SuicaとPASMOの違いを専門家が比較! 2020年12月

更新日: キャッシュレス決済 電子マネー

SuicaとPASMOの相互利用

関東の交通系電子マネーとしては、SuicaとPASMOの2種類があります。

鉄道やバスの切符として利用したり、交通系IC加盟店での支払いにも使えるプリペイド式電子マネーです。

PASMOとSuicaの相互利用が開始してからは、どちらでも相互に使えるようになったため違いがわかりにくくなりました。

しかし、依然としてSuicaとPASMOには、それぞれオリジナルの機能があります。違いについて、63枚のクレジットカードを保有した経験があり、年会費の最高額は118万円の専門家が丹念に比較します。

机上の空論ではなく、数多くのカードを実生活においてフル活用した経験を活かして、2020年の最新の状況を分析しました。

定期券が発行できる鉄道・バス

PASMOもSuicaも定期券一体型のタイプを発行できます。基本的にはJR東日本の定期券はSuicaのみです。

JR東日本の区間から東京メトロ・都営地下鉄・私鉄に乗り継ぐ場合の定期券は、Suicaに搭載できます。区間によっては搭載できないこともあります。

Suica定期券

他方、PASMOに出資している鉄道会社、バス会社の定期券はPASMOのみに搭載できます。代表例は下表のとおりです。

区分 名前
電車 小田急電鉄
京王電鉄
京成電鉄
京浜急行電鉄
相模鉄道
新京成電鉄
西武鉄道
東京急行電鉄
東京地下鉄
東京都交通局(都営地下鉄・日暮里・舎人ライナー)
東武鉄道
ゆりかもめ
横浜市交通局(横浜市営地下鉄)
バス 小田急バス
神奈川中央交通
川崎市交通局
京王電鉄バス
京成バス
京浜急行バス
相鉄バス
西武バス
東急バス
東京都交通局
東武バス
富士急行(バス)
新京成バス
横浜市交通局

こちらもPASMO対応の私鉄・東京メトロ等からJR東日本に乗り継ぐ場合は、基本的にはPASMO定期券に搭載できます。一部路線はNGです。

1枚のPASMOに、鉄道・バスそれぞれの定期券情報をのせることも可能です。

普通に乗車する場合はPASMOでもSuicaでもOKですが、定期券は別々となります。

東急の駅の看板

ポイント制度

PASMOとSuicaには、独自のポイント制度が用意されています。

PASMO

東急や東京都交通局などでは、PASMOを使って電車・バス等に乗車するとポイントが貯まる制度があります。このような制度を総称して「乗車ポイント」と呼ばれています。

貯まったポイントはPASMOにチャージしたり、自社系列の店舗で利用できたりします。これらはPASMOのみが対象であり、Suicaは対象外です。

都営バスの停留所

一例として都営交通は「ToKoPo」という名前であり、都営地下鉄4線、都電荒川線、日暮里・舎人ライナー、都営バスにPASMOで乗るとポイントが貯まります。

ポイント区分 都営地下鉄 日暮里・
舎人ライナー
都電荒川線 都営地下鉄
基本ポイント(1乗車ごと) 2pt 2pt 1pt -
土休日ボーナスポイント
(1日ごと)
2pt 2pt - -
乗り継ぎボーナスポイント
(1日ごと)
2pt

基本ポイントに、土休日、乗り継ぎの各ボーナスポイントが加算される方式となります。

貯まったポイントは10ポイント単位でPASMOにチャージできるので現金同様の価値があります。

東京メトロによく有料乗車する方なら、To Me CARD一体型PASMOを利用するとザクザクとメトロポイントが貯まってお得です。

To Me CARD Prime PASMOというクレジットカードがあります。東京メトロ乗車で特典があり、年会費を無料にすることも可能なカードです...
ANA To Me CARD PASMO JCBというクレジットカードがあります。愛称は「ソラチカカード」です。ANAカードには幾多のカードがありますけ...

実際にソラチカカードをフル活用したところ、流麗なANAマイル還元を享受できました。

ANA To Me CARD PASMO JCB(愛称:ソラチカカード)というクレジットカードがあります。ソラチカカードは年2,750円(税抜)のコストで最...

