The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

メトポ(メトロポイントクラブ)のメリット・デメリットまとめ!メトロポイントPlusとも併用可能!

更新日: 電子マネー・ポイント

メトポ(メトロポイントクラブ)

東京メトロが2018年3月24日に「メトロポイントクラブ」を導入します。愛称は「メトポ」です。

事前に登録したPASMOで東京メトロに乗車すると、実績に応じてメトロポイントを得られるのがメリットです。

To Me CARD会員の「メトロポイントPlus」とも併用可能で、これまで以上にメトロポイントをザクザクと獲得できるようになりました。

メトポのメリット、デメリット、お得な使い方、ポイント二重取りについて、注意点を完全網羅してわかりやすく徹底的に解説します。


メトポとは

これまでのメトロポイントはTo Me CARD会員限定で、東京メトロの乗車やPASMOの利用などに応じてポイントが貯まる仕組みでした。

また、他の共通ポイント等からメトロポイントに交換することも可能です。

メトロポイントは10ポイント単位で1ポイント1円で、PASMOにチャージして乗車や交通系電子マネー加盟店での決済に利用できるので現金同様の利便性があります。

東京メトロ 銀座駅の入り口(アルマーニ銀座タワー下)

また、ソラチカカード保有者は1対0.9(90%)の高レートでANAマイルに移行できるのが最大のメリットです。

ANAの飛行機

新しいメトポはTo Me CARD会員だけではなく、PASMOを持っていれば誰でも利用可能なサービスです。

事前に登録した記名・無記名PASMOのチャージ金額で東京メトロの電車に乗車するとと、以下2つのポイントを獲得できます。

  • 通常ポイント(デイリーポイント・ホリデーポイント):乗車日数に応じて付与
  • ボーナスポイント:1か月あたりの乗車回数に応じて付与

平日に乗車するとデイリーポイント、休日に乗車するとホリデーポイントを得られて、更に1ヶ月間の乗車回数が一定基準を突破したらボーナスポイントも獲得できる方式です。

2019年春には、朝ラッシュがピークを迎える前の時間帯に乗車した方を対象として、オフピークポイントが付与されるようになる予定です。「オフピーク通勤・通学」を推進する趣旨です。

メトポは専用ページか郵送で仮会員登録して、東京メトロ各駅の多機能券売機で本登録すると使えるようになります。

メトポのメトロポイント付与の流れ

メトポの問い合わせ先「メトロポイントクラブ事務局」です。営業時間は9:00~20:00(年中無休)で、2018年3月12日から営業開始します。

電話番号は「0570-053106」です。携帯電話の無料電話し放題プランの対象外であるナビダイヤルなのが切ないです。

メリット

メトポの最大のメリットはPASMOチャージやANAマイル交換に使えるメトロポイントが得られる点です。

  • デイリーポイント:1日3ポイント
  • ホリデーポイント:1日+4ポイント
  • ボーナスポイント:10回乗車する毎に+10ポイント

デイリーとホリデーは1日何回乗っても一律3~4ポイントであり、1日あたりの獲得メトポは、平日は3ポイント、休日は合計7ポイント(デイリー3pt+ホリデー4pt)となります。

ただし、同一日に複数回乗車した場合は、ボーナスポイントの算定対象にはなります。

例えば1ヶ月に1日だけ平日に10回乗ったら、デイリー3ポイント+ボーナス10ポイントで合計13ポイントとなります。

平日のうち10日間に各2回(合計20回)、休日のうち5日間に各2回(合計10回)乗ったとすると、デイリー45ポイント+ホリデー20ポイント+ボーナス30ポイントで合計95ポイントです。

このペースで1年間乗車すると年間1,140ポイントとなり、侮れない金額になります。

PASMOのロボット、ミニロボット10週年の看板

貯めたポイントは10ポイント単位でPASMOチャージできるので1,140円相当です。

ポイントの進呈は翌月11日となります。定期券・企画券区間内の乗車はポイント進呈の対象外です。

毎年4月1日から翌年3月末日までの間に得たポイントは、翌年度の3月末日まで有効です。

  • 2018年4月1日~2019年3月31日に獲得→2020年3月31日まで有効
  • 2019年4月1日~2020年3月31日に獲得→2021年3月31日まで有効

したがって、ポイント有効期限は最短で約1年、最長で約2年となります。

また、2018年3月24日(土)~5月31日(木)の期間中に登録すると、もれなく500ポイントがプレゼントされます。

多機能券売機で登録してから、30日以内に2回以上東京メトロにPASMOチャージした金額を使って乗車することが条件です。

定期的に東京メトロに乗車する機会がある方ですと難なくクリアできます。

メトポとメトロポイントPlusの比較

東京メトロ銀座駅

従来の「メトロポイントPlus」と新しいメトポの違いを比較すると下表の通りです。

項目 メトポ メトロポイントPlus
条件 PASMO保有 To Me CARD保有
ポイント 平日:3ポイント
休日:7ポイント
10回乗車で10pt
平日:2~20ポイント
休日:6~40ポイント
指定自販機・店舗:1~2pt

