The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

Amazonで最強にお得なクレジットカードを徹底解説!無料で3%ポイント還元!

更新日: 三井住友カード JCBカード クレジットカード オリコカード

スマホを見て驚く笑顔の女性

Amazonは言わずと知れた大人気の総合ネット通販サイトですね。ヘビーユーザーという方も多いでしょう。

せっかくAmazonでお買い物するならば、少しでもお得になる方がいいですよね。

そのために役立つクレジットカードは、JCB CARD W、Orico Card THE POINT、Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD、Amazonカードです。

Amazonカードには、Amazon Mastercardクラシック、Amazon Mastercardゴールドの二種類があります。

とりわけオリコカードと、JCBかAmazonカードの2枚持ちがお得です。最大級に得する裏技はクレカ二刀流です。

2018年の最新の動向に基づき、Amazonでバリューが高いクレジットカードについて、徹底的に解説します。


1枚のみでAmazonでお買い物した場合の還元率

Amazonで高還元でしかも年会費が安いクレジットカードは以下の5つです。

カード名 年会費 還元率
基本 Amazon
Amazon Mastercardクラシック 年1回の利用で無料 1.0% 1.5%
2.0%(プライム会員の場合)
Amazon Mastercardゴールド 4,320円で維持可能
Amazonプライムが無料で実質420円
1.0% 2.5%
JCB CARD W 無料 1.0% 2.0%
Orico Card THE POINT 無料 1.0% 2.0%
Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD 1,950円 1.0% 2.5%

Amazon.co.jpでのお買い物で1.5%~2.5%となるハイ・クオリティー・カードの面々です。

Amazon Mastercardゴールドの年会費は通常は10,800円です。

ただし、申し込み時にリボ払いの「マイ・ペイすリボ」に登録すると、半額の5,400円(税込)となります。翌年度以降は前年度のカードショッピングが1回以上あると半額となります。

更にカード利用代金WEB明細書サービスを利用すると、年度の年会費が1,080円(税込)引きになります。まとめると、以下のとおりとなります。

年会費10,800円-5,400円(マイ・ペイすリボ)-1,080円(Web明細)=4,320円(税込)

Amazon Mastercardゴールドの年会費は4,320円(税込)まで下げることができます。

マイ・ペイすリボは初回はリボ払いの手数料がないので、毎月のリボ払いの金額を、カード利用限度額の全額に設定しておけば、全く手数料はかかりません。クレカの通常の1回払と同じように使えます。

三井住友VISAカードは、リボ払いサービス「マイ・ペイすリボ」を利用すると、年会費が一般カードは無料、ゴールドカードは半額と非常...

手数料が高いのでリボ払いはNGが基本ですけれども、Amazonカードに関しては1回払いと同じように無料で使えるため問題ありません。年会費を割り引いてお得に使えます。

更にAmazon MastercardゴールドにはAmazonプライム(年3,900円)が無料でついてくるので、年会費の実質負担は420円(税込)となります。

Amazonプライムが不要な場合

スマホを見る女性

Amazonはよく使うけれども、年会費3,900円のAmazonプライムは不要という場合は、年会費無料で2%還元のJCB CARD WかOrico Card THE POINTがおすすめです。

ただし、年390,000円以上Amazonで確実にお買い物する場合は、Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDの方がお得になります。

Amazon Mastercardゴールドの年会費は、Amazonプライム無料を考慮しないと4,320円なので、年39万円以上ならOrico Card THE POINT PREMIUM GOLDがベストです。

年間利用額に応じた還元額の比較は下表のとおりです(単位:円)。

カード名 5万円 10万円 20万円 30万円 40万円 50万円
Amazon Mastercardクラシック 750 1,500 3,000 4,500 6,000 7,500
Amazon Mastercardゴールド -2,650 -1,400 1,100 3,600 6,100 8,600
JCB CARD W 1,000 2,000 4,000 6,000 8,000 10,000
Orico Card THE POINT 1,000 2,000 4,000 6,000 8,000 10,000
Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD -700 550 3,050 5,550 8,050 10,550

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDは、ゴールドMasterCardカード特典、Orico Club Offの特典が付帯して、旅行傷害保険が充実するのもメリットです。

クラブオフの優待特典を使い倒していけば、年会費はあっという間に元が取れます。

オリコが発行している高還元率の格安ゴールドカードがあります。「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」(オリコカードザポイントプレ...

一般カードのTHE POINTと格安ゴールドカードのプレミアムゴールドの違いについては、以下で精緻に比較しています。

オリコが発行している高還元率のクレジットカードがあります。「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)です。また、年会費1...

Amazonプライムが必要な場合

Amazonプライムが必要な場合、Amazon Mastercardゴールドの年会費が実質420円(4,320円-3,900円)となります。

つまり、年会費無料カードと比較した年会費の差が420円まで縮小します。各クレカの年会費+Amazonプライム費用の合計額は以下となります。

カード名 Amazonプライム
無し 有り
Amazon Mastercardクラシック 0円 3,900円
Amazon Mastercardゴールド 3,900円 4,320円
JCB CARD W 0円 3,900円
Orico Card THE POINT 0円 3,900円
Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD 1,950円 5,850円

したがって、年84,000円以上使う場合は、JCB CARD WかOrico Card THE POINTよりもお得になります。

年間利用額に応じた還元額の比較は下表のとおりです(単位:円)。

カード名 5万円 10万円 30万円 50万円 75万円 100万円
Amazon Mastercardクラシック -2,900 -1,900 2,100 6,100 11,100 16,100
Amazon Mastercardゴールド -3,070 -1,820 3,180 8,180 14,430 20,680
JCB CARD W -2,900 -1,900 2,100 6,100 11,100 16,100
Orico Card THE POINT -2,900 -1,900 2,100 6,100 11,100 16,100
Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD -4,600 -3,350 1,650 6,650 12,900 19,150

