The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

iPhone X(テン) / 8 / 8 Plusの色を徹底的に比較!ゴールド・シルバー・スペースグレイを完全網羅!

更新日: スマートフォン 通信費

iPhone 8Plus、Xの色

AppleからiPhone X(テン)、8、8 Plusが発表されましたね。注目の色の種類は7 / 7 Plusよりも減少しました。

Xはシルバー、スペースグレイの2種類であり、8 / 8 Plusはそれにゴールドが加わった3種類となっています。

スマホというものは毎日持ち歩いて使うものなので、色というのも地味に重要になってきます。

やはり自分が好みでしっくり来るカラーを選んだ方が、より一層楽しく使うことが可能です。

iPhoneの色について、過去のモデルとの比較も含めて徹底的に解説します。


iPhoneX / 8 / 8 Plusのカラー

新型iPhoneのカラーの中では、毎年やはり新色の注目度が最も高くなっています。

この点、iPhoneX / 8 / 8 Plusは残念ながら新色は出ませんでした。7の新色だったジェットブラック、ブラックも1代で消滅しています。

今回は人気が特定の色に偏るということはなさそうで、シルバー、スペースグレイ、ゴールドにそれぞれ幅広く人気が分散しそうです。

名前 カラー名 ベゼル色・前面の色
iPhone X シルバー
スペースグレイ
ブラック
iPhone 8 / 8 Plus スペースグレイ ブラック
シルバー
ゴールド
ホワイト

SIMフリーのiPhone 8 / 8 Plusに関しては、シルバー・ゴールド・スペースグレイ、64GB / 256GBのいずれの組み合わせも在庫があります。

ゴールドが1番人気で出荷日がやや長いですけれども、1~2週間で届きます。それ以外は2~4日間です。

これまでのiPhoneの色の歴史は下表のとおりです。

名前 ゴールド シルバー スペースグレイ ローズゴールド その他
iPhone X - -  
iPhone 8 / 8 Plus -  
iPhone 7 / 7 Plus - レッド、ブラック、ジェットブラック
iPhone 6s / 6s Plus  
iPhone SE  
iPhone 6 / 6 Plus -  
iPhone 5s - -
iPhone 5c - - - - ブルー、グリーン、ピンク、イエロー、ホワイト
iPhone 5 - - - - ホワイト、ブラック
iPhone 4s - - - - ホワイト、ブラック
iPhone 4 - - - - ホワイト、ブラック
iPhone 3GS - - - - ホワイト、ブラック
iPhone 3G - - - - ホワイト、ブラック
iPhone(初代) - - - - シルバー&ブラック

