上場!ラバブルマーケティンググループ(9254)のIPOの初値予想

更新日: IPO

ラバブルマーケティンググループ

ラバブルマーケティンググループ(9254)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は2021年12月6日(月)~12月10日(金)、上場日は2021年12月21日(火)です。

ラバブルマーケティンググループが新規上場する市場は東証マザーズで、想定価格は1,170円(1単元11.7万円)です。仮条件は2021年12月2日(木)、公募価格は2021年12月13日(月)に決定。予想PERは21.9倍です。

初値予想は大幅なプラスリターンです。以下のレンジを想定しています。

2,000〜2,900円(仮条件の上限比+70.9%~+147.9%)

ラバブルマーケティンググループはSNSマーケティング事業、SaaS型SNS運用支援ツールの開発・提供、人材教育サービスを展開しています。

監査法人は三優監査法人で、本社所在地は東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター5階 WORKSTYLING内です。

ラバブルマーケティンググループとは

ラバブルマーケティンググループは「人に地球に共感を」をパーパスとし、現代の生活者の情報消費行動に寄り添う共感を重視した愛されるマーケティング活動(Lovable Marketing)を推進するマーケティング企業グループです。

「最も愛されるマーケティンググループを創る」をグループミッションに、マーケティングの運用領域を主軸として事業展開をしています。

様々なテクノロジーやプラットフォームが普及した多チャネル時代には、常に生活者と繋がり双方向のコミュニケーションが有効となっています。

特に生活者は友達の勧めや体験者の声に耳を傾ける傾向が強く、生活者に「愛される=選ばれるマーケティング」を実現・実行する「マーケティングオペレーション」の必要性が高まっています。

加えて、変化の早いトレンドやテクノロジーの特徴及び仕様に習熟し、かつクリエイティブなマーケティングオペレーション人材が必要とされていますが、ノウハウや運用体制がない、教育体制が整っていない等で、各チャネルに精通した人材が不足しているのが課題となっています。

ラバブルマーケティンググループは、各事業のソリューションでそれらオペレーションの課題を解決するサービスをMOS(Marketing Operating Service)として展開し、マーケティング業界に欠かせないプラットフォームとなり、業界全体を変革、活性化していく方針です。

事業構成は、企業やブランドのSNSマーケティングをサポート、SNS運用支援ツールの開発・提供、SNS検定講座の開発・提供を行う「SNSマーケティング事業」が基幹事業です。

また、ラバブルマーケティンググループは、マーケティングオートメーションツールなどの導入・サポートをする「マーケティングオートメーション事業」を育成事業と位置付けています。

そして、「運用の支援」及び「運用支援ツールの提供」、「教育」を3本柱としたMOSを提供しています。

従業員数は16名、平均年齢は40.0歳、平均勤続年数は2.4年、平均年間給与は657.7万円です。

ラバブルマーケティンググループのIPOの諸データ

ラバブルマーケティンググループの業績推移

業績面では売上高・経常利益・純利益は、大局的には右肩上がりの傾向となっています。

ラバブルマーケティンググループの業績推移

主要な連結経営指標等の推移は下表のとおりです。

回次第6期第7期
決算年月2020年3月2021年3月
売上高(千円)1,212,759963,636
経常利益又は経常損失(千円)139,633△24,503
親会社株主に帰属する当期純利益(千円)82,916△33,248
包括利益(千円)87,169△28,701
純資産額(千円)137,000108,299
総資産額(千円)780,177782,595
1株当たり純資産額(円)109.6681.52
1株当たり当期純利益(円)70.19△28.15
自己資本比率(%)16.612.3
自己資本利益率(%)94.1
株価収益率(倍)
営業活動によるキャッシュ・フロー(千円)73,792△21,721
投資活動によるキャッシュ・フロー(千円)△5,5034,415
財務活動によるキャッシュ・フロー(千円)80,40284,065
現金及び現金同等物の期末残高(千円)373,474440,233
従業員数(名)99109

市場トレンド

市況面では、上場直前3ヶ月間のインデックスが上昇トレンドの状況だと初値リターンが高い傾向となっています。

東証マザーズ指数はここ数ヶ月ボックスでの推移となっています。

軟調な推移になるとIPOにおいて向かい風となり、堅調な展開に回帰すれば追い風となります。

東証マザーズのチャート(過去3ヶ月)