2枚持ちがベスト!3.5%還元に昇華

大谷選手の二刀流

Amazonをよく使う方であれば、実はJCB CARD WかAmazonカードと、Orico Card THE POINTの2枚持ちが最高にお得になります。

オリコカードザポイントを保有して、オリコモールを経由すると決済はオリコカードでなくても1.0%のオリコポイントが得られます。

オリコモールを経由して、JCB CARD WかAmazonカードで決済すると、JCB CARD Wは合計2.5%還元、Amazon Mastercardゴールドは3.5%還元になります。

JCB CARD WはOki Dokiランド経由でないと1.5%還元なので、そこに1%のオリコポイントが加わる形となります。

区分 JCB CARD W Amazon Mastercardクラシック Amazon Mastercardゴールド
各カードのポイント 1.5%のOki Dokiポイント 1.5%のAmazonポイント
(プライム会員なら2%)
2.5%のAmazonポイント
オリコカード ザポイント 1.0%のオリコポイント 1.0%のオリコポイント 1.0%のオリコポイント
合計還元率 2.5% 2.5%(プライム会員なら3%) 3.5%

クレジットカードが増えても良い場合は、以下の二刀流だとAmazonでのお買い物が最高にお得になります。

  • オリコカードザポイント
  • JCB CARD W、Amazon Mastercardクラシック、Amazon Mastercardゴールドのどれか1枚

他のポイントモールはAmazonが対象外のサイトが大多数なので、オリコモールはAmazonがお得になる点にエッジ・優位性があります。

私はオリコカードザポイントを保有しているので、オリコモールを経由してAmazonでのお買い物で、ザクザクとボーナスポイント(1%)を貯めています。

オリコカードザポイントのオリコモール利用でのポイント加算

私の場合、オリコモールでのAmazonの1%の上乗せだけで、余裕でポイント交換に必要な500ポイント以上を獲得しています。

オリコポイント照会

ザクザクとAmazonで特別ポイントが貯まるのでお得感があります。Amazonをよく利用する方にとっては、オリコカードザポイントは家に寝かせておくだけでもお得なカードです。

オリコポイントの履歴

ポイントの使い方

各クレジットカードごとに貯まるポイントは異なります。せっかく貯めたポイントも上手く使えないとダメですね。仕組みを抑えて使い倒しましょう!

ポイント交換先

JCB CARD Wで貯まるOki Dokiポイントは、ギフトカード、共通ポイント、マイルなど利便性が高い品物と交換でき、しかも多種多様なアイテムが揃っているので、現金同様の価値があります。

nanacoポイントTポイントスターバックスカードへのチャージ等に高いレートで交換できます。

Oki Dokiポイントは+0.2%でnanacoポイントに交換できるキャンペーンが定期的に開催されています。

2017年は4月25日~7月18日、7月25日~10月16日と合計で約半年間も行われました。

このキャンペーン期間中に交換すると還元率1.2%となります。Amazonでの利用ならなんと還元率2.4%です!

nanaco

Amazonギフト券に交換したり、Amazonでのお買い物にも充当できるので、貯めたポイントで再びAmazonでお買い物することも可能です。

AmazonカードのAmazonポイントは、Amazonでのみ1ポイント=1円分で利用可能なポイントです。

Amazonポイントは、1回の注文で10万ポイントまで使うことができます。 Amazonギフト券、Amazonコイン、Kindle本以外のデジタルコンテンツ商品の支払いには使えません。

若干の制約はありますけれども、Amazonを定期的に使っている方にとっては、Amazonポイントは現金同様の価値があると評価できます。

オリコカードザポイントで貯めたオリコポイントは、多様な商品・ポイント・マイルに交換できます。

ギフト券・ギフトコード、他のポイント、マイル、商品券などが便利です。ポイント交換先の代表例は以下の通りです。

区分交換商品オリコポイント交換先価値
クーポンAmazonギフト券500pt500円分1pt→1円
2,000pt2,000円分1pt→1円
5,000pt5,000円分1pt→1円
iTunesギフトコード500pt500円分1pt→1円
1,500pt1,500円分1pt→1円
LINEギフトコード500pt500円分1pt→1円
nanacoギフト1,000pt1,000円分1pt→1円
EdyギフトID1,000pt1,000円分1pt→1円
ファミリーマートお買い物券500pt500円分1pt→1円
すかいらーくグループご優待券5,000pt5,000円分1pt→1円
オリコモールクーポン1,000pt2,000円分1pt→3円
ポイント移行オリコプリペイドカードチャージ500pt500円分1pt→1円
Tポイント1,000pt1,000pt1pt→1円
Pontaポイント1,000pt1,000pt1pt→1円
楽天スーパーポイント1,000pt1,000pt1pt→1円
dポイント1,000pt1,000pt1pt→1円
WAONポイント1,000pt1,000pt1pt→1円
au WALLET ポイント1,000pt1,000pt1pt→1円
ニッセンお買物券1,000pt1,000pt1pt→1円
ベルメゾン・ポイント1,000pt1,000pt1pt→1円
クレポ1,000pt1,000pt1pt→1円
マイル移行ANAマイル1,000pt600マイル1pt→1円
JALマイル1,000pt500マイル1pt→1円
商品UC ギフトカード5,500pt5,000円分1pt→1円
20,000pt20,000円分1pt→1円

