JALマイルと交換可能になる予定

新しいWAONポイントは、 日本航空のマイレージプログラムであるJALマイルに交換できるようになる予定です。

WAONでも提携関係があるJALとWAON POINTでも協力が続きます。JALマイルに交換できるのは、マイラーにとって嬉しいですね!

WAONポイントカードでJALマイルを得ることが可能になります。交換レートはPontaポイント・dポイントと同様に2対1となると思われます。

1マイルの価値を2円と考えると実質的には1対1、1マイル3~4円なら実質的に得することになりますね。

飛び立つJALの飛行機

家族とシェア

家族のWAON POINTを合算して、電子マネーWAONに交換してお買い物したり、アイテムと交換することができます。

一人ひとりのポイントではゲットできないモノも、家族全員のポイントを合わせれば獲得できるようになるシーンがあり得ます。

まず「わけあえる」の「WAON POINTを家族でシェア」の「家族を設定」から、WAON POINTをシェアする家族を設定します。

そして、家族のsmart WAON IDと生年月日を入力すると、その家族が追加設定されます。

家族の中で1人「設定者」を決めると、その設定者にポイントを集約することができます。smart WAON アプリでも可能です。

イオンスクエアIDまたは外部サービスIDでログインされている家族はグループの作成、参加ができません。

家族とシェアする機能を利用する場合は、FacebookやTwitterのIDではなく、smart WAONウェブIDを作成しましょう。

友達にプレゼント

smart WAON アプリ

smart WAON アプリを利用すると、ポイントをほかの人にプレゼントすることが可能になります。

アプリのQRコードを提示して読み込むことで、ポイントの残高が移行します。ホームパーティーの飲み物や食べ物を買う場合などに、友達同士ポイントを合算して買うことなどができます。

アプリ右上のメニューアイコンをタップして、「わけあえる」の欄にある「友だちにプレゼント」をタップします。

smart WAON アプリの友達にポイントプレゼント機能

次の画面で、プレゼントする場合は、「QRコードリーダーを表示」をタップします。受け取る場合は「受け取り用QRコードを表示」をタップします。

そして、QRコードを読み取ると、専用画面に遷移してプレゼント手続きが完了します。

smart WAON アプリのポイントプレゼント受け私手続き画面

お得なキャンペーン

WAON POINTは定期的にお得なキャンペーンを開催しています。上手く活用すると家計を助けることができます。

2016年8月26日(金)~2016年8月28日(日)は、加入者が3,000万人を突破した記念でWAON POINTカード、WAONカード、イオンカードでポイントが5倍になるキャンペーンが開催されています。九州地区と沖縄地区では行われません。

通常は200円あたり1 WAON POINT(還元率0.5%)のところ、200円あたり5ポイント(還元率2.5%)が得られます。JMB WAONの場合はマイル付与率2.5%で驚異的にお得です。

イオンカードは、通常は200円あたり2 ときめきポイントが貯まりますが、こちらも5ポイント(還元率2.5%)となります。イオンJMBカードはマイル付与率2.5%でお得です。

2016年8月26日~9月5日は、通常の半分のポイント数で景品との交換が可能になりました。

2017年5月26日~5月31日は、本州・四国のイオン、イオンスタイルで、450 WAON POINTを500円分のお買物値引券に交換できました。

発行した店舗の直営売り場での501円(税込)以上の支払いに利用できます。

WAON POINTの加盟店

イオンモール

当初はWAON POINT加盟店はイオングループが中心です。具体的には以下の通りです。

  • イオン、イオンスタイル、イオンモール、イオンスーパーセンター
  • マルナカ、山陽マルナカ
  • ボンベルタ
  • ダイエー、グルメシティ
  • マックスバリュ、マックスバリュエクスプレス
  • KOHYO
  • キミサワ、キミサワグラッテ
  • ザ・コンボ、ザ・ビッグエクストラ、ザ・ビッグ、ザ・ビッグエクスプレス
  • ピーコックストア、アコレ、まいばすけっと
  • イオンリカー、イオンバイク
  • ホームワイド、ワイドマートD&F
  • スポーツオーソリティ、CORNERS SPORTSAUTHORITY
  • R.O.U
  • タルボット
  • ikka、ikka LOUNGE
  • LBC、Lbc with Life、LBC market
  • VENCE EXCHANGE、VENCE share style
  • Current、クレアーズ
  • イオンエクスプレス
  • ミセススマート、パワーシティ、フードセンター、イオンカルチャークラブ
  • おひつごはん四六時中、和ダイニング四六時中、れすとらん四六時中、四六時中、かまど炊きおひつごはん四六時中、ナポリピッツア四六時中
  • SHIROKU、おひつごはん海の穂まれ
  • 和ぐるめ、グルメドール、麦の香
  • カフェ・ド・ペラゴロ、&eggs、クレミーノ

