Galaxy S22 / S22+ / Ultraのサイズ・大きさ・重さの比較まとめ

更新日: スマートフォン

Galaxy S22、S22+、Ultra

サムスンの高価格帯のスマートフォン「Galaxy S22」「Galaxy S22+」「Galaxy S22 Ultra」が、2022年春以降に世界各国で販売されます。

2022年の最新フラッグシップモデルであり、機能面では着実な進化を遂げています。

日本ではドコモ、au、ソフトバンクでの取り扱いは発表されていません。

スマホの選択において、依然として重要性を帯びているのがサイズです。携帯電話は日常的に持ち歩くので、機能に加えて大きさも大切です。重いと手が疲れるので重さも大事です。

Galaxy S22 / S22+ / Ultraの大きさ・サイズ・重さの比較についてまとめます。iPhone 12 / Pro / Pro Max、Xperia、Google Pixelなどの主要Androidと徹底的に比較します。

Galaxyシリーズの比較

まずはGalaxyの最新モデルと前モデルの大きさ・サイズについて比較します。

S22シリーズの重量は、上がsub6、下がmmWです。

名前画面サイズ高さ厚さ重量
Galaxy S226.1インチ146 mm70.6 mm7.6 mm167 /
168 g
Galaxy S22+6.6インチ157.4 mm75.8 mm7.6 mm195 /
196 g
Galaxy S22 Ultra6.8インチ163.3 mm77.9 mm8.9 mm228 /
229 g
Galaxy S216.2インチ151.7 mm71.2 mm7.9 mm171 g
Galaxy S21+6.7インチ161.5 mm75.6 mm7.8 mm202 g
Galaxy S21 Ultra6.8インチ165.1 mm75.6 mm8.9 mm229 g
Galaxy Note206.7インチ161.6 mm75.2 mm8.3 mm194 g
Galaxy S206.2インチ151.7 mm69.1 mm7.9 mm163 g
Galaxy S20+6.7インチ161.9 mm73.7 mm7.8 mm186 g
Galaxy S20 Ultra6.9インチ166.9 mm76.0 mm8.8 mm220 g
Galaxy Note106.3インチ151.0 mm71.8 mm7.9 mm168 g
Galaxy Note10+6.8インチ162.3 mm77.2 mm7.9 mm196 g
Galaxy S106.1インチ149.9 mm70.4 mm7.8 mm157 g
Galaxy S10+6.4インチ157.6 mm74.1 mm7.8 mm175 /
198g
Galaxy S10e5.8インチ142.2 mm69.9 mm7.9 mm150 g
Galaxy Note96.4インチ161.9 mm76.4 mm8.8 mm201 g
Galaxy S95.8インチ147.7 mm68.7 mm8.5 mm163 g
Galaxy S9+6.2インチ158.1 mm73.8 mm8.5 mm189 g
Galaxy Note86.3インチ163 mm75 mm8.6 mm190 g
Galaxy S85.8インチ149 mm68 mm8.0 mm150 g
Galaxy S8+6.2インチ160 mm73 mm8.1 mm173 g
Galaxy Feel4.7インチ138 mm67 mm8.3 mm149 g
Galaxy Note 75.7インチ153.5 mm73.9 mm7.9 mm169 g
Galaxy S75.1インチ142.4 mm69.6 mm7.9 mm152 g
Galaxy S7 edge5.5インチ150.9 mm72.6 mm7.7 mm157 g

