JALが6年連続で定時到着率1位(アジア太平洋地域)!全世界でも2位!過去世界一には5回君臨

更新日: JALマイル JALカード

JALカード サービスガイド

JAL(日本航空)が、2017年の国内線・国際線の定時到着率において、アジア太平洋(パシフィック)地域の主要航空会社で1位に輝きました。

これは6年連続の快挙となります。全世界でも2位となっています。航空会社の多様なデータを集計・分析しているFlightStats社の発表です。

FlightStats社は航空業界においてプレゼンスが大きく、受賞した航空会社は名誉あることとなり、各社はこぞってプレスリリースでPRしています。

JALは定時到着率で世界一に輝いたことも5度あります。2015年は世界・アジア太平洋・アライアンス部門でそれぞれ1位となり、三冠制覇を成し遂げています。

遅れが少ないフライトが多く、プライベートはもちろんビジネスでも八面六臂の活躍を見せてくれます。JALの定時到着率について解説します。

定時到着率とは到着予定時刻から15分未満で到着した確率です。

メインライン部門は運航会社単体の実績、ネットワーク部門はグループ会社も含めた実績が対象となっています。

JALの飛行機

JALはアジア・パシフィック部門のメインライン部門とネットワーク部門でそれぞれ1位でした。メインライン部門は以下の通りです。

  1. JAL:85.60%
  2. シンガポール航空:84.17%
  3. ANA:83.82%
  4. ヴァージン・オーストラリア航空:82.69%
  5. ニュージーランド航空:82.68%
  6. カンタス航空:81.03%
  7. エバー航空:76.09%
  8. エアアジア航空:74.55%
  9. スパイスジェット:73.46%
  10. 大韓航空:70.29%

ネットワーク部門は以下の通りです。

  1. JAL:86.09%
  2. ANA:84.51%
  3. シンガポール航空:84.19%
  4. ニュージーランド航空:83.22%
  5. ヴァージン・オーストラリア航空:82.60%
  6. カンタス航空:82.41%
  7. エバー航空:76.13%
  8. エアアジア航空:74.55%
  9. スパイスジェット:73.46%
  10. 大韓航空:70.29%

首位に輝いたのは6年連続8回目となっており、世界的にもスペシャルに優れた定時到着率を誇っています。

チャンピオンのトロフィーを掲げるアスリート

JALはライバルのANAと比較しても、良い数字を継続的に残しています。

全世界の主要航空会社部門(Major International Airlines)の順位では、JALは2位と大健闘しています。

こちらは年間定期便運航便数が12万便以上、かつ年間供給座席数が1900万席以上の一定規模の路線・便数を有する航空会社が対象となっています。

メインライン部門の1位はデルタ航空(85.94%)、ネットワーク部門首位はイベリア航空(88.97%)でした。

メインラインネットワーク
順位名前:定時到着率順位名前:定時到着率
1デルタ航空:85.94%1イベリア航空:88.97%
2JAL:85.60%2JAL:86.09%
3ANA:83.82%3ANA:84.51%
4カタール航空:83.64%4デルタ航空:84.06%
5スカンジナビア航空:82.94%5カタール航空:83.64%
6ユナイテッド航空:82.85%6アリタリア-イタリア航空:82.78%
7LATAM ブラジル:81.47%7カンタス航空:82.41%
8アメリカン航空:81.38%8スカンジナビア航空:81.73%
9アリタリア-イタリア航空:81.26%9ユナイテッド航空:81.66%
10カンタス航空:81.03%10LATAM ブラジル:81.47%

