【宿泊記】東京エディション虎ノ門のブログ的口コミ!朝食・ラウンジ・夕食まで解説

更新日: マリオットボンヴォイ ホテル

東京エディオン虎ノ門のチェックイン手続きを待つソファー席

東京エディション虎ノ門というホテルがあります。神谷町・虎ノ門にあり、マリオットボンヴォイのホテルの中で最上級カテゴリー8のホテルです。

ホテル内はシンプル・ウッディなのが特徴であり、イメージ的にはパークハイアット・アンダーズ寄りのホテルです。

夜のバーの雰囲気が卓越したクオリティーとなっています。

実は東京生まれのマリオット・インターナショナルCEOアーニ・ソレンソン氏は、東京エディション虎ノ門を「未来への希望と楽観の象徴」と表現しました。

東京エディション虎ノ門に宿泊した私の口コミについて、宿泊記のブログとしてまとめます。

公式サイト東京エディション虎ノ門の詳細

東京エディション虎ノ門とは

東京エディション虎ノ門の看板

東京エディション虎ノ門は森トラストがマリオットボンヴォイと提携して開業したホテルです。

日本初のエディション(EDITION)ホテルであり、マリオットボンヴォイの数多くのホテルブランドの中で最上位のラグジュアリー・ライフスタイルホテルです。

東京ワールドゲートの中心である「神谷町トラストタワー」の上層部にあり、敷地内には300年の歴史がある葺城稲荷神社、樹齢100年を超える大クスノキなどもあります。

東京生まれのマリオット・インターナショナルCEOアーニ・ソレンソン氏は、東京エディション虎ノ門を「未来への希望と楽観の象徴」と表現しました。

公式ページ東京エディション虎ノ門
グレードマリオットボンヴォイのカテゴリー8
住所〒105-0001
東京都港区虎ノ門4-1-1
最寄り駅東京メトロ日比谷線 神谷町駅 直結
東京メトロ銀座線 虎ノ門駅 徒歩約10分
チェックイン・アウト15時チェックイン、12時チェックアウトが基本
電話番号03-5422-1600

ナチュラル&モダンなインテリアが特徴であり、1Fはモダンな雰囲気となっています。最上級の質感!

東京エディション虎ノ門の1Fフロア

客室はナチュラル志向の方の場合、とても親和的です。他方、Wホテル的なスタイリッシュさや、ザ・リッツ・カールトン的なゴージャス感が希望の方には、若干の素っ気なさを感じる可能性があります。

最寄り駅からの道順

東京エディション虎ノ門の最寄り駅は、東京メトロ日比谷線 神谷町駅です。直結となっており、地下通路からそのまま屋根がある道を通ってホテルまで行けるので、雨の日でも傘いらずです。

神谷町の改札を出て、以下の「メトロシティ神谷町」を右に曲がります。

そして、以下の道順で進み、エスカレーターを登って地上に出ると、正面が東京エディション虎ノ門です!

東京エディション虎ノ門への神谷町からの道順1 東京エディション虎ノ門への神谷町からの道順2 東京エディション虎ノ門への神谷町からの道順3 東京エディション虎ノ門への神谷町からの道順4 東京エディション虎ノ門の建物外観 東京エディション虎ノ門の入り口

神谷町駅からの地下鉄連絡通路には緑がふんだんに利用されており、都心でありながら自然を感じさせる雰囲気があります。

また、東京メトロ銀座線 虎ノ門駅からも徒歩約10分となっており、徒歩圏内です。虎ノ門3丁目方面に向かうとOKです。

虎ノ門ヒルズ虎ノ門駅から東京エディション虎ノ門への道 東京エディション虎ノ門の建物

ロビーフロアの雰囲気

東京エディション虎ノ門は緑のインテリアとウッディな木がベースとなっており、自然の雰囲気があって大都会にいながらにしてリゾートの気分を味わえます。

東京エディション虎ノ門のロビーフロア (2)

チェックインに際して何か手続きで待つ際には、上質のソファーで待機できます。夜はキャンドルの煌めきが素敵!

東京エディション虎ノ門のチェックイン手続きを待つソファー席東京エディション虎ノ門のチェックイン手続きを待つソファー席

フロントもウッディな基調となっており、リラックスして手続きできます。

東京エディション虎ノ門のフロント

ウォールナット、オーク、ブロンズ、トラバーチン、ガラス、シルクなどの伝統的かつナチュラルで実直な素材が用いられています。

空間全体を通して、日本の伝統的な板張り技術の「大和張り」やエキゾチックな緑樹と素材が対になっており、日本文化への敬意がそれとなく織り込まれていますよ!

