The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

SBI証券の個人型・確定拠出年金(iDeCo)は、豊富な運用商品と完全無料の運営管理手数料が魅力!

更新日: iDeCo SBI証券 証券会社

観覧車に乗る子供

確定拠出年金(401k)という制度があります。愛称は「iDeCo」(イデコ)です。絶大な節税メリットがあり、所得税・住民税を大きく減税することが可能です。

同じく節税制度であるNISAは利益が出て初めてメリットがありますが、確定拠出年金は利益が出なくても絶大なメリットがある制度です。

ネット証券No.1のSBI証券は、日本で初めて無条件で運営管理手数料を無料化しました。

また、確定拠出年金(個人型)の運用商品は豊富で、超低コストのインデックス投信が多数登場しています。

SBI証券の確定拠出年金(個人型)の手数料、ラインナップ・投資信託、手数料についてまとめます。


確定拠出年金の概要

確定拠出年金は公的年金とは異なり、賦課方式ではなく積立方式となっています。自分で積み立てたお金を運用した結果を、老後に受け取る方式です。

確定拠出年金(iDeCo)は所得税・住民税の節税メリットが大きい制度です。最近話題のNISAはあくまで出た利益が無税になるのであり、不確実性は存在します。

しかし、確定拠出年金は確実に所得税・住民税が減税されます。リスク・ゼロには大きなメリットがあります。

定期預金などの低リスク資産での運用も可能なので、控除できる所得がある場合は大きな利点があります。詳細は以下で徹底解説しています。

確定拠出年金(iDeCo)のメリット・デメリット、企業型・個人型の違いまとめ
確定拠出年金(401k)という制度があります。絶大な節税メリットがあり、所得税・住民税を大きく減税することが可能です。愛称は「iDeCo...

企業型の確定拠出年金は金融機関の選択の余地がありません。個人型のiDeCoは多数の金融機関から選ぶ必要があります。

なお、万が一iDeCoの口座を開設した金融機関(運営管理機関)が破綻したとしても、iDeCoの資産が削減されることはありません。

個人型確定拠出年金の運用資産は信託財産として信託銀行で管理されています。ただし、新しい運営管理機関へ変更するための手続きが必要です。

おすすめの銀行・証券会社については、以下にまとめています。

個人型の確定拠出年金(iDeCo)のおすすめ金融機関まとめ!2017年
企業型の確定拠出年金は企業が提携した金融機関が提示する商品から選ぶしかありません。個人型については、確定拠出年金の口座を開設...

個人型確定拠出年金の選択において重要なのが、手数料と商品ラインナップです。その点についてSBI証券のiDeCoの内容を徹底的に解説します。

取扱商品

ハイタッチする外国人ビジネスパーソン

2016年3月までSBI証券の確定拠出年金(個人型)で、投資対象として有力だった商品は下表のとおりです。

投資対象 商品名 元本確保 信託報酬
預金 スルガ確定拠出年金スーパー定期1年 -
保険 スミセイの積立年金保険(5年) -
保険 第一のつみたて年金保険(5年) -
国際株式型 EXE-i先進国株式ファンド - 約0.3574%
新興国株式型 EXE-i新興国株式ファンド - 約0.3924%
国際株式型 EXE-iグローバル中小型株式ファンド - 約0.3724%
国際債券型 EXE-i先進国債券ファンド - 約0.4304%
不動産投信型 EXE-iグローバルREITファンド - 約0.3864%
国内株式型 SBI TOPIX100・インデックスファンド<DC年金> - 年率0.2592%
(税抜0.24%)
国内株式型 朝日-日経平均ファンド - 年0.54%
(税抜0.5%)
国内債券型 野村日本債券ファンド(確定拠出年金向け) - 年0.594%
(税抜年0.55%)
国際債券型 野村外国債券インデックスファンド(確定拠出年金向け) - 年0.594%
(税抜年0.55%)
バランス 三井住友TAM-SBI資産設計オープン(資産成長型)(愛称:スゴ6) - 年0.7344%
(税抜0.68%)

