SAKE COMPETITION 2017-2018

SAKE-COMPETITION 2018

市販されている中で世界一おいしい日本酒を決めるイベント「SAKE COMPETITION 2018」の表彰式が2018年6月11日に開催されました。

純米酒、純米吟醸、純米大吟醸、吟醸、Super Premium、発泡清酒、ラベルデザイン、海外出品酒の各部門で、日本酒の精通者がブラインドチェックで行われた審査でトップ10が決まりました。

サッカー元日本代表の中田英寿さんなど著名人も多数来場していました。市販されている中で最高の日本酒が勢揃いしているので、珠玉の価値がある日本酒ランキングとして要チェックです!!

SAKE COMPETITIONとは

SAKE COMPETITIONは、「ブランドによらず消費者が本当に美味しい日本酒にもっと巡り会えるよう、新しい基準を示したい」という理念のもとにスタートしたイベントです。

市販酒のみが出品されており、誰でも買える日本酒を、完全に銘柄を隠して酒の中身のみで競うことが徹底されています。世界で唯一、消費者のための日本酒コンペです。

SAKE COMPETITION 2017のムービー

日本全国の酒蔵が参加する日本酒のコンペには、大会のために特製の1本を出品する「新酒鑑評会」と、市販酒のみが出品される「SAKE COMPETITION」の2つがあります。

審査対象が「誰でも分け隔てなく購入できるか」が大きな違いとなっています。どの銘柄か分からない状態でガチンコで審査するので、ブランドに囚われず真に美味しいお酒が選抜されるのが特徴です。

味や香りといった日本酒の品質に加えて、飲みやすさや料理との相性など、飲んで楽しむ酒として優れているかを審査基準にしているのもSAKE COMPETITIONの特徴です。

2018年に開催された「SAKE COMPETITION 2018」の出品数は455蔵、総出品数1,772点と世界最大規模となります。

市販酒のみをこの規模で審査しているコンペは他になく、日本酒の更なる普及のため全世界に、日本酒の価値と魅力を発信する舞台となっています。

日本酒作りの現場

例年1位を獲得した日本酒は即日完売となり、全国から問い合わせが殺到しています。

地元の人にしか知られていないような隠れた名酒の地酒でも、全国的な知名度を獲得して一気に人気酒となるチャンスとなっており、例年、参加する蔵の熱も増しています。

審査の対象になるのは参加希望を出したお酒だけであり、出品していない日本酒は評価対象外となっています。有名な日本酒でランキングに入っていない場合、参加登録がなされていない可能性があります。

日本酒の生産者

国内の日本酒ブームだけではなく、海外でも日本酒の注目が高まっています。

しかし、海外の「SAKE」は日本国内の日本酒と比較すると、作り方が未熟だったり、アルコールを添加しているものが多く流通しています。

したがって、日本酒の本当の美味しさが海外でなかなか周知されていない現状があります。

そこでSAKE COMPETITIONでは日本酒のプレミアム化、適正価値の周知・定着を目指して、高価格帯で技術、味を競い合う「Super Premium 部門」も設けています。

最高峰の日本酒であり、私は毎年これで1位のお酒を買って楽しんでいます。

SAKE COMPETITIONのSuper Premium部門1位(2018年)のかもす日本酒「七賢」

Super Premium 部門とは720mlで小売価格が10,000円(税抜)以上、1,800mlで15,000円(税抜)以上の清酒が対象となります。

こちらは酒質8割・外見2割の審査比率での総合評価で順位が決まります。外見とはラベル・方張り・ボトル・化粧箱等付属品を含むパッケージです。

SAKE COMPETITION 2018の審査(中田英寿氏)SAKE COMPETITION 2018に関する中田英寿さんのお話

将来的には日本酒がワインのように全世界の人に楽しんでもらうお酒になることを目指すという崇高な目標も秘めているイベントです。

そうしたことから、農林水産省、経済産業省、内閣府、外務省、文化庁が後援となっているオール・ジャパン的な日本酒のイベントです。

2018年からは後援に文化庁も加わり、より一層クールジャパンとして、日本の各地域で生産された日本酒の魅力をワールドワイドに発信していく体制となっています。

区分名前
主催Organizer SAKE COMPETITION 実行委員会
協賛ダイナースクラブ、日本航空、RIEDEL
協力JA全農兵庫、JA全農おかやま 新中野工業、The Peninsula Tokyo、BS-TBS、幻冬舎、Sakenomy
後援農林水産省、経済産業省、内閣府、外務省、文化庁
運営はせがわ酒店、JAPAN CRAFT SAKE COMPANY、サニーサイドアップ

SAKE COMPETITION 2018

SAKE COMPETITION 2018

2017年までの純米酒、純米吟醸純米大吟醸、吟醸、Super Premium、発泡清酒、ラベルデザインの7部門に加えて、2018年は海外出品酒部門が新設されました。

部門名条件・解説
純米酒部門特定名称「純米酒」表示がされている清酒
または「特別純米酒」や「山廃純米酒」、「生もと純米酒」も出品可能
純米吟醸部門特定名称「純米吟醸」表示がされている清酒
「山廃純米吟醸」や「生もと純米吟醸」また「吟醸純米」など「純米吟醸酒」と判断できる表示でも出品は可能
純米大吟醸部門特定名称「純米大吟醸」表示がされている清酒
「山廃純米大吟醸」や「生もと純米大吟醸」また「大吟醸純米」など「純米大吟醸酒」と判断できる表示でも出品は可能
吟醸部門特定名称「吟醸」または「大吟醸」表示がされている清酒
「山廃吟醸・大吟醸」や「生もと吟醸・大吟醸」も出品可能
Super Premium部門特定名称酒に限らず720mlで小売価格が10,000円(外税)以上、1800mlで15,000円(外税)以上の清酒
スパークリング部門清酒ベースで、飲用時に炭酸ガスを感じることができる活性清酒で、概ね3.0ガスボリューム以上が目安。酒類の定義が「清酒」に限らず、清酒ベースであれば出品可能。ただし以下は対象外
・果実(果汁)、果汁エキスを添加・使用
・香料、酵母由来の天然色素以外の化学的着色料の添加あり
海外出品酒部門日本国外で醸造された清酒
ラベルデザイン部門表ラベル面のみのデザインを審査する部門

ユニークなのはラベルデザイン部門がある点です。日本酒が広がっている中で、多くの人がまず日本酒を手に取る際に注目するのがラベルです。

やはり最初はジャケット買いする方も多く、ラベルも日本酒の普及には非常に重要な役割を果たしていることから一部門として表彰されています。

SAKE COMPETITION 2018の授賞式はザ・ペニンシュラ東京で開催されました。

ザ・ペニンシュラ東京のロビー

余談ですが、ペニンシュラホテル東京のレストラン、客室、プール、スパ、サウナはいずれも秀逸なハイ・クオリティーで大満足できます。

ペニンシュラ東京ザ・ペニンシュラ東京の飾りペニンシュラ東京のプール

SAKE COMPETITION 2018の入り口には日本酒が集結しており、壮観でした。

SAKE COMPETITION 2018の入り口

ホール前にはラベルデザイン賞の対象作品が展示されていました。

SAKE COMPETITION 2018のラベル

協賛企業であるJALの飛行機の模型もありました。

JALの飛行機の模型

RIEDELの日本酒グラスも。ワインだけではなく、日本酒のグラスも生産しています。

RIEDELの日本酒グラス

舞台はザ・ペニンシュラ東京のホールだけあってゴージャスで洗練された雰囲気でした。熱気がムンムン!!