東京エディション虎ノ門の客室

東京エディション虎ノ門のエレベーター

東京エディション虎ノ門の部屋は全206室で、東京タワーや東京湾をはじめとする、息を飲むような東京のスカイラインが一望できます(客室の特徴)。

31階から始まる高層階にプライベートテラス付きの部屋もあるのが特徴。屋外テラス付きゲストルームは15室、スイートルームは22室です。

区分部屋名広さベッド
スタンダードデラックス42平米キング
ツイン
プレミア51平米キング
ツイン
テラス付きスタジオテラス44平米キング
ロフトテラス51平米キング
ロフトテラス 2クイーン51~
62平米
ツイン
スイートスーペリアスイート44平米キング
プレミアスイート90平米キング
タワースイート108平米キング
テラススイート108平米キング
唯一無二エディション ペントハウス144平米キング

部屋のインテリア・スペック

東京エディション虎ノ門の書類入れ・ケース・ルームキー

東京エディション虎ノ門のルームキーは木製でオシャレです。

ゲストルーム共通の特徴

  • 31階以上の高層階から東京の各ランドマークが眺望できる景色
  • Le Laboによる、特注のフレグランスを使用したバスアメニティ
  • EDITIONオリジナルのプラッシュローブと浴衣
  • 機能的なワークデスク
  • Bluetoothスピーカー
  • ネスプレッソコーヒーメーカーとティーセット
  • 快適な無料Wi-Fiインターネット

以下、代表的な客室をピックアップしてご紹介します。

基本のデラックス

東京エディション虎ノ門はマリオットボンヴォイのハイエンドホテルだけあって、最安値の客室であるデラックスルームでも十分に快適です。

東京エディション虎ノ門のデラックスルーム

バスルームではLe Laboによる、特注のフレグランスを使用したバスアメニティを楽しめます。

東京エディション虎ノ門のデラックスルームの洗面台

テレビでは多様なチャンネルが用意されており、日経CNBCやBllombergもあります。

スーペリアスイート

スタンダードスイートルームであるスーペリアスイートは70平米の広さを誇っており、リビング/寝室の2ルームとなっています。金箔のアート、蘭の花など、インテリアもオシャレ!

東京エディション虎ノ門のスーペリアスイートの入り口・ミニバー東京エディション虎ノ門のスイートルーム東京エディション虎ノ門のスーペリアスイートのソファー・窓の景色東京エディション虎ノ門のスーペリアスイートのベッドルーム東京エディション虎ノ門のスーペリアスイートのベッドルーム(窓側から廊下側)

リビングとベッドルームの間は、壁と扉で完全に区切られているわけではなく、大きな扉で開け閉めできます。

2つの部屋間の仕切りを全開にすると広々とするので、100点満点のクオリティです。テレビはリビング・ベッドルームに2つあるので、見たい番組が異なってもOK!

東京エディション虎ノ門のスーペリアスイートのベッドルーム(廊下側から窓側)

窓からは東京タワー、レインボーブリッジが見えて、昼は開放的な景色で、夕日は感傷的。夜は美しい夜景が広がっています。

東京エディション虎ノ門のスーペリアスイートのリビングルームからの眺め東京エディション虎ノ門の夕日東京エディション虎ノ門のスーペリアスイートの夜景

ベッドサイドには高級Bluetoothのスピーカー「Bang & Olufsen BeoPlay A1」があるので、スマホ等のミュージックを上質な音質で聞けます。全方位に広がる重低音が特徴!

電源コンセント1つ・USB端子2口もあり、快適な充電が可能です。

カーテンとレースは全自動で、部屋から出ると自動的に閉まるようにもなっています。

東京エディション虎ノ門のベッドサイド

逆サイドにも各種操作スイッチ、電源コンセント・USBがあり、また電話機とメモ帳・筆記用具があります。

東京エディション虎ノ門の電話機・各種操作スイッチ・端末・電話機とメモ帳・筆記用具

テレビは巨大なタイプで、機能が良くてサクサクと動きます。作業デスクは木で、デスクライトもシンプルで、黒一色のおしゃれなタイプです。

観葉植物のようなインテリアも和んでナイス。消毒スプレー1本とマスク2枚のプレゼントもあります。

東京エディション虎ノ門のスーペリアスイートの作業デスク

ベッドの隣には大きなクローゼットがあり、たっぷりと荷物を収納できます。バスローブも入っています。

東京エディション虎ノ門のスーペリアスイートのクローゼット東京エディション虎ノ門のスーペリアスイートのメインクローゼットの中(ベッドルーム)

ちなみにクローゼットはベッドルームの他、入り口近辺・ミニバーの横にもあります。

東京エディション虎ノ門の入口近くのクローゼット・傘・スリッパ・ハンガー

東京エディション虎ノ門のスイートルームのリビング・ソファーでくつろぐ一時は至福です。

3~4人掛けの大きなソファー、1人用の白い革張りソファー、四角い木目テーブル、丸いウッドテーブルがあります。

テレビがかけられている壁は木の格子であり、和モダン調の雰囲気を演出しています。

東京エディション虎ノ門のスーペリアスイートのソファー東京エディション虎ノ門のスーペリアスイートのリビングルーム

ウェルカムギフトのフルーツは豪華で、蘭の花も素晴らしいインテリアです。

東京エディション虎ノ門のフルーツ・蘭の花

四角いタブレットや本に置くのを適したソファーサイドテーブルもあり、空気洗浄機や本もあります。

東京エディション虎ノ門のスーペリアスイートのソファーサイドテーブル・空気洗浄機東京エディション虎ノ門の本

バスタブは広大で、体を伸ばして入浴できます。アメニティも上質でバスソルトも完備されており、タブレット・スマホ等を置ける木の台があるので、高い利便性を誇っています。

東京エディション虎ノ門のスーペリアスイートのバスタブ

洗面台は白い人工ストーンであり、バスルームもシンプル&ミニマルなデザインです。

東京エディション虎ノ門のスーペリアスイートの洗面台・バスタブ 東京エディション虎ノ門のスーペリアスイートのシャワーブース・トイレ

シャワーブースはレインシャワー・通常シャワーの2種類があります。天井から降り注ぐシャワーを浴びると、快適な気分です!