JALは受賞について以下のプレスリリースを発表しています。

お客さまの定時出発へのご理解・ご協力と、JALグループ全社員の定時運航への取り組みが今回の表彰につながりました。

JALグループは、これからも安全運航の堅持を前提に、さらなる定時性向上にチャレンジし、日本の交通機関が誇る高い定時性品質を世界に向けて発信し続けてまいります。

自社の実績を誇るだけではなく、「お客様のご理解・ご協力あってのこと」とユーザーへの感謝も述べているのが素晴らしいですね。日本を代表する航空会社らしい発表です。

JALはスムーズに搭乗手続きが行われるように搭乗口を工夫したり、羽田空港が離着陸機で混雑する夕刻に、ダイヤの乱れを最小限に抑える取り組みなどを展開しています。

JALの飛行機

予備機を1機待機させて、ある便が羽田へ遅れて到着する際、予備機が繰り上げ出発して遅延を連鎖させない仕組みなど、定時到着率の上昇に向けた施策を講じています。

新幹線と比較した飛行機のデメリットが、遅延・欠航の多さです。しかし、JALはここ数年85%~90%程度の定時到着率をキープしています。

6.7回~10回に1回しか15分以上遅れない体制をキープしており、長距離での移動でも安心できる卓越した航空会社です。

一度大雪の日にどうしても飛行機で移動する必要があり、遅れや欠便が心配な日がありました。

しかし、JALの飛行機はほとんど遅れませんでした。非常に助かり、やはりLCCと比較したクオリティの違いを実感しました。

もちろん遅延が少ないだけではなく、シートの快適さ、飲食物、客室乗務員の対応の丁寧さ、ラウンジはファンタスティックです。

デメリットは前もって予約しないと運賃が高い点です。しかし、直前でもJALにお得に搭乗できる仕組みとして株主優待があります。

大量のJALの株主優待券

正規料金から50%OFFとなり、特便割引21よりは高いですが、それ以外の運賃よりは安くなります。

JAL(日本航空)という言わずと知れた航空会社があります。ANAと並ぶ日本の代表的なエアラインですね。一度は破綻したものの...

株式は損するリスクがありますけれども、クロス取引・つなぎ売りという手法でローリスクで株主優待を得る方法があります。

3月末は株主優待の権利確定が最も多い月です。株主優待は現物の株式を保有してゲットするのが基本ですが、いわゆる「株主優待...

株主優待の投資はSBI証券で行なっています。1日定額プランの場合、現物取引50万円・制度信用取引50万円・一般信用取引50万円=合計1日150万円まで手数料無料で売買可能!

SBI証券はリーズナブルな取引手数料以外にも、一般信用取引、IPO、PTS取引、充実の商品ラインナップ、充実の投資情報など多数のメリットがあります。

幾多のネット証券がある中で、おすすめのネット証券の一つがSBI証券です。私もフル活用しています。数多くのメリットがある証...
幾多のネット証券がある中で、日本で最も人気があるネット証券がSBI証券です。口座開設数(430万)、NISA口座数(100万)はネット...
  数多くのオンライン証券の中で日本で一番人気のネット証券はSBI証券です。口座開設数(430万)、NISA口座数(100万)はネット証...

SBI証券は当サイト限定でお得なタイアップ・プログラムを実施しています。なんと3,000円分で、ネット証券としては破格の内容です。

SBI証券のタイアップキャンペーン

口座開設と5万円以上の入金・SBIハイブリッド預金への振替だけで、3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。

口座開設時に以下の項目(無料)に申し込めば、SBI証券に入金するだけで自動的に振り替えられるので面倒な手間はありません。

SBI証券の口座開設申込画面

SBI証券は1000万円までは銀行預金のような公的な保護(投資者保護基金)があるので安心・安全です。銀行預金と同じで万が一破綻しても保護されます。

SBI証券の口座開設・維持・入出金は無料です。まだ口座をお持ちでなければ、この機会にぜひ口座開設してみてはいかがでしょうか。

手数料の安さを重視する場合は、SBIネオトレード証券の活用も検討し得ます。

SBIネオトレード証券はネット証券全体の中でも、手数料が秀逸な低コストである点が絶大なメリットです。手数料を第一に考える場合は最有力候補です。

現在はお得なキャンペーンを開催しています。

SBIネオトレード証券 公式キャンペーン

岡三オンライン証券は1日定額プランだと、現物取引50万円、信用取引50万円までは手数料がそれぞれ無料です(1日最大100万円)。

岡三RSSなどの取引ツール、事前入金不要のIPOが魅力的なネット証券です。

岡三オンライン証券のタイアップキャンペーン

老舗証券の岡三証券グループのネット証券で安心感・信頼性も高いです。

岡三証券グループにはネット証券「岡三オンライン証券」があります。使い勝手がよくて投資に役立つツールに定評のあるネット...
創業10周年を迎えた岡三証券グループの専業オンライン証券「岡三オンライン証券」に取材したインタビューの続きです。取引ツ...