SAKE COMPETITION 2018の会場

2018年6月11日13時半、2018年の世界一の日本酒の発表が開始しました。

司会は2017年に続いて今年もBS-TBSのアナウンサーの方でした。スムーズな進行は「さすが」の一言でした。

SAKE COMPETITION 2018の司会

来賓として林 文部科学大臣が元農林水産大臣だったことからご登壇して、ご挨拶をなさっていました。

日本酒の輸出は目標に向かって着実に上昇しており、かつ日本国内でも林大臣の地元の山口では日本酒の消費量も底を打って上昇に転じてきたそうです。

日本酒の再評価・世界的な広がりの萌芽が芽生えており、それを引っ張っているのがSAKE COMPETITIONというお話がありました。

林文部科学大臣

ヨーロッパで日本酒のコンペが開催されるようにまでなってきたそうですが、やはり日本のコンペティションが本丸です。

農林水産省、経済産業省、内閣府、外務省、文化庁がSAKE COMPETITIONで後援となっているように、政府を上げて日本酒の普及・輸出を推進しています。

私自身、日本酒が大好きでして、よく比較されることが多いワインやウイスキーと並ぶポテンシャルがあると考えます。

オールジャパンで日本酒を盛り上げていければと思います。

ラベルデザイン部門

まずはラベルデザイン部門が発表されました。152品が出品されました。

ラベルデザイン部門 (10位) ラベルデザイン部門 (9位) ラベルデザイン部門 (8位) ラベルデザイン部門 (7位) ラベルデザイン部門 (6位) ラベルデザイン部門 (5位) ラベルデザイン部門 (4位)

3位からは表彰が行われます。ラベルデザイン部門は森田恭通さんがゲストプレゼンターとして贈呈していました。

ラベルデザイン部門 (3位) ラベルデザイン部門 (2位) ラベルデザイン部門 (1位)

1位は美しい幾何学模様が洗練されており、日本酒らしさもあるラベルデザインでした。これは絵心に不自由な私にも100%良さが伝わって唸りました。

1位を受賞した兵庫県の富久錦 新緑の播磨路の代表者の方のスピーチ、ゲストプレゼンターのスピーチがありました。

ラベルデザイン部門 (1位)のプレゼン ラベルデザイン部門 (1位)のゲストプレゼンターのプレゼンラベルデザイン部門 (1-3位)とゲストプレゼンター

スパークリング

スパークリング部門は出品数が74品と少ないことから、トップ3が発表されました。

スパークリング部門3位 スパークリング部門2位 スパークリング部門1位

発泡清酒部門のゲストプレゼンターは、ザ・ペニンシュラ東京のジョセフ・リー副総支配人で、1位を受賞した岩手県の南部美人 あわさけスパークリングの代表者の方とスピーチを行いました。

昨年はニューヨークに出張していて、弟さんがご参加なさっていました。似ていました^^

兄弟での酒造り、素晴らしいですね!

スパークリング部門1位のスピーチスパークリング部門1位とゲストプレゼンタースパークリング部門1~3位とゲストプレゼンター

純米酒部門

3番目に純米酒部門が発表されました。合計456品の中で栄えある10つの日本酒がランクインしました。

純米酒部門 (10位) 純米酒部門 (9位) 純米酒部門 (8位) 純米酒部門 (7位) 純米酒部門 (6位) 純米酒部門 (5位) 純米酒部門 (4位) 純米酒部門 (3位) 純米酒部門 (2位) 純米酒部門 (1位)

発泡清酒部門のゲストプレゼンターは祥子さんで、1位を受賞した福島県の會津宮泉 純米酒(宮泉銘醸)の代表者の方とスピーチを行いました。

純米酒部門1位とゲストプレゼンター純米酒部門1-3位とゲストプレゼンター

純米吟醸部門

続いて純米吟醸部門のトップ10が光臨しました。なんと534品もの日本酒が出品されました。

純米吟醸部門 (10位) 純米吟醸部門 (9位) 純米吟醸部門 (8位) 純米吟醸部門 (7位) 純米吟醸部門 (6位) 純米吟醸部門 (5位) 純米吟醸部門 (4位) 純米吟醸部門 (3位) 純米吟醸部門 (2位) 純米吟醸部門 (1位)

純米吟醸部門のゲストプレゼンターはJALの客室乗務員の花谷遥さんで、1位を受賞した三重県鈴鹿市の作 穂乃智(清水清三郎商店)の代表者の方がスピーチを行いました。

日本航空のキャビンアテンダントの制服は素晴らしいの一言です。個人的なドウデモ話で恐縮ですが、JALのCA制服のファンです。

純米吟醸部門1位とゲストプレゼンター 純米吟醸部門1-3位とゲストプレゼンター

ちなみに各部門の入賞位の中から「JAL賞」が選ばれて、日本航空 国際線のビジネスクラスで提供されます!

純米大吟醸部門

続いて純米大吟醸部門の世界から、445品の中から選ばれし10本がお披露目されました。

純米大吟醸部門 (10位) 純米大吟醸部門 (9位) 純米大吟醸部門 (8位) 純米大吟醸部門 (7位) 純米大吟醸部門 (6位) 純米大吟醸部門 (5位) 純米大吟醸部門 (4位) 純米大吟醸部門 (3位) 純米大吟醸部門 (2位) 純米大吟醸部門 (1位)

純米大吟醸部門のゲストプレゼンターはACISAMAN大木伸夫さんで、1位を受賞した南部美人 純米大吟醸の代表者の方がスピーチを行いました。スパークリング部門と並んでの2冠制覇です!

大木さんは日本酒ラヴァーで、ライブで各地域に行く度に地元の日本酒を飲んで、地酒の味わい、深さ、旨味を堪能しているそうです。

南部美人の代表の方からは、一生懸命技術開発・改革に取り組んでおり、世界で日本酒が評価されるために頑張るという力強いお言葉がありました。

純米大吟醸部門 (1位)とゲストプレゼンター 純米大吟醸部門 (1-3位)とゲストプレゼンター

吟醸部門

続いて吟醸部門の頂点に君臨する10つのお酒が発表されました。 198品からの選抜部隊です。

吟醸部門 (10位) 吟醸部門 (9位) 吟醸部門 (8位) 吟醸部門 (7位) 吟醸部門 (6位) 吟醸部門 (5位) 吟醸部門 (4位) 吟醸部門 (3位) 吟醸部門 (2位) 吟醸部門 (1位)

吟醸部門のゲストプレゼンターはリーデル代表取締役社長のウォルフガング・アンギャルさんで、1位を受賞した岡山県の大吟醸 極聖(宮下酒造)の代表者の方がスピーチを行いました。

2位を受賞した方はご都合で欠席でした。SAKE COMPETITIONは授賞式に出席しないと受賞しないということはありません。ガチンコバトルです!!

純米大吟醸部門1位とゲストプレゼンター純米大吟醸部門1-3位とゲストプレゼンター

Super Premium 部門

続いて720mlで小売価格が10,000円(税抜)以上、1,800mlで15,000円(税抜)以上の清酒が対象のSuper Premium 部門です。

日本酒がワインのような存在感を世界的に誇るようになるといいですね。この部門は48品の中からトップ3が発表されました。

Super Premium部門のゲストプレゼンターは元サッカー日本代表の中田英寿さんでした。現役時代と変わらない凛々しさでした!

