上場!ヘッドウォータース(4011)のIPOの初値予想

更新日: IPO

ヘッドウォータース

ヘッドウォータース(4011)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は2020年9月9日(水)~9月15日(火)、上場日は2020年9月29日(火)です。

新規上場する市場は東証マザーズで、想定価格は2,240円(1単元22.4万円)です。公募価格は2020年9月16日(水)に決定。

仮条件は2,240円~2,400円と上振れました。予想PERは13.7~14.7倍です。

初値予想は大幅なプラスリターンです。以下のレンジを想定しています。

13,000〜20,000円(仮条件の上限比+441.7%~+733.3%)

ヘッドウォータースは、顧客企業の業務改善、経営課題の解決のため、AIをどこに、どのように、どうやって活用するのか、これらの複雑な導入プロセス、多くの技術的課題をワンストップで提供していく「AIソリューション事業」を展開しています。

監査法人は有限責任 あずさ監査法人で、本社所在地は東京都新宿区新宿2-16-6 新宿イーストスクエアビル7階です。

ヘッドウォータースとは

ヘッドウォータースは創業以来、基軸として「エンジニアからビジネスパーソンへ」を掲げています。

業務を通じて培ってきた業務コンサルティングや様々な業種業態の企業に対して提供してきたシステム開発の経験・ノウハウをもとに、AIで経営課題を解決できるよう提案・開発・サービス化していくことで、企業の発展に貢献することを志向しています。

創業時にはエンジニアの派遣や受託開発を行うことでシステム開発や業務のノウハウを取得し、幅広い技術領域に対応できる経験を積みました。

2014年からPepperをはじめとする人型ロボット向けのアプリケーション開発をスタート。

さらにロボットの高機能化を実現すべくAIの研究及びロボットへの実装を開始させたことで、ヘッドウォータースは他社に先駆けてAIソリューション開発の知見を得ることができました。

現在は幅広いシステム開発や、営業や客先常駐を通じて培ってきた業務コンサルティングの経験と、AIソリューション開発の経験を組み合わせ、顧客の経営課題を解決することがヘッドウォータースの事業になります。

AIを業務利用するためには、業務分析、AIの選定・学習モデルの構築、実証実験、AIを組み込んだシステム開発、追加学習を含めたシステム運用など幅広い知見と体制が必要なため、導入は簡単ではありません。

顧客のデジタル化が遅れている場合は、まずデジタルトランスフォーメーション(DX)を計画的に行い、属人化を排除し、省人化を進め、企業内にあるノウハウをデータ化し蓄積することから開始して、後に蓄積したデータを活用しAIの導入を行います。

また、AIを使用するためには、IoTのデバイスからデータを収集したり、WebシステムにAIを組み込んだりと、多岐にわたる周辺技術への理解も必要になります。

IoT(Internet of Things)とは、様々な「モノ(物)」がインターネットに接続され(単に繋がるだけでなく、モノがインターネットのように繋がる)、情報交換することにより相互に制御する仕組みをいいます。

従業員数74名、平均年齢は32.0歳、平均勤続年数は5.9年、平均年間給与は432.8万円です。

ヘッドウォータースのIPOの諸データ

ヘッドウォータースの業績推移

業績面では売上高はボックスでの推移となっています。経常利益・純利益は減益の年度があるものの、大局的には右肩上がりの傾向です。

ヘッドウォータースの業績推移

主要な経営指標等の推移は下表のとおりです。

回次第11期第12期第13期第14期第15期
決算年月2015年12月2016年12月2017年12月2018年12月2019年12月
売上高(千円)1,005,433830,628922,377933,8801,067,746
経常利益(千円)-91,011-129,17519,54251,377121,381
当期純利益(千円)-106,423-129,91717,20443,472100,153
資本金(千円)48,741143,741243,866243,866243,866
発行済株式総数(株)2,8203,5804,1144,1144,114
純資産額(千円)-38,56621,515238,970282,442382,595
総資産額(千円)242,531274,443426,311479,433560,512
BPS(円)-13,6766,01058,087343.27464.99
配当(円)
EPS(円)-37,739-41,3234,77152.83121.72
自己資本比率(%)-15.97.856.158.968.3
自己資本利益率(%)13.216.730.1
配当性向(%)
営業CF(千円)12,993212,145
投資CF(千円)-4,631-10,878
財務CF(千円)-21,031-10,008
現金等(千円)211,574402,838
従業員数(人)10079747170