東京メトロ乗車で最大級のメトロポイントを得られて、スマリボの活用で1.5625%ANAマイル還元となるゴールドカードもあります。

ANA To Me CARD PASMO JCB GOLDというクレジットカードが2020年3月30日から募集開始しました。愛称はソラチカゴールドカードです。ANA...

Suica

Suicaの方には「JRE POINT」という制度があり、加盟店でSuica電子マネーを利用するとSuicaポイントが貯まり、貯めたポイントはSuicaにチャージできます。

Suicaポイントクラブのパンフレット

以前はSuicaポイントクラブでしたが、2017年12月5日にSuicaポイントはJRE POINTと統合されて、JR東日本グループの駅ビルでのお買い物や食事・カフェで利用できるようになり、より便利になりました。

「JRE POINT」(ジェイアールイー・ポイント)というJR東日本グループの共通ポイントがあります。JR東日本グループで使えて貯めること...

2018年6月28日にはビューカードのポイントがJRE POINTと統合して、より一層便利になりました。

ビューサンクスポイントが2018年6月28日から、JR東日本グループ共通ポイント「JRE POINT」に移行することになりました。Suicaチャージ...

SuicaはJRE POINT加盟店での決済でポイントが貯まりますが、電車の乗車では、ポイントは付与されません。

Suica・PASMOの両方ともモバイル対応

Suica、PASMOは全国の交通系電子マネーの中でもトップで対応が進んでいます。

ほぼカードタイプと同一の機能を縦横無尽に駆使できます。

モバイルSuica

富士通のSIMフリーのおサイフケータイ

Suicaには「モバイルSuica」という、フェリカ搭載のおサイフケータイ(Androidスマホ・ガラケー等)でSuicaが使えます。カードを持ち運ぶ必要がなくなります。

JRE POINTが貯まる機能、バス特の適用もあります。

また、モバイルSuicaならではのメリットとして、新幹線にお得な価格で乗車することができます。

JR 東日本の新幹線の指定席を安く予約できる「モバイルSuica 特急券」、東海道・山陽新幹線をリーズナブルに予約できる「エクスプレス予約」(ビューエクスプレス特約)を利用できます。

エクスプレス予約を使う場合はビューカードが必要です。また、1,000円(税抜)の年会費がかかります。

JR東日本が発行しており、全国の鉄道、バス、お買い物で使えて便利なSuica(スイカ)は、携帯電話でも利用可能です。「モバイルSuica」...

他方、カードタイプのSuica・PASMOで新幹線に安く乗れるサービスは、全交通系電子マネー共通の「スマートEX」のみです。

スマートEX

スマートEXはPASMOなどの交通系ICカードだけで、東海道・山陽新幹線(東京~博多間)に乗ることができルサービスで、紙のきっぷと比較すると割引も受けられます。

スマートEXで東海道新幹線の改札を通過したところ

新幹線の費用はクレジットカードでの支払いとなります。VISAMastercardJCBアメックスダイナースクラブであればOKです。年会費は無料で簡単にスマホやPCで予約できます。

既存のSuicaやPASMOで簡単に新幹線にスムーズに乗車できるのがメリットです。

しかし、料金面での割引は小さいのがエクスプレス予約と比較したデメリットです。特定都区市内制度の適用もありません。

「スマートEX」は、Suica・PASMO・ICOCA・manaca・TOICAなどの交通系ICカードで、東海道・山陽新幹線に乗車できるチケットレスサービ...

スマートEXをモバイルSuicaで使う手順、留意点については、以下にまとめています。

モバイルSuica、Apple PayのSuica(以下、両方を合わせて「モバイルSuica」)は、交通系ICカードで東海道・山陽新幹線に乗れる「スマー...

JR東日本の新幹線では、利用開始の登録をするだけで在来線のようにSuica・PASMOをタッチするだけでOKのサービスが開始しました。

JR東日本が事前の購入手続きや会員登録不要で、在来線のようにSuica等の交通系ICカードで新幹線に乗車できるサービスを開始します。「...