上場規模

ラバブルマーケティンググループのIPOの規模は最大で約4.6億円であり、東証マザーズとしてもかなりの小型です。小型であればある程、初値リターンは良い傾向があります。

公募株式数は215,000株、売出株式数は127,500株、オーバーアロットメント(OA)は51,300株です。

公開比率(オファリングレシオ)は最大で約28%と標準的です。公開比率が低ければ低いほど、初値リターンが高い傾向があります。公募株式数に占める売出の割合は37%です。

株主名保有割合ロックアップ
(同)みやびマネージメント36.17%
(株)日比谷コンピュータシステム26.10%
林雅之7.52%
長谷川直紀4.27%
佐々木博之4.23% 
横山隆治2.90% 
島田亨2.71% 
田村慶2.39% 
鵜川太郎1.77%
佐藤寛次郎1.74% 

※制度ロックアップによる継続保有を含む

初値予想

ラバブルマーケティンググループの事業はSNSマーケティング事業、SaaS型SNS運用支援ツールの開発・提供、人材教育サービスということで、IPOにおける業種の人気度は高めです。

訴求力の高い東証マザーズネット企業の範疇に属しています。

予想PERは21.9倍であり、類似企業と比較すると割安感があります。

コード銘柄名PERPBR配当利回り
3680ホットリンク27.924.950.00%
6069トレンダーズ18.972.351.88%
6081アライドアーキテクツ17.675.400.00%
7063Birdman20.099.920.00%
7069サイバー・バズ68.482.860.00%

上位株主にはVCはなく、万遍なくロックアップがかかっています。

約4.6億円という上場規模は東証マザーズとしてもかなりの小型です。

東証マザーズの5億円未満の超小型IPOの初値結果は以下のとおりです。

過去実績

  • ROBOT PAYMENT:+100.3%
  • BCC:+157.7%
  • アイ・パートナーズフィナンシャル:+216.7%
  • ENECHANGE:+300.0%
  • タスキ:+655.2%
  • ヘッドウォータース:+1,090.0%
  • Branding Engineer:+495.9%
  • フィーチャ:+805.8%
  • アディッシュ:+70.8%
  • サイバーセキュリティクラウド:+104.7%
  • 関通:+110.6%
  • ウィルズ:+372.4%
  • ブランディングテクノロジー:+177.3%
  • ハウテレビジョン:+209.5%
  • Amazia:+33.0%
  • バンク・オブ・イノベーション:+108.3%
  • ZUU:+246.9%
  • ビープラッツ:+354.5%
  • 日本リビング保証:+189.8%
  • アジャイルメディア・ネットワーク:+415.7%
  • みらいワークス:+230.4%
  • ウォンテッドリー:+401.0%
  • インターネットインフィニティー:+281.8%
  • ユナイテッド&コレクティブ:+177.8%
  • シャノン:+320.7%
  • エルテス:+263.7%
  • フィル・カンパニー:+205.3%
  • リファインバース:+62.9%
  • AWSホールディングス:+235.3%
  • 農業総合研究所:+78.1%
  • ホープ:+130.0%
  • グローバルウェイ:+373.0%
  • ヨシムラ・フード・ホールディングス:+50.0%
  • バリューゴルフ:+151.2%
  • ラクス:+228.7%
  • アクアライン:+21.7%
  • アイリッジ:+429.2%
  • テラスカイ:+350.0%
  • エクストリーム:+296.4%
  • ビーロット:+422.4%
  • レアジョブ:+169.7%
  • フィックスターズ:+162.0%
  • シンプロメンテ:+135.3%
  • サンワカンパニー:+268.4%
  • フォトクリエイト:+126.0%
  • ウォーターダイレクト:+200.0%

以上を総合考慮して、初値予想は大幅なプラスリターンです。

主幹事はSMBC日興証券です。その他は、SBI証券、みずほ証券、大和証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、松井証券、岩井コスモ証券、東洋証券で申し込めます。

証券会社名割当株式数割当比率
SMBC日興証券540,00090.00%
SBI証券30,0005.00%
みずほ証券6,0001.00%
大和証券6,0001.00%
三菱UFJモルガン・スタンレー証券6,0001.00%
松井証券6,0001.00%
岩井コスモ証券3,0000.50%
東洋証券3,0000.50%