最大の相違点は、メトポはTo Me Cardソラチカカードを持っていなくても、PASMOさえあればOKである点です。

乗車ポイントでは、メトロポイントPlusは月間乗車回数に応じたボーナスはないのに対して、メトポは存在しています。

メトロポイントPlusで獲得できるメトロポイント数は、カードの種別によって変わってきます。

メトロポイントPlusの多機能券売機からの申し込み

メトロポイントPlusは電車の乗車だけではなく、「メトロポイントPlus加盟店」でPASMO電子マネーを利用すると、メトロポイントが貯まります。

  • 店舗 :200円(税込)につきメトロポイント1ポイント
  • 自販機:100円(税込)につきメトロポイント1ポイント

メトロポイントPlus加盟店には「メトロポイントPlusロゴ」を掲出しています。

メトロポイントPlusロゴ

  • 店舗:売店(METRO'S)、Echika、Echika fit、Metro pia、Esola等ロゴ掲出先
  • 自動販売機:自動販売機及びコインロッカー等ロゴ掲出先

METROS

メトポとメトロポイントPlusは相互に排他的な関係にはないので、併用することが可能です。

To Me CARD会員は、両方に登録してPASMOで乗車すると、ダブルでメトロポイントを獲得できます。

訴求力の高いポイント二重取りが可能です。将棋において飛車だけよりは、飛車・角の方が強いのと同様に、ポイントも一つだけよりは二つ獲得できる方が嬉しいですね。

ただし、メトポとメトロポイントPlusを合算することはできません。

To Me CARD会員はメトロポイントをANAマイルや楽天スーパーポイントに交換できますが、メトポのポイントをこの用途で利用するのはできません。

デメリット

東京メトロinformation

登録に若干の手間

メトポのデメリットは、Webや郵送での会員登録と多機能券売機での本登録を済ませないと利用できない点です。この点はJR東日本のJRE POINTと同一です。

To Me CARDのメトロポイントPlusを利用中の方も、別途メトポの登録手続きが必要になります。

多機能券売機設置駅は、日比谷線北千住駅、中目黒駅、中野駅、代々木上原駅、和光市駅、半蔵門線・副都心線渋谷駅、目黒駅を除く各駅となります。

西船橋駅の多機能券売機ではメトロポイントクラブのサービスは使えません。

これらの駅だけしか普段は使っていないという方ですと、いちいち他の駅に登録しに行く必要が生じます。

郵送での申し込みは、駅に設置したリーフレット中の申込書に必要事項を記入し、メトロポイントクラブ事務局宛に郵送する必要があります。この場合は切手代が自己負担となるのもデメリットです。

なお、メトポに登録したPASMOを変更することは可能です。他のメトポ会員登録に使われていないPASMOへの交換はOKです。1つのPASMOを2つの会員が共有することはできません。

ポイントチャージが多機能券売機のみ

貯めたポイントをPASMOにチャージするには、東京メトロ各駅の多機能券売機でメトロポイントクラブの画面から金額を設定して手続きする必要があります。

パソコンやスマホでチャージできないのは、JRE POINTと比較すると弱い点です。

また、メトポで貯めたポイントはANAマイルには交換できません。ANAマイラーにとってはデメリットです。

モバイルSuicaやApple Payでは利用不可

Apple Payとおサイフケータイ

メトポの対象はPASMOを持っている方なので、交通系電子マネーはSuicaカードモバイルSuicaApple PayのSuicaという方は利用できません。

PASMOは現状ではモバイル対応はなされていません。商標出願の段階にとどまっており、実用化の目処はついていません。

「モバイルPASMO」が商標出願されました(2107-122035)。「腕時計型携帯情報端末、スマートフォン」を対象としており、iPhone、Android...