Galaxy Note7は発火問題によってリアルに「炎上」して、世界的なリコールとなり、日本でも各社のサイト上では存在が消えていますが、念のため掲載します。

Galaxy Note8以降では大々的な発火問題はなく、見事に軌道修正が図られました。

Galaxy S22シリーズでは前モデルより無印と+は-0.1インチとなり、Ultraは画面サイズは同じです。

スマホは世界的に大型化が進んできましたが、ここにきてサイズダウンしています。やはり使いやすさ・持ちやすさを考慮すると、大きければ良いという訳ではありませんね。

性能はフラッグシップスマホにふさわしいハイスペックとなっています。

似た画面の大きさ同士の比較

天秤と法令・法律

画面のサイズが異なると、大きさが違うのは当然の話となります。肝要なのは、同じサイズのスマホ同士の比較です。

S21 / S21+ / S21 Ultraそれぞれ、画面サイズが最も近い旧モデルと比較しました。

名前画面サイズ高さ厚さ重量
Galaxy S226.1インチ146 mm70.6 mm7.6 mm167 /
168 g
Galaxy S216.2インチ151.7 mm71.2 mm7.9 mm171 g
-0.1インチ-5.7 mm-0.6 mm-0.3 mm-4 /
-3 g
Galaxy S22+6.6インチ157.4 mm75.8 mm7.6 mm195 /
196 g
Galaxy S21+6.7インチ161.5 mm75.6 mm7.8 mm202 g
-0.1インチ-4.1 mm0.2 mm-0.2 mm-7 /
-6 g
Galaxy S22 Ultra6.8インチ163.3 mm77.9 mm8.9 mm228 /
229 g
Galaxy S21 Ultra6.8インチ165.1 mm75.6 mm8.9 mm229 g
±0インチ-1.8 mm2.3 mm±0 mm-1 /
±0 g

GALAXY S22 / S22+ / S22 Ultraはいずれも前モデルとほぼ同サイズとなっています。

他のAndroidとiPhoneの大きさ・サイズ・重さ

アップルストア銀座

次に他の大型サイズのAndroidであるGoogle Pixel、Xperia、大型アイフォンのiPhone 13 / Pro / Pro Maxとの比較です。

名前画面高さ厚さ重量
Galaxy S226.1インチ146 mm70.6 mm7.6 mm167 /
168 g
Galaxy S22+6.6インチ157.4 mm75.8 mm7.6 mm195 /
196 g
Galaxy S22 Ultra6.8インチ163.3 mm77.9 mm8.9 mm228 /
229 g
Xperia PRO-I6.5インチ166 mm72 mm8.9 mm211 g
Xperia 5 III6.1インチ157 mm68 mm8.2 mm168 g
Xperia 10 III6.0インチ154 mm68 mm8.3 mm169 g
Xperia 1 III6.5インチ165 mm71 mm8.2 mm188 g
Google Pixel 66.4インチ158.6 mm74.8 mm8.9 mm207 g
Google Pixel 6 Pro6.7インチ163.9 mm75.9 mm8.9 mm210 g
iPhone 136.1インチ146.7 mm71.5 mm7.65 mm173 g
iPhone 13 Pro6.1インチ146.7 mm71.5 mm7.65 mm203 g
iPhone 13 Pro Max6.7インチ160.8 mm78.1 mm7.65 mm238 g

画面サイズが異なるので単純な比較はできませんが、Galaxy S22 / S22+ / S22 Ultraの高さ・厚さは、サイズの割にはコンパクトとなっています。多様、横幅は長めです。

携帯性は6.1、視認性は6.8インチ

Galaxy S22 / S22+ / S22 Ultraの大きさ・サイズ面の比較では、当たり前の話ですが、携帯性はS22、視認性はS22+やUltraが優れています。

車移動中心の方や、個人事業主等で電車での移動が少ない方であれば、視認性が広くて文字も極めて見やすい6.8インチの大サイズのGalaxy S22 Ultraが便利です。

最近はYahoo!カーナビ、Googleマップでのナビ等のアプリもかなりの精度になってきています。カーナビを搭載しない場合は、大画面のスマホだと見やすいですね。

なお、大きいサイズのスマホはバンカーリングの活用がおすすめです。安定感が増して落とすリスクが減少して、かつ片手操作も容易になります。

Androidにつけたバンカーリング

しかし、電車移動中心で、駅で電車を待っている時や、エスカレーター・エレベーター、電車で立ちながらスマホを見ることが多いと、サイズが大きすぎると片手操作がしづらいのが難点です。

