カフェSignで2杯目のドリンクが無料!Luxury Cardには日常使いに便利な優待特典も

更新日: ラグジュアリーカード

ラグジュアリーカード(ゴールドカード)

Mastercard最上級のワールドエリートであるラグジュアリーカードには、多種多様な特典が付帯しています。

ダイニング関連特典も充実しており、長らくグルメ関連では定評があるダイナースにもない目新しいベネフィットも付帯しています。

その中の一つにカフェ・バー優待もあり、高い価格帯の特典だけではなく、日常使いにおいて実用的な内容となっています。

ラグジュアリーカードを持っていると、カフェSignで2杯目のドリンクが無料となります。

Mastercard Gold Card、Mastercard Black Card、Mastercard Titanium Cardの3種類のいずれも対象です。

Signは“すべては待ち合わせを快適なものにするために”というコンセプトでデザインされた洗練されたカフェです。

Sign ALLDAY(代官山店)がラグジュアリーカードの優待対象となっています。

以前はSign 立川店、Sign 五反田店も対象でしたが、現在は対象外となりました。外苑前店は閉店しました。

使い方は簡単です。会計時にラグジュアリーカードモバイルアプリ(iPhone等のiOSAndroid)で特典クーポンを表示させて、店舗スタッフにクーポン画面を見せるだけです。

会員アプリ起動後、下部の「Tickets」を選択すると、signへのリンクが出てきます。

ラグジュアリーカード公式アプリトップページ

ラグジュアリーカード公式アプリのチケット画面

タップすると優待画面が出るので、スタッフに提示すればOKです。

「使う」という背景が黒い部分を右から左にスライドすると、使用済みとなります。スタッフが使い方をわからない場合はそのように伝えましょう。

signのアプリ

電話で予約する際には事前に「ラグジュアリーカード優待プラン」の利用であることをスタッフに伝えておくとスムーズです。

ラグジュアリーカード会員(本会員・家族カード会員)だけではなく、同伴者1名も対象となります。1日1回利用できるので、最大で年365回使えます。

ソフトドリンクだけではなく、アルコールも対象なのがナイスです。1杯700円程度するので、同伴者1名と合わせると最大で1日約1,400円相当となります。

365日毎日利用すると511,000円相当となり、チタンカードの年会費の約9.46倍、ブラックカードの約4.73倍、ゴールドカードの約2.37倍となります。

笑顔の男女

さすがにこれは非現実的ですけれども、お店が近くにある場合で定期的に利用する場合はオトクな特典ですね。

支払いはラグジュアリーカードとなります。ラグジュアリーカードのアプリを使い、支払いはポイント還元率が高いダイナースプレミアムはNGです。

1杯目と2杯目で異なるドリンクを注文した場合は、料金が高い方のドリンクが支払い対象となります。

イベント等開催の場合は利用できない場合があります。その他の割引や優待(チケット券)などとの併用はできません。

とはいえ、4店舗を検索したところ、以前対象だったSign 外苑前店のみ夜間はホットペッパーグルメの10%OFFクーポン等がありましたが、それ以外の店舗はネットではクーポンはありません。

また、ランチタイムのドリンク割引は、公開されている割引・優待はありませんので、ラグジュアリーカードの特典には着実なメリットがあります。

signは食事が充実しているスターバックスのようなカフェであり、外観もオシャレでした。

sign

ハンバーガー、オムライス、パスタ、サンドウィッチ、バターチキンカレー、タコライス、パンケーキ、パフェ、アイスなど多様な食品・スイーツがありました。平日ランチもあります。

ランチは900円~1,100円程度なので日常的に使いやすいです。

signのランチメニュー・アフタヌーンティー

4月はスプリングピクニックフェアを開催しており、限定メニューが光臨していました。テイクアウトもOKです。

桜のレモネード(650円)、イエロースムージー(800円)、サーモンと菜の花新ゴボウの桜香るサンドウィッチ(800円)、パストラミビーフとクレソン新じゃがいものわさび香るサンドウィッチ(800円)がありました。

signのピクニックフェア

「SWEETS COLLECITON」には、クラシックパンケーキ メープル、チョコレートパンケーキ with バナナ、ベリーパンケーキ with ミックスベリーソース、グリーンパンケーキ トマトバジルソース(650-680円)がありました。

