The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

エポスバーチャルカードは安全にネットでお買い物できる!使い方・使った感想・口コミまとめ

更新日: エポスカード クレジットカード

エポスバーチャルカード

エポスカードは「エポスバーチャルカード」を発行することができます。バーチャルカードとは、インターネットでのお買い物にクレジットカードと同様に使えるサービスです。

インターネットでの決済がかなり安全になるサービスです。エポスバーチャルカードについてまとめます。


エポスバーチャルカードとは

エポスバーチャルカード

エポスバーチャルカードは、クレジットカードのように実物があるカードではなく、データ上の決済VISAカードです。エポスカードをお持ちで、会員サイト「エポスNet」に登録している方が利用できます。

エポスカードについては以下で徹底解説しています。

エポスカードのメリット・デメリット・ルミネカードとの比較まとめ
エポスカード(EPOS CARD)という丸井のクレジットカードがあります。サブカードとして利用すると最高にお得なカードです。マルイでの...

バーチャルカードのカード番号は、エポスカードとは別の番号です。セキュリティコード、有効期限もあります。普通のクレジットカードと同じです。名前はエポスカードと同一名義となります。

エポスバーチャルカードを使うと、本体のエポスカードとは別の番号でインターネットで決済できるのです。

もちろんポイントはエポスカード同様に付与されます。支払い方法は1回払のみです。

エポスバーチャルカードの支払額の請求は本体のエポスカードに来ることになり、エポスカードの支払いと同様に支払います。

発行手数料・年会費は無料で一切費用はかかりません。いくら便利なサービスでも有料だと尻込みしていまいます。無料は嬉しいですね!

エポスカード会員サイトの「エポスNet」にログインして、画面の下の方から、いつでもエポスバーチャルカードを発行できます。

発行後も、いつでも再発行(番号変更)・利用停止が可能です。とても便利です。

ネットショッピングが安全に!

エポスバーチャルカードの説明

エポスバーチャルカードを使うと、万が一バーチャルカードの情報が流出しても、エポスカードの番号を知られることはありません。

バーチャルカードを再発行して番号を変更すれば、情報流出したカード番号は使えなくなるので、問題はなくなります。

バーチャルカードを使えば、インターネット上で安心してお買い物ができます。特に信頼性が定かではないショップでのお買い物には、バーチャルカードはとても便利です。

評判が今ひとつわからない初めてのサイトや海外サイトでいきなりクレジットカード番号を打ち込むのは抵抗がありますよね。エポスバーチャルカードはそのような際に便利です!

バーチャルカードの利用額も設定できます。0円にしておけば、万が一カード情報が漏れても、使うことはできません。盤石のセキュリティとなります。

ネットショッピングをする時に、使う分だけ利用額をアップさせれば頑健なディフェンスを構築できます。サッカーで例えると「カテナチオ」ですね。


申込み手順

エポスバーチャルカードの申込み手順は簡単です。まずはエポスNetにログインします。

エポスNetトップページ

ログインした後の画面の下の方に「バーチャルカード」という項目があります。そこの「エポスバーチャルカードのお申し込み」を選択します。

エポスNet会員ページの下部

まだエポスバーチャルカードを持っていない場合は、次の画面の下の方の『「エポスバーチャルカード」をお持ちでないお客さま』を選択します。

エポスバーチャルカード申し込みページ

後は画面の指示にそって手続きすれば発行できます。申し込み完了後は、お買い物で使う前に「利用可能額の設定」が必要です。

エポスバーチャルカード申し込み完了画面

エポスバーチャルカードの利用可能額は、1万円単位で設定できます。バーチャルカードを使わない時は「0万円」にしておくと安心です。金額を入力後、「確認画面へ」を選択します。エポスバーチャルカード利用可能額入力画面

バーチャルカードに設定した利用金額の分、エポスカード本体の利用可能金額からマイナスされます。

例えば利用限度額が50万円でバーチャルカードの利用可能額を3万円に設定したら、エポスカードの利用可能額は47万円になります。

次の画面で「送信する」を選択したら手続き完了です。

エポスカードとエポスバーチャルカードの利用枠の関係

バーチャルカード登録後、カード番号・セキュリティコード・有効期限・利用限度額を確認したい場合、利用を中止したいは、エポスNetログイン後のトップページ下部の「バーチャルカード」の「エポスバーチャルカード照会・中止登録」を選択します。

