The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

楽天証券とSBI証券の確定拠出年金(iDeCo)を比較!個人型から企業型まで完全網羅

更新日: iDeCo 資産運用の考え方 証券会社

家族・親子

確定拠出年金(401k)という制度があります。2016年に加入対象者が一気に拡大して、iDeCo(イデコ)という愛称も付きました。

大きな節税メリットが有ることから、普及に促進がかかっています。

3階建ての日本の年金制度において3階の部分となります。確定拠出年金には個人型と企業型の2種類があり、個人型の場合は自分で口座を開設する金融機関を選ぶことになります。

iDeCoの口座開設先として、最有力候補に上がるのが楽天証券とSBI証券です。どちらが良いか比較検討が重要です。企業型を含めて、2つの証券の確定拠出年金の違いについて完全に比較します。


確定拠出年金の概要

確定拠出年金は公的年金とは異なり、賦課方式ではなく積立方式となっています。自分で積み立てたお金を運用した結果を、老後に受け取る方式です。

確定拠出年金(iDeCo)は所得税・住民税の節税メリットが大きい制度です。最近話題のNISAはあくまで出た利益が無税になるのであり、不確実性は存在します。

しかし、確定拠出年金は確実に所得税・住民税が減税されます。リスク・ゼロには大きなメリットがあります。

定期預金などの低リスク資産での運用も可能なので、控除できる所得がある場合は大きな利点があります。詳細は以下で徹底解説しています。

確定拠出年金(iDeCo)のメリット・デメリット、企業型・個人型の違いまとめ
確定拠出年金(401k)という制度があります。絶大な節税メリットがあり、所得税・住民税を大きく減税することが可能です。愛称は「iDeCo...

個人型確定拠出年金は、多数の証券会社、銀行、保険会社で口座を解説できます。その中でもおすすめの金融機関については、以下で丹念に分析しています。

個人型の確定拠出年金(iDeCo)のおすすめ金融機関まとめ!2017年
企業型の確定拠出年金は企業が提携した金融機関が提示する商品から選ぶしかありません。個人型については、確定拠出年金の口座を開設...

なお、万が一iDeCoの口座を開設した金融機関(運営管理機関)が破綻したとしても、iDeCoの資産が削減されることはありません。

個人型確定拠出年金の運用資産は信託財産として信託銀行で管理されています。ただし、新しい運営管理機関へ変更するための手続きが必要です。

おすすめの金融機関の中でも更に特におすすめなのは、リーズナブルな手数料と良好な投資信託を両立させている楽天証券とSBI証券です。

楽天証券の確定拠出年金・個人型(iDeCo)のメリット・デメリットまとめ
確定拠出年金(401k)という制度があります。愛称は「iDeCo」(イデコ)です。絶大な節税メリットがあり、所得税・住民税を大きく減税する...
SBI証券の個人型・確定拠出年金(iDeCo)は、豊富な運用商品と完全無料の運営管理手数料が魅力!
確定拠出年金(401k)という制度があります。愛称は「iDeCo」(イデコ)です。絶大な節税メリットがあり、所得税・住民税を大きく減税する...

 

そこでこのページでは、この2つのネット証券のiDeCoの相違点についてブレイクダウンして、徹底的に比較します。

手数料の比較

比較 (2)

iDeCoの利用にあたって支払う手数料は、加入時にかかる手数料と毎月発生する手数料の2種類があります。

初回手数料は、国民年金基金連合会に支払う2,777円(税込)は、SBI証券も楽天証券も、他のどの金融機関でも同じです。

金融機関に支払う手数料としては、個人型確定拠出年金への新規加入時は「加入時・移換時手数料」、iDeCo金融機関を変更した時は「運営管理機関変更時手数料」がかかります。

