The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

むさし証券のトレジャーネットは安価な手数料と信用金利、IPOが魅力!個人的口コミまとめ

更新日: 証券会社 金融機関

むさし証券トレジャーネットのロゴ

大正8年創業の歴史がある「むさし証券」という証券会社があります。もうすぐ100周年です。顧客に支持されて、大正・昭和・平成と時をかけてきた老舗証券です。

むさし証券は対面取引に加えて、時代に対応してインターネット証券サービスも提供しています。ネット口座は「トレジャーネット」という名前です。

現物株式手数料の引き下げで、GMOクリック証券、ライブスター証券と比較してリーズナブルな最低水準の手数料となっています。

また、信用取引の金利が1.35%と驚異的に低いのがメリットです。IPOの取扱いもあります!

むさし証券のメリット、デメリット、お得な使い方についてまとめます。


現物取引

2016年11月21日から少額手数料を最大65%引き下げたことにより、他のネット証券と比較してもエッジ・優位性がある手数料体系となりました。

むさし証券と他のネット証券の手数料比較

トレジャーネットの売買手数料は現物株取引・信用取引を区分しません。成行・指値など、どの注文方法でも、また取引市場に関係なく同じ手数料体系です。

1回での注文の約定金額 税抜手数料 税込手数料
10万円まで 75円 81円
10万円超~20万円まで 95円 102円
20万円超~50万円まで 175円 189円
50万円超~100万円まで 320円 345円
100万円超~150万円まで 380円 410円
150万円超~300万円まで 440円 475円
300万円超~600万円まで 750円 810円
600万円超~900万円まで 1,320円 1,425円
900万円超~1,200万円まで 1,760円 1,900円
1,200万円超~1,500万円まで 2,200円 2,376円
1,500万円超~1,800万円まで 2,640円 2,851円
1,800万円超~2,100万円まで 3,080円 3,326円
2,100万円超~3億円まで 3,520円 3,801円

注文毎の約定代金に応じた現物株式の取引手数料は、むさし証券にはエッジ・優位性があります。他のネット証券と比較しても最低水準となっています。以下価格は全て8%税込です。

約定代金 むさし
証券
GMOクリック証券 ライブ
スター
SBI証券 楽天証券 カブコム マネックス証券
10万円 81 95 86 150 150 97 108
20万円 102 105 105 199 199 194 194
30万円 189 260 194 293 293 270 270
50万円 189 260 194 293 293 270 486
100万円 345 470 367 525 525 1,069 1,620
200万円 475 900 648 994 994 2,041 3,240
300万円 475 900 648 994 994 3,013 4,860
500万円 810 900 864 994 994 4,957 8,100
1,000万円 1,900 900 864 994 994 9,817 16,200

むさし証券には、1日の約定代金合計で決まる手数料体系もあります。ニーズに応じて選択できます。

銘柄数と売買回数に関係なく現物・信用、売・買全ての約定代金合計で決まるヘビーユーザー向けの手数料プランです。

1日の約定代金合計 税抜手数料 税込み手数料
300万円まで 1,200円 1,296円
300万円超~600万円まで 2,400円 2,592円
600万円超~900万円まで 3,600円 3,888円
900万円超~1,200万円まで 4,800円 5,184円
1,200万円超~1,500万円まで 6,000円 6,480円
1,500万円超~1,800万円まで 7,200円 7,776円
1,800万円超~2,100万円まで 8,400円 9,072円
2,100万円超~2,400万円まで 9,600円 10,368円
2,400万円超~2,700万円まで 10,800円 11,664円
2,700万円超 12,000円 12,960円

なお、信用取引でもOKならば、他のネット証券では融資銘柄は信用買い&現引きを行うと低コストとなります。貸借銘柄は売りの方も信用売り&現渡しで決済できます。

ネット証券の現物株式取引、信用取引の手数料については、以下で徹底的に比較しています。

ネット証券で一番安いのは?証券会社の手数料を比較!信用と現物の一覧
2017年9月にはSBI証券と楽天証券が1日定額コースの手数料を、11月27日からはマネックス証券、SBI証券が信用取引の取引毎手数料を引き...

