The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

新規上場!マーケットエンタープライズのIPOの初値予想

更新日: IPO

マーケットエンタープライズ

マーケットエンタープライズ(3135)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は6月2日(火)~6月8日(月)です。上場日は6月17日(水)です。

新規上場する市場は東証マザーズです。想定価格は1,430円(1単元14.3万円)です。仮条件は1,430〜1,500円と上振れました。公募価格は仮条件の上限の1,500円となりました。

初値予想は大幅なプラスリターンです。大手初値予想会社の初値予想は3,000~3,500円となっています。

マーケットエンタープライズは、持続可能な循環型社会形成のキーワードとされる「3R」(リユース:再利用、リデュース:廃棄物の発生抑制、リサイクル:再資源化)の中でも、そもそもの不用品を発生させない「リユース」にフォーカスし、「More Reuse! ~ もっとリユースを身近に!~」をビジョンに掲げ、インターネットに特化した事業展開を行っています。

監査法人はあずさ監査法人です。本社所在地は東京都墨田区亀沢3-3-14です。


マーケットエンタープライズのIPO

マーケットエンタープライズとは

マーケットエンタープライズは、平成18年の設立以来、インターネットに特化した業態「リユース×インターネット」にて事業を展開しています。

従来、リユース業界においては店舗を有し、店頭にて商品の仕入・販売を行う、いわゆる「店舗型」が業態としては主流でありましたが、マーケットエンタープライズはネットに特化しています。

マーケットエンタープライズは、顧客が望むコンタクトの方法(インターネット、電話)により、買取価格や、買取方法を事前にご案内し、安心してお 任せいただける環境を構築しています。コンタクトセンターという顧客のニーズをヒアリングする専門の部署もあります。

商品査定、仕入、在庫管理、受注管理、商品配送等、リユース品の仕入からインターネット上での販売に至るフルフィルメント サービス(商品の仕入から在庫管理、受注販売管理、配送に至る一連の流れ)を行うための事業拠点を構築しています。

総合窓口サイトである「高く売れるドットコム」をフラッグシップサイトとして、現在は26の買取専門サイトを運営しています。

買取の手法としては、「宅配買取(宅配便にて商品を受領する方法)」、「店頭買取(直接、店頭にお持込いただく方法)」、「出張買取(顧客宅へお伺いし、商品を受領する方法)」の3つの手法を採用しています。

出張買取及び店頭買取については、東京・横浜・埼玉・名古屋・大阪・福岡と全国6拠点のリユースセンターを配備することで広範囲の顧客に対応が可能となっています。

宅配買取については配送費をマーケットエンタープライズで負担するなど、顧客にとってサービスが利用しやすい仕組みを構築することによって、マーケットエンタープライズにとっても効率的な商品仕入が可能となっています。

「高く売れるドットコム」は、「インターネットによる事前査定が可能となっていること」、かつ「全国的な対応での買取が可能となっていること」という点において、独自のサービスモデルを構築しており、月間買取依頼数は約26,000件(平成27年3月度)に上っています。

ヤフー株式会社が提供するインターネットオークション、「ヤフオク!」をはじめ、Amazon、楽天、eBay等、著名なEマーケットプレイスに「安く買えるドットコム」の屋号にて出店し、商品を販売しています。

インターネットでのリユース商品の販売は、いかに商品の写真や説明文で消費者に訴えかけるか、適正な販売価格を設定するかが重要となります。

マーケットエンタープライズではこれら商品の写真撮影のノウハウや販売価格の設定方法等、販売する上での重要事項を標準化し、体系化したマニュアル「スタンダードブック」を作成しています。

これを全社員へ浸透・徹底させることで、リユース商品の販売ノウハウを個人の能力に依存することなく、マーケットエンタープライズ全体で共有しています。

販売商品に対して、動作保証(初期動作不良時の全額返金保証)、修理保証(使用時の故障や不具合等に対する修理保証)、買取保証(一定の条件下での商品買取保証)といった、顧客が必要に応じて選択できる付加サービスを用意しています。

リユース品に対する不安感を緩和し、安心してリユース品を購入できる環境を構築しています。

この結果、月間販売商品数は、約14,000品(平成27年3月度)に上り、取扱商品量を拡大しながらも、高い在庫回転率(平成26年6月期:14.2回転(売上原価÷年間平均棚卸在庫高))を実現しています。

直近ではコンテンツマーケティングの思想を採り入れ、専門性と客観性の高いサイトの構築及び運営に力を入れています。

これまでの買取専門サイトからの買取実績並びにコンタクトセンターを経由した買取に至るまでの一連のプロセスを、顧客目線でわかりやすく説明し、安心感・信頼感を提供するためです。