2020年3月14日からはインターネットで予約するとJR東日本の新幹線にSuica・PASMO・Kitaca・ICOCA等の交通系ICカードで乗車できるサービスが開始しました。

JR東日本・JR北海道・JR西日本が、2020年3月14日からSuica、Kitaca、ICOCA、PASMO、PiTaPa、TOICA、manaca等で新幹線に乗車できるサー...

なお、一部のPASMO一体型クレジットカードは「エクスプレス予約」(旧・プラスEX)を利用できますが、これはPASMOの特典ではなく、クレカに付帯しているベネフィットになります。

エクスプレス予約(旧・プラスEX)

Apple PayのSuica

7以降のiPhone、Series 2以降のApple Watchは、おサイフケータイに類似するサービス「Apple Pay」が利用可能です。

Apple Pay(アップルペイ)というiPhone・Apple Watchの決済サービスがあります。日本の状況に的確に対応しており、使いやすくて便利...

モバイルSuicaに類似した仕組みで電車・バス等に乗ることができます。また、iD、QUICPayの店舗でお買い物することが可能です。

しかし、PASMOは使えないので、パスモの定期券は搭載できません。Suica定期券は搭載できますが、PASMOはできない点が異なります。

Apple PayのWalletアプリ(Suica)

iPhoneのSuicaでお店でお買い物をしたり、電車・バスなどに乗ることができるようになります。

Apple PayとSuica、国際ブランドの関係については、以下にまとめています。

Apple Payはクレジットカード・プリペイドカードの国際ブランドのうち、JCB、Mastercard、アメックスが便利に使えます。Visa、ダイナ...

セキュリティも高く、安心に利用できるような頑健な仕組みとなっています。個人情報は、暗号化された状態で安全にデバイス内のセキュア・エレメントに保管されます。

Apple Payを使っている端末を紛失した場合、「iPhoneを探す」機能で紛失モードに設定すると、簡単にApple Payの利用を一時停止できます。

iPhone 7 ブラック

新しいiPhoneやApple Watchに、Suicaのチャージ残高や定期券を移行することも可能。Apple Payが使えるクレジットカードについては、以下で比較しています。

7以降のiPhone、Series 2以降のApple Watchは、おサイフケータイに類似するサービス「Apple Pay」(アップルペイ)を利用可能です。しか...

その中でおすすめ

7以降のiPhone、Series2以降のApple Watchは、Apple Payを利用可能です。Apple Payにクレジットカードを登録すると、iDもしくはQUICPa...

Apple PayのSuica機能の詳細、アップルペイでのSuicaチャージでポイントが貯まるクレジットカードについては、以下で分析しています。

2016年10月25日、ついにApple Pay(アップルペイ)が日本で始まりました。歴史的な瞬間です。QUICPayかiD加盟店でお買い物ができます...
iPhone、Apple Watchによるモバイル決済サービス「Apple Pay」では、Suicaも利用できます。iD、QUICPayでのお買い物の他、Suicaチャー...

実際にApple Payを使ってみた感想については、以下にまとめています。

Apple Pay(アップルペイ)を1年間リアル店舗、アプリ(ネット決済)、Suicaに使ってみて、良い点・悪い点が見えてきました。おサイフケー...

Face IDによる顔認証が導入されたApple Payの使い方、注意点、感想については以下にまとめています。

iPhone XではホームボタンとTouch ID(指紋認証)が廃止されたことによって、Apple Pay(アップルペイ)の利用方法が変化しました。Face I...

ただし、2020年からはPASMOもAndroidスマホで利用できます。iOS対応は未発表です。

「モバイルPASMO」が商標出願され(2107-122035)、スマートフォンでPASMOを利用できるようになりました。 2020年3月18日(水)から:Andr...

