The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

エポスVisaプリペイドカードのメリット・デメリット・使い方まとめ

更新日: プリペイドカード エポスカード

エポスVisaプリペイドカード

丸井グループのクレジットカード「エポスカード」は、「エポスVisaプリペイドカード」を提供しています。

国内外のVISA加盟店でクレジットカード同様に利用できるプリペイドカードです。

エポスVisaプリペイドカードのメリット・デメリット・使い方についてまとめます。


エポスVisaプリペイドカードとは

ここ最近はキャッシュレス化の進行による電子マネーやプリペイドカードの利用が拡大しており、今後はますますの発展が予測されます。

こうした中で、エポスカードは今まで以上に「安心」「便利」で「使いやすい」カードとして、エポスカードの魅力アップを図ることを狙い、エポスVisaプリペイドカードを導入しました。

年会費は永年無料です。券面は二種類でピンクとグレーがあります。選択制です。エポスカードの会員専用サイトである「エポスnet」で申し込めます。

エポスVisaプリペイドカード

エポスVisaプリペイドカードに申し込めるのは、エポスカード会員のみです。エポスカードからクレジットで入金(チャージ)することができます。

また、エポスカードの利用によって貯まったエポスポイントを「エポスVisaプリペイドカード」に移行することで、国内外のVISA加盟店で使えます。例えば、2,000ポイント貯まっていたら、2,000円分プリペイドカードに移行できます。

エポスカードのポイント明細

これまでエポスカードのポイントでは、以下の商品に交換が可能でした。

ポイント交換商品 ポイント 還元率
マルイ商品券 1,000 0.5%
iTunesギフトコード1,000円 1,000 0.5%
iTunesギフトコード3,000円 3,000 0.5%
VJAギフトカード1,000円 1,000 0.5%
クオカード1,000円 1,000 0.5%
オンリー優待券1,000円 500 1.0%
アパホテルクーポン券1,000円 1,000 0.5%
KEYUCAお買い物券500円 500 0.5%
スターバックスカード3,000円 3,000 0.5%
モンテローザお食事券1,000円 800 0.625%
シダックスサービス券1,000円 1,000 0.5%

汎用性が高いクオカード、VJAギフトカードですと1,000ポイントからの交換となり、ポイントを貯めるのが面倒な側面がありました。クオカードについては以下で徹底解説しています。

クオカードを徹底的に安く買う方法・無料で手に入れる方法まとめ
クオカード(QUOカード)というプリペイドカードがあります。コンビニ、ドラッグストア、ファミレス、書店、CD・DVDストア、ガソリンス...
クオカードのお得な使い方・無駄にしない方法・使えるお店まとめ
クオカード(QUOカード)というプリペイドカードがあります。加盟店で代金の支払いに利用できます。クオカードが使えるお店、お得な使い...

また、VJAギフトカードはお釣りが出ませんし、一般のコンビニ・レストランなどでは使えない店舗も多く、使い勝手は今ひとつです。

クオカードは逆にコンビニでは使えますが、VISAのクレジットカード・プリペイドカードよりは使える店舗は格段に少ないです。

エポスポイントを「エポスVisaプリペイドカード」に移行することで、国内外のVISA加盟店で使えるようになるのは大きなメリットです。

エポスカードの魅力が向上しました。エポスカードについては以下で徹底解説しています。

エポスカードのメリット・デメリット・ルミネカードとの比較まとめ
エポスカード(EPOS CARD)という丸井のクレジットカードがあります。サブカードとして利用すると最高にお得なカードです。マルイでの...

利用金額の0.5%がキャッシュバック!