中田英寿氏と蔵元代表者の握手 Super Premium 部門1-3位とゲストプレゼンター

中田英寿さんと1位を受賞した栃木県の醸(かもす)(せんきん)の代表者の方がスピーチを行いました。

Super Premium 部門1位とゲストプレゼンター

海外出品酒部門

続いて2018年から新設された海外出品酒部門が発表されました。海外で生産する蔵元が広がると、日本酒の裾野が着実に広がりますね。

海外出品酒部門2018(3位) 海外出品酒部門2018(2位) 海外出品酒部門2018(1位)

17品の中から3位と2位はカナダ、1位はアメリカの蔵元が受賞しました。

海外出品酒部門のゲストプレゼンターはいとうせいこうさんで、1位を受賞したアリゾナのJunmai Ginjo Nama(Arizona Sake LLC)の代表者の方がスピーチを行いました。

日本酒はその土地土地で物語があり、お米を手に入れたり醸すのが難しい中で、アリゾナで日本酒が造られてる中には素晴らしい物語があるでしょうといとうせいこうさんのお話がありました。

海外出品酒部門2018 1位とゲストプレゼンター

ダイナースクラブ若手奨励賞

ダイナースクラブ若手奨励賞2018

大トリの一つはダイナースクラブ若手奨励賞でした。40歳以下の若年層の日本酒の担い手をダイナースクラブとして表彰して、1年間をかけて社としてPRして応援することになります。

三井住友トラストクラブ代表取締役社長の野原幸二さんよりご挨拶がありました。

長年に渡ってダイナースクラブカードは、食のイベントや特典を通じて日本の食文化を応援してきました。

ダイナースクラブ若手奨励賞は、日本の食文化を代表する日本酒造りに携わっている若手を応援する賞です。

2017年に受賞した七賢とはイベントも開催しました。5月に夢山水という坂炭鉱で親子の田植え体験イベントを行い、大好評を博しました。今後は敷島の特別ツアーでも七賢とコラボします。

三井住友トラストクラブ代表取締役社長の野原幸二さん

受賞した方はダイナースクラブ会員誌での紹介、ダイナースクラブのポイントの交換商品への追加、ダイナースクラブ プレミアムカード会員への紹介、会社が設定する懇親会などで出すことなどが行われます。

2017を受賞した方はダイナースの会員誌「SIGNATURE」で合計12ページに渡って紹介されました。

下世話な話ですが、12ページに掲載するのは3000万円相当の広告費となるようです。

ダイナースの会員誌「SIGNATURE」

シグネチャーに掲載されてから、閑古鳥が鳴いていた店舗が一気に人気店になったという事例もあり、宣伝効果は抜群です。

ダイナースクラブ若手奨励賞は純米酒部門で3位を受賞した蔵王酒造の杜氏(酒蔵の最高製造責任者)である大滝真也さんでした。

蔵王酒造の杜氏(酒蔵の最高製造責任者)である大滝真也さん

賞品として50万円とダイナースプレミアムの特別招待&初年度年会費無料もプレゼントされました^^

ダイナースクラブ プレミアムカードは基本はインビテーション制のカードですが、このようなイベントでは特別招待というのがあったりします。

賞金の使い道は奥さんと相談する必要があるものの、スタッフで美味しいものを食べにいきたいと述べていました。

ダイナースクラブ若手奨励賞の受賞者とダイナース社長

JAL賞

SAKE COMPETITONの協賛企業

ダブルの大トリのもう一つとして、JAL賞の贈呈がありました。

純米酒部門、純米大吟醸部門、純米吟醸部門1位の方が受賞して、三重県鈴鹿市の作 穂乃智(清水清三郎商店)が大賞でした。

JAL賞の贈呈 JAL賞1-3位と客室乗務員 JAL賞1位と客室乗務員

最後に受賞者の方々とゲストプレゼンターの方々で記念撮影がありました。

SAKE COMPETITION 2018の受賞者とゲストプレゼンター SAKE COMPETITION 2018の受賞者とゲストプレゼンターのアップ

また、各部門の1位を受賞した方々での記念撮影がありました。

SAKE COMPETITION 2018の1位受賞者

終了後はぶら下がり取材という形で各メディアから登場した方々への質問タイムがありました。

日本酒に対する熱い想いが伝わって、今後は日本酒をもっとガンガン飲もうと思いました。

中田英寿さん

中田英寿さんは先月末に香港でワインメーカーが集まるイベントに参加して、シャトームートン、クリスタルなど錚々たるワインが集結していたものの、日本酒は決して引けを取らないと感じたそうです。

世界50社が集まるパーティーで日本酒を出したところ、凄いと言われたとのこと。実力に比べてワールドワイドでの知名度に乏しいのが歯がゆいですね。

中田英寿さんといとうせいこうさん(SAKE COMPETITON 2018)

今後とも生産者の方々、中田さんのような伝道者の方々、日本政府の力を結集して、日本酒が本来持っている実力に見合う評価を得られるようになったら最高だと感じました。

中田英寿さん(SAKE COMPETITON 2018)

日本酒の中でもスパークリングの需要がうなぎ登りとのことでした。

やはり外国人の方などで日本酒を知らない人が最初に入りやすいそうです。

確かに「これは日本のシャンパン」と紹介すれば、全く知らない方でも飲んでみようとなりそうですね!

発泡清酒は日本酒の王道ではないものの、やはりシャンパン的なイメージで飲まれやすいので、今後はより幅広いスパークリング日本酒が出てくるかもしれませんね。

中田英寿さんといとうせいこうさん(SAKE COMPETITON 2018)

日本酒はおじさんの飲み物というイメージが払拭されつつあり、若者にも広がりを見せてきているというお話もありました。

私はアラフォーでもはや若年層ではなく中年の方に属しているかもしれませんけれども、日本酒大好きです(*´ω`*)

中田英寿さんといとうせいこうさん(SAKE COMPETITON 2018)

各部門の受賞酒一覧

世界中の市販されている日本酒の頂点に君臨した「SAKE COMPETITION 2018」のお酒を最後にまとめます。

至高の美味しい日本酒ばかりですので、このラインナップを飲めば満足できること間違い無しです!!

Super Premium部門

Super Premium部門1位の代表者Super Premium部門2018 1~3位 Super Premium部門2018 1~3位のボトル

順位銘柄名生産者名地域
3太平山 純米大吟醸 天巧 20小玉醸造秋田
2白鶴 特選 天空 純米大吟醸 白鶴錦白鶴酒造兵庫
1仙禽 醸せんきん栃木

吟醸部門

吟醸部門2018 1~10位 吟醸部門2018 1~3位のボトル

順位銘柄名生産者名地域
10石鎚 真精大吟醸 袋吊り雫酒石鎚酒造愛媛
9町田酒造35 MAX 大吟醸町田酒造店群馬
8わしが國 大吟醸 雫搾り斗瓶取り山和酒造店宮城
7燦爛 大吟醸外池酒造店栃木
6廣戸川 大吟醸松崎酒造店福島
5伝匠月桂冠 大吟醸月桂冠京都
4東洋美人 大吟醸 山田錦 中取り澄川酒造場山口
3燦爛 大吟醸 雫酒外池酒造店栃木
2福寿 超特撰 大吟醸神戸酒心館兵庫
1極聖 大吟醸宮下酒造岡山

純米大吟醸部門

純米大吟醸部門2018 1位~10位 純米大吟醸部門2018 1位~3位のボトル

順位銘柄名生産者名地域
10石鎚 純米大吟醸石鎚酒造愛媛
9結ゆい 純米大吟醸 雫酒結城酒造茨城
8鳳凰美田 赤判 純米大吟醸小林酒造栃木
7府中誉 渡舟 純米大吟醸 斗瓶取り府中誉茨城
6町田酒造35 プレミアム 純米大吟醸町田酒造店群馬
5AKABU 純米大吟醸 極上ノ斬赤武酒造岩手
4作 純米大吟醸 岡山 朝日米清水清三郎商店三重
3作 雅乃智 中取り  純米大吟醸清水清三郎商店三重
2SEN廣瀬商店茨城
1南部美人 純米大吟醸南部美人岩手

純米吟醸部門

純米吟醸部門2018 1位~10位純米吟醸部門2018 1位~3位のボトル

順位銘柄名生産者名地域
10AKABU 純米吟醸 雄町赤武酒造岩手
9栄光冨士 純米吟醸 朝顔ラベル 生貯冨士酒造山形
8作 雅乃智 雄町清水清三郎商店三重
7AKABU 純米吟醸 愛山赤武酒造岩手
6文佳人 吟の夢 純米吟醸アリサワ高知
5七水 55 純米吟醸 雄町虎屋本店栃木
4名倉山 純米吟醸 善き哉名倉山酒造福島
3東洋美人 純米吟醸 50澄川酒造場山口
2東洋美人 純米吟醸 一歩 山田錦澄川酒造場山口
1作 恵乃智清水清三郎商店三重

