GMOクリック証券が一般信用売り(短期と無期限)を開始!3年のタイプはなし

更新日: 証券会社 金融機関

GMOクリック証券の看板

GMOクリック証券が2018年8月20日(月)から、 信用取引サービスの一般信用売建において、 返済期限が3営業日~最長15営業日の「短期」と「無期限」の取扱いを開始しました。

カブドットコム証券の一般信用取引(売短)、SBI証券の一般信用(短期)、楽天証券の短期信用に似たサービスです。

取引画面やアプリの操作性が良くてサクサクと取引でき、株主優待で手数料を無料にすることも可能なGMOクリック証券が参戦ということで朗報です。

GMOクリック証券の一般信用取引は、これまでは買い(無期限)のみでした。信用売りは制度信用取引のみでした。

この度は一般信用取引に売建(短期)、売建(無期限)が追加されました。貸し株料は短期が年3.85%、無期限が年1.45%です。

一般信用売りというと、どうしてもつなぎ売り・クロス取引に主眼があたりがちですけれども、実は色んな局面で活用できるサービスです。

ただし、カブドットコム証券の3年のタイプがないのが残念です。ここが大きなエッジを生む制度であり、隠れ需要が大きいにもかかわらず一社独占となっているのが切ないので風穴を開けてほしいですね。

カブドットコム証券

無期限で売建てが可能なのは大型株のみで妙味がなく、無期限での提供は無理でも1~3年といった期間での売建てができると便利です。3ヶ月でもOKです。

とはいえ、3~15営業日のタイプでも一般信用売りが可能になるのは大きなメリットです。GMOクリック証券の英断を大歓迎します。

GMOクリック証券は貸株サービスも提供しており、貸株市場などでの調達の他、顧客から借り入れた株式などを元手に一般信用売りの在庫が生まれることが期待できます。

GMOクリック証券が2016年10月17日(月)より日本株の「貸株」を開始します。保有している株式をGMOクリック証券に貸し出すことで、貸株...

逆日歩が発生しない点、返済期日到来による建玉の強制決済などを気にしないで済む点に絶大なメリットがあります。

また、GMOクリック証券の取引手数料は、SBI証券、楽天証券、松井証券、カブドットコム証券よりも安い価格帯が多いのでお得です。

注文毎の約定代金に応じた信用取引の手数料(税込)の比較は下表のとおりです。

約定代金ライブ
スター
GMO
クリック証券
SBI証券楽天証券カブコムマネックス
証券
SMBC
日興
10万円86969797971030
20万円861401451451451510
30万円861831941941942050
50万円861831941941942050
100万円862593783788203830
200万円862593783781,0158640
300万円862593783781,1881,0800
400万円02593783781,1881,0800
500万円02593783781,1881,0800
1,000万円02593783781,2961,0800

GMOクリック証券は、GMOグループの株主優待で、現物取引・信用取引の売買手数料がキャッシュバックされます。

  • GMOインターネット:5,000円
  • GMOフィナンシャルHD:3,000~15,000円
  • GMOクラウド:3,000円
  • GMOアドパートナーズ:3,000円

SMBC日興証券は信用取引の売買手数料が0円と強烈で、コストは金利や貸株料などの諸費用のみとなり非常にお得です。

日本を代表する大手証券の一角がSMBC日興証券です。約100年の歴史があり、大正・昭和・平成と時を紡いできました。対面での総合コ...
SMBC日興証券のインターネット口座「ダイレクトコース」は、なんと株式の売買手数料が0円にすることができます。信用取引の売買手数料...

2019年3月18日からは一般信用売りが導入されて、より一層便利で使いやすくなりました。

SMBC日興証券が2019年3月18日(月)から、 信用取引サービスにおいて一般信用売建取引を開始しました。逆日歩リスクが無い点が大きなメ...