ANAマイル、JALマイルに移行手数料・参加登録費なしで移行できます。ANAマイルの方が交換レートが高めです。

Tポイントにはリアルタイムで交換できます。即座に残高に反映されます。本当に早くて快適です。実際に交換したところ、即時反映でした。

オリコポイントからTポイントへの移行

Amazonギフト券・iTunesギフトコード・LINEギフトコードは、交換を申し込むとオリコからメールですぐに送られてきます。

dポイントは普通に使うと1ポイント1円ですが、ローソンの「Loppiお試し引換券」を使うと、dポイント1ポイントで1.5~3円相当の商品と交換できます。

オリコプリペイドカード」というVisa/Mastercardブランドのプリペイドカードに、オリコポイントをチャージすることもできます。

国内外のVisaかMastercard加盟店でクレジットカード同様に利用できるプリペイドカードです。

オリコカード利用で得たオリコポイントをオリコプリペイドカードにチャージして利用すると、更に利用金額の0.25%が得られます。

すなわち、例えば通常の1%の還元率で得たオリコポイントをオリコプリペイドカードにチャージして使うと、更に利用金額の0.25%のキャッシュバックがあります。

合計還元率は1.0025%(1%+1%の0.25%)になります。

オリコは「オリコプリペイドカード」(Orico Prepaid Card)を発行しています。国内外のVisaかMastercard加盟店でクレジットカード同...

有効期間

JCB CARD Wのポイントの有効期限は2年です。ポイントの有効期限は1年というカードもある中で2年なのは嬉しいですね。ポイント失効のリスクが減少します。

Amazonカードで貯まるAmazonポイントの有効期限は、Amazon.co.jpでの最終購入日か最終ポイント獲得日のいずれか遅いほうから1年間です。

有効期限を迎える前に、再度Amazon.co.jpで注文するかAmazonポイントを獲得すると、そのアカウントのすべてのAmazonポイントの有効期限がその時点から1年間延長されます。

Tポイントや楽天スーパーポイントなどの共通ポイントと同じ仕組みです。Amazonカードを年1回使えば、ポイント有効期限は実質的に無期限と評価できます。

オリコカードザポイントのオリコポイントの有効期限は1年間となっています。

しかし、オリコポイントは500ポイントから交換できるので、このデメリットは大きな話ではありません。

500ポイントは一般加盟店でも年間50,000円(1ヶ月あたり約4,200円)、Amazon等のオリコモール対象のネット通販なら最低で年25,000円(1ヶ月あたり約2,100円)以上の利用で貯められます。

電子マネー対応

JCB CARD Wは、「QUICPay」(クイックペイ)という後払い方式の電子マネーを利用できます。

QUICPayはnanaco、楽天Edy、Suicaとは異なり、事前にチャージする必要がないので使いやすい電子マネーです。ドコモのiDと似たJCBのサービスです。

使った金額は後日、登録したクレジットカードから引き落とされます。残高を気にする必要がないので利便性が高い電子マネーです。

QUICPay+(クイックペイプラス)

コンビニ等での少額の決済でクレジットカードを使うのが微妙な場合や、サインか暗証番号の入力が必要な店舗でそれが面倒な場合にも便利です。

QUICPayは、多種多様な店舗で利用できます。主な店舗は下表の通りです。

ジャンル店名
コンビニセブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス、ミニストップ、ポプラ、生活彩家、ローソンストア100、ローソンマート
スーパーイトーヨーカドー、イオングループ、オーケー、アピタ、ピアゴ、阪急オアシス、アークス、平和堂
百貨店等ドン・キホーテ、阪急メンズ大阪/東京、近鉄百貨店、阪急百貨店、阪神百貨店、名鉄百貨店、ジェイアール名古屋タカシマヤ、、JRセントラルタワーズ/JRゲートタワー/ゲートウォーク、なんばCITY、なんばパークス、ル・トロワ、阪急西宮ガーデンズ
ガソリンスタンドENEOS、昭和シェル石油、エッソ・モービル・ゼネラル(セルフSS)
ドラックストアツルハドラッグ、ココカラファイン、富士薬品グループ(セイムス・スマイル・アメリカンドラッグ等)、くすりの福太郎、ドラッグユタカ
食事すき家、壱番屋、すかいらーくグループ、ロイヤルホスト、かっぱ寿司、コメダ珈琲、サガミグループ、鳥どり、海鮮三崎港、味の民芸、響、手延うどん水山、JINJIN、ASIAN LEAF
本・CD/DVDHMV、古本市場、明林堂書店、八重洲ブックセンター
家電ビックカメラ、コジマ、ソフマップ、エディオン、ヨドバシカメラ、PC DEPOT
タクシー東京無線タクシー、チェカーキャブ、さくらタクシー、日本交通、国際自動車、朝日交通、昭和グループ、明和グループ、名古屋近鉄タクシー、宝交通、東和交通、日の丸自動車
ホテルアパホテル
空港ANA FESTA、新千歳空港ターミナルビル、中部国際空港セントレア、大分空港
レジャーMOVIX、ジャンカラ、スーパージャンカラ、USJ、富士急ハイランド、スパリゾートハワイアンズ、京セラドーム大阪、快活CLUB、福岡 ヤフオク!ドーム、東京ドーム、アドベンチャーワールド、コロナワールド、東京タワー、阪神甲子園球場、キッザニア東京・甲子園
ファッションライトオン、マックハウス、マックハウスプラザ、OUTLET-J、コナカ、メガネスーパー
その他auショップ、モッズ・ヘア、カクヤス

JCB CARD Wは、セブンイレブンで特別に0.5%ポイントアップとなるQUICPay(nanaco)も利用できます。

JCB CARD Wは、セブンイレブンではQUICPay(nanaco)を使うと還元率2.5%と屈指の高還元になる点に絶大なメリットがあります。

QUICPayの詳細・特典については以下で徹底解説しています。

QUICPay(クイックペイ)という事前のチャージが不要な後払い型の電子マネーがあります。ドコモのiDと似たJCBのサービスです。クイック...