純米酒部門

純米酒部門1位の蔵元の代表者 純米酒部門1位~10位 純米酒部門 2018 1位~3位のボトル

順位銘柄名生産者名地域
10宝剣 純米酒宝剣酒造広島県
9純米 飛露喜廣木酒造本店福島県
8笑四季 センセーション 白ラベル笑四季酒造滋賀県
7東洋美人 特別純米澄川酒造場山口県
6澤屋まつもと 守破離 山田錦松本酒造京都府
5寫楽 純米酒宮泉銘醸福島県
4クラシック仙禽 無垢せんきん栃木県
3蔵王 K 純米酒蔵王酒造宮城県
2あたごのまつ 特別純米 冷卸新澤醸造店宮城県
1會津宮泉 純米酒宮泉銘醸福島県

スパークリング部門

スパークリング部門1-3位 スパークリング部門1-3位のボトル

順位銘柄名生産者名地域
3八鹿 スパークリング Niji八鹿酒造大分
2一代 弥山 スパークリング中国醸造広島
1南部美人 あわさけスパークリング南部美人岩手

海外出品酒部門

海外出品酒部門1位の代表者海外出品酒部門1-3位 海外出品酒部門1位のボトル

ラベルデザイン部門

ラベルデザイン部門2018 1位~3位 ラベルデザイン部門2018 1位~3位のボトル

JAL賞

JAL賞(SAKE COMPETITON 2018)

銘柄名生産者名地域
作 恵乃智清水清三郎商店三重
南部美人 純米大吟醸南部美人岩手
會津宮泉 純米酒宮泉銘醸福島

まとめ

SAKE COMPETITION 2018は、市販されている中で世界一おいしい日本酒を決めるコンペです。

この中で受賞した日本酒はまさに世界全体の中でも精鋭揃いであり、本当に美味しい日本酒にもっと巡り会うことができます。

SAKE COMPETITION 2018

日本酒の更なる普及のため全世界に、日本酒の価値と魅力を発信する舞台となっており、将来的には日本酒がワインのように全世界の人に楽しんでもらうお酒になることが目指されています。

ダイナースクラブ・JAL等が協賛し、JA等が協力し、農林水産省・経済産業省・内閣府・外務省・文化庁が後援するイベントです。

林文部科学大臣 (SAKE COMPETITION 2018)SAKE COMPETITION 2018(中田英寿、いとうせいこう)ダイナースクラブ若手奨励賞の受賞者とダイナース社長JALとSAKE COMPETITON

日本酒はわが国の食生活ともかかわりの深い伝統的な飲料ですが、その消費量は減少傾向にありました。

しかし、昨今では日本酒ブームも出てきており、和食の無形文化遺産登録で日本酒も世界的に注目されました。

もっとも、まだまだ日本酒は分かりにくいという問題も残っており、ラベルに記載されている情報が少なすぎて、消費者は何を拠り所に選んだらよいのかわからないという声が多いです。

日本酒の品質を正しく評価し、料理とともに美味しく飲める日本酒を発表する場が「SAKE COMPETITION」です。

日本酒は「國酒」で世界に認められるべき酒質を備えており、日本酒が世界各国の食中酒として選ばれるべく、品格及び飲用特性の評価基準を明確にしていっています。

日本酒購入の元手づくりには、当サイト限定のタイアップキャンペーンがおすすめです。着実なリターンを得られます。

SBI証券は当サイト限定でお得なタイアップの口座開設プログラムを開催しています。なんと3,000円分で、ネット証券としては破格の内容です。

SBI証券のタイアップキャンペーン

口座開設と5万円以上の入金・SBIハイブリッド預金への振替だけで、3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。

口座開設時に以下の項目(無料)に申し込めば、SBI証券に入金するだけで自動的に振り替えられるので面倒な手間はありません。

SBI証券の口座開設申込画面

SBI証券は1000万円までは銀行預金のような公的な保護(投資家保護基金)があるので安心・安全です。銀行預金と同じで万が一破綻しても保護されます。

口座開設・維持・入出金は無料です。まだ口座をお持ちでなければ、この機会にぜひ口座開設してみてはいかがでしょうか。

ライブスター証券は当サイトと限定タイアップキャンペーンを行なっています。

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン

新規口座開設だけで特別に2,000円がプレゼントされます。取引・入金などの条件はありません。

当サイト限定!ライブスター証券の口座開設で2,000円プレゼント

岡三オンライン証券も、当サイト限定でお得な入会キャンペーンを行なっています。老舗証券の岡三証券グループのネット証券で安心感・信頼性も高いです。

岡三オンライン証券のタイアップキャンペーン

口座開設と5万円以上の入金だけで4,000円がプレゼントされます。

ネット証券のキャンペーンとしては破格の内容でおすすめです。まだ口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会に開設してみてはいかがでしょうか。

岡三オンライン証券

その他、お得な口座開設キャンペーンが多数あります。

SAKE COMPETITIONのようなオール・ジャパン的な素晴らしいイベントをサポートして、日本の食文化を応援しているクレジットカードがダイナースクラブカードです。

ダイナースの由来は「食事をする人」という意味であり、大人の食事を彩る日本酒もしっかりとサポートしています。

ダイナースクラブの紹介

ダイナースは年会費が高めですけれども、人生を味わい深くするクラブであるダイナースクラブの魅力あるベネフィットを満喫できます。

ダイニング関連ではレストラン・ウィークというイベントを定期的に開催しており、美食が捗ります。ダイナース会員は先行予約が可能だったり、ドリンクサービス等を受けられます。

人生を味わい深くするクラブ。ダイナースクラブ

イタリアン レストランウィークの記者発表会に参加して、イタリアンの魅力を再確認しました。

ダイナースクラブカードは「レストランウィーク」というイベントを定期的に開催しています。春の「銀座レストランウィーク」に続いて...

秋に開催されるダイナースクラブ フランスレストランウィークのレセプションに参加しました。

フランス大使公邸、イタリア大使館、オーストリア大使公邸という通常は立ち入ることのできない特別な空間でのディナーなど、ダイナースクラブ会員限定のスペシャルイベントにも参加できます。

2019年もダイナースクラブ フランス レストランウィークが開催されます。秋の2019年9月20日(金)~10月6日(日)の17日間、全国のレスト...

実際にガラディナーに参加したところ、大満足のクオリティで幸せに包まれました。

ダイナースクラブカードは「ダイナースクラブ フランス レストランウィーク」を毎年開催しています。全国各地のフランス料理屋さんで...

ちなみにダイナースクラブカードはグループ・アラン・デュカスと2010年よりパートナーシップを結び、国内外のレストランで優待特典があります。

ベージュアラン・デュカス東京で開催されたディナーイベントに参加したことがあります。卓越したクオリティでした。

ダイナースクラブカードは豊富なダイニング・イベントを開催しています。すきやばし次郎会食会、フランス大使館やイタリア大使館での...

春には銀座での多様なジャンルの名店がお得に楽しめる銀座レストランウィークが開催されます。

ダイナースクラブカードは春と秋の年2回、「銀座レストランウィーク」というイベントを開催しています。2019年も例年通り第一弾目が春...

ダイナースクラブはまさに「人生を彩るクラブ」であり、ダイナースクラブカードは本物のこだわりを語るステータスカードです(おすすめのダイナース一覧)。

ダイナースは流麗な制度が満載であり、人生がもっと楽しくなるクレジットカードです。一度使ったらもう手放せません。

私は入会前と入会後では、生活の豊かさが圧倒的に変わりました。サービスを利用したり、イベントに参加することで、それまでになかった体験が可能になっています。

ダイナースに入会してから、ダイナースクラブカードを使い倒しています。人生初のブラックカードはダイナースプレミアムでした。ダイ...

草喰なかひがし、銀座 小十、フロリージュ、日本料理 龍吟、青空など至高の予約困難店でキャンセルが出た席を予約できるダイニングサービスもあります。

「ダイナースクラブ ごひいき予約」というダイニング特典が開始して、2019年9月に「ごひいき予約.com」にリニューアルしました。草喰...