しかし、一般信用売りのサービスがありません。また、委託保証金率が高く、資金効率が悪いというデメリットがあります。取引画面も使いづらいです。

取引サイト・スマホアプリの使いやすさもGMOクリック証券が上回っています。1約定ごとプランだとDMM 株ライブスター証券も安いですが、一般信用売りはありません。

制度信用クロスに使う場合はライブスター証券もおすすめです。手数料が秀逸な低コストである点が絶大なメリットです。手数料を第一に考える場合は最有力候補です。

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン

ライブスター証券は当サイトと限定タイアップキャンペーンを行なっています。新規口座開設だけで特別に2,000円がプレゼントされます。

当サイト限定!ライブスター証券の口座開設で2,000円プレゼント

1日の約定代金合計額で手数料が決まる体系での比較は下表のとおりです。信用取引の手数料(税込)の比較です。

約定代金ライブ
スター
GMO
クリック証券
SBI証券楽天証券松井証券マネックス
証券
岡三
オンライン
10万円43200002,7000
20万円4322162582063242,7000
30万円4322162583083242,700324
50万円4322162584635402,700540
100万円4324325159261,0802,700756
200万円8648649472,1602,1602,700756
300万円1,2961,2961,3793,2403,2402,7001,404
500万円2,1602,1602,2435,4005,4005,4002,052
1,000万円4,3204,3204,40310,80010,80010,8003,672

一日定額制においては、20万円超以降はGMOクリック証券が最安値となっています。50万円超はライブスター証券がGMOクリック証券と並んで最安値です。

GMOクリック証券が、2015年12月14日(月)の取引より、株式現物取引手数料を引き下げました。10万円以下の小口の約定代金における売買...

ちなみに松井証券は約定代金が1日10万円までなら日本株の売買手数料が無料なので、1日10万円までは松井証券で取引するとオトクです。

一般信用売りはできませんが、岡三オンライン証券は1日定額制の場合は現物取引、信用取引がそれぞれ手数料無料となり、合計で1日40万円まで無料で売買可能です。

岡三オンライン証券が2017年12月25日から、国内株式取引手数料を引き下げます。現物取引、信用取引(制度・一般)の両方が対象です。1...

岡三オンライン証券は1日定額プランだと、現物取引20万円、信用取引20万円までは手数料がいずれも無料です(1日最大40万円)。

岡三RSSなどの取引ツール、事前入金不要のIPOが魅力的なネット証券です。

岡三オンライン証券のタイアップキャンペーン

岡三オンライン証券は、当サイト限定タイアップでお得な入会キャンペーンを行なっています。口座開設と1回以上の取引だけで3,500円+特別レポートがプレゼントされます。

ネット証券のキャンペーンとしては破格の内容でおすすめです。まだ口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会に開設してみてはいかがでしょうか。

岡三オンライン証券

一般信用売りに限定したい場合は、SBI証券がおすすめです。

幾多のネット証券がある中で、日本で最も人気があるネット証券がSBI証券です。口座開設数(430万)、NISA口座数(100万)はネット証券NO.1...
  数多くのオンライン証券の中で日本で一番人気のネット証券はSBI証券です。口座開設数(430万)、NISA口座数(100万)はネット証券NO.1(...

SBI証券は当サイト限定でお得なタイアップ・プログラムを実施しています。なんと3,000円分で、ネット証券としては破格の内容です。

SBI証券のタイアップキャンペーン

口座開設と5万円以上の入金・SBIハイブリッド預金への振替だけで、3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。

口座開設時に以下の項目(無料)に申し込めば、SBI証券に入金するだけで自動的に振り替えられるので面倒な手間はありません。

SBI証券の口座開設申込画面

SBI証券は1000万円までは銀行預金のような公的な保護(投資家保護基金)があるので安心・安全です。銀行預金と同じで万が一破綻しても保護されます。

口座開設・維持・入出金は無料です。まだ口座をお持ちでなければ、この機会にぜひ口座開設してみてはいかがでしょうか。

その他の証券会社も含めた手数料比較については、以下で徹底的に解説しています。

2017年9月にはSBI証券と楽天証券が1日定額コースの手数料を、11月27日からはマネックス証券、SBI証券が信用取引の取引毎手数料を引き...

