The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

岡三オンライン証券が20万円以下の株式取引手数料を無料に!信用取引を使うと1日合計40万円無料!

更新日: 証券会社 金融機関

岡三オンライン証券

岡三オンライン証券が2017年12月25日から、国内株式取引手数料を引き下げます。現物取引、信用取引(制度・一般)の両方が対象です。

1日の約定代金合計額に応じて手数料が決まる「定額プラン」で、1日20万円以下の場合は売買手数料が無料となります!

岡三オンライン証券の「定額プラン」は、現物取引と信用取引は別体系となっており、1日の約定代金合計は別々に計算されて手数料が決まります。

したがって、現物取引と信用取引の約定代金20万円ずつ、1日あたり合計40万円までの手数料が0円です!


2017年12月24日までは、約定代金10万円以下は106円(税込)、20万円以下は216円(税込)でした。この部分が無料になります。

日本取引所グループの「売買単位100株統一プロジェクト」や、NISAを意識した投資単位の引き下げ(株式分割)の動きによって、20万円以下で売買できる株式は多数あります。

1日合計20万円まで、現物・信用を合わせて合計40万円まで無料となるのは卓越したメリットがあります。

ガッツポーズをする女性

発注段階では1段階上の手数料帯の手数料が一時的に拘束されます。約定当日の17時以降に約定金額により再計算されて解除されます。

1日の約定金額の合計に応じて手数料が決まる1日定額制の売買手数料で、20万円以下の部分は岡三オンライン証券が圧倒的な最安値となります。

現物取引の手数料比較は下表のとおりです。

証券会社名10万20万30万50万100万200万300万
岡三オンライン証券
(12/25~)
003785408641,4041,944
ライブスター証券4324324324326481,0801,512
SBI証券02063084638221,2541,686
GMOクリック証券2302303004308601,2601,660
岩井コスモ証券861722594328641,7282,592
岡三オンライン証券1062163785408641,4041,944
丸三証券2592592594328641,7282,592
楽天証券02063084639262,1603,240
立花証券2162163245409721,7282,592
松井証券03243245401,0802,1603,240
むさし証券1,2961,2961,2961,2961,2961,2961,296
マネックス証券2,7002,7002,7002,7002,7002,7002,700

信用取引の1日定額制の売買手数料の比較は下表のとおりです。

証券会社名10万20万30万50万100万200万300万
岡三オンライン証券
(12/25~)
003245407567561,404
GMOクリック証券1002102102104207351,050
GMOクリック証券
(18.1.4~)
02162162164328641,296
ライブスター証券4324324324324328641,296
SBI証券02582582585159471,379
岡三オンライン証券1062163245407567561,404
トレードステーション
(ミニプラン)
541081622705401,0801,620
トレードステーション
(ノーマル)
4324324324324328641,296
トレードステーション
(ラージ)
3,5103,5103,5103,5103,5103,5103,510
岩井コスモ証券861722594328641,7282,592
丸三証券2592592594328641,7282,592
楽天証券02063084639262,1603,240
松井証券03243245401,0802,1603,240
むさし証券1,2961,2961,2961,2961,2961,2961,296
立花証券5405401,0801,0802,1602,1602,160
マネックス証券2,7002,7002,7002,7002,7002,7002,700

岡三オンライン証券は完全抽選のIPO、システムトレードやデータ分析で極めて役立つ「岡三RSS」、岡三グループの強みを活かした充実の投資情報など、メリットが大きいネット証券です。

また、国内株取引応援キャンペーンとして「国内株式現物取引キャッシュバックキャンペーン」も実施しています。

岡三オンライン証券以外では、SBI証券、松井証券、楽天証券の3社は1日定額制の場合は10万円まで取引手数料が無料です。

SBI証券は岡三オンライン証券と同様に、現物取引と信用取引が別々に計算されるので20万円まで無料になります。

1日定額制プラン限定とはなりますが、4つのネット証券を駆使すると、1日最大80万円まで無料で取引することが可能になります。

証券会社名現物取引信用取引合計
岡三オンライン証券20万円20万円40万円
SBI証券10万円10万円20万円
松井証券合計で10万円10万円
楽天証券合計で10万円10万円

小口での売買がより一層便利になります。投資信託は100円から購入できるネット証券が増えてきており、株式取引も小口手数料が極限まで安くなっています。

その他、ネット証券の手数料については、以下で徹底的に比較しています。

2017年9月にはSBI証券と楽天証券が1日定額コースの手数料を、11月27日からはマネックス証券、SBI証券が信用取引の取引毎手数料を引き...

岡三オンライン証券の口座開設・維持は無料で一切費用はかかりません。充実した投資ツールと安価な手数料、IPOが魅力です。

岡三オンライン証券のIPOの抽選方法は100%完全抽選です。「配分の機会を公平に提供するため100%抽選で配分」されています。

店頭証券ですと裁量枠がありますし、大口富裕層がどうしても優遇されます。しかし、岡三オンライン証券は100%抽選です。

落ちても落ちてもひたすらに申しこめば、たまに当たって数万円といったリターンを獲得できます。根気との戦いになりますが、地道に注文したらいつかは当選する可能性があります。

事前入金不要というイラスト

ユニークなのが「事前入金不要」という仕組みです。申し込んだ分、資金が拘束されてしまうと、余力が減ってしまって不便ですね。

また、お金を入れていない場合は、いちいちIPOのために入金する手間が生じて、地味に面倒です。しかし、岡三オンライン証券は余力拘束や入金の手間が不要な事前入金不要の仕組みがあるので助かります。