東京エディション虎ノ門のシャワールーム

トイレはウォッシュレット搭載のTOTO製であり、白い壁・間接照明で落ち着いた雰囲気になっています。

東京エディション虎ノ門のスーペリアスイートのトイレ(シャワールーム横)

入り口近くにもトイレがあり、2つあるので2名宿泊時はそれぞれが自由に利用できます。

東京エディション虎ノ門の入り口近くのトイレ

入り口近くのトイレは東京エディション虎ノ門らしくウッディなインテリアとなっており、タオル・石鹸・ウォシュレットが完備です。

ベッドと寝具定員3名
1 キング
移動式ベッド1台
ベビーベッド1台
搬入可能なベビーベッド/移動式ベッド数1
食事、飲料ルームサービス, 24時間
ボトル水、無料
コーヒー&ティーメーカー
ミニバー 有料
家具と調度ソファ
椅子, 特大
アラームクロック
客室内有料金庫
デスク,ワークデスク,コンセント
アイロンとアイロン台
メディア電話の機能: ボイスメール
有料高速インターネット
有料ワイヤレスインターネット
65台インチ/165cmLCDテレビ×2
ケーブル/衛星
CNN

ミニバーは入口近くにあります。

東京エディション虎ノ門のスーペリアスイートのミニバー

アメニティ

東京エディション虎ノ門のバス・アメニティのブランドは、ニューヨークのフレグランスブランド「LE LABO(ル・ラボ)」となっています。

ナチュラル&モダンな雰囲気がある爽やかな香りが特徴であり、柑橘系のマリオットの: THANNや、ザ・リッツ・カールトンのアスプレイとは違った方面の質を楽しめます。

全てのアメニティには「EDITION」というロゴの袋・箱に入っており、白もしくは黒一色でシンプル&モダンのコンセプトが貫かれています。

東京エディション虎ノ門の石鹸

洗面台の下には白いボックスがあり、アメニティ一式が入っています。その包装は全て紙製でした。

東京エディション虎ノ門のアメニティが入ったボックス

エディションブランドの創始者であるイアン・シュレーガー氏は、「心のこもったお客様一人ひとりにあわせた体験」をコンセプトにしています。

ちなみにエレベーターホールからフロントに向かう廊下に飾られている写真は、写真家 渡辺克巳氏の作品で、イアン氏の私物コレクションです。

東京エディション虎ノ門ではできる限りプラスチックの使用が抑えられています。歯ブラシも木製となっており、稀有で特別感があります。

東京エディション虎ノ門の歯ブラシ

シャンプー、コンディショナー、シャワージェル(ボディーソープ)もLE LABOです。

東京エディション虎ノ門のシャンプー、コンディショナー、シャワージェル

ル・ラボのボディーローションは購入することも可能で、人気を博しているようです。

東京エディション虎ノ門のボディーローション

バスローブ・寝間着・傘

東京エディション虎ノ門のバスローブは、イタリアの高級アメニティブランド「LA Bottega(ラ・ボッテガ)」の品です。

肌触りは幾多の高級ホテルの中でも秀逸であり、16,000円で購入できます。ボディーローションと並んでバスローブも購入するゲストが多いそうです。

東京エディション虎ノ門のバスローブ

東京エディション虎ノ門の寝間着(ルームウェア)は黒い浴衣であり、おしゃれな和服ですよ!

東京エディション虎ノ門の寝間着(ルームウェア)

傘もあり、ゲストが1回でも使ったら交換するそうです。もったいないですね!

コップ・食器

東京エディション虎ノ門の食器類

食器類では、上質感がありシンプルなデザインのものが揃えられています。

お茶の湯呑み、ワイングラス、シャンパングラス、コーヒーカップ、ウイスキーグラスがあります。

また、リクエストしたら無料でブルゴーニュグラスも用意して頂きました。

ブルゴーニュグラスとウイスキーグラス

ミニバー

ミニバーのウイスキー・スナックもセンスが良く、どこにでもあるような品ではなく、飲みたい・食べたいと感じさせるものがあります。

東京エディション虎ノ門のミお茶・ウイスキー・ウォッカ・ワイン・ミネラルウォーター東京エディション虎ノ門のスナック類・お茶

ビールは地ビールで、ジュースや梅酒、日本酒、炭酸水、ジンジャーエールもセンスが抜群に良好です。

東京エディション虎ノ門の冷蔵庫

シャンパンはなんと、1843年の創業以来6世代にわたり伝統の製法が忠実に継承されてきた「帝王」の名を持つシャンパーニュ・メゾンが生産しているクリュッグ!

クリュッグの蠱惑的な魅力にとり憑かれた愛好家たちは「クリュギスト」と呼ばれており、かのココ・シャネル(シャネルの創業者)、ヘミングウェイ、マリア・カラスといった世界の偉人たちを虜にしてきました。

ミネラルウォーター、お茶、ティーバッグ、カプセルコーヒーは無料です。以下の写真の他、スナック横にあるティーバッグが0円!

