The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

楽天証券がPTSで3市場接続のSORを開始!夜間取引は2018年に開始予定

投稿日: 証券会社 金融機関

楽天証券の軌跡

楽天証券が証券会社で初めて、3市場に接続する「SORサービス」の提供を開始しました。

2018年2月13日から東証、チャイエックス・ジャパンPTS、SBIジャパンネクストPTSの3市場で最も有利な株価で売買することが可能になります。

SBIジャパンネクストPTSで夜間取引ができないのがデメリットですが、2018年中に開始予定となっています。


PTSとは「Proprietary Trading System」の略であり、投資家が証券取引所を経由せずに株式などを売買できる「私設取引システム」での取引を指します。

日本でのPTS取引は、SBIジャパンネクスト証券の「ジャパンネクストPTS(JNX)」 、チャイエックス・ジャパンの「チャイエックスPTS(Chi-X)」の2つです。

PTS取引のメリットは、第一に取引時間が長い点です。東証の取引時間外も取引が可能です。さらに、前場後場の間の昼休みもありません。

楽天証券が注文を取り次ぐジャパンネクストPTS(JNX)は、以下の2つの時間帯で取引が可能です。

  • 8:20~16:00:デイタイムセッション(昼間取引)
  • 17:00~23:59:ナイトタイムセッション(夜間取引)※今後対応予定

PTSは東証よりも呼び値の刻みが最小1,000分の1単位と細かいので、東証で取引するよりも「より高く売り、より安く買う」機会を得られます。

東証と比べ、呼値の単位が10分の1となっているものが多く存在しており、より細かく思い通りの注文が可能です。

「取引所」と「PTS」の取引時間が重なる時間帯では、取引所の最良気配よりも有利な値段で取引できる可能性があります。

パソコンデスクで作業する男女

PTSの特徴は板が薄くて値が飛ぶことがあり、時としてとんでもない株価上昇や下落があります。

特に悪材料の勃発、業績下方修正、株主優待改悪などのイベントが発生した際は、時として恐ろしい程に株価が暴落することがあります。意味不明なまでの下落があります。

このような際は、リバウンド狙いでPTSで買うと、次の日に高く売れることがあります。

スマホを見る笑顔の女性

長期投資前提の場合でも、狙っていた銘柄が思いもよらぬ安値で買えるチャンスが広がります。

適時開示情報閲覧サービス等で情報をチェックして、悪材料があった場合で、PTSで尋常ではない程に下がっていたら、ロングしてみるというストラテジーがあります。

また、逆に株価が上がり過ぎることもあるので、持ち株で株価が暴騰した場合はPTSで売っておく戦略も時として有効です。

ガッツポーズする女性

また、他にもネットでは言えないのですが、絶大に有効な戦略があります。実は大きなエッジがPTSから生まれており、絶大なメリットが有る制度です。

当然に知っている方はネットで宣伝などはせずに自分の資金で行うので、具体的なトレーディングのテクニックは、インターネットや書籍・雑誌ではほぼ出回りません。

具体的手法は自力で発掘するか地上でのフェイス・トゥ・フェイスで教えてもらう必要がありますけれども、楽天証券のPTS活用はおすすめです。

楽天クリムゾンハウスのエントランス (1)

SOR(スマート・オーダー・ルーティング)注文は、 東証とPTSの板(気配値)情報を比較し、 より有利な株価で約定できる市場で注文を執行するサービスです。

楽天証券では 2017年12月より東証と「チャイエックス・ジャパンPTS」の2市場を接続したSORサービスを提供しており、 現物株取引をしている方の35%が価格改善効果を得ることができました。

実際に私も何度が恩恵を受けています。以下は楽天証券の約定明細で、東証の846円よりも少し有利な846.2円でPTSで売却できた例になります。

楽天証券のSOR注文の約定結果

オン後はSORにSBIジャパンネクストPTSが加わったことで、 3市場の株価を比較して 自動で有利な条件の市場へ注文が行えるようになりました。

更に有利な株価で売買できる可能性が拡大しました。個人投資家に3市場が接続した「SORサービス」を提供するのは、ネット証券では楽天証券が初めてとなります。

なお、注文発注後にSORを有効にすることはできません。また、PTSに発注後に市場を東証へ変更することはできません。注文を取り消してから改めて発注する必要があります。