買取におけるITシステムの特徴は、マルチチャネルであり、多岐にわたる商品であっても、マーケットエンタープライズ側は一元管理化されたシステムで対応していることです。

例えば、法人から大量の在庫買取依頼が来た場合でも、個人から少数の趣味嗜好品の依頼が来た場合でも、マーケットエンタープライズの従業員は同一のデータベースを参照し、同一のシステム上で買取に至るプロセスを実行することで、専門性や属人性を低減した商品査定及び買取が可能となっています。

一方で販売についても、マルチチャネル販売システムを自社開発しています。具体的には、単品個体管理がなされている商品を複数のEマーケットプレイスに同時出品することで、マーケットエンタープライズの商品を様々な顧客層に対して販売できる体制となっています。

さらに、完全自社開発である買取・販売両側面のシステムを統合し、ワンストップで運用することで、同じ型番、同じ商品でもその状態によって価値の異なるリユース品の管理コストを低減させています。

また、当該システムを完全自社開発・運用することで、商品カテゴリーの拡大や、販売チャネルの多様化等、事業拡大に合わせたシステムの開発・運用がスピーディーかつ低コストで実現できる体制を構築しています。

オペレーションの起点となる、商品の事前査定機能を有するコンタクトセンターを自社で運営しています。顧客にとっては自宅に居ながらにして、リユース商品の買取査定価格の水準が事前に把握できるため、安心して買取依頼の判断ができる状態を提供できます。

また、マーケットエンタープライズにとっても事前に買取の可否判断ができることや、買取依頼の判断に迷われている顧客と直接コミュニケーションをとれることで、効率的な仕入量の増加につなげることが可能となっています。

顧客とマーケットエンタープライズ双方にとって効率的かつ安心感を提供できる体制となっています。

従業員数は83名、平均年齢は28.2歳、平均勤続年数は1.5年、平均給与は393.0万円です。

スポンサーリンク

Adsense

業績推移

業績面では売上高・経常利益・純利益のいずれも右肩上がりとなっています。成長性が高いです。

営業キャッシュフローは純利益を上回っている年度と下回っている年度があります。

前期の自己資本利益率(ROE)は96.3%であり、自己資本比率は29.0%です。

マーケットエンタープライズの業績推移

市場トレンド

市況面では、上場直前3ヶ月間のインデックスが上昇トレンドの状況だと初値リターンが高い傾向となっています。

東証マザーズは長らく軟調な推移が続いていましたが、3月11日をボトムに底打ちしています。最近は再度下落していましたが、切り返してきています。

東証マザーズのチャート(2015年2月18日~2015年5月18日)
(※マネックス証券より)

上場規模

マーケットエンタープライズのIPOの規模は最大で約7.07億円であり、東証マザーズとしても小型です。小型であればある程、初値リターンは良い傾向があります。

公開比率(オファリングレシオ)は最大で約20%と低めです。公開比率が低ければ低いほど、初値リターンが高い傾向があります。公募株式数に占める売出の割合は54%です。

貸株人かつ売出人である代表取締役社長小林泰士、売出人かつ役員である加茂知之、執行役員かつストック・オプション保有者である丸尾光兵並びに株主である株式会社WWGには、原則として90日間のロックアップがかかっています。株価上昇による解除条項はありません。

また、取引所の定める有価証券上場規程施行規則の規定に基づき、上場前の第三者割当等による募集株式の割当てに関し、割当を受けた者との間で継続所有等の確約を行っております(制度ロックアップ)。

株主名保有割合ロックアップ
小林泰士33.80%
(株)WWG33.80%
加茂知之16.90%
YJ1号投資事業組合8.45%制度
丸尾光兵1.75%
(株)オプト1.06%制度
(株)オークファン1.06%制度
今村健一0.42% 
寺田航平0.21%制度
岡崎雅弘0.21%制度

スポンサーリンク

Adsense

まとめ

業種面ではリユース関連のサイト運営等ということで、東証マザーズのネット企業としてIPOにおける人気度は高いと思われます。

7.1億円という上場規模は東証マザーズとしても小型です。約20%という公開比率(オファリングレシオ)も低めです。需給バランスは良好です。

成長性も高く、一株利益は5.7→14.7→57.4と急速に伸びています。対事業者にも中古品を販売しており、広義のインバウンド関連と意識される可能性もあります。成長ストーリーを描きやすい銘柄です。

以上を総合考慮して、初値予想は大幅なプラスリターンです。

主幹事はSMBC日興証券です。その他は、SBI証券、大和証券、岡三証券、いちよし証券、マネックス証券、岩井コスモ証券、松井証券で申し込めます。

マネックス証券は完全抽選で小口個人投資家でも当選する可能性がある証券会社です。

株・投資信託ならネット証券のマネックス

また、SBI証券が幹事に入っているので、着実にSBIチャレンジポイントを貯めましょう。

参考まだ安全資産は定期預金と国債だけなの?IPOチャレンジポイントで確実にS級IPOをゲットできる

松井証券からも忘れずに申し込みましょう。一般信用取引と10万円以下は手数料0円には絶大なメリットがあります。

<投資スタンス>
強気
(※強気・やや強気・中立・弱気の4段階)

