The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

ラグジュアリーカードの審査を徹底解説!基準は厳しい?20代・年収500万円台は?

バーのテーブルに置くラグジュアリーカード(ゴールドカード)

ラグジュアリーカードというクレジットカードがあります。Black Card Iと新生銀行グループのアプラスが提携して発行しています。

Luxury Cardはアメックス・ゴールドと比較すると審査基準の難易度は高いものの、2018年においては世帯主に定期的な収入があれば審査に通過した事例は数多くあります。

気になる年収の基準は、私の知り合いで500万円台で通過した例があり、500万円以上なら問題なく通過します。

消費者金融や銀行カードローンの利用履歴があっても審査に通ったケースがあります。

年齢の側面では30代以上という条件はなく、知り合いの20代も発行できました。20歳以上なら問題ありません。

ラグジュアリーカードの審査基準、審査に通った具体的事例について徹底的に解説します。


ラグジュアリーカードの審査基準

ビジネスの審査・確認

ラグジュアリーカードは富裕層に好まれているクレジットカードで、ステータスカードの代名詞となっています。

アメリカでは、ラグジュアリーカードの保有者の平均年収は約42万ドルとなっています。円換算の年収額は為替レートによって変化します。下表のとおりです。

ドル円
(USD/JPY)
平均年収ドル円
(USD/JPY)
平均年収
75.03150万円107.54515万円
77.53255万円110.04620万円
80.03360万円112.54725万円
82.53465万円115.04830万円
85.03570万円117.54935万円
87.53675万円120.05040万円
90.03780万円122.55145万円
92.53885万円125.05250万円
95.03990万円127.55355万円
97.54095万円130.05460万円
100.04200万円132.55565万円
102.54305万円135.05670万円
105.04410万円137.55775万円

2018年1月1日現在の約112.5ドルで換算すると約4725万円となっています。大きな数字ですね。

こういうデータを目の当たりにすると、年収が大きくない一般的なサラリーマン・OL等の会社員、個人事業主、中小企業経営社は審査に通過するかどうか不安を覚える方もいらっしゃるでしょう。

しかし、ご心配は無用です。楽天カード、Yahoo! JAPANカード、アコムACマスターカード等と比較すると審査は厳しいですけれども、決して審査基準のハードルは高くありません。

ハイタッチする外国人ビジネスパーソン

勤務先については一般的なクレジットカード会社と同様に、日本中の企業を登録している信用調査会社「帝国データバンク」のデータベースで確認していると思われます。

帝国データバンクに登録すらされていないような小さい会社の場合は審査のハードルが上がりますが、それでも突破例はあります。

実際に社員1名・設立1年3ヶ月の零細企業の方が、ラグジュアリーカードの審査に通過した実例があるので間違いありません。

年齢は30代はもちろん、20代でも問題なく発行可能です。知り合いが通過しました。

葉っぱの上に置いたラグジュアリーカード(ブラックカード)

現在はWebやアプリ関連の開発・サービス事業、YouTuber等で若くても収入・資産が大きい方は増えています。

ラグジュアリーカードはそのような情勢に機敏に対応しており、20歳以上ならOKという運用となっています。

正社員や公務員だけではなく、個人事業主、帝国データバンクに登録すらされていない零細企業勤務でも問題なく通ります。

年収がない専業主婦は、世帯が同一の配偶者や親などに収入があったとしても、本会員カードは原則として作成できません。

配偶者や親の家族カードは持てるので、収入がある世帯主に本会員カードに申し込んでもらい、家族カードを発行しましょう。

家族

日本のラグジュアリーカードの入会申込書の記入例では、年収の欄が2000万円となっているものの、『収入のない方は、「0」をご記入ください。』とも書かれています。

ラグジュアリーカードの申込用紙(年収の例と注意書き)

