ヒルトンのライフタイムダイヤモンド会員の特典・価値・条件を徹底解説!

更新日: ヒルトン ホテル

ヒルトン・オナーズ ダイヤモンド会員の朝食テーブル

ヒルトン・オナーズは宿泊実績以外でもクレジットカード等でステータスを得られる会員プログラムです。

最上級のヒルトンダイヤモンドヒルトンアメックスプレミアムの保有&年200万円のカードショッピングで維持でき、ヒルトンゴールドヒルトンアメックスの保有だけでキープ可能です。

ただし、ヒルトンのダイヤモンドを維持するためには、年会費66,000円(税込)のヒルトンアメックスプレミアムを発行して、年200万円のカードショッピングが必要となります。

この維持はハードルが高い方の場合、ヒルトンのライフタイム ダイヤモンド会員を目指すのも選択肢の一つです。

ヒルトン・オナーズのライフタイムダイヤモンドの特典、価値、条件、メリット・デメリットについて解説します。

ヒルトンのダイヤモンドの条件とメリット

ライフタイムダイヤモンドの前提として、継続的にヒルトンのダイヤモンドステータスを維持することが必要になります。

ダイヤモンドの基準

ヒルトン・ダイヤモンドを獲得するには、1年間に以下いずれかの条件を満たすことが必要です。

ヒルトンダイヤモンドの条件

  • 30滞在
  • 60泊
  • 120,000ヒルトン・オナーズ・ベースポイント

ベースポイントはヒルトンホテルの宿泊で1米ドルあたり10ポイントなので、12,000米ドルの利用が必要です。

円換算の金額は利用時の為替レートによって変わってきます。

円換算の必要額

  • 100 USD/JPY:120万円
  • 105 USD/JPY:126万円
  • 110 USD/JPY:132万円
  • 115 USD/JPY:138万円

この他、クレジットカードの保有による取得ルートもあります。

日本においてはヒルトンアメックスプレミアムを保有して、年2,000,000円のカードショッピングを行えば、ダイヤモンドステータスを獲得できます。

ダイヤモンドステータスの価値

ヒルトン・オナーズのダイヤモンド会員特典

ヒルトンのダイヤモンド会員は、最上級だけあって充実の特典を受けられます。

主なメリット

  • 1ベッドスイートを含む客室アップグレード
  • エグゼクティブラウンジ(一部ホテルは対象外)
  • 朝食無料
  • ポイントもしくはスナック&飲み物をプレゼント(ホテルによって内容は相違)
  • +100%のボーナスポイント
  • 48時間客室保証
  • 年60泊達成時は他の会員にゴールド資格を贈呈可能、年100泊達成時はダイヤモンドを贈呈可能

特にエグゼクティブラウンジ(クラブラウンジ)利用、1ベッドスイートまでの客室アップグレード、朝食無料が大きな利点です。

ヒルトンは世界No.2のホテルグループであり、幾多の人気ホテルを擁しています。ヒルトン、コンラッド、ダブルツリーバイヒル...

ヒルトンの場合、スイートルームへのアップグレードはホテル側の裁量となっており、ジュニアスイート、スタンダードスイート、ベッドが1つのスイートルームへのアップグレードの可能性があります。
 