EXE-iグローバル中小型株式ファンドが最も魅力的でしたが、それ以外は野村證券、りそな銀行、琉球銀行と比較すると、さほど優位性は高くありませんでした。

しかし、2016年4月は、超低コストの人気投信が多数光臨しました。以下、投信の信託報酬は税込です。

ニッセイ日経225インデックスファンド、DCニッセイ外国株式インデックス、三菱UFJ 国内債券インデックスファンド(確定拠出年金)、三井住友・DC外国債券インデックスファンドなどです。

商品分類 商品名 委託会社 信託報酬
国内株式 ニッセイ日経225インデックスファンド ニッセイアセットマネジメント 0.27%
野村DC・JPX日経400ファンド 野村アセットマネジメント 0.27%以内
SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ<DC年金> SBIアセットマネジメント 1.62%
国際株式 DCニッセイ外国株式インデックス ニッセイアセットマネジメント 0.2268%
インデックスファンド海外株式ヘッジあり(DC専用) 日興アセットマネジメント 0.30%
三菱UFJ DC新興国株式インデックスファンド 三菱UFJ国際投信 0.59%
ラッセル外国株式マルチ・マネージャー・ファンド(確定拠出年金向け) ラッセル・インベストメント 1.46%
キャピタル世界株式ファンド(DC年金用) キャピタル・インターナショナル 1.5406%程度
国内債券 三菱UFJ 国内債券インデックスファンド(確定拠出年金) 三菱UFJ国際投信 0.13%
国際債券 三井住友・DC外国債券インデックスファンド 三井住友アセットマネジメント 0.2268%
インデックスファンド海外債券ヘッジあり(DC専用) 日興アセットマネジメント 0.28%
三菱UFJ DC新興国債券インデックスファンド  三菱UFJ国際投信 0.5616%
国内REIT DCニッセイJ-REITインデックスファンド ニッセイアセットマネジメント 0.59%
国際REIT 野村世界REITインデックスファンド(確定拠出年金向け) 野村アセットマネジメント 0.5724%以内
バランス DCインデックスバランス(株式20) 日興アセットマネジメント 0.18%
DCインデックスバランス(株式40) 日興アセットマネジメント 0.19%
DCインデックスバランス(株式60) 日興アセットマネジメント 0.21%
DCインデックスバランス(株式80) 日興アセットマネジメント 0.22%
野村DC運用戦略ファンド(愛称:ネクスト10) 野村アセットマネジメント 1.296%以内
コモディティ 三菱UFJ純金ファンド(愛称:ファインゴールド) 三菱UFJ国際投信 上限0.972%

投資信託は基本的には低コストのインデックス投信が無難です。SBI証券の確定拠出年金(個人型)は、買ってもいいと言えるインデックス投信が多数揃っています。

2016年10月14日からは新しく4ファンドの取扱いが開始しました。人気のひふみ投信の「ひふみ年金」、三井住友AMの低コストインデックスファンドが加わっています。

商品分類 商品名 委託会社 信託報酬
国内株式 ひふみ年金 レオス・キャピタルワークス 0.8208%
三井住友・DC日本株式インデックスファンドS 三井住友アセットマネジメント 0.2052%
みのりの投信(確定拠出年金専用) ポートフォリア 1.6774%以内
国際REIT 三井住友・DC外国リートインデックスファンド 三井住友アセットマネジメント 上限0.3024%

2016年11月8日には更に低コストインデックスファンドが追加されました。

ニッセイアセットマネジメントの更にコスト(信託報酬)を低く抑えた新ファンド、米国を代表する指数のニューヨーク・ダウ連動型の「iFree NYダウ・インデックス」が追加されました。

「DCニッセイ日経225インデックスファンドA」及び「DCニッセイJ-REITインデックスファンドA」は、確定拠出年金で採用されている同ベンチマークのファンドの中で最低水準の信託報酬です!