以下、各カラーの特徴、メリット、デメリットをブレイクダウンして徹底比較します。

シルバー

iPhone X、8 Plus、8のシルバー色

Appleは昔からシルバー色の製品を取り扱っており、Apple製品といえばシルバーというイメージも根強い色です。

iPhoneでも定番のカラーであり、iPhone 5sから存在している色となっています。

8、8 Plusベゼル色が白色で前面はホワイトとなっています。白色のベゼル色はiPhone4で登場した色となります。

出た当時はベゼル部分の白色の生産効率(歩留まり)が悪く、白色のiPhone4の発売が半年遅れるという事態もありました。

表がベゼルの白と液晶の黒の正反対の2色で構成されていて、メリハリが効いていてポップな印象を及ぼしています。

ベゼルが白いと指紋や皮脂の汚れが目立ちにくいというメリットがあります。

他方、スピーカー、カメラ、環境センサの部位はブラックなので、ブラックのような一気通貫性はありません。

メリットとデメリットがちょうど黒系の色の正反対となっています。以下はiPhone6sの白いベゼルと、iPhone 7の黒いベゼルです。

iPhone 6sとiPhone7

Dライン(背面にあるアンテナの部分)が同色になっているため、ほとんど目立ちません。

Dラインの白とシルバーは比較的同系色であることから、あまり目立ちません。

iPhone X(テン)はベゼル色が黒色であり、初期のiPhoneから採用されているクラシカルなカラーです。

クレジットカードで喩えると、JCB、三井住友カード、ダイナース、アメックスといった伝統的な色になります。

ベゼル部分がブラックなので液晶部分との境目が曖昧であり、黒一色となって一体感があります。

ラウンドエッジとなっているガラスが艶やかであり、動画を見る際には没入感を得やすいのが特徴となっています。

定番色で新鮮味がないからか、新色と比較すると人気が乏しい状況が7までは続いていました。

iPhone 7は発売日当日の11時頃の家電量販店では、ゴールド、ローズゴールドと共に128GB以上であれば十分に在庫がある状況でした。

iPhone7発売日の午前11時のビックカメラ有楽町の在庫状況

今回は新しいカラーが出ていないので、シルバーの人気が再浮上するかもしれません。

プラチナ色でもあり、ジョジョの奇妙な冒険 第3部での主人公のスタンド「スター・プラチナ」をイメージさせる色でもあります。

スペースグレイ

iPhone X、8 Plus、8のスペースグレイ色

スペースグレイはiPhone 5sから登場した色となります。iPhone5までは、ブラックとホワイトの2色という体制が長らく続いていました。

iPhone 5sはスペースグレイ、ゴールド、シルバーの新色3つが光臨したモデルであり、色においては歴史的な転換点となったiPhoneです。

スペースグレイはそれ以前のブラックの後継色として加わった色となります。

ブラックはマットな質感であるのに対して、スペースグレイは光沢のある穏やかなグレーという色彩を帯びています。

シンプルな色合いでシーンを選ばない万能戦士であり、ドラクエの職業で喩えると勇者のような色です。

落ち着いた大人な雰囲気を醸し出しており、ビジネスシーンからパーティーシーンまで幅広い局面で活躍する色です。

スペースグレイは地味である反面、自己主張がないので、周囲の色を引き立てる高価を発揮します。

パーティーでのゴージャスな服やアクセサリーにもこっそりと馴染みます。

ベゼルがiPhone X、8、8 Plusのいずれも黒であり、液晶部分との境目が曖昧であり、黒一色となって一体感があります。

以下は白ベゼルのiPhone 5sと6s、黒ベゼルのiPhone 7です。ブラック一色の方がシンプルです。

iPhone 5sと6sとiPhone7

また、動画を見る際には没入感を得やすいのが特徴となっています。黒のベゼル色は初期のiPhoneから採用されているクラシカルなカラーです。

iPhone7(ブラック)

Dライン(背面にあるアンテナの部分)も同色になっているため、ほとんど目立ちません。

反面、スペースグレイの色はブラックと同様に、シルバーと比較すると汚れが目立ちやすいというデメリットがあります。

指紋や皮脂汚れが付着したり、汚れ、ホコリが目立ちやすい側面があります。以下は約1年間利用したiPhone 7の汚れになります。

ブラックのiPhone 7の汚れ

ケースを付けたとしても隙間から埃が入り、背面はうっすらとホコリが目につきやすくなっています。定期的な掃除が重要となります。

ブラックのiPhone 7の埃

ただし、指紋や皮脂汚れはiPhone5までの端末と比較すると格段につきにくくなっており、着実な進歩を成し遂げています。

ゴールド

iPhone 8 Plus、8のゴールド色

iPhone Xはシルバーとスペースグレイのみですが、8 / 8 Plusにはゴールドもあります。

ゴールドはiPhone 5sから登場したカラーで、既に定番となりつつある色です。ベゼル色が白色で前面はホワイトとなっています。

iPhone 6では中国でゴールドが人気爆発となり、日本の方が発売が早かったことから、日本のアップルストアで購入して転売業者に売却すれば利益が出るという凄まじい状況でした。

男性にも女性にも幅広く人気があるユニセックスな色であり、香水で喩えるとドルチェ&ガッバーナ ライトブルーのようなイメージです。

iPhone 5sと6sとiPhone7(裏面)

