じぶん銀行のじぶんプラスが改悪!1のATM手数料が有料化!4と5の振込手数料は改善

更新日: 銀行 金融機関

じぶん銀行のキャッシュカード

じぶん銀行(2020年2月9日からはauじぶん銀行)には「じぶんプラス」という制度があり、取引状況に応じて振込手数料・ATM手数料を無料にすることが可能です。

2018年12月からは「じぶんプラス1・4・5」のステージ別の特典内容、「じぶんプラス2」のステージ判定方法が変更されます。

じぶんプラス1のATM手数料、2の判定条件は改悪となり、じぶんプラス4・5の振込手数料は改善となります。

じぶんプラス2以上になってこれまで通りATM手数料を無料にする方法、代わりの銀行について、注意点を完全網羅してわかりやすく徹底的に解説します。

じぶんプラスの変更内容

じぶんプラスのステージは1から5までの5段階です。数字が大きくなる程に上位ステージとなっています。

2018年11月までのステージごとの特典は下表の通りです。

ステージ名ATM入金手数料ATM引出し手数料
無料回数
振込手数料
無料回数
じぶんプラス1ゆうちょ銀行は
月1回無料
(その他は無料)
月2回0回
じぶんプラス2月3回0回
じぶんプラス3月4回月1回
じぶんプラス4月8回月3回
じぶんプラス5月11回月5回

これが2018年12月からは、じぶんプラス1は改悪されて、4と5は改善されます。

ステージ名ATM入金手数料ATM引出し手数料
無料回数
振込手数料
無料回数
じぶんプラス10回0回0回
じぶんプラス2ゆうちょ銀行は
月1回無料
(その他は無料)
月3回0回
じぶんプラス3月4回月1回
じぶんプラス4月8回月8回
じぶんプラス5月11回月15回

じぶんプラスは、毎月20日時点の「預かり資産残高」と「取引条件の該当状況」によって、翌月のステージが決まる仕組みとなっています。具体的には下表の通りです。

預かり資産残高
(毎月20日時点)
取引条件の該当状況
なし取引
条件A
取引
条件B
取引
条件C
取引
条件D
10万円未満じぶんプラス1じぶんプラス2-じぶんプラス4
10万円以上、
50万円未満
じぶんプラス2じぶんプラス3じぶんプラス4
50万円以上、
100万円未満
じぶんプラス3じぶんプラス4
100万円以上、
300万円未満
じぶんプラス4じぶんプラス5
300万円以上じぶんプラス5

取引条件の一覧は下表の通りです。各取引条件のうち、いずれか一つを満たせばOKです。全てを満たす必要はありません。

区分条件詳細判定期間・タイミング
取引条件Aじぶん銀行スマホアプリへのログインが1回以上前々月21日~前月20日
年齢が25歳以下前月20日時点
取引条件B口座からの引落とし (クレジットカードの引落としも含む) 前々月21日~前月20日
じぶん銀行決済または電子マネーチャージの利用前々月21日~前月20日
給与振込による入金前々月21日~前月20日
定額自動入金サービスによる入金額合計が5万円以上前々月21日~前月20日
じぶん銀行totoのくじ購入額合計が1,000円以上前々月21日~前月20日
取引条件C外貨預金残高が10万円以上前月20日時点
仕組預金残高が10万円以上前月20日時点
取引条件D住宅ローンの残高が1円以上前月20日時点
カードローン (じぶんローン) の残高が1円以上前月20日時点
じぶん銀行FXの約定取引前々月21日~前月20日

じぶん銀行決済または電子マネーチャージ、給与振込は金額の指定はありません。少額でも対象になります。

2018年12月以降は、資産残高が10万円未満の場合は取引条件Bを満たしても、じぶんプラス2になれなくなりました。

預かり資産残高
(毎月20日時点)
取引条件の該当状況
なし取引
条件A
取引
条件B
取引
条件C
取引
条件D
10万円未満じぶんプラス1じぶんプラス2--じぶんプラス4
10万円以上、
50万円未満
じぶんプラス2じぶんプラス3じぶんプラス4
50万円以上、
100万円未満
じぶんプラス3じぶんプラス4
100万円以上、
300万円未満
じぶんプラス4じぶんプラス5
300万円以上じぶんプラス5