商品分類 商品名 委託会社 信託報酬
国内株式 DCニッセイ日経225インデックスファンドA ニッセイアセットマネジメント 0.2052%以内
国内REIT DCニッセイJ-REITインデックスファンドA ニッセイアセットマネジメント 0.27%以内
国際株式 iFree NYダウ・インデックス 大和証券投資信託委託 0.24%

SBI証券の確定拠出年金(個人型)の商品一覧は下表のとおりとなっています。

商品分類 商品名 委託会社 信託報酬
定期預金 スルガ確定拠出年金スーパー定期1年 スルガ銀行 -
年金積立保険 スミセイの積立年金保険(5年) 住友生命 -
第一のつみたて年金保険(5年) 第一生命 -
国内株式 ニッセイ日経225インデックスファンド ニッセイアセットマネジメント 0.27%
朝日ライフ 日経平均ファンド(愛称:にぃにぃ Go) 朝日ライフアセットマネジメント 0.54%
日経225ノーロードオープン DIAMアセットマネジメント 0.86%
三井住友・DC日本株式インデックスファンドS 三井住友アセットマネジメント 0.2052%
DCニッセイ日経225インデックスファンドA ニッセイアセットマネジメント 0.2052%
SBI TOPIX100・インデックスファンド<DC年金> SBIアセットマネジメント 0.26%
MHAM TOPIXオープン みずほ投信投資顧問 0.70%
野村DC・JPX日経400ファンド 野村アセットマネジメント 0.27%以内
ひふみ年金 レオス・キャピタルワークス 0.8208%
三井住友・バリュー株式年金ファンド 三井住友アセットマネジメント 1.40%
DCグッドカンパニー(社会的責任投資) 三井住友トラストアセットマネジメント 1.53%
SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ<DC年金> SBIアセットマネジメント 1.62%
フィデリティ・日本成長株・ファンド フィデリティ投信 1.65%
みのりの投信(確定拠出年金専用) ポートフォリア 1.6774%以内
国際株式 DCニッセイ外国株式インデックス ニッセイアセットマネジメント 0.2268%
DC外国株式インデックスファンド 三井住友トラストアセットマネジメント 0.86%
EXE-i 先進国株式ファンド SBIアセットマネジメント 0.3244%程度
EXE-i グローバル中小型株式ファンド SBIアセットマネジメント 0.3724%程度
インデックスファンド海外株式ヘッジあり(DC専用) 日興アセットマネジメント 0.30%
iFree NYダウ・インデックス 大和証券投資信託委託 0.24%
三菱UFJ DC新興国株式インデックスファンド 三菱UFJ国際投信 0.59%
EXE-i 新興国株式ファンド SBIアセットマネジメント 0.3904%程度
ラッセル外国株式マルチ・マネージャー・ファンド(確定拠出年金向け) ラッセル・インベストメント 1.46%
キャピタル世界株式ファンド(DC年金用) キャピタル・インターナショナル 1.5406%程度
シュローダーBRICs株式ファンド シュローダー・インベストメント・マネジメント 2.03%
ハーベスト アジア フロンティア株式ファンド SBIアセットマネジメント 最大2.0972%
国内債券 三菱UFJ 国内債券インデックスファンド゙(確定拠出年金) 三菱UFJ国際投信 0.13%
野村日本債券ファンド(確定拠出年金向け) 野村アセットマネジメント 0.594%以内
国際債券 三井住友・DC外国債券インデックスファンド 三井住友アセットマネジメント 0.2268%
野村外国債券インデックスファンド(確定拠出年金向け) 野村アセットマネジメント 0.594%以内
EXE-i 先進国債券ファンド SBIアセットマネジメント 0.4304%程度
インデックスファンド海外債券ヘッジあり(DC専用) 日興アセットマネジメント 0.28%
三菱UFJ DC新興国債券インデックスファンド  三菱UFJ国際投信 0.56%
グローバル・ソブリン・オープン(DC年金) 三菱UFJ国際投信 1.35%
国内REIT DCニッセイJ-REITインデックスファンド ニッセイアセットマネジメント 0.59%
DCニッセイJ-REITインデックスファンドA ニッセイアセットマネジメント 0.27%
MHAM J-REITアクティブファンド<DC年金> みずほ投信投資顧問 1.08%
国際REIT 野村世界REITインデックスファンド(確定拠出年金向け) 野村アセットマネジメント 0.5724%以内
三井住友・DC外国リートインデックスファンド 三井住友アセットマネジメント 上限0.3024%
EXE-i グローバルREITファンド SBIアセットマネジメント 0.3864%程度
バランス SBI資産設計オープン(資産成長型) <愛称:スゴ6> 三井住友トラストアセットマネジメント 0.73%
DCインデックスバランス(株式20) 日興アセットマネジメント 0.18%
DCインデックスバランス(株式40) 日興アセットマネジメント 0.19%
DCインデックスバランス(株式60) 日興アセットマネジメント 0.21%
DCインデックスバランス(株式80) 日興アセットマネジメント 0.22%
DCニッセイ/パトナム・グローバルバランス(債券重視型) ニッセイアセットマネジメント 1.19%
野村DC運用戦略ファンド(愛称:ネクスト10) 野村アセットマネジメント 1.296%以内
ターゲットイヤー セレブライフ・ストーリー 2025 SBIアセットマネジメント 0.6820%程度
セレブライフ・ストーリー 2035 SBIアセットマネジメント 0.6886%程度
セレブライフ・ストーリー 2045 SBIアセットマネジメント 0.6934%程度
セレブライフ・ストーリー 2055 SBIアセットマネジメント 0.6691%程度
コモディティ 三菱UFJ純金ファンド(愛称:ファインゴールド) 三菱UFJ国際投信 上限0.972%
ダイワ/“RICI®”コモディティ・ファンド 和証券投資信託委託 1.9049%程度

