上場!JTOWER(4485)のIPOの初値予想

更新日: IPO

JTOWER

JTOWER(4485)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は2019年12月3日(火)~12月9日(月)、上場日は2019年12月18日(水)です。

新規上場する市場は東証マザーズで、想定価格は1,550円(1単元15.5万円)です。公募価格は2019年12月10日(火)に決定。予想PERは赤字です。

仮条件は1,550円~1,600円と上振れました。

初値予想は「公開価格近辺で手数料を考慮するとマイナスリターンの可能性がある」です。以下のレンジを想定しています。

1,600〜1,800円(仮条件の上限比±0%~+12.5%)

JTOWERは従来は携帯キャリア各社単独で行われてきた携帯基地局関連インフラに係る装置、アンテナ、工事、構築物、電源、ファイバー等の設備投資を一本化し、各社へシェアリングする事業を国内外で展開しています。

監査法人は有限責任 あずさ監査法人で、本社所在地は東京都港区赤坂8丁目5番41号 イースタン青山ビルです。

JTOWERとは

JTOWERは「SHARING THE VALUE すべてのステークホルダーに価値をもたらす社会的意義のある事業を創造する」という企業ビジョンのもと、通信インフラシェアリング事業を行っています。

大型施設内の携帯インフラのシェアリングを行う事業、屋外の鉄塔等の携帯インフラのシェアリングを行う事業、それらに関連する付加価値ソリューション事業を展開しています。

JTOWERの事業によって、各社毎に行われていた設備投資を一度で済ませることが可能となるため、対策にかかる設備投資や作業工程を大幅に削減することが可能となります。

従業員数は50名、平均年齢は38.0歳、平均勤続年数は2.6年、平均年間給与は699.7万円です。

国内IBS事業

これまで日本において携帯キャリア各社がそれぞれ単独で行ってきた屋内携帯インフラの設備投資を、独自に開発した共用設備により一本化するソリューションを提供する事業です。

当ソリューションは、不動産事業者にとっては設備一本化による設備の簡素化・消費電力の削減・対策負担金の削減・窓口の一本化等、携帯キャリアにとっては、設備投資・運用費用の削減等、携帯電話ユーザーにとっては、屋内携帯電波環境整備による満足度向上等のメリットを提供しています。

JTOWERは各携帯キャリアと共用設備利用に係る基本契約を締結し、JTOWER設備の共用利用に対して携帯キャリアから受領する利用料を収受しています。

海外IBS事業

海外IBS事業として、IBS事業を海外でも展開しており、主な展開国はベトナム、ミャンマーとなっています。

ベトナムにおいては、2017年7月に同国最大手のIBS事業者Southern Star Telecommunication Equipment Joint Stock Companyを株式取得により連結子会社化し、累計導入済み物件数は2019年9月末時点で145物件です。

ミャンマーにおいては、2016年10月より事業開始し、持分法適用会社であるGNI Myanmar Co., Ltd.で事業運営を行っており、累計導入済み物件数は、2019年9月末時点で5物件となっています。

また、2019年1月には、マレーシア最大手の通信インフラシェアリング事業者のedotco Group Sdn BhdとIBS事業展開に関する戦略的事業提携を発表しており、マレーシアで協業の取り組みを推進しています。

同国進出にあたり、第8期連結会計年度第2四半期に現地に子会社を設立し、本格立ち上げに向け体制構築を行っています。

タワー事業

日本国内における5Gに係る基地局設備投資需要の拡大、第4の携帯キャリアの参入を受け、通信インフラシェアリング事業を屋内だけでなく、屋外でも提供するために、2018年10月にタワー事業への参入を発表しました。

タワー事業は、携帯キャリアが屋外での基地局整備において建設する鉄塔・コンクリート柱・ポール・アンテナ・電源・ファイバー等について携帯キャリア向けにシェアリングを行う事業です。

