The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

三菱UFJ-JCBデビットはポイントと海外旅行保険が魅力!メリット・デメリットを徹底解説

投稿日: デビットカード

三菱UFJ-JCBデビット

三菱UFJ-JCBデビットというデビットカードがあります。三菱UFJ銀行が発行しているJCBデビットカードです。

JCB加盟店で使えて便利なOki Dokiポイントの還元があること、使い過ぎる心配がないこと、海外ショッピング保険があることなどがメリットです。

三菱UFJ-JCBデビットの年会費、ポイント、メリット、デメリットについてまとめます。

三菱UFJ-JCBデビットの年会費

三菱UFJ銀行

三菱UFJ-JCBデビットとは、世界190の国と地域・約3,300万のJCB加盟店・ネットショップでお買い物ができるデビットカードです。

利用代金は普通預金口座から即時に引き落とされます。

日本国内に居住されている、15歳以上(中学生を除く)の普通預金口座をお持ちの個人・個人事業主の方なら誰でも利用できます。

気になる年会費は、初年度は無料です。2年目以降は1,080円(税込)ですが、年間の利用金額が累計10万円以上だと、翌年の年会費も無料になります。

また、カード有効期限月の翌月1日時点で本人会員の年齢が15歳~23歳の時期は、年会費無料で使えます。

24歳以上でも初年度は年会費無料で、年10万円以上を利用すれば翌年度は年会費が無料となります。

カード・フェイスは、レッド・ホワイト・ブラックの三種類です。ルイ・ヴィトンのような模様がオシャレです。

JCBのロゴ

国際ブランド付きデビットカードであり、搭載されているのが日本人向けベネフィット満載なのがJCBのメリットです。

一部でJCBオリジナルシリーズなどおすすめのJCBカードと同一の特典も使えて、JCB PLAZAなどのJCBカード特典が充実しています。

我々には当たり前となっていますが、実は自国内の企業が大々的なクレジットカードのインフラを担っているというのは世界有数で凄いことです。

あのプーチン氏が絶賛している程です。ロシアは経済制裁でアメックス・VISA・Mastercard・ダイナースクラブなど外国企業から取引が打ち切られると困り果ててしまいます。

しかし、日本の場合は仮にそうなったとしても、JCBがあるので国内の決済は混乱をきたすことなく経済活動が可能となります。

着物姿の笑顔の女性

世界5大クレジットカード国際ブランド(JCB・VISA・Mastercard・Amex・DinersClub)の一つとしての地位を確立しており、中国銀聯が世界に進出するまで、長らく米国系以外では唯一のメジャー・国際ブランドでした。

近年では中国銀聯を加えて6大国際ブランドと呼ばれています。日本国産ということから「サムライカード」という呼称もあります。日本が誇る侍カード、かっこいい名前ですね^^

日本刀

2015年6月からのJCBのブランドメッセージは、日本国内では「世界にひとつ。あなたにひとつ。」であり、海外では「Uniquely Yours」です。

このブランドメッセージには、JCBがこれからも大切にしたいこと、「お客様志向」と「日本的」が反映されています。JCBの想いは以下の通りです。

それぞれの願い。それぞれの夢。お客様一人ひとりの、かけがえのない想い。

JCBは約束します。そのひとつひとつをしっかりと受けとめ、耳を傾け、かなえるお手伝いをすることを。

私たちは、日本で生まれた、ただひとつの国際カードブランドとして、「おもてなしの心」「きめ細やかな心づかい」で一人ひとりのご期待に応えていきます。

そして「便利だ」「頼れる」「持っていてよかった」と思っていただける、あなたにとっての世界にひとつを目指し続けます。

カード利用でOki Dokiポイントが貯まる!

JCBのビル

三菱UFJ-JCBデビットは、カードショッピング利用でJCBの「Oki Dokiポイント」が貯まります。

Oki Dokiとは「OK!」「大丈夫、喜んで!」の語源である「Okey Dokey(オーキードーキー)」(英語の古語)のことです。

若者たちがそのリズミカルな語感を愛し、言葉遊び的に「Oki Doki」と口にするようになったそうです。

Oki Dokiポイント

三菱UFJ-JCBデビットを利用すると、1,000円(税込)ごとに1ポイント貯まります。還元率0.3%~0.5%相当です。交換商品により還元率は異なります。

税込価格に対してポイントが貯まるのが地味なメリットです。税抜に対してポイントが付与されるクレジットカードもあります。

税抜だと1,980円とか7,980円といった商品を買った時、端数に対してポイントが付与されず、切り捨てられて損をしてしまいます。

三菱UFJ銀行のJCBデビットカードにはそのような心配はありません。貯めたOki Dokiポイントの有効期限は獲得月から2年です。

三菱UFJ-JCBデビットの還元率は、SMBCデビットの0.25%、三菱UFJ-VISAデビットの0.2%(自動キャッシュバック)、みずほJCBデビットの0.2%を大きく上回っています。

貯めた「Oki Dokiポイント」の交換先にはどのようなものがあるのか気になりますよね。多種多様な商品と交換できます。

2015年12月16日から、多くのポイントの交換単位が500ポイントから200ポイントに改善されました。

より少額のポイントを移行可能となりました。利便性が高いポイント移行先は以下の通りです。以下の還元率はカード利用の基本ポイントであり、年間利用金額に応じたボーナスは考慮していません。