煎茶とほうじ茶は、高品質な日本製品である「Sayuri & Co.」のお茶で上質です 。

東京エディション虎ノ門のミネラルウォーター・お茶・カプセルコーヒー

東京エディション虎ノ門のミネラルウォーターは、ペットボトルではなく珍しい紙パックです。

佐賀県で採取されており、口当たりがよく飲みやすいです。無料のお茶も上質でたいへん美味しく、カプセルコーヒーも無難にナイス!

東京エディション虎ノ門のお茶 東京エディション虎ノ門のコーヒー

金庫

セーフティーボックスの金庫は4桁の暗証番号を入力する標準的なタイプです。

東京エディション虎ノ門の金庫 (2) 東京エディション虎ノ門の金庫 (1)

無料の夜間靴磨きサービス・有料のランドリー

東京エディション虎ノ門には無料の靴磨きサービスがあります。希望の場合はゲストエクスペリエンスに連絡しましょう。

その他、有料でのランドリーサービスもあり、スーツ、シャツ、コート、ズボンなどどの水洗い・プレス・ドライクリーニングを依頼できます。

東京エディション虎ノ門の無料の夜間靴磨きサービスとランドリーサービスの収納袋

廊下・エレベーターホール

廊下もシンプルで装飾はなく、純白となっています。

マリオットのザ・リッツ・カールトンやセントレジス、ラグジュアリーコレクション等と比較すると、やや殺風景。個人的には、廊下はもう少しリッチにしてもいい印象です。

東京エディション虎ノ門の廊下

客室とフロント・レストラン・プール・ジムのフロアを結ぶエレベーターは3台あり、待ち時間は僅少で快適でした。

エレベーターホールには観葉植物のようなインテリアもあり、間接照明が映えています。

東京エディション虎ノ門のエレベーター(客室フロア)

部屋に上がる際にはエレベーターにルームキーをかざす方式となっており、セキュリティ面で配慮されています。

東京エディション虎ノ門のエレベーターの端末

ターンダウン

東京エディション虎ノ門ではターンダウンサービスがあり、完璧にピカピカになります。

お茶・コーヒーなどは補充してくれますし、夕食前にシャワーを浴びて、夕食後や翌朝に再び入浴する場合などに便利です。

東京エディション虎ノ門のターンダウンサービス後のバスルーム 東京エディション虎ノ門のターンダウンサービス後のバスタブ 東京エディション虎ノ門のターンダウンサービス後の洗面台 東京エディション虎ノ門のターンダウンサービス後のシャワー・トイレ 東京エディション虎ノ門のターンダウンサービス後のベッド

スパ

東京エディション虎ノ門のロビーフロアの客室に向かうエレベーターの奥方面には、スパ、プール、フィットネスジムがあります。

東京エディション虎ノ門のスパ・プール・ジム方面の通路

スパでは、日本製とフランス製の厳選した製品だけを使用したトリートメントを提供しています。

美容とウェルネスのための、ラグジュアリーとコンフォートを融合させた洗練の技法を、穏やかな癒しの空間で受けられます。

東京エディション虎ノ門のスパ

6室のトリートメントルーム(うちカップルスイート1室)があります。

  • カップル トリートメント
  • スチームルーム
  • トリートメント
  • フェイシャル
  • フットバス
  • ヘア&頭皮トリートメント
  • ボディスクラブ
  • 男性向けサービス

プール

東京エディション虎ノ門にはプールがあり、ジャグジーもあります。

プールの水深は135cm〜140cmであり、スイミングに最適。小さな子供の利用には適していません。

東京エディション虎ノ門のプール 東京エディション虎ノ門のプール (2)

ジャグジーの水深は120cmであり、水温は暖かく入浴気分を味わえます。

東京エディション虎ノ門のジャグジー

人が近づくと自動的に強い泡が放出されて、快適なマッサージ効果があります。

東京エディション虎ノ門のジャグジーに入っているシーン

プールまではバスローブとサンダル姿で行ってOKなのでユーザーフレンドリーです。更衣室・シャワー・ドライヤーもあります。

また、ハンドソープ・ボディーローション、歯磨き・ヘアブラシ・シャワーキャップ・歯磨き・カミソリ等のアメニティもあります。

東京エディション虎ノ門のプールの更衣室・シャワー

フィットネスジム

東京エディション虎ノ門のフィットネスジムの入り口

フィットネスジムでは、イタリアのテクノジム社製の高級最新機器が揃っています。

オリンピックの選手なども使っているテクノジムのスキルミルコネクトなど、日本国内のホテルでは珍しいマシンも設置されています。

東京エディション虎ノ門のフィットネスジム (2) 東京エディション虎ノ門のフィットネスジム のランニングマシン 東京エディション虎ノ門のフィットネスジム のマシン・ボール東京エディション虎ノ門のフィットネスジムのハイテクマシン東京エディション虎ノ門のフィットネスジム のハイテクマシン

タオル、ミネラルウォーター(紙パック・サーバー)、イヤホン等も用意されています。

東京エディション虎ノ門のフィットネスジムのタオル、ミネラルウォーター(紙パック・サーバー)、イヤホン等

フィットネスジムでは窓がなく、眺望は効いていません。この点は星空を眺めながらランニングできるパークハイアット東京と比較すると見劣っています。

パークハイアット東京には「クラブ オン ザ パーク」という、宿泊者と会員専用のスパ&フィットネスがあります。クラブ オ...