AmazonカードはiDを使えます。ドコモのdカードでおなじみのポストペイ型の電子マネーです。

AmazonカードそのものにはiDが搭載されていませんけれども、iD専用カードの発行が可能です。

iDは後払い方式の電子マネーで、事前のチャージは不要です。残高を確認したりする手間が省けるので便利です。

三井住友カードの場合、年会費・発行手数料は無料です。他のカードですと年会費がかかるカードもあるので三井住友カードはお得です。

iD機能を使えば、サインや暗証番号の入力は不用です。サクッと支払いができますし、小銭が不要となって便利です。iDの利用分もポイントが付与されます。

iDは数多くのコンビニ・スーパー・ディスカウントショップ・レストラン・ドラッグストアで使えるので便利です。

クレジットカードが使えないマクドナルドでも使えます。主な店舗は下表の通りです。

ジャンル店名
コンビニセブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、サークルKサンクス、ポプラ、ローソンストア100、ローソンマート
スーパー等イトーヨーカドー、イオングループ、ダイソー、ドン・キホーテ、サミット、平和堂、ユニー、オークワ
ドラックストアツルハドラッグ、セイジョー、薬王堂、ドラッグセガミ、クスリのアオキ、くすりの福太郎、富士薬品(セイムス・スマイル・アメリカンドラッグ等)
食事マクドナルド、ガスト・バーミヤン・ジョナサン、すき家、CoCo壱番屋、プロント、コメダ珈琲店、海鮮三崎港、すし三崎丸とんかつ浜勝、ステーキのどん、北海道、チムニー、和民、白木屋、月の雫、東方見聞録、花の舞、笑笑、魚民、旨い屋、かっぱ寿司
本・CD/DVD紀伊國屋書店、丸善、ブックオフ(一部)、タワーレコード、八重洲ブックセンター(一部)、ブックファースト(西日本)
家電ヨドバシカメラ、ビックカメラ、エディオン、コジマ、ドコモショップ
カーライフENEOS(セルフSS)、エッソ・モービル・ゼネラル(セルフSS)、オリックスレンタカー
タクシー東京無線タクシー、阪急タクシー、阪神タクシー、キャビック、さくらタクシー、チェッカーキャブ
カラオケ歌広場、カラオケの鉄人、シダックス、BIG ECHO
ファッションメガネスーパー、洋服の青山、紳士服のフタタ、Paris Miki、Levis、CASUAL HOUSE 306
トラベルINTERCONTINENTAL TOKYO BAY、knt!近畿日本ツーリスト、スパリゾートハワイアンズ、通天閣、東映太秦映画村、東京サマーランド、箱根小涌園ユネッサン、富士急ハイランド、ROUTE INN、としまえん、豊島園 庭の湯
その他Paris Miki、45デジタルコンビニ、快活CLUB、美容室アッシュ、雑貨屋ブルドッグ、ユーホーム、京成電鉄(チケットレスサービス)

この他にも数多くの店舗で利用可能です(※使えるお店の一覧)。iDについては、以下で徹底解説しています。

iD(アイディ)という電子マネーがあります。ドコモと三井住友カードが提携して運営している電子マネーです。後払い(ポストペイ)の...

iD以外ではau WALLETへのチャージでもポイントが貯まります。

オリコカードザポイントは電子マネーでもお得なカードです。オリコカードザポイントには後払い型の電子マネーiDに加えてQUICPayが搭載されています。カードと一体型です。

オリコカードザポイントの裏面

Amazonカードのように別カードにならずに、カード一体型で1枚で済むのが大きなメリットです。QUICPayについては、以下で徹底解説しています。

QUICPay(クイックペイ)という事前のチャージが不要な後払い型の電子マネーがあります。ドコモのiDと似たJCBのサービスです。クイック...

iDとQUICPayは同じポストペイで使い方は似ています。使える店舗や細かい点で相違点があります。違いの比較については、以下で徹底解説しています。

後払い方式(ポストペイ型)の電子マネーには、「iD」と「QUICPay」(クイックペイ)があります。どちらを使うのか迷う場合もありますよ...

また、モバイルSuicaSMART ICOCAへのチャージでもポイントが付きます。Apple PayのSuicaGoogle PayのSuicaも同様です。Mastercardブランドなら、au WALLETへのチャージもポイント付与の対象です。

まとめると、AmazonカードはiD、オリコカードザポイントはiD・QUICPay・モバイルSuica・SMART ICOCAへのチャージないし利用でポイントが得られます。

電子マネーへのチャージで得したい場合は、サブカードとして対応のクレジットカードを使いましょう。おすすめのクレジットカードは下表の通りです。

電子マネー カード名 還元率 年会費(税抜)
nanaco リクルートカード 1.20% 無料
Yahoo! JAPANカード 0.50% 無料
セブンカード・プラス 0.50% 5万円以上利用で無料
楽天Edy リクルートカード 1.20% 無料
TOKYU CARD ClubQ JMB 1.00% 1,000
WAON イオンカードセレクト 0.5-1.5% 無料
JALカード(JCB/ClubQ/
VISA/Mastercard)
0.5-1.0% 2,000-31,000
モバイルSuica ビックカメラSuicaカード 1.50% 年1回の利用で無料
「ビュー・スイカ」カード 1.50% 477
PASMO TOKYU CARD ClubQ JMB 1.00% 1,000
ANA To Me CARD PASMO JCB 0.50% 2,000
To Me CARD Prime PASMO 0.50% 年50万円以上利用で無料
OPクレジットカード 0.50% 年1回の利用で無料
京王パスポートVISAカード 0.50% 年1回の利用で無料
SMART ICOCA REXカード 1.25% 無料
エポスゴールドカード 1.5-2% 無料