iPhone 7までは、Dラインの白と本体のカラーのコントラストが激しくて目立つのがややデメリットとなります。ただし、全く気にならないという方も多いでしょう。

ただし、 8 / 8 PlusはDラインがほとんど目立たなくなってオシャレでスマートになりました。

DラインがないiPadのゴールド色と同じように、金一色で美しくて調和が取れた麗らかな輝きを放っています。

iPad mini 4 ゴールド

iPhone X、8 / 8 Plusでなくなった色

ブラック

iPhone 7、7 Plusのブラック

iPhone7 / 7 Plusでで新たに追加された新色でした。マット仕上げの美しくシンプル、質実剛健なカラーです。

両面ともにブラックで調和が取れていて、耀かしい機能美という様相を呈していました。豪勢な才気煥発といった色味があります。

iPhone 7 ブラック

ラウンドエッジとなっているガラスが艶やかであり、動画を見る際には没入感を得やすいのが特徴となっていました。

さらに、Dライン(背面にあるアンテナの部分)が同色になっているため、ほとんど目立ちません。

iPhone X / 8 / 8 Plusではブラックはなくなり、スペースグレイが後継的な色となっています。

ジェットブラック

iPhone 7、7 Plusのジェットブラック

iPhone7 / 7 Plusで新たに追加された新色で、高級感のある光沢が魅力的なフラッグシップ・カラー的な存在でした。

iPhone8でも引き続き光臨しました。ストレージ容量が一番小さい32GBモデルにはなく、128GBか256GB限定の高級品として位置付けられていました。

全面がブラックで高光沢で深みがあり、ピアノの鍵盤のような存在感があってキラキラ・ツヤツヤで華やかでした。

ブラックと比較すると傷つきやすく、使用とともに光沢に微細な摩耗が生じる場合があるのがデメリットでした。

繊細な磨耗が気になる方は、ケースを使って表面を保護されることが推奨されていました。

ローズゴールド

iPhone 7、7 Plusのローズゴールド

ローズゴールドはiPhone 6sの時代から登場した色です。ピンク色が好きな女性に人気を博しているカラーとなっています。

男性でローズゴールドのiPhoneを使うのはありか否かという論争を巻き起こした程のインパクトがある色となります。

やはりiPhoneの新色というのは毎回絶大な注目を浴びています。落ち着いたピンク色なので男が使っていてもセーフでしょう。

6s~7と2年連続でラインナップに入っていましたが、X / 8 / 8 Plusでは外れました。

レッド

iPhone 7、7 Plusのレッド

iPhone 7発売から約半年が経った2017年3月21日に、7 / 7 Plusに新色のレッドが登場しました。

「iPhone 7 (PRODUCT)RED Special Edition」という名前です。表面は白であり、鮮やかな赤と合わせて紅白歌合戦のような流麗さがあります。

購入代金の一部が自動的に「世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)」に直接寄付されます。

Appleは10年間にわたって(RED)と提携しており、カウンセリング、検査、医薬品等でHIV/AIDSプログラムを支援してきました。

Appleの(RED)製品の売上から寄付された金額は累計1億3,000万ドル以上となっています。1ドル110円換算で約143億円相当です。

レッドと他の色で価格差はないので、純粋にAppleが売上代金を寄付してくれることにになります。こちらが身銭を切る必要は皆無です。

社会貢献、寄付、ボランティアなどはハードルが高い方が多いでしょう。しかし、iPhoneのレッド色を購入する場合は、自己負担なしで自然な社会貢献が可能となります。

iPhone X / 8 / 8 Plusではレッドはなくなりました。ただし、7の時と同様に発売から半年ほど経過してから、ラインナップに加わる可能性があります。

まとめ

iPhoneXの色は2種類、8 / 8 Plusの色は3種類となりました。2017年発売モデルでは新色は出ませんでした。

名前 カラー名 ベゼル色・前面の色
iPhone X シルバー
スペースグレイ
ブラック
iPhone 8 / 8 Plus スペースグレイ ブラック
シルバー
ゴールド
ホワイト

私自身はiPhone Xを買うことに決めており、どちらかと言えばシルバーが気になっています。

iPhone X(テン)

ただし、強いこだわりはなく、在庫がスペースグレイのみであれば、そちらでも構わないというスタンスで臨みます。

携帯電話会社の決算期である3月や、次期iPhone発売直前の6月~8月は、これまではMNPでiPhoneを契約すると、一括0円(実質0円ではなく、例えば実質-8万円)で契約できました。

通信2GBのプランで16GBのiPhoneだと、毎月の料金が4,000円前後で維持できるため、これらの時期はキャリアとの契約を検討しえました。

ただし、2016年2月以降は総務省の新しい行政指導が入り、割引額が渋くなって維持費用が上がっています。

iPhone X / 8 / 8 Plusを安く買う方法まとめ。MNP一括0円は8月まで待つべき
2017年9月にiPhone X(テン) / 8 / 8 Plusが発売されます。iPhoneをリーズナブルに購入する方法について解説します。どれがいいか?が...

今後はSIMフリー端末&MVNOの組み合わせも検討しえます。速度はUQ mobileが速めです。iOSでのデータ通信での動挙動が不安定なのがデメリットでした。

しかし、2016年2月19日に、UQ mobileにおいてiOS 9.0以降に対応したプロファイルが公開され、現時点ではiPhoneで問題なく通信が可能となっています。

ドコモ系MVNOではLINEモバイルの速度が速い傾向にあります。

ドコモオンラインショップ、ソフトバンクオンラインショップだとiPhone発売後の店舗での大混雑を回避して、待ち時間なくiPhoneを手に入れることができます。

新しいiPhoneが発売される9月は混雑が酷烈なものになり、開店前から並ばないとひたすら待つ必要が生じてしまい、修行の様相を呈しています。

スマホを契約するだけで1日が終わってしまうという悪夢のような地獄に陥りかねません。そうした待ち時間を回避できるのが、公式オンラインショップのメリットです。

ソフトバンクへのMNPの場合は、2011年11月から7年間の実績があり、累計申込件数が20万件を突破した「おとくケータイ.net」というサイトだとキャッシュバックがあります。