パンケーキにはトッピングでキャラメリゼ(+50円)、ホイップ増量(+100円)、バニラアイス(+100円)を添えることが可能です。

季節のフルーツ&ブラウニーパフェ(650円)も美味しかったです。

signのスイートコレクション

内観はウッディな色合いで落ち着いた雰囲気です。やはり木の色というのは無難ですね。

signの店内

ソファー席にはクッションも置いてあります。

signのソファー席

春の時期ということで、限定メニューのサーモンと菜の花新ゴボウの桜香るサンドウィッチセットを食べました。

signのサーモンと菜の花新ゴボウの桜香るサンドウィッチセット

ポテトフライが戦闘力が高かったです。たまに食べると異様に美味しいですね。サンドウィッチは野菜が豊富で健康的でした。

signのサーモンと菜の花新ゴボウの桜香るサンドウィッチ

暖かい陽気になってくるとアイスコーヒーが美味しくなります。味は無難に満足できる水準です。

signのアイスコーヒー

ランチを食べた時はコーヒーとグレープフルーツジュースという組み合わせもできます。

signのグレープフルーツジュース

以下はグリーンパンケーキ トマトバジルソースにバニラアイス添えです。甘くないホットケーキという新機軸です。

signのグリーンパンケーキ トマトバジルソース

ほうれん草を織り込み、バジル・トマトソース・ズッキーニを添えた甘じょっぱいサラダパンケーキとなっています。

ベリーパンケーキは甘酸っぱいイチゴ、ブルーベリーとパンケーキの甘みが調和していました。

カフェsignのベリーパンケーキ

パンケーキはフッワフワで上品な味わいでナイスでした。サンドウィッチよりもパンケーキの方が圧倒的にナイスでした。

マロンアイスは栗がゴロゴロ入っていて美味しかったです。暑いとアイスが食べたくなる性分です。

signのマロンアイス

スイーツとコーヒーは男女のように相性が抜群で、甘いものと一緒に飲むコーヒーは至高です。個人的にはミスター・カフェインを自認しているコーヒー好きで、2杯飲めるというのは嬉しいです。

コーヒーは体に悪いという説は完全無視して、1日3杯以上コーヒーを飲む人は長寿やガンのリスクが減るという説だけを信じていますヽ(´ー`)ノ

signのホットコーヒー

アイスのアールグレイティーも美味しかったです。飲みやすくてゴクゴク飲みました。

カフェsignのアールグレイティー

季節野菜カレーに豪華にハンバーグとフライエッグをトッピングしたことも!

