The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

クレジットカードのセキュリティで最重視すべきは紛失・盗難・不正ログインの対策と明細チェック

更新日: クレジットカード

セキュリティのイメージ

クレジットカードにはカード盗難・紛失補償、インターネットでの不正利用の補償が付帯しているクレカが大多数であり、基本的には損失が生じることはありません。

ただし、やはり一時的にも不正利用の利用明細が計上されると、気分が大変よくないですね。できればそのような事態は避けたいのが人情です。

そこでクレジットカードのセキュリティ対策における注意点について、読者様の実体験に基づいて徹底的に解説します。


カードの紛失・盗難はリカバリーに膨大な手間が発生

読者様が朝の通勤途中で置き引きの盗難に遭い、タブレットの入った鞄を盗まれました。

タブレットの中には銀行口座やクレジットカード等(デビット、プリペイド)の情報がギッシリ入っていました。

急いで金融機関のキャッシュカード・デビットカード・クレジットカード・電子マネー・プリペイドカード等の緊急利用停止。時間との戦いでした。

その後は警察への被害届の提出・取り調べ・調査、暗証番号の変更、ネットバンキングの再開、カード再発行など、膨大な事務手続きが発生。

ショックで困っている女性

銀行・信金などは平日の昼間しか窓口が空いていないことから、仕事は休みを取らざるを得ず、面倒な手間・労力が必要となりました。

カードの再発行手数料が無料のケースもありますが、多くは1枚1,080円(税込)程度の手数料が発生。10枚なら10,800円(税込)、20枚なら21,600円(税込)と痛い出費ですね。

幸い銀行やクレジットカードは、すぐに緊急停止の手続きが可能で、不正利用・引き出しの被害はゼロだったそうです。

利用明細は毎月必ず確認

紛失・盗難・インターネットでの不正利用については、ほぼあらゆるクレジットカードに補償・保険があります。

したがって、不正利用から60日以内などに届け出れば、暗証番号を紙に書いてカードと一緒にお財布に入れていた等の重大な過失がない限りは、100%補償されます。

注意すべきなのは利用明細を毎月チェックして、不正利用が紛れていないか確認することです。

多くのカード会社は届け出時から60日間さかのぼって補償してくれるので、逆に言うとそれを過ぎてから気がついた場合は補償を受けることはできません。

毎月利用明細が確定したら、紙や会員サイトで不正利用がないか確認しましょう。

アメックスの利用明細書  ジャックスのクレジットカードの利用代金明細書ダイナースの利用代金明細書

少々の手間はかかりますが、月1回チェックするだけなので負担感は大きくありません。

私は生活のほぼ全ての支出がクレジットカード払いなので、1ヶ月あたり数百の利用履歴がありますが、それほど面倒ではなく許容範囲と感じています。

紙の利用明細書が届くか利用確定メールが送られてきた後に、ザーッとチェックしています。慣れると流れ作業で合間にサクッと行えます。

置き引きに注意

クレジットカードの不正利用というと、リアル店舗でのお会計時にスキミングされたり、クレジットカード番号・氏名・有効期限・セキュリティコード等の情報を記録されて不正に使われるイメージがあります。

しかし、これは特に席でクレジットカードを店員さんに渡してバックオフィスで決済するような店舗だと防ぎようがない側面があります。

せいぜい「信頼性が定かではない店舗では使わない」くらいしか対策は打てません。

自己にできる対策としては、紛失・盗難には注意して、電車やバス等で荷物を棚に置く場合は、細心の注意を払うのが無難です。

特急電車の車内

数年前はリュックを背負って歩いていたところ、後ろのポケットをこっそり開けているような気配がして振り返ったら、一目散に逃げた人がいました。

このような古典的な犯罪は依然としてあるので、世界の中では抜群に治安が良いとはいえ油断は禁物です。

クレジットカード、キャッシュカード類は、盗難に遭うと全て再発行が必要になって手間ですね。

このリスクを抑制するためには、必要最低限のカードを持ち運ぶことでリスクヘッジできますが、複数枚のカードを色々と使い分けていると利便性が損なわれるので、痛し痒しで切ないです。