ショッピング保険でお買い物が安心

ショッピングする女性

Amazon Mastercardクラシックにはショッピング保険が付帯しています。年間100万円迄です。

3,000円の自己負担はありますが、それ以上の損害が出た場合は保険金がもらえます。年会費が緩い条件で無料なのに、ショッピング保険があるクレカはめったにありません。

国内でショッピング保険が適用される条件は、「リボ払い」か「分割払い(3回以上)」での購入です。1回払いで購入した場合は適用されません。

海外でのカードによる購入では1回払いでも補償されます。しかし、Amazon Mastercardクラシックはリボ払いを利用可能限度と同じに設定でき、かつ初回は手数料がかかりません。

国内でもリボ払い全額で1回払いと同様に手数料なしで買えるので問題ありません。Amazonカードのゴールドカードのショッピング保険は、年間300万円迄にアップします。

ショッピングする2名の女性

オリコカードザポイントにはショッピング保険は付帯していません。

JCB CARD Wには、カードで購入した品物の破損・盗難などの損害を保障する「ショッピングガード保険」が付いています。

カードでの購入日から90日間、年間最高100万円まで補償されます。1事故につき1万円の自己負担があります。

日本国内は対象外であり、海外で購入した品物が対象です。また、一部補償の対象外となる品物があります。

Amazon Mastercardゴールド限定の特典

Amazon Mastercardゴールド

Amazon Mastercardゴールドは券面がゴールドなだけの「なんちゃってゴールド」ないし「金メッキ」ではありません。

ゴールドカードらしい充実した特典が付帯しています。

Amazonプライム年会費が無料

お急ぎ便・お届け日時指定便が無料、タイムセールへの先行アクセス・限定セール、AmazonパントリーPrime Nowプライム・ビデオPrime Musicプライム・フォトなどの特典があるAmazonプライム会員が無料で利用できます。

Amazon Mastercardゴールドは年会費4,320円(税込)で維持できるので、Amazonプライム会員年会費3,900円(税込)が無料になるのを考慮すると、たったの420円(税込)でゴールドカードを維持できます。

充実の保険

Amazon Mastercardゴールドには、最高5000万円の海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険がついています。自動付帯の部分と利用付帯の部分があります。

海外旅行傷害保険には家族特約も付帯します。

空港ラウンジ

ラウンジ・オーサカ

Amazon Mastercardゴールドは国内の主要な空港ラウンジが無料で利用できます。

クレジットカードの専門家・菊地崇仁さん

67枚のクレカをお持ちで合計年会費が約130万円のプロ・菊地崇仁さんも、おすすめのゴールドカード、メインカードとしてAmazon Mastercard ゴールドを挙げていらっしゃいました。

ネット通販・オンライン課金の普及でクレジットカードはもはやマストアイテムといっても過言ではありません。やはりクレカの中で人気...
インターネットの普及でオンラインで決済する頻度というのが日本中で高まっています。そうした情勢下、クレジットカードはもはやマス...

女性向けのJCB CARD W plus L限定特典

JCB CARD W plus L

JCB CARD Wには、女性向けの「JCB CARD W plus L」があります。こちらも年会費無料でカードの基本スペックはJCB CARD Wと同一です。

異なるのはカードフェイスと女性向けの特典・有料オプションが付帯している点です。

JCB CARD W、JCB CARD W plus Lという2枚のクレジットカードが2017年10月24日から募集開始しました。10代・20代・30代までの若年層が...

どちらも年会費無料で高還元であり、秀逸なハイ・クオリティー・カードです。

クレジットカードの専門家・岩田昭男さん

クレジットカードの専門家・岩田昭男さんも、おすすめの「メインカード」としてJCB CARD W、女性向けカードとしてJCB CARD W plus Lを挙げられていました。

世の中には膨大な数のクレジットカードがあります。どれがいいのか分からなくなってしまうことも多いですね。特に2枚持ち・3枚持ちで...

また、67枚のクレジットカードをお持ちで合計年会費が約130万円のプロ・菊地崇仁さんの「おすすめの若年層向けカード」はJCB CARD W、女性向けカードはJCB CARD W plus Lでした。

菊地崇仁さんとまつのすけ

JCB CARD W、JCB CARD W plus Lはクレジットカードのレジェンドも高く評価しているハイ・クオリティー・カードです。

インターネットの普及でオンラインで決済する頻度というのが日本中で高まっています。そうした情勢下、クレジットカードはもはやマス...

W plus Lは女性向けのJCBカード「JCB LINDA」と共通の女性向け特典を利用できます。

  • LINDAリーグ
  • LINDA MAIL
  • cinema LINDA
  • お守リンダ

国際ブランドの比較

AmazonカードはAmazonと三井住友カードが提携して発行しているクレジットカードです。国際ブランドはMastercardです。JCB CARD WはJCBのみです。

オリコカードザポイントはオリコカードが発行しており、決済ブランドはMastercard、JCBの2種類があります。日本で人気の国際ブランドを幅広くカバーしています。

JCB

JCBは日本発の国際ブランドということで、日本人として応援したいという方もいらっしゃるでしょう。

我々には当たり前となっていますが、実は自国内の企業が大々的なクレジットカードのインフラを担っているというのは世界有数で凄いことです。

あのプーチン氏が絶賛している程です。ロシアは経済制裁でアメックス・VISA・Mastercard・ダイナースクラブなど外国企業から取引が打ち切られると困り果ててしまいます。