また、取引条件Aが大幅に変更されて、クリアの難易度が格段に上昇しました。

区分条件詳細判定期間・タイミング
取引条件Aじぶん銀行totoのくじ購入額合計が1,000円以上前々月21日~前月20日
給与振込による入金額合計が5万円以上前々月21日~前月20日
au WALLET プリペイドカードへの
オートチャージ
による出金が3ヶ月間で1回以上
4ヶ月前21日~前月20日
取引条件B口座からの引落とし (クレジットカードの引落としも含む) 前々月21日~前月20日
じぶん銀行決済または電子マネーチャージの利用前々月21日~前月20日
給与振込による入金前々月21日~前月20日
定額自動入金サービスによる入金額合計が5万円以上前々月21日~前月20日
じぶん銀行totoのくじ購入額合計が1,000円以上前々月21日~前月20日
取引条件C外貨預金残高が10万円以上前月20日時点
仕組預金残高が10万円以上前月20日時点
取引条件D住宅ローンの残高が1円以上前月20日時点
カードローン (じぶんローン) の残高が1円以上前月20日時点
じぶん銀行FXの約定取引前々月21日~前月20日

取引条件Aの中で最も容易なのは、au WALLET プリペイドカードへのオートチャージによる出金です。3ヶ月以内に1回でOKとなっています。

なお、2019年春には、じぶんプラス2へのランクアップ条件に「じぶん銀行スマホデビット」での決済が加わる予定となっています。

じぶん銀行スマホデビットはJCBとの提携で実現したスマホ決済サービスで、QUICPay+加盟店やインターネットでの支払いが可能となります。

以前JCBに取材に行き、イシュイング本部 イシュイング推進部 商品企画グループ 副主事の新宮さんにインタビューしました。

JCB イシュイング本部 副主事 新宮さん

JCBカードの魅力、JCBの歴史・強み、安全・安心の信頼性と充実した特典を両立させている点について取材しています。

日本の大人気クレジットカード会社の一つがJCBです。安全・安心の信頼性と充実した特典を両立させている点が特徴です。年会費無料の高...

JCBカードの種類は多様であり、ハイ・クオリティー・カードが揃っています。おすすめカードについては、以下で丹念に分析しています。

JCBカードというクレジットカードがあります。株式会社ジェーシービー(JCB Co., Ltd.)が発行しています。プロパーカードから提携カ...

年会費無料で還元率が1%以上のクレジットカードもあり、隠れた高還元カードです。

JCBカード 公式サイト

2018年12月のじぶんプラスのステージは、2018年11月20日時点の取引状況によって判定されます。

じぶんプラスのステージは『「じぶんプラス」来月の特典内容のご案内』というタイトルのメールで毎月通知されます。

じぶんプラスの改悪内容の詳細

入金手数料(じぶんプラス1)