クレジットカードは不正利用時の補償がありますが、電子マネー、プリペイドカードは紛失・盗難時の補償がないので、悪意がある者に奪われたらまず戻ってきません。

nanacoと楽天ポイントカード

電子マネーは連絡をした段階で利用停止でき、それ以降の残高は補償されるものもあります。

nanacoWAONSuica(記名式)、PASMOは紛失や盗難に遭った場合、利用停止の連絡と所定の再発行手続きを行うと、新しいカード/モバイルに電子マネー・ポイント残高を引継げます。

したがって、万が一の紛失・盗難の際には、真っ先に連絡しましょう。不正利用されたら戻ってこないので、クレジットカードよりも緊急性は高いです。

楽天Edyは紛失・盗難時に利用を止めたり、Edy残高の返金や新カード・ケータイへの移行ができません。

お財布をなくした時の緊急連絡先の一覧はリストにしておくと便利です。


スマホ・タブレット・PCは遠隔操作で初期化もしくは暗号化

インターネットで不正ログインされての不正利用については、事前に対策を講じることでセキュリティの堅牢性をアップさせることができます。

当たり前の話ですが、不正ログインを防ぐために、金融機関やクレジットカード情報を保存しているサイトのパスワードは、半角・全角の英語、数字、記号を入り混ぜた複雑なものにするのがベターです。

定評があるパスワード管理ソフトを利用するのも一考。ただし、この場合はソフト側から流出するリスクも考慮する必要があります。

スマホ・タブレット・PCを持ち運ぶ場合は、金融機関の情報、その他重要なログインID・パスワードが詰まっている場合が多いので、気をつけなければなりませんね。

屋外でスマホを操作する笑顔の女性タブレットを見る笑顔の男女JR特急電車のデスクとノートパソコン

iPhoneやAndroid、Windowsやmacには遠隔操作でロック・初期化できる端末もあり、その機能がある場合、気がついた後は迅速にリモートロック・初期化したら被害を最小限にできます。

また、GPSを使って誤差1m以内位の精度で場所を特定することも可能です。

事前に置き引きにあったら行う作業を準備して、心構えを取っておくことが重要だと思います。

ただし、ネットから切断された状態で電源を落とされたら、遠隔操作による初期化が機能せず、場所を特定することもできません。

オンラインから遮断した後に、記憶媒体を抜き取って解析されたら、データが流出するリスクがあります。

それを防ぐためにはパソコンの場合はデータ全体を暗号化すれば、HDD・SSD等の記憶媒体を抜き取られていてもセキュリティが向上します。

パソコンの場合はハッキングされると、過去に入力した文字の全てを解析する方法があるそうです。

つまり、過去の文字入力を解析することで、パスワードを抽出できるので、クレジットカード情報を登録しているサイトがあったら不正利用のリスクがUPします。

まとめ

クレジットカードを見せるショッピング中の女性

キャッシュカード、デビットカード、クレジットカード、電子マネー、プリペイドカードを持ち歩く場合は、紛失・盗難のリスクが伴います。

クレジットカードは60日以内に連絡すれば不正利用は補償されるので安心・安全です。ただし、面倒な事務手続きが発生します。

電子マネー・プリペイドカードは利用停止できるタイプでも、停止までに不正利用された分は補償されないので注意が必要です。

万が一の紛失・盗難・不正アクセスに備えた対策・事前準備を行っておくのがベターです。

ジャンル 対策
紛失・盗難防止 ・荷物を手から離す場合は要注意
・棚に置いた荷物を忘れないよう注意
不正アクセス防止 ・パスワードは記号、英大文字・小文字、数字を混在させて複雑に
・二段階認証の仕組みがあるサイトはすべて導入
・データは暗号化して保存
・できればサイト内にカード情報は保存しない
・パソコンは必ずセキュリティソフトを導入
紛失・盗難時の対策 ・リモートロック・データ初期化の手続き方法を事前に把握
・画面ロックはできれば生体認証を導入(パスコードは複雑に)
・緊急連絡先の一覧をリスト化

