上場!アララ(4015)のIPOの初値予想

更新日: IPO

アララ

アララ(4015)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は2020年11月4日(水)~11月10日(火)、上場日は2020年11月19日(木)です。

新規上場する市場は東証マザーズで、想定価格は1,300~1,470円(1単元13~14.7万円)です。公募価格は2020年11月11日(水)に決定。

仮条件は1,330円~1,400円となりました。予想PERは36.2~38.1倍です。

初値予想は大幅なプラスリターンです。以下のレンジを想定しています。

3,000〜5,000円(仮条件の上限比+114.3%~+257.1%)

アララは、BtoBtoCを中心としたSaaS型販促ソリューションを展開しています。

SaaS型とは「Software as a Service」の略で、提供者側で稼働しているソフトウエアを、インターネット等のネットワーク経由で、利用者がサービスとして利用する状況を指します。

監査法人はEY新日本有限責任監査法人で、本社所在地は東京都港区南青山2丁目24番15号 青山タワービル別館です。

アララとは

アララのミッションは、「アイディアとテクノロジーで革新的なサービスを提供し、便利で楽しい、みんながハッピーになる社会を創る。」です。

この使命のもと、子供の頃、憧れていた未来の姿、まだ見ぬ未来の姿を想像し、創造し、便利で楽しく、ドキドキ・ワクワクするサービスを提供していくために、アララは事業を展開しています。

主な事業内容

  • 独自のハウス電子マネーやポイントを導入したい地域密着のスーパーマーケット等を顧客とした「キャッシュレスサービス事業」
  • 一時に大量の電子メールを送付したい航空会社、金融機関、eコマースサイト、地方公共団体等を顧客とした「メッセージングサービス事業」
  • 個人情報を適切に管理したい金融機関、情報通信事業者等を顧客とした「データセキュリティサービス事業」
  • その他の事業(ARサービス)

ARサービス以外は、顧客との契約が継続する限りにおいて、安定的に収益を獲得できるリカーリングビジネスであることが、収益構造上の特徴となっています。

顧客との価値の共創を通じて、様々なITサービスを生み出し、進化させ、顧客にとって、長期的に使い続けたいサービスとなることが、ミッション達成の近道とアララは考えています。

従業員数は84名、平均年齢は33.3歳、平均勤続年数は3.8年、平均年間給与は559.3万円です。

アララのIPOの諸データ

アララの業績推移

業績面では売上高は減収、経常利益・純利益は減益の年度があるものの、大局的には右肩上がりの傾向となっています。

アララの業績推移

主要な経営指標等の推移は下表のとおりです。

回次第10期第11期第12期第13期第14期
決算年月2015年8月2016年8月2017年8月2018年8月2019年8月
売上高(千円)793,632962,4561,143,7341,027,8781,042,777
経常利益(千円)32,65146,442△62,89313,177111,841
当期純利益(千円)19,946△4,822△81,384△113,337114,791
資本金(千円)330,100330,100331,500331,500331,500
発行済株式総数(株)56,57356,57356,85356,85356,853
純資産額(千円)358,612353,789275,205161,867276,658
総資産額(千円)606,678665,348622,202430,482555,554
BPS(円)6,338.936,253.684,840.6428.4748.66
1株配当(円)
EPS(円)356.41△85.25△1,433.53△19.9420.19
自己資本比率(%)59.153.244.237.649.8
自己資本利益率(%)6.752.4
株価収益率(倍)
配当性向(%)
営業CF(千円)90,000145,973
投資CF(千円)△50,043△63,210
財務CF(千円)△36,864△42,974
現金等(千円)212,343252,132
従業員数(人)4166786675

市場トレンド

市況面では、上場直前3ヶ月間のインデックスが上昇トレンドの状況だと初値リターンが高い傾向となっています。

東証マザーズ指数は美しい右肩上がりとなっており、世界中の株価指数の中で群を抜いたパフォーマンスです。

このまま堅調な推移が続くとIPOにおいて追い風となり、反落して再び軟調な相場に回帰すれば向かい風となります。

東証マザーズのチャート(過去3ヶ月)

上場規模

アララのIPOの規模は最大で約12.6億円であり、東証マザーズとしてはやや小型です。小型であればある程、初値リターンは良い傾向があります。

公募株式数は381,100株、売出株式数は412,000株、オーバーアロットメント(OA)は118,900株です。

公開比率(オファリングレシオ)は最大で約15%と低めです。公開比率が低ければ低いほど、初値リターンが高い傾向があります。公募株式数に占める売出の割合は52%です。

