The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

大和証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)の新プランは安価な手数料と投信が魅力!

更新日: iDeCo 証券会社

大和証券

確定拠出年金(401k)という制度があります。愛称は「iDeCo」(イデコ)です。絶大な節税メリットがあり、所得税・住民税を大きく減税することが可能です。

大手証券の大和証券も、確定拠出年金(個人型)を導入しています。愛称は「ダイワのiDeCo」です。

SBIグループと提携して4月に新プランを導入しました。屈指の低コスト、超低コストのインデックス投信が魅力的で、長期的な積立に資する取扱商品となっています。

毎月の運営管理機関手数料が1年分無料となるキャンペーンも魅力的です。大和証券の個人型確定拠出年金のラインナップ、メリット、デメリットについてまとめます。


確定拠出年金の概要

確定拠出年金は公的年金とは異なり、賦課方式ではなく積立方式となっています。自分で積み立てたお金を運用した結果を、老後に受け取る方式です。

確定拠出年金(iDeCo)は所得税・住民税の節税メリットが大きい制度です。最近話題のNISAはあくまで出た利益が無税になるのであり、不確実性は存在します。

しかし、確定拠出年金は確実に所得税・住民税が減税されます。リスク・ゼロには大きなメリットがあります。

定期預金などの低リスク資産での運用も可能なので、控除できる所得がある場合は大きな利点があります。詳細は以下で徹底解説しています。

確定拠出年金(iDeCo)のメリット・デメリット、企業型・個人型の違いまとめ
確定拠出年金(401k)という制度があります。絶大な節税メリットがあり、所得税・住民税を大きく減税することが可能です。愛称は「iDeCo...

同じく節税制度であるNISAは利益が出て初めてメリットがありますが、確定拠出年金は利益が出なくても絶大なメリットがある制度です。

企業型の確定拠出年金は金融機関の選択の余地がありません。個人型のiDeCoは多数の金融機関から選ぶ必要があります。

なお、万が一iDeCoの口座を開設した金融機関(運営管理機関)が破綻したとしても、iDeCoの資産が削減されることはありません。

個人型確定拠出年金の運用資産は信託財産として信託銀行で管理されています。ただし、新しい運営管理機関へ変更するための手続きが必要です。

おすすめの銀行・証券会社については、以下にまとめています。

個人型の確定拠出年金(iDeCo)のおすすめ金融機関まとめ!2017年
企業型の確定拠出年金は企業が提携した金融機関が提示する商品から選ぶしかありません。個人型については、確定拠出年金の口座を開設...

大和証券は昔から確定拠出年金を提供してきましたが、率直に申し上げると魅力は大きくはありませんでした。

しかし、2017年4月3日に満を持して「お客さまから選ばれる iDeCo」の実現を目指して新プランを導入しました。

SBI証券の個人型確定拠出年金を運営しているSBIベネフィット・システムズのレコードキーピングシステムと、大和証券が資産運用のプロとして長年培ってきた知見とノウハウを駆使しています。

iDeCoの選択において重要なのが、手数料と商品ラインナップです。その点について徹底的に解説します。

手数料

家族・親子 (5)

iDeCoの利用にあたって支払う手数料は、加入時にかかる手数料と毎月発生する手数料の2種類があります。

初回手数料は、国民年金基金連合会に支払う2,777円(税込)は、どの金融機関でも同じです。

金融機関に支払う手数料としては、個人型確定拠出年金への新規加入時は「加入時・移換時手数料」、iDeCo金融機関を変更した時は「運営管理機関変更時手数料」がかかります。

大和証券は1,080円(税込)です。ただし、2018年3月30日まではキャンペーンで無料となります。

区分 初期手数料(大和証券)
証券会社 1,080円
※2018年3月30日までは無料
国民年金基金連合会 2,777円
初期手数料合計 3,857円(2018年3月30日まで2,777円)

