上場!浜木綿(7682)のIPOの初値予想

更新日: IPO

浜木綿

浜木綿(7682)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は2019年10月1日(火)~10月7日(月)、上場日は2019年10月18日(金)です。

新規上場する市場は東証JASDAQスタンダードで、想定価格は2,020円(1単元20.2万円)です。公募価格は2019年10月8日(火)に決まります。

仮条件は2,020円~2,120円と上振れました。予想PERは10.4倍~12.2倍です。

初値予想は「公開価格近辺で若干のプラスリターン」です。以下のレンジを想定しています。

2,120〜2,520円(仮条件の上限比±0%~+18.9%)

浜木綿(はまゆう)は、東海地方を中心に中国料理専門店(浜木綿・四季亭・桃李蹊)の店舗を展開しています。

監査法人は有限責任 あずさ監査法人です。本社所在地は愛知県名古屋市昭和区山手通三丁目13番地の1です。

浜木綿とは

浜木綿のミッションは「新しい食文化を創造し、来店されたすべてのお客様に豊かでハッピーな食事時間を提供します」です。

1967年2月に創業して以来、約半世紀、おいしい中国料理を手頃な価格で顧客に楽しんでもらえるように工夫をしてきました。

手頃な価格でおいしい料理を提供するために、新卒者を自社で調理師に育成し、また約30年前から独自のオーダーシステムを使い料理の提供スピードを上げています。

セントラルキッチンで食材の調理技術を共有することで、現在の調理オペレーションを確立してきました。

その結果、通常の中国料理店より少ない調理師の人数で安定した料理を提供できるようになり、多店舗展開を可能とすることができました。

家族の集いに重きを置いた主力ブランドである「浜木綿」、全室個室タイプの「四季亭」、少人数顧客向けの「桃李蹊」であり、これら3業態により店舗展開を行っています。

浜木綿の特徴としては、中国料理において浜木綿が企画する「ちょっと晴れの日マーケット」(客単価1,500円~3,000円、利用頻度は月に1回程度)に狙いを定め、競合間での差別化を推進しています。

また、土日祝日を中心にした家族での利用に加え、平日・昼の時間帯は主婦層がメインとなっています。

平日・夜の時間帯は歓送迎会や忘年会、新年会等での宴会利用など、それぞれの用途に適したメニューとオペレーションを用意していることも特徴です。

従業員数は230名、平均年齢は36.8歳、平均勤続年数は8.1年、平均年間給与は451.2万円です。

浜木綿のIPOの諸データ

新規発行による手取金の使途については、設備投資を目的に、セントラルキッチン用地の取得資金、「中国料理 浜木綿」の新規出店資金に全額充当する予定です。

浜木綿の業績推移

業績面では売上高は美しい右肩上がりとなっています。経常利益・純利益は減益の年度があるものの、大局的には右肩上がりの傾向となっています。

浜木綿の業績推移

主要な経営指標等の推移は下表のとおりです。

回次 第47期 第48期 第49期 第50期 第51期
決算年月 2014年7月 2015年7月 2016年7月 2017年7月 2018年7月
売上高 (千円) 3,823,738 3,954,322 4,400,339 4,679,520 4,857,574
経常利益 (千円) 101,511 110,299 265,837 236,458 244,616
当期純利益 (千円) △3,234 △113,530 163,393 152,033 42,604
資本金 (千円) 284,160 284,160 284,160 284,160 284,160
発行済株式総数 (株) 346,000 346,000 346,000 346,000 346,000
純資産額 (千円) 651,950 525,305 667,709 795,847 812,655
総資産額 (千円) 2,674,794 2,723,326 3,061,001 3,257,102 3,466,291
BPS (円) 1,884.25 1,518.22 1,929.80 1,150.07 1,174.36
1株配当 (円) 50 50 70 70 70
EPS (円) △9.35 △328.12 472.23 219.7 61.57
自己資本比率 (%) 24.4 19.3 21.8 24.4 23.4
自己資本利益率 (%) 27.4 20.8 5.3
株価収益率 (倍)
配当性向 (%) 14.8 15.9 56.9
営業CF (千円) 308,265 394,462
投資CF (千円) △240,644 △29,306
財務CF (千円) △11,671 104,504
現金等 (千円) 579,467 1,049,127
従業員数 (名) 176 176 182 206 228

市場トレンド

市況面では、上場直前3ヶ月間のインデックスが上昇トレンドの状況だと初値リターンが高い傾向となっています。

日経JASDAQは2016年2月以降は長らく上昇トレンドが続き、2006年の高値を目指して爆進中となっていましたが、2018年以降は軟調な局面が多くなっています。