移行先ポイント名必要ポイント数移行先ポイント数還元率
キャッシュバック130.30%
nanacoポイント2001,0000.50%
楽天スーパーポイント2008000.40%
WAONポイント2008000.40%
Tポイント5002,0000.40%
(らくらく自動移行コース)150.50%
(好きなときコース)2009000.45%
dポイント2008000.40%
au WALLETポイント2008000.40%
Amazonでのお買い物5001,5000.30%
楽天Edy5001,5000.30%
JCBプレモカードへのチャージ2001,0000.50%
ビックポイント(ビックカメラ)2001,0000.50%
ジョーシンポイント2001,0000.50%
ベルメゾン・ポイント2001,0000.50%
スターバックスカードチャージ2008000.40%
JALマイル5001,5000.30%
ANAマイル5001,5000.30%
ANAスカイコイン5001,5000.30%
デルタ航空 スカイマイル5001,5000.30%
セシールスマイルポイント2001,0000.50%
JTBトラベルポイント2001,0000.50%
ちょコムポイント2001,0000.50%
カエトクカード2008000.40%
ニッセンお買物券2001,2000.60%
地域経済応援ポイント(自治体ポイント)2501,0000.40%
App Store & iTunes コード2501,0000.40%

還元率ができるだけ高いほうがお得です。nanacoポイント、Tポイントが使いやすく、還元率0.5%のレートで交換できてお得です。

マイルの価値を1マイル2円と考えると、ANA・JAL・デルタ航空へのマイル交換もお得感があります。年間参加登録費や移行手数料を払うことなく交換できるのがメリットです。

定期的にOki Dokiポイント1ポイントをnanacoポイント6ポイントに移行できるキャンペーンが開催されています。

直近では2017年4月25日~7月18日、7月25日~10月16日、2018年3月16日~7月5日に実施されました。

Tポイントの場合、「JCB×Yahoo! JAPAN ポイントクラブ」に登録してMyJCB IDとYahoo! JAPAN IDを連携すると、ポイント交換レートがアップします。

1ポイント以上1ポイント単位で移行できる「らくらく自動移行コース」や、200ポイント以上100ポイント単位で交換できる「好きなときコース」を選択できます。

 らくらく自動移行コース好きなときコースJCB×Yahoo! JAPAN ポイントクラブ未登録
概要毎月自動的にすべてのOki DokiポイントがTポイントに移行任意のタイミングでOki DokiポイントをTポイントに移行任意のタイミングでOki DokiポイントをTポイントに移行
交換単位1ポイント以上1ポイント単位200ポイント以上100ポイント単位500ポイント以上100ポイント単位
交換レート1ポイント→5 Tポイント1ポイント→4.5 Tポイント1ポイント→4 Tポイント
移行手続き不要必要必要
他のOki Dokiポイントプログラム商品への申し込み×

使いやすい金券類への交換は下表のとおりです。JCBプレモカードとはリアルの加盟店やインターネットショッピングで利用できるプリペイドカードです。

移行先必要ポイント数交換先の価格還元率
JCBギフトカード1,0505,0000.48%
2,05010,0000.49%
3,05015,0000.49%
4,05020,0000.49%
5,05025,0000.50%
6,05030,0000.50%
7,05035,0000.50%
8,05040,0000.50%
9,05045,0000.50%
10,05050,0000.50%
JCBプレモカード6703,0000.45%
nanacoカード5502,0000.36%
1,0505,1000.49%
2,05010,0000.49%
4,05020,0000.49%
8,05040,0000.50%
9,05045,0000.50%
10,05050,0000.50%
QUICPay付nanacoカード1,0505,7000.54%
QUOカード(ディズニーキャラクター)3,0008500.35%
iTunes Card5001,5000.30%
スターバックス カード6502,0000.31%
全国共通お食事券 ジェフグルメカード6502,0000.31%
コメカ(コメダ珈琲店プリペイドカード)6502,0000.31%
モスカード6502,0000.31%
マックカード6502,0000.31%
KFC CARD6502,0000.31%
ぐるなびギフトカード6502,0000.31%
すかいらーくご優待券6502,0000.31%
モンテローザグループ お食事券&ドリンク券6502,0000.31%
ユニクロギフトカード9503,0000.32%
東京ディズニーリゾート・パークチケット(1枚)1,5007,4000.49%
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
スタジオ・パス(1名分)
1,5007,9000.53%
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
スタジオ・パス(2名分)
3,00015,8000.53%
ユナイテッド・シネマ/シネプレックス
共通映画鑑賞券(2枚)
7003,6000.51%
TOHOシネマズ映画鑑賞引換券(2枚)7003,6000.51%
honto5002,500円以下0.50%
ハーゲンダッツミニカップギフト券
4枚(1枚で2個と交換可)
7002,6400.38%

QUICPay付nanacoカードへの交換だと、1 Oki Dokiポイントが約5.4円相当となり、高還元のレートでポイントを交換できます。nanacoはセブンイレブンでの税金の支払いにも利用できます。

Oki Dokiポイントをnanacoカードに交換すると、nanacoギフトがプレゼントされるキャンペーンが定期的に行われています。直近では2017年12月19日~2018年2月14日、2018年3月16日~7月5日です。

この期間中は1,050ポイント以上ならば、交換レートが1対5を超えるので、nanacoカードへの交換が最もお得になります。

交換商品nanacoギフト交換レート
nanacoカード(2,000ポイント付)3001対4.18
nanacoカード(5,100ポイント付)3001対5.14
nanacoカード(10,000ポイント付)8001対5.27
nanacoカード(20,000ポイント付)2,0001対5.43
nanacoカード(40,000ポイント付)5,0001対5.59

JCBギフトカードは日常的に使うことが多いお店でも幅広く使えるため利便性が高いです。

スーパー(イオン・イトーヨーカドー・東急ストア・マックスバリュ・マルエツなど)、ドン・キホーテ、スギ薬局、飲食(ロイヤルホスト・梅の花・木曽路・デニーズ・和食さと等)で使えるので便利です。

家電量販店(ヤマダ電機、ビックカメラ、エディオン、ヨドバシカメラ、コジマ、ケーズデンキなど)、カー用品(イエローハット、オートバックスなど)、ホームセンター(コーナン、島忠など)、衣服(ユニクロ、ライトオン、紳士服チェーンなど)でも利用できます。 これら以外にも多種多様な店舗で使えます。

JCBギフトカード

Oki Dokiポイントを1ポイントから使ってAmazon.co.jpでお買い物ができる「パートナーポイントプログラム」に登録すると、Oki Dokiポイントが1ポイントからAmazonでのお買い物に使えます。

1ポイントでAmazonで3.5円分の買い物ができます。例えば1,000ポイントなら3,500円です。余ったポイントも上手に利用できます!