ロビーラウンジ・バー

東京エディション虎ノ門のロビーフロア

東京エディション虎ノ門には2つのラウンジ・バーがあり、マリオットボンヴォイのレストラン割引(基本10%~20%・期間限定で最大30%)の対象です(メニュー)。なお、クラブラウンジはありません。

 Lobby Bar

東京エディション虎ノ門のロビーラウンジのカウンター席

フロントの手前にある「Lobby Bar」は、東京湾&東京タワーの眺望が開放的となっており、また広がり・奥行きがありながら親密な環境です。

営業時間

  • 7時~24時 (L.O. 22時30分)
  • アフタヌーンティー : 12時~17時 (L.O. 16時30分)

メニュー

ソフトドリンク、独自性が高いカクテル、多様なスピリッツを楽しめます。昼間は人気が高いアフタヌーンティーもありますよ!

東京エディション虎ノ門のロビーラウンジのアフタヌーンティー東京エディオン虎ノ門のアフタヌーンティー

Lobby Bar クラッシック・ブリディッシュ・アフタヌーンティーは、紅茶に合うセレクション、バラエティー豊かな種類の紅茶で優雅なひと時を過ごせます。

内容の例

  • 色とりどりの伝統的な英国のセイボリー
  • フレッシュバターを使って風味豊かに仕上げたスコーン
  • ビクトリアサンドイッチ
  • レモンドリズルケーキ
  • 紅茶に合う代表的な焼き菓子

天井一面に張り巡らされたウッドの格子、オアシス感がある植物のインテリアなどがあり、リゾート気分を堪能できます。

インテリアは日本を代表する建築家である隈研吾氏の監修であり、間接照明が抜群にオシャレです。

ロビーラウンジ・バーは全面ガラス張りが開放的で、リゾートのような雰囲気となっています。昼はほんのり光が立ち込めて爽やかです。

東京エディション虎ノ門のロビーラウンジ・バー

昼間の時間帯は1~2名で飲み物のみだとカウンターや手前の席となり、アフタヌーンティー等の利用だと窓際のボックス席になるのが基本です。

東京エディション虎ノ門のロビーラウンジの廊下側の席東京エディオン虎ノ門のロビーラウンジのアイスカフェラテ東京エディオン虎ノ門のロビーラウンジのソファー席

夜は抜群に良好な雰囲気となり、うっとりするような空間が広がっています。

東京エディション虎ノ門のロビーバー

カクテルも豊富であり、文旦スパークリング、ティー パロマ、長野リースリングなどオリジナルカクテルもあります。

長野リースリング ティー パロマ 文旦スパークリング

Specialty Bar(2021年オープン予定)

エディションのシグニチャーカクテルバーを、日本に再現した本格的カクテルバーは、2021年以降にオープンする予定です。

幅広いドリンクメニューと小皿料理が用意されて、一日を通してシームレスに利用できる予定です。

海外のバー文化に日本の素材とコンセプトを織り込んだカクテルバーになる予定で魅惑的ですね!

レストラン

東京エディション虎ノ門で本格的な食事を楽しむ店としては、カジュアルレストラン「The Blue Room」、スペシャリティレストランの2種類があります。

朝食以外はマリオットボンヴォイのレストラン割引(基本10%~20%・期間限定で最大30%)の対象です。

The Blue Room

東京エディション虎ノ門のThe Blue Roomの入り口

健康・オーガニック志向のレストランである「The Blue Room」は、ゴージャスながらカジュアルで落ち着ける雰囲気です。

営業時間

  • 朝食: 6時30分~10時30分 (週末:~11時)
  • ランチ: 12時~16時 (L.O. 14時30分)
  • ディナー: 18時~24時 (L.O. 22時)
  • 週末ブランチ: 12時~16時 (L.O. 15時30分)

Lobby Barの横にあり、ロビーフロアの賑やか雰囲気があります。

アラカルトの1品料理も豊富なので、高級ホテルながらカジュアルに楽しめるレストランです。

インテリアではウッド、黒、ブルー、ジェイドカラーの色彩が見事に調和しており、サファイア、日本の翡翠(ジェイド)やゴールドといった希少な宝石や素材から着想を得ているようです。

東京エディション虎ノ門のThe Blue Room東京エディション虎ノ門のThe Blue Roomの窓際席

窓の外には東京タワーを目の前で、洗練された開放的な雰囲気の店内です。

植物ベースのシグネチャーサラダ、軽めのメインディッシュ、地元市場直送の魚、肉のグリル料理、シェアプラッターなど、世界中のクラシックメニューにインスパイアされた多彩な料理が提供されています。

主なメリット

スタッフがとても親切で笑顔が素晴らしく、心地よい時間を送れました。

The JADE ROOM(2021年オープン予定)

東京エディション虎ノ門のスペシャリティレストランの

ミシュラン星を獲得した有名シェフのプロデュースによる独創的なコンセプトのスペシャリティレストラン「The JADE ROOM」は、2021年にオープンする予定です。

場所はThe Blue Roomとは逆サイドの奥(フロントに向かって左手)にあります。

東京エディション虎ノ門のスペシャリティレストランの場所

バラエティー豊かなオリジナルのカスタムメニューを通して、日本のフレーバーを大胆かつ示唆に富んだ美しいキュレーションで提供されます。

東京で唯一のスケールを誇る74席の高層階屋外テラスとプライベートダイニングを備えています。

東京エディション虎ノ門のスペシャリティレストランのテラス席 (2) 東京エディション虎ノ門のスペシャリティレストランのテラス席 (1) 東京エディション虎ノ門のスペシャリティレストランのテラス席 (3)