著名な富裕層、社会的地位が高い方の配偶者など、例外的に収入がなくても発行できる可能性はゼロではありません。しかし、原則としてNGです。

年収の側面では知り合いが500万円台で突破した事例があり、500万円以上なら問題なく通過する運用となっています。

仮に500万円台ならOKだと、2017年半ばまでのダイナースクラブカードと同じ審査基準となっています。2019年現在では400万円台でも通過事例がなっています。

年金生活者の場合でも、年収が500万円台なら審査に通過する可能性があります。実際に年金受給者で突破事例があります。

一般的な会社員でも年収500万円以上という方は多いので、ラグジュアリーカードの間口は決して狭いわけではありません。

4名のビジネスパーソン

専業投資家で毎年安定的に利益を出している場合は、職業欄に「ファイナンシャル・プランナー」と記入するというストラテジーが有効なクレジットカード会社があります。

日本の法令上はFP資格がない場合でも名乗って問題なく、組織に属していない独立系FPということで嘘や間違いはありません。

ただし、絶対的な年収額ではなく、安定収入が重視されるので、勤務先住所が居住用の住宅で、仕事の実態が外部から見えにくい場合は審査のハードルが上がります。

年収数千万円・資産数億円の個人投資家が審査に落ちている事例が多数見受けられます。

勤務先の在籍確認の電話連絡があった場合は、申込の際に入力・記入した情報と違うことを言うのは慎みましょう。虚偽申告をしたと判断されたら審査に落ちます。

消費者金融の利用履歴があっても返済が完了していたら審査を通過します。私は投資関連で資金繰りが綱渡りになることがあり、時折カードローンを利用します。

キャッシング・カードローンのカード類

論より証拠として、アコム等の利用履歴がある状態でも、私はラグジュアリーカードの審査に通過しました。以下はCICに登録されている私の信用情報です。

アコムの信用情報

たとえ消費者金融の利用履歴があったとしても、迅速に返済して残債額が0円であれば、問題なくラグジュアリーカードの審査は通過します。

ラグジュアリーカード(ゴールドカード)の箱を開けたところ

もちろん、住宅ローンの残高があったとしても、支払い遅延がなかったら全く問題ありません。

LUXURY CARDの審査の特徴

ラグジュアリーカード (チタンカード)

ラグジュアリーカードは「Black Card」社の日本法人であるBlack Card I株式会社がプロデュースしており、アプラスがカード発行・管理等の業務を担当しています。

アプラスは新生銀行グループのクレジットカード会社であり、黒衣の役割を担っています。アプラスは高級カードの黒子役を得意としており、他にはポルシェカード等でも同様の役割を果たしています。

したがって、過去にアプラスのクレジットカード、各種ローンで支払い遅延を起こしていた場合は審査のハードルが上がると思います。

また、アプラスに限らず信用情報機関に事故情報が登録されている場合は、審査落ちするリスクが高いです。

ラグジュアリーカード(ブラックカード)

なお、ラグジュアリーカードは定期的に途上与信を行っています。危なそうな顧客に対しては契約打ち切りの措置を採ってカードを使えなくしてしまいます。

まれに「ラグジュアリーカードを突然解約された、使えなくなった」といった評判・口コミがあります。これは途上与信で引っかかって強制解約となった事例の可能性が高いです。

ユーザーからすると切ない話です。他方、ラグジュアリーカード側に立つと途上与信で貸し倒れリスクを未然に防止できるので、損失が発生する可能性を居力抑えていることにつながっています。

ラグジュアリーカード (ブラックカード)

ラグジュアリーカードの審査の特徴は、信用情報機関でのクレジット・ヒストリーが重視される点です。

年代は20代、年収は500万円台で通過した例があります。職業は自営業、自由業はもちろん、年金受給者でも審査を突破した例があります。

したがって、ほしいけれども尻込みしている方は、一度お申込みされるのをおすすめします。20代でも遠慮する必要はありません。

自分か世帯主に実体が見えやすい勤務先があり、年収500万円以上の定期的収入がある場合、すんなりと通る可能性があります。

落ちた場合のデメリットは、信用情報機関にクレカ申込1件という記録が残るだけです。以下は私がラグジュアリーカードに申し込んだという情報です。

スクリーンショット 2017-07-08 18.35.44

これは申し込んだ事実を示すだけの情報です。半年経ったら消えますし、落ちてしまってもデメリットはほとんどないと考えます。

ちなみにラグジュアリーカードよりも圧倒的に審査に通りやすいクレジットカードがあります。アメックス、ニッセンのマジカルクラブTカードJCBです。

アメックスは利用限度額をフレキシブルに設定しているのが特徴であり、利用限度額10万円といった設定が行われています。

アメリカン・エキスプレス・カードというクレジットカードがあります。愛称はアメックスです。世界的に高いステータスを誇るステータ...

マジカルクラブTカードJCBは利用限度額3万円や5万円といった、他のクレジットカードには存在していない戦慄的な上限枠設定があるので、貸し倒れた際の損失が著しく低いことから、審査が格段に緩くなっています。

マジカルクラブTカードJCBというクレジットカードがあります。ニッセンでのお買い物が2.5%還元となる点にエッジ・優位性があります。...