ハーゲンダッツミニカップギフト券もあります。還元率は高くありませんが、お好きな人へのプレゼントなどにいいかもしれません。

ハーゲンダッツミニカップギフト券

東京ディズニーリゾート・パークチケットへの交換だと、1 Oki Dokiポイントが約4.9円相当となります。高還元のレートでポイントを交換できます。

JCBが東京ディズニーリゾートのオフィシャルスポンサーであるからか、お得なレートで交換できます。

ディズニーリゾートのモノレール

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン スタジオ・パスだと、1 Oki Dokiポイントが約5.3円相当となります。こちらもお得です。

Oki Dokiポイントの詳細、あらゆる交換先一覧については、以下にまとめています。

JCBオリジナルシリーズのクレジットカードは、ショッピング利用でJCBの「Oki Dokiポイント」が貯まります。一部のJCB提携カードでも、...

Oki Dokiポイントを活用すると、オークラ ニッコー ホテルズの上級会員にもなれます。

オークラ、ホテル日航、JALシティ等をお得に利用できます。

ホテルオークラ東京ベイという東京ディズニーリゾートのオフィシャルホテルもあります。

ホテルオークラ東京ベイのデラックスルームのベッド

オークラ ニッコー ホテルズのメンバーシップ制度は「One Harmony」という名前です。One Harmonyの会員ステータスはメンバー、ロイヤル、エクスクルーシィヴの3ランクです。

年間で5,000ポイント獲得か10泊以上でロイヤルになり、15,000ポイント以上または30泊以上でエクスクルーシィヴになります。

ホテルオークラの会員「One Harmony」

1万 JALマイルを4,500 One Harmonyポイントに交換できます。2019年3月末まではレートアップキャンペーンで1万マイルを6,000ポイントに換えられます。

One Harmonyは交換したポイントでも、会員ランクの達成条件の対象になります。Oki DokiポイントをJALマイルに交換して、更にJALマイルをOne Harmonyポイントに換えることで、オークラ ニッコー ホテルズの上級会員を取得できます。

サービス内容 メンバー ロイヤル エクスクルーシィヴ
新聞無料サービス(※1)
クイックチェックイン
ボーナスポイント - +25% +50%
J-SMARTプランでのボーナスマイル - +10% +30%
レイトチェックアウト -
スイートルーム・デラックスルーム半額クーポン(※2) -
客室アップグレードクーポン(1ランクアップ)※3 -
客室アップグレード※3 - -
  • ※1:オークラフロンティアホテル海老名、オークラ千葉ホテルでは新聞無料サービスはエクスクルーシィヴ会員のみ
  • ※2:オークラ プレステージ台北はエクスクルーシィヴ会員のみ
  • ※3:当日のホテルの空室状況による

客室アップグレードクーポン、スイートルーム・デラックスルーム半額クーポンは年3~5枚もらえます。エクスクルーシィヴ会員はクーポンを使わなくても無制限でアップグレードが可能です。

正規料金に対して半額となるので、祝前日などホテルの宿泊料金が高くなる時期に利用するとお得度がアップします。

この他、ウェルカムドリンク、ウェルカムスイーツ、館内施設利用(プール・SPA・ジム等)など、各ホテルごとにオリジナルの特典があります。

ボトルウォーターはロイヤル以上であることが多いです。一部ホテルで提供しているウェルカムドリンク・ウェルカムフルーツはエクスクルーシィヴ会員のみであることが大多数です。

Oki Doki ランドでネット通販の還元率1%以上

スマホを見る女性

JCBは「Oki Doki ランド」というポイントモールを運営しています。

ポイントモール経由でAmazon、楽天、ヤフーショッピング、ロハコなどで買い物すると、クレジットカードやネット通販サイトのポイントとは別に、更に独自にポイントが貯まります。

Oki Doki ランドの代表的な総合店舗は以下の通りです。ポイント倍率は基本還元率(0.5%)に対する倍率です。例えば2倍ですと0.5%の上乗せがあるという意味です。

Amazon、楽天、LOHACO、Yahoo!ショッピング、セブンネット、イトーヨーカドーネットスーパーなどがお得になるのは大きなメリットです!

ジャンル 名前 ポイント倍率 合計還元率
総合 Amazon 2倍 1.0%
楽天市場 2倍 1.0%
LOHACO 2倍 1.0%
Yahoo!ショッピング 2倍 1.0%
ポンパレモール 2倍 1.0%
ベルメゾンネット 3倍 1.5%
セブンネットショッピング 2倍 1.0%
Wowma!(ワウマ) 2倍 1.0%
ニッセン 4倍 2.0%
ヤマダモール 2倍 1.0%
スーパー等 SEIYUドットコム 2倍 1.0%
楽天マート 2倍 1.0%
楽天24 2倍 1.0%
FANCL 2倍 1.0%
DHCオンラインショップ 4倍 2.0%
爽快ドラッグ 2倍 1.0%
家電 ビックカメラ.com 3倍 1.5%
Apple Store 2倍 1.0%
ひかりTVショッピング 2倍 1.0%
ヤマダ電機 WEB.COM 2倍 1.0%
エディオンネットショップ 2倍 1.0%
本・音楽 BookLive! 2倍 1.0%
honto 2倍 1.0%
TSUTAYA オンライン 2倍 1.0%
楽天ブックス 2倍 1.0%
旅行 エクスペディア 2倍 1.0%
JCBトラベル 2倍 1.0%
近畿日本ツーリスト 2倍 1.0%
JTB 2-3倍 1.0%
1.5%
JAL 日本航空 5倍 2.5%
アップルワールド 10倍 5.0%
クーポン グルーポン 2倍 1.0%
LUXA 2倍 1.0%
くまポンbyGMO 2倍 1.0%
ファッション マルイウェブチャネル 2倍 1.0%
ジーユー オンラインストア 2倍 1.0%
i LUMINE(アイルミネ) 2倍 1.0%
JINS 2倍 1.0%
ABC-MART.net 2倍 1.0%