利用可能額を設定する場合は、「エポスバーチャルカードご利用可能額設定」です。

エポスバーチャルカードの照会画面へのリンク

ネットショッピングでの入力

VISAのクレカが使えるネット通販サイトなら、エポスバーチャルカードで決済できます。

ネット通販でエポスバーチャルカードで決済する場合は、クレジットカードの入力画面で、エポスバーチャルカードの情報(カード番号・名前・有効期限・セキュリティコード)を入力すればOKです。

ネット通販でのクレジットカード登録画面

エポスバーチャルカードの券面説明

クレジットカードと使い方は全く同じです。全く難しくなくて簡単です。ちょうどAmazonで買うものがあったので、エポスバーチャルカードで買ってみました。無事決済できました!

Amazonの注文完了画面

端数を使い切りたい場合

Amazonギフト券 

ANA JCB プリペイドカードに残った端数を使い切りたい場合は、15円~50万円の範囲で1円単位で購入できるAmazonギフト券を買えばOKです。

有効期限は以前は1年でしたが、2017年4月下旬から10年間に一気に伸びたので、使いやすくなりました。

Amazonギフト券は自分用にも買えます。Amazonギフト券(チャージタイプ)ですと、直接、自分のアカウントの残高にプラスされるので便利です。

「金額を選択する」において、5,000円・2万円・4万円・9万円が選べます。また、15円~50万円までの任意の金額を入力して、1円単位で購入金額を指定できます。

購入画面には、「1円単位での金額入力欄」があるので、そこに数字を入力する流れとなります。レジの画面でエポスバーチャルカードのカード番号を打ち込んで、決済すればOKです。

Amazonギフト券(チャージタイプ)の購入画面

例えばエポスバーチャルカードの残高が1,726円で、これを使い切りたい場合は、1,726円分のAmazonギフト券を購入すれば、きれいに使い切ることが可能です。

Vプリカで交換したAmazonギフト券

Amazonギフト券を買うと、エポスバーチャルカードを使わなくなった場合でも、きれいに使い切って0円にすることが可能です。

Amazonギフト券(チャージタイプ)

まとめ

エポスバーチャルカードを使えば、インターネット上で安心してお買い物ができます。信頼性の評判が不明なサイトや、海外サイトでクレジットカード払いする場合にとても便利です。

年会費・手数料は無料で一切費用がかからなくて、エポスカードと同様にポイントが貯まるのが嬉しいです。

普段は利用可能額を0円にしておき、使う時だけ金額を増やせば、圧巻のセキュリティで強固です。利用を中止して再登録して番号を変えることもできます。

他のバーチャルカードと違うメリットは、事前にチャージする必要がない点です。使った金額だけ請求が来るので、端数の心配をする必要がありません

エポスバーチャルカードは、バーチャルカードの中ではかなり使い勝手がいいです。

なお、楽天カードをご利用の方は、楽天バーチャルプリペイドカードも便利です。au WALLETへのチャージも可能なのが特徴です。

楽天カードで楽天バーチャルプリペイドカードにチャージし、楽天バーチャルプリペイドカードでau WALLETにチャージすると、還元率が合計1.5~4.5%になります。

2016年6月には、株式会社エポスカードに取材に行き、利用促進部 利用促進課の田中さんにインタビューしました。

エポスカードの特徴・歴史から、お得な優待・特典・イベント、プリペイドカード・電子マネーなど、エポスカードについて色々と聞き倒しています!

エポスカードに取材インタビュー!気になるあんな事こんな事を聞いてきました!Vol.1
私がよく利用しているクレジットカードの一つがエポスカードです。お得な特典が満載のクレカでゴールドカードのエポスゴールドカード...

続いて、以下では海外トラベルサービス、最短即日発行の仕組み、エポスカード公式アプリ、セキュリティに対する取り組み、キャッシング、エポスゴールドカード、エポスプラチナカードについて伺っています。

エポスカードに取材インタビュー!気になるあんな事こんな事を聞いてきました!Vol.2
最近はマルイ以外でも人気が高まっているエポスカードに取材したインタビューの続きです。エポスカードの概要・歴史、お得な優待・特...

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-エポスカード, クレジットカード

Copyright© The Goal , 2017 All Rights Reserved.