楽天証券は無料です。SBI証券は1,080円(税込)でしたが、2017年5月19日から無料になりました。

手数料区分 楽天証券 SBI証券
証券会社 無料 無料
国民年金基金連合会 2,777円 2,777円
合計 2,777円 2,777円

毎月のランニングコストは、国民年金基金連合会に支払う103円・信託銀行に支払う64円(合計167円)はどこでも同じです。

金融機関に支払う「口座管理手数料」は、楽天証券もSBI証券も無料です。個人投資家にとって嬉しい秀逸な手数料設定です。

以前は有料でしたが、どちらも2017年5月に大胆な値下げを行い、完全無料化を実現しました。採算度外視の卓越した措置であり、良心的です。

手数料区分 楽天証券 SBI証券
証券会社 無料 無料
国民年金基金連合会 103円 103円
信託銀行 64円 64円
維持コスト合計(月) 167円 167円
維持コスト合計(年) 2,004円 2,004円

以前は、楽天証券は資産残高10万円未満は月226円(年2,712円)でした。

ただし、新規加入後または他社からの移換完了から1年間は、「1年間誰でも0円」サービスによって運営管理手数料が0円となり、楽天証券のiDeCoを口座管理手数料無料で利用できました。

1年以内に10万円に達すればOKなので、手数料無料の条件をクリアしやすかったです。月9,000円を拠出すれば、運用成績が±0だと1年間で10万円を突破しました。

SBI証券は資産残高50万円未満は324円(年3,888円)でした。ただし、キャンペーンが開催されており、2017年6月分までの月々の口座管理手数料は無料となりました。

以前の手数料体系は下表のとおりでした。

手数料区分 楽天証券 SBI証券
証券会社 無料(残高10万円未満:226円) 無料(残高50万円未満:324円)
※新規加入・移管後1年間無料 ※2017年6月30日まで無料。
国民年金基金連合会 103円 103円
信託銀行 64円 64円
維持コスト合計(月) 167円(残高10万円未満は393円) 167円(キャンペーン終了後、残高50万円未満は491円)
維持コスト合計(年) 2,004円(残高10万円未満は4,716円) 2,004円(キャンペーン終了後、残高50万円未満は5,892円)

SBI証券のキャンペーン前は、iDeCoの上限の月23,000円を拠出するケースでは、SBI証券は50万円を超えるのに運用成績が±0だと22ヶ月かかるので、楽天証券の方が7,128円安くなりました。

確定給付企業年金がある方や公務員の方は、確定拠出年金個人型に積み立てられる上限は月12,000円です。

この場合でも、楽天証券は1年以内に10万円を超えるので、ずっと口座管理手数料無料で維持できました。

他方、SBI証券の方は50万円を超えるまで42ヶ月かかるので、楽天証券の方が13,608円安くなりました。

その他、同じようにSBI証券のキャンペーン終了後に楽天証券の方が安くなる金額は下表のとおりでした。

加入対象者 拠出限度額(年額) 50万突破までの月数 楽天証券の方の安さ
国民年金第1号被保険者 81.6万円 8ヶ月 2,592円
企業年金のない企業の従業員 27.6万円 22ヶ月 7,128円
企業型DC加入者(他の企業年金なし) 24.0万円 25ヶ月 8,100円
企業型DC加入者(他の企業年金あり) 14.4万円 42ヶ月 13,608円
他の企業年金加入者(企業型DCなし) 14.4万円 42ヶ月 13,608円
公務員等 14.4万円 42ヶ月 13,608円
国民年金第3号被保険者 27.6万円 22ヶ月 7,128円

個人型確定拠出年金(iDeCo)の手数料に関しては、楽天証券の方が優れていました。

元本確保の定期預金中心でリスク資産への投資は少額に抑える場合は、楽天証券がおすすめでした。現在はどちらも完全無料となっています。

SBI証券と楽天証券がiDeCoの手数料を完全無料化!個人型確定拠出年金のコストが極限まで低下
SBI証券と楽天証券が個人型確定拠出年金(iDeCo)の手数料を完全無料化しました。加入時・移換時手数料、運営管理機関変更時手数料、口...

