ラグジュアリーカード ビジネスは年会費の全額返金保証!お試しが可能

更新日: 法人カード ラグジュアリーカード

ラグジュアリーカード(ビジネスブラックカード)

ラグジュアリーカードには個人用カードの他、「法人決済用ラグジュアリーカード」が存在しています。

ビジネスカードであり、法人だけではなく個人事業主でもOKです。「JCB法人カード」と同様に、企業経営者だけではなく個人のビジネス決済用としても活用できます。

そんなラグジュアリーカード ビジネスは、初年度年会費の全額返金保証のキャンペーンを開始しました。

入会より半年以内に年会費を含めて50万円(税込)以上支払った場合、サービスを満足せずに退会した時に年会費の全額を返金してくれます。

半年間は年会費の返金を受けられるので、お手軽にラグジュアリーカード ビジネスを試すことが可能です。

ラグジュアリーカード ビジネスの初年度年会費の全額返金保証サービスについて解説します。

初年度年会費の全額返金の条件

3枚のラグジュアリーカード

ラグジュアリーカードの公式ページから入会し、入会日から半年以内に年会費込で50万円以上(税込)支払った方が全額キャッシュバックの対象です。

年会費も含めて50万円以上なので、上位カードほど必要なカードショッピングの金額(税込)が少なくなります。

カード名 年会費 利用額 支払額合計
ラグジュアリーカード ゴールド 220,000 280,000 500,000
ラグジュアリーカード ブラック 110,000 390,000 500,000
ラグジュアリーカード チタン 55,000 445,000 500,000

したがって、キャンペーンの内容としては最もゴールドカードにお得感があります。

ただし、返金を受けなかった場合、年会費の負担が発生するので、基本的にはずっと維持したいカードに申し込むのが無難です。

なお、返金申込みまでに引き落とし口座の登録が完了する必要があります。

返金を受けるために必要な手続き

ラグジュアリーカードのオフィス入り口

初年度年会費の全額返金はサービスとしては素晴らしいものがあります。ただし、手続きが面倒だと煩わしいですね。

ネットのサブスクリプション型(継続課金制)のサービスは、初月無料というパターンが多いです。

しかし、解約の際に膨大なアンケートに回答しないといけなかったり、画面遷移が多く何回もクリックしないといけなくて、しかもわかりにくく解約を諦めさせるようなケースもあります。

この点、ラグジュアリーカードの年会費返金を受ける方法はシンプルでユーザーフレンドリーです。

入会日より半年後の前日までに、年会費を含めて50万円(税込)利用した状態で、カスタマーサポートに電話するだけでOKです。

会員サイトで簡潔はできず電話する必要がありますが、その分しっかりと解約が確定するという安心感があります。

期限は入会日より半年後の前日までとなります。

返金期日の例

  • 2019年12月4日入会→2020年6月3日まで
  • 2020年1月15日入会→2020年7月14日まで
  • 2020年2月7日入会→2020年8月6日まで

期限を過ぎてから申し込んだ場合は保証対象外となってしまうので、忘れないようにしましょう。

退会申し出後もカード利用による支払金が残っている場合、それを支払ってカード解約が完了します。

例えばゴールドカードに入会してラグジュアリーリムジンを使い、28万円の利用額が引き落とされていない場合、その支払いが完了してから退会となります。

当たり前の話ですが、カード利用額を踏み倒すことはできません。

まとめ

ラグジュアリーカードのオフィス

ラグジュアリーカードのビジネスカードは、初年度年会費全額返金保証サービスを提供しています。

引き落とし口座を登録して、入会より半年以内に年会費を含めて50万円(税込)以上支払った場合、サービスを満足せずに退会した時に年会費の全額を返金してくれます。

正式名称は「法人決済用ラグジュアリーカード」ですが、個人事業主でも申し込めるビジネスカードです。

ラグジュアリーカード(LUXURY CARD)は、2017年11月から法人カード、個人事業主向けのビジネスカードの発行を開始しました。「法人口...

クレジットカードの入会キャンペーンとしては、「初年度年会費無料」というケースがよくあります。

ただし、プラチナカードの場合はほとんど初年度年会費無料ではないので、ブラックカード級の輝きがあるラグジュアリーカードの返金が保証されるのは利点。

半年間ではあり、年会費を含めて50万円(税込)以上の利用が必要ですが、それでもマスターカード最上級のワールドエリートMastercardをお手軽に試せるのはファンタスティックです。

初年度年会費が無料なので、「ラグジュアリーカードのリムジン送迎サービスを使ってみたい」「金属製の素材のクオリティ・質感を確認したい」という場合に八面六臂の活躍を見せてくれます。