エポスVisaプリペイドカードは、利用金額の0.5%分がキャッシュバックされます。これはエポスカードと基本的には同じ還元率です。

利用ごとに200円につき1円が利用月の翌月中旬頃に、エポスVisaプリペイドカードの残高にキャッシュバックされます。

エポスカードからチャージする際には0.5%のエポスポイントは付与されません。電子マネーのようなポイント二重取りはできません。

エポスカードの決済でもプリペイドカードにチャージしても還元率は同じになります。

それでもプリペイドカードにはメリットがあります。ネット通販で信頼性が定かではないサイトで決済する場合は、クレカ本体の番号を打ち込むのは抵抗があります。

そういう場合は、プリペイドカードにチャージして、プリペイドカードの方で決済すると安全です。

また、エポスカード利用で得たエポスポイントをエポスVisaプリペイドカードにチャージして利用すると、利用金額の0.5%が得られます。

すなわち、この場合はエポスカード利用時の0.5%に加えて、エポスVisaプリペイドカード利用時のキャッシュバックがあり、合計還元率は0.5025%(0.5%+0.5%の0.5%)になります。

エポスポイントをエポスVisaプリペイドカードに移行する手続きは、会員サイトで簡単にできます。

エポスカードのエポスVisaプリペイドカードへの移行

エポスカードにはバーチャルカードがありましたが、バーチャルカードは有効期限に気を使う必要があるのが大きなデメリットでした。

また、「クレジットカードだと使い過ぎる」という方は、事前にチャージするプリペイドカードにメリットが出てきます。

2015年の秋以降には、エポスカード会員本人に加え、家族の申込も開始されます。

オートチャージも可能

ガッツポーズする女性

エポスVisaプリペイドカードは楽天EdyやSuica・PASMOのようにオートチャージが可能です。

オートチャージとは、エポスVisaプリペイドカードの残高が一定額を下回った際に、事前に設定した金額が自動的にエポスカードからチャージされる機能です。

残高が減ってきたらチャージという作業から開放されます。残高を確認して把握する作業は煩わしいですね。

プリペイドカード残高の設定額とオートチャージの設定額の合計は100,000円を超える設定はできません。

エポスVisaプリペイドカードの端数を使い切りたい場合

Amazonギフト券 

エポスVisaプリペイドカードに残った端数を使い切りたい場合は、15円~50万円の範囲で1円単位で購入できるAmazonギフト券を買えばOKです。

有効期限は以前は1年でしたが、2017年4月下旬から10年間に一気に伸びたので、使いやすくなりました。

Amazonギフト券は自分用にも買えます。Amazonギフト券(チャージタイプ)ですと、直接、自分のアカウントの残高にプラスされるので便利です。

「金額を選択する」において、5,000円・2万円・4万円・9万円が選べます。また、15円~50万円までの任意の金額を入力して、1円単位で購入金額を指定できます。

購入画面には、「1円単位での金額入力欄」があるので、そこに数字を入力する流れとなります。レジの画面でエポスVisaプリペイドカードのカード番号を打ち込んで、決済すればOKです。

Amazonギフト券(チャージタイプ)の購入画面

例えばエポスVisaプリペイドカードの残高が1,726円で、これを使い切りたい場合は、1,726円分のAmazonギフト券を購入すれば、きれいに使い切ることが可能です。

Vプリカで交換したAmazonギフト券

Amazonギフト券を買うと、エポスVisaプリペイドカードを使わなくなった場合でも、きれいに使い切って0円にすることが可能です。

Amazonギフト券(チャージタイプ)

デメリット

エポスVisaプリペイドカードのデメリットは、還元率が0.5%と今一つである点です。

auユーザーだと使えるau WALLETは同じ0.5%ですが、ポイントアップ店があり、セブン-イレブン、イトーヨーカドー、マツモトキヨシなどでは1%以上貯まります。

クレジットカードによるチャージやauあんしん決済でのチャージだとポイント二重取りができます。

また、楽天バーチャルプリペイドカードのポイント増額キャンペーン時に、楽天カードから楽天バーチャルプリペイドカードにチャージし、更に楽天バーチャルプリペイドカードからau WALLETにチャージすると合計2.5%還元となります。

au WALLET プリペイドカードには、このクレジットカードでチャージすべき!還元率6.5%も!
au WALLET プリペイドカードというプリペイド式の電子マネーカードが2014年に登場し、じぶん銀行からのチャージで2014年12月末までは...