SAKE COMPETITIONの上位入賞酒が飲み放題、秀逸な料理の食べ放題のパーティーにポイントで参加することも可能です。

SAKE COMPETITIONの受賞酒が発表される夜には、授賞パーティーが開催されるのが恒例となっています。SAKE COMPETITION 2019の授賞パー...

幾多の特典があり、プラチナに肉薄しているハイ・クオリティーカードです。特に大きいメリットは以下のとおりです。

コース料理1名分無料サービスの利用可能店舗数は、競合サービスと比較すると多く、ダイニングに強みがあるダイナースらしくなっています。

対象レストランの一例としては、「重慶飯店 麻布賓館」があります。燕の巣入りフカヒレの姿煮、アワビ、ロブスター、和牛サーロインといった卓越した素材をお得に堪能できます。

ダイニング・アクセスの特典を利用して、重慶飯店 麻布賓館を利用しました。フレンチスタイルで味わう、老舗の本格中華料理です。六本...

また、トスカーナ料理のジャッジョーロ銀座があり、秀逸なイタリアンをお得に堪能できます。

「ジャッジョーロ銀座」という銀座のイタリアンのお店があります。野菜、パスタ、メインディッシュを好みに合わせて選べるクラシカル...

エグゼクティブ・ダイニングは、誕生日や記念日のディナーや会食がお得になって捗ります。店舗一覧、サービス内容の詳細は以下にまとめています。

ダイナースクラブカードには所定のコース料理を2名以上で予約すると1名分が無料になるサービスがあります。「エグゼクティブ・ダイニ...

ダイナースクラブカードの具体的なスペック、審査の基準については以下で徹底解説しています。

ダイナースクラブカードというクレジットカードがあります。高いステータス、国内外350空港850ヵ所以上の空港ラウンジサービス、高級...
ダイナースクラブカードは、審査が厳しいことで有名なクレジットカードです。しかし、クレジットカードの審査は全体的に徐々に緩くな...

以前にダイナースの五十嵐 幸司 代表取締役社長 代表取締役社長に取材しました。充実の特典、高いステータスの秘訣、クラブメンバーシップ・哲学など多様な角度で聞き倒しています!

三井住友トラストクラブはダイナースクラブカード、TRUST CLUBカード(Visa・Mastercard)を発行しています。ダイナースクラブカード...

ダイナースを保有して活用していくと、お得な特典で生活を豊かに彩ることができます。人生が眩い程に煌めきます。

ダイナースクラブカードは豊富なキャンペーンや会員イベントが魅力的なハイ・クオリティ・カードです。人生を豊かに彩ることができ、人生がまばゆい位に煌めきます。

ダイナースクラブカードには、銀座でお得な優待特典がある「銀座ダイナースクラブカード」もあります。夫婦で保有する場合はダイナースクラブカードよりも年会費が安くなります。

銀座ダイナースクラブカードというクレジットカードがあります。ダイナースクラブのプロパーカードです。通常のダイナースクラブカー...

ANAマイルに無期限・無制限で移行でき、ANAワイドゴールドカード特典もあるANAダイナースカードもあります。

ANAダイナースカードというクレジットカードがあります。ANAとダイナースクラブカードが提携した高級カードです。マイル関連では通常...

ANAダイナースカードは大量のマイルを得られる破格のキャンペーンが魅力的です。

ANAダイナースカードというクレジットカードがあります。ダイナースクラブがANAと提携して発行しているクレジットカードです。年会費...

ダイナースには上位カードのブラックカードもあります。ダイナースプレミアムANAダイナースプレミアムが代表的です。

ダイナースクラブ プレミアムカード

ダイナースプレミアムはマイル付与率1.5%~2.0%、24時間365日対応のコンシェルジュ、数多くのプレミアムカード限定特典など至高のベネフィットがあります。

まさに「溢れる生命力と優雅さが調和」「最高のバリューの結晶」と評価できるハイ・クオリティー・カードです。

ダイナースクラブ プレミアムカードの詳細については、以下で徹底的に解説しています。

ダイナースクラブ プレミアムカードというクレジットカードがあります。「ダイナース プレミアム」と称されており、幾多のクレジット...

ダイナースのブラックカードの入手方法については、体験に基づいて以下で精緻に分析しています。インビを待たずに獲得することも可能です。

ダイナースプレミアムというクレジットカードがあります。ダイナースクラブカードの最上級カードです。ダイナースクラブ プレミアムカ...

ダイナースクラブ プレミアムカードにはANAダイナースプレミアムなどの提携カードもあります(ダイナースのブラックカード一覧)。いずれも年会費を取り戻せる高級カードです。

オメガのスピードマスター60周年記念イベントが開催され、ダイナースプレミアムの保有者から2名が参加でき、お声がけいただくことができました。

オメガ スピードマスター60周年記念イベントの招待状

俳優の三浦翔平さんも出席しており、プライベートで愛用している「スピードマスター グレーサイド オブ ザ ムーン メテオライト」を腕につけて登場なさっていました。

オメガ スピードマスター60周年記念パーティー

その他、超有名アイドル、スポーツ選手、著名人がいて、セレブで凄いの一言でした。セレブが参加しているイベント・パーティーで、シャンパンや美味しい食事を堪能できました。

2017年はオメガのスピードマスター60周年となります。それを記念したイベントが全世界で開催されています。日本では6月6日に記念イベ...

ダイナースプレミアムを保有して、興味がある分野についてコンシェルジュとコンタクトを取っていれば、このようなスペシャルなイベントに招待される機会が生じてきます。

ブラックカードならではのお金では買えないプライスレスの貴重な体験が可能です。高級カードの醍醐味です。

ダイナースプレミアムのコンシェルジュ経由で参加したオメガの60周年記念イベント オメガの60周年記念イベントのお寿司オメガの60周年記念イベントの白ワイン

知り合いは高級車のパーティー・イベントに招待されたそうです。ダイナースならではの傑出したイベントで特筆に値します。

将来的にブラックカードを視野に入れている場合は、ダイナースクラブカードが有力です。アメックス・センチュリオンは年3000万円近い利用が必要という説があり、一般人にはハードルが高いです。

また、アメックス・センチュリオンは年会費が378,000円と高過ぎて、コストパフォーマンスの側面では今ひとつです。

ダイナースのブラックカードであるダイナースプレミアムは、コスパの観点では随一のブラックカードです。高いマイル付与率を誇っています。

一般加盟店で日本最高峰の1.5%~2.0%マイル還元であり、お得な有効期限が無期限のクレジットカードの筆頭です。

ダイナースクラブカードを保有して利用していくと、ダイナースクラブ プレミアムカードのインビテーションが届く可能性があります。決してハードルは高くありません。

公式サイトダイナースクラブカード 公式キャンペーン


SAKE COMPETITION 2017

SAKE COMPETITION 2017)

「SAKE COMPETITION 2017」の表彰式は、2017年6月5日に開催されました。

2016年までの純米酒、純米吟醸純米大吟醸、吟醸、Super Premiumの5部門に加えて、2017年は発泡清酒、ラベルデザインの2部門が新設されました。

発泡清酒部門は清酒ベースで引用時に炭酸ガスを感じる活性清酒で、概ね3.0ガスボリューム以上が目安の日本酒が対象となります。

ラベルデザイン部門は、表ラベル面のみのデザインを審査する部門です。ラベルデザイン部門の審査員は、日本のクリエイティブディレクターで慶應義塾大学環境情報学部特別招聘准教授の水野学さんなどです。

日本酒が広がっている中で、多くの人がまず日本酒を手に取る際に注目するのがラベルです。ラベルも日本酒の普及には非常に重要な役割を果たしていることから、今回の導入にいたりました。

SAKE COMPETITION 2017の授賞式はグランドハイアット東京で開催されました。

グランドハイアット東京

どうでも話ですが、グランドハイアット東京のグランド クラブ ラウンジは充実した酒類が飲み放題でハイ・クオリティーです。

グランドハイアット東京の階段

SAKE COMPETITION 2017の入り口には日本酒が集結しており、壮観でした。

2017年に開催された「SAKE COMPETITION 2017」の出品数は453蔵(うち海外8蔵)、総出品数1,730点(うち海外22点)と世界最大規模となります。