2019年9月末時点では、本格展開開始に向けて、各携帯キャリアとの協議を行っている状況です。

JTOWERのIPOの諸データ

JTOWERの業績推移

業績面では売上高は美しい右肩上がりとなっています。経常利益・純利益は減益の年度もあり、収益化は道半ばとなっています。

JTOWERの業績推移

主要な連結経営指標等の推移は下表のとおりです。

回次 第6期 第7期
決算年月 2018年3月 2019年3月
売上高 (千円) 756,601 1,377,990
経常損失(△) (千円) △479,062 △166,826
親会社株主に帰属する当期純損失(△) (千円) △577,953 △214,841
包括利益 (千円) △581,040 △246,394
純資産額 (千円) 2,209,501 2,508,488
総資産額 (千円) 4,776,071 7,396,065
1株当たり純資産額 (円) △167.10 △208.90
1株当たり当期純損失金額(△) (円) △80.49 △29.92
潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額 (円)
自己資本比率 (%) 24.1 21
自己資本利益率 (%) △50.3 △15.9
株価収益率 (倍)
営業活動によるキャッシュ・フロー (千円) 888,733 1,290,217
投資活動によるキャッシュ・フロー (千円) △1,900,246 △2,110,482
財務活動によるキャッシュ・フロー (千円) 2,603,125 570,599
現金及び現金同等物の期末残高 (千円) 2,261,234 2,006,588
従業員数 (人) 69 94

提出会社の経営指標等の推移は下表のとおりです。

回次 第3期 第4期 第5期 第6期 第7期
決算年月 2015年3月 2016年3月 2017年3月 2018年3月 2019年3月
売上高 (千円) 55,989 59,301 166,075 511,627 868,535
経常損失 (千円) -141,424 -163,354 -259,831 -480,761 -241,460
当期純損失 (千円) -141,714 -163,644 -269,736 -564,563 -245,240
資本金 (千円) 301,900 451,900 499,900 1,049,712 1,399,711
発行済株式総数
普通株式 (株) 17,950 17,950 1,795,000 1,795,000 1,795,000
A種優先株式 (株) 4,287 4,287 428,700 428,700 428,700
B種優先株式 (株) 9,143 9,143 914,300 914,300 914,300
C種優先株式 (株) 3,750 375,000 375,000 375,000
D種優先株式 (株) 200,000 200,000 200,000
E種優先株式 (株) 231,500 378,868
純資産額 (千円) 363,815 500,170 630,434 1,165,495 1,620,253
総資産額 (千円) 392,175 620,552 1,419,909 3,588,034 6,151,749
BPS (円) -10,375 -19,492 -345.19 -164.92 -199.08
1株配当 (円)
EPS (円) -7,895 -9,117 -150.3 -78.63 -34.15
自己資本比率 (%) 92.8 80.6 44.4 32.5 26.3
自己資本利益率 (%) -60.4 -37.9 -47.7 -62.9 -17.6
株価収益率 (倍)
配当性向 (%)
従業員数 (人) 13 18 24 33 45

市場トレンド

市況面では、上場直前3ヶ月間のインデックスが上昇トレンドの状況だと初値リターンが高い傾向となっています。

東証マザーズ指数は2016年2月以降は長らく上昇トレンドが続き、2006年の高値を目指して爆進中となっていましたが、2018年1月下旬をピークとして下降トレンドが続いていました。

記事公開時点までの数ヶ月はボックストレンドとなっています。

軟調になると向かい風となり、底打ちして堅調な相場に回帰すれば、IPOにおいて追い風となります。

東証マザーズのチャート(過去3ヶ月)

上場規模

JTOWERのIPOの規模は最大で約105.0億円であり、東証マザーズとしてはかなりの大型です。小型であればある程、初値リターンは良い傾向があります。

公募株式数は2,987,000株、売出株式数は2,906,300株、オーバーアロットメント(OA)は883,900株です。

公開比率(オファリングレシオ)は最大で約35%とかなり高めです。公開比率が低ければ低いほど、初値リターンが高い傾向があります。公募株式数に占める売出の割合は49%です。

株主名 保有割合 ロックアップ
(株)カルティブ 29.14%
日本電信電話(株) 21.21%
田中敦史 10.69%
JA三井リース(株) 6.85%
三菱UFJキャピタル4号投資事業有限責任組合 5.33%
日本郵政キャピタル(株) 4.91%  
アイティーファーム・のぞみ投資事業有限責任組合 3.33%
(株)INCJ 2.70%  
DBJキャピタル投資事業有限責任組合 2.66%
SMBCベンチャーキャピタル1号投資事業有限責任組合
みずほ成長支援投資事業有限責任組合
2.66%

初値予想

JTOWERの事業は、携帯基地局関連インフラに係る装置、アンテナ、工事、構築物、電源、ファイバー等の設備投資を一本化し、各社へシェアリングする事業ということで、IPOにおける業種の人気度は高くありません。