不正利用が心配な方は、補償があるクレジットカードを利用しましょう。ただし、全額戻ってくるとはいえ、一時的に犯罪者の利用額が膨らむのは気分が悪いですね。

そうしたリスクを回避するためには、利用限度額を10万円など低めに設定しておけば、万が一の紛失・盗難時も不正利用が膨らむ心配はありません。

利用限度額50万円や100万円で発行された場合でも、希望すれば限度額を引き下げてくれるカード会社が多いです。

キャッシュレス決済を取り入れると、不正利用の可能性が生じるのは避けられません。ただし、それは事前に準備しておくことでリスクヘッジすることが可能です。

クレジットカードは補償が付帯しているので、不正利用されたら終わりの現金・電子マネー・プリペイドカードよりもセキュアと評価することも可能です。

自動車を利用すると事故のリスクが生じますが、注意してうまく付き合うと非常に便利で効用が高く、満足度が高いアイテムです。

クレカもそれと同様であり、賢く利用することでリスクを抑制することができて、家計に大きな手助けとなります。

年間で数万円といった金額がお得になり、その分、外食したり旅行したり貯金したり、色んなことができるようになります。

家計が頑健になり、生活を豊かに彩ることが可能となります。セキュリティの側面は考慮しつつ、自分の状況や好みに応じて上手にクレジットカードを選び、楽しい生活を送りましょう!

年会費無料のおすすめクレジットカードについては以下にまとめています。

クレジットカードの選択基準で重要な要素の一つが年会費です。年会費がかかるカードはNGという方も多いですね。特にサブカードとして...

還元率が高いおすすめクレジットカードについては以下で丹念に分析しています。

クレジットカードの選択基準で重要な要素の一つが還元率です。年間のクレカ利用額が多い場合は、たとえ年会費がかかっても高還元率の...

飛行機に乗る機会がある方なら、マイルが貯まるクレジットカード航空系クレジットカードがお得です。

JALマイルが貯まるクレジットカード、ANAマイルが貯まるクレジットカードの他、ダークホースとしてはマイレージプラスカードもバリューが高いです。

ポイントやマイルに興味がない方は、キャッシュバックのクレジットカードがお値打ちです。ポイントを貯めて交換という作業も省きたい場合、自動キャッシュバックのクレジットカードだと手間フリーです。

クレジットカードの諸々のファクターに着目してランキングを作成しました。

クレジットカードには多種多様な種類があり、膨大な数のクレカが発行されています。あまりの多さに探しきれない程ですし、評判・口コ...

高級カードになるとコース料理1名分無料サービス、空港ラウンジなどの充実した特典が魅力的です。

おすすめのゴールドカードについては、ゴールドカードのランキングをご参照ください。年会費無料のゴールドカード年会費が安い格安ゴールドカードもあります。

これらの中でも特に優れたゴールドカードは以下で丹念に論述しています。

アメリカン・エキスプレスが1966年にゴールドカードを導入し、1984年にプラチナカードを発行するまでは、ゴールドカードが最上位カー...

67枚のクレカをお持ちで合計年会費が約130万円のプロ・菊地崇仁さんのおすすめゴールドカードは以下でご紹介しています。

ネット通販・オンライン課金の普及でクレジットカードはもはやマストアイテムといっても過言ではありません。やはりクレカの中で人気...

おすすめのプラチナカードについては、プラチナカードのランキングをご参照ください。その中でも特に優れたカードは以下で徹底的に解説しています。

アメリカン・エキスプレスが1984年に世界で初めて「プラチナカード」を発行しました。当時は最上位カードでした。その後、幾多の競合...