運用商品の比較

比較

手数料と並んで重要なのは良い商品があるか否かです。確定拠出年金の場合はNISAとは異なり、株式、ETF、REITへの投資はできません。定期預金と投資信託が中心となります。

アクティブ投信は統計を取るとインデックス投信に負けている期間が多いので、良い投資信託を見極める自信がない限りは、インデックス投信が無難です。

対面証券であれば手数料が高い投信やラップ口座の購入で高い手数料を支払っても、IPOの獲得などで「損して得取れ」でトータルでお得にすることが可能です。

しかし、確定拠出年金だとその効果は皆無なので、純粋に手数料は低ければ低い方が望ましいです。

この点、SBI証券も楽天証券も秀逸な低コストの投資信託が揃っており、高い次元での激闘となっています。各資産クラスごとに代表的な投信について比較します。

信託報酬(実質運用管理費用)は税込で、小数点以下3桁を四捨五入しています。

投資対象 楽天証券 SBI証券
商品名 実質運用管理費用 商品名 実質運用管理費用
定期預金 みずほDC定期預金(1年) - スルガ確定拠出年金スーパー定期1年 -
国内株式 三井住友・DC日本株式インデックスファンドS 0.21% 三井住友・DC日本株式インデックスファンドS 0.21%
たわらノーロード日経225 0.21% DCニッセイ日経225インデックスファンドA 0.21%
先進国株式 たわらノーロード 先進国株式 0.24% DCニッセイ外国株式インデックス 0.23%
iFree NYダウ・インデックス 0.24%
EXE-i グローバル中小型株式ファンド 0.3724%程度
インデックスファンド海外株式ヘッジあり(DC専用) 0.30%
新興国株式 インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式 0.59% EXE-i 新興国株式ファンド 0.3904%程度
国内債券 たわらノーロード 国内債券 0.16% 三菱UFJ 国内債券インデックスファンド゙(確定拠出年金) 0.13%

先進国債券

たわらノーロード 先進国債券 0.22% 三井住友・DC外国債券インデックスファンド 0.23%
たわらノーロード 先進国債券(為替ヘッジあり) 0.22% インデックスファンド海外債券ヘッジあり(DC専用) 0.28%
新興国債券 インデックスファンド海外新興国債券(エマージング) 0.56% 三菱UFJ DC新興国債券インデックスファンド 0.56%
国内REIT 三井住友・DC日本リートインデックスファンド 0.28% DCニッセイJ-REITインデックスファンドA 0.27%
海外REIT 三井住友・DC外国リートインデックスファンド 0.30% 三井住友・DC外国リートインデックスファンド 0.30%
バランス セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド 0.72% DCインデックスバランス(株式20) 0.18%
三井住友・DC世界バランスファンド(動的配分型) 1.29% DCインデックスバランス(株式40) 0.19%
三菱UFJ DCバランス・イノベーション(KAKUSHIN) 0.65% DCインデックスバランス(株式60) 0.21%
DCインデックスバランス(株式80) 0.22%
コモディティ ステートストリート・ゴールドファンド(為替ヘッジあり) 0.89% 三菱UFJ純金ファンド(愛称:ファインゴールド) 0.97%

SBI証券の方は外国株式でiFree NYダウ・インデックス、EXE-iグローバル中小型株式ファンドなど、特徴的なファンドが揃っています。

新興国株式においては、SBI証券のEXE-i新興国株式ファンドが信託報酬の低くなっており、先進国債券の方は楽天証券の方が低くなっています。為替ヘッジ付きもあります。