毎月のランニングコストは、国民年金基金連合会に支払う103円・信託銀行に支払う64円(合計167円)はどの金融機関でも同じです。

金融機関に支払う「口座管理手数料」は、大和証券は資産残高50万円未満は月324円(年3,888円)、50万円以上は無料です。

ただし、2018年3月30日までに新プランへの加入等の受付を完了すると、新規加入後または他社からの移換完了から1年間は、運営管理手数料が0円となり、大和証券のiDeCoを口座管理手数料無料で利用できます。

手数料区分 毎月の手数料(大和証券)
証券会社 無料(残高50万円未満:324円)
※2018年3月30日まで無料。
国民年金基金連合会 103円
信託銀行 64円
維持コスト合計(月) 167円(キャンペーン終了後、残高50万円未満は491円)
維持コスト合計(年) 2,004円(キャンペーン終了後、残高50万円未満は5,892円)

2018年3月末までに加入した場合は、iDeCoの上限の月23,000円を拠出した場合、大和証券は50万円を超えるのに、運用成績が±0だと22ヶ月かかります。

1年分が無料になるので、支払う手数料は10ヶ月のみでOKになります。

確定給付企業年金がある方や公務員の方は、確定拠出年金個人型に積み立てられる上限は月12,000円です。この場合は支払う手数料は30ヶ月分となります。

キャンペーン期間中にトータルで発生する大和証券独自の口座管理手数料は下表のとおりです。

加入対象者 拠出限度額(年額) 50万突破までの月数 トータル手数料
国民年金第1号被保険者 81.6万円 8ヶ月 0円
企業年金のない企業の従業員 27.6万円 22ヶ月 2,592円
企業型DC加入者(他の企業年金なし) 24.0万円 25ヶ月 4,212円
企業型DC加入者(他の企業年金あり) 14.4万円 42ヶ月 9,720円
他の企業年金加入者(企業型DCなし) 14.4万円 42ヶ月 9,720円
公務員等 14.4万円 42ヶ月 9,720円
国民年金第3号被保険者 27.6万円 22ヶ月 2,592円

大和証券運営管理手数料・口座維持手数料が極めて低く、日本の確定拠出年金(個人型)の中で最低水準です。これより安いのは楽天証券の確定拠出年金、スルガ銀行などしかありません。

取扱商品

笑顔のOL

大和証券の確定拠出年金(個人型)の商品一覧は下表のとおりとなっています(信託報酬は税込・年率・小数点以下3桁を四捨五入)。

区分 投資対象 商品名 運用会社 信託報酬
元本確保 元本確保型商品 あおぞらDC定期(1年) あおぞら銀行
インデックス 国内/株式 DCダイワ日本株式インデックス(TOPIX連動) 大和証券投資信託委託 0.27%
国内/債券 DCダイワ日本債券インデックス 大和証券投資信託委託 0.27%
海外/株式 DCダイワ外国株式インデックス 大和証券投資信託委託 0.27%
海外/債券 DCダイワ外国債券インデックス 大和証券投資信託委託 0.25%
国内/REIT DC・ダイワJ-REITオープン 大和証券投資信託委託 0.59%
海外/REIT DCダイワ・グローバルREITインデックスファンド 大和証券投資信託委託 0.57%
アクティブ 国内/株式 フィデリティ・日本成長株・ファンド フィデリティ投信 1.65%
海外/株式 大和住銀DC外国株式ファンド 大和住銀投信投資顧問 1.97%
海外/株式 UBS中国株式ファンド UBSアセット・マネジメント 1.81%
海外/株式 ブラックロック・インド株ファンド ブラックロック・ジャパン 1.93%
海外/株式 ダイワ・ロシア株ファンド 大和証券投資信託委託 1.81%
海外/株式 ダイワ・ブラジル株式ファンド 大和証券投資信託委託 1.81%
バランス 内外/株式・債券・REIT DCダイワ・ワールドアセット(六つの羽/安定コース) 大和証券投資信託委託 0.97%
内外/株式・債券・REIT DCダイワ・ワールドアセット(六つの羽/6分散コース) 大和証券投資信託委託 1.13%
内外/株式・債券・REIT DCダイワ・ワールドアセット(六つの羽/成長コース) 大和証券投資信託委託 1.30%