「空中に浮かぶ庭園」と称された地上140メートルの高さに位置するThe JADE ROOM + GARDEN TERRACEの屋外テラスは、目まぐるしい都会の日常から、ゲストを美しく穏やかなオアシスへといざないます。

アジアの竹、チェリーローレル(セイヨウバクチノキ)、ゴクラクチョウカなど25のエキゾチック種を含む500以上の植物、木、低木からなる魅惑的な空間は、都内において最大級の超高層ビル型庭園です。

この類を見ないプロジェクトの実現には、140トンにも及ぶ肥沃土が埼玉県から運び込まれました。

屋外レストランではシェアプレートなどの軽食のほか、オーダーメイドのカクテルを飲むことが可能です。

夜のテラス席はキャンドルと間接照明で、大人の幻想的な空間となります。

Specialty Restaurantのテラス席

スペシャリティレストランには個室もあるので、フォーマルな会合にも利用できます。

東京エディション虎ノ門のスペシャリティレストランの個室

GOLD BAR at EDITION(2021年オープン予定)

地上階に位置するバー「GOLD BAR at EDITION」は、地元のお茶の専門家と考案したモダンなティーサービスが体験できるリラックスしたラウンジから、夜は洗練されたカクテルバーへと、シームレスに変遷します。

日中のオールデイメニューから夜のバーまで、多様な用途で使えます。

名前に反してすべてが黒で設えられた空間は、耐久性を増すために杉板の表面を焼き焦がす日本の「焼杉」にインスパイアされています。

美しいジュエリーから着想を得た白とゴールドのハイライトが巧みに施され、黒大理石のフルートバーカウンターと高さ5メートルの白いアーチ型バレル天井が、黒の空間を演出しています。

ルームサービス

東京エディション虎ノ門のリビングルーム

小さいお子さんがいてレストランに行くのが億劫な場合や、夜遅い場合などは、ルームサービスが便利です。

6時~11時までは朝食があり、24時間いつでも頼めるオールデイメニューも豊富です(メニュー一覧)。

1千数百円のメニューもあり、一般庶民でも頼める現実的な価格設定となっています。

メニューには客室テレビのメニュー「ルームサービス」から、QRコードでアクセスできます。

東京エディション虎ノ門の夕食(The Blue Room)

東京エディション虎ノ門のレストラン(ブルールーム)のテーブル(ディナー)

レストラン「ザ・ブルー ルーム(THE BLUE ROOM)」では、予約すると東京タワーが見える窓際席、予約なしだと手前のテーブルとなるのが基本です。

東京エディオン虎ノ門のレストラン(ブルールーム)のテーブル(ディナー)

豊富なアラカルトメニューがあり、コース料理風の「CHEF’S TASTING MENU」がメインとなります。

3品だと7,000円(税・サ抜)、5品なら12,000円となります。3品の場合は前菜、メイン、スイーツです。

ドリンクはビール、ワイン、日本酒、スピリッツと豊富です。珍しい七賢スパークリングもありました。

東京エディオン虎ノ門のレストラン(ブルールーム)の日本酒・ロゼシャンパン

3品コースを頼んだところ、まずパンを頂けました。西京味噌で味付けしているバターが特徴。洋食に和のテイストを取り入れているのが、東京エディション虎ノ門の真骨頂です。

東京エディション虎ノ門のレストラン(ブルールーム)のパン

1品目は「スモークリコッタチーズ, 塩麹きゅうり, 枝豆, ディルオイル, わさび菜」。上質な味わいで旨味が口中に広がっていきました。

スモークリコッタチーズ, 塩麹きゅうり, 枝豆, ディルオイル, わさび菜

2品目は「北海道の雪国放牧豚, 白菜, 発酵マスタードシード, イチジク」。上質の豚肉は素晴らしいクオリティ。香りは濃密となっており、肉感的で豊かな味わいでした。

北海道の雪国放牧豚, 白菜, 発酵マスタードシード, イチジク

デザートはメレンゲ、ストロベリーソース、ライムの香りで、頬が緩みました。3品コースには珈琲や紅茶もついており、レモンティーを注文!

メレンゲ、ストロベリーソース、ライムの香り、紅茶

伝統の味に新しい感覚を注ぎ込んで生み出した料理が魅力に溢れています。

東京エディション虎ノ門の朝食(The Blue Room)

東京エディション虎ノ門のレストラン「THE BLUE ROOM」(朝食の時間帯)

東京エディション虎ノ門の朝食はアラカルトメニューの他、メインのセットメニューが和食と洋食の2種類用意されています。

どちらも5,000円(税・サ抜)と高額ではあるものの、美味しくてハイ・クオリティーです。

  • 洋食:ザ・ブルー ルーム ブレックファースト
  • 和食:ジャパニーズ ブレックファースト

マリオットボンヴォイのレストラン割引、マリオットのプラチナエリート以上の朝食無料特典は対象外です。

エディション・ホテルのブランドは、マリオットボンヴォイのプラチナエリートでも、クラブラウンジと無料朝食がありません。...