じぶん銀行のATM入金手数料は2018年11月まで、三菱UFJ銀行、コンビニATMでの入金はステージにかかわらず無条件で無料でした。

三菱UFJ銀行に加えて、セブン&アイ、イーネット、ローソンという大手流通グループのATMで、無制限で何度でも無料でATMを使えてファンタスティックでした。

イーネットのATMはファミリーマート、サークルKサンクス、スリーエフ、ポプラなどに設置されています。

イーネットのATM

セブン銀行のATMは、セブン-イレブン、イトーヨーカドーだけではなく、駅構内などにも設置されています。

東京駅構内のセブン銀行ATM

しかし、じぶんプラスのステージが1の方にとっては無念の改悪となり、コンビニATMの出金手数料は一回あたり一律108円(税込)となります。

出金手数料

じぶんプラスのステージが1でも、ATM出金手数料が三菱UFJ銀行・コンビニATMは月2回、ゆうちょ銀行ATMは月1回無料でした。

しかし、2018年12月からはどちらも月0回となります。1回目からゆうちょ銀行ATMは216円(税込)、その他は108円(税込)の手数料が発生します。

親会社の三菱UFJ銀行のATMにも例外は設けられてなく、聖域なき手数料有料化となっています。

三菱UFJ銀行

じぶんプラス2の達成の難易度UP

これまでは残高が10万円未満の場合、じぶん銀行スマートフォンアプリへのログインが1回以上あるか、年齢が25歳以下なら、じぶんプラス2になることが可能でした。

じぶん銀行のスマホアプリ

しかし、今後は1,000円以上のtotoのくじ購入、5万円以上の給与振込、au WALLETへのオートチャージのいずれかが必要となります。

こうした手間を許容できない場合は、10万円以上の預かり資産残高をキープしないとATM手数料が発生してしまいます。

Welcome期間特典の期間短縮

2018年11月末までに口座開設した方は、無条件で「じぶんプラス3」のステージになれる「Welcome期間特典」が6ヶ月間でした。

しかし、2018年12月1日以降に口座開設した場合は、最大3ヶ月間(口座開設から2ヶ月後の末日まで)となってしまいます。口座開設は今がチャンスです!


じぶんプラスの改善内容

じぶんプラスのステージが+4、+5の方にとっては、2018年12月から大幅な改善となります。

ATMの入出金手数料はこれまで通り無料で、他行宛振込手数料の無料回数が+4は月8回、+5は月15回に大幅に増加します。

  • じぶんプラス4:月3回無料→月8回無料
  • じぶんプラス5:月5回無料→月15回無料

なお、じぶん銀行、三菱UFJ銀行への振込については、じぶんプラスのステージにかかわらず無条件で無料となります。

じぶん銀行に100万円預け入れると4、300万円なら5になります。この程度の金額をじぶん銀行に置いておける方にとっては、嬉しい改善となります。

スマートフォン(スマホ)を持つ笑顔の女性

他行宛振込手数料が月8回/15回も無料だとかなり助かります。この程度あれば十分という方も多いでしょう。

月8回/15回では不足する場合は、他の他行宛振込手数料が無料の銀行と組み合わせましょう。

空前の低金利で預金金利はあまりつきません。そういう状況では銀行の振込手数料を支払うのは馬鹿らしいですね。何も考えずに月1,000円...

まとめ

じぶん銀行の「じぶんプラス」が改悪と改善となります。預かり資産残高10万円未満の方にとっては大幅な改悪となります。

じぶんプラス1の場合、入出金手数料が完全に有料となります。3万円以上の入金は無料といった条件は全くありません。

銀行にとって小口ユーザーはコストがかかるだけで採算が合わないので、そこをバッサリと切り捨てようとする狙いが伺えます。

逆にロイヤルカスタマーの特典は大幅に拡充されました。他行宛振込手数料が最大15回無料となるのはファンタスティックです。

じぶんプラスのステージ2・3を自然体でクリアできる方はこれまで通り使えますし、4・5の方はより一層お得なネット銀行に進化します。

じぶん銀行は、定期預金のキャンペーンが高金利、三菱UFJ銀行への送金手数料が無料、カブドットコム証券のじぶん銀行への出金手数料が無料、セキュリティが万全などのメリットがあります。

日本経済新聞の第13回金融機関ランキングでは、ネットバンキング部門で、じぶん銀行がNo.1となっています。日経の金融機関ランキングは、約4,000名の個人に対する調査に基づいています。

チャンピオンのトロフィーを掲げるアスリート

2017年3月17日(金)には、「The International Excellence in Retail Financial Services Awards 2017」で「Best Digital Only Retail Bank in Japan」(日本における最優秀ネット銀行賞)を受賞しました。