ここ数ヶ月はボックスでの推移となっていた中で5月に崩れ、その後は回復したものの8月に崩れました。

反発して再度堅調な相場に回帰すれば、IPOにおいて追い風となります。逆に下降トレンドが継続したら向かい風です。

日経JASDAQのチャート(2019年6月12日~2019年9月11日)
(※マネックス証券より)

上場規模

浜木綿のIPOの規模は最大で約10.9億円であり、東証JASDAQスタンダードとしてはやや小型です。小型であればある程、初値リターンは良い傾向があります。

公募株式数は310,000株、売出株式数は158,000株、オーバーアロットメント(OA)は70,200株です。

公開比率(オファリングレシオ)は最大で約53%と高めです。公開比率が低ければ低いほど、初値リターンが高い傾向があります。公募株式数に占める売出の割合は33%です。

貸株人である有限会社AMcosmos並びに浜木綿株主である武藤まなみ、林あづみ、林禮子、内藤蔵之、桑添久子、生田彰則、細田和美、嶋津義隆、山本美穂、三浦祐明、大島敏幸、細川英一及び大山元靖には、原則として90日間のロックアップがかかっています。株価上昇による解除条項はありません。

また、出人であるSB・A外食育成投資事業有限責任組合及び宮川譲介並びに浜木綿株主である株式会社昭和、株式会社マルト水谷、あいぎん未来創造ファンド2号投資事業有限責任組合、株式会社大垣共立銀行、株式会社OKBキャピタル、大榮産業株式会社、竹岡義孝、海東聡、海東浩及び株式会社ネクスト・ソリューションには、90日間のロックアップがかかっています。ロックアップは1.5倍で解除されます。

株主名 保有割合 ロックアップ
(有)AMcosmos 30.35%
林永芳 19.80%  
SB・A外食育成投資事業有限責任組合 8.67%
武藤まなみ 5.78%
林あづみ 5.78%
浜木綿従業員持株会 5.38%
(株)昭和 3.47%
(株)マルト水谷 3.47%
林禮子 3.12%
あいぎん未来創造ファンド2号投資事業有限責任組合 2.89%

株主優待

海帆は飲食店事業ということで、優待と極めて親和性が高い業種です。株主優待が期待されます。年間5,000円分程度の株主優待があると株価には大きなプラス材料です。

株主優待があるか否かでPERが20~30倍違うのはザラであり、導入して上手く株主優待を活用したファイナンスを行うと、成長にモメンタムをつけることもできます。

クリエイト・レストランツ・ホールディングス、コロワイド、リンガーハットは株主優待を極めて上手く活用してファイナンスし、成長を加速させています。

コード 銘柄名 PBR PER 配当利回り
2928 RIZAPグループ 3.54 300.00 0.37%
3387 クリエイト・レストランツHD 9.25 42.08 0.74%
7616 コロワイド 5.68 141.63 0.23%
8200 リンガーハット 3.27 62.41 0.48%

株主優待の新設があると、IPOにもプラス材料です。

初値予想

浜木綿の事業は東海地方を中心とした中国料理専門店(浜木綿・四季亭・桃李蹊)ということで、IPOにおける業種の人気度は高くありません。

約10.9億円という上場規模はJASDAQスタンダードとしてはやや小型です。上位株主にVCが名を連ねているものの、万遍なくロックアップがかかっています。

JASDAQスタンダードの10億~20億円のやや小型IPOの初値結果は以下のとおりです。

  • 共栄セキュリティーサービス:+36.5%
  • プリントネット:+45.8%
  • イボキン:+19.7%
  • ABホテル:+104.0%
  • ヴィスコ・テクノロジーズ:+204.9%
  • 幸和製作所:+126.7%
  • 大阪油化工業:+66.7%
  • 壽屋:+32.5%
  • クロスフォー:+44.0%
  • ネットマーケティング:+36.1%
  • ズーム:+49.9%
  • ほぼ日:+128.1%
  • グッドコムアセット:+32.4%
  • ウイルプラスホールディングス:-8.0%
  • ヒロセ通商:±0%
  • 平山:+29.5%
  • ヨシックス:+29.4%
  • 鳥貴族:+120.7%
  • ホットマン:+67.5%
  • イーグランド:+27.3%
  • 日本コンセプト:-8.0%
  • マックスバリュ九州:+4.0%

以上を総合考慮して、初値予想は「公開価格近辺で若干のプラスリターン」です。


主幹事は野村證券です。その他は、SMBC日興証券、みずほ証券、東海東京証券、岡三証券、丸三証券、安藤証券、SBI証券、静銀ティーエム証券で申し込めます。

岡三グループの岡三オンライン証券でも取扱いの可能性があります。

岡三証券グループにはネット証券「岡三オンライン証券」があります。使い勝手がよくて投資に役立つツールに定評のあるネット証券です...