ラグジュアリーカードの審査に落ちたケース

ショックで困っている女性

いくらラグジュアリーカードは審査が緩いとはいっても、審査に落ちたケースもあります。直近に支払い遅延がある場合が代表例です。

ラグジュアリーカードの審査に落ちたケースというのは、以下のようなケースとなっています。

  • 勤務先住所にオフィスの実態がない
  • かかってきた電話を取らずにコールバックもしない
  • 直近2年以内(24回以内)に支払い遅延あり
  • 過去にアプラスで支払い遅延の実績あり
  • 直近でクレカ・消費者金融・カードローンに多重申込

ラグジュアリーカードに申し込むと、確認の電話がかかってくる場合があります。

アプラスからの電話を全く取らず、折り返しの電話を入れないと審査に落ちてしまいます。

電話が一切なく審査に通過する場合もあります。私のケースではありませんでした。

オペレーター

注意点としては携帯電話しか持っていない場合で、「アドレス帳に登録している電話番号以外からは着信拒否」という設定を行っているケースです。

この場合、アプラスの審査部門からの電話が着信拒否になってしまうので、必然的に審査にも落ちてしまいます。ラグジュアリーカード申込後は一時的にセキュリティ設定を解除しましょう。

また、直近2年以内(24回以内)に支払い遅延があると、審査が格段に厳しくなります。

信用情報機関にはカード利用額をしっかりと返済しているか否かが登録されています。一例として以下はCICに登録されている信用情報です。私の信用情報は配偶者名が空欄ですヽ(´ー`)ノ

CICの信用情報(入金状況)の抜粋

「$」はしっかりと支払っており、「-」は支払いがなかったことであり、空欄はカード会社が何も信用情報機関に登録しなかったことを示しています。

ここに以下のマークが付帯されていると、ラグジュアリーカードの審査が格段に厳しくなります。

  • P:請求額の一部が入金
  • R:本人以外から入金
  • A:本人の責に帰する事情で未入金
  • B:本人とは無関係の事情で未入金
  • C:未入金で原因不明

特にマイナス評価なのが「A」です。これは銀行口座に残高不足だったりすることによる支払い遅延ですので、最もクレジットカード会社が嫌気する属性となります。

Aがあったらラグジュアリーカードの審査に落ちるリスクが高くなります。利用していないと情報が更新されない場合があるので、万が一「A」があったら、とにかくそのカードを毎月利用しましょう。

24ヶ月利用して入金したら24個の「$」が並び、無事「A」が消え去ります

なお、信用情報機関への登録は情状酌量があり、銀行口座引き落としエラーがあったら即座に登録されるわけではありません。

1回の遅延では登録されないことが大多数です。口座引き落としエラーになったら、ハガキや電話などでクレジットカード会社から連絡があるので、その期限までにコンビニ店頭や振込みなどで支払いましょう。

スマホを見る女性

余談ですが、私は過去アメックス、P-oneカード、セゾンカード、ライフカードでうっかりミスがありました。

P-oneカード、ライフカードはうっかり証券会社に全額入金して銀行口座がほぼ0円だったことによる引落しエラーでした。

アメックスとセゾンカードは初回の口座引き落とし設定が間に合わなくて振り込む必要があったのに、引落し設定が完了していると勘違いしていたことによるエラーでした。

4社の対応はアメックスが抜群に良好でした。社員の方が「申し訳ありません。初回の設定が間に合わなかったようでして、その分は来月の引落し額と合算されるので、銀行口座に入金しておいてください。」とわざわざ電話してくれました。

コールセンターのオペレーターの女性

次はP-oneカードでした。ハガキが届いて、この期限までにコンビニ等で入金お願いしますというマイルドな文言で、期限にも余裕があるものでした。

今ひとつだったのはクレディセゾンとライフカードです。「早く入金してください。払わないと法的措置に移行する」のような高圧的な文言の支払督促のハガキが届きました。

しかも支払期限が非常に短く、うっかり旅行や出張などで郵便物を溜めて見ていなかったら、余裕の爆速で期限を超過しかねない短さでした。ただし、悪いのは私でしたので、即座に入金しました。

審査は通常数日~1週間

皿の横に置いたラグジュアリーカード(チタンカード)

