The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

Xperia XZs / XZ Premiumの大きさ・サイズ・重さの比較まとめ

更新日: スマートフォン 通信費

Xperia XZs

ドコモ・au・ソフトバンクからXperia XZsが発表されましたね。機能面では着実な進化を遂げています。ドコモからは上級モデルのXperia XZ Premiumも出ています。

XZ Premiumと XZsのどっちにするかにおいて、重要なのが大きさです。携帯電話は日常的に持ち歩くので、機能に加えてサイズも大切です。重いと手が疲れるので重さも大事です。

Xperia XZ Premium、Xperia XZsの大きさ・サイズ・重さの比較についてまとめます。iPhone 7 / 7 Plus、Google Pixel・Galaxyなどの他のAndroidと徹底的に比較します。


Xperia XZ Premium、XZsと旧モデルの比較

まずは2015~2017年に発売されたXperiaの大きさ・サイズについて比較します。

名前 画面 高さ 厚さ 重量
Xperia XZ Premium 5.5インチ 156 mm 77 mm 7.9 mm 191 g
Xperia XZs 5.2インチ 146 mm 72 mm 8.1 mm 161 g
Xperia XZ 5.2インチ 146 mm 72 mm 8.1 mm 161 g
Xperia X Compact 4.6インチ 129 mm 65 mm 9.5 mm 135 g
Xperia X Performance 5.0インチ 144 mm 71 mm 8.6 mm 165 g
Xperia Z5 Premium 5.5インチ 154 mm 76 mm 7.8 mm 181 g
Xperia Z5 5.2インチ 146 mm 72 mm 7.3 mm 154 g
Xperia Z5 Compact 4.6インチ 127 mm 65 mm 8.9 mm 138 g

Xperia XZsは、直近の最新モデルのXperia XZと完全に同一のサイズ、重量となっています。

Xperia XZ PremiumはXperia Z5 Premium、iPhone 7 Plusと同一の画面サイズであり、重量はZ5 Premiumと比較すると10g重くなっています。

小さい順に順位をつけると下表のとおりです。

名前 画面 高さ 厚さ 重量
Xperia XZ Premium 7位 8位 8位 3位 8位
Xperia XZs 4位 4位 4位 4位 4位
Xperia XZ 4位 4位 4位 4位 4位
Xperia X Compact 1位 1位 1位 8位 1位
Xperia X Performance 3位 3位 3位 6位 5位
Xperia Z5 Premium 7位 7位 7位 2位 7位
Xperia Z5 4位 4位 4位 1位 3位
Xperia Z5 Compact 1位 1位 1位 7位 2位

Xperia X Compactは画面サイズ・高さ・幅・重量が最も低くなっています。他方、意外にも厚みはトップとなっています。

Xperia XZsは中間的な水準となっています。スマートフォンとしては世界初となる、メモリー積層型イメージセンサーを使ったカメラを装備していて、スーパースロー映像を簡単に撮影できるのが特徴となっています。

Xperia XZは、厚さ以外の画面サイズ・高さ・幅・重量では最高となっています。画面サイズはZ5 Premiumと同率で一位です。

日本のボクシングで喩えると、不可解な判定で世界戦で敗れた村田諒太氏のミドル級のような階級となっています。

スマートフォンでは世界初となる4K HDR対応ディスプレーや処理性能の高いプロセッサーなど、Xperiaらしいハイスペックモデルです。

同じ画面の大きさ同士の比較

画面のサイズが異なると、大きさが違うのは当然の話となります。肝要なのは、同じサイズのスマホ同時の比較です。

Xperia XZ Premium、Xperia Z5 Premium

まずは画面が5.5インチのXperia XZ Premium、Xperia Z5 Premiumの比較です。XZの方は僅かにサイズアップしています。

名前 画面 高さ 厚さ 重量
Xperia XZ Premium 5.5インチ 156 mm 77 mm 7.9 mm 191 g
Xperia Z5 Premium 5.5インチ 154 mm 76 mm 7.8 mm 181 g
差(XZ - Z5) ±0インチ 2 mm 1 mm 0.1 mm 10 g