モバイルPASMO

モバイルPASMO

モバイルPASMOはが2020年に開始し、おサイフケータイのAndroidスマホ、Apple Pay搭載iPhone、Apple Watchで利用可能になりました。

Suicaのライバルであるパスモでもスマホ対応が進み、モバイルによるキャッシュレス決済が便利に進化しています。

主なメリット

  • 500円のデポジットが不要
  • PASMO定期券を利用可能
  • いつでもどこでもチャージが可能
  • クレジットカードでポイント還元
  • スマートEXで新幹線にも乗車可能
  • 紛失時の再発行が楽
  • 東京メトロ乗車ポイントを取得可能
  • ToKoPoにも対応予定

主なデメリット

  • 紛失した際の打撃が増加
  • 対応端末(おサイフケータイのAndroid)が必要
  • 1つの端末でモバイルSuicaとの同時利用は不可な端末あり
  • カードタイプのPASMOからの移行に制限
  • 会員登録しないと機能をフル活用できない
  • オートチャージは一部クレジットカードのみが可能
  • ダイナースクラブカードが利用不可能
  • PASMO事業者の関連カードでもチャージがポイント付与対象外のケースあり
詳細
「モバイルPASMO」が商標出願され(2107-122035)、スマートフォンでPASMOを利用できるようになりました。 2020年3月18日(水)から:Andr...

Apple PayのPASMOとSuicaは併用可能

Apple PayのPASMOとSuica

iOS14.0以降がインストールされたiPhone 8以降、watchOS7.0以降がインストールされたApple Watch Series 3以降の場合、モバイルPASMOとモバイルSuicaの両方を使えます。

モバイルSuicaでは○、
モバイルPASMOでは×
・Suicaグリーン券の利用
エクスプレス予約(東海道・山陽新幹線)の利用
JRE POINTの獲得や利用
ビューカードでのオートチャージ
モバイルPASMOでは○、
モバイルSuicaでは×
・JR東日本区間を含まない区間・経路の定期券(PASMO発売範囲内)
・バス定期券のアプリ購入(PASMO発売範囲内)
メトロポイントの獲得など独自ポイント
・PASMO指定クレジットカードでのオートチャージ
・「バス特」情報のアプリ表示

以下のような使い分けが可能です。

JR東日本の乗車ポイント、PASMO関連のポイントの二重取りが可能になるので、効率的にポイントを獲得でき、最大限に家計が助かります。

チャージできるクレジットカード

PASMO・Suicaへのチャージはクレジットカードで行うとポイントが貯まってお得ですね。チャージできるクレカはそれぞれ異なります。

ルミネカードとビックカメラSuicaカード

カードタイプのSuicaにチャージできるクレジットカードは、JR東日本の「ビューカード」です。代表的なカードは下表のとおりです。

カード名 年会費(税抜) 一般加盟店 Suicaチャージ 備考
ビックカメラSuicaカード 477円
(年1度の利用で無料)
1.0% 1.5% ビックカメラでSuica払いならポイント二重取り
「ビュー・スイカ」カード 477円 0.5% 1.5% 定期券一体型。家族カードあり
JRE CARD 477円 0.5% 1.5% アトレ等のJRE CARD優待店で約3.5%還元
ルミネカード 953円 0.5% 1.5% ルミネで5-10%OFF
ビューゴールドプラスカード 10,000円 0.5% 1.5% 年1回のプレゼント・東京駅ラウンジ等の特典
大人の休日倶楽部ミドルカード 2,386円 0.5% 1.5% 大人の休日倶楽部パス、JR東日本線・JR北海道線5%OFF等
大人の休日倶楽部
ジパングカード
3,968円
(夫婦会員6,780円)
0.5% 1.5% 大人の休日倶楽部パス、JR東日本線・JR北海道線30%OFF等
JALカードSuica 2,000円 0.5-2% 0.5-1%
(マイル)
JRE POINTをJALマイルに移行可
JALカード特約店では2倍
JALカードSuica
CLUB-Aカード
10,000円 0.5-2% 0.5-1%
(マイル)
JAL CLUB-Aカード特典
JALカードSuica
CLUB-A ゴールドカード
19,000円 0.5-2% 0.5-1%
(マイル)
ビューゴールドプラスカード特典
JAL CLUB-Aカード特典
「ビュー・スイカ」リボカード 無料 0.5% 1.5% リボ払い専用カード

あらゆるビューカードの一覧については、以下で徹底的に解説しています。

ビューカード(VIEW CARD)というクレジットカードがあります。JR東日本グループが発行するクレジットカードです。一般カード、提携カ...