ソフトバンクの実施しているキャンペーンは全て適用されて、それにキャッシュバックの上乗せがあります。

来店も不要で契約書の郵送だけで携帯電話を契約でき、もちろんキャッシュバックも受けられます。

通算申込20万件突破の正規代理店なので安心です。キャッシュバックは契約完了日の翌々月末に振り込まれます。

9月の新iPhone発売直後でも、キャッシュバック付きでiPhoneを獲得することが可能です。家族などで複数台同時にMNPすると、更にキャッシュバックが増額します。

長年のソフトバンクとの信頼関係があり、他の代理店よりも優先的な仕入れが可能となっており、在庫は大体ある状況となっています。

ソフトバンクへのMNPでキャッシュバックがある「おとくケータイ.net」

もしNTTドコモと契約している方ですと、dカードGOLDを活用すると、より携帯電話がお得になります。ドコモオンラインショップで購入すると2%還元となります。

ドコモオンラインショップの機種変更は評判・口コミ通りなのか?メリット・デメリットを徹底解説
「ドコモオンラインショップ」というNTTドコモのネット通販があります。iPhone、Androidスマホ、iPad、タブレットを24時間いつでもど...

年会費は本人カードは10,800円(税込)です。家族カードは1人目は無料、2人目以降は1,080円(税込)です。カードの還元率が1%です。

カードの基本性能も良好であり、加えてdポイントクラブの優待で月々のドコモ・ドコモ光の利用料金のポイント還元率が10%にアップするのが大きなメリットです。

ドコモの携帯電話料金やドコモ光の料金合計が月9,000円ですと、dポイントが900ポイント(年間10,800ポイント)得られるので、年会費とトントンとなります。

ローソンでは3%割引となり、クレカ還元率・dポイントかPontaポイントと合わせて約5%還元となるのも大きなメリットです。

dカードとdカード GOLDのメリット・デメリット・使い方まとめ
dカードというドコモ(docomo)のクレジットカードがあります。dカード、dカード GOLDの二種類があります。ドコモの利用料金だけではな...

最大10万円のケータイ補償も大きなメリットです。高価なスマホも10万円を超える額は大きくないので大部分がカバーされます。詳細は以下で徹底解説しています。

dカードのケータイ補償とは?ゴールドなら最高10万円で頑健!補償内容・注意点を徹底解説
「dカード」というドコモが発行しているクレジットカードがあります。ドコモ関連のベネフィットが充実しているのが特徴です。ゴールド...

iPhoneをお持ちの場合は、AppleCare+は入らなくてよくなります。「AppleCare+ for iPhone」は月額料金が月617円(税抜)なので、年間7,404円(税抜)です。

こう考えると、dカード GOLDの1万円(税抜)の年会費のうち、約74%はケータイ補償でAppleCare+が不要になることで賄えるとも考えられます。

iPhoneは端末代・修理代はいずれも高額です。しかし、dカード GOLDの会員は紛失・全損時の補償が10万円までと極めて高額ですので、iPhoneもほぼカバーできます。

画面がヒビ割れで破損したiPhone

年100万円以上の利用で10,800円分の携帯電話・dトラベル・d Fashionの割引クーポンが得られます。年200万円以上使う場合は年21,600円相当もお得になります。

年100万円以上クレジットカードを利用する場合は、「dカード GOLD年間ご利用額特典」だけで年会費をカバーできます。

その他、充実した旅行保険、空港ラウンジ、USJのラウンジがメリットです。JALのサクララウンジも抽選で利用できます。

iPhoneを使っていて、携帯の利用料金が多めの方は大きなメリットがあります。ドコモ光にも10%還元が適用されるので、家のインターネットもお得になります。

現在、dカード GOLDはお得な入会キャンペーンを行っています。コンビニ・スーパー・ディスカウントショップで現金同様に使えるdカード(iD)クーポンが最大12,000円分プレゼントされます。

dカード GOLDはドコモユーザーにとってメリットが大きいクレジットカードです。以下の公式ページからご入会すると、キャンペーンが適用されます。

dカード GOLD 公式キャンペーン

ドコモ・au・ソフトバンクと契約する場合で、固定の光回線を維持している場合は、固定回線とのセット割引を適用させて、少しでもお得にする方法などを検討しましょう。

ドコモ光・ドコモ光パックのメリット・デメリットまとめ
NTTドコモが、光ファイバーの高速固定回線「ドコモ光」、ドコモ光とスマートフォン・携帯電話のセットの「ドコモ光パック」を開始しま...
ソフトバンク光は評判・口コミ通りか?2017年現在のメリット・デメリットを徹底解説!
ソフトバンクは、光ファイバーの高速固定回線「SoftBank 光」、SoftBank 光とスマートフォン・携帯電話のセットの「おうち割 光セット...

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-スマートフォン, 通信費
-

Copyright© The Goal , 2017 All Rights Reserved.