「The International Excellence in Retail Financial Services Awards 2017」は、アジア地域の銀行専門誌「The Asian Banker」が主催しています。

透明性の高い評価プロセスを通じて、アジア・オセアニア、中央アジア、中東、およびアフリカの42カ国250以上の金融機関を審査して、優れた金融機関を表彰するアワードです。

The International Excellence in Retail Financial Services Awards 2017でのじぶん銀行の受賞

じぶん銀行のサービスの質、ネット銀行としてのクオリティが良好である点は、客観的に高く評価されています。

2016年11月13日以降は、じぶんプラスの導入によって、じぶん銀行はauユーザーのためのネット銀行という色彩から、万人に開かれたネット銀行へと変貌しました。

特に大きなメリットは最大で月15回の他行宛て振込手数料が無料である点です。今後はドコモやソフトバンク、格安SIM・MVNOユーザーにとっても、じぶん銀行は有意義な銀行です。

2019年春からは、リアル店舗でもインターネットでも決済できるスマホデビットサービスを開始します。

じぶん銀行(2020年2月9日からはauじぶん銀行)とJCBが提携して、2019年4月3日からモバイル決済サービス「じぶん銀行スマホデビット」...

その他、じぶん銀行の詳細については、以下で徹底的に解説しています。

じぶん銀行(2020年2月9日からはauじぶん銀行)はメリットが大きく、上手く使うと家計を大きく助けることが出来ます。「じぶんプラス...

じぶん銀行はお得な仕組みが満載で上手く活用していくと、家計に大きな手助けとなるネット銀行です。

じぶん銀行の代わり

じぶん銀行の「じぶんプラス」が小口ユーザーにとっては改悪されました。ステージが2以上ならこれまで通り利用可能ですが、条件クリアが難しいという方もいらっしゃるでしょう。

また、もうじぶん銀行を使うのは嫌になったという方もいらっしゃるかもしれません。

そのような方には住信SBIネット銀行がおすすめです。

住信SBIネット銀行のキャッシュカード

ATMはセブン銀行、ゆうちょ銀行、イーネット(ファミリーマート・サークルKサンクス等)、ローソン、イオン銀行、VIEW ALTTE(ビューアルッテ)のATMを利用できます。

前月末の商品・サービスの利用状況に応じて、無料の回数が決まります。

この点はじぶん銀行と同じですが、条件が格段に緩く、誰でも簡単にランク3は達成可能なのがメリットです。

項目ランク1ランク2ランク3ランク4
ATM利用手数料(出金)月2回月5回月7回月15回
他行宛振込手数料無料月1回月3回月7回月15回
ボーナスポイント最大200p最大200p最大200p最大200p

若年層優遇の制度もあり、30歳未満だと無条件でランク2となります。ランク3以上の判定条件は30歳以上の方と同一です。

どのランクでもミライノカード(JCB)の利用、外貨預金・仕組預金の月末残高によって最大で月200ポイントを得られます。

ミライノカード ゴールドを持つとスマプロランクが2ランクUPします。年100万円の利用で年会費が無料になり、特典も充実していて質実剛健です。年会費無料のゴールドカードは稀有です。

なお、自行宛振込手数料、預入時のATM手数料はどのランクでも無制限に無料です。ボーナスポイントは500ポイント以上100ポイント単位で、1ポイント1円でキャッシュバックされます。

ATM手数料は、無料回数を超えた後は1回あたり108円(税込)です。無料回数を使い切った後の振込手数料は、1回あたり154円(税込)です。

また、給与受取、口座振替(銀行引落し)等の取引でポイントを獲得可能です。

  • 給与の受取、年金の受取、定額自動入金サービスのどれか:30ポイント
  • 1件以上の口座振替(銀行引落し):5ポイント
  • 外貨積立(月1万円以上):10ポイント
  • 純金積立(月5千円以上):10ポイント

一ヶ月あたり最大55ポイント(年間660ポイント)が得られます。外貨預金・仕組預金の月末残高と合わせて、毎月最大3,060ポイントを獲得できます。

ランクの判定、その他スマートプログラムの詳細については、以下で徹底解説しています。

住信SBIネット銀行は、2016年1月から、利用状況に応じて様々な優遇が受けられる「スマートプログラム」が開始しました。住信SBIネット...

