The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

ヒルトン・オナーズの特典まとめ!メンバー・シルバー・ゴールド・ダイヤモンドを徹底解説

更新日: ホテル

ヒルトン小田原

ヒルトン・ホテルズ&リゾートというホテルチェーンがあります。ヒルトン、コンラッド、ダブルツリーbyヒルトンなどを展開しています。

マリオット&スターウッドに次ぐ世界2位に君臨しているメガ・ホテルグループです。マリオット・スターウッドは多数のホテルブランドを展開していることから、同じグループというのを知らない方も多いでしょう。

単一のホテル・ブランドとしては、ヒルトンの知名度は随一となっています。そんな世界中で人気を博しているヒルトンには会員プログラム「ヒルトン・オナーズ」があります。

2016年までは「ヒルトンHオナーズ」という名前でしたが、アルファベット1文字が抜けました。

お得にヒルトンに泊まることが可能になります。ヒルトン・オナーズの特典、会員ランク、ポイントプログラムについて徹底的に解説します。


ヒルトン・オナーズとは

ヒルトン・オナーズとは、ヒルトングループのメンバーシップ・プログラム(会員制度)です。入会金・年会費などのコストは一切かかりません。完全無料で利用可能です。

ヒルトン・オナーズに入会するだけで以下の特典を利用できます。

  • シンプルステイ料金から最大10%OFF
  • ヒルトン・オナーズポイントを獲得可能(貯めると無料宿泊などに利用可能)
  • スタンダードWi-Fiが無料(一部屋あたり最大3台)
  • アプリでチェックイン・客室の選択・滞在時のリクエストが可能
  • 専用のチェックインカウンター、朝食レストランも優先案内
  • レイトチェックアウト(状況が許す場合のみ)
  • エクスプレス・チェックアウト
  • 2人目の客は宿泊無料(一部ホテル)

ヒルトン・ホテルズ&リゾートは、世界100カ国以上に4,900以上の宿泊施設があり、80万以上の客室を有しています。

アメリカの実業家コンラッド・ヒルトンが創業者で、投資ファンドのブラックストーン・グループが買収して、2016年からは中国の海航集団が筆頭株主となりました。

ヒルトン東京ベイのレストラン

日本国内では北海道から沖縄まで14つのホテルを展開しています。東京と大阪にはヒルトングループでも上級ブランドのコンラッドがあります。

地域 ホテル名
北海道 ヒルトンニセコビレッジ
東京 ヒルトン東京
ヒルトン東京お台場
コンラッド東京
千葉 ヒルトン東京ベイ
ヒルトン成田
神奈川 ヒルトン小田原リゾート&スパ
愛知 ヒルトン名古屋
大阪 ヒルトン大阪
コンラッド大阪
福岡 ヒルトン福岡シーホーク
沖縄 ダブルツリーbyヒルトン那覇
ダブルツリー byヒルトン那覇首里城
ヒルトン沖縄北谷リゾート

ヒルトン・オナーズには、ホテルのフロント、インターネットで入会できます。

ヒルトン・オナーズの会員ランクはメンバー(旧ブルー)、シルバー、ゴールド、ダイヤモンドの4段階となっています。

入会して泊数・滞在数を積み重ねるとランクアップしていき、お得意様・上級会員ならではの特典を受けられるようになります。

会員ランク 条件
メンバー 入会手続き
シルバー 1年間に4回滞在 or 10泊
ゴールド 1年間に20回滞在 or 40泊 or 75,000ベースポイント
ダイヤモンド 1年間に30回滞在 or 60泊 or 120,000ベースポイント

1月1日~12月31日までの1年間で判定されます。ステータスの有効期限は、達成した年~その翌々年3月までとなります。例えば2017年に達成したら2019年3月迄となります。

ビジネススーツ姿のオペレーター (1)

ヒルトン・オナーズの特典、ポイント、上級会員資格取得のための実績カウントは、公式サイト・電話などでの直接予約のみが対象です。

楽天トラベル、じゃらん、一休.com、エクスペディア、Hotels.com、Agoda、Booking.com、JTBなどでの予約は対象外です。

ただ、会員証を見せると一部の特典を適用してくれる場合もあるので、ダメもとで出すというストラテジーもあります。

1泊2日でも2泊3日でも1滞在としてカウントされます。したがって、4回1泊2日の宿泊を行うと4滞在となってシルバーになりますが、4泊5日の宿泊を1回しても1滞在だけでシルバーにはなりません。

滞在数は宿泊数の2分の1でOKなので、1泊2日を繰り返すのが最も効率的です。

会員ランク 滞在数でクリアするための条件
シルバー 約3ヶ月に1回宿泊
ゴールド 約2.6週(18.3日)に1回宿泊
ダイヤモンド 約1.7週(12.2日)に1回宿泊

自然体で上級会員に到達するのはシルバーあたりが限界という方が多いでしょう。ゴールド以上はエアラインの上級会員(JGCやSFC)のように「修行」が必要になる水準です。