ラグジュアリーカードの審査は、申し込みから1週間程度で結果が出ます。

既存のアプラスのカードユーザーでしっかりとカードを利用している場合は、その信頼があるので、ラグジュアリーカードの審査も、通過しやすくなります。

非公開企業でラグジュアリーカード側に会社の情報がない場合、まだアプラスのクレカを1枚も持っていない場合、過去に事故歴がある場合は審査に時間がかかります。

それでも数日~1週間ほどで審査結果がメールで届きます。

ラグジュアリーカードの発行・管理業務を担当しているアプラスから、「NETstation APLUSの会員登録完了のお知らせ」というメールが届きました。

NETstationAPLUSの会員登録完了のお知らせ

これが届けば審査通過と同義です。後日、郵送でも案内が届きます。

ラグジュアリーカードは金属製のクレジットカードであり、カード情報の刻印などには時間がかかります。

オンラインでのカード申込から自宅にカードが届くまでは、私は約3週間程度でした。

年末年始やゴールデンウィークなどの連休が重なる場合、審査状況、配送地域によっては長くなることがあります。

ビジネスカードの審査も個人用カードと同一

Mastercard Black Card(ラグジュアリーカード・ブラック)ビジネス

2017年11月からは法人代表者・個人事業主向けのビジネスカードも登場しました。

経費処理が可能で、法人口座・屋号付き口座での引落しが可能です。年会費は経費にもなります。

優待・サービスは個人向けラグジュアリーカードと同一です。法人代表者・個人事業主向けのビジネスカードも、審査基準は同じで個人に対して与信されます。

追加する場合はビジネスカードの新規申込の手続きを行うことになります。再度の審査は発生します。

個人用カードを持っている方が切り替えたい場合は、カード切替の手続きをすることになります。

ビビジネスカードの場合、チタンカードとブラックカードだけではなく、個人用カードはインビテーション制のゴールドカード(Mastercard Gold Card)も自己申し込みが可能となっています。

ラグジュアリーカードのビジネスカードの詳細、個人用カードとの相違点については、以下にまとめています。

ラグジュアリーカード(LUXURY CARD)は、2017年11月から法人カード、個人事業主向けのビジネスカードの発行を開始しました。「法人口...

実際にMastercard Black Cardのビジネスカードを発行したところ、アメックス・ビジネス・プラチナ、ダイナースプレミアムのビジネスアカウントカードに勝るとも劣らぬカッコ良さでした。

ラグジュアリーカード(ブラック)とアメックス・ビジネス・プラチナラグジュアリーカード(ブラック)とダイナースプレミアムのビジネスアカウントカード

まとめ

3種類のラグジュアリーカード

ラグジュアリーカードの審査基準は、クレジットカードの中では厳しめですが、多くの方は発行が可能です。

過去のクレジットヒストリーが良好で、実体的な勤務先があり、継続的・安定的な収入が家族にあれば審査の難易度は高くありません。

  • 年収:500万円台で発行された実績あり(500万円以上ならOK・400万円台でも可能性あり)
  • 年齢:20代で発行された実績あり(20歳以上ならOK)
  • 職業:企業経営者や正社員・公務員だけではなく、個人事業主・自営業者、自由業、零細企業の経営者でもOK(契約社員、派遣社員、パート、アルバイトはハードル大)
  • 専業主婦:本会員カードは原則不可(家族カードはOK)
  • 学生:大学生・大学院生・専門学校生・高専生などは本会員カードは不可(家族カードはOK)
  • 無職:年金受給者でも審査通過事例あり。専業投資家(ファイナンシャル・プランナー)には厳しい傾向

保有者の平均年収が著しく高いラグジュアリーカードは審査が厳しいイメージがありますけれども、意外なことに審査基準は厳しくはありません。

一般的な会社員でも十分に審査に通る可能性があります。

ほしいけど審査に通るか不安・・・という方は一度申し込んでみることをおすすめします。

ラグジュアリーカードはMastercard最上級の「ワールドエリート」のステータスを誇っており、幾多のカードの中でもおすすめのマスターカードの筆頭に位置付けられるステータスカードです。

LUXURY CARDはライバルのクレカに一歩差をつける流麗な制度が満載であり、人生がもっと楽しくなるクレジットカードです。一度使ったらもう手放せません。

「LUXURY」の名を見せつけるような華麗な特典が豊富であり、キラリと光るエクセレントな魅力が燦然たる輝きを放っています。

3種類のラグジュアリーカード

特典・カードの材質に徹底的にこだわっており、魅力的なクレカになっています。「神は細部に宿る」を体現するクレジットカードです。

私はラグジュアリーカード入会前と入会後では、生活の豊かさが圧倒的に変わりました。サービスを利用したり、イベントに参加することで、それまでになかった体験が可能になっています。

ラグジュアリー・リムジン、ラグジュアリー・アップグレードといったゴージャスなダイニング特典が付帯しています。

ラグジュアリーカードはダイニング特典が充実しており、ダイナースやアメックスにもないサービスが充実しています。その中でも至高の...
ラグジュアリーカードはダイニング特典が充実しており、ダイナースやアメックスにもないサービスが充実しています。その中の一つが「L...