個人的には、見やすさと持ちやすさのバランスが良いのは、Galaxy S21の約6.2インチのサイズです。

駅・電車・バス、レジ待ち、エスカレーター・エレベーターなどの際に、荷物を持った状態で立ちながら見ることが多いからです。

片手操作しやすいことにプライオリティを置いています。

バンカーリングを付けた場合は、5.8インチのiPhone 11 Proはなんとか利き腕の逆の上端まで届き、ポケットにも余裕で入ります。

Galaxy S22+は立っている時は入りますが、座った状態でポケットに入れるとキツい可能性があります。

ただし、やはり6.6インチの画面の見やすさは驚異的です。特にPCサイト、電子書籍、動画の閲覧は非常にはかどります。

Ultraだと更に大画面。画面の見やすさ優先ですと間違いなくGalaxy S22 Ultraの6.8インチのサイズでしょう。

安く買うならauの白ロムや並行輸入品が狙い目

現在はahamo(新規機種変更)、povo(申込時に紹介コード「KZ0R62OV」を使えば24時間データが使い放題)、LINEMOがあり、上質の回線を安く使えます。

また、通話料無料&月1GB無料の楽天モバイル、高品質&低価格のUQ mobileもエッジが効いています。

今後はSIMフリー端末&これらの組み合わせも有力候補。Galaxy S22 / S22+ / Ultraは並行輸入品だと、Amazon等で安く購入できる可能性があります。

格安SIMの代表例

  • UQ mobile(auのMVNOで速度は高速)
  • ワイモバイル(ソフトバンクのサブブランドで高速)
  • 楽天モバイル(楽天ポイントが貯まる)
  • mineo(au・ドコモの両方のプランがあり)
  • OCNモバイルONE(NTTコミュニケーションズのサービス)
  • IIJmio(シンプルな料金体系でわかりやすい)
  • BIGLOBEモバイル(YouTubeやAbemaTV等が見放題になるエンタメフリーオプション)
  • NifMo(ドコモのMVNO)
  • イオンモバイル(イオングループのサービス)
  • Wonderlink(パナソニックのサービス)

速度はUQ mobileが速めです。私は実際にドコモの電波が悪かったり、混雑している時のサブ回線としてUQ mobileを利用していますが、心の底から非常に満足しています。

UQ mobile

NTTドコモの電波が弱くてKDDIが強い建物・部屋では、なんとドコモよりUQ mobileの方が速いというケースも存在しています。もちろん、auが弱くてドコモの方が快適というエリアも多いです。

今なら限定でキャッシュバックのキャンペーンを開催しています。

メガキャリアを卒業して新進気鋭のUQ mobileを利用するというのも有力な選択肢だと考えます。

公式サイトUQ mobileは高速の格安スマホでおすすめ!

その他、ソフトバンクのサブキャリアであるワイモバイルも速度が早めとなっています。

Yahoo!ショッピングをよく利用する方は、いつでもPayPayポイントが+4%の特典があるのも魅力的。5のつく日にヤフーカードで決済すると11%還元に昇華します。

楽天市場をよく利用する方は、SPUにて+1倍の特典がある楽天モバイルが選択肢となります。

ネット通販がお得になるのが利点。また、国内通話無料、月1GBまで無料とパワフルです。

楽天モバイルを申し込む際には紹介キャンペーンを利用するとお得です。申し込みページで手続きする際に、楽天モバイルID「2020031209881」をぜひご入力ください。

3ヶ月無料&オンライン契約限定キャンペーンに加えて、更に紹介で2,000ポイントを追加でもらえます。

楽天モバイルのスタートガイド・SIM・iPhone

IIJmioはギガプランがリーズナブルで、eSIMはたったの2GB400円(税抜)です。複数回線を契約した場合、データ容量を無料でシェアできるのも魅力的です。

povoはau回線でスピードが高速で、課金のタイミングを自由に選べるのが特徴。24時間だけ使ったり、2ヶ月に1回3GBなどが可能で便利です。

私はpovo+楽天モバイルで携帯は月500円くらいです。povo申込時に紹介コード「KZ0R62OV」を使えば24時間データが使い放題!

povoと楽天モバイル

やはり安全・安心を重視するという場合、20GB以上の大容量プラン希望、eSIMの契約が面倒で海外パケット定額を使いたい場合は、メガキャリアとの契約も選択肢です。

格安SIM・MVNOのデメリットは、大容量プラン・海外データ定額に弱い点であり、これらに関してはドコモ・au・ソフトバンクに一日の長があります。

メガキャリアとの契約はオンラインショップが便利です。店舗での大混雑を回避して、待ち時間なくスマホを手に入れることができます。一例としてドコモは以下のとおりです。

「ドコモオンラインショップ」というNTTドコモのネット通販があります。iPhone、Androidスマホ、iPad、タブレットを24時間い...