しかし、誰でも簡単に上級会員になる方法があります。私もそれで何の努力もせずにゴールド会員となっています。具体的には会員ごとの特典欄で述べます。

以下、会員ごとの特典、簡単に上級会員になる裏技についてブレイク・ダウンします。

メンバー(旧ブルー)特典

ヒルトン・オナーズに入会すると「メンバー」になります。従来はブルーというランクがありましたが、現在は「メンバー」となっています。

以前はカードタイプの会員証が送られてきた時期もありました。現在はデジタル化の流れに乗って、会員証は原則としてスマホアプリでのデジタル会員証となっています。

ヒルトンオナーズの会員証(BLUE) ヒルトンオナーズの会員証(BLUE) (1)

シンプルステイ料金から2~10%OFF

ヒルトン・オナーズのメンバー会員になるだけで、公式サイトでホテルを宿泊すると、シンプルステイ(フレキシブル)料金から2%~10%OFFとなります。

ベストレート保証で基本的には最安値となります。中国本土、マカオ、香港、台湾のホテルでは割引は適用されません。

ヒルトンの最安値保証

ホテルによっては、アーリー・デパーチャー料金、予約保証金、キャンセルの制限が適用される場合があります。

ただし、ベストレート保証は適用されない場合があります。代表例は以下のとおりです。

  • 一般に公開されない料金
  • グループまたは企業向け料金
  • パッケージ料金
  • 政府関係者料金など

また、不思議と公式サイトとは条件が微妙に異なる設定で、公式サイトよりも税金・サービス料を含めた合計料金が1室あたり数千円安くなることがあります。

とりわけJTBなどの従来型の旅行代理店で目立つのが、直前になると妙な安値での放出が時折見受けられることです。

JTBなどがホテルから部屋を買い取っており、在庫処分をしていると思われる節があります。このような場合は、「グループまたは企業向け料金」に該当しており、ベストレート保証の対象外となる可能性が高いです。

基本的には公式サイトが最安値となることが多いです。しかし例外があるので、重要なのは他を見ないのではなく、トリップアドバイザーなどの比較サイトで、泊まろうと思っている日程の料金を比較検討することです。

スタンダードWi-Fi無料

ヒルトン小田原の客室のWi-fi

ヒルトン、ダブルツリー、エンバシー、ウォルドーフ、コンラッド、キュリオ、キャノピーの全ホテルでは、直接予約すると無料のスタンダードWi-Fiを利用できます。

じゃらん、楽天トラベル、一休.com、JTB、Expedia、Booking.com、Hotels.comなどでの予約は対象外です。

会議室等のビジネス向けミーティングスペースではWi-Fiの利用は有料となり、リゾート料金がかかるホテルでは、料金に含まれています。

Wi-Fiにアクセスしようとすると画面が立ち上がるので、情報を入力してログインすることになります。VPNやビデオストリーミングが利用できる「プレミアム」はダイヤモンド会員以外は有料となります。

ヒルトン小田原の客室のWi-fiログイン後の画面

ヒルトン小田原のWi-Fiでは4.215 Mbpsが出ており、通常のネットサーフィンは問題なく快適に利用可能な速度でした。

ヒルトン小田原の客室のWi-fiスピード

専用のチェックインカウンター、朝食レストランも優先案内

ヒルトン・オナーズの会員には専用のチェックインカウンターが用意されています。

繁忙期は一般客向けのチェックインカウンターは大混雑となっており、チェックインの待ち時間という無駄な時間が生じてしまいます。

以下はヒルトン東京ベイです。残念ながら私はディズニーに一緒に行ってくださる女性がいないため、ディズニーオフィシャルホテルに泊まってディズニーには行かないというホテルライフを送っています(´;ω;`)

ヒルトン東京ベイのチェックイン

しかし、ヒルトン・オナーズの会員専用のチェックインカウンターは、相対的に待ち時間が少ないです。

ヒルトン東京ベイのチェックイン(ヒルトンオナーズ会員)

上級会員になると更に専用のカウンターでゆっくりと座りながらチェックインすることが可能になるホテルもあります。以下はヒルトン小田原です。

ヒルトン小田原のロビー

朝食会場(ビュッフェレストラン)でもヒルトン・オナーズ会員向けの優先席があり、一般客よりも早く入れることがあります。

ヒルトンオーナーズのメンバーの朝食優先案内 

朝食会場ではヒルトン・オナーズ会員スペースが用意されているホテルもあります。以下はヒルトン小田原です。

ヒルトン小田原のヒルトン・オナーズ会員スペースヒルトン小田原のレストラン

レイトチェックアウト、エクスプレスチェックアウト

レイトチェックアウトのリクエストを行うと、状況が許す場合は1時間~2時間の延長をOKしてくれる場合があります。NGとなることもあります。

明示されていませんけれども、これは上級会員であればあるほど通りやすくなりそうです。部屋ががら空きの状況だとメンバーでもOKしてくれる可能性があります。

また、「エクスプレス・チェックアウト」を使えます。追加料金がない場合は、フロントに立ち寄ることなく、ホテルに設置されているボックスに部屋のキーを入れることで、チェックアウトできる仕組みです。

ヒルトンのノーストップチェックアウト

状況によってはホテルのフロントが長蛇の列という時もあります。そのような際には時間がかかってしまいますが、エクスプレス・チェックアウトなら爆速でホテルを後にして旅立つことができます。