市場トレンド

市況面では、上場直前3ヶ月間のインデックスが上昇トレンドの状況だと初値リターンが高い傾向となっています。

東証マザーズ指数はここ数ヶ月ボックス相場が続いていましたが、高値レンジをブレイクしています。

このまま堅調な推移が続くとIPOにおいて追い風となり、反落して再び軟調な相場に回帰すれば向かい風となります。

東証マザーズのチャート(過去3ヶ月)

上場規模

ヘッドウォータースのIPOの規模は最大で約2.6億円であり、東証マザーズとしてもかなりの小型です。小型であればある程、初値リターンは良い傾向があります。

公募株式数は100,000株、売出株式数は0株、オーバーアロットメント(OA)は15,000株です。

公開比率(オファリングレシオ)は最大で約13%とかなり低めです。公開比率が低ければ低いほど、初値リターンが高い傾向があります。公募株式数に占める売出の割合は0%です。

株主名保有割合ロックアップ
篠田庸介59.98%
プライムロック2号投資事業有限責任組合9.60%
プライムロック1号投資事業有限責任組合8.44%
(株)ベクトル6.75%
トリプルワン投資事業組合2.28%
(株)チェンジ1.73%
疋田正人1.58% 
萱沼武広1.58% 
(株)IBJ1.12%
畠山奨二0.95% 

※制度ロックアップによる継続保有を含む

初値予想

ヘッドウォータースの事業はAIソリューション事業ということで、IPOにおける業種の人気度は最上級です。

訴求力の高い東証マザーズネット企業の範疇に属しており、「AI(人工知能)」というキラーワードを事業に内包しています。

予想PERは13.7~14.7倍であり、類似企業と比較すると割安感があります。

コード銘柄名PERPBR配当利回り
2335キューブシステム21.322.661.64%
2349エヌアイデイ12.381.121.63%
3817SRAホールディングス10.381.454.66%
3844コムチュア34.456.361.39%
3916デジタル・インフォメーション20.065.141.62%
3988SYSホールディングス20.052.270.76%
3992ニーズウェル17.663.022.20%
4055ティアンドエス177.3963.780.00%
4709IDホールディングス13.031.783.59%

約2.6億円という上場規模は東証マザーズとしてはかなりの小型です。上位株主にVCが名を連ねているものの、万遍なくロックアップがかかっています。

東証マザーズの5億円未満の超小型IPOの初値結果は以下のとおりです。

過去実績

  • Branding Engineer:+495.9%
  • フィーチャ:+805.8%
  • アディッシュ:+70.8%
  • サイバーセキュリティクラウド:+104.7%
  • 関通:+110.6%
  • ウィルズ:+372.4%
  • ブランディングテクノロジー:+177.3%
  • ハウテレビジョン:+209.5%
  • Amazia:+33.0%
  • バンク・オブ・イノベーション:+108.3%
  • ZUU:+246.9%
  • ビープラッツ:+354.5%
  • 日本リビング保証:+189.8%
  • アジャイルメディア・ネットワーク:+415.7%
  • みらいワークス:+230.4%
  • ウォンテッドリー:+401.0%
  • インターネットインフィニティー:+281.8%
  • ユナイテッド&コレクティブ:+177.8%
  • シャノン:+320.7%
  • エルテス:+263.7%
  • フィル・カンパニー:+205.3%
  • リファインバース:+62.9%
  • AWSホールディングス:+235.3%
  • 農業総合研究所:+78.1%
  • ホープ:+130.0%
  • グローバルウェイ:+373.0%
  • ヨシムラ・フード・ホールディングス:+50.0%
  • バリューゴルフ:+151.2%
  • ラクス:+228.7%
  • アクアライン:+21.7%
  • アイリッジ:+429.2%
  • テラスカイ:+350.0%
  • エクストリーム:+296.4%
  • ビーロット:+422.4%
  • レアジョブ:+169.7%
  • フィックスターズ:+162.0%
  • シンプロメンテ:+135.3%
  • サンワカンパニー:+268.4%
  • フォトクリエイト:+126.0%
  • ウォーターダイレクト:+200.0%

以上を総合考慮して、初値予想は大幅なプラスリターンです。

主幹事はみずほ証券です。その他は、SBI証券、大和証券、楽天証券、松井証券、東海東京証券、極東証券、あかつき証券で申し込めます。

証券会社名割当株式数割当比率
みずほ証券90,00090.00%
SBI証券3,0003.00%
大和証券2,0002.00%
楽天証券1,0001.00%
松井証券1,0001.00%
東海東京証券1,0001.00%
極東証券1,0001.00%
あかつき証券1,0001.00%

ヘッドウォータースのIPOの当選のコツについては、以下で徹底解説しています。

株には「IPO」という制度があります。新規上場株式を購入することができます。人気銘柄は抽選となり、なかなか当選しづらいの...