XZ Premiumになり、画面のスペックが着実に進歩しました。フルHDの4倍もの解像度を誇り、鮮やかで豊かな色彩と明暗を緻密に表現しています。

フルHDの4倍もの解像度を誇り、肉眼で見ているような自然な明暗差や奥行き感、立体感を映し出すことが可能です。

YouTubeなどの動画コンテンツも高精細で美しい4K画質に変換し、細部まで鮮明な映像や画像を楽しむことができます。

広視野角ディスプレイにより、斜めから見ても視認性が高くなっています。

CPUはハイエンドのSnapdragon 835(MSM8998)であり、メモリーは4GBと圧巻の数字です。内蔵ストレージは64GB。

横浜の夜景

イメージセンサーのピクセル(画素)サイズを大型化して、より多くの光を取り込むことができるので、夜景やイルミネーションも明るく撮影できます。

撮影時の光源を正確に認識することで、蛍光灯の下や夕暮れどきなどの、光の色の影響を受けやすいシーンでも自然な色合いで表現できます。

格段なパワーアップを遂げているにもかかわらず、高さ・幅はXperia Z5 Premiumとほぼ同一です。厚さ・重さは僅かに増えていますが、全く問題ない許容範囲です。

ソニーの人気高級コンデジRX100シリーズは、新作が出るごとに重量は徐々に増えています。それを考慮すると、サイズ面では良い水準をキープしており、筋肉質になったと評価できます。

ソニーのRX100M5とRX100・M2・M3・M4の違いを徹底比較!
ソニーが新しいデジカメ・サイバーショット「RX100M5」を2016年10月21日より発売しました。RX100M5は幾多の高級コンデジの中でも人気...

Xperia X Compact、Xperia XZ

次は画面が5.2インチ前後のXperia XZs、Xperia XZの比較です。

名前 画面 高さ 厚さ 重量
Xperia XZs 5.2インチ 146 mm 72 mm 8.1 mm 161 g
Xperia XZ 5.2インチ 146 mm 72 mm 8.1 mm 161 g
差(XZs - XZ) ±0インチ ±0 mm ±0 mm ±0 mm ±0 mm

XZsのデザイン・ボタン配置はXperia XZとほぼ同じでサイズ・重さも完全にほぼ同一となっています。ボディーにはアルミ素材が採用されており、マットな質感に仕上がっています。

撮影中にボタンを押すと、その瞬間の0.2秒間をスーパースローで撮影できるのが、カメラ機能のエッジ・優位性です。

被写体の動きを検知して、シャッターを押す直前の様子を自動的に先読み撮影する機能、高速で動く被写体を少ないゆがみで撮影できる機能などもあります。

プロセッサー、ストレージ容量、バッテリー容量、IPX5/8の防水機能、指紋センサー、USB Type-C搭載など主なスペックはXperia XZと同一です。

ただし、メモリーは3GBから4GBに+33.3%パワーアップしており、バッテリー管理機能も頑健化してバッテリーが劣化しにくくなりました。


iPhoneとAndroidの大きさ・サイズ・重さ

両手を上げて比較するポーズの女性

コンパクトサイズ

iPhoneと主要なAndroidとも比較しましょう。まずは5.2インチ前後のXperia XZs、iPhone 7、Google Pixel、Galaxy Feelです。

名前 画面 高さ 厚さ 重量
Xperia XZs 5.2インチ 146 mm 72 mm 8.1 mm 161 g
Google Pixel 5.0インチ 143.84 mm 69.54 mm 8.58 mm 143 g
iPhone 7 4.7インチ 138.3 mm 67.1 mm 7.1 mm 138 g
Galaxy Feel 4.7インチ 138 mm 67 mm 8.3 mm 149 g

画面サイズが異なるので単純に比較できませんが、高さ・幅は4.7インチのiPhone 7とGalaxy Feelがほぼ同一で小さく、厚さ・重さはiPhone 7が最もコンパクトです。

さほど大きな違いはないので、大きさ以外の要素での選択となるでしょう。片手操作を重視する場合は、やはり4.7インチのスマホが望ましいです。

やや大きめサイズ

次に大型サイズのXperia XZ Premium、iPhone 7 Plus、Google Pixel XL、Galaxy S8の比較です。

名前 画面 高さ 厚さ 重量
Xperia XZ Premium 5.5インチ 156 mm 77 mm 7.9 mm 191 g
Google Pixel XL 5.5インチ 154.72 mm 75.74 mm 8.58 mm 168 g
iPhone 7 Plus 5.5インチ 158.2 mm 77.9 mm 7.3 mm 188 g
Galaxy S8 5.8インチ 149 mm 68 mm 8.0 mm 150 g