2016年1月からは取引状況に応じて手数料の無料回数が決まるようになりましたが、ランク2(ATM月5回・他行宛て振込月3回無料)までは容易に達成可能です。

SBI証券に口座開設して、SBIハイブリッド預金に1,000円預け入れて、1南アフリカランド(7~13円程度で推移)の外貨預金をすれば、振込手数料はこれまで通りの無料回数をキープできます。

南アフリカランドに抵抗がある場合は、米ドルでもOKです。1ドル(2019/8/17時点で106.36円)で外貨預金の条件は充足します。

住信SBIネット銀行はお得なキャンペーンにもエッジ・優位性があります。

住信SBIネット銀行というネット銀行があります。振込手数料やATM手数料を無料にすることができて、上手く活用すると家計ハックに資す...

住信SBIネット銀行はまずSBI証券に口座開設して、その後にSBI証券の会員サイトから申し込むのも選択肢です。

こうすれば当サイト限定のSBI証券のタイアップ・プログラムを利用でき、3,000円分のAmazonギフト券がもれなくプレゼントされます。

SBI証券のタイアップキャンペーン

口座開設と5万円以上の入金・SBIハイブリッド預金への振替だけで、3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。住信SBIネット銀行との同時口座開設も可能です。

口座開設時に以下の項目(無料)に申し込めば、SBI証券に入金するだけで自動的に振り替えられるので面倒な手間はありません。

SBI証券の口座開設申込画面

SBI証券は1000万円までは銀行預金のような公的な保護(投資家保護基金)があるので安心・安全です。銀行預金と同じで万が一破綻しても保護されます。

口座開設・維持・入出金は無料です。まだ口座をお持ちでなければ、この機会にぜひ口座開設してみてはいかがでしょうか。

当サイト限定タイアップ特典で住信SBIネット銀行と同時口座開設

口座開設・キャンペーンの手順については、以下にまとめています。

口座開設数No.1のネット証券であるSBI証券と当サイトの限定タイアップキャンペーンが始まりました!SBI証券は入会金・口座開設費用は...

SBI証券のキャンペーンは不要だったり、証券口座を開きたくない場合は、住信SBIネット銀行の口座開設のみもできます。

また、新生銀行もおすすめです。会員制度に応じて無料回数が決まりますけれども、こちらも簡単にクリアできる条件があり、じぶん銀行よりハードルが低いです。

新生銀行のキャッシュカード

新生ステップアッププログラムにおける新生ゴールド、新生プラチナ会員の場合は、ATM出金手数料は無料のままです。

  • 新生スタンダード(STANDARD):1回あたり108円(税込)
  • 新生ゴールド(GOLD):無料
  • 新生プラチナ(PLATINUM):無料

新生ゴールド達成のための条件としては、以下がハードルが低めです。

  • 預け入れ総資産の月間平均残高が200万円以上
  • 所定の投資商品の月間平均残高が30万円以上
  • 円普通預金・パワー預金・2週間満期預金の月間平均残高の合計が100万円以上
  • プリペイドカードGAICA(Flex機能付き)へ所定の金額(※)をチャージ

2週間満期預金に100万円預け入れると要件を充足します。2週間満期定期預金は、朝8時~夜9時なら365日いつでもフリーダイヤルの電話で中途解約することができます。

Visaブランド搭載型プリペイドカードGAICAへのチャージも対象となっています。円なら月1万円のチャージでOKなので、ハードルが低めです。

年会費は54,000円(税込)と一気に跳ね上がりますが、クレジットカードの「ラグジュアリーカード」を保有すれば、それだけで最上級の新生プラチナ会員になります。

他行宛の振込が多い方、海外送金を行う機会がある方ですとメリットが大きくなります。

ラグジュアリーカード(Luxury Card)というクレジットカードが日本に上陸して、金属製のMastercardのワールドエリートであることから...