ネット上で手間をかけずにサクッとIPOのブックビルディングに参加することが可能です。

岡三オンライン証券のオフィス

信用取引の大口割引制度(プレミアゼロ・プラチナ)もあり、専業トレーダーの強い味方です。また、特殊注文が充実しており、兼業投資家にも強い味方です。

岡三ネットトレーダーシリーズ、岡三RSSなどツール類の充実は日本随一であり、みんなの株式では連続して取引ツール部門で1位となっています。

板発注では可能な限り最低限の動きで発注から取消・訂正できるよう作り込まれています。

高機能なツールだけではなく、岡三かんたん発注のようにシンプルで直感的でわかりやすいツールもあり、初心者の方にも使い勝手がよくなっています。

最近では投資信託にも力を入れており、トレーダーだけではなく、幅広い層に使い勝手がいいネット証券へと進化しつつあります。

ガッツポーズする男女

岡三証券の情報も閲覧することができ、他のネット証券では見られない情報を収集することができます。

充実した投資ツール、岡三証券グループの豊富な投資情報、業界最低水準の手数料、IPOなどの魅力があり、デイトレーダーから兼業投資家まで幅広い投資家にとって有効活用できるネット証券です。

岡三オンライン証券という岡三証券グループのネット証券があります。創業95年を超える歴史を誇る老舗証券会社のネット証券であり、安...

口座開設・維持は無料であるにもかかわらず、100万の資産運用でも大活躍します。

以前には岡三オンライン証券に取材に伺い、投資ツールやIPO、その他諸々についてインタビューで聞き倒しました!

岡三証券グループにはネット証券「岡三オンライン証券」があります。使い勝手がよくて投資に役立つツールに定評のあるネット証券です...
創業10周年を迎えた岡三証券グループの専業オンライン証券「岡三オンライン証券」に取材したインタビューの続きです。取引ツール、特...

また、後日には取引所CFDのくりっく株365に関して取材インタビューしました。

岡三証券グループにはネット証券「岡三オンライン証券」があります。使い勝手がよくて投資に役立つツールに定評のあるネット証券です...

岡三オンライン証券は、当サイト限定タイアップでお得な入会キャンペーンを行なっています。口座開設と5万円以上の入金だけで2,000円がプレゼントされます。

ネット証券のキャンペーンとしては破格の内容でおすすめです。まだ口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会に開設してみてはいかがでしょうか。

岡三オンライン証券以外にも、SBI証券、松井証券、楽天証券の活用もおすすめします。1日10万円までは売買手数料が無料です。

SBI証券はリーズナブルな取引手数料以外にも、一般信用取引、IPO、PTS取引、充実の商品ラインナップ、充実の投資情報など多数のメリットがあります。

幾多のネット証券がある中で、おすすめのネット証券の一つがSBI証券です。私もフル活用しています。数多くのメリットがある証券会社で...
幾多のネット証券がある中で、日本で最も人気があるネット証券がSBI証券です。口座開設数(430万)、NISA口座数(100万)はネット証券NO.1...
  数多くのオンライン証券の中で日本で一番人気のネット証券はSBI証券です。口座開設数(430万)、NISA口座数(100万)はネット証券NO.1(...

SBI証券は当サイト経由でお得なキャンペーンを行っています。桐谷さんの直筆サイン本が当たります。

SBI証券の口座開設・維持・入出金は無料です。まだ口座をお持ちでなければ、この機会にぜひ口座開設してみてはいかがでしょうか。

松井証券は10万円以下手数料無料の他、一般信用売りが可能なのが大きなメリットです。

松井証券というネット証券があります。5大ネット証券の一角であり、日本を代表する証券会社です。松井証券は日本株の取引の仕組みにメ...

当サイト限定タイアップキャンペーンを実施しています。最新の税制に関する書籍がプレゼントされます。

大手ネット証券の一角で約100年の歴史を誇る松井証券は、お得なキャンペーンを開催しています。口座開設キャンペーンはもちろん、開設...

楽天証券はSBI証券と並んで、リーズナブルな取引手数料と豊富な商品ラインナップ・サービスを両立させている総合ネット証券です。

楽天証券というネット証券があります。大手インターネット企業の楽天グループの証券会社で、オンライン証券の口座開設数ではNo.2の地...
楽天証券という楽天グループのネット証券があります。日本の大手ネット証券の一角であり、大人気で存在感がある証券会社です。業界最...

手数料の安さを重視する場合は、ライブスター証券の活用も検討し得ます。

ライブスター証券は1日定額プランで50万円を超えるゾーンだと安いです。1約定ごとの手数料プランでは、屈指の安さを誇ります。

ライブスター証券はネット証券全体の中でも、手数料が秀逸な低コストである点が絶大なメリットです。手数料を第一に考える場合は最有力候補です。

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン

ライブスター証券は当サイトと限定タイアップキャンペーンを行なっています。新規口座開設だけで特別に2,000円がプレゼントされます。

当サイト限定!ライブスター証券の口座開設で2,000円プレゼント

信用取引は買いも売りも一律で手数料無料のSMBC日興証券が圧倒的な最安値となっています。

SMBC日興証券のインターネット口座「ダイレクトコース」は、なんと株式の売買手数料が0円にすることができます。信用取引の売買手数料...

三井住友FG傘下の証券会社だけあって主幹事のIPOが豊富であり、大型株やREITだと当たる実績が多いIPOも魅力的です。

SMBC日興証券という大手証券会社がありますね。SMBC日興証券はインターネット口座もあります。「ダイレクトコース」という名前です。...

1日に何度も取引するデイトレーダーの方ですと、トレードステーションも候補となります。

米国No.1の評価を受ける取引ツール「トレードステーション」(TradeStation)がいよいよ日本株に対応しました。卓越した高機能を誇るラ...
米国No.1評価の分析・取引ツール「トレードステーション」が、日本のトレーダー向けにリリースしてから約半年が経過しました。マネッ...

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-証券会社, 金融機関

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.