楽天証券のPTSの取引手数料は、SORを利用した注文における現物取引の売買を含めて、東証での通常手数料と同一です。選択している手数料コースの手数料が発生します。

PTSに信用取引の注文を出すことはできません。現物取引のみとなります。

楽天証券は今後もより一層の発展を期待できる卓越したネット証券です。手数料が安い、商品のラインナップが豊富の両方を高い次元で満たしています。

売買手数料はリーズナブルな水準で競争力があります。立会外分売は勝率が高く、楽天証券での活用で着実なリターン獲得が可能です。

楽天グループならではのメリットとしては、取引で楽天スーパーポイントも貯まります。

楽天ポイントはANAマイルに交換できるので、マイラーにとっても嬉しい仕組みです。

信用取引も充実しており、1日信用取引は屈指の低コストです。現引・現渡しの手数料が無料なので、デイトレーダーでなくても売買に有効活用できます。

楽天証券は信用取引の環境が充実しています。他社が先行リリースした制度も導入して、総合力でネット証券屈指のクオリティに向上して...

一般信用売りも可能になり、つなぎ売りがしたい局面では非常に役に立ちます。

一般信用売りが可能なネット証券は限られており、その中でも楽天証券は手数料が安いので、低コストでトレードすることが可能です。

嬉しいビッグニュースが飛び込んできました。楽天証券が2016年12月から、 信用取引サービスの一般信用売建において、 返済期限が14日...

大口優遇制度もあり、専業トレーダーや資金量がある方の強い味方です。メールでも適用の連絡が来るので安心・安全です。

超割コース大口優遇の適用メール

資金量が多い方の場合、キーエンス(6861)、任天堂(7974)、SMC(6273)、ファーストリテイリング(9983)等の値嵩株をクロス取引すると簡単に条件をクリアできます。

1日信用取引でもOKなので、特別空売り料がない銘柄だとコストなしで大口優遇を達成することも可能です。

大口優遇の期間中に再び1日でも条件をクリアしたら、その月末から3ヶ月後まで期間が延長されます。

楽天証券 超割コースの延長のお知らせメール

大口優遇は一度条件を達成すると、3ヶ月間適用されるので便利です。他社は1ヶ月間というネット証券ばかりです。

タブレットを手に持つ笑顔の女性

一度でも1日の新規建玉残高(当日中に決済してもOK)、もしくは15時時点での信用建玉残高が5000万円以上になったら、3ヶ月も手数料の優遇を受けられます。

マーケットスピード、マーケットスピード2、iSpeedという秀逸な取引ツール・アプリを提供しており、パソコンでもスマホ・タブレットでも快適な取引が可能です。

楽天証券の楠 雄治 代表取締役社長

チャイエックス・ジャパンPTS、SBIジャパンネクストPTSの2つで取引でき、SOR注文によって取引所と比較して有利な価格で約定できる場合もあります。

楽天証券が証券会社で初めて、3市場に接続する「SORサービス」の提供を開始しました。2018年2月13日から東証、チャイエックス・ジャパ...

投資信託では少額での積立が可能であり、他社ではポイント対象外の低コストインデックス投信も、楽天証券ではポイント付与の対象となっています。

楽天カードで投信積立が可能で、月5万円まで1%の楽天スーパーポイントを獲得できます。

楽天カードのクレジット払いでポイント還元を受けながら、楽天証券で投資信託の積立ができるサービスが開始します。還元率は通常のカ...

ポイントでの投信購入で楽天SPUが+1倍になり、楽天市場でのお買い物がお得になるメリットもあります。

楽天市場・楽天ブックス・楽天koboでのお買物で誰でも毎日ポイントを10数倍にできる「SPU(スーパーポイントアッププログラム)」とい...

