The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

楽天Edyはオートチャージ可能!ファミリーマートやローソン等で楽天カードならOK

更新日: 楽天カード 電子マネー・ポイント

楽天Edy-Rポイントカード

楽天Edyがファミリーマートで、レジ端末にEdy機能付き楽天カードをタッチすると、電子マネー「楽天Edy」のチャージができるサービスが始まりました。

Edyオートチャージ」という名前です。その後、対応店舗がローソン、コメダ珈琲、サガミチェーン、キリン堂などに順次拡大しています。

楽天Edyのお得なチャージ方法、オートチャージの内容、可能店舗についてまとめます。


Edyのオートチャージ

楽天Edyって何?という方は、以下で詳細解説していますのでご参照ください。

楽天Edyとは、プリペイドの電子マネーですね。「シャリーン」という電子マネーらしい決済音が鳴ります。店頭だけではなく、一部の自販...

これまでは、楽天カードを「いつでもEdyチャージ」に登録すると、事前に設定した金額をコンビニの端末で楽天Edyにチャージできました。

受け取れるのは、ファミリーマートのFamiポート、サークルK・サンクスのKステーションなどです。チャージした金額は、楽天カードで決済されます。

今後はファミリーマートのレジでオートチャージができるようになります。対象はEdy機能付きの楽天カードです。楽天PINKカードも対象と思われます。楽天カードについては以下で徹底解説しています。

利便性が極めて高い楽天スーパーポイントが貯まるクレジットカードが楽天カードです。楽天市場ではスーパーポイントアッププログラム(...
楽天カードが、女性向けのクレジットカード「楽天PINKカード」(楽天ピンクカード)の発行を開始しました。男性でも申し込めます。基本...

2016年9月1日からは、年会費が2,160円の「楽天ゴールドカード」が開始しました。格安ゴールドカードに相当するクレジットカードです。

通常の楽天カードの特典に加えて、楽天市場でポイント還元率+1%、空港ラウンジ利用可能というメリットがあります。

楽天カードにはゴールドカード「楽天ゴールドカード」があります。年会費2,160円(税込)という格安ゴールドカードに相当するクレジット...

各楽天カードの違いについては、以下で徹底的に比較しています。

楽天カードという楽天市場でお得になるクレジットカードがありますね。SPUで楽天市場で3%以上の還元、充実の海外旅行傷害保険などの...

実際に楽天カードを使い倒したところ、諸々の特典の賜物で大量の楽天ポイントを得られたのが嬉しかったです。

楽天のクレジットカード「楽天カード」は、良い評判と悪い評判に分かれています。楽天カードを作成してから約3年、楽天市場、リアル店...

どの楽天カードもお得なベネフィットが豊富なハイ・クオリティー・カードです。

クレジットカードの専門家・岩田昭男さん

クレジットカードの専門家・岩田昭男さんも、おすすめの「メインカード」として楽天カード、ゴールドカードとして楽天ゴールドカード、空港ラウンジがお得なカードとして楽天プレミアムカードを挙げられていました。

世の中には膨大な数のクレジットカードがあります。どれがいいのか分からなくなってしまうことも多いですね。特に2枚持ち・3枚持ちで...

また、クレカの専門家・菊地崇仁さんも、おすすめの年会費無料カードとして楽天カード、ゴールドカードとして楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードを挙げていらっしゃいました。

クレジットカードの専門家・菊地崇仁さん

67枚のクレジットカードをお持ちで合計年会費が約130万円のレジェンドも、楽天カードを高く評価しています。

インターネットの普及でオンラインで決済する頻度というのが日本中で高まっています。そうした情勢下、クレジットカードはもはやマス...
ネット通販・オンライン課金の普及でクレジットカードはもはやマストアイテムといっても過言ではありません。やはりクレカの中で人気...