画面サイズはGalaxy S8が0.3インチ大きいです。高さ・幅・重量はGalaxy S8、厚さはiPhone 7 Plusが最も小さいです。

こちらもさほど大きな違いはないので、サイズ以外での選択となるでしょう。

携帯性は約5.2インチ、視認性は5.5インチ

Xperia XZ とXZ Premiumの大きさ・サイズ面での比較では、当たり前の話ですが、携帯性はXperia XZ 、視認性はXperia XZ Premiumが優れています。

車移動中心の方や、個人事業主等で電車での移動が少ない方であれば、視認性が広くて文字も極めて見やすい5.5インチの大サイズのXperia XZ Premiumが便利かもしれません。

最近はYahoo!カーナビ、Googleマップでのナビ等のアプリもかなりの精度になってきています。カーナビを搭載しない場合は、大画面のスマホだと見やすいですね。

しかし、電車移動中心で、駅で電車を待っている時や、エスカレーター・エレベーター、電車で立ちながらスマホを見ることが多いと、サイズが大きすぎると片手操作がしづらいのが難点です。

個人的には、見やすさと持ちやすさのバランスが良いのが約5インチのサイズです。

駅・電車・バス、レジ待ち、エスカレーター・エレベーターなどの際に、荷物を持った状態で立ちながら見ることが多いからです。

片手操作しやすいことにプライオリティを置いています。この点、5.2インチのXperia XZは片手持ちが可能なギリギリのサイズとなっています。

4.6インチのXperia X Compactは、そこそこ見やすくて片手操作が可能なのが魅力的です。X Compactの後継機種は現れませんでした。

以下の写真はiPhone 7のものです。私は十分に利き腕の逆の上端まで届きます。Xperia X Compactも同様です。

iPhone 7の画面左上に手を伸ばしたところ

4.6インチのXperia X Compactはポケットにも余裕で入ります。ただし、5.2インチのXperia XZsもギリギリの許容範囲です。

Xperia XZ Premium、iPhone 7 PlusやGoogle Pixel XLなど5.5インチのスマホは立っている時は入りますが、座った状態でポケットに入れるとキツいという声が多いです。

ただし、やはり大画面の見やすさは驚異的です。特にPCサイト、電子書籍、動画の閲覧は非常に捗ります。

画面の見やすさ優先ですと間違いなくXperia XZ Premiumの5.5インチのサイズでしょう。また、バッテリー持ちの良さも魅力的です。持ちやすさの側面でも許容範囲です。


発売後すぐに買うならSIMフリー版という選択肢も

携帯電話会社の決算期である3月や、次期iPhone発売直前の6月~8月は、これまではMNPでiPhoneを契約すると、一括0円(実質0円ではなく、例えば実質-8万円)で契約できました。

通信2GBのプランで16GBのiPhoneだと、毎月の料金が3,500~4,000円前後で維持できるため、これらの時期はキャリアとの契約を検討しえました。

ただし、2016年2月以降は総務省の新しい行政指導が入り、割引額が渋くなって維持費用が上がっています。

今後はSIMフリー端末&MVNOの組み合わせも検討しえます。一括0円による割引がなく、基本使用料が980円~2,700円、通信容量5GBが5,000円(税別)というのは、個人的には悪い冗談です。

グローバルモデルのXperia XZ Premium、Xperia XZsがEXPANSYS(海外からのスマホ輸入サイト)で安く買える場合があります。ただし、おサイフケータイなどで日本と異なる仕様になっている点に留意が必要です。

おサイフケータイ等の日本独自の機能が不要の場合は、グローバル端末のSIMフリーも候補の一つとなります。

EXPANSYSは有名なスマホ輸入サイトで、ZenfoneやZTE・HTCなどの格安端末だけではなく、Xperia、iPhone、Google Pixel、Galaxyなども取扱いがあります。

LINE、Facebookメッセージ、Googleハングアウト、Skypeなどの普及によって、コミュニケーションはこれらのサービスで事足りるようになっています。

LINE・Facebook・Google+・Skypeでつながっていない不特定多数の人や固定電話に電話を多くかける方は通話料定額プランがいいかもしれませんが、私はほとんど使いません。