エクスプレス・チェックアウトのカードがドアノブにかかっているので、それを部屋の外側のドアノブにかけて部屋を出ればOKです。

エクスプレス・チェックアウトのカード

2人目の客は宿泊無料(一部ホテル)

1室2名での利用に対して別途料金を徴収する料金体系のホテルの場合、2人目の客は、対象となる滞在で会員の客室に無料で宿泊できます。

1室いくらという料金設定で、1名で泊まる場合と2名で泊まる場合で価格が異なり、2人では料金が上乗せされるホテルでは、その上乗せ料金が無料になるという仕組みです。

ただし、食事付きのプランや、あるいはその他テーマパークのチケット付きのプランの場合、それらの特典は対象外となります。

スマホアプリで様々なアクション

ヒルトンはスマホアプリが充実しており、宿泊の24時間前からチェックイン、客室の選択、滞在時のリクエストを行うことができます。

好きな部屋を選べるのはユニークですね。窓からの眺めは場所によって同じランクの部屋でも微妙に異なります。

好きな眺めの部屋にしたり、エレベーターから近い部屋/遠い部屋などを好みに応じて選べます。

ヒルトン・オナーズのデジタルチェックイン

ヒルトン・オナーズポイントを獲得可能

宿泊予約時にヒルトン・オナーズに登録していると、ヒルトンのポイントを得られます。

対象となる客室の支払金額1米ドルにつき、原則として10ヒルトン・オナーズ・ベースポイントを獲得できます。

海外にある一部のブランド(ハンプトンbyヒルトンなど)では、客室料金についてのみ貯まったり、ベースポイントが5ポイントになったり、対象外となるホテルがあります。

獲得はドルベースなので、ポイント還元率は円高になればなる程上がり、円安になればなる程下がります。

ドル円
(USD/JPY)
ポイント
還元率
ドル円
(USD/JPY)
ポイント
還元率
75.0 13.3% 107.5 9.3%
77.5 12.9% 110.0 9.1%
80.0 12.5% 112.5 8.9%
82.5 12.1% 115.0 8.7%
85.0 11.8% 117.5 8.5%
87.5 11.4% 120.0 8.3%
90.0 11.1% 122.5 8.2%
92.5 10.8% 125.0 8.0%
95.0 10.5% 127.5 7.8%
97.5 10.3% 130.0 7.7%
100.0 10.0% 132.5 7.5%
102.5 9.8% 135.0 7.4%
105.0 9.5% 137.5 7.3%

更に会員サイトで一度設定すると「My Way」でボーナスポイントまたはボーナスマイルを獲得できます。

ヒルトン・オナーズ会員サイトにログインして、「MY PROFILE」欄の「Preferences」を選択して、「MYWAY EARNING STYLE PREFERENCES」欄の「Change Earning Style」を選択します。

ヒルトン・オナーズポイントのダブルディップ設定画面

次の画面で「ポイント&ポイント」もしくは「ポイント&マイル」を選択します。初期表示は英語ですが、右上の言語選択欄を選ぶと日本語にもできます。

ヒルトン・オナーズのMy Way獲得方法選択画面

「ポイント&ポイント」はヒルトンのポイントが二重取りできる仕組みです。1米ドルにつき10ヒルトン・オナーズ・ベースポイント+5ボーナスポイントで、合計15ポイントが得られます。

ドル円
(USD/JPY)
ポイント
還元率
ドル円
(USD/JPY)
ポイント
還元率
75.0 20.0% 107.5 14.0%
77.5 19.4% 110.0 13.6%
80.0 18.8% 112.5 13.3%
82.5 18.2% 115.0 13.0%
85.0 17.6% 117.5 12.8%
87.5 17.1% 120.0 12.5%
90.0 16.7% 122.5 12.2%
92.5 16.2% 125.0 12.0%
95.0 15.8% 127.5 11.8%
97.5 15.4% 130.0 11.5%
100.0 15.0% 132.5 11.3%
102.5 14.6% 135.0 11.1%
105.0 14.3% 137.5 10.9%

一度この手続きを行うだけで得られるポイントが1.5倍になるのでお得感があります。

逆に言うと、この手続きを怠ると大変もったいないので、公式サイトでヒルトンを予約する場合はすかさず手続きしましょう。

予約後・チェックアウト前のタイミングであれば、ボーナス分のポイントも貯まります。以下は2,184ポイントの50%のボーナス(1,092ポイント)が貯まった事例です。

ヒルトン・オナーズのポイント&ポイント

「ポイント&マイル」は1米ドルにつき10ヒルトン・オナーズ・ベースポイント+1マイルが得られます。JALやANA、デルタ航空やユナイテッド航空も選べます。

ドル円
(USD/JPY)
ポイント
還元率
マイル
付与率
ドル円
(USD/JPY)
ポイント
還元率
マイル
付与率
75.0 13.33% 1.33% 107.5 9.30% 0.93%
77.5 12.90% 1.29% 110.0 9.09% 0.91%
80.0 12.50% 1.25% 112.5 8.89% 0.89%
82.5 12.12% 1.21% 115.0 8.70% 0.87%
85.0 11.76% 1.18% 117.5 8.51% 0.85%
87.5 11.43% 1.14% 120.0 8.33% 0.83%
90.0 11.11% 1.11% 122.5 8.16% 0.82%
92.5 10.81% 1.08% 125.0 8.00% 0.80%
95.0 10.53% 1.05% 127.5 7.84% 0.78%
97.5 10.26% 1.03% 130.0 7.69% 0.77%
100.0 10.00% 1.00% 132.5 7.55% 0.75%
102.5 9.76% 0.98% 135.0 7.41% 0.74%
105.0 9.52% 0.95% 137.5 7.27% 0.73%