前年の2016年は416蔵・1,483点であり、+37蔵・+247点とますます規模が拡大しています。

SAKE COMPETITION 2017の入り口

ホール前には2017年に導入されたラベルデザイン賞の対象作品が展示されていました。

SAKE COMPETITION 2017のラベル

協力企業であるJALの飛行機の模型もありました。

JALの飛行機の模型

会場に向かう途中のソファーでは三井住友トラストクラブの野原幸二代表取締役社長がいらっしゃって、打ち合わせをしていました^^

舞台はグランドハイアット東京のホールだけあってゴージャスで洗練された雰囲気でした。

SAKE COMPETITIONの舞台

舞台の左右には部門の受賞酒がシールで隠れて「?」と書かれていました。

SAKE COMPETITIONの舞台右 SAKE COMPETITIONの舞台左

6月5日13時半、2017年の世界一の日本酒の発表が開始しました。

SAKE COMPETITION 2017の表彰式

司会はBS-TBSのアナウンサーの方でした。スムーズな進行は「さすが」の一言でした。

SAKE COMPETITION 2017の司会SAKE COMPETITION 2017の司会

ラベルデザイン部門

まずは新設のラベルデザイン部門が発表されました。10位は新潟県南魚沼市の「雪男 純米酒」(青木酒造)でした。続けて続々と4位までがスクリーンで発表されました。

ラベルデザイン部門 (9位)ラベルデザイン部門 (8位)ラベルデザイン部門 (7位)ラベルデザイン部門 (6位)ラベルデザイン部門 (5位)ラベルデザイン部門 (4位)

3位からは表彰が行われます。ラベルデザイン部門は審査員でもある水野学さんがゲストプレゼンターとして贈呈していました。

ラベルデザイン部門 (3位)ラベルデザイン賞3位の表彰ラベルデザイン部門 (2位)ラベルデザイン部門 (1位)

1位は日本らしい白と赤、鶴のデザインでまさに「The 日本酒」と形容できるラベルデザインでした。これは絵心に不自由な私にも100%良さが伝わって唸りました。

1位を受賞した越後鶴亀 越王 純米大吟醸の代表者の方のスピーチ、ゲストプレゼンターのスピーチがありました。

ラベルデザイン部門 (1位)のプレゼン水野学氏のプレゼンラベルデザイン部門 (1位)とゲストプレゼンターラベルデザイン部門 (1-3位)とゲストプレゼンター

発泡清酒

新設の発泡清酒部門では、トップ3が発表されました。

発泡清酒3位発泡清酒2位発泡清酒1位

発泡清酒部門のゲストプレゼンターは谷まりあさんで、1位を受賞した岩手県二戸市の南部美人 あわさけ スパークリング(南部美人)の代表者の方とスピーチを行いました。

日本酒作りの思いが伝わりました。谷まりあさんは大学生で21歳ということで、まだ日本酒を飲む機会があまりなかったものの、本日受賞したお酒を飲んだら美味しくて、日本酒の良さがわかったと述べました。

発泡清酒1位のスピーチ谷まりあさん発泡清酒1位とゲストプレゼンター発泡清酒1-3位とゲストプレゼンター

純米酒部門

続いて純米酒部門が発表されました。

純米酒部門 (10位)純米酒部門 (9位)純米酒部門 (8位)純米酒部門 (7位)純米酒部門 (6位)純米酒部門 (5位)純米酒部門 (4位)純米酒部門 (3位)純米酒部門 (2位)純米酒部門 (1位)

発泡清酒部門のゲストプレゼンターは平山あやさんで、1位を受賞した三重県鈴鹿市の作 穂乃智(清水清三郎商店)の代表者の方とスピーチを行いました。

お酒大好きという平山あやさんの日本酒愛が伝わってきました。

純米酒部門1位のスピーチ平山あやさんのスピーチ純米酒部門1位とゲストプレゼンター純米酒部門1-3位とゲストプレゼンター

純米吟醸部門

続いて純米吟醸部門のトップ10が光臨しました。

純米吟醸部門 (10位)純米吟醸部門 (9位)純米吟醸部門 (8位)純米吟醸部門 (7位)純米吟醸部門 (6位)純米吟醸部門 (5位)純米吟醸部門 (4位)純米吟醸部門 (3位)純米吟醸部門 (2位)純米吟醸部門 (1位)

純米吟醸部門のゲストプレゼンターはJALの客室乗務員の飯野好美さんで、1位を受賞した高知県安芸群の土佐しらぎく 純米吟醸 山田錦(仙頭酒造場)の代表者の方がスピーチを行いました。

奥さんにダメ出しされながら、製法を変えてこのお酒を作り上げたというエピソードが有りました^^

純米吟醸部門1位のスピーチ純米吟醸部門1位とゲストプレゼンター純米吟醸部門1-3位とゲストプレゼンター

ちなみに各部門の入賞位の中から「JAL賞」が選ばれて、日本航空国際線のビジネスクラスで提供されます!

純米大吟醸部門

続いて純米大吟醸部門の世界に10つがお披露目されました。

純米大吟醸部門 (10位) 純米大吟醸部門 (9位)純米大吟醸部門 (8位) 純米大吟醸部門 (7位) 純米大吟醸部門 (6位) 純米大吟醸部門 (5位)純米大吟醸部門 (4位)純米大吟醸部門 (3位)純米大吟醸部門 (2位)純米大吟醸部門 (1位)

純米大吟醸部門のゲストプレゼンターはいとうせいこうさんで、1位を受賞した静岡県掛川市の開運 純米大吟醸(土井酒造場)の代表者の方がスピーチを行いました。

開運とは投資家的にも非常に縁起がいいネーミングですね^^

息子が出張中で代わりに来たとおっしゃっていました。親子での酒造り、素晴らしいですね。

純米大吟醸部門 (1位)のスピーチ純米大吟醸部門 (1位)とゲストプレゼンター純米大吟醸部門 (1-3位)とゲストプレゼンター

吟醸部門

続いて吟醸部門の頂点に君臨する10つのお酒が発表されました。

吟醸部門 (10位)吟醸部門 (9位)吟醸部門 (8位)吟醸部門 (7位)吟醸部門 (6位)吟醸部門 (5位)吟醸部門 (4位)吟醸部門 (3位)吟醸部門 (2位)吟醸部門 (1位)

吟醸部門のゲストプレゼンターはリーデル代表取締役社長のウォルフガング・アンギャルさんで、1位を受賞した茨城県筑西市の来福 大吟醸 雫(来福酒造)の代表者の方がスピーチを行いました。

来福もまた縁起がよくてお祝いの場などで出したいお酒ですね。

純米大吟醸部門1位のプレゼン純米大吟醸部門1位とゲストプレゼンター純米大吟醸部門1-3位とゲストプレゼンター

Super Premium 部門

続いて720mlで小売価格が10,000円(税抜)以上、1,800mlで15,000円(税抜)以上の清酒が対象のSuper Premium 部門です。

日本酒がワインのような存在感を世界的に誇るようになるといいですね。この部門はトップ3が発表されました。

Super Premium部門のゲストプレゼンターは元サッカー日本代表の中田英寿さんです。

Super Premium 部門のゲストプレゼンターSuper Premium 部門 (3位)Super Premium 部門 (2位)Super Premium 部門 (1位)

1位を受賞した山梨県北杜市の七賢 純米大吟醸 大中屋 斗瓶囲い(山梨名醸)の代表者の方がスピーチを行いました。中田英寿さんと同じ山梨の酒蔵でした。

山梨というとワインのイメージが強いところですけれども、日本酒もあります。飲んでみようと思いました!

Super Premium 部門1位中田英寿さんのスピーチSuper Premium 部門1位とゲストプレゼンター

2位を受賞した方はご都合で欠席でした。SAKE COMPETITIONは授賞式に出席しないと受賞しないということはありません。ガチンコバトルです!!