リアル店舗の場合、混雑している日はスマホを契約するだけで1日が終わってしまうという悪夢のような地獄に陥りかねません。

そうした待ち時間を回避できるのが、公式オンラインショップのメリットです。

もしNTTドコモと契約している方ですと、dカードGOLDを活用すると、より携帯電話がお得になります。ドコモオンラインショップで購入すると2%還元となります。

dカード GOLD
国際ブランド
  • Visaのロゴ
  • Mastercardのロゴ
電子マネー・Pay・NFC決済
  • iDのロゴ
  • Apple Payのロゴ
  • Kyashのロゴ
  • 楽天ペイ
  • d払いのロゴ
  • au PAYのロゴ
  • Visaのタッチ決済を使える店舗のマーク
  • Mastercardコンタクトレス決済のマーク
  • ETC
  • 家族カード
  • リボ払い
  • 分割払い
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • ショッピング保険
  • 国内航空機遅延
  • 海外航空機遅延
年会費(税抜)カード発行期間
本会員家族会員
10,000円1名無料約1週間
還元率マイル還元率ポイント名
1.0%0.5% (JAL)dポイント
  • ドコモ・ドコモ光が10%還元
  • 最大10万円のケータイ補償(購入から3年間)
  • 年間利用額に応じて年1回1万~2万円相当のプレゼント
  • 空港ラウンジ、海外緊急サービス、ゴールドデスクが無料
  • dカード特約店では1.5%以上で高還元

本人カードの年会費は10,000円(税抜)です。家族カードの年会費は1人目無料、2人目以降は1,000円(税抜)。カードの基本還元率は1%です。

dカード ゴールド

カードの基本性能も良好であり、加えてdポイントクラブにはない優待も付帯して、月々のドコモ・ドコモ光の利用料金のポイント還元率が10%にアップするのが大きなメリットです。

ドコモのゴールドカード「dカード GOLD」のベネフィットの一つに、ドコモのケータイ料金、ドコモ光の費用が10%ポイント還元...

ドコモの携帯電話料金やドコモ光の料金合計が月10,000円ですと、dポイントが1,000ポイント(年間12,000ポイント)得られるので、年会費とほぼトントンとなります。

実はdカード ゴールドはドコモの社員がほとんど持っているクレジットカードです。社員が殺到するようなカードがお得なのは間違いありません。

ドコモユーザーには大きなメリットがあり、携帯電話の支払いにおすすめのクレジットカードiPhone等のスマホ購入におすすめのクレジットカードの筆頭です。

マツモトキヨシノジマでは合計5%還元、スターバックスカードとドトールバリューカードは4%、高島屋は3%還元となるのも大きなメリットです。

その他、多くのdカード特約店では屈指の高還元となり、バリューが高いキャッシュレス決済となっています。

dカードというドコモのクレジットカードがあります。種類はdカード、dカード GOLDの二種類です。2015年11月19日まではDCMXと...

最大10万円のケータイ補償も大きなメリットです。高価なスマホも10万円を超える部分の金額(12万の場合2万)のみが自己負担となり、多くの部分がカバーされます。詳細は以下で徹底解説しています。

「dカード」というドコモが発行しているクレジットカードがあります。ドコモ関連のベネフィットが充実しているのが特徴です。...

iPhoneをお持ちの場合は、dカード GOLDを保有してAppleCare+は入らないという選択肢もあります。

iPhone 5sと6と6sと7とX(裏面)