ネットショッピングを利用する際には、Oki Doki ランドを経由すると更にお得になります。

キャンペーンで特別に付与されるポイントが増加することがよくあります。常にどれかのショップは更にポイント増額となっています。

Oki Doki ランドの左側サイドバーの「ポイントアップキャンペーン一覧」からポイントアップ中のショップ一覧を確認できます。

JCBは「Oki Doki ランド」というポイントモールを運営しています。JCBオリジナルシリーズのクレジットカードの他、「Oki Dokiポイント...

ショッピング保険と不正利用時の補償がある!

ショッピングしている女性

三菱UFJ-JCBデビットには海外利用時はショッピング保険があるので、安心して買い物ができます。

年10万円以上の利用でずっと年会費無料で使えるのに、ショッピング保険があるのはナイスです。

年会費が有料なのにショッピング保険がついていないクレジットカードは数多くあります。海外利用分に限定されますけれども、エッジが効いています。

三菱UFJ銀行のJCBデビットカードを利用して購入した品物が、破損・盗難などの偶発な事故で被った損害について補償されます。

購入日より90日間とクレジットカード並みの保障があります。上限は年間100万円で、1事故あたり10,000円の自己負担があります(※国内ショッピングは対象外)。

したがって、価格が1万円未満のぬいぐるみ等は補償対象外です。

マイメロディ、リラックマ、日清食品のひよこちゃん

偽造・盗難カード等が第三者によって不正利用された場合の補償もあります。

連絡日から60日前まで遡り、その日以降に発生した障害について、1事故あたり500万円を限度に補償されます。三菱UFJ-VISAデビットは年間100万円なのでJCBの方が高いです。

デビットカードの中には補償がついていないカードもあります。

三菱UFJ-JCBデビットは万が一の紛失・盗難・偽造・インターネット不正利用の際にも、しっかりと補償されるので安心して使えるカードです。

JCB PLAZAなどのJCB共通特典を利用可能

JCBプラザ

JCB PLAZA

三菱UFJ-JCBデビットはJCBプラザを利用可能です。海外に設置されたJCBの海外サービス窓口で、JCB加盟店の予約や観光などに関して日本語で問い合わせることができます。

現地のJCB加盟店の紹介、ホテル、レストラン、オプショナルツアー、各種チケット などの予約・取得代行、カードの利用方法などについてJCBプラザ・スタッフが対応してくれます。

JCBカードの紛失・盗難時のサポート、Wi-Fi 無料サービスもあります。来店の際にカードを提示すると利用可能です。

日本人が来訪する頻度が多いと思われる、南米・中東・アフリカを除く世界の主要都市に設置されています。

2010年6月からはJTBグローバルアシスタンスへ業務委託し、JCBプラザは他社との兼用となっています。一部の主要地域では、JCB会員専用の「JCBプラザラウンジ」があります。

日本ではJTBトラベルゲート有楽町店内や京都駅にJCBプラザがありますが、海外からの来訪者(インバウンド)向けのもので、国内発行のJCBカードでは利用できません。

JCBプラザ設置都市一覧は下表のとおりです。

国名 都市名
アメリカ ロサンゼルス
ホノルル
グアム
ラスベガス
サンフランシスコ
サイパン
ニューヨーク
シカゴ
オーランド
カナダ バンクーバー
トロント
ブラジル サンパウロ
ペルー リマ
メキシコ カンクン
中国 香港
上海
北京
大連
韓国 ソウル
釜山
台湾 台北
シンガポール シンガポール
タイ バンコク
インドネシア バリ
ジャカルタ
ベトナム ホーチミンシティ
フィリピン マニラ
マレーシア クアラルンプール
カンボジア シェムリアップ
オーストラリア シドニー
ケアンズ
パース
ゴールドコースト
ニュージーランド オークランド
クイーンズタウン
フィジー フィジー
フランス パリ
イギリス ロンドン
イタリア ローマ
ミラノ
スイス ジュネーブ
スペイン マドリード
バルセロナ
ドイツ フランクフルト
オーストリア ウィーン
デンマーク コペンハーゲン
オランダ アムステルダム
ハンガリー ブダペスト
トルコ イスタンブール
ギリシャ アテネ
エジプト カイロ

JCB PLAZAの中

JCBプラザ ラウンジ

世界の主要都市9ヵ所には、JCB会員の方専用の空間「JCBプラザ ラウンジ」があります。

「JCBプラザ ラウンジ」では、JCBプラザの共通サービスに加え、ラウンジならではのサービスが提供されています。プラザラウンジのサービス一覧は以下のとおりです。

  • ドリンクサービス
  • インターネット、プリントアウト無料サービス
  •  日本語新聞、雑誌の閲覧
  •  現地ガイドブック、情報誌の閲覧
  •  マッサージ機
  •  レンタル傘サービス
  • お荷物の当日中一時預かりサービス(貴重品や金券などは不可)

これ以外にもプラザラウンジごとにオリジナルのサービスもあります。JCBプラザラウンジ設置都市一覧は下表のとおりです。

国名 都市名
アメリカ ロサンゼルス
ホノルル
グアム
韓国 ソウル
台湾 台北
中国 香港
シンガポール シンガポール
タイ バンコク
フランス パリ

JCB PLAZA、JCBプラザ ラウンジに訪問すると、ギフト券やグッズが当たる「JCBプラザへ行こう!キャンペーン」が開催されることもあります。

ハワイのトロリーバス(ピンクライン)無料乗車

三菱UFJ-JCBデビットを見せるだけで、ハワイのワイキキ・トロリー(ピンクライン)の乗車賃が無料となります。

ホノルルのJCBプラザ ラウンジにおいてドリンクサービスで休憩できます。

また、情報を仕入れてから無料バスで移動して、ハワイを効率的に観光することが可能です。

JCBデビットのハワイでの利用シーン

デビットカードなのに充実の旅行傷害保険が付帯!