2つ以上のマイルを選択することもできますが、注意が必要です。ヒルトンは時折マイルの2倍・3倍のキャンペーンを行うことがあります。

この時に2つ以上の航空マイルを登録していると、ボーナス分のマイルが2つ目に登録したマイレージプログラムに対して付与されることがあります。

一つの航空マイルを集中的に貯めたい場合は、登録する航空マイルは一つだけがベストです。一部の航空会社ではマイル付与率が異なります。

ヒルトン・オナーズ・ポイントの貯め方と使い方については、以下で徹底的に解説しています。

ヒルトンのポイントの使い方と貯め方を極めよう!
ヒルトン、コンラッド、ダブルツリーbyヒルトンなどヒルトン・ホテルズ&リゾートのホテルに宿泊すると、ヒルトン・オナーズのポイ...

ヒルトンのポイントの価値は1ポイントいくらになるのかについては、以下で精緻に分析しています。

ヒルトンのポイントの価値はどのくらい?何円なのかを徹底的に解説!
ヒルトン、コンラッド、ダブルツリーbyヒルトンなどヒルトン・ホテルズ&リゾートのホテルに宿泊すると、ヒルトン・オナーズのポイ...

シルバー会員の特典

シルバーの輝き

1年間に4回滞在 or 10泊すると、シルバーにアップグレードします。

もしくはヒルトン・オナーズVISAクラシックカード(年会費3,195円・マイ・ペイすリボとWeb明細利用で1,575円)というクレジットカードを保有すると、無条件でゴールド会員資格を得られます。

シルバー会員の特典は以下のとおりです。

  • 15%のボーナスポイント加算
  • 1滞在あたりペットボトルのミネラルウォーター2本(※一部ホテル)
  • 5泊目無料宿泊
  • フィットネスセンター・ヘルスクラブ無料(一部ホテル)
  • メンバーの特典すべて

まず宿泊で得られるヒルトン・ポイントが15%UPとなります。1米ドルあたり1.5ポイント多くもらえるようになります。

1滞在あたりボトルウォーターが2本無料になります。お風呂上がりには喉が渇くので、部屋に水がないと高いお金を出して買うか、わざわざ持っていく必要があります。

ヒルトンのボトルウォーター2本

着実に役に立つベネフィットですね。対象ホテルは以下のとおりです。

  • ウォルドーフアストリア・ホテルズ&リゾーツ
  • コンラッドホテルズ&リゾーツ
  • キュリオ・ア・ヒルトン
  • ヒルトンホテルズ&リゾーツ
  • ダブルツリー・ヒルトン
  • タペストリー・コレクション・バイ・ヒルトン
  • エンバシースイーツホテルズ、
  • ヒルトンガーデンイン
  • ヒルトングランドバケーションズホテル

以前はフィットネスクラブ・ジム無料が明記されていましたが、現在は明示されていません。ホテルによって取扱いが異なり、一部ホテルではシルバーでも利用できる場合があるそうです。

ヒルトン東京ベイのフィットネスクラブ

また、シルバー会員は部屋のアップグレードはありませんけれども、無料で客室をアップグレードしてくれることがあります。

メンバー会員だとアップグレードはほとんどありませんけれども、シルバーだと可能性が出てきます。

「5泊目無料宿泊」というのは、5連泊以上の特典滞在を全額ポイント利用で予約した場合、5泊目が無料になる特典です。

すべてポイントで宿泊する必要があるので、ハードルはかなり高めです。

ゴールド会員の特典

ヒルトンオナーズカード(ゴールド)

1年間(サイクルの起点は加入日)に20回滞在もしくは40泊するか、1暦年(1月~12月)に75,000ベースポイント獲得でゴールドにクラスチェンジします。

もしくはアメックス・プラチナ、アメックス・ビジネス・プラチナ、ヒルトン・オナーズVISAゴールドカードというクレジットカードを保有すると、無条件でゴールド会員資格を得られます。

部屋のアップグレード、朝食無料というファンタスティックな特典が付帯します。シルバーから一気にゴージャスになります。

ヒルトン東京ベイの朝食会場(フォレストガーデン)

日本国内にあるコンラッド、ヒルトン、ダブルツリーでの特典は以下のとおりです。

  • 25%のボーナスポイント加算
  • 客室のアップグレード(空室状況による)
  • 毎日無料のコンチネンタルブレックファスト(会員と同室に宿泊の1名まで) or 1,000ポイント
  • シルバー会員の特典すべて(ポイントは15%+25%=40%ではなく25%)

ボーナスポイントも着実なメリットです。以下は546ポイントをボーナスで獲得した履歴です。

ヒルトン・オナーズのゴールド会員のボーナスポイント加算履歴

ホテルの上級会員制度の醍醐味である客室アップグレードを受けられます。スマホアプリでチェックインするとアップグレードが確定することもあります。

ヒルトン・オナーズのアプリの事前チェックイン(アップグレード確約)

SPGマリオットリワード等はワンランク上のみとなることが多いですが、ヒルトンは2ランク以上のアップグレードもよくあります。

ヒルトン小田原に宿泊したところ、スーペリア・ツインルームから和洋室デラックスに3段階もアップグレードしてくれました。

約15,000円もお得になり、バリューが高かったです。なんとトイレが2つもありました^^

ヒルトン小田原の和洋室の洋室ヒルトン小田原の和洋室の和室

PC作業も海を見ながらできて、めちゃくちゃ捗りました!