クレジットカードの頂点であるブラックカードについては、以下で精緻に分析しています。

アメリカン・エキスプレスが1999年に世界で初めて一般的なプラチナカードの上位カード「センチュリオン・カード」を発行しました。幾...

数多くのブラックカードの中から日本で発行されているカードのランキングを以下にまとめました。

一般的には高還元のクレジットカード、年会費無料のクレジットカードが人気が高く、次がゴールドカード、プラチナカードとなります。...

実際にブラックカードを活用したところ、お金では買えない類稀なエクスペリエンスが可能でした。

最高峰のクレジットカードであるブラックカードは、年会費が高い代わりに豊富な特典が付帯しています。実際に4枚のブラックカードを活...

国際ブランドごとのおすすめクレジットカードについては、VISAMastercardJCBアメックスダイナースにまとめています。

多様な項目での最強のクレジットカード、その中で特にお得な一枚については、以下で論述しています。

クレジットカードには多種多様な種類があります。年会費無料カード、高還元カード、一芸に秀でた特化型カード、航空系カード、ゴール...

日本有数のクレジットカードの専門家でいらっしゃる岩田昭男さんのおすすめクレカについては、以下で徹底的に解説しています。

世の中には膨大な数のクレジットカードがあります。どれがいいのか分からなくなってしまうことも多いですね。特に2枚持ち・3枚持ちで...

67枚のクレカをお持ちで合計年会費が約130万円のプロ・菊地崇仁さんのおすすめカードには、珠玉のクレジットカードが集結しています。

インターネットの普及でオンラインで決済する頻度というのが日本中で高まっています。そうした情勢下、クレジットカードはもはやマス...

クレジットカードの作成が難しい場合や使い過ぎるという方は、デビットカードも候補となります。

年会費無料で基本還元率が最も高いデビットカードは、楽天銀行デビットカード(JCB)であり、1%で楽天スーパーポイントが付与されます。

楽天銀行はデビットカードを発行しています。JCB、シルバー(VISA)、ゴールド(VISA)の三種類です。2015年4月には楽天銀行デビットカー...

イオン銀行のデビットカードは還元率0.5%でイオンでの5%OFFの特典があります。

イオン銀行から「イオン銀行キャッシュ+デビット」が登場しました。イオン銀行のICキャッシュカード、電子マネーWAON、JCBデビットカ...

現金還元を重視しており、ポイント還元ではなくキャッシュバックがいい場合は、ネット銀行だとソニー銀行の「Sony Bank WALLET」が候補となります。

優遇プログラム Club S のステージに応じて、利用額の0.5%~2.0%がキャッシュバックされます。上限は20万円/月です。

Sony Bank WALLETというデビットカードがあります。ソニー銀行が発行しているVISAブランド搭載型のデビットカードです。VISA加盟店で...

GMOあおぞらネット銀行のデビットカードは1円からキャッシュバックされて、ポイントを貯めて交換という手間が不要です。

還元率は一律で0.6%なので、Sony Bank WALLETだと還元率が0.5%になる方は、GMOあおぞらネット銀行の方が高還元です。

GMOあおぞらネット銀行にはVisaデビット付キャッシュカードがあります。GMOあおぞらネット銀行が発行しているVISAブランド搭載型のデ...

住信SBIネット銀行のデビットカードはいつでも0.6%の還元で、会員制度スマートプログラムのランクアップに役立つのがメリットです。

住信SBIネット銀行はVisaデビット付キャッシュカードを発行しています。ICキャッシュカードとVisaデビット機能が1枚になったカードで...

その他、おすすめのデビットカードの比較については、以下で徹底的に解説しています。

デビットカードという決済に使える銀行のキャッシュカード一体型カードがあります。銀行の預金口座の残高から利用時に即時に引き落と...

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-クレジットカード

Copyright© The Goal , 2018 All Rights Reserved.