デビットカードで旅行傷害保険が付帯しているカードはほとんどありません。クレジットカードでも、保険はついていないカードは数多くあります。

しかし、三菱UFJ-JCBデビットは旅行傷害保険が充実している稀有なデビットカードです。

国内外の旅行傷害保険が付帯しています。しかも死亡・高度障害だけではなく、利用頻度が多い補償もしっかりと確保されています。

国内旅行傷害保険は利用付帯で、国内での旅行に関わる傷害による死亡・後遺障害で、最大3,000万円の保険金が出ます。※国内旅行に関する所定の料金の支払いに事前にJCBデビットを利用した場合

海外旅行傷害保険

海外旅行中の日本人女性

海外旅行傷害保険は利用付帯であり、事前に「搭乗する公共乗用具」(航空券など)または「参加する募集型企画旅行」(パッケージツアー料金など)の料金を支払った場合に補償されます。

保険の種類 保険金額 保険金をお支払いする場合
傷害 死亡/後遺障害 最高3,000万円 旅行期間中の事故によるケガが原因で事故の日から180日以内に死亡または後遺障害が生じた時
傷害・疾病治療費用 最大100万円 旅行期間中の事故によるケガが原因で医師の治療を受けたとき。事故の日から180日以内に要した費用
疾病 1回の病気につき100万円限度 旅行期間中に発病または原因が発生し旅行期間中または旅行行程終了後72時間を経過するまでに(特定感染症の場合は30日を経過するまでに)医師の治療を受けた時
※最初の治療日から180日以内に要した費用
※特定の感染症とはコレラ、ペスト、天然痘、発疹チフス、ラッサ熱、マラリア、回帰熱、黄熱、重症急性呼吸器症候群、エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、マールブルク病、コクシジオイデス症、デング熱、顎口虫(がっこうちゅう)、ウエストナイル熱、リッサウイルス感染症、腎症候性出血熱、ハンタウイルス肺症候群、高病原性鳥インフルエンザ、ニパウイルス感染症、赤痢、ダニ媒介性脳炎、腸チフス、リフトバレー熱、レプトスピラ症
賠償責任 最大2,000万円 旅行期間中に誤って他人をケガさせたり他人のものを壊したりして、被害者から法律上の損害賠償を請求された時
携行品損害 1旅行最大20万円、年間100万円 旅行期間中に携行する身の回りの品(被保険者の所有するもの)が盗まれたり、事故により壊れたりした時
※自己負担額1回の事故につき3,000円
救援者費用等 最大100万円 旅行期間中に以下に該当
1.ケガをして事故の日から180日以内に亡くなった時
2.病気により亡くなった時
3.病気にかかり医師の治療を受け、旅行行程終了後30日以内に亡くなった時
4.ケガまたは病気により継続して3日以上入院した時
5.搭乗している航空機、船舶等が行方不明または遭難した時
6.事故により生死が確認できない場合、緊急な捜索・救助活動が必要になった時(ただし被保険者の無事が確認できた後に現地に赴く救援者の費用は対象外)

補償対象旅行期間は3ヶ月であり、以下2点の両方を満たす間が補償対象となります。

  • 海外旅行の目的をもって、日本国内の住居を出発されてから住居に帰着するまでの間
  • 日本を出国した前日の午前0時から日本に入国した翌日の午後12時まで

最も利用頻度が高い疾病・傷害の治療費用(医療費)に対する保障も最高100万円と充実しています。

ただし、海外は医療費が高額な地域が多く、病院に運ばれて入院したら数百万円といった費用になることもあります。ジェイアイ傷害火災保険の海外旅行保険事故データを抜粋します。

国・都市 事故の内容 治療・救援費用
ハワイ ディナークルーズで食事を喉に詰まらせ救急車で搬送 372万円
食物の誤嚥と診断され3日間入院
家族が駆けつける
シンガポール クルーズ中に嘔吐・吐血、下船し救急車で搬送 440万円
胃炎と診断され7日間入院
家族が駆けつける
オーストラリア レストランで転倒し腰を強打 388万円
大腿骨頸部骨折と診断され12日間入院・手術
家族が駆けつける看護師が付き添い医療搬送
フランス 夕食後に気分が悪くなり倒れ、頭を強打。翌朝もめまいが続き受診 561万円
ウィルス性内耳炎・硬膜下血腫と診断され13日間入院
家族が駆けつける医師が付き添い医療搬送

3~7日間の入院でも400万円前後の費用が発生することもあります。このようなデータを見ると、クレジットカード1枚での100万円の補償では心許ないですね。

実は異なるカード会社が発行する海外旅行保険付きクレジットカードを複数所有している場合、死亡・後遺障害以外の保険金は、複数のクレカの補償額が合算されます。

死亡・後遺傷害保険金は、複数のクレカのうち最も高い保険金額が限度となります。

高額の海外旅行保険を確保したい場合は、持っているだけで死亡・高度障害以外は補償が上乗せされる自動付帯のカードをサブカードとして保有すればOKです。使わなくてもお得なクレジットカードです。

エポスカード、横浜インビテーションカードが年会費無料の自動付帯カードです。

三菱UFJ-JCBデビットの他にこれらのカードを保有していたら、合計で570万円の疾病治療・500万円の傷害治療の補償を確保できます。

エポスカード(EPOS CARD)という丸井のクレジットカードがあります。サブカードとして利用すると最高にお得なカードです。マルイでの...
横浜インビテーションカード(ハマカード)というクレジットカードがあります。年会費無料で自動付帯の海外旅行傷害保険がついてくるの...

