上場!ピー・ビーシステムズ(4447)のIPOの初値予想

更新日: IPO

ピー・ビーシステムズ

ピー・ビーシステムズ(4447)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は2019年8月26日(月)~8月30日(金)、上場日は2019年9月12日(木)です。

新規上場する市場は福証Q-Boardで、想定価格は1,370円です。公募価格は2019年9月2日(月)に決まります。

仮条件は1,280円~1,380円と上限が上振れました。予想PERは11.8~12.8倍です。

初値予想は大幅なプラスリターンです。以下のレンジを想定しています。

2,400〜2,900円(仮条件の上限比+73.9%~+110.1%)

直前初値予想は以下の通りです。

2,600円(公開価格比+88.4%)

ピー・ビーシステムズは、企業の基幹システムをクラウド化する「セキュアクラウドシステム事業」、特殊な映像技術を用いて空間を仮想化する「エモーショナルシステム事業」を展開しています。

監査法人は海南監査法人です。本社所在地は福岡市博多区東比恵3丁目3-24です。

ピー・ビーシステムズとは

ピー・ビーシステムズの主力事業はセキュアクラウドシステム事業です。

従業員数は46名、平均年齢は45.6歳、平均勤続年数は8.8年、平均年間給与は590.6万円です。

セキュアクラウドシステム事業で

ピー・ビーシステムズは、顧客企業にとって最適な選択を行うことを第一に考え、派生する多数のセキュリティ、ストレージ、サーバー等のハードウェア商品及び各種ソフトウエア商品を含めた総合的な提案を柔軟に行っています。

プライベートクラウドを実現する主要なソフトウエア企業である、Citrix、VMware、Microsoftの製品群を熟知している強みを活かしています。

特に、シトリックス・システムズ・ジャパン社のスペシャリスト認定者が最も多い企業として『Citrix Specialist of the Year』を2017年に受賞、『Best of Citrix Advisor Rewards/Net New Partner Sourced Award』を2017年2018年の2年連続受賞する等、既に国内では主だった仮想化技術企業として評価を得ています。

セキュアクラウドシステム事業は、以下3つの区分で構成されており、プライベートクラウド構築だけでなく、企業システム全般を対象としたサービスを中堅企業向けに提供しています。

  • サーバーの仮想化や強固なセキュリティ環境の構築を行う「プラットフォーム」
  • 仮想化環境に特化し、現場から発生するニーズを満たした機能を製品化して販売を行う「プロダクツ」
  • 顧客が望む独自機能を満たすためのスクラッチ開発(手作り開発)を行う「カスタマイザー」

エモーショナルシステム事業

エモーショナルシステム事業は、VR(Virtual reality:仮想現実)シアター4D王の技術開発及び製造販売を中心に行っています。

4D王は特許(特許第4166260号:立体映像の投影方法及び立体映像の投影装置)を取得しており、360度スクリーンに切れ目なく3D映像を投影する特許技術を基にした移設可能なミニシアターです。

円筒形のスクリーンの中に客席が設置され、スクリーンに囲まれた空間に映像が縦横無尽に飛び回り、観客を突き抜ける特殊効果と、映像に同期した立体音響、突風、地面の揺れによって、360度に展開するストーリーに観客を没入させる、独自のVR空間を作り上げる装置となっています。

ヘッドマウントディスプレイ型のVRと異なり、軽量な3D眼鏡を使用することで仲間と感動を共有する、いわゆる「体験共有型VRシアター」と言えます。

2019年7月末現在、4D王の常設設置箇所は遊園地を中心として、国内17箇所、海外2箇所、計19箇所となっています。

最近では、博物館や科学館で設置されるようになったほか、工場見学等産業系をはじめとした様々な用途に対応するシミュレーターとしての利用が検討されるなど、販売・設置先が遊園地系以外にも広がりつつあります。


ピー・ビーシステムズのIPOの諸データ

新規発行による手取金の使途については、事業拡大に係る採用費及び人件費、社内のサーバ・ストレージ及びネットワーク機器並びにソフトウエア等購入費、長期借入金の返済に充当する予定です。