ヒルトン小田原の和洋室

朝食無料も嬉しいサービスです。朝食と1,000ポイントのどちらにするかは事前に選択する方式となります。デフォルトは朝食となっています。

会員サイトの「MY PROFILE」の「MyWay Hotel Benefits」から、ホテルブランドごとに変更できます。

ヒルトンオナーズゴールド会員の朝食無料か1,000ポイントの選択画面

朝食は「コンチネンタルブレックファスト」とされています。一般的には温料理がなく冷料理を中心とした朝食(パン・ハム・チーズ・フルーツ・ヨーグルト・コーヒー・ジュースなど)を指します。

しかし、ヒルトンのゴールド会員で使える朝食は、通常のホテルレストランの通常メニューですのでご安心ください。

ヒルトン小田原のレストランヒルトン東京お台場の朝食会場

ビュッフェスタイルの朝食やアメリカンブレックファスト(コンチネンタルブレックファスト+卵料理+ウインナー・ベーコン等)が食べられます。

エッグステーションで作ってくれるオムレツがナイスです。混んでいる時は長蛇の列でカオスのこともありますが、基本的には秀逸となっています。

ヒルトンの朝食は豪華ですので、それが無料というのも卓越したメリットがあります。1人2,000円程度の価値はあります。

ヒルトンのホテルの朝食ビュッフェはコックさんが目の前で作ってくれるオムレツがふわとろで最高ですね!

ヒルトン小田原の朝食のオムレツをコックさんが作るシーンヒルトン小田原の朝食のオムレツを割ったところ

ホテルによってはポーチドエッグなどオムレツ以外の卵料理も作ってくれます。

ヒルトン東京台場の朝食(オムレツとポーチドエッグ)

ヒルトン小田原はしらす、まぐろ・いか・あじの刺し身も朝食で出るのでバリューが高いです。

ヒルトン小田原の朝食のしらす・マグロ・味・イカの刺身

パンも多種多様な種類があり、クオリティも良好でした。糖質制限はここでは崩壊必至です。

ヒルトン小田原の朝食のパン

ヒルトン東京お台場では豆乳の野菜しゃぶしゃぶもあり、健康的でした。

ヒルトン東京お台場の朝食(豆乳の野菜しゃぶしゃぶ)

ヒルトンのポイントの価値は宿泊に利用した場合は概ね0.4円~0.7円ですので、1,000ポイントを選択した時の実質価値は400円~700円程度となってしまいます。

朝食無料の場合は1名だと2,000円、2名だと4,000円程度のバリューはあるので、朝食の方が圧倒的にお得感があります。

時間的問題などの理由で朝食が食べられない場合以外は、朝食無料の方がお得でおすすめです。

その他のホテルブランドを含めたベネフィット一覧は下表のとおりです。日本に多い所謂「ヒルトン」は「ヒルトン・ホテルズ&リゾーツ」です。

ホテル 部屋のアップグレード ラウンジ その他
コンラッド・ホテルズ&リゾーツ エグゼクティブルームへのアップグレード時 朝食 or
1000pt
ヒルトン・ホテルズ&リゾーツ 朝食 or
1000pt
ダブルツリーbyヒルトン 朝食 or
1000pt
キュリオ・コレクションbyヒルトン 朝食 or
1000pt
タペストリー・コレクションbyヒルトン 朝食 or
1000pt
ウォルドーフ・アストリア・ホテルズ&リゾーツ - 1,000pt or
ムービーチャンネル1本
キャノピーbyヒルトン - 1,000pt or
ムービーチャンネル1本
エンバシー・スイーツ・ホテルズ - - スナックと飲み物(2セット)
 or 500pt
ヒルトン・ガーデン・イン - - 朝食 or
750pt
ハンプトンbyヒルトン - - スナックと飲み物 or
250pt
トゥルーバイヒルトン - - スナックとボトルウォーター2本
 or250pt
ホームウッド・スイーツ・バイ・ヒルトン - - お菓子とボトルウォーター2本
 or250pt
ホーム2スイーツ・バイ・ヒルトン - - スナックとボトルウォーター
 or100pt
ヒルトン・グランド・バケーション - - 1000pt

ゴールド会員だとエグゼクティブラウンジは利用できませんけれども、エグゼクティブルームへアップグレードされた場合は、ラウンジを利用可能です。

ヒルトン東京お台場でエグゼクティブルームに泊まれました!