規約では「その日空いている部屋で最も良い部屋(スタンダードスイートを含む)」ではないので、空室があれば必ずアップグレードしてくれるわけではありません。
 
特に日本のヒルトングループでは、有償でスイートルームへアップグレード可能というスタンスのホテルもあります。

ヒルトンダイヤモンドステータスは有償の宿泊を重ねて達成するよりも、クレジットカードの特典で維持するのがおすすめです。

公式サイトヒルトン・オナーズ アメックス・プレミアムカード 公式キャンペーン

ヒルトンのライフタイムステータスはダイヤモンドのみ

ヒルトン・オナーズの会員グレード

ヒルトン・オナーズには、メンバー、シルバー、ゴールド、ダイヤモンドの4つの会員ランクがあります。

このうちメンバーは無料会員登録で誰でも入会できるグレードなので、上級会員資格としては、シルバー、ゴールド、ダイヤモンドの3つがあります。

マリオットボンヴォイとは異なり、ヒルトンのライフタイムのステータスはダイヤモンドのみが存在しています。

  • ライフタイムダイヤモンド:○
  • ライフタイムゴールド:非存在
  • ライフタイムシルバー:非存在

ヒルトンのライフタイムステータスは2015年に導入された制度で、まだ歴史は浅い永久上級会員資格となっています。

ヒルトンのライフタイムダイヤモンドの条件

コンラッド大阪

ヒルトン・オナーズで生涯に渡って最上級会員資格をキープできるライフタイムダイヤモンドステータスを獲得するための条件は2つとなっています。

ライフタイムダイヤモンドの条件

  • ダイヤモンド・ステータスを通算10年間クリア(年数は連続していなくてOK)
  • ヒルトンオナーズ入会後の宿泊実績が合計1,000泊 (有料だけではなく無料宿泊もOK)、または通算2,000,000ポイント以上のベースポイントを獲得

つまり、通算で10年間ヒルトンのダイヤモンドのステータスを獲得して、さらに宿泊実績もしくはベースポイントの要件のうち、どちらか片方を満たす必要があります。

注意すべきなのは、ライフタイムダイヤモンド会員には「滞在」の条件がないので、宿泊数もしくはベースポイントを意識する必要がある点です。

単年ベースのヒルトン・オナーズのダイヤモンド資格は、通常3つの条件のうち1つをクリアする必要があります。

30滞在 or 60泊 or 120,000ヒルトン・オナーズ・ベースポイント

年間60泊の宿泊でクリアしていた場合、1,000泊するためには通算16年以上ダイヤモンド資格を維持する必要が生じます。

ヒルトンのライフタイムダイヤモンドに最速でなるためには、年100泊の宿泊を繰り返しましょう。

ヒルトン・オナーズのホテル滞在では、基本的に1米ドルあたり10ベースポイントを獲得することができます。

したがって、ヒルトン・ライフタイム・ダイヤモンドの基準である200万ベースポイントを獲得するためには、20万米ドルの支払いが必要です。

USD/JPY円換算の必要額
100円20,000,000円
105円21,000,000円
110円22,000,000円
115円23,000,000円

トータル20万USDはワールド・オブ・ハイアットのライフタイムグローバリストの条件と同じ水準となっており、長年に渡って多額の支払いを行わなければなりません。

地域によっては家を買える程の金額を使う必要があります。まさにヒルトン・ラヴァーでないと厳しい基準となっています。

泊数基準での到達が難しい場合は、ベースポイントでのクリアを狙いましょう。年30滞在でダイヤモンドステータスは維持できるので、1年あたり2万USDを利用すれば、10年間で20万米ドルに届きます。

高級ホテルの高い部屋の宿泊を繰り返せば無理な金額ではありません。年間2万USDは、マリオットボンヴォイのアンバサダーエリートと同じ金額となっています。

ヒルトン・オナーズのライフタイム・ダイヤモンドの特典

コンラッド東京のスイートルームのテレビ

ヒルトンのライフタイム・ダイヤモンド会員になった際には、プレゼントをもらえます。

過去の実績

ウェルカムノート、ライフタイム・ダイヤモンドカード、バゲージタグ、旅行関連商品、ボーナスポイント、Boseヘッドフォン等

プレゼント以外の特典は、通常のダイヤモンド会員と同じです。ライフタイムだからといって特別なベネフィットが追加されているわけではありません。

ヒルトン・オナーズ・ダイアモンド・ステータスはヒルトンの最上級ステータスであり、1ベッドスイートを含むアップグレード、クラブラウンジへのアクセス、無料朝食、ボーナスポイントなど嬉しい特典が付帯しています

ヒルトン・オナーズの会員グレードごとの特典は下表のとおりです。

優待内容メンバーシルバーゴールドダイヤモンド
シンプルステイ料金から2~10%OFF
ヒルトン・オナーズポイントを獲得可能
ポイント譲渡・プール無料
Wi-Fi無料 (※1)
専用のチェックインカウンター、
一部ホテルは朝食レストランも優先案内
デジタルチェックイン&客室の選択
デジタルキー
レイトチェックアウト
特典滞在時のリゾート料金不要
2人目の客は宿泊無料(一部ホテル)
ボーナスポイント-20%80%100%
ミネラルウォーター2本-
5泊目無料宿泊
(スタンダードルーム特典)
-
エリート会員資格の繰越特典-
無制限のマイルストーンボーナス--
客室のアップグレード--○ (※2)(※3)
朝食無料---
朝食無料 and 1,000ポイント---
エグゼクティブラウンジ---
48時間客室保証---
エリート会員資格の贈呈---