これでカブドットコム証券SBI証券楽天証券松井証券岩井コスモ証券に続いてGMOクリック証券も参入で六大陸となりました。

松井証券は当サイト限定でタイアップキャンペーンを開催しています。

大手ネット証券の一角で約100年の歴史を誇る松井証券は、お得なキャンペーンを開催しています。口座開設キャンペーンはもちろん、開設...
日本を代表する大手ネット証券の一角が松井証券です。約100年の歴史があり、大正・昭和・平成と時を紡いできました。日本初のボックス...

GMOクリック証券はリーズナブルな手数料と取引ツールの使いやすさを両立させている点にエッジ・優位性があります。

おすすめのネット証券の一つであり、100万円の資産運用でも大活躍します。

GMOクリック証券 公式サイト

大口投資家の場合は楽天証券もおすすめです。超割コースは取引実績や残高に応じて手数料が割引になる「大口優遇」があり、条件が緩いのがメリットです。

一度でも1日の新規建玉残高(当日中に決済してもOK)、もしくは15時時点での信用建玉残高が5000万円以上になったら、3ヶ月も手数料の優遇を受けられます。

区分約定金額超割コース手数料(1回)
現物取引10万円まで0円
20万円まで100円(税込108円)
50万円まで238円(税込257円)
100万円まで426円(税込460円)
150万円まで509円(税込549円)
3,000万円まで806円(税込870円)
3,000万円超851円(税込919円)
信用取引いくらでも0円

信用取引だと約定金額にかかわらず取引手数料が無料になります!

専業トレーダーや資金量がある方の強い味方です。メールでも適用の連絡が来るので安心・安全です。

超割コース大口優遇の適用メール

資金量が多い方の場合、キーエンス(6861)、任天堂(7974)、SMC(6273)、ファーストリテイリング(9983)等の値嵩株をクロス取引すると簡単に条件をクリアできます。

1日信用取引でもOKなので、特別空売り料がない銘柄だとコストなしで大口優遇を達成することも可能です。

大口優遇の期間中に再び1日でも条件をクリアしたら、その月末から3ヶ月後まで期間が延長されます。

楽天証券 超割コースの延長のお知らせメール

大口優遇は一度条件を達成すると、3ヶ月間適用されるので便利です。他社は1ヶ月間というネット証券ばかりです。

タブレットを手に持つ笑顔の女性

また、国内株式手数料コースを超割コースにするだけで、楽天証券での取引手数料の1%が、楽天スーパーポイントでバックされます。

超割コースの大口優遇を達成すると、ポイントバックが2%になります。その他、手数料体系の詳細は以下にまとめています。

楽天証券は信用取引の環境が充実しています。他社が先行リリースした制度も導入して、総合力でネット証券屈指のクオリティに向上して...

以前に楽天証券にインタビューに行き、サービス内容について取材したことがあります。数多くのエッジ・優位性があるネット証券だと感じました。

楽天証券という楽天グループのネット証券があります。日本の大手ネット証券の一角であり、大人気で存在感がある証券会社です。業界最...

一歩先に進んだ画期的な仕組みが満載のネット証券であり、証券会社の基準を変えて一新する程のインパクトを放っています。

楽天証券での投資はボーナスの使い道としても有力な選択肢です。お得な口座開設キャンペーンも開催しています。

楽天証券 公式キャンペーン

その他のおすすめネット証券については、以下で丹念に論述しています。

インターネットが生活の隅々まで浸透しています。証券取引もオンラインのネット証券が低コストで便利です。IPO・PO・BO取引に本格的に...

株式取引の元手となる資金作りには、当サイト限定のタイアップキャンペーンもおすすめです。

破格の口座開設キャンペーンとなっていますので、まだ口座をお持ちでない業者がある場合はぜひ口座開設してみてはいかがでしょうか。以下にまとめています。

お得な口座開設キャンペーンを開催している銀行、証券、FXの企業が数多くあります。嬉しい現金のプレゼントから、4,000円分のAmazonギ...
  • この記事を書いた人

まつのすけ

14年に渡ってクレカ・電子マネー等のキャッシュレス決済を探求。日本のキャッシュレス化に貢献することが目標です。55枚のクレジットカードを保有し、支払年会費の総額は113万円。実生活において徹底的に活用した経験を活かして、記事を執筆しております。

-証券会社, 金融機関

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.