Super Premium 部門1、3位とゲストプレゼンター

ダイナースクラブ若手奨励賞

ダイナースクラブ若手奨励賞

大トリはダイナースクラブ若手奨励賞でした。若年層の日本酒の担い手をダイナースクラブとして表彰して、1年間をかけて社としてPRして応援することになります。

三井住友トラストクラブ代表取締役社長の野原幸二さんよりご挨拶がありました。

三井住友トラストクラブ代表取締役社長

受賞した方はダイナースクラブ会員誌での紹介、ダイナースクラブのポイントの交換商品への追加、ダイナースクラブ プレミアムカード会員への紹介、会社が設定する懇親会などで出すことなどが行われます。

2016を受賞した方はダイナースの会員誌「SIGNATURE」で合計12ページに渡って紹介されました。

下世話な話ですが、12ページに掲載するのは3000万円相当の広告費となるようです。

ダイナースクラブ若手奨励賞はSuper Premium 部門で1位を受賞した山梨名醸の常務取締役・醸造責任者の北原亮庫さんでした。

山梨名醸の常務取締役・醸造責任者の北原亮庫さん

賞品として50万円とダイナースプレミアムの特別招待&初年度年会費無料もプレゼントされました^^

ダイナースクラブ プレミアムカードは基本はインビテーション制のカードですが、このようなイベントでは特別招待というのがあったりします。

スタッフは若い方が多いので、皆で美味しいものを食べにいきたいと述べていました。

ダイナースクラブ若手奨励賞とゲストプレゼンター

最後に受賞者の方々とゲストプレゼンターの方々で記念撮影がありました。

SAKE COMPETITION 2017の受賞者とゲストプレゼンターSAKE COMPETITION 2017の受賞者とゲストプレゼンター

また、各部門の1位を受賞した方々での記念撮影がありました。

SAKE COMPETITION 2017の1位受賞者SAKE COMPETITION 2017

終了後はぶら下がり取材という形で各メディアから登場した方々への質問タイムがありました。

日本酒に対する熱い想いが伝わって、今後は日本酒をもっとガンガン飲もうと思いました。

中田英寿、いとうせいこう、水野学中田英寿、いとうせいこう

Super Premium 部門とダイナースクラブ若手奨励賞をダブル受賞した北原亮庫さんとは出身が同じ山梨であることもあり、中田英寿さんとは仲良しのご様子でした。

中田英寿、北原亮庫

各部門の受賞酒一覧

世界中の市販されている日本酒の頂点に君臨した「SAKE COMPETITION 2017」のお酒を最後にまとめます。

至高の美味しい日本酒ばかりですので、このラインナップを飲めば満足できること間違い無しです!!

Super Premium部門

Super Premium1~3位Super Premium1~3位のボトル

1位の七賢はダイナースクラブ若手奨励賞も受賞しています。新進気鋭の若い侍が作っている日本酒です。

吟醸部門

3位の三井の寿は、どうしてもスラムダンクの三井寿が思い浮かんでしまいました。「あきらめたらそこで試合終了ですよ」は永遠の名言ですね。

吟醸部門1位~3位吟醸部門1位~3位のボトル

純米大吟醸部門

純米大吟醸部門1位~3位 純米大吟醸部門1位~3位のボトル

純米吟醸部門

純米吟醸部門1位~3位純米吟醸部門1位~3位のボトル

純米酒部門

純米酒部門1位~3位純米酒部門1位~3位のボトル

発泡清酒部門

発泡清酒部門1位~3位 発泡清酒部門1位~3位のボトル

ラベルデザイン部門

ラベルデザイン部門1位~3位 ラベルデザイン部門1位~3位のボトル

まとめ

SAKE COMPETITION 2017は、市販されている中で世界一おいしい日本酒を決めるコンペです。

この中で受賞した日本酒はまさに世界全体の中でも精鋭揃いであり、本当に美味しい日本酒にもっと巡り会うことができます。

日本酒の更なる普及のため全世界に、日本酒の価値と魅力を発信する舞台となっており、将来的には日本酒がワインのように全世界の人に楽しんでもらうお酒になることが目指されています。

ダイナースクラブ等が協賛し、JALやJA等が協力し、農林水産省・経済産業省・内閣府・外務省が後援するイベントです。

中田英寿、北原亮庫

日本酒はわが国の食生活ともかかわりの深い伝統的な飲料ですが、その消費量は減少傾向にありました。

しかし、昨今では日本酒ブームも出てきており、和食の無形文化遺産登録で日本酒も世界的に注目されました。

もっとも、まだまだ日本酒は分かりにくいという問題も残っており、ラベルに記載されている情報が少なすぎて、消費者は何を拠り所に選んだらよいのかわからないという声が多いです。

日本酒の品質を正しく評価し、料理とともに美味しく飲める日本酒を発表する場が「SAKE COMPETITION」です。

日本酒は「國酒」で世界に認められるべき酒質を備えており、日本酒が世界各国の食中酒として選ばれるべく、品格及び飲用特性の評価基準を明確にしていっています。

日本酒購入の元手づくりには、当サイト限定のタイアップキャンペーンがおすすめです。着実なリターンを得られます。

SBI証券は当サイト限定でお得なタイアップの口座開設プログラムを開催しています。なんと3,000円分で、ネット証券としては破格の内容です。

SBI証券のタイアップキャンペーン

口座開設と5万円以上の入金・SBIハイブリッド預金への振替だけで、3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。

口座開設時に以下の項目(無料)に申し込めば、SBI証券に入金するだけで自動的に振り替えられるので面倒な手間はありません。

SBI証券の口座開設申込画面

SBI証券は1000万円までは銀行預金のような公的な保護(投資家保護基金)があるので安心・安全です。銀行預金と同じで万が一破綻しても保護されます。

口座開設・維持・入出金は無料です。まだ口座をお持ちでなければ、この機会にぜひ口座開設してみてはいかがでしょうか。

ライブスター証券は当サイトと限定タイアップキャンペーンを行なっています。

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン

新規口座開設だけで特別に2,000円がプレゼントされます。取引・入金などの条件はありません。

当サイト限定!ライブスター証券の口座開設で2,000円プレゼント

岡三オンライン証券も、当サイト限定でお得な入会キャンペーンを行なっています。老舗証券の岡三証券グループのネット証券で安心感・信頼性も高いです。

岡三オンライン証券のタイアップキャンペーン

口座開設と5万円以上の入金だけで4,000円がプレゼントされます。

ネット証券のキャンペーンとしては破格の内容でおすすめです。まだ口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会に開設してみてはいかがでしょうか。

岡三オンライン証券

その他、お得な口座開設キャンペーンが多数あります。

SAKE COMPETITIONのようなオール・ジャパン的な素晴らしいイベントをサポートして、日本の食文化を応援しているクレジットカードがダイナースクラブカードです。

ダイナースの由来は「食事をする人」という意味であり、大人の食事を彩る日本酒もしっかりとサポートしています。

人生を味わい深くするクラブ。ダイナースクラブ

ダイナースは年会費が高めですけれども、人生を味わい深くするクラブであるダイナースクラブの魅力あるベネフィットを満喫できます。

ダイニング関連ではレストラン・ウィークというイベントを定期的に開催しており、美食が捗ります。ダイナース会員は先行予約が可能だったり、ドリンクサービス等を受けられます。

イタリアン レストランウィークの記者発表会に参加して、イタリアンの魅力を再確認しました。

ダイナースクラブカードは「レストランウィーク」というイベントを定期的に開催しています。春の「銀座レストランウィーク」に続いて...

秋に開催されるダイナースクラブ フランスレストランウィーク 2016~2019年のレセプションに参加しました。

フランス大使公邸、イタリア大使館、オーストリア大使公邸という通常は立ち入ることのできない特別な空間でのディナーなど、ダイナースクラブ会員限定のスペシャルイベントにも参加できます。

2019年もダイナースクラブ フランス レストランウィークが開催されます。秋の2019年9月20日(金)~10月6日(日)の17日間、全国のレスト...