※1:ダイヤモンドはプレミアムWi-Fi、その他はスタンダードWi-Fi
※2:エグゼクティブタイプまで
※3:1ベッドスイートまで

デメリット

ダブルツリーbyヒルトン那覇首里城のツインコンパクトルーム

ワールド・オブ・ハイアットと比較すると、1,000泊という条件が追加されている分、少し厳しめとなっています。

また、ヒルトン・オナーズのライフタイムダイヤモンド会員資格は、永久不滅であることをヒルトンがコミットしているわけではない点に注意が必要です。

「ライフタイムダイヤモンドステータスは、終了または修正される場合があります。」と規約にも明示されています。

その他、ヒルトングループは、コンラッド・LXR・ウォルドーフアストリアなど一部のブランドを除き、比較的類似した内装・アメニティなので、飽きが生じるリスクがあります。

マリオットボンヴォイは旧マリオットリワードSPGが合併しただけあり、ホテルブランドが多岐にわたっています。

また、オートグラフコレクション、ラグジュアリーコレクションのホテルは唯一無二の1点モノとなっています。

まとめ

コンラッド東京のスイートルームのクローゼット (2)

ヒルトンのライフタイムエリート資格としては、ライフタイム・ダイヤモンドがあります。シルバー・ゴールドはありません。

条件

  • ヒルトンのダイヤモンド10年以上(連続ではなくてOK)
  • 1,000泊または2,000,000ベースポイント獲得

条件はダイヤモンドの年数、泊数もしくはベースポイント獲得数であり、通算ダイヤモンド年数は絶対条件で、泊数・ベースポイントはどちらか1つをクリアすればOKです。

ヒルトン・オナーズ・ライフタイム・ダイヤモンドの特典は、通常のダイヤモンドステータスと同じです。追加の特典や抜け落ちているベネフィットはありません。

世界No.2のホテルグループであるヒルトン・オナーズは、世界一のマリオットボンヴォイと同様に、地球上の数多くの場所にあるので、ダイヤモンド特典を活用する機会が多いのがメリットです。