しかし、日本の場合は仮にそうなったとしても、JCBがあるので国内の決済は混乱をきたすことなく経済活動が可能となります。

着物姿の女性

Mastercardは世界210カ国・4,330万ヶ所以上と、世界中で加盟店が多いのがメリットです。地球上で幅広く使える圧巻の決済力があります。

JCB・アメックス・ダイナースクラブは海外では使えない加盟店も多く、結局サブカードとしてVISAかMastercardを持たざるを得ません。

事実、クレジットカードの売上高の世界シェアは、Visaが56%で1位、Mastercardが26%で2位です(NILSON REPORT 2016年4月)。この2つで約82%と圧倒的なビッグ2となっています。飛車角です。

  1. Visa:56%
  2. Mastercard:26%
  3. UnionPay(銀聯):13%
  4. Amex:3%
  5. JCB:1%
  6. DinersClub/DISCOVER:1%

オリコはMastercardのプリンシプルメンバーでもあり、オリコカードザポイントは数あるMastercardの中でも、おすすめのマスターカードの筆頭に位置付けられるハイ・クオリティー・カードです。

まとめ

パソコンを見る人々

オリコカードザポイント、Amazon Mastercardクラシック、Amazon Mastercardゴールドのどれにしようか迷う方も多いと思います。

そこで、違いについて表にまとめました。

項目 オリコカードザポイント JCB CARD W Amazon クラシック Amazon ゴールド
申込可能年齢 18歳以上 18-39歳 18歳以上 18歳以上
年会費 無料 無料 年1回の利用で無料 4,320円で維持可能
Amazonプライム会員 3,900円 3,900円 3,900円 無料(プライム加入済みなら返金)
実質年会費 無料 無料 無料 420円(Amazonプライムを考慮)
入会ボーナス 最大8,000円分 最大11,000円分 2,000円分 3,000円分
還元率(Amazon.co.jp) 2.0% 2.0% 1.5% / 2% 2.0%
還元率(その他ネット通販) 2.0%~ 2.0%~ 1.0% 1.0%
還元率(一般加盟店) 1.0% 1.0% 1.0% 1.0%
還元率(特約店) 1.5%~ - - -
ポイント有効期間 1年 2年 最終利用日から1年 最終利用日から1年
問い合わせデスク オリコ JCB 三井住友カード フリーダイヤル(ゴールドデスク)
ショッピング保険 - 年間100万(海外) 年間100万まで 年間300万まで
空港ラウンジ - - -
海外旅行傷害保険 死亡・後遺障害 - 2,000万 - 5,000万(うち自動付帯1000万)
傷害治療 - 100万 - 300万
疾病治療 - 100万 - 300万
救援者費用 - 100万 - 500万
賠償費用 - 2,000万 - 5,000万
携行品損害 - 1旅行20万/年100万
(自己負担3000円)
- 50万(自己負担3000円)
国内旅行傷害保険 死亡・後遺障害 - - - 最高5,000万(うち自動付帯1000万)
入院費用 - - - 5,000円/日
手術費用 - - - 5万/10万/20万
通院費用 - - - 2,000円/日

Amazon Mastercardクラシックよりも、年会費完全無料のオリコカードザポイントの方が、ポイント還元率の側面ではお得です。

ただし、オリコカードのポイントは有効期限1年で交換作業が必要なのに対して、Amazonカードはポイント交換作業が不要で、有効期限が実質無期限なのがメリットです。

Amazon Mastercardゴールドは、年会費が4,320円(税込)で維持できて、Amazonプライム会員が無料で、Amazonでの還元率が2.5%なのがメリットです。

充実の旅行傷害保険、ショッピング保険、空港ラウンジというベネフィットも付帯します。

Amazonにはクレジットカードがあります。Amazon Mastercardクラシック、Amazon Mastercardゴールドの二種類です。Amazon Mastercardク...

総合的にはAmazon Mastercardクラシックは魅力は高くなく、JCB CARD W、オリコカードザポイントの方が魅力的です。

Amazon Mastercardゴールドはエッジが効いており、Amazonをよく利用していてプライム会員になる方ですと候補になるゴールドカードです。

Amazonプライム会員にならないのであれば、金銭面・還元面ではAmazonカードよりも、JCB CARD Wがおすすめです。

また、JCB CARD Wは年会費無料でAmazon以外でも便利で使いやすいお店で高還元なのがメリットです。

Amazonをよく使う方でもJCBオリジナルパートナーの対象店舗を利用する場合は、こちらの方がむしろお得になる方もいます。

JCB CARD W

無条件で年会費無料、基本還元率1%、その他JCBオリジナルシリーズパートナーで1.5%~5.5%の高還元と質実剛健です。

代表的な店舗はAmazon・セブンイレブンの2.0%、ENEOS・エッソ・モービル・ゼネラルの1.5%、スターバックスの5.5%などです。その他多数の特約店があります。

スターバックスをよく使う方や、スターバックカードへのチャージを行なっている方ですと日本最大級にお得です。

スターバックスの店舗スターバックスのアメリカーノとサンドイッチ、キッシュ

QUICPay(nanaco)を使うとセブンイレブンでは2.5%還元となり、なんとセブンカード・プラスを上回る屈指の高還元カードになります。

セブンイレブン

また、JCBオリジナルシリーズの頂点であり、ディズニー関連のオリジナル特典がプライスレスのJCB THE CLASSへの道が着実と開けるのが最大のメリットです。

JCB CARD Wというクレジットカードが2017年10月24日から募集開始しました。10代・20代・30代までの若年層が発行できるJCB ORIGINAL SE...