Suicaチャージにおいては高還元で使い勝手が抜群です。

全国各地の電車・バスでの移動で便利な電子マネーが「Suica」です。JR東日本の電車のみならず、PASMOエリア、都バス、その他交通系電...

ビューカードの中でおすすめなのは、年会費が年1回の利用で無料、基本還元率1%、Suicaチャージ・JR東日本の定期券やきっぷ等の購入は1.5%還元のビックカメラSuicaカードです。

おサイフケータイ、Apple Pay対応端末をお持ちの方なら、東日本に住んでいなくてもおすすめです。

ビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuicaカードは、Suicaチャージが1.5%還元と日本最高峰で、一般加盟店でも1%還元となり、かつ年会費無料で維持できます。

ビックカメラはほとんど使わない方でもお得なクレジットカードです。

菊地崇仁さんとまつのすけ

クレジットカード界のレジェンドであり、キャッシュレス決済のカリスマ・菊地崇仁さんも、ビックカメラSuicaカードがSuicaチャージにおすすめとおっしゃっていました。

菊地崇仁さん
仕事をやめて保有カードを処分したとしても、ビックカメラSuicaカードは残ります。

クレジットカードのレジェンドがプライベートでも保有するのがビックカメラSuicaカードです!

活用すると家計改善に大活躍してくれるクレジットカードであり、大量のポイントが得られるお得な入会キャンペーンも魅力的です。

公式サイトビックカメラSuicaカード 公式キャンペーン

モバイルSuicaですと、ビューカード以外でもチャージしてポイント付与のカードがありますが、953円(税抜)の年会費が発生してしまいます。

Apple PayのSuicaは年会費が無料です。同じ機能であるにもかかわらず、年会費ではiPhoneがAndroidよりも著しく優遇されています。

ただし、モバイルSuicaの年会費は2020年2月26日から無料になります。

PASMOのロボット、ミニロボット10週年の看板

PASMOにチャージするクレジットカードは、JALマイラーですとJALカードがおすすめです。JALカードの中でPASMOチャージで得するのは小田急、東急との提携カードです。

JALカード OPクレジットはショッピングマイル・プレミアム加入時は1%、未加入時は0.5%のJALマイルが得られます。

JALカード TOKYU POINT ClubQは、ショッピングマイルプレミアムの加入の有無を問わず、200円あたり1 TOKYU POINT(還元率0.5%)となります。JALマイル付与率では0.25%にとどまります。

ANAマイラーはソラチカカードやANA東急カード、東京メトロによく乗る方はTo Me CARD、その他私鉄をよく利用する方は各私鉄発行のクレジットカードでPASMOチャージするとお得です。

区分 カード名 還元率 年会費(税抜)
JALマイル JALカード OPクレジット 0.5%/1% 2,000/5,000
JALカード TOKYU POINT ClubQ 0.5% 2,000/5,000
東急  TOKYU CARD ClubQ JMB 1.00% 1,000
ANAマイル  ANA To Me CARD PASMO JCB 0.5%/1% 2,000/7,000
ANA東急カード 0.5%/1% 751/6,751
東京メトロ  To Me CARD Prime PASMO 0.50% 年50万円以上利用で無料
小田急  OPクレジットカード 0.50% 年1回の利用で無料
京王  京王パスポートVISAカード
0.50% 年1回の利用で無料
京王パスポートPASMOカードVISA 0.50% 年1回の利用で無料
西武 西武プリンスクラブカード セゾン 0.50% 無料
京急 京急カード 0.50% 無料/1,905

その他、PASMOオートチャージがお得になるクレジットカードについては、以下で精緻に分析しています。

交通系電子マネーのPASMOは、クレジットカードでのオートチャージが可能です。現金でのチャージとは異なり、ポイントや航空マイルを得...