国内旅行傷害保険

フルーツパーク公園から見える富士山

こちらも利用付帯です。事前に、国内航空機、船舶等の公共交通乗用具、宿泊、募集型企画旅行の料金を支払った場合に補償が適用されます。

補償内容は死亡・後遺障害が最高3,000万円です。日本国内を旅行中に以下の状況で傷害を被った場合に補償されます。※国内旅行に関する所定の料金の支払いに事前にJCBデビットを利用した場合

  • 乗客として公共交通乗用具搭乗中
  • 旅館、ホテル等の宿泊施設に宿泊者として滞在中の火災・爆発事故
  • 宿泊を伴う募集型企画旅行に参加中

海外ATMで現地通貨を引き出し可能

海外リゾート

三菱UFJ銀行のJCBデビットカードは、JCBまたはCirrusのマークがある海外ATMで、現地通貨の引出しが可能です。海外ATMの引出し手数料は1回あたり108円(税込)です。

三菱UFJ-JCBデビットは、JCBが定める基準レートにJCBが指定した料率(1.6%)と三菱UFJ銀行所定の海外事務手数料(3%)を上乗せしたレートで円貨換算します。

一部のATMにおいて、別途現地金融機関所定の使用料がかかる場合があります。これは三菱UFJ-JCBデビットに限った話ではなくあらゆるデビットカード共通です。

クレジットカードの国際ブランドのロゴ

利用可能なATMは銀行だけでなく、主要な国際空港やショッピングセンターなどにも設置されています。海外でのATM・CDの操作画面で用いられている基本的な用語(英語)は以下の通りです。

用語 意味
PIN (Personal Identification Number)
ID CODE/SECRET CODE/PERSONAL NUMBER
暗証番号
WITHDRAWAL/GET CASH お引出し
BALANCE INQUIRY 残高照会
ENTER/OK/YES 確認
CANCEL 取消
CLEAR 訂正
TRANSACTION 取引
SAVING ACCOUNT / CHECKING ACCOUNT 普通預金/当座預金
RECEIPT レシート
AMOUNT 金額

海外ATMで現地通貨を引き出す手順の一例は下表のとおりです。

手順 備考
(1)カードを挿入 挿入やスライドの方向に注意
(2)言語を選択 現地語と英語を選択するのが一般的
(3)暗証番号を入力 4桁の数字
(4)取引の種類を選択 CASH WITHDRAW(現金の引出) を選択
(5)口座の種類を選択 SAVINGを選択。CREDIT CARDはNG
(6)引出金額を現地通貨の金額で入力 確認画面が表示される場合あり
(7)現金と利用明細を受け取り 取引継続か否かを確認される場合あり
(8)カード受け取り 忘れないように注意

国や地域によっては5ケタ以上の暗証番号を求められる場合がありますが、その場合であっても4ケタの暗証番号を入力すればOKです。万が一次の画面に進まない場合は、他のATMを利用しましょう。

したがって、海外プリペイドカードのマネパカード、マネーパートナーズの外貨両替と比較すると高コストとなることが多いです。海外ATMでの現地通貨引き出しは使わない方がお得です。

東証一部上場企業のマネーパートナーズがマネパカードという新しいサービスを開始しました。マネーパートナーズは「マネパの外貨両替...
マネーパートナーズというFXがあります。100通貨単位で取引ができ、建玉を「現受け」して通貨で受け取ることもできます。海外旅行の際...

なお、クレジットカードでOKならば、セディナカードの海外キャッシングが、最も低コストで海外ATMで現地通貨を引き出すことができます。

海外で現地通貨を得る手段としては、セディナカードが圧倒的にお得です。年会費無料で維持できるカードもあります。詳細は以下で徹底解説しています。

セディナカードというクレジットカードがあります。三井住友フィナンシャルグループの(株)セディナが発行しています。ハウスカードの...

使い過ぎ防止!クレカ嫌いの方に最適

三菱UFJ銀行

三菱UFJ-JCBデビットを使ってお店で買い物すると、三菱UFJ銀行の預金口座からすぐに引き落とされます。

預金残高を超えた支払いはできません。クレジットカードだとつい使い過ぎてしまうという方ですと、使い過ぎを防止できます。

また、使い過ぎることはなくても、クレジットカードを使った金額は一時的に負債となり、もし支払日に引き落とせないことになると、信用情報機関に事故情報が登録されてしまいます。

このような仕組みが嫌でクレカを持たないという方も多いでしょう。しかし、三菱UFJ銀行のJCBデビットカードにはこのようなデメリットは無く、現金同様に使えます。

クレジットカードの利便性・お得な還元と、現金同様の仕組みが両立しています。

デビットカードを使うと、即座にメールが送られてくるようになっているので、すぐに確認できて安心・安全です。使い過ぎているかどうかは一目瞭然なので、使い過ぎを防止できます。

ATMの手数料を支払う機会が減少

セブン銀行のATM

最近はほとんどのお店でデビットカードを使えます。三菱UFJ-JCBデビットで日常の買い物をしていくと、ATMでお金をおろす機会そのものが減っていきます。

三菱UFJ銀行は、預金残高等合計が10万円以上またはEco通帳またはMUFGグループのクレジットカードの利用が無い限りは、ATMの時間外手数料が発生します。

また、セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート等の提携先コンビニの手数料を無料にするためには、預金残高等合計が30万円以上または給与振込み(10万円以上/月)が必要です。

これらの条件を満たしていない場合は、夜間・早朝や、コンビニでのATM利用は有料になってしまいます。

最近はネット銀行も増えてきています。しかし、口座振替は都市銀行・ゆうちょ・JAバンク等しかできないというケースが依然として多い...