コモディティは楽天証券の方が安くなっています。信託報酬に関しては、SBI証券の方が低コストな資産クラスが多いです。楽天証券との差はごく僅かです。

SBI証券と楽天証券の確定拠出年金の給付方法

老夫婦

現役時代は確定拠出年金で積み立てていき、原則として60歳以上になったら年金を受給することになります。

例外的に、障害給付金、死亡一時金、脱退一時金など60歳未満でも受け取れる場合があります。ただし、これはレアケースです。

通算加入者等期間の長さによって、年金資産の受取が可能な開始年齢は変わってきます。受給方法には、一時金または年金となります。

一時金はその名の通りiDeCoで積み立てた資産を一括してドーンと受け取る方式です。60歳になったら必ず受け取る必要があるわけではなく、受取時期は調整可能です。

退職金が多い方ですと、退職金を受け取る年とiDeCoの資産を受け取る年をズラした方が、税金控除後の手取り額が増える場合があります。

年金方式は生命保険会社が提供している年金保険のように、分割して徐々に受け取っていく方式です。

給付方法 楽天証券 SBI証券
一時金
年金方式 5年以上20年以下の期間 5年または10年
年金と一時金を組み合わせ ×

個人型確定拠出年金の受取方式は楽天証券の方が多様となっています。

SBI VS 楽天~企業型確定拠出年金の比較

外国人ビジネスパーソン

SBI証券は企業型確定拠出年金を提供していますが、楽天証券は提供していません。

確定拠出年金(企業型)は中小企業とも親和的な制度ですが、社員が少ない企業では普及が進んでいません。

その大きな理由が金融機関に支払う手数料が高コスト、事務手続きが煩雑、中小企業は門前払いする金融機関もあることでした。

しかし、SBI証券の「ダイレクト401kプラン」は、ダイレクト方式による運営管理手数料の低料金化、面倒な事務手続きを極力簡素化、1名からでも加入可能というメリットがあります。

これまで金融機関側では引受けに消極的だった数名~30名程度の零細企業・同族企業の加入にも積極的となっています。

初期導入費用は、1社あたり108,000円(税込)、口座開設手数料が加入者1名あたり)3,240円(税込)となっています。その他、移換手数料が移管の都度1回あたり4,320円(税込)発生します。

月々のランニングコストとしては、以下の金額が発生します。

区分 金額(税込)
運営管理手数料 一般事業主手数料(1社あたり) 月5,400円
加入者基本手数料(加入者1名あたり) 月324円
収納代行(1社あたり) 月324円

加入者数(1~29名)別の合計金額(税込)は下表のとおりです。加入者数30名以上の場合は、別途見積りとなります。もちろん、これらのコストは損金になってその分法人税は減ります。

加入者数 初期導入費用 経常費用(月) 経常費用(年)
1 111,240 5,724 68,688
2 114,480 6,048 72,576
3 117,720 6,372 76,464
4 120,960 6,696 80,352
5 124,200 7,020 84,240
6 127,440 7,344 88,128
7 130,680 7,668 92,016
8 133,920 7,992 95,904
9 137,160 8,316 99,792
10 140,400 8,640 103,680
11 143,640 8,964 107,568
12 146,880 9,288 111,456
13 150,120 9,612 115,344
14 153,360 9,936 119,232
15 156,600 10,260 123,120
16 159,840 10,584 127,008
17 163,080 10,908 130,896
18 166,320 11,232 134,784
19 169,560 11,556 138,672
20 172,800 11,880 142,560
21 176,040 12,204 146,448
22 179,280 12,528 150,336
23 182,520 12,852 154,224
24 185,760 13,176 158,112
25 189,000 13,500 162,000
26 192,240 13,824 165,888
27 195,480 14,148 169,776
28 198,720 14,472 173,664
29 201,960 14,796 177,552

この他、資産残高に応じて資産管理手数料が発生します。半年毎にSBI証券ダイレクト401kプラン全体の手数料が平均資産残高によって決定し、個々の企業に対して企業の平均資産残高に按分して課金されます。