2020年に開始したモバイルPASMOでは、手動チャージも可能です。

モバイルPASMOという関東私鉄・東京メトロ等の交通系電子マネーがあります。全国各地の電車・バスに乗車できますし、交通系ICカードで...

クレジットカードでの手動チャージの柔軟性

SuicaはJR東日本の駅やビックカメラの店内に設置されているビューアルッテというATMで、ビューカードでチャージすることができます。その他、オートチャージも可能となっています。

Suica、モバイルSuica、Apple PayのSuicaには「オートチャージ」という機能があります。一定の残高を下回ると、改札を通過する際に自...

モバイルSuica・Apple PayのSuicaだとインターネットにつながっていればいつでもOKです。

スマホを見るスーツ姿の女性

他方、カード型PASMOのクレジットカードでのチャージは、東急以外はオートチャージのみです。

手動でのチャージが不可能なので、残高がゼロに近づいてしまった場合でも、次に駅の改札を通るまでクレジットカードでチャージすることができません。

東急の駅

東急では「クイックチャージ」というサービスが始まり、東急線にある銀色の券売機にオートチャージ設定しているPASMOを入れると、現金がなくても1,000円単位でチャージができます。

駅の自動改札機にタッチしなくても、クレジットカードでのチャージで得することが可能になります。

長距離の電車移動で駅の改札を出た後に残高が少なくなってしまった場合などは、すかさず自販機でチャージできて便利です。

今後は東急以外にも拡大していく可能性がありますが、現在は限定的で不便となっています。

Suicaの方が自由度が高くて便利。特にApple PayのSuicaはiPhoneでも、タクシーの移動が重なってSuica残高が尽きた場合などに、駅に行くことなくチャージできて便利です。

また、旅行先や出張先で電子マネーの利用が嵩み、残高が減ってしまった場合でもサクッとすぐにチャージできます。

PASMOだとおサイフケータイのAndroidのみがモバイルPASMOに対応しており、iPhoneは対象外となっています。

なお、2018年3月17日から、SuicaとPASMOは改札に入る時だけではなく、出場する時もオートチャージが発動するようになりました。

2018年3月17日から、SuicaとPASMOが改札に入る時だけではなく、出場する時もオートチャージが発動するようになりました。ただし、オー...

その他、PASMOが優れている点

PASMOのミニロボットあか

払戻手数料が不要

PASMOはチャージした残高の払戻手数料は不要であるのに対して、Suicaは最大220円の手数料がかかります。

PASMOは払い戻し(解約時)には、チャージ残高とデポジットが丸々と戻ってくるのでこの点が有利です。

ただし、Suicaは残高+現金の組み合わせで端数を使い切ることが可能です。例えばチャージ残高が113円の場合、コンビニで238円の品物を買って115円の現金を支払えばOKです。