JCB CARD Wは39歳までしか発行できず、一度発行したら解約するまでずっと保有できます。

年齢が39歳364日までの方であれば、年会費完全無料なので発行しておくことをおすすめします。

JCB CARD Wは2019年3月31日(日)の入会まで、期間限定でお得な新規入会キャンペーンを行っています。

新規入会してキャンペーンに参加登録すると、最大10,000円分のプレゼントがあります。

  • 新規入会でもれなく2,000円分のJCBギフトカード
  • 家族カード新規入会で最大2,000円分のJCBギフトカード
  • カード入会後、お友達紹介で最大6,000円分のJCBギフトカード

家族カード入会・お友達紹介がなくても、2,000円分となるお得なキャンペーンです。

JCB CARD Wの公式キャンペーン

なお、クレジットカード2枚持ちを許容できるなら、それに加えてオリコカードザポイントの保有をおすすめします。

Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)

保有した状態でオリコモールを経由すると決済はオリコカードでなくても1.0%のオリコポイントが得られます。

オリコが発行している高還元率のクレジットカードがあります。「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)です。年会費無料、...

ポイント還元率が高くてコストパフォーマンスに秀でており、1番人気となっているオリコカードです。

クレジットカードの専門家・岩田昭男さん

クレジットカードの専門家・岩田昭男さんも、おすすめの「ネット通販でお得なカード」としてOrico Card THE POINTを挙げられていました。

世の中には膨大な数のクレジットカードがあります。どれがいいのか分からなくなってしまうことも多いですね。特に2枚持ち・3枚持ちで...

オリコモールを経由してJCB CARD WかAmazonカードで決済すると、屈指の高還元となります。

区分 JCB CARD W Amazon Mastercardクラシック Amazon Mastercardゴールド
各カードのポイント 2.0%のOki Dokiポイント 1.5%のAmazonポイント
(プライム会員なら2%)
2.5%のAmazonポイント
オリコカード ザポイント 1.0%のオリコポイント 1.0%のオリコポイント 1.0%のオリコポイント
合計還元率 3.0% 2.5%(プライム会員なら3%) 3.5%

クレジットカードが増えても良い場合は、JCB CARD W等とオリコカードザポイントの二刀流がお得です。

コンビニでのnanaco払いなら最大3.7%還元を達成可能

パソコンを見る女性

クレジットカードでチャージしたnanacoで、セブンイレブンでAmazonギフト券を購入すれば、最大で3.7%還元にすることが可能です。

事前に電子マネーのnanacoにチャージして、コンビニ払いにするという手間を許容できるなら、最高還元を実現することが可能です。

nanacoカード3枚

ちなみにnanacoはシールを貼って楽しむこともできます。友人のアーティストの絵のシールを貼っています!!

シールを貼ったnanacoカード

自分のAmazonギフト券残高に直接チャージするタイプのAmazonギフト券は、コンビニ・ATM・ネットバンキングで購入すると、最大で2.5%のAmazonポイントがボーナスで得られます。

1回あたりのチャージ金額 一般会員 Amazonプライム会員
1円以上5,000円未満 0.0% 0.0%
5,000円以上20,000円未満 0.5% 1.0%
20,000円以上40,000円未満 1.0% 1.5%
40,000円以上90,000円未満 1.5% 2.0%
90,000円以上 2.0% 2.5%

Amazonプライム会員の場合は一度に9万円以上Amazonギフト券を購入したら2.5%還元となり、それ以外の一般会員は2%です。

Amazonのアカウント開設から30日以内のチャージは対象外ですので、31日目以降にチャージしましょう。それ以降は上限がありません。

Amazonギフト券は有効期間が購入時から10年間となります。確実に消化できる分だけを購入しましょう。

最高還元となる9万円以上の購入がベストです。10年間で9万円くらいは使うという方が多いでしょうから、ハードルは高くありません。

Amazonギフト券は有効期限が1年から10年に伸びて、格段に使いやすくなりました。

2.5%よりも更に得するためには、Amazonギフト券の購入代金の支払い方法を、コンビニ払いにするのがポイントです。

セブンイレブン

そしてセブンイレブンで、クレジットカードでチャージしたnanacoで決済すると、nanacoチャージがポイント付与対象のクレカの場合は、クレジットチャージ時のポイントの分もお得になります。

  • nanacoチャージ時のポイント
  • Amazonギフト券購入時のAmazonポイント

現在は1.2%還元のリクルートカードがnanacoチャージでは最も高還元です。

年会費無料なのでnanacoチャージ専用のサブカードとして使いやすいのがメリットです。

ただし、2018年4月16日(月)からは、電子マネーチャージ利用分は、合計で月30,000円までがポイント付与の対象となりました。

JCB、VISAかMastercardの2枚持ちを行えば、3万円+3万円=月6万円まではOKとなります。リクルートに確認済みです。

1ヶ月間のサイクルは16日~翌月15日であり、集計期間内に売上データが到着した分で3万円が上限となるので、売上データが遅れるリスクを考慮すると早めのチャージが無難です。

リクルートカードは2018年4月15日(日)までは、電子マネーのチャージによって無制限に1.2%のPontaポイントを獲得できました。JCBはnan...