株主名保有割合ロックアップ
岩井陽介28.73%
Livio(株)6.10%
ドコモ・イノベーションファンド投資事業組合5.67%
大和ベンチャー1号投資事業有限責任組合5.67%
(株)デンソーウェーブ5.67%
EEIクリーンテック投資事業有限責任組合5.67%
IWAI GROUP PTE. LTD.3.83%
寺田倉庫(株)3.83%
井上浩毅3.64%
ビットキャッシュ(株)3.10% 

※制度ロックアップによる継続保有を含む

初値予想

アララの事業は、BtoBtoCを中心としたSaaS型販促ソリューションであり、IPOにおける業種の人気度は高めです。

訴求力の高い東証マザーズネット企業の範疇に属しており、国策であるキャッシュレス決済の関連銘柄でもあります。

予想PERは36.2~38.1倍であり、類似企業と比較すると中間的です。

コード銘柄名PERPBR配当利回り
2352エイジア34.055.511.16%
3923ラクス145.0675.920.08%
3960バリューデザイン93.095.570.00%
4449ギフティ143.1421.400.00%
6172メタップス赤字2.470.00%
6701日本電気17.071.601.42%
6702富士通16.702.221.45%
9449GMOインターネット35.616.500.90%
9600アイネット14.341.563.07%

約12.6億円という上場規模は東証マザーズとしてはやや小型です。上位株主にVCが名を連ねているものの、満遍なくロックアップがかかっています。

東証マザーズの10億~15億円のやや小型IPOの初値結果は以下のとおりです。

過去実績

  • トヨクモ:+351.0%
  • インターファクトリー:+429.2%
  • GMOフィナンシャルゲート:+157.9%
  • コパ・コーポレーション:+126.5%
  • リビングプラットフォーム:-9.0%
  • AHCグループ:+61.4%
  • ジモティー:+130.0%
  • WDBココ:+122.2%
  • スペースマーケット:+121.4%
  • INCLUSIVE:+114.9%
  • ランディックス:+124.5%
  • BuySell Technologies:+92.7%
  • セルソース:+164.0%
  • ビーアンドピー:+20.0%
  • リビン・テクノロジーズ:+130.8%
  • ヴィッツ:+130.2%
  • 東名:+27.8%
  • フレアス:+118.6%
  • リックソフト:+126.3%
  • リンク:+112.8%
  • ベルトラ:+33.9%
  • ピアラ:+97.3%
  • フロンティア・マネジメント:+121.2%
  • アイリックコーポレーション:+25.8%
  • システムサポート:+128.6%
  • エクスモーション:+49.7%
  • マネジメントソリューションズ:+114.3%
  • アイ・ピー・エス(銘柄名:IPS):+71.0%
  • ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングス:+207.7%
  • ファイバーゲート:+127.4%
  • SERIOホールディングス:+130.3%
  • グローバル・リンク・マネジメント:+134.0%
  • クックビズ:+134.7%
  • テンポイノベーション:+93.5%
  • テックポイント・インク:+64.9%
  • UUUM:+226.8%
  • トランザス:+170.0%
  • ツナグ・ソリューションズ:+112.0%
  • ユーザーローカル:+325.2%
  • ピーバンドットコム:+113.9%
  • レノバ:+50.0%
  • エイトレッド:+133.9%
  • シンシア:-7.1%
  • JMC:+89.2%
  • インソース:+55.8%
  • セラク:+160.0%
  • キャリア:+98.5%
  • ジェイリース:+34.5%
  • アトラエ:+135.6%
  • PR TIMES:+59.0%
  • ベネフィットジャパン:+67.2%
  • フェニックスバイオ:-2.1%
  • ブラス:+6.4%
  • バルニバービ:+130.0%
  • GMOメディア:+101.1%
  • ブランジスタ:+43.8%
  • アイビーシー:+251.0%
  • STUDIOUS:+20.0%
  • PCIホールディングス:+169.6%
  • Hamee:+67.2%
  • sMedio:+58.7%
  • ファーストコーポレーション:+25.0%
  • ファーストロジック:+52.5%
  • データセクション:+73.1%
  • サイジニア:+125.8%
  • フルッタフルッタ:+51.5%
  • メディカル・データ・ビジョン:+135.9%
  • セレス:+55.4%
  • オプティム:+260.0%

以上を総合考慮して、初値予想は大幅なプラスリターンです。

主幹事はSMBC日興証券です。その他は、大和証券、SBI証券、楽天証券、みずほ証券、松井証券で申し込めます。

証券会社名割当株式数割当比率
SMBC日興証券674,40085.03%
大和証券39,6004.99%
SBI証券39,6004.99%
楽天証券15,8001.99%
みずほ証券15,8001.99%
松井証券7,9001.00%

アララのIPOの当選のコツについては、以下で徹底解説しています。

株には「IPO」という制度があります。新規上場株式を購入することができます。人気銘柄は抽選となり、なかなか当選しづらいの...