予想PERは赤字であり、類似企業と比較すると割高感があります。

コード 銘柄名 PER PBR 配当利回り
4423 アルテリア・ネットワークス 15.15 4.29 3.30%
9450 ファイバーゲート 38.25 13.02 0.00%

上位株主に多数のVCが名を連ねており、ロックアップがかかっていない大株主もいます。

約105.0億円という上場規模は東証マザーズとしてはかなりの大型です。

東証マザーズの50億円以上の大型IPOの初値結果は以下のとおりです。

  • BASE:-6.9%
  • HPCシステムズ:-6.0%
  • ギフティ:+25.3%
  • ステムリム:-7.0%
  • ブシロード:+16.6%
  • 新日本製薬:+13.2%
  • Sansan:+5.8%
  • EduLab:+2.2%
  • ポート:-37.2%
  • 自律制御システム研究所:-16.8%
  • SBIインシュアランスグループ:±0%
  • MTG:+21.6%
  • メルカリ:+66.7%
  • ラクスル:+9.7%
  • SOU:+24.2%
  • 神戸天然物化学:+56.6%
  • HANATOUR JAPAN:+10.0%
  • ウェルビー:+28.1%
  • MS&Consulting:-2.3%
  • PKSHA Technology:+128.3%
  • ビーグリー:+0.1%
  • アイモバイル:-6.8%
  • ベイカレント・コンサルティング:-6.5%
  • アカツキ:-8.0%
  • ビジョン:+10.7%
  • グリーンペプタイド:-8.0%
  • メタップス:-7.9%
  • イトクロ:+4.1%
  • ヘリオス:+22.5%
  • Gunosy:±0%
  • サンバイオ:-14.5%
  • Aiming:+12.2%
  • ファーストブラザーズ:+2.5%
  • イーレックス:+11.2%
  • リボミック:-20.4%
  • VOYAGE GROUP:+40.0%
  • CYBERDYNE:+130.0%
  • アキュセラ・インク:+27.8%
  • シグマクシス:+0.3%
  • オンコリスバイオファーマ:+34.6%
  • じげん:+191.7%
  • ペプチドリーム:+216.0%
  • UMNファーマ:-8.0%
  • ライフネット生命:-7.0%
  • ダブル・スコープ:-8.0%
  • テラプローブ:-7.5%
  • エフオーアイ:-9.4%
  • グリー:+51.5%
  • カービュー:+5.5%
  • ユー・エス・ジェイ:-4.9%
  • ゲームオン:-8.0%
  • GCA:+28.1%
  • ミクシィ:+90.3%

東証マザーズの大型IPOは、メルカリ・CYBERDYNE・ミクシィのようなテーマ性がある銘柄か、バイオ旋風が吹き荒れている時のバイオ銘柄以外は軟調な傾向があります。

以上を総合考慮して、初値予想は「公開価格近辺で手数料を考慮するとマイナスリターンの可能性がある」です。


主幹事はSMBC日興証券です。その他は、大和証券、みずほ証券、野村證券、三菱UFJモルスタ証券、SBI証券、楽天証券、マネックス証券、岩井コスモ証券で申し込めます。

証券会社名 割当株式数 割当比率
SMBC日興証券 5,009,800 85.01%
大和証券 589,300 10.00%
みずほ証券 117,800 2.00%
野村証券 58,900 1.00%
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 29,400 0.50%
SBI証券 29,400 0.50%
楽天証券 29,400 0.50%
マネックス証券 17,600 0.30%
岩井コスモ証券 11,700 0.20%

三菱UFJグループのauカブコム証券でも取り扱いが期待できます。カブドットコムのIPOは、公平性と機密性を確保したシステムによる抽選で当選者が決まります。

投資に詳しい方にヘビーユーザーが多い証券会社はauカブコム証券です。知る人ぞ知るメリットが多いネット証券です。ただし、初心者の...

JTOWERのIPOの当選のコツについては、以下で徹底解説しています。

株には「IPO」という制度があります。新規上場株式を購入することができます。人気銘柄は抽選となり、なかなか当選しづらいのがデメリ...

SBI証券が幹事団に入っているので、着実にSBIチャレンジポイントを貯めましょう。

参考まだ安全資産は定期預金と国債だけなの?IPOチャレンジポイントで確実にS級IPOをゲットできる

SBI証券でIPOの引受け部門で活動していたプロにインタビューして、貴重なお話を聞きました。以下にまとめています。

日本の幾多のネット証券の中で、ここ最近では、SBI証券は唯一、IPOで主幹事証券を担ってきた証券会社です。また、幹事証券としての引...