元本確保はあおぞらDC定期預金(1年)のみで、他は元本割れのリスクがある投信です。運用をお任せしたい方向けのバランス型ファンドもあります。

旧プランでは投資信託26本、定期預金1本の計27本のラインアップでしたが、新プランでは商品を厳選し、投資信託15本、定期預金1本の計16本でシンプルで質実剛健となっています。

投資信託は基本的には低コストのインデックス投信が無難です。この点、大和証券の確定拠出年金(個人型)は、買ってもいいと言える低インデックス投信が多数揃っています。

国内・海外の株式・債券・REITを自由自在に組合せることができるラインアップとなっています。アクティブファンドについては、実績重視の商品選定となっています。

新たに採用したUBS中国株式ファンドとブラックロック・インド株ファンドは、採用にあたって、信託期間無期限化や信託報酬引下げも実現しました。

「商品数が多すぎて選べない」という初心者の声に配慮しつつ、特徴ある新興国のアクティブファンドや低信託報酬のインデックスファンドもあり、投資経験者のニーズにも応えられる商品構成となっています。

国内・海外の株式・債券に加えて、REITに投資する投信もあります。初心者から投資経験者まで、幅広いニーズを充足する商品ラインアップとなっています。

大和証券の個人型確定拠出年金

その他、手数料、信託報酬が安いiDeCoとしては、SBI証券、楽天証券があります。詳細は以下にまとめています。

SBI証券の個人型・確定拠出年金(iDeCo)は、豊富な運用商品と完全無料の運営管理手数料が魅力!
確定拠出年金(401k)という制度があります。愛称は「iDeCo」(イデコ)です。絶大な節税メリットがあり、所得税・住民税を大きく減税する...
楽天証券の確定拠出年金・個人型(iDeCo)のメリット・デメリットまとめ
確定拠出年金(401k)という制度があります。愛称は「iDeCo」(イデコ)です。絶大な節税メリットがあり、所得税・住民税を大きく減税する...

大和証券とSBI証券のiDeCoの比較については、以下で徹底的に分析しています。

楽天証券とSBI証券の確定拠出年金(iDeCo)を比較!個人型から企業型まで完全網羅
確定拠出年金(401k)という制度があります。2016年に加入対象者が一気に拡大して、iDeCo(イデコ)という愛称も付きました。大きな節税メ...

以前に楽天証券を訪問して、iDeCoについて取材しました。管理画面のインターフェイスの工夫、シングル・サインオンの仕組みが独自のメリットです。

楽天証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)に取材インタビュー!他社にはない魅力が豊富!
 楽天証券という楽天グループのネット証券があります。日本の大手ネット証券の一角であり、大人気で存在感がある証券会社です。2016年...

その他サービス内容・手数料

外国人OL

大和証券の総合取引口座がなくても、大和証券の確定拠出年金(個人型)には申し込めます。

他社からの移管は可能です。企業型確定拠出年金の積立金が、6か月以内に手続きをしなかったため特定運営管理機関に自動移管されてしまった場合でもOKです。

Web(インターネット)サービス及びコールセンター(電話)サービスを通して、サポートを受けられます。

会員サイトでは、現在の資産状況・資産配分状況の照会やスイッチング(預替え)・掛金の配分指定の割合変更、メッセージボード(問い合せ)などを利用できます。

運用商品内容の確認、手続書類の請求、規約や、確定拠出年金制度・資産運用の基礎知識、各種手続きも確認できます。

手数料なしで運用指図ができます。会員サイトやコールセンターで、毎月の購入商品・購入割合の指定(掛金の配分割合)、保有商品の売却と他の商品の購入(スイッチング/預替)が可能です。