SBI証券が幹事団に入っているので、着実にSBIチャレンジポイントを貯めましょう。

参考まだ安全資産は定期預金と国債だけなの?IPOチャレンジポイントで確実にS級IPOをゲットできる

SBI証券でIPOの引受け部門で活動していたプロにインタビューして、貴重なお話を聞きました。以下にまとめています。

日本の幾多のネット証券の中で、ここ最近では、SBI証券は唯一、IPOで主幹事証券を担ってきた証券会社です。また、幹事証券と...

SBI証券は当サイト限定でお得なタイアップ・プログラムを実施しています。なんと口座開設だけで3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。口座開設・維持は無料です。

SMBC日興証券のネット口座は小口個人投資家でもIPOが当選することがあります。口座開設をおすすめします。

SMBC日興証券という大手証券会社がありますね。SMBC日興証券はインターネット口座もあります。「ダイレクトコース」という名...
日本を代表する大手証券の一角がSMBC日興証券です。約100年の歴史があり、大正・昭和・平成と時を紡いできました。対面で...

楽天証券松井証券も幹事団に名を連ねています。

日本を代表する大手ネット証券の一角が松井証券です。約100年の歴史があり、大正・昭和・平成と時を紡いできました。日本初の...
楽天証券という楽天グループのネット証券があります。日本の大手ネット証券の一角であり、大人気で存在感がある証券会社です...

マネックス証券は完全抽選で小口個人投資家でも当選する可能性がある証券会社です。

日本の大手ネット証券の一角がマネックス証券です。1999年創業以来、次々と先進的なサービスを提供してきており、日本初のサ...

株・投資信託ならネット証券のマネックス

野村證券はIPOの取り扱いが多いのがメリットです。小口個人ですと当たりづらいですけれども、ポチポチ作業を許容できる場合は候補です。

郵政3社、JR九州などの中型株に関しては意外な程に当たりやすいです。

野村證券

大和証券も厳正かつ公平な抽選サービスとなっており、小口投資家でも当選の可能性はあります。

SBIネオトレード証券でもIPOの取扱いを開始しています。委託幹事に名を連ねる可能性があります。

現在はお得なキャンペーンを開催しています。

SBIネオトレード証券 公式キャンペーン

岡三オンライン証券でも取扱いの可能性があります。

岡三証券グループにはネット証券「岡三オンライン証券」があります。使い勝手がよくて投資に役立つツールに定評のあるネット...

岡三オンライン証券は、当サイト限定タイアップでお得な入会キャンペーンを行なっています。口座開設と1回以上の取引だけで3,500円+特別レポートがプレゼントされます。

ネット証券のキャンペーンとしては破格の内容でおすすめです。まだ口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会に開設してみてはいかがでしょうか。

岡三オンライン証券

岩井コスモ証券は、ネット抽選分は小口個人投資家に嬉しい完全公平抽選となっています。

100年以上の歴史を誇る老舗総合証券の一つが岩井コスモ証券です。対面口座だけではなく、ネット専用口座もあります。IPOの取...

東海東京証券は小口個人投資家には嬉しい完全抽選がある証券会社です。

東海東京証券という準大手証券会社がありますね。東海東京証券はインターネット口座もあります。店頭口座はハードルが高いと...

むさし証券もIPOのサービスを提供しています。インターネット口座は売却手数料がリーズナブルです。

むさし証券という証券会社があります。対面口座とネット口座があり、ネット口座のトレジャーネットは、安価な手数料と金利に...

<投資スタンス>
強気
(※強気・やや強気・中立・やや弱気・弱気の5段階)

  1. 強気:対面証券・ネット証券で全力申込
  2. やや強気:ネット証券・対面証券で申込
  3. 中立:ネット証券、S級銘柄の当落に影響がない対面証券では申込(大量獲得を狙える場合は妙味あり)※回数制限やS級狙いで回避することも
  4. やや弱気:SBI証券以外は原則回避(ただし、マイナス覚悟の勝負で申し込むことも)
  5. 弱気:SBI証券以外は回避(対面証券はバーター取引ならOK)

過去のIPO初値予想の履歴

-IPO

© 2014-2021 The Goal