岡三オンライン証券は、当サイト限定タイアップでお得な入会キャンペーンを行なっています。口座開設と1回以上の取引だけで3,500円+特別レポートがプレゼントされます。

ネット証券のキャンペーンとしては破格の内容でおすすめです。まだ口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会に開設してみてはいかがでしょうか。

岡三オンライン証券

ただし、株式はハードルが高いという方も多いですよね。クロス取引は手間がかかるのがデメリットです。

最高峰のフライトを誇るJALにお得に搭乗するために普遍的に大活躍してくれるのは、JALカードです。

3枚のJALカード

JALカードは、ショッピングマイル、フライトボーナス、継続ボーナス、アドオンマイルなど、カード利用でザクザクとJALマイルがたまる仕組みがあります。

「いつか行ってみたい」をJALカードで実現させることができます。しかも遅延が少ない最上級のフライトで行きたい場所へ行くことが可能です。

世代を超えて愛される傑出した航空系カードマイルが貯まるクレジットカードであり、順風満帆・視界良好で新しい世界へ雄飛する機会を手に入れられます。

JALの飛行機

JALカードは普通カードでも2,000円(税抜)の年会費が発生しますけれども、「損して得取れ」の典型例であり、コスト以上に卓越したベネフィットを享受できます。

国際ブランドはJCB、VISA、Mastercard、American Express、Diners Clubの5大ブランドを網羅しています。JALカードの種類は下表のとおりです。

カード名発行会社国際ブランド独自機能
JAL・JCBカードJCBJCB 
JALカード OPクレジットJCB、小田急カード小田急ポイント
JALカード SuicaJCB、ビューカードSuica
JALカード DC
(Visa/Mastercard)
三菱UFJニコスVisa
Mastercard
 
JALカード TOKYU POINT ClubQ三菱UFJニコス、
東急カード
Visa
Mastercard
TOKYU POINT
JALアメックス三菱UFJニコスAmex 
JALダイナースカード三井住友トラストクラブDiners Club 

ショッピングマイル・プレミアムに加入すれば1%JALマイル還元となり、JALカード特約店なら2%還元となってファンタスティックです。JAL旅行積立でもショッピングマイルを獲得できます。

4種類のJALカード

ランクはJAL 普通カードJAL CLUB-AカードJAL CLUB-AゴールドカードJALカード プラチナの4段階となっており、上位カードになると充実のベネフィットを享受できます。

JALカードには多種多様な種類があります。ランクは普通カード・CLUB-Aカード・CLUB-Aゴールドカード・プラチナカードの四段階...

アドオンマイルというJAL航空券が高還元になる仕組みもあり、JALアメックス CLUB-Aゴールドカードなら3%、JAカード プラチナなら4%還元となります。

また、フライトボーナスマイルもあり、搭乗ごとに普通カードは+10%、CLUB-Aカード以上は+25%のボーナスマイルを得られます。

おすすめのJALカード

私もJALカードをフル活用しており、旅行や出張の移動をお得で快適なものにすることが可能になっています。

JALカードというクレジットカードがあります。日本航空(JAL)が大手クレジットカード会社と提携して発行している航空カードで...

JALカードはお得な入会キャンペーンが魅力的です。

JALカードというクレジットカードがあります。日本航空グループが各クレジットカード会社と提携して発行しているカードです。...

JALカードはJCSI顧客満足度調査 クレジットカード部門で、「ロイヤルティ」「推奨意向」「知覚品質」で第1位を獲得したことがあるなど、客観的に高く評価されています。

JALカードのJCSI顧客満足度調査 クレジットカード部門での受賞

キャッシュレス決済にJALカードを活用することで、より一層お得にフライトすることが可能になります。

公式サイトJALカード 公式キャンペーン

-JALマイル, JALカード
-

© 2014-2021 The Goal