生搾りのオレンジやグレープフルーツジュース、コーヒー・紅茶、美味しい料理を楽しめます。

フードの内容

  • 和食:訪問時は生野菜、温泉卵、自家製ピクルス、野菜の煮物、鮭、大根おろし、味噌汁、キノコ、梅干し、漬物、ご飯(白米・雑穀米)
  • 洋食:好きな料理3つ+パン(クロワッサン・チョコデニッシュ等)

2人で行く場合は一つずつ頼んでシェアするのも選択肢ですね!

まずは搾りたてのフレッシュジュースを戴きました。オレンジ、グレープフルーツなど複数種類から選べます。

東京エディオン虎ノ門の朝食の搾りたてのフレッシュジュース

以下のサラダは和食のものであり、パンは洋食の品。フルーツは選んだ3品の中の一つです。

東京エディション虎ノ門の朝食(サラダ・パン・フルーツ)

洋食は全体的にパン類の炭水化物・糖質が充実。味が抜群に良好なので、ダイエット中という方でも東京エディション虎ノ門の宿泊時は解禁をおすすめします。

価格が高い卵料理であるエッグベネディクトは、具としてハムかサーモンを選択できます。

東京エディオン虎ノ門の朝食(エッグベネディクト)

ブリオッシュフレンチトースト、北海道パンプキン、味噌キャラメル、ストロベリーコンポートはたいへんマイルドでした。

ブリオッシュフレンチトースト、北海道パンプキン、味噌キャラメル、ストロベリーコンポート

和食の方は野菜も豊富であり、栄養が身に染みる優しさがあります。白味噌の味噌汁はたいへんマイルドでした。

東京エディション虎ノ門の朝食(和食)

食後はコーヒーまたは紅茶を戴けます。アイスカフェラテとカプチーノをセレクトしました。

東京エディション虎ノ門の朝食のカプチーノとアイスカフェラテ

朝のザ・ブルールームは朝日が立ち込めた雰囲気で、明るく開放的です。

東京タワーや都市の景色を眺めながら、リッチにモーニングを食べられます。

東京エディション虎ノ門の朝食時のザ・ブルールーム (3) 東京エディション虎ノ門の朝食時のザ・ブルールーム (2) 東京エディション虎ノ門の朝食時のザ・ブルールーム (1)

多目的バンケットルーム(会議・パーティー・セミナー・展示会など)

東京エディション虎ノ門のバンケットルーム入り口

東京エディション虎ノ門にはミーティング&イベントスペースがあり、特別なプライベートイベント、ミーティング、会議などに最適な会場が用意されています。

387平米という広さで、洗練された雰囲気。展示会、ミーティング、中規模の催しなどに適しています。

東京エディション虎ノ門のミーティング&イベントスペース 東京エディション虎ノ門のバンケットルーム

自転車の貸し出しサービス

東京エディション虎ノ門には、自転車の貸し出しサービスもあります。東京都内をサイクリングするのも風雅ですね!

自転車はB1にあるので、フロントで手続きすればOKです。

東京エディション虎ノ門の貸し出し自転車

東京エディション虎ノ門の宿泊記まとめ

東京エディション虎ノ門の入り口ロビーフロアの廊下

東京エディション虎ノ門は、客室、レストラン、ロビーラウンジ・バーのいずれも上質なホテルです。

ナチュラル&モダンなのが特徴であり、ウッディで緑あふれるインテリア、シンプルな内装が特徴となっています。

ザ・リッツ・カールトンやセントレジスとは違う角度の高級ホテルであり、パークハイアット的な方向性となっています。

東京エディション虎ノ門のスーペリアスイートのリビングルーム (2) 東京エディション虎ノ門のベッド 東京エディション虎ノ門のスーペリアスイートからの夜景

宿泊した感想としては満足であり、素泊まりだと高いですが、ステイケーションプランだと10,000円のクレジットと朝食付きでお得感が出ます。

昨今ではじゃらん、楽天トラベル、一休.com、Booking.com、エクスペディア等の宿泊サイトでもお得なクーポンやタイムセールが...

夕食と朝食は美味しいクオリティであり、バーは最高の雰囲気です。

The BLUE ROOMはイ輝くようなサファイアとトパーズブルーで飾り付けられています。ヴ・クラインの絵画を彷彿とさせ、高さのある天井と素晴らしい街の景色は古き時代のハリウッドを回顧させます。

東京エディション虎ノ門のレストラン「The Blue Room」 東京エディション虎ノ門のスペシャリティレストラン 東京エディション虎ノ門のバー (2) 東京エディオン虎ノ門のエッグベネディクトを割ったシーン

ジム・プールもあり、気持ちよくエクササイズすることも可能です。

東京エディション虎ノ門のプール

東京エディション虎ノ門はラグジュアリーなホテルであり、スタッフのホスピタリティが素晴らしいと感じました。

公式サイトで予約したり、レストランなどの利用時にモバイル会員証を提示すると、マリオットボンヴォイのポイントが貯まり、無料宿泊や航空マイルへの交換に利用できます。

公式サイト東京エディション虎ノ門の詳細

たまにしか使わない場合、「日付を選択して最安値を表示」が可能となっている比較サイトが便利です。

旅行口コミサイトのトリップアドバイザーでは、口コミ・評判だけではなく、複数の予約サイトの価格を一括検索できるので便利です。安いプランを発掘できます。

ラグジュアリーカードは東京エディション虎ノ門にて、上級会員のような特典を利用できます。

主なメリット

  • ブルールームでの無料朝食2名分
  • ウェルカムアメニティ
  • 100USドル相当の飲食クレジット(1滞在につき1回)
  • ルームアップグレート(当日の状況により案内)
  • アーリーチェックイン、レイトチェックアウト(当日の状況により案内)

マリオットボンヴォイだけではなく、多様なホテル・旅館で優待特典があります。

金属製であること、Mastercardのワールドエリートのステータスが話題のラグジュアリーカードは、クレジットカードとしての特...