2017年12月に入ってからは、異なる種類の楽天カードを同時保有することが可能になりました。

また、同じ楽天カードのVISAと、MastercardかJCBかアメックスの2枚持ちも可能になっています。

楽天カードは2017年11月まで、楽天プレミアムカードと楽天ビジネスカードを除いて、2枚持ちが一切できませんでした。例えば楽天カード...

オートチャージを設定するには、まずは楽天カード会員専用のオンラインサービス「楽天 e-NAVI」の「Edyオートチャージ」から、オートチャージの条件を設定します。

次に、ファミリーマートに設置されている端末「Fami ポート」もしくは「楽天Edyリーダー」か「FeliCa ポート/パソリ」で、オートチャージを利用するための設定を完了します。これで事前準備はOKです。

ファミリーマート

それ以降は、ファミリーマートで買い物した際、オートチャージ設定をしたEdy機能付楽天カードのEdyで決済すると、支払い前の残高が設定した金額を下回っていた場合、自動的に事前に設定した金額がチャージされます。

ローソン

2017年4月3日には、Edyのオートチャージの可能店舗が、ローソン等に拡大しました。2017年7月26日からはツルハドラッグにも順次導入されます。

ツルハHDの全店舗(ツルハドラッグ、 くすりの福太郎、 ウォンツ、 ドラッグストアウェルネス、 レデイ薬局)で利用できるようになりました。

2017年9月19日からは、以下の約6万店舗のうち、 JCBのシンクライアント型決済端末を導入している約2万1,000店舗が新たに追加されました。

  • カレー専門店を展開する「カレーハウス CoCo壱番屋」
  • コーヒーショップを展開する「珈琲所コメダ珈琲店」
  • 和食麺類のファミリーレストランチェーンを展開する「和食麺処サガミ」
  • ドラッグストアチェーンを展開する「キリン堂」
可能店舗 名前
全店 ファミリーマート、ローソン、ツルハドラッグ、 くすりの福太郎、 ウォンツ、 ドラッグストアウェルネス、 レデイ薬局、カクヤス、明屋書店、たいらや
一部店舗 CoCo壱番屋、コメダ珈琲、サガミチェーン、キリン堂、ホクレンショップ、エーコープ、ブルーシール、サンプラザ(高知)、カブセンター、メガ、ラッキー、シティ、にいつフードセンター、スーパーよどばし

オートチャージは、ビュースイカSuicaソラチカカードPASMOイオンカードセレクトWAONなどでお馴染みの仕組みですね。

電子マネーの残高を気にすることが不要になるため、とても便利です。楽天Edyは利用可能店舗が日本最大級の電子マネーですので、多種多様な店舗でチャージの手間なしにEdyを使えるようになります。

楽天カードから楽天Edyへチャージすると、200円あたり楽天スーパーポイント1ポイントが付与されます。還元率0.5%です。

以下は3,000円のEdyチャージで15ポイント(0.5%還元)、その他100円の利用で1ポイント(1.0%還元)で合計16ポイントを得た利用明細です。

楽天カードのEdyチャージでのポイント付与(3,000円チャージで15ポイント)

2017年7月11日には会員全体で、楽天スーパーポイントの累計付与ポイント数がなんと1兆ポイントに到達しました。今後も対応サービスが拡大していくことが期待できます。

楽天スーパーポイントの詳細、貯め方やお得な使い方については以下で詳細解説しています。

楽天スーパーポイントという楽天のポイントがありますね。日本最大級のECサイト、楽天で貯めたり使えることから、人気が高いポイント...

定期的にポイントアップのお得なキャンペーンも開催されています。

一例として2017年6月6日~6月30日は、エントリーのうえでローソンでオートチャージが行われると、貯まるポイントが5倍になるキャンペーンが開催されました。

楽天Edyと楽天カード、どちらがお得か

楽天Edyは利用時にも200円あたり1ポイントが貯まり、ポイント二重取りとなります。還元率は合計1.0%です。

ただし、楽天カードは100円あたり1ポイントなので、楽天カードが使える店舗では、原則として楽天カードでチャージしたEdyよりも楽天カードで決済したほうがお得です。