ピー・ビーシステムズの業績推移

業績面では売上高は美しい右肩上がりです。経常利益・純利益は減益の年度も目立っており、収益は道半ばとなっています。

営業キャッシュフローは純利益を上回っています。一般論としては安心感があります。

前期の自己資本利益率(ROE)は赤字であり、自己資本比率は4.3%です。主要な経営指標等の推移は下表のとおりです。

回次 第18期 第19期 第20期 第21期 第22期
決算年月 2014年9月 2015年9月 2016年9月 2017年9月 2018年9月
売上高 (千円) 884,754 1,136,416 1,323,399 1,591,790 1,485,725
経常利益 (千円) -3,007 22,853 26,716 89,385 14,396
当期純利益 (千円) -37,340 23,369 47,992 91,245 -87,318
資本金 (千円) 46,000 46,000 99,000 99,000 99,000
発行済株式総数 (株) 4,736 4,736 5,796 1,159,200 1,159,200
純資産額 (千円) -144,633 -121,264 32,728 123,973 36,655
総資産額 (千円) 553,099 559,709 661,439 705,826 848,878
BPS (円) -30,539 -25,605 5,647 106.95 31.62
1株配当 (円)
EPS (円) -7,884 4,934 10,036 78.71 -75.33
自己資本比率 (%) -26.1 -21.7 4.9 17.6 4.3
自己資本利益率 (%) 116.5
営業CF (千円) 158,958 171,211
投資CF (千円) -74,025 -25,638
財務CF (千円) -113,658 87,419
現金等 (千円) 129,717 362,709
従業員数 (人) 36 39 43 45 48

市場トレンド

市況面では、上場直前3ヶ月間のインデックスが上昇トレンドの状況だと初値リターンが高い傾向となっています。

福証Q-Board指数に単独上場している銘柄は、ここ3ヶ月ほどは、上昇傾向、ボックス、下落傾向と分かれています。

上場規模

ピー・ビーシステムズのIPOの規模は最大で約3.3億円であり、福証Q-Boardとしてはやや大型です。小型であればある程、初値リターンは良い傾向があります。

公募株式数は150,000株、売出株式数は60,000株、オーバーアロットメント(OA)は30,000株です。

公開比率(オファリングレシオ)は最大で約18%と低めです。公開比率が低ければ低いほど、初値リターンが高い傾向があります。公募株式数に占める売出の割合は約29%です。

売出人かつ貸株人である冨田和久、株主である森﨑高広、彌永玲子、冨田美香、山本智弘、冨田良彦、大原和司、冨田良郎、宮地洋、松下幸史、前原俊介、廣渡愛子、山田一郎、吉富裕之その他31名には、原則として180日間のロックアップがかかっています。株価上昇による解除条項はありません。

株主である加賀電子株式会社、株式会社ユニリタ、日本アジア投資株式会社、山代ガス株式会社、株式会社ゼネラルアサヒ、イメージ情報開発株式会社、K&Pパートナーズ1号投資事業有限責任組合、株式会社E3、みやざき未来応援ファンド投資事業有限責任組合及び株式会社バリュー・アップには、原則として90日間のロックアップがかかっています。ロックアップは1.5倍で解除されます。

株主名 保有割合 ロックアップ
冨田和久 28.50%
森﨑高広 5.00%
彌永玲子 4.51%
加賀電子(株) 3.75%
(株)ユニリタ 3.47%
日本アジア投資(株) 3.33%
山代ガス(株) 3.33%
(株)ゼネラルアサヒ 2.91%
イメージ情報開発(株) 2.78%
K&Pパートナーズ1号投資事業有限責任組合 2.64%

初値予想

ピー・ビーシステムズの事業は企業の基幹システムをクラウド化する「セキュアクラウドシステム事業」、特殊な映像技術を用いて空間を仮想化する「エモーショナルシステム事業」ということで、IPOにおける業種の人気度は最上級です。

クラウド・ネットセキュリティというキラーワードを事業に内包しています。

予想PERは11.8~12.8倍であり、類似企業と比較すると割安感があります。

コード 銘柄名 PER PBR 配当利回り
2438 アスカネット 42.66 4.32 0.72%
3915 テラスカイ 55.68 7.87 0.00%
4434 サーバーワークス 76.28 11.23 0.00%

約3.3億円という上場規模は、福証Q-Boardとしてはやや大型です。

上位株主にVCが名を連ねていますが、万遍なくロックアップがかかっています。

福証Q-BoardのIPOの初値結果は以下のとおりです。

  • エスケーホーム:+13.8%
  • グランディーズ:+2.2%
  • 日創プロニティ:-24.4%
  • ダイヨシトラスト:-5.7%
  • トラストパーク:+50.0%
  • メディアファイブ:+32.1%
  • TRUCK−ONE:+87.5%
  • ハウスフリーダム:+154.3%

以上を総合考慮して、初値予想は大幅なプラスリターンです。


主幹事はエイチ・エス証券です。その他は、SBI証券、FFG証券、西日本シティTTI証券、岡三証券、東洋証券、エース証券で申し込めます。

証券会社名 割当株式数 割当比率
エイチ・エス証券 172,200 82.00%
SBI証券 21,000 10.00%
FFG証券 8,400 4.00%
西日本シティTT証券 2,100 1.00%
岡三証券 2,100 1.00%
東洋証券 2,100 1.00%
エース証券 2,100 1.00%

岡三グループの岡三オンライン証券でも取扱いの可能性があります。

岡三証券グループにはネット証券「岡三オンライン証券」があります。使い勝手がよくて投資に役立つツールに定評のあるネット証券です...