コールセンターのオペレーター2

受取方法は、「全額一時金」、「年金」の2種類があります。年金は年金保険のように残高を分割して徐々に受け取っていく方式です。

年金開始後5年を経過した場合、その時点での資産残高を一括で一時金として受け取ることも可能です。

老齢給付金(または障害給付金)を年金で受け取る場合の支給期間は、5年か10年から選べます。年間支給回数は年1回・2回・4回・6回からの選択制です。

都度手数料は老齢給付金等の受取の際、支払ごとに432円(税込)が発生します。一時金で受け取る場合は1回のみでOKです。

他社のiDeCoに変更する際には、4,320円(税込)が発生します。掛金の還付(加入資格が無かった場合等)を受ける際の手数料は2,109円(税込)です。これらは通常は発生しません。

拠出した掛金の所得控除(税金の還付)は確定申告しなくても、年末調整でOKです。

毎月の掛金の引き落としは、大和証券の口座にある資金から拠出することはできません。銀行口座からの引き落としとなります。利用可能な代表的な金融機関は以下のとおりです。

  • 都市銀行(三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行)
  • 地方銀行、第二地方銀行
  • 信託銀行(三菱UFJ信託銀行、みずほ信託銀行、三井住友信託銀行)
  • 旧長期信用銀行(新生銀行、あおぞら銀行)
  • ゆうちょ銀行
  • 信用金庫
  • 信用組合
  • 労働金庫
  • 信用農業協同組合連合会(信連)、農業協同組合(農協)

大和証券の従来型のiDeCoに加入していた方は、新プランへの変更手続きが可能です。現プランのサービスを継続して利用することも可能です。

企業型の大和証券プランに関する事業主向けサポート、商品・サービス提供は従来通りとなります。

分かりやすい動画コンテンツやセミナー

タブレットを魅せるOL

大和証券では、「いつでも」「どこでも」「だれでも」手軽にiDeCoの制度を理解できるツールとして、動画コンテンツを充実させています。

制度や運用の基礎について説明した動画については、8つのパートに分けて短時間でも視聴することができるように工夫されています。

法改正や新プラン提供開始などに合わせて、内容も修正を加えて絶えずアップデートされており、最新の情報を把握できます。

動画はスマートフォンでも見ることができ、時間や場所を気にせず、知りたいときに知りたい内容を確認できます。行き帰りの電車やバスの中でも視聴可能です。

また、大和証券はグループ会社が専用スタジオを持っている強みを活かして、動画コンテンツについては、今後も内容を充実させていき、ユーザーの資産運用を継続的にサポートしていく方針です。

大和証券は全国に営業店(118店舗)を構えている強みを活かして、営業店でのiDeCoセミナーを開催しています。

働く現役世代の方々も参加しやすいように、いわゆる「朝活」として早朝の時間帯に開催するの取組みも実施しています。

CFP取得者数が膨大な金融機関の中でもNo.1であり、全国の営業店で対面の相談ができます。

iDeCoでもそれ以外の点でも不明点があれば、フェイス・トゥ・フェイスの相談が可能である点は、ネット証券にはない大和証券ならであはのエッジ・優位性です。

まとめ

大和証券グループのオフィス

大和証券の確定拠出年金の新プランでは、手数料が業界屈指の低水準となり、幅広いアセットクラスにおいて優良な低コスト投信が揃っています。

ポートフォリオを好みに応じて組み立てることが可能です。初心者から投資経験者まで幅広く活用できます。

新プラン導入前は、SBI証券、楽天証券、野村證券、りそな銀行、琉球銀行などが確定拠出年金(個人型)の選択肢として有力でしたが、今後は大和証券も有力な選択肢です。

大和証券の個人型確定拠出年金はリーズナブルな手数料、優良な低コストインデックス投信にエッジ・優位性があります。iDeCoの口座を開設する有力候補の一つです。

大和証券の個人型確定拠出年金

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-iDeCo, 証券会社

Copyright© The Goal , 2017 All Rights Reserved.