しかし、三菱UFJ-JCBデビットで日常の買い物をしていくと、ATMでお金をおろす機会そのものが減るため、ATM手数料を支払わなければならない場面が減少します。

ATM手数料が発生しなくなることによって、その分、他のことにお金を使えるようになります。一ヶ月当たり300円ATM手数料を減らせたら、年間3,600円です!

おシャレなカフェのランチに3回いけますし、吉野家の牛丼なら9回食べられます。

三菱UFJ銀行に口座を持っていてATM手数料を支払っている方は、三菱UFJ-JCBデビットに切り替えるとお得です。

三菱UFJ銀行のATM手数料が無料に!

三菱UFJ銀行のATM(羽田空港)

2018年3月1日から三菱UFJ銀行のスーパー普通預金(メインバンク プラス)が変更されました。

三菱UFJ-JCBデビットの利用で、スーパー普通預金(メインバンク プラス)のホワイトステージが適用されます。以下が条件です。

  • スーパー普通預金(メインバンクプラス)の登録
  • 三菱UFJダイレクトの登録(ネットバンキング)
  • カードの支払口座に三菱UFJ銀行の口座を指定
  • クレジットカード利用代金の引き落とし

三菱UFJ銀行のATMの時間外手数料108円が、ホワイトステージの特典で無制限で無料になります。

無料でいつでもATMを利用できるのは大きなメリットです。家計に着実に役立つベネフィットを享受できてお得です。

煩わしい小銭・紙幣の管理が不要に

小銭

スーパーやコンビニやディスカウントストアでお買い物すると、支払額537円といった端数になることが多いです。

そういう時に千円札で支払うと、小銭が山のように出てお財布が重くなってしまいます。したがって、できる限り手持ちの小銭をうまく組み合わせて、お釣りが出ないようにしますよね。

しかし、小銭をいちいち探すのは手間がかかるし、時間もかかります。混んでいる時だと無言のプレッシャーも感じますよね。

また、現金で支払いをしていると、どんどんお財布の中のお金が減っていくので、定期的にATMでおろして補充する必要があります。ATMが混んでなければいいのですが、お昼や夕方などの時間帯は長蛇の列になっていることも多いです。

銀行ATMに並ぶ列

日常の支払いをカード払いにすると、財布の中の現金はあまり減らないので、ATMを使う頻度は減少します。いちいちATMに並んでおろす時間と手間が省けます。

三菱UFJ-JCBデビットがあれば、これらの意味のない時間と手間を省いて、その時間を好きなことや楽しいことに使って、人生を楽しむことができます!

デメリット

スマートフォンを見て考える女性

三菱UFJ銀行のJCBデビットのデメリットは、ポイント還元率が標準的で高還元カードと比較すると相対的に低いことです。

還元率が最も高いデビットカードは、楽天銀行デビットカード(JCB)であり、1%で楽天スーパーポイントが付与されます。

楽天銀行はデビットカードを発行しています。JCB、シルバー(VISA)、ゴールド(VISA)の三種類です。2015年4月には楽天銀行デビットカー...

セブン銀行のデビットカードは、セブン‐イレブンではなんと1.5%の高還元です。そごう・西武、セブンネットショッピング、デニーズ等は1%、それ以外の加盟店も0.5%還元でnanacoポイントが得られます。

セブン銀行が2016年10月17日(月)から「セブン銀行 デビット付きキャッシュカード」の発行を開始しました。セブン銀行のICキャッシュカ...

イオン銀行のデビットカードは還元率0.5%でイオンでの5%OFFの特典があります。

イオン銀行が2016年から「JCBデビット付きICキャッシュカード」を発行開始しました。「イオン銀行キャッシュ+デビット」という名前で...

ただし、楽天市場や、マクドナルド・ミスタードーナツ・出光・大丸・松坂屋・ツルハドラッグなどの楽天ポイントカード加盟店を使わない場合は、楽天銀行のデビットカードは使い勝手が悪いです。

また、楽天銀行デビットカードには盗難補償しか付帯していません。還元率よりもトラブルの際の補償・信頼性を重視する場合は、三菱UFJ-JCBデビットには大きなメリットがあります。

イオン銀行のデビットカードの方は、イオングループの店舗が近くにないとメリットが著しく減退します。

現金還元を重視しており、ポイント還元ではなくキャッシュバックがいい場合は、ネット銀行だとソニー銀行の「Sony Bank WALLET」が候補となります。

優遇プログラム Club S のステージに応じて、利用額の0.5%~2.0%がキャッシュバックされます。上限は20万円/月です。

住信SBIネット銀行のデビットカードはいつでも0.6%の還元で、会員制度スマートプログラムのランクアップに役立つのがメリットです。

住信SBIネット銀行はVisaデビット付キャッシュカードを発行しています。ICキャッシュカードとVisaデビット機能が1枚になったカードで...

その他、おすすめのデビットカードの比較については、以下で徹底的に解説しています。

デビットカードという決済に使える銀行のキャッシュカード一体型カードがあります。銀行の預金口座の残高から利用時に即時に引き落と...