客室アップグレード・レイトチェックアウトは当日の空室状況によりますが、エグゼクティブラウンジへのアクセス権や無料朝食の特典は確実に受けられます。

ヒルトン・オナーズのダイヤモンドの画面

ヒルトンのダイヤモンドは苦労してライフタイムにならなくても、クレジットカードの保有&利用で維持できます。

ヒルトン・オナーズ アメックスプレミアムカードを年200万円利用したらダイヤモンドのステータスを得られます。

一般カードのヒルトン・オナーズ アメックス・カードの場合、無条件でゴールド特典を維持可能です。

ヒルトンアメックスは一般カード、プレミアムカードのどちらも魅力的なクレジットカードです。

項目ヒルトンアメックスヒルトンアメックス
プレミアムカード
カードフェイスヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード
年会費(税込)本会員16,500円66,000円
家族会員1枚無料、2枚目以降6,600円3枚無料、4枚目以降13,200円
ETCカード無料無料
ポイント還元率一般加盟店:2%
ヒルトン:3%
一般加盟店:3%
ヒルトン:7%
マイル還元率
(ANA・JAL等)
一般加盟店:0.2%
ヒルトン:0.3%
一般加盟店:0.3%
ヒルトン:0.7%
有効期限最終加算から15ヶ月最終加算から15ヶ月
ヒルトン・オナーズステータスゴールド (無条件)ゴールド (無条件)
ダイヤモンド (年200万利用)
カード継続特典ウィークエンド宿泊特典1泊
(年間150万円以上利用)
ウィークエンド宿泊特典2泊
(1泊は無条件、
年300万円利用で+1泊)
HPCJの優待入会初年度1万円
(入会後に1万円分の
優待券で実質無料)
初年度無料
入会後は宿泊割引25%OFF、レストラン20%OFF、2年目以降も実質無料
入会キャンペーン最大54,000ポイント最大146,000ポイント
空港ラウンジ
コンシェルジュ
プライオリティ・パス
空港手荷物無料宅配帰国時1個帰国時1個
海外旅行傷害保険
(カッコ内は家族)
海外旅行傷害保険利用付帯利用付帯
傷害死亡・後遺障害3,000万円 (1,000万円)1億円 (1,000万円)
傷害・疾病治療費用100万円 (同額)300万円 (200万円)
賠償責任3,000万円 (200万円)4,000万円 (同額)
携行品30万円 (同額)50万円 (同額)
救援者費用200万円 (同額)400万円 (300万円)
家族特約
航空機遅延費用保険海外2万円 (同額)
航空機預託手荷物遅延費用海外2万円 (同額)
航空機預託手荷物紛失費用海外4万円 (同額)
国内旅行傷害保険適用条件利用付帯利用付帯
死亡・後遺障害2,000万円(1,000万円)5,000万円(1,000万円)
入院保険金(日額)
手術費用保険金
通院保険金(日額)
家族特約
ショッピング保険 (90日間)年200万円
(自己負担1事故1万円)
年500万円
(自己負担1事故1万円)
スマートフォン・プロテクション年3万円
リターン・プロテクション年15万円
キャンセル・プロテクション年10万円
オンライン・プロテクション
無料ポーターサービス
ポイント対象の電子マネーApple PayのQUICPayApple PayのQUICPay
ポイント対象のPayau PAYd払いau PAY、d払い
アメリカン・エキスプレス・コネクト
エクスペディア優待
申し込み資格20歳以上の正社員・個人事業主など20歳以上の正社員・個人事業主など

ヒルトンアメックスの一般カード・プレミアムカードの比較、各カードの詳細については、以下で徹底的に解説しています。

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードのクレジットカードには、一般カードとプレミアムカードの2種類があり...
ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードというクレジットカードがあります。ヒルトンと提携してアメリカン・エ...
ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードというクレジットカードがあります。ヒルトンと提携してア...

お得な入会キャンペーンも開催されています。

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードというクレジットカードがあります(以下ヒルトンアメックス)。アメッ...

ヒルトングループのホテルをよく使う方にとっては、日本でのヒルトン・アメックスは素晴らしいクレジットカードであり、有力な選択肢です。

また、ヒルトンに加えてマリオットボンヴォイもよく使う場合、アメックスプラチナという選択肢もあります。

アメックスプラチナ

ホテル・メンバーシップという特典で、ヒルトンだけではなく3つのホテル上級会員資格を得られます。

ホテル名会員名
マリオットインターナショナルマリオットボンヴォイゴールドエリート
カールソン レジドール ホテルズラディソンリワード ゴールド
ヒルトン・ワールドワイドヒルトン・オナーズゴールド会員

年1回の無料宿泊特典は、ヒルトングループの国内ホテルも対象に含まれています。

アメックスプラチナは最高峰のプラチナカードであり、他社ブラックカード級の品質を誇っています。

アメックスプラチナのベネフィットガイドの最初の1ページ

トラベル関連の特典が優れており、ライフスタイルによっては最強のアメックスです。

アメックスのコンシェルジェの航空券手配については、クレジットカードの専門家・菊地崇仁さんも高く評価しています。

プラチナカード、ブラックカードならではのサービスとして、コンシェルジュがあります。ただし、今ひとつ何を頼めるのか、わ...

得られる特典に鑑みると年会費を上回る価値があります。

アメックスプラチナ
アメックスプラチナの年会費は高い?特典と価値が勝っている!

続きを見る

アメックスの本社でのプラチナ・カードの説明会に参加して、プロダクトのご担当者、コンシェルジェの方に話を聞いたところ、実直で素晴らしく他にはない、唯一無二の魅力があると感じました。

 アメックスのプラチナ・カードが2018年10月にメタルカードを導入して、2019年4月8日からはインビテーション制から、インビを...

2019年4月8日からはインターネットでアメックス・プラチナの自己申し込みが可能になりました。お得な入会キャンペーンを開催しており、大量のポイントを獲得可能です。

公式サイトアメックスプラチナ 公式キャンペーン

-ヒルトン, ホテル

© 2014-2021 The Goal