信用取引

信用取引は制度信用買い方金利が1.35%と非常にリーズナブルなのがメリットです。他のネット証券と比較して圧巻の低金利となっています。

むさし証券と他のネット証券の信用金利比較

手数料が高くても金利を考慮すると、トータルコストは圧倒的な低コストとなる場合も多々あります。

特に長期間に渡って建玉を維持したい場合は、むさし証券のトレジャーネットの金利の低さが大きなメリットとなります。

むさし証券とSBI証券の信用取引のコスト比較の例

他のネット証券では、東海東京証券も買い方金利が大口優遇が適用されると0.9%とリーズナブルです。

ただし、こちらは1000万円以上などの条件をクリアする必要があり、ハードルは高いのがデメリットです。

IPO・PO

男の子と女の子

むさし証券のトレジャリーネットでは、IPO・POの取扱いもあるのもメリットです。

IPOでは2016年はグレイステクノロジー、JR九州(九州旅客鉄道)、バリューゴルフ、ジェイリース、リタリコなど多数の取り扱いがありました。

  • グレイステクノロジー:+130.0%
  • JR九州:+19.2%
  • バリューゴルフ:+151.2%
  • ジェイリース:+34.5%
  • リタリコ:+88.0%

むさし証券に口座を開設して申し込んだら、当選確率を挙げることが可能です。対面取引だけではなく、ネット口座のトレジャーネットでも申し込めるのが便利です。

当選後の売却においても、手数料が非常にリーズナブルなので、低コストで売却可能なのが大手証券、他のネット証券と比較したエッジ・優位性です。

充実の顧客サポート

コールセンターのオペレーター

大手ネット証券は電話をかけてもなかなかつながらず、待ち時間が長いという会社もあります。

しかし、むさし証券はユーザーを長時間待たせることなく、すぐにつながる体制を構築しています。

コールセンターのスタッフは全員が数年~数十年の経験がある正社員です。派遣スタッフやコールセンター専門要員ではありません。

また、証券アナリストやCFPの資格を持つ責任者が控えており、スタッフとお客様の会話をチェックして、適宜サポートに入っています。

電話サポートでは、顧客の困っていることが何なのかを的確に把握し、且つ短時間で分かりやすい説明ができるよう指導されています。

日頃よりスキルアップや知識の習得ができる教育体制も整えられていて、次にどのような質問が出てきやすいか等まで推察して対応しているので、スムーズで効率的に運営できています。

むさし証券は本社機能もバックオフィス機能も一箇所なので、コールセンター自体に本部のバックレベルの知識が備わっており、多様な質問に対してスムーズに回答できています。

まとめ

武蔵と小次郎(巌流島)

むさし証券のトレジャーネットは、2016年11月21日の大胆な現物株式手数料の値下げによって、競争力が格段に向上して使いやすくなりました。

信用取引は使いたくなくて、現物一本で取引したいという場合は候補となります。無料で使える情報ツールTNAVIもあり、むさし証券のトレジャーネットに口座を開設したら無料で使えます。

PC・スマホ・タブレットのどこからでも同じ銘柄リストにアクセスできます。それぞれで登録し直すという無駄な作業は皆無です。

むさし証券のTNAVI

また、IPOに申し込むことが可能で、当選の確率を上げられるのもメリットです。口座開設・維持は無料であるにもかかわらず、100万の資産運用でも大活躍します。

手間を許容できるならば、むさし証券のトレジャーネットに口座開設して、IPOに申し込むというストラテジーを検討し得ます。

その他、先物・オプション、投資信託も取扱いがあります。投信ではSBIアセットマネジメントのEXE-iシリーズなどの取扱があります。

他社からの100万円以上の株式移管で最大10万円の信用取引手数料がキャッシュバックされるキャンペーンも開催されています。

むさし証券 公式キャンペーン

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-証券会社, 金融機関

Copyright© The Goal , 2017 All Rights Reserved.