ヒルトン東京お台場のエグゼクティブツインのベッド

テレビは巨大な壁掛けでベッドに横たわりながらの閲覧が捗ります。BOZEのスピーカーもあったのがナイスです。絵もオシャレでした。

ヒルトン東京お台場のエグゼクティブツインのテレビ

電源が独立した電気スタンドとデスクスペースもあるので、PC作業も快適です。2人で泊まって1人が早く寝る場合も、部屋の明かりを消してスタンドで作業できます。

ヒルトン東京お台場のエグゼクティブツインのデスク

海を見ながら窓際のソファーで読書したり、スマホやタブレットをいじるのも最高です。

ヒルトン東京お台場のエグゼクティブツインの窓際

部屋からはレインボーブリッジと庭園の緑、東京湾の景色が広がっています。爽やかで開放的です。

ヒルトン東京お台場のエグゼクティブツインの部屋からの景色

日没後は夜景が美しいです。配偶者や恋人同士だと最高ですね。大変残念ながら私には無関係の話となっています(´;ω;`)

ヒルトン東京お台場のエグゼクティブツインの夜景

エグゼクティブラウンジでは夕食代わりになるクオリティでした。夕食代を浮かせられますし、お酒も飲み放題なので、いっぱい飲む方ですとバリューが高いです。

ヒルトン東京お台場のエグゼクティブラウンジヒルトン東京お台場のエグゼクティブラウンジのビールとスパークリングワインヒルトン東京お台場のエグゼクティブラウンジの夕食

ダイヤモンド会員の特典

ダイヤモンド

1年間に30回滞在か60泊するか、1暦年(1月~12月)に12万ベースポイントを得ると、ダイヤモンド会員にランクアップします。

ヒルトン・オナーズVISAプラチナカードというクレジットカードを保有すると、条件が緩くなります。

年会費が66,500円と高価ですけれども、年120万クレジットカードを利用するか、10滞在もしくは20泊でダイヤモンド会員資格を得られます。

ヒルトン東京ベイのプール

最上級の充実した特典を利用できます。日本国内にあるコンラッド、ヒルトン、ダブルツリーでの特典は以下のとおりです。

  • 50%のボーナスポイント加算
  • 無料の客室アップグレード(スイートルームを含む)
  • エグゼクティブ・ラウンジの利用
  • 毎日無料のコンチネンタルブレックファスト(会員と同室に宿泊の1名まで)
  • 1,000ヒルトン・オーナーズポイント
  • フィットネスセンター・ヘルスクラブ無料(多くのホテル)
  • 48時間客室保証
  • シルバー会員の特典すべて(ポイントは15%+50%=65%ではなく50%)

その他のホテルブランドを含めたベネフィット一覧は下表のとおりです。

ホテル 部屋のUPG ラウンジ 朝食 その他
コンラッド・ホテルズ&リゾーツ 1,000pt
ヒルトン・ホテルズ&リゾーツ 1,000pt
ダブルツリーbyヒルトン 1,000pt
キュリオ・コレクションbyヒルトン 1,000pt
タペストリー・コレクションbyヒルトン 1,000pt
ウォルドーフ・アストリア・ホテルズ&リゾーツ - - 以下から2つ選択
1,000pt
ムービーチャンネル1本
施設割引
キャノピーbyヒルトン - - 1,000pt or
ムービーチャンネル1本
エンバシー・スイーツ・ホテルズ - - - スナックと飲み物(2セット)
or 500pt
ヒルトン・ガーデン・イン - - 朝食 or
750pt
ハンプトンbyヒルトン - - - スナックと飲み物
or 250pt
トゥルーバイヒルトン - - - スナックとボトルウォーター2本
or 250pt
ホームウッド・スイーツ・バイ・ヒルトン - - - お菓子とボトルウォーター2本
or 250pt
ホーム2スイーツ・バイ・ヒルトン - - - スナックとボトルウォーター
or 100pt
ヒルトン・グランド・バケーション - - - 2,000pt