岡三オンライン証券は、当サイト限定タイアップでお得な入会キャンペーンを行なっています。口座開設と1回以上の取引だけで3,500円+特別レポートがプレゼントされます。

ネット証券のキャンペーンとしては破格の内容でおすすめです。まだ口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会に開設してみてはいかがでしょうか。

岡三オンライン証券

浜木綿のIPOの当選のコツについては、以下で徹底解説しています。

株には「IPO」という制度があります。新規上場株式を購入することができます。人気銘柄は抽選となり、なかなか当選しづらいのがデメリ...

SBI証券が幹事に入っているので、着実にSBIチャレンジポイントを貯めましょう。

参考まだ安全資産は定期預金と国債だけなの?IPOチャレンジポイントで確実にS級IPOをゲットできる

SBI証券でIPOの引受け部門で活動していたプロにインタビューして、貴重なお話を聞きました。以下にまとめています。

日本の幾多のネット証券の中で、ここ最近では、SBI証券は唯一、IPOで主幹事証券を担ってきた証券会社です。また、幹事証券としての引...

SBI証券は当サイト限定でお得なタイアップ・プログラムを実施しています。なんと口座開設だけで3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。口座開設・維持は無料です。

SMBC日興証券のネット口座は小口個人投資家でもIPOが当選することがあります。口座開設をおすすめします。

SMBC日興証券という大手証券会社がありますね。SMBC日興証券はインターネット口座もあります。「ダイレクトコース」という名前です。...
日本を代表する大手証券の一角がSMBC日興証券です。約100年の歴史があり、大正・昭和・平成と時を紡いできました。対面での総合コ...

今回は幹事団に入っていませんが、マネックス証券は完全抽選で小口個人投資家でも当選する可能性がある証券会社です。

日本の大手ネット証券の一角がマネックス証券です。1999年創業以来、次々と先進的なサービスを提供してきており、日本初のサービスを...

株・投資信託ならネット証券のマネックス

岩井コスモ証券は、ネット抽選分は小口個人投資家に嬉しい完全公平抽選となっています。

100年以上の歴史を誇る老舗総合証券の一つが岩井コスモ証券です。対面口座だけではなく、ネット専用口座もあります。IPOの取り扱い数...

むさし証券もIPOのサービスを提供しています。インターネット口座は売却手数料がリーズナブルです。

むさし証券という証券会社があります。対面口座とネット口座があり、ネット口座のトレジャーネットは、安価な手数料と金利に定評のあ...

東海東京証券は口座開設数が少ない穴場の証券です。しかも、小口個人投資家には嬉しい完全抽選がある証券会社です。

東海東京証券という準大手証券会社がありますね。東海東京証券はインターネット口座もあります。店頭口座はハードルが高いという方に...

ライブスター証券でもIPOの取扱いを開始しています。委託幹事に名を連ねる可能性があります。

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン

ライブスター証券は当サイトと限定タイアップキャンペーンを行なっています。証券総合口座の新規口座開設だけで特別に2,000円がプレゼントされます。信用取引口座の開設は不要です。

現物取引手数料が2ヶ月間も無料で取引でき、更に当サイト限定で、口座開設だけで2,000円のプレゼントもあります!

当サイト限定!ライブスター証券の口座開設で2,000円プレゼント

松井証券楽天証券も委託幹事団に名を連ねる可能性があります。

日本を代表する大手ネット証券の一角が松井証券です。約100年の歴史があり、大正・昭和・平成と時を紡いできました。日本初のボックス...
楽天証券という楽天グループのネット証券があります。日本の大手ネット証券の一角であり、大人気で存在感がある証券会社です。業界最...

<投資スタンス>
中立
(※強気・やや強気・中立・やや弱気・弱気の5段階)

  1. 強気:対面証券・ネット証券で全力申込
  2. やや強気:ネット証券で申込、対面証券では原則申込(回数制限やS級狙いで回避することも)
  3. 中立:ネット証券、S級銘柄の当落に影響がない対面証券では申込(大量獲得を狙える場合は妙味あり)
  4. やや弱気:SBI証券以外は原則回避、対面証券はバーター取引ならOK(ただし、マイナス覚悟の勝負で申し込むことも)
  5. 弱気:SBI証券以外は回避

過去のIPO初値予想の履歴

-IPO

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.