「AppleCare+ for iPhone」の料金は種類によって異なり、年間7,400円~11,400円(税抜)です。

こう考えると、dカード GOLDの1万円(税抜)の年会費のうち、約74%以上はケータイ補償でAppleCare+が不要になることで賄えるとも考えられます。

もちろん、Xperia、Galaxy等のハイエンドなAndroidも同様に、有料のケータイ補償に入らないという選択肢が浮上します。

ドコモの紙袋とケータイ

iPhone等のハイスペックスマホは端末代・修理代はいずれも高額です。しかし、dカード GOLDの会員ならケータイ補償で守られます。

画面がヒビ割れで破損したiPhone

年100万円以上の利用で10,000円(税抜)分の携帯電話・dトラベル・d Fashionの割引クーポンが得られます。年200万円以上使う場合は年2万円(税抜)相当もお得になります。

年100万円以上クレジットカードを利用する場合は、「dカード GOLD年間ご利用額特典」だけで年会費をカバーできます。

その他、充実の海外旅行保険ショッピング保険空港ラウンジお得なキャンペーンがメリットです。

サクララウンジ(羽田空港)

dカードを利用してプラチナステージの条件を達成すると、プラチナクーポンが利用できます。

USJのラウンジ、JALのサクララウンジも抽選で利用できます。一例として羽田空港国際線のサクララウンジは秀逸でした。

dポイントクラブのプラチナステージ会員は「プラチナクーポン」の特典があり、抽選で日本航空の空港ラウンジ「JALサクララウ...

iPhoneを使っていて、携帯の利用料金が多めの方は大きなメリットがあります。ドコモ光にも10%還元が適用されるので、家のインターネットもお得になります。

dカード ゴールドというクレジットカードがあります。NTTドコモと三井住友カードが提携して発行しています。三井住友カードは...

一般カードのdカードとゴールドカードの相違点については、以下で精緻に分析しています。

dカード、dカード GOLDというクレジットカードがあります。NTTドコモと三井住友カードが提携して発行しています。三井住友カ...

どちらもドコモのクレジットカードらしいハイ・クオリティです。クレジットカードの真髄を極める垂涎のベネフィットを享受できます。

ドコモのdカードご担当者4名とまつのすけ

以前NTTドコモに取材に行き、dカードをご担当なさっているスマートライフビジネス本部 金融ビジネス推進部の井芹さん、梶浦さん、久保田さん、井崎さんにインタビューしました。

dカードの特徴・歴史、dポイント、充実の特典、海外サポート、ゴールドカードのベネフィット、付帯保険、セキュリティの取組み、スマホアプリなどについて取材しています!

日本で大人気クレジットカードの一つがdカードです。ローソン・マツモトキヨシ・髙島屋・ノジマなどで高還元のクレジットカー...

dカード GOLDには虎に翼、弁慶に薙刀の威力があり、優美なスペックが燦然たる輝きを放っていると改めて感じました。

クレジットカードの専門家・岩田昭男さん

クレジットカードの専門家・岩田昭男さんも、おすすめのゴールドカードとしてdカード GOLDを挙げられていました。

世の中には膨大な数のクレジットカードがあります。どれがいいのか分からなくなってしまうことも多いですね。特に2枚持ち・3...

また、クレジットカード界のレジェンドであり、キャッシュレス決済のカリスマ・菊地崇仁さんも、おすすめのゴールドカードとしてdカード GOLDを挙げていらっしゃいました。

クレジットカードの専門家・菊地崇仁さん

dカード GOLDはクレジットカードのレジェンドも高く評価しているクレジットカードです。

ネット通販・オンライン課金の普及でクレジットカードはもはやマストアイテムといっても過言ではありません。やはりクレカの...

現在、dカード GOLDはお得な入会キャンペーンを行っています。コンビニ・スーパー等の加盟店で現金同様に使えるiDキャッシュバックが最大13,000円分プレゼントされます。

dカード GOLDはドコモユーザーにとってメリットが大きいクレジットカードです。以下の公式ページからご入会すると、キャンペーンが適用されます。

公式サイトdカード GOLD 公式キャンペーン

auユーザーならau PAY ゴールドカードがお得です。年会費10,000円(税抜)でauユーザーにとってお得な仕組みが満載の特典が付帯しています。

詳細は以下で精緻に分析しています。

auの金融サービスにはゴールドカードがあります。「au PAY ゴールドカード」という名前です。従来はau WALLET ゴールドカード...

-スマートフォン
-

© 2014-2022 The Goal