三菱UFJグループのauカブコム証券でも取り扱いが期待できます。カブドットコムのIPOは、公平性と機密性を確保したシステムによる抽選で当選者が決まります。

また、SBIグループのSBIネオモバイル証券SBIネオトレード証券、大和証券グループのCONNECT、野村證券ルートでLINE証券、みずほ証券ルートのPayPay証券も幹事に入っている場合は同様です。

SBIネオモバイル証券ではWealthNaviに当選して手堅いリターンを獲得しました。

ラバブルマーケティンググループのIPOの当選のコツについては、以下で徹底解説しています。

株には「IPO」という制度があります。新規上場株式を購入することができます。人気銘柄は抽選となり、なかなか当選しづらいの...

SBI証券が幹事団に入っているので、着実にSBIチャレンジポイントを貯めましょう。

参考まだ安全資産は定期預金と国債だけなの?IPOチャレンジポイントで確実にS級IPOをゲットできる

SBI証券でIPOの引受け部門で活動していたプロにインタビューして、貴重なお話を聞きました。以下にまとめています。

日本の幾多のネット証券の中で、ここ最近では、SBI証券は唯一、IPOで主幹事証券を担ってきた証券会社です。また、幹事証券と...

SBI証券は当サイト限定でお得なタイアップ・プログラムを実施しています。なんと口座開設だけで3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。口座開設・維持は無料です。

SMBC日興証券のネット口座は小口個人投資家でもIPOが当選することがあります。口座開設をおすすめします。

SMBC日興証券という大手証券会社がありますね。SMBC日興証券はインターネット口座もあります。「ダイレクトコース」という名...
日本を代表する大手証券の一角がSMBC日興証券です。約100年の歴史があり、大正・昭和・平成と時を紡いできました。対面で...

岩井コスモ証券は、ネット抽選分は小口個人投資家に嬉しい完全公平抽選となっています。

100年以上の歴史を誇る老舗総合証券の一つが岩井コスモ証券です。対面口座だけではなく、ネット専用口座もあります。IPOの取...

マネックス証券は完全抽選で小口個人投資家でも当選する可能性がある証券会社です。

日本の大手ネット証券の一角がマネックス証券です。1999年創業以来、次々と先進的なサービスを提供してきており、日本初のサ...

株・投資信託ならネット証券のマネックス

野村證券はIPOの取り扱いが多いのがメリットです。小口個人ですと当たりづらいですけれども、ポチポチ作業を許容できる場合は候補です。

郵政3社、JR九州などの中型株に関しては意外な程に当たりやすいです。

野村證券

大和証券も厳正かつ公平な抽選サービスとなっており、小口投資家でも当選の可能性はあります。

岡三オンライン証券でも取扱いを期待できます。

岡三証券グループにはネット証券「岡三オンライン証券」があります。使い勝手がよくて投資に役立つツールに定評のあるネット...

岡三オンライン証券は、当サイト限定タイアップでお得な入会キャンペーンを行なっています。口座開設と1回以上の取引だけで3,500円+特別レポートがプレゼントされます。

ネット証券のキャンペーンとしては破格の内容でおすすめです。まだ口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会に開設してみてはいかがでしょうか。

岡三オンライン証券

楽天証券松井証券もIPOでは見逃せません。

楽天証券という楽天グループのネット証券があります。日本の大手ネット証券の一角であり、大人気で存在感がある証券会社です...
日本を代表する大手ネット証券の一角が松井証券です。約100年の歴史があり、大正・昭和・平成と時を紡いできました。日本初の...

<投資スタンス>
強気
(※強気・やや強気・中立・やや弱気・弱気の5段階)

  1. 強気:対面証券・ネット証券で全力申込
  2. やや強気:ネット証券・対面証券で申込
  3. 中立:ネット証券、回数制限に問題なくS級銘柄の当落に影響がない対面証券で申込(大量獲得を狙える場合は妙味あり)
  4. やや弱気:ネット口座以外は原則回避(ただし、マイナス覚悟の勝負で申し込むことも) ※安全重視ならSBI証券のみ
  5. 弱気:SBI証券以外は回避(対面証券はバーター取引ならOK)

過去のIPO初値予想の履歴

-IPO

© 2014-2021 The Goal