銀座小十などの高級店(旧ラグジュアリーテーブル対象店)でリムジン送迎サービスを使えます。卓越したホスピタリティで快適に帰宅できます。2018年3月までは鮨さいとうも利用可能でした。

満足に包まれて生活を豊かに彩ることを可能にするハイ・クオリティー・カードです。決してお高いお店ばかりではなく、お手軽に利用できる特典も充実しています。

ラグジュアリーソーシャルアワーでは2,160円(税込)でシャンパン2杯とフィンガーフードを楽しめます。シャンパンと赤ワインという月もあります。

金属製の上級の質感が人気のラグジュアリーカードには、Luxury Social Hour(ラグジュアリーソーシャルアワー)という特典があります...

2019年には土曜日にも開催! 休日は参加しやすいので、大人気で多数の会員が参加していました。

2019年2月16日(土)、ラグジュアリーカードに新しい歴史が刻まれました。これまでは月1回の平日開催が基本だったラグジュアリーソーシ...

超有名人が参加している時もあります。一例としては、レーシングドライバーのレジェンド、佐藤琢磨さんがいらっしゃった時もあります。

ラグジュアリーカードは、Luxury Social Hour(ラグジュアリーソーシャルアワー)というイベントを開催しています。フォーシーズンズ...

実際にラグジュアリーカードを使っていらっしゃる佐藤琢磨さんにラグジュアリーカードの魅力について聞きました!

金属製の上級の質感が人気のラグジュアリーカードには、Luxury Social Hour(ラグジュアリーソーシャルアワー)という特典があります...

その他には、アンダーズ東京のワインバー優待、カフェsignでのドリンク2杯目無料という特典もあります。

ラグジュアリーカードのワインバー優待に、ルーフトップ バー(アンダーズ東京)が光臨しました。デート、二次会、日々の疲れを癒やす...
Mastercard最上級のワールドエリートであるラグジュアリーカードには、多種多様な特典が付帯しています。ダイニング関連特典も充実し...

2ヶ月待ちの至高のガトーショコラを待たずに買える特典や、JAL国際線ファーストクラス 洋食担当のSUGALABO、ミシュラン獲得店などでしか飲めないビールを特別に購入できる特典もあります。

「ケンズカフェ東京」のガトーショコラは、世界最高峰のチョコレートを使用した究極の逸品であり、スーパー・スイーツとして大人気を...
Rococo Tokyo Whiteという一般人は買えない希少なビールがあります。メゾン・ロココ株式会社が販売しています。2018年3月の発売後、瞬...

Luxury Cardのイベントについては、以下で徹底的に解説しています。

ラグジュアリーカードは会員イベントを定期的に開催しています。イベントが充実しているクレジットカードはアメックスとダイナースで...

世界最高峰のカルトワイン「スクリーミング・イーグル」を、セカンド・白も含めて5ヴィンテージ飲めるディナーイベントが開催されたこともあります。

ラグジュアリーカードが「そして伝説へ」と形容しうる圧巻のディナーイベントを開催します。ナパ・ヴァレーで最も入手困難なワインと...

1本数十万円のワインを5種類飲めて、類まれなるゴージャス感、驚異のスケール感があり、至高のエクスペリエンスでした。

ラグジュアリーカードの「スクリーミング・イーグル ディナー・イベント」に参加しました。パーカーポイント100点満点のスクリーミン...

世界20位のレストラン「プジョル」の日本での4夜限りのダイニング・イベントに、ラグジュアリーカード会員なら参加できました。

素晴らしい料理と体験で幸せに包まれて、ラグジュアリーカードを持っていてよかったと心から感じました。

2018年5月15~18日に日本で4夜限りのレアなダイニング・イベント「プジョル・アット・マンダリン・オリエンタル・東京」が開催されま...

ラグジュアリーカードは金属製デザインと構造で特許を取得した技術が用いられている金属製クレジットカードです。「ブラックカード」の商標も保有しています。

チタンカードはブラッシュドステンレススチール&カーボン、ブラックカードはステンレススチール&カーボン(マットブラック)、ゴールドカードは24金の純金コーディング&カーボンが用いられています。

金属プレートの加工はNASAに技術を提供している会社が行なっているらしいです。

光り輝くMastercard Gold Card(ラグジュアリーカード ゴールドカード)

ゴールドカードはアカデミー賞のオスカー像を作っている金属会社が作成しているという話を聞きました。美しいゴールドを作れる会社として定評がある企業が作成しています。

純金コーティングの素材力を遺憾なく発揮しており、光に反射してキラキラと輝いてゴージャスです。光の当たり具合で表情が変化してラグジュアリーです。

ラグジュアリーカード(ゴールドカード)お財布の中で光り輝くラグジュアリーカード(ゴールドカード)