実際にガラディナーに参加したところ、大満足のクオリティで幸せに包まれました。

ダイナースクラブカードは「ダイナースクラブ フランス レストランウィーク」を毎年開催しています。全国各地のフランス料理屋さんで...

春には銀座での多様なジャンルの名店がお得に楽しめる銀座レストランウィークが開催されます。

ダイナースクラブカードは春と秋の年2回、「銀座レストランウィーク」というイベントを開催しています。2019年も例年通り第一弾目が春...

ダイナースクラブはまさに「人生を彩るクラブ」であり、ダイナースクラブカードは本物のこだわりを語るステータスカードです(おすすめのダイナース一覧)。

ダイナースは流麗な制度が満載であり、人生がもっと楽しくなるクレジットカードです。一度使ったらもう手放せません。

私は入会前と入会後では、生活の豊かさが圧倒的に変わりました。サービスを利用したり、イベントに参加することで、それまでになかった体験が可能になっています。

ダイナースに入会してから、ダイナースクラブカードを使い倒しています。人生初のブラックカードはダイナースプレミアムでした。ダイ...

草喰なかひがし、銀座 小十、フロリージュ、日本料理 龍吟、青空など至高の予約困難店でキャンセルが出た席を予約できる「ダイナースクラブ ごひいき予約」もあります。

幾多の特典があり、プラチナに肉薄しているハイ・クオリティーカードです(ダイナースクラブカードの種類)。特に大きいメリットは以下のとおりです。

豊富なベネフィットに鑑みると、年会費を超える価値があると評価できます。

ダイナースはステータスが高いクレジットカードの筆頭であり、他社クレカと比較すると年会費が高くなっています。年会費無料のダイナ...

コース料理1名分無料サービスの利用可能店舗数は、競合サービスと比較すると多く、ダイニングに強みがあるダイナースらしくなっています。

対象レストランの一例としては、「重慶飯店 麻布賓館」があります。燕の巣入りフカヒレの姿煮、アワビ、ロブスター、和牛サーロインといった卓越した素材をお得に堪能できます。

ダイニング・アクセスの特典を利用して、重慶飯店 麻布賓館を利用しました。フレンチスタイルで味わう、老舗の本格中華料理です。六本...

また、トスカーナ料理のジャッジョーロ銀座があり、秀逸なイタリアンをお得に堪能できます。

「ジャッジョーロ銀座」という銀座のイタリアンのお店があります。野菜、パスタ、メインディッシュを好みに合わせて選べるクラシカル...

エグゼクティブ・ダイニングは、誕生日や記念日のディナーや会食がお得になって捗ります。店舗一覧、サービス内容の詳細は以下にまとめています。

ダイナースクラブカードには所定のコース料理を2名以上で予約すると1名分が無料になるサービスがあります。「エグゼクティブ・ダイニ...

ダイナースクラブカードの具体的なスペック、審査の基準については以下で徹底解説しています。

ダイナースクラブカードというクレジットカードがあります。高いステータス、国内外350空港850ヵ所以上の空港ラウンジサービス、高級...
ダイナースクラブカードは、審査が厳しいことで有名なクレジットカードです。しかし、クレジットカードの審査は全体的に徐々に緩くな...

以前にダイナースの五十嵐 幸司 代表取締役社長 代表取締役社長に取材しました。充実の特典、高いステータスの秘訣、クラブメンバーシップ・哲学など多様な角度で聞き倒しています!

三井住友トラストクラブはダイナースクラブカード、TRUST CLUBカード(Visa・Mastercard)を発行しています。ダイナースクラブカード...

ダイナースを保有して活用していくと、お得な特典で生活を豊かに彩ることができます。人生が眩い程に煌めきます。

ダイナースクラブカードは豊富なキャンペーンや会員イベントが魅力的なハイ・クオリティ・カードです。人生を豊かに彩ることができ、人生がまばゆい位に煌めきます。

ダイナースクラブカードには、銀座でお得な優待特典がある「銀座ダイナースクラブカード」もあります。夫婦で保有する場合はダイナースクラブカードよりも年会費が安くなります。

銀座ダイナースクラブカードというクレジットカードがあります。ダイナースクラブのプロパーカードです。通常のダイナースクラブカー...

ANAマイルに無期限・無制限で移行でき、ANAワイドゴールドカード特典もあるANAダイナースカードもあります。

ANAダイナースカードというクレジットカードがあります。ANAとダイナースクラブカードが提携した高級カードです。マイル関連では通常...

ダイナースには上位カードのブラックカードもあります。ダイナースプレミアムANAダイナースプレミアムが代表的です。

ダイナースクラブ プレミアムカード

ダイナースプレミアムはマイル付与率1.5%~2.0%、24時間365日対応のコンシェルジュ、数多くのプレミアムカード限定特典など至高のベネフィットがあります。

まさに「溢れる生命力と優雅さが調和」「最高のバリューの結晶」と評価できるハイ・クオリティー・カードです。

ダイナースクラブ プレミアムカードの詳細については、以下で徹底的に解説しています。

ダイナースクラブ プレミアムカードというクレジットカードがあります。「ダイナース プレミアム」と称されており、幾多のクレジット...

ダイナースのブラックカードの入手方法については、体験に基づいて以下で精緻に分析しています。インビを待たずに獲得することも可能です。

ダイナースプレミアムというクレジットカードがあります。ダイナースクラブカードの最上級カードです。ダイナースクラブ プレミアムカ...

ダイナースクラブ プレミアムカードにはANAダイナースプレミアムなどの提携カードもあります(ダイナースのブラックカード一覧)。いずれも年会費を取り戻せる高級カードです。

オメガのスピードマスター60周年記念イベントが開催され、ダイナースプレミアムの保有者から2名が参加でき、お声がけいただくことができました。

オメガ スピードマスター60周年記念イベントの招待状

俳優の三浦翔平さんも出席しており、プライベートで愛用している「スピードマスター グレーサイド オブ ザ ムーン メテオライト」を腕につけて登場なさっていました。

その他、超有名アイドル、スポーツ選手、著名人がいて、セレブで凄いの一言でした。セレブが参加しているイベント・パーティーで、シャンパンや美味しい食事を堪能できました。

2017年はオメガのスピードマスター60周年となります。それを記念したイベントが全世界で開催されています。日本では6月6日に記念イベ...

ダイナースプレミアムを保有して、興味がある分野についてコンシェルジュとコンタクトを取っていれば、このようなスペシャルなイベントに招待される機会が生じてきます。

ブラックカードならではのお金では買えないプライスレスの貴重な体験が可能です。高級カードの醍醐味です。

ダイナースプレミアムのコンシェルジュ経由で参加したオメガの60周年記念イベント オメガの60周年記念イベントのお寿司オメガの60周年記念イベントの白ワイン

知り合いは高級車のパーティー・イベントに招待されたそうです。ダイナースならではの傑出したイベントで特筆に値します。

将来的にブラックカードを視野に入れている場合は、ダイナースクラブカードが有力です。アメックス・センチュリオンは年3000万円近い利用が必要という説があり、一般人にはハードルが高いです。

また、アメックス・センチュリオンは年会費が378,000円と高過ぎて、コストパフォーマンスの側面では今ひとつです。

ダイナースのブラックカードであるダイナースプレミアムは、コスパの観点では随一のブラックカードです。高いマイル付与率を誇っています。

一般加盟店で日本最高峰の1.5%~2.0%マイル還元であり、お得な有効期限が無期限のクレジットカードの筆頭です。

ダイナースクラブカードを保有して利用していくと、ダイナースクラブ プレミアムカードのインビテーションが届く可能性があります。決してハードルは高くありません。

公式サイトダイナースクラブカード 公式キャンペーン

  • この記事を書いた人

まつのすけ

14年に渡ってクレカ・電子マネー等のキャッシュレス決済を探求。日本のキャッシュレス化に貢献することが目標です。55枚のクレジットカードを保有し、支払年会費の総額は113万円。実生活において徹底的に活用した経験を活かして、記事を執筆しております。

投稿日:

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.