なんといっても注目は、今後イオングループ以外でWAON POINTの加盟店がどれ程揃うかです。

ドコモが立ち上げた共通ポイント「dポイント」は、スタートでは加盟店が意外と今ひとつでしたが、2017年からは急速に拡大していっています。

WAON POINTの場合はWAONの加盟店が既にあるので、dポイントよりは参加店が揃うポテンシャルがあります。ご参考までにWAONの加盟店は下表のとおりです。

ジャンル店名
ショッピングセンター/スーパー等イオン、イオンスーパーセンター、イオンタウン、イオンモールダイエー、ダイエーグルメシティ、マックスバリュ、マックスバリュエクスプレス、ウェルマート、キミサワ、コーヨー、ザ・ビッグ、サンデー、ホームセンタージョイ、東急プラザ、ピーコックストア、ビブレ、フォーラス、ホームワイド、まいばすけっと、マルナカ、千歳アウトレットモール・レラ、金沢百番街 RINTO、ディスカウントマーケット アコレ、JRタワー
コンビニファミリーマートローソン、ナチュラルローソン、ローソンストア100、サークルK、サンクス、ココストア、ポプラ、生活彩家、ミニストップ、スリーエイト
薬局・ドラッグストアイオンボディ、ウェルシア、ドラッグストアウェルネス、くすりの福太郎、ドラッグストアダックス、ツルハドラッグ、ハックドラッグ、レディ薬局、キリン堂
家電ビックカメラエディオン、コジマ、ソフマップ、Joshin
その他ショッピングBLUE SKY(空港店舗)、イオンバイク、イオンリカー、グリーンボックス、酒ゃビッグ、スポーツオーソリティ、武田メガネ、未来屋書店、メガネのヨネザワ、R.O.U、イオンペット、メガネスーパー
宅配・カーライフヤマト運輸コスモ石油、大和自動車タクシー、NEXCO西日本
飲食店マクドナルド吉野家コメダ珈琲店オリジン弁当、かっぱ寿司、小僧寿し、安楽亭、七輪焼肉 安安、中華東秀、ドミノ・ピザ
レジャー・トラベルJALホテルズ、ニッコー・ホテルズ、イオンシネマ、藤田観光(ワシントンホテル・ホテルグレイスリー・椿山荘等)、ルートインホテルズ

サークルK、サンクスは2016年8月30日から利用可能になりました。WAON決済開始を記念して、9月13日~10月3日には抽選で1,000名に旅行ギフトや厳選グルメが当たるキャンペーンが開催されました。

ファミリーマートはTポイントを導入しているのでWAON POINTの導入はないでしょう。

Pontaポイント・dポイントと2つの共通ポイントを導入しており、決済・ポイントの多極化に積極的なローソンへの導入は有力だと考えます。

ローソンでWAONが利用可能に!その他の決済よりもお得かを比較
ローソンがイオンと提携して、2015年12月5日(火)より、全国のローソンの店舗で、電子マネー「WAON」が使えるようになります。WAONはイ...

JAL系の空港売店「BLUE SKY」、ビックカメラ、エディオン、JALホテルズ、ヤマト運輸、ウエルシア、ツルハドラッグ、マクドナルドあたりは導入の可能性がありそうです。

WAONポイントカードの提示で幅広く現金同様のWAON POINTが貯められるようになっていくでしょう。WAON経済圏が広がっていきます。


共通ポイントの仁義無き戦いが激化

アメフト選手の男性

共通ポイントは長らくTポイントとPontaポイントの二強の状態でしたが、楽天が楽天ポイントカードを導入し、ドコモがdポイントで参戦して一気に競争が激化しました。

今回は小売業界の重鎮であるイオンが共通ポイント導入ということで、生き残りをかけた激しいガチンコバトルが繰り広げられています。

企業内のグループを共通化する動きも出ています。JR東日本がJRE POINT、東急がTOKYU POINT、阪急がSポイントを導入しています。

セブン&アイグループのnanacoポイント、auのWALLETポイントなども存在感があります。

全てのポイントが生き残るのか、あるいはポイント同士の合従連衡があるのかも注目です。

関ヶ原の決戦地

親和性が高いのは、Pontaポイントとdポイント、WAON POINTです。Pontaポイントとdポイントは相互交換も可能であり、親密性が高いポイント連合となっています。

PontaポイントとdポイントはいずれもJALマイルと交換が可能です。WAON POINTもJALマイルと交換が可能で、WAONとPontaポイントは加盟店がかぶっている例も多いです。

WAONポイント・Pontaポイント・dポイントがJALマイルを軸に緩やかな連合を形成しつつある印象があります。

WAONポイント・Pontaポイント・dポイント

小売りを切り口にすると、イオン・ローソン(WAON・Ponta・dポイント)VSイトーヨーカドー・セブンイレブン(nanacoポイント・WALLETポイント特約店)となっています。

nanacoポイントはセブン&アイグループのみでの利用であり、共通ポイントとしてはやや弱いイメージがあります。

あくまで企業グループ内ポイントを貫き通すのか、それともWAON POINTに対抗していくのかに注目します。

nanacoポイントはANAマイルに交換可能です。同じくANAマイルに交換可能なのはTポイント・楽天スーパーポイントです。

JAL・ANAのどちらかのマイルだけを貯めているマイラーだと、マイルへの交換も勘案して共通ポイントを活用していくのも一つの方策です。

新電力の中でもポイントを付与する企業が多いです。WAON POINTがどの電力会社を抑えるのかにも注目します。

その他、代表的なポイントについては以下にまとめています。

区分 ポイント名
メジャー共通 TポイントPontaポイント楽天スーパーポイントdポイント
特定企業 WAON POINT、nanacoポイントリクルートポイントLINEポイント
電鉄系 JREポイントSポイント

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-電子マネー・ポイント
-

Copyright© The Goal , 2017 All Rights Reserved.