signの季節野菜カレー・ハンバーグとフライエッグのトッピング

アイスコーヒーがめっちゃ美味しかったです。2杯目無料は特に夏期や、お酒を飲む夜はありがたいです。

signのアイスコーヒー

代官山のSING ALL DAYでは、3種類のデリを食べことがあります。

SIGN ALLDAYSIGN ALLDAYSのテーブル

チキン、冬野菜、柿と大根のさっぱりサラダはいずれも美味しかったです。SIGNは料理のクオリティが良好です。

SIGN ALLDAYの3種類のデリ

signは休憩に便利なカフェですし、特にパンケーキはナイスです。この他、ハンバーガーやオムライスも美味しそうで今後食べようと思っています。

ドリンクが2杯目無料というのは着実なメリットです。

ラグジュアリーカードは人生がもっと楽しくなる特典が満載であり、新しい地平へ雄飛できる機会を手に入れられます。一度使ったらもう手放せません。

ラグジュアリーカードのブラックカードとゴールドカード

私は入会前と入会後では、生活の豊かさが圧倒的に変わりました。サービスを利用したり、イベントに参加することで、それまでになかった体験が可能になっています。

本物の高貴なクレジットカードであり、珠玉のベネフィットの良さには、ただもう溜息をつくばかりです。人類垂涎の至高の芸術作品といっても過言ではありません。

3種類のラグジュアリーカード

特典・カードの材質に徹底的にこだわっており、魅力的なクレカになっています。「神は細部に宿る」を体現するクレジットカードです。

ラグジュアリー・リムジン、ラグジュアリー・アップグレードといったゴージャスなダイニング特典が付帯しています。

ラグジュアリーカードはダイニング特典が充実しており、ダイナースやアメックスにもないサービスが充実しています。その中でも至高の...
ラグジュアリーカードはダイニング特典が充実しており、ダイナースやアメックスにもないサービスが充実しています。その中の一つが「L...

銀座小十などの高級店でリムジン送迎サービスを使えて、卓越したホスピタリティで快適に帰宅できます。

ラグジュアリーソーシャルアワーではリーズナブルな料金でワイン等を堪能でき、コース料理1名分無料サービスのLuxury Diningもあります。

以前にはレーシングドライバーのレジェンド、佐藤琢磨さんにラグジュアリーカードの魅力について聞きました!

金属製の上級の質感が人気のラグジュアリーカードには、Luxury Social Hour(ラグジュアリーソーシャルアワー)という特典があります...

ラグジュアリーカードは金属製デザインと構造で特許を取得した技術が用いられている金属製クレジットカードです。

ラグジュアリーカード(チタンカード)

「ブラックカード」の商標も保有しており、金属プレートの加工はNASAに技術を提供している会社が行なっています。

ゴールドカードはアカデミー賞のオスカー像を作っている金属会社が作成しており、傑出したクオリティです。美しいゴールドを作れる会社として定評がある企業がハイ・クオリティーのカードを生産しています。

純金コーティングの素材力を遺憾なく発揮しており、光に反射してキラキラと輝いてゴージャスです。光の当たり具合で表情が変化してラグジュアリーです。

ラグジュアリーカード(ゴールドカード)お財布の中で光り輝くラグジュアリーカード(ゴールドカード)

ブラックカード以上のラグジュアリーカードのコンシェルジュは、メールでの依頼が可能である点にエッジ・優位性があります。

プラチナカード・ブラックカードに定番のサービスが「コンシェルジュ」です。基本的には電話でのやり取りとなります。回答はメールOK...

実際に多様な案件を依頼したところ、ラグジュアリーカードのコンシェルジュには大満足でした。他のプラチナカード・ブラックカードと比較して秀逸です。

ラグジュアリーカードには、24時間365日対応のコンシェルジュがあります。「Luxury Card Concierge」という名前です。ブラックカード...

ラグジュアリーカードのコンシェルジュのメール対応については、クレジットカードの専門家・菊地崇仁さんも高く評価しています。

プラチナカード、ブラックカードならではのサービスとして、コンシェルジュがあります。ただし、今ひとつ何を頼めるのか、わからない...

クレジットカードの専門家・岩田昭男さんも、Mastercard Titanium cardを「尊敬の念を感じる」と言わせるカードと高く評価しています。

なんと最新クレジットカード&電子マネー&ポイント攻略ガイドで、「今持つべき最旬カード」第1位に選定されています。

クレジットカードの専門家・岩田昭男さん

プライオリティパスVIP HOTEL & TRAVELThe Ryokan CollectionCLASS ONE名医紹介サービス往復3個の手荷物無料宅配などトラベル特典も充実しています。

TOHOシネマズの映画館無料特典をフル活用する場合は、年会費を上回るお得さがある稀有な高級カードです。使わなくてもお得なクレジットカード年会費を取り戻せるプラチナカードの筆頭です。

クレジットカードの専門家・菊地崇仁さん

Luxury CardのTOHOシネマズの無料特典に関しては、クレジットカード界のレジェンドであり、キャッシュレス決済のカリスマ・菊地崇仁さんも絶賛しています。

ラグジュアリーカードはクレジットカードのレジェンドも高く評価しているハイ・クオリティー・カードです。

インターネットの普及でオンラインで決済する頻度というのが日本中で高まっています。そうした情勢下、クレジットカードはもはやマス...