投資信託を楽天スーパーポイントで購入することも可能になりました。

楽天証券で2017年8月26日から、楽天スーパーポイントで投資信託を購入できるようになります。お買い物やクレジットカード、ポイントカ...

また、楽天証券に口座がなくても投資が可能な「ポイント運用 by 楽天PointClub」もあります。

楽天スーパーポイントを利用して投資ができる「ポイント運用 by 楽天PointClub」が2018年10月3日(水)12時に開始しました。手数料は無...

2018年10月27日から楽天カードのクレジット決済で投信積立が可能になり、1%の楽天スーパーポイントを貯めることも可能になります。

楽天カードのクレジット払いでポイント還元を受けながら、楽天証券で投資信託の積立ができるサービスが開始します。還元率は通常のカ...

楽天ポイントが貯まる楽天カードは資産運用できるクレジットカードの筆頭です。投資ができるカードは類稀であり、一歩先に進んだ画期的なスペックを備えています。

以前に楽天証券に取材に行った際には、「ネット証券という枠組みにとらわれず、フィンテックカンパニーとして、イノベーティブなサービス、利便性の追求を常に行なっていきます。」と力強いメッセージを頂きました。

まさにそれを具現化するような画期的な新サービスの導入です。

楽天証券という楽天グループのネット証券があります。日本の大手ネット証券の一角であり、大人気で存在感がある証券会社です。業界最...

楽天銀行との連携サービスは自動スイープが秀逸な出来栄えで、証券口座の余剰資金は自動的に楽天銀行の0.1%の圧巻の高金利が適用され、かつATMで出金できます。楽天銀行の残高は証券の投資にいつでも使えます。

楽天銀行には「マネーブリッジ」というサービスがあります。無料で利用できます。楽天銀行と楽天証券の口座を連携することで、銀行の...

日本初のブロックチェーン技術を活用した高セキュリティな本人認証サービスの開発を進めていて、ID・パスワードが不要になるというプレスリリースがありました。

楽天証券が、 日本初のブロックチェーン技術など最先端のフィンテック技術を活用して、ID・パスワードが不要となる本人認証サービスを...

デイトレーダー、スイングトレーダー、バリュー投資家、グロース投資家、インデックス投資家などありとあらゆる投資家が有効活用できる、卓越した総合オンライン証券です。初心者から玄人までフル活用できます。

複数の証券会社を使い分けるのは面倒で、一つの証券会社で済ませたいという場合は、楽天証券が有力候補の一つです。米国株式取引手数料も低水準です。

個人型確定拠出年金(iDeCo)では運営管理手数料が無料です。リーズナブルな手数料、優良な低コストインデックス投信にエッジ・優位性があります(楽天証券とSBI証券のiDeCoの比較)。

確定拠出年金(401k)という制度があります。愛称は「iDeCo」(イデコ)です。絶大な節税メリットがあり、所得税・住民税を大きく減税する...

以前に楽天証券を訪問して、iDeCoについて取材しました。管理画面のインターフェイスの工夫、シングル・サインオンの仕組みが独自のメリットです。

楽天証券という楽天グループのネット証券があります。日本の大手ネット証券の一角であり、大人気で存在感がある証券会社です。2016年...

つみたてNISAでは楽天スーパーポイントが利用可能である点がメリットです。

[blogcard url="https://matsunosuke.jp/rakuten-securities-fun

楽天証券は日々のトレーディング、中長期的な資産運用の両面で優れており、資産形成に資するオンライン証券です。私もフル活用してパフォーマンスを向上させています。

口座開設・維持は無料であるにもかかわらず、100万の資産運用でも大活躍します。

一歩先に進んだ画期的な仕組みが満載のネット証券であり、証券会社の基準を変えて一新する程のインパクトを放っています。

楽天証券での投資はボーナスの使い道としても有力な選択肢です。お得な口座開設キャンペーンも開催しています。

楽天証券 公式キャンペーン

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-証券会社, 金融機関

Copyright© The Goal , 2018 All Rights Reserved.