実際にJCBとMastercardの2枚のリクルートカードでnanacoチャージしたところ、月6万円(720ポイント)まではしっかりと獲得できました。

リクルートカードは年会費が無条件で無料、基本還元率1.2%、1枚あたり月3万円までは電子マネーチャージでポイント付与が魅力的なクレ...

nanacoチャージで貯まるリクルートポイントじゃらんホットペッパーグルメ、ポンパレモール、ホットペッパーティーなどのリクルートのサービスで、1ポイント1円で使えます。

また、リクルートポイントはPontaポイントと1ポイント単位で等価交換(1対1)が可能です。しかもリアルタイムに交換できます。

Pontaポイントはローソン、大戸屋、ビックカメラ、ケンタッキー、GEO、昭和シェル石油、ビックカメラ、ピザハット、HMVなどにて1ポイント1円で使えるので便利です。

ジャンル店舗名
コンビニ・スーパーローソン、ローソンストア100、ローソンマート、ライフ(限定10店舗)
通販・ネットショッピングサンプル百貨店、コジマ通信販売、つなごうモール、net price、Pet ponta.jp、HMV、ローソンフレッシュ、エルパカBOOKS、Loppi
グルメ・飲食大戸屋、ケンタッキーフライドチキン、ピザハット(オンライン限定)
ドラッグストアトモズ、アメリカンファーマシー、カツマタ、インクローバー
家電ビックカメラ
トラベル・宿泊じゃらん、京阪グループホテル、JAL ABC、ルートインホテルズ
カーサービス昭和シェル石油、オリックスレンタカー
ファッション・生活雑貨・美容AOKI、サムソナイト、ジャンブルストア、セカンドストリート
医療・保険Dental Ponta
エンタメ・本ゲオ、ゲオ宅配DVDレンタル、ゲオ動画、HMV、三洋堂書店、アイ・エム・エス、カラオケ本舗 まねきねこ、EMTG、セガ
スポーツ・アウトドアゴルフダイジェスト・オンライン、ビーアンドディー、ヒマラヤ

JALマイルにも2ポイント1マイルのレートで、2ポイント単位で細かく交換できます。Pontaポイントについては以下で徹底解説しています。

Ponta(ポンタ)という大手共通ポイントサービスがあります。Tポイント、楽天スーパーポイントと並ぶ日本三大共通ポイントの一角です。P...

ポンタは普通に使うと1ポイント1円ですが、ローソンの「Loppiお試し引換券」を使うと、10~330ポイントで多種多様な商品と代えられます。

Loppiお試し引き換えで交換したプレミアムビール

これでPontaを使うと、1ポイント1.5~3円のお得なレートでお菓子・飲み物・酒類などに交換できます。詳しくは以下のエントリーにまとめました。

Loppiお試し引換券(ロッピーお試し引換券)とは、ローソンの店頭にある端末「Loppi」で、Pontaポイントと多様な商品を交換できる制度...

つまり、リクルートカードの実質的な還元率は1.8%~3.6%に昇華します。

nanacoチャージには、年会費無料で還元率1.2%(JALマイルなら0.6%)リクルートカードがおすすめです。

メインカードは他にあり、サブカードとしてnanacoチャージに利用する際に便利です。小口のポイントを確実に消化できるのが嬉しいですね。

その他、リクルートカードの詳細については、以下で精緻に分析しています。

リクルートのクレジットカードは2種類ありました。年会費無料のリクルートカードと、年会費はかかるけど還元率が高いリクルートカード...

実際に発行して使い倒したところ、日々のお買い物や電子マネーチャージでザクザクとポイントを得られました。

リクルートのクレジットカード「リクルートカード」は、良い評判と悪い評判に分かれています。リクルートカードを作成してから約5年、...

活用していくと家計が頑健化します。日々の生活を豊かに彩ることができます。

クレジットカードの専門家・岩田昭男さん

クレジットカードの専門家・岩田昭男さんも、おすすめの「高還元カード」としてリクルートカードを挙げられていました。

世の中には膨大な数のクレジットカードがあります。どれがいいのか分からなくなってしまうことも多いですね。特に2枚持ち・3枚持ちで...

また、67枚のクレジットカードをお持ちで合計年会費が約130万円のプロ・菊地崇仁さんは、電子マネーチャージにおすすめのカードとしてリクルートカードを挙げていらっしゃいました。

菊地崇仁さんとまつのすけ

リクルートカードはクレジットカードのレジェンドも高く評価しているハイ・クオリティー・カードです。

インターネットの普及でオンラインで決済する頻度というのが日本中で高まっています。そうした情勢下、クレジットカードはもはやマス...

リクルートカードでチャージしたnanaco払いで、コンビニ払いでAmazonギフト券を購入すると、エクセレントな還元率でパワフルです。

最大2.5%のAmazonポイントと1.2%のリクルートポイントを二重取りでき、合計で3.7%還元とファンタスティックになります。

将棋において飛車だけよりは、飛車・角の方が強いのと同様に、お得な仕組みも一つだけよりは二つが嬉しいですね。

Amazonギフト券をコンビニ払いで購入して、セブン-イレブンでリクルートカードでチャージしたnanacoで支払うことで、リクルートカードはAmazonでのお買い物も、Amazonカードを上回る高還元となります。

1回あたりのチャージ金額 Amazonギフト券購入時還元率
(Amazonプライム会員の場合)
nanacoチャージ時の還元率 合計還元率
(Amazonプライム会員)
1円以上5,000円未満 0.0% 1.2% 1.2%
5,000円以上20,000円未満 0.5%(1.0%) 1.2% 1.7%(2.2%)
20,000円以上40,000円未満 1.0%(1.5%) 1.2% 2.2%(2.7%)
40,000円以上90,000円未満 1.5%(2.0%) 1.2% 2.7%(3.2%)
90,000円以上 2.0%(2.5%) 1.2% 3.2%(3.7%)

リクルートカードは年会費が無条件で無料なので、nanacoチャージ用のサブカードとして使いやすいです。数千円相当のポイントが貯まるお得なキャンペーンも魅力的です。

リクルートカード 公式キャンペーン

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-三井住友カード, JCBカード, クレジットカード, オリコカード

Copyright© The Goal , 2018 All Rights Reserved.