マリオットボンヴォイのホテルをよく利用する方には、SPGアメックスの活用がおすすめです。

SPGアメックス

年会費は本会員が31,000円(税抜)、家族カードが15,500円(税抜)です。

年会費が高いものの、コストを圧倒的に上回るお得なメリットが満載であり、SPGアメックスは年会費を超える価値があります。

国内外の旅行で役立つベネフィットが満載となっており、世界中のマリオット・シェラトン・ウェスティン・コートヤード・リッツカールトン等で役立ちます。

主なメリット

移行可能な航空マイルは、ANA、JAL、デルタ航空、ユナイテッド航空、アメリカン航空、シンガポール航空、ハワイアン航空、エミレーツ航空、カタール航空、エティハド航空など多種多様です。

SPGアメックス(スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード)というクレジットカードがあります。...

SPGアメックスを持っているだけで、上級会員であるマリオットボンヴォイのゴールドエリート会員の資格も得られます。

主なメリット

  • 無料の部屋アップグレード
  • 14時までのレイト・チェックアウト
  • 宿泊で得られるポイントが1米ドルごとに12.5ポイント(+25%のボーナスポイント)
  • ウェルカムギフト(マリオットボンヴォイのポイントがプレゼント)

宿泊実績を積めばヒルトン・オナーズのゴールド会員ともステータスマッチが可能です。

ヒルトンの無料会員プログラム「ヒルトン・オナーズ」では、恒常的にステータスマッチが開催されています。他のホテルプログ...

毎年、世界中のMarriott Bonvoy参加ホテルで利用可能な「無料宿泊特典」(2名分)がプレゼントされて、これだけで年会費を上回る金額を得することが可能です(日本のマリオット・SPGのホテル一覧)。

祝前日などのホテル代が高い時に利用することで、私はSPGアメックスの年会費(税抜31,000円)を、年1回の無料宿泊のみで回収しています。

過去の無料宿泊の実績

  • 伊豆マリオットホテル修善寺:40,692円(税・サ込。以下同様)
  • ウェスティン都ホテル京都:60,929円
  • ルメリディアン台北:39,571円
  • HOTEL THE MITSUI KYOTO ラグジュアリーコレクション:133,798円(現在は対象外)

もちろん無料宿泊時も客室アップグレード・レイトチェックアウト・ボーナスポイント等の特典を享受できます。

SPGアメックスを使うと、SPG、マリオット、リッツカールトンのホテルの「無料宿泊特典」が毎年1回もらえます。無料宿泊特典は...

1.25%の高還元率で航空マイルを貯められて、更にお得にホテルに宿泊でき、家計が頑健化します。

カードショッピングで貯めたポイントでマリオットボンヴォイの豪華なホテルに宿泊することも可能。無料宿泊に使ったら1ポイント1円程度(還元率3%)で使えます。

年1回の無料宿泊、Marriott Bonvoyのゴールドエリート、高還元が人気を博しているSPGアメックスは、カード利用でマリオットボ...
その他詳細
SPGアメックスというクレジットカードがあります。正式名称は「スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス...

SPGアメックスはお得な入会キャンペーンを開催。入会後3カ月以内に30万円以上利用すると、6万ポイントがプレゼントされます。1ヶ月あたり100,000円使えばいいので、余裕でクリアーできますね。

ポイントはお得に航空マイルへ交換できますし、高級ホテルへの無料宿泊にも使えます。コスパが最強のアメックスであるSPGアメックスへお得に入会できる特典です。

公式サイトSPGアメックス 公式キャンペーン

マリオット以外のホテルをよく使う方は、アメリカン・エキスプレスのプラチナ・カードがおすすめです。

アメックスプラチナとアメックスビジネスプラチナ

ホテル・メンバーシップという特典で、3つのホテル上級会員資格を得られます。

ホテル名会員名
マリオットインターナショナルマリオットボンヴォイゴールドエリート
カールソン レジドール ホテルズラディソンリワード ゴールド
ヒルトン・ワールドワイドヒルトン・オナーズゴールド会員

コンシェルジェ、世界中のホテルでの優待特典(FHR)、年1回の無料宿泊特典(フリー・ステイ・ギフト)、充実の付帯保険など、豊富な特典が付帯しています。

上質の金属製メタルカードは上質感に溢れており、ステータスが高いクレジットカードの筆頭。

旅行・出張の機会が多い方、身の回りにこだわるハイセンスな方なら、アメックスプラチナはおすすめです。

2019年4月8日からはインターネットでアメックス・プラチナの自己申し込みが可能になりました。

お得な入会キャンペーンを開催しており、大量のポイントを獲得可能です。1年以内に解約することも可能なので、初年度は実質的な保有コストを抑えて試せます。

公式サイトアメックスプラチナ 公式キャンペーン

-マリオットボンヴォイ, ホテル

© 2014-2021 The Goal