幅広いアセットクラスにおいて優良な低コスト投信が揃っているので、ポートフォリオを好みに応じて組み立てることが可能となりました。

配分を考えるのが面倒ならDCインデックスバランスという選択肢もあります。ここまで低コストだとバランス型ファンドも嗜好によっては選択肢の一つです。

手数料

ガッツポーズをするOL (4)

SBI証券は運営管理手数料・口座維持手数料が無料であり、日本の確定拠出年金(個人型)の中でNo.1です。2017年5月19日に大胆な手数料の完全無料化がありました。

iDeCoの利用にあたって支払う手数料は、加入時にかかる手数料と毎月発生する手数料の2種類があります。

初回手数料は、国民年金基金連合会に支払う2,777円(税込)は、どの金融機関でも同じです。

金融機関に支払う手数料としては、個人型確定拠出年金への新規加入時は「加入時・移換時手数料」、iDeCo金融機関を変更した時は「運営管理機関変更時手数料」がかかります。

この点、SBI証券は加入時・移換時手数料も営管理機関変更時手数料も、どちらも2017年5月19日から無料になりました。

SBI証券と楽天証券がiDeCoの手数料を完全無料化!個人型確定拠出年金のコストが極限まで低下
SBI証券と楽天証券が個人型確定拠出年金(iDeCo)の手数料を完全無料化しました。加入時・移換時手数料、運営管理機関変更時手数料、口...

従来は原則として1,080円(税込)で、2017年6月30日まではキャンペーンで無料という取扱いでした。今後は完全無料となります!

手数料区分 2017年5月18日まで 2017年5月19日以降
証券会社 1,080円
※2017年6月30日までは無料
無料
国民年金基金連合会 2,777円 2,777円
合計 3,857円(2017年6月30日まで2,777円) 2,777円

毎月のランニングコストは、国民年金基金連合会に支払う103円・信託銀行に支払う64円(合計167円)はどこでも同じです。

SBI証券に支払う「口座管理手数料」は、2017年5月19日から、残高・積立額・期間にかかわらず、条件なしで完全無料になります!

無条件で運営管理手数料を無料とするのは、SBI証券が業界初・日本初です。ネット証券のリーダー的な存在であるSBI証券ならではの卓越したバリューがあります。

2017年5月18日までは、資産残高50万円未満は324円(年3,888円)、50万円以上は無料であり、キャンペーンで2017年6月分までの月々の口座管理手数料は無料という扱いでした。

手数料区分 2017年5月18日まで 2017年5月19日以降
証券会社 無料(残高50万円未満:324円)
※2017年6月30日まで無料
無料
国民年金基金連合会 103円 103円
信託銀行 64円 64円
維持コスト合計(月) 167円(キャンペーン終了後、残高50万円未満は491円) 167円
維持コスト合計(年) 2,004円(キャンペーン終了後、残高50万円未満は5,892円) 2,004円