ケータイで交通系電子マネーを使いたいという方はメトポは利用できないのがデメリットです。

まとめ

東京メトロのMetroWalker

2018年3月24日からメトロポイントクラブ(メトポ)を利用可能になります。

To Me CARD会員だけではなく、PASMOを持っていれば誰でも使えます。

メトポの最大のメリットはPASMOチャージやANAマイル交換に使えるメトロポイントが得られる点です。

  • デイリーポイント:1日3ポイント
  • ホリデーポイント:1日+4ポイント
  • ボーナスポイント:10回乗車する毎に+10ポイント

従来の「メトロポイントPlus」とも併用でき、ザクザクと東京メトロ乗車でポイントを獲得できるようになります。

主なデメリットはメトポで得たポイントは、東京メトロ各駅の多機能券売機でPASMOチャージする必要がある点、モバイルSuica・Apple Payでは利用できない点です。

ただし、総合的に見てモバイル非対応以外では、デメリット以上にメリットが大きい制度です。

特にPASMO定期券を利用していて、日常的にカードタイプのPASMOを持ち歩く必要がある方にとっては、メリットしかない制度です。

PASMOの詳細、具体的な使い方については、以下で徹底的に解説しています。

PASMO(パスモ)は、鉄道やバスの切符として利用したり、電子マネー加盟店でお買い物のお支払いにも使えるプリペイド式電子マネーです...

PASMOの最大のライバルであるSuicaとの相違点は以下にまとめています。

関東の交通系電子マネーとしては、SuicaとPASMOの2種類があります。鉄道やバスの切符として利用したり、交通系IC加盟店での支払いにも...

PASMOとSuicaは改札から出た時もオートチャージが発動するようになり、より一層便利になりました。

2018年3月17日から、SuicaとPASMOが改札に入る時だけではなく、出場する時もオートチャージが発動するようになりました。ただし、オー...

PASMOは東海道新幹線にお得な運賃で乗車できるスマートEXも利用可能です。

「スマートEX」というサービスが2017年9月30日より始まります。Suica・PASMO・ICOCA・manaca・TOICAなどの交通系ICカードで、東海道・...

JR東日本の新幹線では、利用開始の登録をするだけで在来線のようにSuica・PASMOをタッチするだけでOKのサービスが開始しました。

JR東日本が事前の購入手続きや会員登録不要で、在来線のようにSuica等の交通系ICカードで新幹線に乗車できるサービスを開始します。「...

2019年度末頃にはインターネットで予約するとJR東日本の新幹線にSuica、Kitaca、ICOCAで乗車できるサービスが開始します。

JR東日本・JR北海道・JR西日本が、2019年度末頃に、Suica、Kitaca、ICOCAで新幹線に乗車できるサービスを開始します。インターネット...

PASMOへのオートチャージがお得になるクレジットカードは、以下で精緻に分析しています。

交通系電子マネーのPASMOは、クレジットカードでのオートチャージが可能です。現金でのチャージとは異なり、ポイントや航空マイルを得...

PASMOへのオートチャージなら、ANAマイルを貯めている方ならソラチカカードかANA東急カード、JALマイルを貯めている方ですとJALカード OPクレジットがおすすめです。

マイルは不要の場合は、自分がよく使う沿線のクレジットカードをおすすめします。独自特典が充実している傾向があります。

JALマイルを貯めたい場合は最大1%還元のJALカード OPクレジットがおすすめです。

ANAマイルを得たい方は、ソラチカカードとの併用で最大1.455%ANAマイル還元のANA東急カードという選択肢が有力候補です。

マイルに関心がない場合はその他のカードのお得度はほぼ同一なので、メインカードとして使っているクレカでいいでしょう。

クレジットカード名 年会費
(税込)
還元率 PASMO
To Me CARD Prime PASMO 2,160円
年50万利用で無料
0.5%-0.6% 一体型
定期券
ANA To Me CARD PASMO JCB 2,160円 /
7,560円
0.5%-1.06%
(マイル)
一体型
定期券
TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO 1,080円 1.0% 一体型
定期券
ANA TOKYU POINT ClubQ
PASMOマスターカード
811円 /
7,291円
0.5%-1.48%
(マイル)
一体型
定期券
JALカード TOKYU POINT ClubQ 2,160円 /
5,400円
0.5%
(TOKYU POINT)
別カード
OPクレジットカード 年1回利用で無料 0.5% 別カード
JALカード OPクレジット 2,160円 /
5,400円
0.5%-1%
(マイル)
別カード
京王パスポートPASMOカードVISA 年1回利用で無料 0.5% 一体型
定期券
京王パスポートVISAカード 年1回利用で無料 0.5% 別カード
SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン 無料 0.5% 別カード
京急プレミア ポイント シルバー 無料 0.5% 別カード
京急プレミア ポイント ゴールド 2,057円 /
1,028円
0.5% 別カード
京成カード(オリコ) 無料 /
10,800円
0.5% / 1% 別カード
相鉄カード 無料 0.5% 別カード
東武カード 無料 0.50% 別カード
東京スカイツリー 東武カードPASMO 1,080円
年10万利用で無料
0.50% 一体型
定期券
Pastownカード 1,350円 0.50% 別カード
パスタウンPASMOカード(VISA) 1,350円
マイ・ペイすリボで無料
0.50% 一体型

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-電子マネー・ポイント

Copyright© The Goal , 2018 All Rights Reserved.