SBI証券が幹事団に入っているので、着実にSBIチャレンジポイントを貯めましょう。

参考まだ安全資産は定期預金と国債だけなの?IPOチャレンジポイントで確実にS級IPOをゲットできる

SBI証券でIPOの引受け部門で活動していたプロにインタビューして、貴重なお話を聞きました。以下にまとめています。

日本の幾多のネット証券の中で、ここ最近では、SBI証券は唯一、IPOで主幹事証券を担ってきた証券会社です。また、幹事証券と...

SBI証券は当サイト限定でお得なタイアップ・プログラムを実施しています。なんと口座開設だけで3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。口座開設・維持は無料です。

楽天証券松井証券も幹事団に名を連ねています。

楽天証券という楽天グループのネット証券があります。日本の大手ネット証券の一角であり、大人気で存在感がある証券会社です...
日本を代表する大手ネット証券の一角が松井証券です。約100年の歴史があり、大正・昭和・平成と時を紡いできました。日本初の...

SMBC日興証券のネット口座は小口個人投資家でもIPOが当選することがあります。口座開設をおすすめします。

SMBC日興証券という大手証券会社がありますね。SMBC日興証券はインターネット口座もあります。「ダイレクトコース」という名...
日本を代表する大手証券の一角がSMBC日興証券です。約100年の歴史があり、大正・昭和・平成と時を紡いできました。対面で...

マネックス証券は完全抽選で小口個人投資家でも当選する可能性がある証券会社です。

日本の大手ネット証券の一角がマネックス証券です。1999年創業以来、次々と先進的なサービスを提供してきており、日本初のサ...

株・投資信託ならネット証券のマネックス

野村證券はIPOの取り扱いが多いのがメリットです。小口個人ですと当たりづらいですけれども、ポチポチ作業を許容できる場合は候補です。

郵政3社、JR九州などの中型株に関しては意外な程に当たりやすいです。

野村證券

大和証券も厳正かつ公平な抽選サービスとなっており、小口投資家でも当選の可能性はあります。

SBIネオトレード証券でもIPOの取扱いを開始しています。委託幹事に名を連ねる可能性があります。

現在はお得なキャンペーンを開催しています。

SBIネオトレード証券 公式キャンペーン

岡三オンライン証券でも取扱いの可能性があります。

岡三証券グループにはネット証券「岡三オンライン証券」があります。使い勝手がよくて投資に役立つツールに定評のあるネット...

岡三オンライン証券は、当サイト限定タイアップでお得な入会キャンペーンを行なっています。口座開設と1回以上の取引だけで3,500円+特別レポートがプレゼントされます。

ネット証券のキャンペーンとしては破格の内容でおすすめです。まだ口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会に開設してみてはいかがでしょうか。

岡三オンライン証券

岩井コスモ証券は、ネット抽選分は小口個人投資家に嬉しい完全公平抽選となっています。

100年以上の歴史を誇る老舗総合証券の一つが岩井コスモ証券です。対面口座だけではなく、ネット専用口座もあります。IPOの取...

東海東京証券は小口個人投資家には嬉しい完全抽選がある証券会社です。

東海東京証券という準大手証券会社がありますね。東海東京証券はインターネット口座もあります。店頭口座はハードルが高いと...

むさし証券もIPOのサービスを提供しています。インターネット口座は売却手数料がリーズナブルです。

むさし証券という証券会社があります。対面口座とネット口座があり、ネット口座のトレジャーネットは、安価な手数料と金利に...

<投資スタンス>
強気
(※強気・やや強気・中立・やや弱気・弱気の5段階)

  1. 強気:対面証券・ネット証券で全力申込
  2. やや強気:ネット証券・対面証券で申込
  3. 中立:ネット証券、S級銘柄の当落に影響がない対面証券では申込(大量獲得を狙える場合は妙味あり)※回数制限やS級狙いで回避することも
  4. やや弱気:SBI証券以外は原則回避(ただし、マイナス覚悟の勝負で申し込むことも)
  5. 弱気:SBI証券以外は回避(対面証券はバーター取引ならOK)

過去のIPO初値予想の履歴

-IPO

© 2014-2021 The Goal