ケータイで電話する女性

たまに固定電話にかける際は、通話料が半額になる「楽天でんわ」で十分です。格安SIMの代表は以下のとおりです。

  • UQ mobile(auのMVNOで速度は高速)
  • NifMo(ドコモのMVNOで速度が速め)
  • Wonderlink(パナソニックのサービスで速度○)
  • mineo(au・ドコモの両方のプランがあり)
  • DMMモバイル(料金最安値水準)
  • 楽天モバイル(楽天スーパーポイントが貯まる)
  • U-mobile(無制限・速度遅め)

速度が安定して速い傾向にあるのはUQ mobileです。デメリットはau回線であり、auの3Gでデータ通信ができないため、auの4G・LTEエリアでしかデータ通信できないことです。

しかし、山奥や建物の奥底・地下などでない限りは、auの4Gのエリアは広いです。私は2016年1月まで、auを使っていました。特に不便は感じませんでした。

特にプラチナバンドの800MHzの電波感度は良好であり、800MHz対応のスマホであれば、快適にアクセスできます。混雑している駅や電車でもスイスイとネットやアプリが楽しめました。

UQ mobileはMVNOではダントツで速度が速い!対応機種で使うなら有力な選択肢
UQ mobileというMVNOがあります。KDDIが子会社のUQコミュニケーションズを通じて提供しています。SIMカードのみの販売もありますし、...

mineoはプランを一つ下のプランに変更した場合でもデータ繰越が適用されること、フリータンク・チップでのパケットシェアなど、細かい機能ではUQ mobileより優れています。

ファンサイト「マイネ王」ではコミュニティが活発であり、意見を積極的に運営側が取り入れています。運営には好感を持てて、IIJmioと並んで安心感があるMVNOです。

mineoは快適な速度に加えて多機能な格安スマホ・SIM!評判が良いMVNOの一角
mineo(マイネオ)という格安スマホ・SIMがあります。安価な光回線の「eo光」を販売しているケイオプティコムが運営しています。SIMカー...

データ通信のみでOKなら、ドコモ回線の中では速度が速いWonderlinkも検討しえます。SMARTalkというアプリを入れると050の電話番号が持てます。

評判の良さを重視するならIIJmioが第一候補です。人気が最も高く運営にも期待が持てるMVNOです。ただし、速度面ではUQ mobile、Wonderlinkより遅い状況です。

ワイモバイルという選択肢もあります。Y!mobileはSIMのみ契約も可能です。通信品質はMVNOよりも圧倒的に良いのがメリットです。

ワイモバイル(Y!mobile)からiPhone 5sが登場!価格・維持費用まとめ
ワイモバイル(Y!mobile)というケータイ会社がありますね。現在はソフトバンクモバイルと合併しており、ソフトバンクグループの一ブラ...

メガキャリアとの契約はオンラインショップが便利です。iPhone発売後の店舗での大混雑を回避して、待ち時間なくiPhoneを手に入れることができます。一例としてドコモは以下のとおりです。

ドコモオンラインショップの機種変更は評判・口コミ通りなのか?メリット・デメリットを徹底解説
「ドコモオンラインショップ」というNTTドコモのネット通販があります。iPhone、Androidスマホ、iPad、タブレットを24時間いつでもど...

新しいiPhoneが発売される9月は混雑が酷烈なものになり、開店前から並ばないとひたすら待つ必要が生じてしまい、修行の様相を呈しています。

スマホを契約するだけで1日が終わってしまうという悪夢のような地獄に陥りかねません。そうした待ち時間を回避できるのが、公式オンラインショップのメリットです。

ドコモと契約している方ですと、dカードGOLDを活用すると、よりXperiaの購入・維持がお得になります。ドコモオンラインショップで購入すると2%還元となります。

ドコモオンラインショップの機種変更は評判・口コミ通りなのか?メリット・デメリットを徹底解説
「ドコモオンラインショップ」というNTTドコモのネット通販があります。iPhone、Androidスマホ、iPad、タブレットを24時間いつでもど...