米国では富裕層がこぞってラグジュアリーカードに申し込んでいます。保有者の平均年収はなんと約42万ドルとなっています。

日本での保有者の平均年収も著しく高く、チタンカードで約2,500万円、ブラックカードで約3,500万円、ゴールドカードは約5,500万円となっています。

世界的なステータス・シンボルへと昇華するポテンシャルを秘めています。とはいえ、審査基準が厳しいわけではありません。一般的なサラリーマンでも十分に作成できます。

2016年2月からアメリカでスタートして、2016年11月に日本にも光臨した「ラグジュアリーカード」という高級カードがあります。Masterca...

ブラックカード以上のラグジュアリーカードのコンシェルジュは、メールでの依頼が可能である点にエッジ・優位性があります。

電話は不要ですし、会員サイトにログインして決められたフォームに入力する手間もありません。ユーザーフレンドリーで便利です。

プラチナカード・ブラックカードに定番のサービスが「コンシェルジュ」です。基本的には電話でのやり取りとなります。回答はメールOK...

実際に多様な案件を依頼したところ、ラグジュアリーカードのコンシェルジュには大満足でした。他のプラチナカード・ブラックカードと比較して秀逸です。

ラグジュアリーカードには、24時間365日対応のコンシェルジュがあります。「Luxury Card Concierge」という名前です。ゴールドカード...

ラグジュアリーカードのコンシェルジュのメール対応については、クレジットカードの専門家・菊地崇仁さんも高く評価しています。

プラチナカード、ブラックカードならではのサービスとして、コンシェルジュがあります。ただし、今ひとつ何を頼めるのか、わからない...

Mastercardのワールドエリートと最上級の材質のパワーを遺憾なく発揮して、情報感度が高い方々に好評を博しています。

ラグジュアリーカードの実物(チタンカード)は、金属製らしい抜群のクオリティが威風堂々としたオーラを放っています。

Mastercardの箔押し金属ロゴが光り輝いていて美しかったです。カード本体も光沢感があって上質の極みでした。ブラックカードも卓越したカッコ良さがありました。

ラグジュアリーカード(チタンカード)ラグジュアリーカード(ブラックカード)ラグジュアリーカード(ゴールドカード)

カード裏面も華やかでオシャレです。「WORLD ELITE」の文字が刻まれています。

ラグジュアリーカード(チタンカード)の裏面ラグジュアリーカード(ブラックカード)の裏面ラグジュアリーカード(ゴールドカード)の裏面

率直な感想としては、アメックス・プラチナやダイナースプレミアムに勝るとも劣らぬカッコ良さでした。店頭で見せると羨ましがられて一目置かれる秀逸なクオリティです。

ラグジュアリーカード(ブラック)とアメックス・プラチナラグジュアリーカード(ブラック)とダイナースプレミアム

もちろんステータスの高さ、素材のクオリティだけではなく、充実したベネフィットが豊富です。ホテル&トラベル関連については以下にまとめています。

金属製であること、Mastercardのワールドエリートのステータスが話題のラグジュアリーカードは、クレジットカードとしての特典も充実...

日本の秀逸な旅館・小規模ホテルの特典「The Ryokan Collection」もあります。

上質の金属製の素材が人気を博しているラグジュアリーカードには、「The Ryokan Collection」というベネフィットがあります。日本を代...

付帯保険は、航空機遅延・寄託手荷物遅延等費用保険が、日本国内・海外のいずれも対象である点が素晴らしいです。あのアメックス・センチュリオンも海外のみです。

ラグジュアリーカード(Luxury Card)には、航空機遅延費用保険、航空機寄託手荷物遅延等費用保険が付帯しています。特筆すべきなのは日...

世界の厳選した富裕層向けの最新情報が掲載される会員限定情報誌「LUXURY MAGAZINE」を3ヶ月に一度購読できます。

LUXURY MAGAZINE(ラグジュアリーマガジン)の内容については、以下にまとめています。

「ラグジュアリーカード」というクレジットカードがあります。Mastercard最上位のワールドエリートのステータスを持ち、金属製である...

年4回も無料で名医を紹介してもらえる名医紹介サービスも利用できます。病気やケガの際に役立つ質実剛健なベネフィットです。

ラグジュアリーカード(Luxury Card)には、名医紹介サービスの特典が付帯しています。「クリンスタル」という名医のデータベースサイト...