ソフトバンクユーザーなら使えるソフトバンクカードも基本の還元率は0.5%ですが、「おまかせチャージ」だと1.0%になります。

ただし、エポスカードのポイントを移行できるのはメリットですので、還元率の低さはさほど気になりません。

他にはカードが2枚になるという点くらいでしょうか。カードの枚数を絶対に増やしたくないという方には向きません。ただ、普段は家に置いておいて、エポスカードのポイント移行時のみ使うといいでしょう。

また、月額利用料金のお支払い、ガソリンスタンドではエポスVisaプリペイドカードは使えません。これらで使う場合はエポスカードを使いましょう。

デザインカードも

エポスVisaプリペイドカードの新デザイン

2017年6月9日からは、エポスデザインカードのデザイン74種類と新デザイン6種がエポスVisaプリペイドカードに導入されました。

従来の2種類のデザインと合わせて、一気に合計で82種類となります。

2017年6月1日からエポスデザインカードに追加されたパラリンアートのデザインやアニメデザインもあります。

幅広いデザインの中から好きな1枚を選ぶことが可能です。ただし、一部デザインは500円(税込)の発行手数料がかかります。

年会費は通常デザインと同様で無料です。エポスデザインカードについては、以下で徹底的に解説しています。

エポスデザインカードはカードフェイスがオシャレ!ユーザーの投票で新デザインが登場!
「エポスデザインカード」というクレジットカードがあります。多様な特典と華やかなカードフェイスが魅力的なカードです。ユーザーの...

プリペイドカードを上手く活用するとお得

ここ最近はプリペイドカードの発行が活発化しています。au WALLET、ソフトバンクカードが誕生し、人気を博しています。

auやソフトバンクの利用料金で貯まるポイントを、クレジットカードの加盟店で利用できるのが大きなメリットです。ポイントを加盟店で使えます。

三井住友VISAカード三井住友VISAプリペイドオリコカードオリコプリペイドカードANA VISAカードANA VISAプリペイドカードを発行しています。

JCBもプリペイドカードの発行を開始しました。まずはコメリと提携して、JCB加盟店で使える「AQUA CARD」(還元率0.5%)が出ました。ANA JCBプリペイドカードは0.5%のANAマイル還元です。

プリペイドカードはポイントの移行や、信頼性が定かではないお店やネット通販での利用に便利です。エポスVisaプリペイドカードの誕生で、エポスカードも今後はこのメリットを使えます。

プリペイドカードの端数を使い切りたい場合は、Amazonギフト券が最も手軽です。Amazonギフト券は1円単位で購入金額を決められるので、プリペイドカードの残高と同じ金額を買えばOKです。

ちなみにエポスカードのポイントモール「たまるマーケット」では、エポスVisaプリペイドカードも使えます。

エポスVisaプリペイドカードを使った場合、通常ポイント分(0.5%)はプリペイドカードにキャッシュバックされ、ボーナスポイント分はエポスカードにポイント加算されます。

誰でも保有できてお得な国際ブランドのプリペイドカードには、ローソンのおさいふPontaがあります。

ローソンの「おさいふPonta」は12%超の還元キャンペーンが激熱!JCBプリペイドカード機能付きで便利
ローソンが、クレディセゾン、JCB等と提携して「おさいふPonta」を発行しています。「おさいふPonta」は、JCBブランドのプリペイド機...

2016年6月には、株式会社エポスカードに取材に行き、利用促進部 利用促進課の田中さんにインタビューしました。

エポスカードの特徴・歴史から、お得な優待・特典・イベント、プリペイドカード・電子マネーなど、エポスカードについて色々と聞き倒しています!

エポスカードに取材インタビュー!気になるあんな事こんな事を聞いてきました!Vol.1
私がよく利用しているクレジットカードの一つがエポスカードです。お得な特典が満載のクレカでゴールドカードのエポスゴールドカード...

続いて、以下では海外トラベルサービス、最短即日発行の仕組み、エポスカード公式アプリ、セキュリティに対する取り組み、キャッシング、エポスゴールドカード、エポスプラチナカードについて伺っています。

エポスカードに取材インタビュー!気になるあんな事こんな事を聞いてきました!Vol.2
最近はマルイ以外でも人気が高まっているエポスカードに取材したインタビューの続きです。エポスカードの概要・歴史、お得な優待・特...

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-プリペイドカード, エポスカード

Copyright© The Goal , 2017 All Rights Reserved.