ビジネスカードの場合、個人用カードだとインビテーション制のゴールドカードにいきなり申し込めるのも利点。

特に事業所得の有無は問われていないので、サラリーマンでも「個人事業主」として申し込むという選択肢もあります。

公式サイトラグジュアリーカード ビジネス 初年度年会費全額返金保証

ラグジュアリーカードは幾多のプラチナカードブラックカードの中でも魅力が高いステータスカードです。

ラグジュアリーカード(ゴールドカードとブラックカード)

私はラグジュアリーカード入会前と入会後では、生活の豊かさが圧倒的に変わりました。サービスを利用したり、イベントに参加することで、それまでになかった体験が可能になっています。

ブラックカード以上の場合、ラグジュアリー・リムジンといったゴージャスなダイニング特典が付帯しています。

ラグジュアリーカードはダイニング特典が充実しており、ダイナースやアメックスにもないサービスが充実しています。その中でも至高の...

銀座小十などの高級店(旧ラグジュアリーテーブル対象店)でリムジン送迎サービスを使えます。卓越したホスピタリティで快適に帰宅できます。2018年3月までは鮨さいとうも利用可能でした。

以前にはレーシングドライバーのレジェンド、佐藤琢磨さんにラグジュアリーカードの魅力について聞きました!

金属製の上級の質感が人気のラグジュアリーカードには、Luxury Social Hour(ラグジュアリーソーシャルアワー)という特典があります...

その他、豊富なダイニング・トラベル特典が魅力的です。

ラグジュアリーカードの特徴、3種類のカードの比較については、以下で徹底的に解説しています。

新生銀行グループのアプラスは「Luxury Card」(ラグジュアリーカード)を発行しています。富裕層向けクレジットカード会社「Black Card...
「Luxury Card」(ラグジュアリーカード)というクレジットカードがあります。特許技術による金属製、Mastercard最上級の「ワールドエリ...

以前にラグジュアリーカード日本支社の林 ハミルトン 代表取締役社長に取材しました。充実の特典、イベントなど、Luxury Cardについて色々と聞き倒しています!

ラグジュアリーカードというMastercard最上級のワールドエリート・マスターカードがあります。彗星のごとく現れて日本でも一気にアメ...

ラグジュアリーカードのコンシェルジュのメール対応については、クレジットカードのレジェンド・菊地崇仁さんも高く評価しています。

プラチナカード、ブラックカードならではのサービスとして、コンシェルジュがあります。ただし、今ひとつ何を頼めるのか、わからない...

クレジットカードの専門家・岩田昭男さんも、Mastercard Titanium cardを「尊敬の念を感じる」と言わせるカードと高く評価しています。

なんと最新クレジットカード&電子マネー&ポイント攻略ガイドで、「今持つべき最旬カード」第1位に選定されています。

クレジットカードの専門家・岩田昭男さん

ラグジュアリーカードを実際に使ってみた感想については、以下にまとめています。総合的に大満足のステータスカードでした。

ラグジュアリーカード(Luxury Card)というクレジットカードがあります。チタンカード、ブラックカード、ゴールドカードの3種類が存...

実際に使ってみて年会費を上回る価値があると確信しています。ラグジュアリーカードがある生活は優美でエレガントです。

ブラックカードは、マットな質実剛健さがスラムダンクのように力強く、蝶のように舞い蜂のように刺す「黒のカリスマ」です。

ラグジュアリーカード(ブラックカード)

まさに「溢れる生命力と優雅さが調和」「最高のバリューの結晶」と評価できるハイ・クオリティー・カードです。

MastercardのWorld Eliteのステータス、豊富な各種特典、上質の素材に魅力を感じる方にとって、ラグジュアリーカードは有力候補となります。金属製のクレジットカードは稀有でエッジ・優位性があります。

ゴールドカードは、個人用カードについてはインビテーション制ですが、ビジネスカードだといきなり24金のゴールドカードに申し込めます。

レストランでの食事後に送迎車で帰宅できる独自特典を利用したい場合、交通事故傷害保険(賠償責任保険付き)、美術館の企画展・常設展、24金仕上げの素材などを重視する場合などは、ゴールドカードが候補となります。

ラグジュアリーカード(ゴールドカード)

ラグジュアリーカードのページにアクセスして、下の方にある「Mastercard Gold Card」の「お申し込み」ボタンを選択します。

ラグジュアリーカード ゴールドのビジネスカードの申し込みページ

そして、申し込みフォームの必要項目を入力・選択していく流れとなります。

法人だけではなく個人事業主でもOKです。サラリーマンでも「個人事業主」として申し込むという選択肢もあります。

ラグジュアリーカード 公式サイト

-法人カード, ラグジュアリーカード

Copyright© The Goal , 2020 All Rights Reserved.