スイートルームを含むルームアップグレード、クラブラウンジ(エグゼクティブ・ラウンジ)の利用という至高のベネフィットを享受できます。

最も安い部屋を予約した場合でも、部屋が空いていたらスイートルームにアップグレードされるわけですから、極めてオトクな特典です。

ホテルの稼働率が上がっているとはいえ、それは一般的な価格帯の話であり、価格帯が高い部屋は空室が多い確率が高いです。

エグゼクティブ・ラウンジも無料で利用できるので、無料で夕食を済ませることが可能になります。もちろん、ソフトドリンクやアルコールも飲み放題です。

コンラッド、ヒルトンのラウンジは夕食を済ますことができるクオリティのことが多いです。

ヒルトン東京お台場のエグゼクティブラウンジは、レインボーブリッジを前に開放的な雰囲気となっています。緑もあるのがナイスです。

ヒルトン東京お台場のエグゼクティブラウンジヒルトン東京お台場のエグゼクティブラウンジの席

落ち着いたソファー席もあります。

ヒルトン東京お台場のエグゼクティブラウンジのソファー席

寒くない時期はテラス席が最高です。

ヒルトン東京お台場のエグゼクティブラウンジのテラス席

ティータイムはアップルタルト、パウンドケーキ、ショコラケーキ、フルーツがありました。常にスナックは常備されています。

ヒルトン東京お台場のエグゼクティブラウンジのケーキ・フルーツ

暑い時期はクラブソーダ(炭酸水)、トニックウォーター、アイスコーヒー等のコールドドリンクが最高ですね。

ヒルトン東京お台場のエグゼクティブラウンジのコーヒー・トニックウォーター

夜はアルコールが飲み放題であり、ワイン、ビール、洋酒などが勢揃いします。日本酒と焼酎はありません。

ヒルトン東京お台場のエグゼクティブラウンジのワインヒルトン東京お台場のエグゼクティブラウンジのビール ヒルトン東京お台場のエグゼクティブラウンジのハーブティー

オードブル、チーズ、スティック野菜などのおつまみ類が中心ですが、タンパク質・炭水化物もあり、夕食代わりにすることも可能です。

ヒルトン・オナーズのダイヤモンド会員資格は、理由にかかわらず1度だけ、ステータスを1年間延長できます。「Diamond Status Extension」という制度です。

これは一度しか使用できないので、本当に必要なときに利用しましょう。以下の条件をクリアしていると延長が可能です。

  • ダイヤモンドのステータスを通算で3年(連続してなくてOK)
  • Hilton Honorsに入会してから少なくとも250泊 or 500,000以上の獲得ベースポイント

まとめ

ヒルトン東京お台場

ヒルトン・オナーズは誰でも無料で会員になれます。入会金・年会費などは一切かからないので、公式サイトでヒルトンに泊るなら加入しないと強烈に損です。

ポイントの獲得、優先チェックイン、朝食会場での優先案内、レイト・チェックアウト、エクスプレス・チェックアウト、無料Wi-Fi、フレキシブル価格から2~10%OFFなどのメリットがあります。

例外もありますが、最低価格保証が付帯していて基本的には最安値となります。

ヒルトン・オナーズに加入すると、ヒルトンやコンラッドでの宿泊、キャンペーン、ヒルトン・オナーズの会員特典などで、ザクザクと貯まっていきます。

ヒルトン・ポイントの獲得履歴

貯めたポイントはホテルの無料宿泊に利用したり、キャッシュと組み合わせてお得に泊まることが可能です。

宿泊実績の積み重ねなどでシルバー、ゴールド、ダイヤモンドの上級会員資格を得るとより一層お得になります。

ヒルトンに最もお得に宿泊する方法は、年に数回ある「ヒルトンフラッシュセール」で予約することです。

2017年は3月21日~3月27日、5月16日~5月19日に行われました。今後も開催が期待できます。ヒルトンのセールについては、以下で徹底解説しています。

ヒルトンのセールが来た!お得なキャンペーン!フラッシュセールの開催は2017年も見逃せない
ヒルトンがお得なセールを開催します。日本時間で2017年9月5日14時~9月8日14時までの3日間(72時間)です。日本、韓国、グアム、東南ア...

日本の全国各地、海外のヒルトングループのホテルが35%OFFや50%OFFなどの割引価格で大放出となるので強烈にお得です。

キャンセル・返金不可という制約がつきますけれども、極めてリーズナブルなので、必ず宿泊できそうな日がある場合は、予約を入れておくと大変お得です。

公式サイトの特典が不要な場合は一休.comでの予約をおすすめします。1ポイント1円の一休ポイントが7%貯まるのがメリットです。

ヒルトンのフラッシュセール会場

フラッシュセール以外では、「ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン」(HPCJ)もお得です。

初年度は無条件でヒルトン・オナーズのシルバー会員になれて、15%のポイントボーナス、ボトルウォーターの特典を受けられます。

日本国内のヒルトン、コンラッド、ダブルツリーbyヒルトンと韓国のコンラッド・ソウルでの宿泊が、一部を除いていつでも20%OFFになります。

2017年10月1日からは、シンプルステイ(部屋のみ or 朝食付)の料金(フレキシブル価格)から、あらかじめ25%OFFを適用した2つのHPCJ会員限定割引プランが利用できるようになります。

ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン(HPCJ)の郵送物

レストランを部屋付にした場合は20%OFF、そうでない場合は10%OFFとなります。また、毎年1万円の無料宿泊券プレゼントの特典があります。

年会費は25,000円ですが、ヒルトンを年数回利用する方ですと十分に元が取れます。ヒルトンホテルで宿泊・食事する方にとっては驚異的にお得です。

ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン(HPCJ)が無料に!15,000円OFFに!
「ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン」(HPCJ)というヒルトンの特典プログラムがあります。宿泊・レストランが20%OFF、1万円宿泊...