また、クレジットカードには付帯していることが多い、海外旅行傷害保険などの旅行保険がないのはデメリットです。

海外旅行保険がほしい場合は、年会費無料で海外旅行傷害保険が自動付帯するJCB EIT、エポスカード、横浜インビテーションカードをサブカードで持つと、無料で自動付帯の海外旅行保険が得られます。

これらのクレジットカードは自動付帯なので使う必要はありません。家に寝かせておくだけでOKで、使わなくてもお得なクレジットカードです。

JCB EIT(ジェーシービーエイト)というクレジットカードがあります。その名のとおり、JCBが発行するクレジットカードです。JCBのカー...
エポスカード(EPOS CARD)という丸井のクレジットカードがあります。サブカードとして利用すると最高にお得なカードです。マルイでの...
横浜インビテーションカード(ハマカード)というクレジットカードがあります。年会費無料で自動付帯の海外旅行傷害保険がついてくるの...

ライフステージ別活用法・利用シーン

三菱UFJ-JCBデビットは多様な方がフル活用できるデビットカードです。

ライフステージ別の三菱UFJ-JCBデビットの活用方法の一例をご紹介します。

学生

笑顔の大学生

高校生は原則としてクレジットカードは発行できません。大学生になったら作れるようになりますけれども、やはり使い過ぎは心配。

デビットカードならお小遣いやバイト収入の範囲内でしか使えないので安心・安全です。

思う存分ゲームやアプリを楽しむことができます。

新社会人

4名のビジネスパーソン

新社会人は色々と必要なモノが多いですよね。クレジットカードだとついつい預金額以上のモノを買ってしまいがちです。また、新生活で家計の状況ががらりと変わります。

当面は給料の範囲内で生活する習慣を身につけるのが重要なので、デビットカードだと家計管理が助かります。

主婦

ショッピング中の女性

主婦はお買い物の機会が多いので、小銭が出ないデビットカードを使うと、財布が重くならずに済みます。

また、いくら使ったのかがすぐにわかるデビットカードは家計管理がしやすいです。

うっかりショッピングの金額が膨らんで赤字という事態を避けることができます。

ビジネスパーソン

ビジネスの相談・ミーティング

バリバリ働いている会社員・OLにもデビットカードは便利です。

三菱UFJ-JCBデビットを持っていれば、忙しい時でも、ATMに現金をおろしに行かなくても大丈夫なので、ATMの営業時間にお金をおろしに行けない人にとってはとても便利なカードです。

また、お昼時のATMの混雑を避けたい人にとっても便利なカードですね。

まとめ

JCB

三菱UFJ-JCBデビットは、日本最大の都市銀行である三菱UFJ銀行のデビットカードであり、信頼性が高くトラブル時のサポートに安心感があります。

デビットカードで、利用時はすぐ残高に反映されるので、使い過ぎる心配がありません。中学生を除く15歳以上からカードを申し込むことが出来ます。

ネット通販やアプリ・ゲーム等の課金が捗りますし、リアル店舗でも現金同様に使えます。

三菱UFJ-JCBデビットを利用すると、前月の利用金額1,000円(税込)ごとにOki Doki ポイントが1ポイント貯まります。

ポイント還元率は0.3%~0.5%相当です。交換商品により還元率は異なります。便利でお得な一枚です。

ATMで現金を引き出す手間や、小銭を探したり管理する手間がなくなり、とても便利です。カード払いしていくと、現金を引き出す機会が少なくなるので、ATM手数料が必要になるケースも少なくなります。

クレジットカードにはないデビットカードならではのメリットがあり、三菱UFJ銀行のJCBデビットカードにしかないメリットもあります。お得さと安心さを兼ね揃えたデビットカードです。

特にクレジットカードを持ちたくない方には、三菱UFJ-JCBデビットは大きなメリットがあります。

現在はお得な入会キャンペーンを開催しています。抽選ではなく、もれなく1,500円がプレゼントされます。

参加登録をして入会後1ヶ月間の利用が3回以上で500円がプレゼントされます。

また、入会後1ヶ月間の利用金額が合計1万円以上で1,000円がプレゼントされて、合計で1,500円となります。

デビットカードとしてはお得な入会キャンペーンです。まだお持ちでない方は、この機会に作成してみてはいかがでしょうか。以下からのご入会でキャンペーンが適用されます。

三菱UFJ銀行はデビットカードではなく、クレジットカードも発行しています。

ICクレジットカード「三菱UFJ-VISA」というクレジットカードがあります。年会費が完全無料、銀行ならではのおトクな特典、ポイント...

その他クレジットカードを比較検討したいという場合は、以下のクレジットカード一覧をご参照ください。おすすめクレジットカードについて徹底的にまとめています。

「生活費の支払いでクレジットカードを有効活用していきたくてアドバイスをほしい」とコメント頂きました。生活費を良いクレジットカ...
クレジットカードには多種多様な種類があり、膨大な数のクレカが発行されています。あまりの多さに探しきれない程ですし、評判・口コ...

日本有数のクレジットカードの専門家でいらっしゃる岩田昭男さんのおすすめクレカについては、以下で徹底的に解説しています。

世の中には膨大な数のクレジットカードがあります。どれがいいのか分からなくなってしまうことも多いですね。特に2枚持ち・3枚持ちで...

67枚のクレカをお持ちで合計年会費が約130万円のプロ・菊地崇仁さんのおすすめカードには、珠玉のクレジットカードが集結しています。

インターネットの普及でオンラインで決済する頻度というのが日本中で高まっています。そうした情勢下、クレジットカードはもはやマス...

多様な項目での最強のクレジットカードについては、以下で論述しています。

クレジットカードには多種多様な種類があります。年会費無料カード、高還元カード、一芸に秀でた特化型カード、航空系カード、ゴール...

その中でも特に高還元クレジットカードにフォーカスを当てた記事は以下になります。

クレジットカードの選択基準で重要な要素の一つが還元率です。年間のクレカ利用額が多い場合は、たとえ年会費がかかっても高還元率の...

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-デビットカード

Copyright© The Goal , 2018 All Rights Reserved.