常に入会待ちの状態が続いている「CLUB100」で、卓球の福原愛、テニスの伊達公子など著名アスリートも指導した中野氏のトレーニングを受けられます。

金属製の上級の質感が人気のラグジュアリーカード(Luxury Card)には、スポーツジムないしフィットネスクラブの優待特典もあります。著...

アプラスモールを利用でき、ネット通販でボーナスポイントを得ることができます。

Tカードプラスなどのアプラスが発行しているクレジットカードを保有している場合、アプラスモールを経由して楽天市場、Yahoo!ショッピ...

ラグジュアリーカードが届いて触れた感想については、以下にまとめています。

彗星のごとく登場したラグジュアリーカードというクレジットカードがあります。Mastercard最上級カード「ワールドエリート」のステー...

世界の130ヶ国・地域、約500の都市で約1,200ヵ所以上の空港VIPラウンジが使い放題となるプライオリティパスに無料で入会できます。

家族会員も無料、すぐにデジタル会員証を利用可能、有効期限が3年でカード入れ替えの頻度が少ない点が優れています。

「プライオリティ・パス」というクレジットカードの特典があります。プレステージ会員は、世界の130ヶ国・地域、約500の都市で約1,200...

「海外手荷物配達サービス」があり、お得な送料で海外へ荷物を配送することができます。スーツケース、ゴルフバッグ、スキー等の宅配がはかどります。

金属製の上級の質感、Mastercard最上級ステータスのワールドエリートが人気のラグジュアリーカードは、旅行や出張の際に便利な特典が...

ラグジュアリーカードは、国内外の旅行保険・ショッピング保険・航空機遅延費用保険、海外緊急医療アシスタンスなど保険が充実しています。

2017年11月からラグジュアリーカードの保険が大幅にパワーアップして、より一層頑健化しました。海外旅行傷害保険の最高保険金額が1億...

家事代行サービスの割引美容室EARTHの優待フェラーリ等のスーパーカーの体験割引TOHOシネマズの映画館が月1~3回無料フラワーサービス10%OFFという優待特典も受けられます。

ブラックカード、ゴールドカード会員は国立新美術館の企画展の無料入場特典もあります。

人気漫画「ジョジョの奇妙な冒険」の30周年の集大成「荒木飛呂彦原画展 JOJO - 冒険の波紋 -」も事前予約なしで入場できました。本来は完全日時指定制の企画展です。

2018年8月24日~10月1日まで、国立新美術館で「荒木飛呂彦原画展 JOJO - 冒険の波紋 -」が開催されていました。人気漫画「ジョジョの...

コース料理1名分無料サービスも用意されており、200以上のレストランでお得に美食を堪能できます。

ラグジュアリーカードの特典の一つに「Luxury Dining」があります。レストランの所定のメニューコースを2名以上で利用した場合、1名分...

ヴァン クリーフ&アーペル ハイジュエリー展覧会の特別ご招待、パークハイアット東京のクラブ オン ザ パークのトライアル会員など、スポットでの優待特典もあります。

映画無料特典をフル活用する場合は、年会費を上回るお得さがある稀有な高級カードです。使わなくてもお得なクレジットカード年会費を取り戻せるプラチナカードの筆頭です。

ラグジュアリーカードのTOHOシネマズの無料特典に関しては、67枚のクレジットカードをお持ちで合計年会費が約130万円のプロ・菊地崇仁さんも絶賛しています。

クレジットカードの専門家・菊地崇仁さん

ラグジュアリーカードはクレジットカードのレジェンドも高く評価しているハイ・クオリティー・カードです。

インターネットの普及でオンラインで決済する頻度というのが日本中で高まっています。そうした情勢下、クレジットカードはもはやマス...

クレジットカードの専門家・岩田昭男さんも、Mastercard Titanium cardを「尊敬の念を感じる」と言わせるカードと高く評価しています。

なんと最新クレジットカード&電子マネー&ポイント攻略ガイドで、「今持つべき最旬カード」第1位に選定されています。

クレジットカードの専門家・岩田昭男さん

新しいカードデザインに変更したい場合も、カード番号が切り替わらないのがメリットです。古いカードが不要の場合は、返信用封筒・台紙を送ってくれるので、封入して送り返せばOKです。

金属製の上級の質感が人気のラグジュアリーカードは、Mastercard最上級のワールドエリートに属しています。Mastercardのロゴが新しく...

2017年11月からは法人代表者・個人事業主向けのビジネスカードも登場しました。

ラグジュアリーカード(LUXURY CARD)は、2017年11月から法人カード、個人事業主向けのビジネスカードの発行を開始しました。「法人口...