他行宛振込手数料の無料回数が月10回では足りない場合は、他の銀行と組み合わせましょう。

空前の低金利で預金金利はあまりつきません。そういう状況では銀行の振込手数料を支払うのは馬鹿らしいですね。何も考えずに月1,000円...

ラグジュアリーカードはチタンカード、ブラックカード、ゴールドカードの3種類があります。

ゴールドカードは招待制となっており、自己申込が可能なのはチタンとブラックです(ラグジュアリーカードの比較)。

「Mastercard Titanium Card」というクレジットカードがあります。金属製の上級の質感が人気のラグジュアリーカードのチタンカードで...
「Mastercard Black Card」というクレジットカードがあります。金属製の上級の質感が人気のラグジュアリーカードのブラックカードです...

その他、銀行がお得になるクレジットカードについては、以下で精緻に分析しています。

現金のATMからの引出し、振り込み、公共料金やクレジットカード代金などの口座振替、証券会社などとの入出金など、多様なシーンで銀行...

新生銀行は改悪があってもなお、お得でバリューが高い銀行です。活用すると家計が頑健化します。

口座開設・維持手数料は無料で、無料でキャッシュカードを発行することが可能です。Tポイントをザクザク貯めることができるのが特徴です。

新生銀行という銀行があります。リアルの店舗もネットバンキングもあり、利便性が高い銀行です。新生銀行の銀行口座である「新生総合...

会員サイトに月1回ログインするだけでTポイントが3ポイントもらえます。

1回1万円以上の振込入金があると、25ポイントもらえます。月4回までとなっており、1ヶ月あたり合計で100ポイントです。

新生銀行は振込入金以外でも、ファミリーマート等にあるE-net(イーネット)のATM利用で1ヶ月20Tポイントが得られます。毎月123ポイントはノーリスクで手にすることができます。

取引対象条件Tポイント数
会員サイトへのログイン月1回3ポイント
 E-net(イーネット)の
 ATMの利用
 入金もしくは出金 1回10ポイント
 毎月最大20ポイント
 振込入金
(国内円建ての振り込み)
 1回10万円以上の他の
金融機関からの振込入金
 1回25ポイント
 毎月最大100ポイント
合計最大123ポイント/月

年間で1,476ポイントとそこそこまとまったポイント数になります。3年だと4,428円相当、5年だと7,380円相当となります!

そんな新生銀行は、口座開設キャンペーンも充実しています。Tポイントをザクザクと獲得することが可能です。

「ANAマイレージクラブ会員さま限定口座開設プログラム」ですと、口座開設で300マイルが貯まります。更に定期預金で1,000マイル獲得できます。

その他、楽天銀行ソニー銀行イオン銀行ジャパンネット銀行セブン銀行スルガ銀行ANA支店もおすすめです。詳細は以下で精緻に分析しています。

2020年代が間近に迫った現在、インターネットの普及がより一層進んでいます。スマホ・タブレットの普及でパソコンには馴染みがない方...

その中でも特におすすめの銀行を5行に絞ったランキングは以下となります。

スマホの普及でインターネットがより身近なものになり、全国津々浦々にネット銀行を利用する方が増えています。オンラインバンキング...
  • この記事を書いた人

まつのすけ

14年に渡ってクレカ・電子マネー等のキャッシュレス決済を探求。日本のキャッシュレス化に貢献することが目標です。55枚のクレジットカードを保有し、支払年会費の総額は113万円。実生活において徹底的に活用した経験を活かして、記事を執筆しております。

-銀行, 金融機関
-

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.