資産管理手数料(税込)の例は下表のとおりです。

資産残高 資産管理手数料(年額)
500万円 5,400円
1,000万円 10,800円
5,000万円 54,000円

運用商品は元本確保の定期預金、低コストインデックス投信が揃っており、秀逸なラインナップとなっています。

アセットクラス 商 品 委託会社名 信託報酬
預金 スルガ確定拠出年金 スーパー定期(1年) スルガ銀行
スルガ確定拠出年金 スーパー定期(3年) スルガ銀行
スルガ確定拠出年金 スーパー定期(5年) スルガ銀行
ろうきん確定拠出年金定期預金(スーパー型) 労働金庫連合会
日本株式 DC日本株式インデックス・オープンS 三井住友トラスト・アセット・マネジメント 0.20%
日本債券 DC日本債券インデックス・オープンS 三井住友トラスト・アセット・マネジメント 0.16%
外国株式 DIAM外国株式インデックス〈DC年金〉 アセットマネジメントOne 0.25%
年金積立インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式 日興アセットマネジメント 0.55%
外国債券 野村外国債券インデックスファンドDC 野村アセットマネジメント 0.21%
年金積立 インデックスファンド海外新興国(エマージング)債券 日興アセットマネジメント 0.52%
バランス型 SBI資産設計オープン〈スゴ6〉 三井住友トラスト・アセット・マネジメント 0.68%
DCインデックスバランス80 日興アセットマネジメント 0.20%
DCインデックスバランス60 日興アセットマネジメント 0.19%
DCインデックスバランス40 日興アセットマネジメント 0.18%
DCインデックスバランス20 日興アセットマネジメント 0.17%
その他 SMT J-REITインデックス・オープン 三井住友トラスト・アセットマネジメント 0.40%
SMT グローバルREITインデックス・オープン 三井住友トラスト・アセットマネジメント 0.55%

まとめ

確定拠出年金のうち、個人型確定拠出年金(iDeCo)は、楽天証券とSBI証券が有力な選択肢です。シンプルさ・給付方法は楽天証券、信託報酬が安い投信の種類はSBI証券にエッジ・優位性があります。

どちらも卓越したハイ・クオリティーの内容となっており、採算度外視の様相を呈しています。企業型確定拠出年金の場合は楽天証券は提供していないので、SBI証券が候補となります。

政府は財政状況が芳しくない中で、市民に自助努力での資産形成を促す趣旨で、確定拠出年金の加入者を増やして、税制面でのインセンティブを増やす取り組みを行っています。

こうした情勢下、楽天証券もSBI証券も顧客のニーズを正確に捉えて、ユーザーにとって良いクオリティの素晴らしい制度を用意していると考えます。

NISA同様にiDeCoではSBI証券も楽天証券もほとんど儲かっていないと予想します。微益を通り越して赤字の可能性すらあると思います。

シンプルさ・給付方法を重視する場合は楽天証券がおすすめです。手数料完全無料で維持でき、投資信託の種類も多くなくて分かりやすいことから、ライトユーザーには楽天証券がいいでしょう。

楽天証券の確定拠出年金積立プラン(個人型401K)

以前に楽天証券を訪問して、iDeCoについて取材しました。管理画面のインターフェイスの工夫、シングル・サインオンの仕組みが独自のメリットです。

楽天証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)に取材インタビュー!他社にはない魅力が豊富!
 楽天証券という楽天グループのネット証券があります。日本の大手ネット証券の一角であり、大人気で存在感がある証券会社です。2016年...

また、以前にSBI証券、楽天証券にインタビューに行き、個人型確定拠出年金も含めてサービス内容について取材したことがあります。

iDeCoだけではなく総合証券取引口座も卓越したハイ・クオリティーとなっています。

SBI証券に取材インタビュー!あんなこともこんなことも最新情報を聞き倒しました!
幾多のネット証券がある中で、日本で最も人気があるネット証券がSBI証券です。ネット証券でNo.1の口座開設数、NISA口座数はネット証券...
楽天証券に取材インタビュー!気になるあんな事やこんな事を聞き倒しました!
楽天証券という楽天グループのネット証券があります。日本の大手ネット証券の一角であり、大人気で存在感がある証券会社です。業界最...

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-iDeCo, 資産運用の考え方, 証券会社

Copyright© The Goal , 2017 All Rights Reserved.