例えば398円の買い物をした場合は、Edyだと1ポイントだけですが、楽天カードだと3ポイントとなります。楽天カードの方が端数の切り捨てが出にくいです。

ただし、一部の加盟店では「楽天Edyの利用で還元率アップのキャンペーン」を行うことがあります。そういう時は楽天Edyでの決済がお得になることがあります。

例えば、以前に肉の万世が「楽天Edyでの決済でポイント増額キャンペーン」を行っていました。黒毛和牛焼肉定食は野菜も採れて、かつ肉の質がよく満足の一品でした。

肉の万世の黒毛和牛焼肉定食

2015年7月1日(水)~7月31日(金)までは、キャンペーンにエントリーして、楽天 e-NAVIでEdyオートチャージを申し込み、端末/リーダー/パソリにて設定を完了すると、もれなく200楽天スーパーポイントがプレゼントされます。

このような利用促進のキャンペーンは定期的に開催されています。3,000円以上のチャージや、オートチャージ設定&利用でポイント付与のキャンペーンも多いです。

Edy利用で貯まる楽天スーパーポイントは楽天市場・楽天ブックス・kobo等で1ポイントから1ポイント単位で使えます。楽天トラベル・楽天GORAは100ポイント以上です。

また、楽天ポイントカードの機能で、マクドナルド、ミスタードーナツ、ポプラ・生活彩家、ツルハドラッグ、ダイコクドラッグ、大丸・松坂屋、出光などのリアル店舗でも使えます。

2017年8月1日からはスマホアプリ「楽天ペイ」を活用すると、ローソンでも期間限定の楽天スーパーポイントを消化できるようになりました。

楽天ペイに楽天カードを登録してお店で楽天ペイ払いにすると、登録しているクレジットカードのポイントに加えて200円あたり1楽天スーパーポイントが得られます。

楽天カードを登録した楽天ペイ払いだと、0.5%還元率がアップして1.5%還元になってお得です。

2018年9月27日支払い分からは、楽天カードの利用代金をポイントで支払える「楽天カード ポイントで支払いサービス」が開始しました。

楽天カードの利用代金を楽天スーパーポイントで支払える「楽天カード ポイントで支払いサービス」が開始します。2018年9月12日から実...

ポイントでデビット支払い」というサービスもあり、楽天銀行デビットカードの支払いに重篤することも可能です。

1ヶ月あたりダイヤモンド会員は50万円、それ以外は10万円迄という上限がありますけれども、楽天カードが実質的に現金還元のクレジットカードと評価できるようになりました。

ちなみに楽天市場でのお買い物では、通常ポイントを使うよりも、楽天カードで決済してからポイントで支払った方がお得です。

SPUの楽天カード支払いの+2倍(ゴールドカード以上なら+4倍)、楽天銀行引落しで+1倍が、楽天カード決済だと適用されるためです。例えば1万円支払った場合のポイントの差は以下のとおりです。

SPUの項目 楽天スーパーポイント使用 楽天カード払い ゴールドカード以上の楽天カード払い
通常ポイント(1倍) 100 100 100
楽天カード利用による上乗せ(+2倍/4倍) - 200 400
楽天銀行引落し(+1倍) - 100 100
合計 100 400 600

なお、ポイントを利用代金に充当する手間も面倒な場合は、請求額から自動的に割り引かれる自動キャッシュバックのクレジットカードがおすすめです。

ポイントやマイルを貯められるクレジットカードは、日常のお買い物や課金で得することができます。しかし、ポイント等を貯めて交換が...

ユニークなところでは2017年8月26日から、楽天証券で楽天スーパーポイントを使って投資信託を買えるようになりました。

最低購入単位は原則として100円なので、100ポイントから投資を行うことも可能になります。

楽天証券で2017年8月26日から、楽天スーパーポイントで投資信託を購入できるようになります。お買い物やクレジットカード、ポイントカ...