ハードルは上がりますが、アメックス・プラチナ、アメックス・ビジネス・プラチナを保有すると「ホテル・メンバーシップ」でヒルトンオナーズのゴールド会員の資格を取得できます。

部屋のアップグレード、朝食無料サービス(もしくは1,000ポイント)、25%のボーナスポイントの充実したサービスを受けられます。

アメックス・プラチナ

アメックス・プラチナは卓越したトラベル特典が付帯しています。他社のクレジットカードではブラックカード級のサービスとなっています。

世界中で知名度が抜群であり、水戸黄門の印籠のようなパワーがあるプラチナカードです。日本国内だけではなく全世界でステータスは随一です。

お得なメリットが満載のクレジットカードです。特に大きいメリットは以下のとおりです。

特にトラベル関連特典は圧巻の内容であり、ホテルメンバーシップでは、スターウッドプリファードゲスト(SPG)マリオットリワード、ヒルトン・オナーズ、シャングリ・ラ ホテル、クラブ・カールソンの上級会員資格を取得できます。

ホテル・メンバーシップでヒルトンの上級会員資格を保有していると、ヒルトンのセールで30~50%OFFで予約して、朝食無料&部屋のアップグレードを受けるという二刀流が可能になります。

ファインホテル&リゾートでは、世界900ヶ所以上の優雅でスタイリッシュなホテルやリゾート施設で、ベスト・アベイラブル・レートでの予約で上級会員のような優待が受けられます。

グランドハイアット東京のベッド

また、90以上のホテル・旅館で上級会員のような優待特典が用意されています。日本中、世界中の上質なホテルをお得に利用することが可能です。

全世界で知名度が抜群であり、最高峰のステータスを誇っています。水戸黄門の印籠のようなパワーがあります。

突き抜けたベネフィットを誇っているスター・プラチナ・カードです。星の白金であり、「オラオラ」の威力があります。詳細は以下で徹底解説しています。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード(アメックス プラチナ)の価値・インビテーションまとめ
アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード(AMEX PLATINUM)というクレジットカードがあります。アメックス プラチナと呼ばれていま...

米国では金属製のメタルカードの発行が開始しており、日本でも発行を期待できます。

アメックス・プラチナがメタルカードを発行開始!金属製は正義!
アメリカン・エキスプレスが、米国発行のアメックス・プラチナでメタルカードを導入しました。年会費の値上げとともに、洗練されたメ...

アメックス・プラチナを手に入れるには、やはりアメックス・ゴールドに入会して、利用履歴を積み重ねるのが重要です。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックス ゴールド)のメリット・デメリットまとめ
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(AMEX GOLD)というクレジットカードがあります。アメックス ゴールドと呼ばれています。...

インビテーションのハードルは高くないので、生活のあらゆる決済をアメックス・ゴールドに集中させていけば、インビテーションが届く可能性が高まります。

アメックス・プラチナのインビテーションの条件・基準を取得者が徹底分析!利用金額・内訳・海外を赤裸々に公開
アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード(アメックス・プラチナ)というインビテーション制のステータスカードがあります。目指...

現在、アメックス・ゴールドは当サイト経由でお得なキャンペーンを行なっています。31,320円(税込)の年会費が初年度は無料になります。

「何でアメックスはこんなに破格のキャンペーンを行っているの?」と疑問に感じる方もいらっしゃるかもしれません。

これに関しては、アメックスの充実したサービス・高いステータスを実感すると、ずっと利用する方が多いからです。

当サイト経由なら1年間無料でお得に利用できるキャンペーンですので、アメックス・ゴールドをまだお持ちでない方は、この機会にぜひ発行してみてはいかがでしょうか。

アメックス・ゴールドの限定キャンペーン

法人・個人事業主向けのビジネスカードのアメックス・ビジネス・プラチナも、個人向けアメックス・プラチナとほぼ同じ卓越した特典が付帯しており、ビジネスカードとしては頂点に君臨しています。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナカードの価値・メリット・インビテーションまとめ
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナカード(AMEX BUSINESS PLATINUM)というクレジットカードがあります。アメックス・ビジ...

アメックス・ビジネス・ゴールドに入会して利用額を積み上げていくと、アメックス・ビジネス・プラチナのインビテーションが届く可能性があります。

ビジネス・ゴールドカードにも帝国ホテル東京のビジネスラウンジ、東京駅の手荷物無料宅配サービスなど秀逸な特典が付帯しています。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードのメリット・デメリット・個人向けアメックス・ゴールドとの比較まとめ
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードというクレジットカードがあります。アメックス・ビジネス・ゴールドカードと...

その他、ステータスマッチを活用すると、ヒルトンオナーズのゴールド会員やダイヤモンド会員資格を得られる場合があります。

マリオットリワードSPG、ベストウエスタン、IHG、ハイアット等のホテルグループの上級会員資格を保有している場合は、ステータスマッチが可能となります。

SPGアメックスというクレジットカードを保有していると、SPGゴールド&マリオットのゴールドエリート資格を得られるので、そこからヒルトン・ゴールドにトライできます。

また、デルタ スカイマイル アメックス・ゴールドというクレジットカードを保有しているだけでも、ステータスマッチで一時的にヒルトン・ゴールドを獲得できます。

ゴールドメダリオン→ユナイテッド航空のマイレージプラス プレミアゴールド→マリオットリワードのゴールドエリート→ヒルトンのゴールドという流れです。

ステータスマッチの詳細については、以下で精緻に解説しています。

ゴールドメダリオンはステータスマッチの宝庫!デルタ・アメックスの保有で人生が豊かに
デルタスカイマイル・アメリカン・エキスプレス・ゴールドというクレジットカードを保有すると、デルタ航空の上級会員資格であるゴー...

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-ホテル

Copyright© The Goal , 2017 All Rights Reserved.