諸々のカードに関する情報は会員サイト、アプリに掲載されており、分かりやすく可視化されています。コンテンツが充実しており、カード情報、特典を出先でもサクッと確認できます。

ラグジュアリーカードのゴールドカードを使い始めて数日が経過しました。早速お店で使い始めており、特典も利用開始しています。中長...

誕生月にはボーナスポイントがプレゼントされるキャンペーンも利用できます。

ラグジュアリーカードには誕生月にお得な特典があります。「Happy Birthdayキャンペーン」という名前です。誕生月にエントリーのうえ...

ラグジュアリーカードは2017年3月1日からApple Payを利用可能になりました(詳細)。ポイントが貯まり、お得なキャンペーンも開催されています。

ゴルフでは国内の名門コースからアメリカTPCのプライベートコースなど、クラブ会員以外は通常ラウンドできない名門コースを予約してプレー可能です。

金属製の上級の質感、Mastercard最上級ステータスのワールドエリートが人気のラグジュアリーカードには、ゴルフ関連の特典もあります...

新生銀行グループのアプラスがカード発行・管理等の黒衣の役割を担っていることから、新生銀行の最上級の会員ステータス「プラチナ」を獲得できます。

金属製の上級の質感が人気のラグジュアリーカード(Luxury Card)は、代金の支払い口座を新生銀行に設定して引落しがあるだけで、新生銀...

新生銀行のプラチナセンターを使えて、新生銀行の定期預金が驚くほど高金利になるキャンペーンも利用できます。銀行がお得になるクレジットカードの筆頭に挙げられます。

新生銀行がラグジュアリーカード(Luxury Card)の保有者限定で、お得な定期預金キャンペーンを行っています。6ヶ月もの円定期預金の特...

3種類のラグジュアリーカードのうち、ゴールドカードはインビテーション制です。

ブラックカードを発行してメインカードとして利用していけば、ゴールドカードのインビテーションに着実に近づきます。

ラグジュアリーカードにはチタンカード、ブラックカード、ゴールドカードの3種類があります。このうちゴールドカードはインビテーショ...

ブラックカード、ゴールドカード会員にはウェルカムギフトがプレゼントされます。それぞれ黒、23金のマルチタスクペンです。

ラグジュアリーカードのゴールドカードに入会してから、約10ヶ月ほどでラグジュアリーカードからウェルカムギフトが送られてきました...

その他、ラグジュアリーカードの特徴、3種類のカードの比較については、以下で徹底的に解説しています。

新生銀行グループのアプラスは「Luxury Card」(ラグジュアリーカード)を発行しています。富裕層向けクレジットカード会社「Black Card...
「Luxury Card」(ラグジュアリーカード)というクレジットカードがあります。特許技術による金属製、Mastercard最上級の「ワールドエリ...

以前にラグジュアリーカード日本支社の林 ハミルトン 代表取締役社長に取材しました。充実の特典、イベントなど、Luxury Cardについて色々と聞き倒しています!

ラグジュアリーカードというMastercard最上級のワールドエリート・マスターカードがあります。彗星のごとく現れて日本でも一気にアメ...

ポイントをワイン購入に使う場合は、意外なことに高還元のクレジットカードとなってバリューが高いです。

年間利用額に応じたボーナスポイントは翌年度からではなく、達成年度の利用分に対しても付与されるので良心的です。

ラグジュアリーカードには、年間のカードショッピング国内利用額が一定金額を突破すると、ボーナスポイントを得られる制度があります...

ポイント還元率がチタンカード1.65%、ブラックカード2.2%、ゴールドカード3.3%となります。

金属製の上級の質感が人気のラグジュアリーカード(Luxury Card)は、実は隠れ高還元カードであり、ポイントをワイン購入に使う場合はバ...

ラグジュアリーカードを実際に使ってみた感想については、以下にまとめています。総合的に大満足のステータスカードでした。

ラグジュアリーカード(Luxury Card)というクレジットカードが日本に上陸して、金属製のMastercardのワールドエリートであることから...

実際に使ってみて年会費を上回る価値があると確信しています。ラグジュアリーカードがある生活は優美でエレガントです。

ブラックカードは、マットな質実剛健さがスラムダンクのように力強く、蝶のように舞い蜂のように刺す「黒のカリスマ」です。

ラグジュアリーカード(ブラックカード)

まさに「溢れる生命力と優雅さが調和」「最高のバリューの結晶」と評価できるハイ・クオリティー・カードです。

MastercardのWorld Eliteのステータス、豊富な各種特典、上質の素材に魅力を感じる方にとって、ラグジュアリーカードは有力候補となります。金属製のクレジットカードは稀有でエッジ・優位性があります。

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

更新日:

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.