年会費は本人カードは10,800円(税込)です。家族カードは1人目は無料、2人目以降は1,080円(税込)です。カードの還元率が1%です。

カードの基本性能も良好であり、加えてdポイントクラブの優待で月々のドコモ・ドコモ光の利用料金のポイント還元率が10%にアップするのが大きなメリットです。

ドコモの携帯電話料金やドコモ光の料金合計が月9,000円ですと、dポイントが900ポイント(年間10,800ポイント)得られるので、年会費とトントンとなります。

ローソンでは3%割引となり、クレカ還元率・dポイントかPontaポイントと合わせて約5%還元となるのも大きなメリットです。

dカードとdカード GOLDのメリット・デメリット・使い方まとめ
dカードというドコモ(docomo)のクレジットカードがあります。dカード、dカード GOLDの二種類があります。ドコモの利用料金だけではな...

最大10万円のケータイ補償も大きなメリットです。高価なスマホも10万円を超える額は大きくないので大部分がカバーされます。詳細は以下で徹底解説しています。

dカードのケータイ補償とは?ゴールドなら最高10万円で頑健!補償内容・注意点を徹底解説
「dカード」というドコモが発行しているクレジットカードがあります。ドコモ関連のベネフィットが充実しているのが特徴です。ゴールド...

高価なスマホを持っている場合でも、修理や保証に関する付帯オプションに入らずによくなります。

こう考えると、dカード GOLDの1万円(税抜)の年会費のうち、かなりの部分は付帯オプションが不要になることで賄えるとも考えられます。

Xperia XZはフラッグシップモデルだけあって、端末代・修理代はいずれも高額です。

しかし、dカード GOLDの会員は紛失・全損時の補償が10万円までと極めて高額ですので、Xperia XZもカバーできます。

割れた液晶画面(スマホ)

年100万円以上の利用で10,800円分の携帯電話・dトラベル・d Fashionの割引クーポンが得られます。年200万円以上使う場合は年21,600円相当もお得になります。

年100万円以上クレジットカードを利用する場合は、「dカード GOLD年間ご利用額特典」だけで年会費をカバーできます。

その他、充実した旅行保険、空港ラウンジ、USJのラウンジがメリットです。JALのサクララウンジも抽選で利用できます。

サクララウンジ(羽田空港)

プレミアムクーポンが利用できて、抽選で豪華賞品(USJスタジオ・パス、劇団四季、ホテル&レストランランチなど)が当たります。

iPhoneを使っていて、携帯の利用料金が多めの方は大きなメリットがあります。ドコモ光にも10%還元が適用されるので、家のインターネットもお得になります。

現在、dカード GOLDはお得な入会キャンペーンを行っています。コンビニ・スーパー・ディスカウントショップで現金同様に使えるdカード(iD)クーポンが最大12,000円分プレゼントされます。

dカード GOLDはドコモユーザーにとってメリットが大きいクレジットカードです。以下の公式ページからご入会すると、キャンペーンが適用されます。

dカード GOLD 公式キャンペーン

ドコモ・au・ソフトバンクと契約する場合で、固定の光回線を維持している場合は、固定回線とのセット割引を適用させて、少しでもお得にする方法などを検討しましょう。

ドコモ光・ドコモ光パックのメリット・デメリットまとめ
NTTドコモが、光ファイバーの高速固定回線「ドコモ光」、ドコモ光とスマートフォン・携帯電話のセットの「ドコモ光パック」を開始しま...
ソフトバンク光は評判・口コミ通りか?2017年現在のメリット・デメリットを徹底解説!
ソフトバンクは、光ファイバーの高速固定回線「SoftBank 光」、SoftBank 光とスマートフォン・携帯電話のセットの「おうち割 光セット...

2016年はこうしたセットプランに電力も加わることになります。東京電力がソフトバンク、So-net、USENなどとのセット契約を発表しています。

東京電力がTポイント導入!Pontaポイントと選択制
東京電力が電力小売りの自由化による競争激化に備えて「Tポイント」を導入しました。電気料金の支払いに対するTポイントの付与に加え...

ソフトバンクの新電力サービスについては以下にまとめました。

「ソフトバンクでんき」は携帯電話・固定通信とセット割引でお得!
電力サービス「ソフトバンクでんき」が2016年4月1日から開始します。ソフトバンクのケータイ、光回線・ADSLと電気のセット契約でお得...

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-スマートフォン, 通信費
-

Copyright© The Goal , 2017 All Rights Reserved.