コンビニ(ファミリーマート)のパン

ビックカメラでは、ビックポイントとSuica払いを併用できます。ドラッグストアや酒類がある店舗ですと端数の消化がはかどります。

例えば、Suica残高が113円でビックカメラで198円の品物を買う場合、85 ビックポイントと113円の残高で決済することで、きれいに使い切ることができます。

ビックカメラ酒販

すかいらーくグループのファミレスでは、まず電子マネーの残額で支払い、残りの金額をクレジットカードで支払うことが可能です。

ガストの牡蠣&帆立御膳

しかし、こういう手間が気に食わない場合はPASMOの方が便利です。ただし、払い戻しは駅の窓口での手続きが必要になります。

仕事やサマースクール、インターン等での短期滞在を行う場合など、近いうちに払い戻すのが確実で、消化の作業よりも駅での払い戻しの方がいい場合はPASMOが候補です。

防犯メールサービス

家族・親子

PASMOにしかないサービスとしては、駅の自動改札機をPASMOでタッチすると、通過したという情報がメールで送られてくるサービスがあります。

小児用PASMO、記名式PASMO、PASMO定期券が対象です。無記名式PASMOは対象外です。

子供の通学、習い事、通塾、外出時は、無事に目的地に進んでいるか、また家に戻ってきているのかを把握できます。

子供が改札を通過するはずの時間にメールが送られてこないと、何らかのトラブル発生を迅速に探知できます。帰りが遅い場合もスムーズにチェックできます。

渋谷の東急百貨店

東急電鉄が「東急エキッズ」、小田急電鉄が「小田急あんしんグーパス」という名前で提供しています。料金は以下の通りです。

  • 東急エキッズ:1ヶ月あたり500円(税抜)
  • 小田急あんしんグーパス:半年で1,800円(税抜)※1ヶ月あたり300円

東急セキュリティ株式会社の調査によると、東急沿線の私立小学校に通っている子供の約半数がエキッズを使っています。大人気のサービスとなっています。

PASMOのロボットと子供の握手

 ドコモ・au・ソフトバンクには子供用のケータイを持たせると、子供の位置情報が把握できる機能があります。ドコモは「イマドコサーチ」、auは「いますぐサーチ」、ソフトバンクは「位置ナビ」という名前です。

子供の安全は極めて重要ですね。PASMOと携帯電話会社のサービスを組み合わせると、より防犯力がアップします。

小児用PASMOのポスター

その他、Suicaが優れている点

東京駅Suicaロッカー検索

1日のチャージ上限額

チャージ限度額がSuicaは1日2万円、PASMOは1日1万円・1ヶ月50,000円である点も異なります。

1日1万円、1ヶ月5万円を超える利用を頻繁に行う場合は、Suicaの方が便利になります。

電子マネー残高の印字

PASMOの弱い点は、利用履歴の印字が最大で20件と少ないことです。経費にする場合で証拠を残す必要がある場合などは、こまめに印字しないと昔の使用分が印字できなくなります。

ただし、一部の鉄道事業者では、直近26週間以内の最新100件までの表示・印字が可能です。

Suicaはどこでも最大50件まで印字できます。PASMOはどこでも100件に統一されると便利です。

モバイルSuica、Apple PayのSuicaだとオンライン上で過去26週分の履歴を確認できます。いつでもPDFに保存できます。

モバイルSuica会員サイトの電子マネー利用履歴

1画面に表示されるのは100件ですが、「表示対象」を変更すれば26週(約6ヶ月2週間分)以内の履歴は全て表示可能です。

利用者数

2017年1月末時点での発行枚数は、Suicaは約6309万枚で、PASMOは約3252万枚です。Suicaが約1.94倍となっています。

2017年10月28日にGoogleで「Suica」と検索すると約1290万件、「PASMO」だと約717万件がヒットしました。

Suicaの方が利用者が多いことから、情報量もそれだけ多くなっています。何か調べたい時、Suicaの方が豊富なコンテンツがあるので、スムーズに解決に辿り着く可能性があります。

ここら辺はiPhoneとAndroidの関係と同じです。単一の端末としてはiPhoneの方が利用者数が多いため、何か疑問がある場合は検索すれば、ほとんどの場合は答えが得られることが多いです。

まとめ

SuicaとPASMOは交通系電子マネーという点で同一であり、全国で共通利用が可能になっているので、ほとんどのシーンでは同じように利用できます。

しかし、細かい点では異なっています。優劣つけがたい相違点は以下の通りです。

  • 定期券が発行できる鉄道・バス
  • 独自のポイント制度
  • チャージできるクレジットカード

Suicaにエッジ・優位性がある点は以下のとおりです。

  • iPhoneでのモバイル対応(モバイルSuica 特急券・エクスプレス特約も利用可能)
  • クレジットカードでの手動チャージの柔軟性(カードタイプ)
  • チャージ上限額、電子マネー残高の印字

PASMOの方が良い点は以下のとおりです。

  • 払戻手数料が不要(Suicaは最大220円)
  • 防犯メールサービス(東急・小田急)
  • 東京メトロでのポイント還元(To Me CARD限定)

現時点では東京メトロ・東急・小田急などをよく使う方以外なら、ややSuicaが上回っている感がありますけれども、PASMOも10周年を迎えて、今後も更なる進化が期待できます。

-キャッシュレス決済, 電子マネー
-,

© 2014-2020 The Goal