2017年11月からは法人代表者・個人事業主向けのビジネスカードも登場しました。

ラグジュアリーカード(LUXURY CARD)は、2017年11月から法人カード、個人事業主向けのビジネスカードの発行を開始しました。「法人口...

その他、新生銀行のプラチナ会員国立美術館LUXURY MAGAZINEカフェワインバー優待、シャンパンボトル1本無料優待プライベートジム優待EARTH家事代行フラワーギフトなど充実の特典があります。

ブラックカード以上だとハワイアン航空の上級会員資格、名医紹介サービスウェルカムギフトも利用できます。

その他、ラグジュアリーカードの特徴、3種類のカードの比較については、以下で徹底的に解説しています。

新生銀行グループのアプラスは「Luxury Card」(ラグジュアリーカード)を発行しています。富裕層向けクレジットカード会社「Black Card...
「Luxury Card」(ラグジュアリーカード)というクレジットカードがあります。特許技術による金属製、Mastercard最上級の「ワールドエリ...

ラグジュアリーカードを実際に使ってみた感想については、以下にまとめています。総合的に大満足のステータスカードでした。

ラグジュアリーカード(Luxury Card)というクレジットカードが日本に上陸して、金属製のMastercardのワールドエリートであることから...

以前にラグジュアリーカード日本支社の林 ハミルトン 代表取締役社長に取材しました。充実の特典、イベントなど、Luxury Cardについて色々と聞き倒しています!

ラグジュアリーカードというMastercard最上級のワールドエリート・マスターカードがあります。彗星のごとく現れて日本でも一気にアメ...

実際に使ってみて年会費を上回る価値があると確信しています。ラグジュアリーカードがある生活は優美でエレガントです。

ブラックカードは、マットな質実剛健さがスラムダンクのように力強く、蝶のように舞い蜂のように刺す「黒のカリスマ」です。

ラグジュアリーカード(ブラックカード)

まさに「溢れる生命力と優雅さが調和」「最高のバリューの結晶」と評価できるハイ・クオリティー・カードです。バリューの雨を降らせるレインメーカーといっても過言ではありません。

MastercardのWorld Eliteのステータス、豊富な各種特典、上質の素材に魅力を感じる方にとって、ラグジュアリーカードは有力候補となります。金属製のクレジットカードは稀有でエッジ・優位性があります。

ゴールドカードは、個人用カードについてはインビテーション制ですが、ビジネスカードだといきなり24金のゴールドカードに申し込めます。

レストランでの食事後に送迎車で帰宅できる独自特典を利用したい場合、交通事故傷害保険(賠償責任保険付き)、美術館の企画展・常設展、24金仕上げの素材などを重視する場合などは、ゴールドカードが候補となります。

ラグジュアリーカード(ゴールドカード)

ラグジュアリーカードのページにアクセスして、「Mastercard Gold Card」の下の「お申し込み」ボタンを選択します。

ラグジュアリーカードのビジネスカードの申し込みページ

そして、「ご招待制となっております」の下にある「法人のお客様(個人事業主・法人代表者)」を選択しましょう。

ラグジュアリーカード(ゴールド)のビジネスカードの申込画面

法人だけではなく個人事業主でもOKです。サラリーマンでも「個人事業主」として申し込むという選択肢もあります。

ラグジュアリーカード 公式サイト

  • この記事を書いた人

まつのすけ

14年に渡ってクレカ・電子マネー等のキャッシュレス決済を探求。日本のキャッシュレス化に貢献することが目標です。55枚のクレジットカードを保有し、支払年会費の総額は113万円。実生活において徹底的に活用した経験を活かして、記事を執筆しております。

-ラグジュアリーカード

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.