手数料の側面では楽天証券がSBI証券よりも安い状況でしたが、SBI証券が先手を打って手数料の完全無料化を打ち出しました。

手数料完全無料化は採算度外視の卓越した措置で良心的です。個人投資家にとっては嬉しい秀逸な手数料設定です。

投信の信託報酬はSBI証券の方が低い資産クラスが多いです。SBI証券と楽天証券のiDeCoの比較については、以下で徹底的に分析しています。

楽天証券とSBI証券の確定拠出年金(iDeCo)を比較!個人型から企業型まで完全網羅
確定拠出年金(401k)という制度があります。2016年に加入対象者が一気に拡大して、iDeCo(イデコ)という愛称も付きました。大きな節税メ...

まとめ

SBI証券の個人型確定拠出年金では、手数料が業界屈指の最低水準(完全無料)であり、幅広いアセットクラスにおいて優良な低コスト投信が揃っています。

低コストと秀逸な商品ラインナップの両面を高い次元で両立させている点にエッジ・優位性があります。

これまでは、野村證券、りそな銀行、琉球銀行なども確定拠出年金(個人型)の選択肢として有力でしたが、今後はSBI証券の一択だと考えます。

SBI証券は、『今後も「業界屈指の格安手数料で業界最高水準のサービス」を提供するべく、魅力ある商品・サービスの拡充を行い、個人投資家の皆さまの資産形成を支援してまいります。』と表明しています。

既に手数料の完全無料化でiDeCoの手数料は極限まで低下しました。今後もより一層の取扱商品の優れたブラッシュアップ、充実したサービスの提供が期待できます。

SBI証券の確定拠出年金積立プラン(個人型401K)

SBI証券は確定拠出年金以外でもメリットが多い証券会社です。詳細は以下で徹底解説しています。

SBI証券はメリット絶大!キャンペーンも魅力!個人的口コミまとめ
幾多のネット証券がある中で、おすすめのネット証券の一つがSBI証券です。私もフル活用しています。数多くのメリットがある証券会社で...

以前にSBI証券にインタビューに行き、個人型確定拠出年金も含めてサービス内容について取材したことがあります。iDeCoだけではなく総合証券取引口座も卓越したハイ・クオリティーとなっています。

SBI証券に取材インタビュー!あんなこともこんなことも最新情報を聞き倒しました!
幾多のネット証券がある中で、日本で最も人気があるネット証券がSBI証券です。ネット証券でNo.1の口座開設数、NISA口座数はネット証券...

SBI証券は当サイト限定でお得な入会キャンペーンを行っています。

SBI証券のタイアップキャンペーン

SBI証券は当サイト限定キャンペーンを行っています。口座開設と5万円以上の入金・SBIハイブリッド預金への振替だけで、3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。

口座開設時に以下の項目(無料)に申し込めば、SBI証券に入金するだけで自動的に振り替えられるので面倒な手間はありません。

SBI証券の口座開設申込画面

SBI証券の口座開設・維持・入出金は無料です。まだ口座をお持ちでなければ、この機会にぜひ口座開設してみてはいかがでしょうか。ネット証券としては破格のキャンペーンです。

SBI証券のタイアップキャンペーン

SBI証券以外では、楽天証券、大和証券、イオン銀行も手数料が安くて信託報酬が安めのインデックス投信が揃っています。

楽天証券の確定拠出年金・個人型(iDeCo)のメリット・デメリットまとめ
確定拠出年金(401k)という制度があります。愛称は「iDeCo」(イデコ)です。絶大な節税メリットがあり、所得税・住民税を大きく減税する...
大和証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)の新プランは安価な手数料と投信が魅力!
確定拠出年金(401k)という制度があります。愛称は「iDeCo」(イデコ)です。絶大な節税メリットがあり、所得税・住民税を大きく減税する...
イオン銀行の個人型確定拠出年金(iDeCo)は安価な手数料と低コスト投信が魅力!
確定拠出年金(401k)という制度があります。愛称は「iDeCo」(イデコ)です。絶大な節税メリットがあり、所得税・住民税を大きく減税する...

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-iDeCo, SBI証券, 証券会社

Copyright© The Goal , 2017 All Rights Reserved.