岡三オンライン証券は、当サイト限定タイアップでお得な入会キャンペーンを行なっています。口座開設と1回以上の取引だけで3,500円+特別レポートがプレゼントされます。

ネット証券のキャンペーンとしては破格の内容でおすすめです。まだ口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会に開設してみてはいかがでしょうか。

岡三オンライン証券

ピー・ビーシステムズのIPOの当選のコツについては、以下で徹底解説しています。

株には「IPO」という制度があります。新規上場株式を購入することができます。人気銘柄は抽選となり、なかなか当選しづらいのがデメリ...

SBI証券が幹事団に入っているので、着実にSBIチャレンジポイントを貯めましょう。

参考まだ安全資産は定期預金と国債だけなの?IPOチャレンジポイントで確実にS級IPOをゲットできる

SBI証券でIPOの引受け部門で活動していたプロにインタビューして、貴重なお話を聞きました。以下にまとめています。

日本の幾多のネット証券の中で、ここ最近では、SBI証券は唯一、IPOで主幹事証券を担ってきた証券会社です。また、幹事証券としての引...

SBI証券は当サイト限定でお得なタイアップ・プログラムを実施しています。なんと口座開設だけで3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。口座開設・維持は無料です。

今回は幹事団に入っていませんが、SMBC日興証券のネット口座は小口個人投資家でもIPOが当選することがあります。口座開設をおすすめします。

SMBC日興証券という大手証券会社がありますね。SMBC日興証券はインターネット口座もあります。「ダイレクトコース」という名前です。...
日本を代表する大手証券の一角がSMBC日興証券です。約100年の歴史があり、大正・昭和・平成と時を紡いできました。対面での総合コ...

マネックス証券は完全抽選で小口個人投資家でも当選する可能性がある証券会社です。

日本の大手ネット証券の一角がマネックス証券です。1999年創業以来、次々と先進的なサービスを提供してきており、日本初のサービスを...

株・投資信託ならネット証券のマネックス

岩井コスモ証券は、ネット抽選分は小口個人投資家に嬉しい完全公平抽選となっています。

100年以上の歴史を誇る老舗総合証券の一つが岩井コスモ証券です。対面口座だけではなく、ネット専用口座もあります。IPOの取り扱い数...

野村證券はIPOの取り扱いが多いのがメリットです。小口個人ですと当たりづらいですけれども、ポチポチ作業を許容できる場合は候補です。

郵政3社、JR九州などの大型株に関しては意外な程に当たりやすいです。

野村證券

東海東京証券は小口個人投資家には嬉しい完全抽選がある証券会社です。

東海東京証券という準大手証券会社がありますね。東海東京証券はインターネット口座もあります。店頭口座はハードルが高いという方に...

むさし証券もIPOのサービスを提供しています。インターネット口座は売却手数料がリーズナブルです。

むさし証券という証券会社があります。対面口座とネット口座があり、ネット口座のトレジャーネットは、安価な手数料と金利に定評のあ...

ライブスター証券でもIPOの取扱いを開始しています。委託幹事に名を連ねる可能性があります。

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン

ライブスター証券は当サイトと限定タイアップキャンペーンを行なっています。証券総合口座の新規口座開設だけで特別に2,000円がプレゼントされます。信用取引口座の開設は不要です。

現物取引手数料が2ヶ月間も無料で取引でき、更に当サイト限定で、口座開設だけで2,000円のプレゼントもあります!

当サイト限定!ライブスター証券の口座開設で2,000円プレゼント

松井証券楽天証券も委託幹事団に名を連ねる可能性があります。

日本を代表する大手ネット証券の一角が松井証券です。約100年の歴史があり、大正・昭和・平成と時を紡いできました。日本初のボックス...
楽天証券という楽天グループのネット証券があります。日本の大手ネット証券の一角であり、大人気で存在感がある証券会社です。業界最...

<投資スタンス>

(※強気・やや強気・中立・やや弱気・弱気の5段階)

  1. 強気:対面証券・ネット証券で全力申込
  2. やや強気:ネット証券・対面証券で申込
  3. 中立:ネット証券、S級銘柄の当落に影響がない対面証券では申込(大量獲得を狙える場合は妙味あり)※回数制限やS級狙いで回避することも
  4. やや弱気:SBI証券以外は原則回避、対面証券はバーター取引ならOK(ただし、マイナス覚悟の勝負で申し込むことも)
  5. 弱気:SBI証券以外は回避

過去のIPO初値予想の履歴

-IPO

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.