また、楽天証券に口座がなくても投資が可能な「ポイント運用 by 楽天PointClub」もあります。

楽天スーパーポイントを利用して投資ができる「ポイント運用 by 楽天PointClub」が2018年10月3日(水)12時に開始しました。手数料は無...

2018年10月27日から楽天カードのクレジット決済で投信積立が可能になり、1%の楽天スーパーポイントを貯めることも可能になりました。

楽天カードのクレジット払いでポイント還元を受けながら、楽天証券で投資信託の積立ができるサービスが開始します。還元率は通常のカ...

楽天ポイントが貯まる楽天カードは資産運用できるクレジットカードの筆頭です。投資ができるカードは類稀であり、一歩先に進んだ画期的なスペックを備えています。

リクルートカードでのEdyチャージが実は最強

楽天Edyにチャージできるカードで最も高還元なのは、リクルートカード(VISA)です。なんと1.2%の高還元です。

Edy利用時の0.5%と合わせて合計1.7%還元です。リクルートカードで貯まるリクルートポイントPontaポイント経由でJALマイルにも交換できます。

電子マネーチャージ利用分は、1枚あたり合計で月30,000円までがポイント付与の対象となります。

月3万円まではEdyチャージ時に1.2%、利用時に0.5%で合計1.7%還元となります。

リクルートカードは2018年4月15日(日)までは、電子マネーのチャージによって無制限に1.2%のPontaポイントを獲得できました。JCBはnan...

JCBの場合はEdyチャージはできませんけれども、nanaco、モバイルSuicaへのチャージはポイント付与の対象です。

実際にJCBとMastercardの2枚のリクルートカードで電子マネーチャージしたところ、月6万円(720ポイント)まではしっかりと獲得できました。

リクルートカードは年会費が無条件で無料、基本還元率1.2%、1枚あたり月3万円までは電子マネーチャージでポイント付与が魅力的なクレ...

次はTOKYU CARD ClubQ JMB PASMOが1.0%(利用時との合計1.5%)でお得です。エポスカードもチャージできます。還元率0.5%(1.0%)です。

ファミリーマートでのオートチャージが不要であれば、楽天カードではなく、リクルートカードでのチャージが最高にお得です。

楽天ポイントカードとの一体型カードであるEdy-楽天ポイントカードは当初は324円でしたが、現在は100円に値下がりしました。メール便なら送料無料です。

ただし、楽天カード以外のクレカは、カードタイプのEdyへはコンビニの端末でチャージが出来ません。チャージするには「楽天Edyリーダー」が必要です。チャージ用の端末の中では最も安価でリーズナブルです。

リーダーを使ってEdy Viewerよりクレジットカード情報の登録をすると、翌日正午以降、Edy Viewerよりチャージできるようになります。詳しい手順はこちらです。

もしくは「FeliCaポート/パソリ」でも可能です。

iPhoneにEdyカードをSONY パソリ(RC-390)で接続すると、楽天EdyのiPhoneアプリを使って、接続したEdyカードへクレジットカードでチャージすることもできます。PCがなくても大丈夫です。

確定申告をしている方ですと、一世代前の端末ですが、e-taxにも利用できるSONY PaSoRi(RC-S380)でも、楽天Edyのクレジットカード・チャージもできます。

nanacoカードやSuicaへのチャージには専用のリーダーは不要ですので、この点はカードタイプのEdyは不便です。

おサイフケータイの場合は、アプリ・メニューでクレジットカード情報を登録すると、クレジットカードで直接チャージできます。オートチャージも利用可能です。

楽天Edyのおサイフケータイを使っているスマートフォンを機種変更した場合、オートチャージ設定は引き継がれません。再設定する必要があります。

Edyのライバルのnanacoでも、2017年6月22日からオートチャージが可能になりました。

セブン&アイグループの電子マネー「nanaco」(ナナコ)でオートチャージができるようになりました。セブンイレブンとイトーヨカドー...

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-楽天カード, 電子マネー・ポイント
-,

Copyright© The Goal , 2018 All Rights Reserved.