SBI証券は当サイト限定でお得なタイアップ・プログラムを実施しています。なんと口座開設だけで3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。口座開設・維持は無料です。

SMBC日興証券のネット口座は小口個人投資家でもIPOが当選することがあります。口座開設をおすすめします。

SMBC日興証券という大手証券会社がありますね。SMBC日興証券はインターネット口座もあります。「ダイレクトコース」という名前です。...
日本を代表する大手証券の一角がSMBC日興証券です。約100年の歴史があり、大正・昭和・平成と時を紡いできました。対面での総合コ...

岩井コスモ証券は、ネット抽選分は小口個人投資家に嬉しい完全公平抽選となっています。

100年以上の歴史を誇る老舗総合証券の一つが岩井コスモ証券です。対面口座だけではなく、ネット専用口座もあります。IPOの取り扱い数...

楽天証券松井証券も委託幹事団に名を連ねています。

楽天証券という楽天グループのネット証券があります。日本の大手ネット証券の一角であり、大人気で存在感がある証券会社です。業界最...
日本を代表する大手ネット証券の一角が松井証券です。約100年の歴史があり、大正・昭和・平成と時を紡いできました。日本初のボックス...

東海東京証券は小口個人投資家には嬉しい完全抽選がある証券会社です。

東海東京証券という準大手証券会社がありますね。東海東京証券はインターネット口座もあります。店頭口座はハードルが高いという方に...

野村證券はIPOの取り扱いが多いのがメリットです。小口個人ですと当たりづらいですけれども、ポチポチ作業を許容できる場合は候補です。

郵政3社、JR九州などの大型株に関しては意外な程に当たりやすいです。

野村證券

マネックス証券は完全抽選で小口個人投資家でも当選する可能性がある証券会社です。

日本の大手ネット証券の一角がマネックス証券です。1999年創業以来、次々と先進的なサービスを提供してきており、日本初のサービスを...

株・投資信託ならネット証券のマネックス

今回は幹事団に入っていませんが、むさし証券もIPOのサービスを提供しています。インターネット口座は売却手数料がリーズナブルです。

むさし証券という証券会社があります。対面口座とネット口座があり、ネット口座のトレジャーネットは、安価な手数料と金利に定評のあ...

ライブスター証券でもIPOの取扱いを開始しています。委託幹事に名を連ねる可能性があります。

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン

ライブスター証券は当サイトと限定タイアップキャンペーンを行なっています。証券総合口座の新規口座開設だけで特別に2,000円がプレゼントされます。信用取引口座の開設は不要です。

現物取引手数料が2ヶ月間も無料で取引でき、更に当サイト限定で、口座開設だけで2,000円のプレゼントもあります!

当サイト限定!ライブスター証券の口座開設で2,000円プレゼント

GMO系のVCが大株主なので、GMOクリック証券でも取り扱いの可能性があります。売却時の手数料が安いのがメリットです。

GMOクリック証券が、2015年12月14日(月)の取引より、株式現物取引手数料を引き下げました。10万円以下の小口の約定代金における売買...

岡三オンライン証券でも取扱いの可能性があります。

岡三証券グループにはネット証券「岡三オンライン証券」があります。使い勝手がよくて投資に役立つツールに定評のあるネット証券です...

岡三オンライン証券は、当サイト限定タイアップでお得な入会キャンペーンを行なっています。口座開設と1回以上の取引だけで3,500円+特別レポートがプレゼントされます。

ネット証券のキャンペーンとしては破格の内容でおすすめです。まだ口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会に開設してみてはいかがでしょうか。

岡三オンライン証券

<投資スタンス>
やや弱気
(※強気・やや強気・中立・やや弱気・弱気の5段階)

  1. 強気:対面証券・ネット証券で全力申込
  2. やや強気:ネット証券・対面証券で申込
  3. 中立:ネット証券、S級銘柄の当落に影響がない対面証券では申込(大量獲得を狙える場合は妙味あり)※回数制限やS級狙いで回避することも
  4. やや弱気:SBI証券以外は原則回避、対面証券はバーター取引ならOK(ただし、マイナス覚悟の勝負で申し込むことも)
  5. 弱気:SBI証券以外は回避

過去のIPO初値予想の履歴

-IPO

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.