※過去1年間のIPO初値予想の履歴

銘柄名発表時BB直前結果
インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人中立中立5.7%
ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング中立中立-7.7%
ムゲンエステート中立中立10.0%
フリークアウト強気強気250.0%
ポバール興業中立中立6.6%
OATアグリオ中立中立-6.3%
メドピア強気強気131.3%
レアジョブ強気強気169.7%
VOYAGE GROUP強気強気40.0%
鳥貴族やや強気やや強気120.7%
イグニス強気強気342.1%
日本ビューホテルやや弱気やや弱気-2.3%
ジャパンインベストメントアドバイザーやや強気やや強気126.3%
ロックオン強気強気284.6%
リアルワールド強気強気79.8%
AMBITIONやや強気強気62.0%
ジェネレーションパス強気強気119.2%
リボミック中立やや強気-20.4%
FFRI強気強気176.5%
ホットランド中立中立-1.7%
ヤマシンフィルタ中立中立19.6%
すかいらーく中立中立0.0%
リクルートホールディングス中立中立2.3%
GMOリサーチ強気強気133.3%
セレス強気強気55.4%
オプティム強気強気260.0%
アルファポリス強気強気93.2%
エランやや強気やや強気70.3%
日本ヘルスケア投資法人やや強気やや強気48.1%
SHIFT強気強気361.5%
CRI・ミドルウェア強気強気462.5%
日本PCサービス中立やや強気67.7%
トーセイリート投資法人やや弱気中立11.6%
積水ハウス・リート投資法人やや強気やや強気22.7%
弁護士ドットコム強気強気215.4%
クラウドワークス強気強気73.2%
スノーピークやや強気やや強気134.3%
ビーロット強気強気422.4%
GMO TECH強気強気135.2%
テクノプロ・ホールディングス中立中立-5.0%
アトラやや強気やや強気77.4%
マークラインズ強気強気77.3%
メディカル・データ・ビジョン強気強気135.9%
U-NEXTやや強気中立31.7%
SFPダイニングやや弱気やや弱気-16.5%
今村証券中立中立27.4%
フルッタフルッタ強気やや強気51.5%
竹本容器中立中立2.0%
gumi中立中立0.0%
大冷やや弱気やや弱気-6.7%
アドベンチャー強気強気127.2%
メタウォーターやや弱気やや弱気-6.0%
サイジニア強気強気125.8%
インターワークスやや強気やや強気16.7%
イーレックス中立中立11.2%
データセクション強気強気73.1%
綿半ホールディングスやや弱気やや弱気6.3%
ヨシックス中立中立29.4%
東京ボード工業やや弱気やや弱気-8.0%
カヤック強気強気222.0%
エクストリーム強気強気296.4%
MRT強気強気309.4%
Keeper技研やや強気やや強気49.1%
ケネディクス商業リート投資法人中立やや強気13.3%
ファーストロジック強気強気52.5%
ファーストブラザーズやや弱気やや弱気2.5%
ホクリヨウ中立中立8.9%
ALBERT強気強気115.7%
シリコンスタジオやや強気やや強気102.0%
コラボス強気強気137.6%
エムケイシステム強気強気332.0%
ショーケース・ティービー強気強気193.9%
ヘルスケア&メディカル投資法人やや強気やや強気54.5%
エスエルディー強気強気15.3%
ヒューマンウェブやや強気やや強気11.7%
イード強気強気46.4%
ファーストコーポレーションやや強気やや強気25.0%
RS Technologies中立中立-23.6%
シンデン・ハイテックスやや強気やや強気12.2%
ハウスドゥやや強気やや強気47.2%
Aiming中立中立12.2%
モバイルファクトリー強気強気99.4%
日本動物高度医療センターやや強気やや強気44.2%
プラッツやや強気やや強気70.2%
sMedioやや強気やや強気58.7%
サンバイオ弱気弱気-14.5%
海帆やや強気やや強気76.5%
Hameeやや強気やや強気67.2%
日本スキー場開発中立中立9.9%
シーアールイー弱気弱気-7.3%
三機サービス中立中立37.1%
レントラックス強気強気53.1%
リンクバルやや強気やや強気27.9%
ジグソー強気強気236.4%
Gunosy中立中立0.0%
デザインワン・ジャパンやや強気やや強気50.9%
テラスカイ強気強気350.0%
ヘリオス中立  
スマートバリュー強気  

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-IPO

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.