上場!サイバートラスト(4498)のIPOの初値予想

更新日: IPO

サイバートラスト

サイバートラスト(4498)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は2020年4月1日(水) ~4月7日(火)、上場日は2020年4月17日(金)です。

新規上場する市場は東証マザーズで、想定価格は1,150円(1単元11.5万円)です。仮条件は2020年3月31日(火)、公募価格は2020年4月8日(水)に決定。予想PERは13.0倍です。

初値予想はプラスリターンです。以下のレンジを想定しています。

1,500〜2,100円(想定価格比+30.4%~+82.6%)

サイバートラストはさまざまなモノがインターネットサービスやインターネットに繋がり、またIT技術の活用によってあらゆるモノやプロセスがデジタル化される昨今のデジタル社会において、「ヒト」「モノ」「コト」の正しさを証明し、顧客のサービスの信頼性を支える「トラストサービス事業」を展開しています。

監査法人は有限責任監査法人トーマツで、本社所在地は東京都港区六本木 1 丁目 9 番 10 号 アークヒルズ仙石山森タワー35階です。

サイバートラストとは

サイバートラストは認証・セキュリティ、OSS、IoTサービスを提供しています。

従業員数は208名、平均年齢は40.4歳、平均勤続年数は7.6年、平均年間給与は733.0万円です。

認証・セキュリティサービス

パブリック証明書サービス

サイバートラストは、認証局を国内に持つ認証事業者として、SSL/TLS証明書「SureServer」を提供。

「SureServer」は、SSL/TLS証明書として3種の認証レベルが存在するうち、審査レベルが最も高く、ドメインの所有組織確認と対象組織の実在性審査を実施するEV証明書(Extended Validation証明書)で、ブラウザ上で安全なWebサイトであることを視覚的に確認可能にしています。

デバイス認証証明書サービス

サイバートラストが提供しているデバイス証明書管理サービス「サイバートラスト デバイスID」は、デバイス認証証明書を使い、あらかじめシステム担当者が許可したモバイル端末だけを社内ネットワークにアクセスできるようにするサービスです。

電子認証サービス

サイバートラストは、電子取引の信頼性を高めるための電子署名、eシール、タイムスタンプなどを含む包括的な本人確認・電子署名サービスを提供しています。

世の中の大きな流れであるデジタルトランスフォーメーションの中でもビジネスプロセスのデジタル化において特に重要となる本人確認のデジタル完結、契約の電子化を含む電子文書の真正性確保を実現するための本人確認・電子署名サービス「iTrust」を提供しています。

OSSサービス

サイバートラストは、Linux OS「Asianux Server(MIRACLE LINUX)」を、企業向けLinuxサーバー用途のほか、車載システムや産業用コンピューター、各種アプライアンス製品など特定業務用機器への組込み用途に提供。

ソフトウエアのほか、国内のエンジニアによる10年にわたる長期サポートを提供し、基幹サーバーに求められる安定運用や、特定業務用機器への組込みに必須となる柔軟なカスタマイズまで対応しています。

IoTサービス

IoTなどの組込み機器の開発向けの組込みLinux「EMLinux」を提供しています。

組込み機器がインターネットにつながりIoT化することによって、乗っ取りなどのサイバーセキュリティリスクが高まり、各国でIoT機器のソフトウエア更新機能などを義務化する法規制も進み、継続的なサポートが求められています。

IoT機器の耐用年数は15年に及ぶものもあり、PCなどに比べて長期のサポートが必要となりますが、メーカーが長期サポートを提供するには莫大なコストがかかり、CIP(Civil Infrastructure Platform)コミュニティで取り組み、ユーザーが安心安全に利用できるよう支援しています。

セキュアIoTプラットフォーム

サイバートラストは、公開鍵基盤(PKI)と多角的な認証によるIoT機器や利用者の真正性の確保と、暗号化による機密性の保持、電子署名による改ざん防止・安全性確保等の機能を備え、OSやソフトウエアをセキュアに更新する仕組みを一括して提供するシステム基盤を提供。

「セキュアIoTプラットフォーム」は、半導体設計時から廃棄処分工程まで、ライフサイクルを通じてIoT機器のセキュリティ状態を一気通貫で管理できます。

サイバートラストのIPOの諸データ

サイバートラストの業績推移

業績面では経常利益は美しい右肩上がり。売上高は減収、純利益は減益の年度があるものの、大局的には右肩上がりの傾向となっています。

サイバートラストの業績推移

主要な連結経営指標等の推移は下表のとおりです。

回次第18期第19期
決算年月2018年3月2019年3月
売上高(千円)2,631,0574,168,907
経常利益(千円)370,816440,438
親会社株主に帰属する当期純利益(千円)275,961207,748
包括利益(千円)279,802205,929
純資産額(千円)2,607,8903,094,139
総資産額(千円)3,826,5664,402,369
1株当たり純資産額(円)738.24845.25
1株当たり当期純利益金額(円)107.6457.34
潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額(円)
自己資本比率(%)68.270.3
自己資本利益率(%)10.67.3
株価収益率(倍)
営業活動によるキャッシュ・フロー(千円)509,534487,675
投資活動によるキャッシュ・フロー(千円)△348,309△452,343
財務活動によるキャッシュ・フロー(千円)△314270,820
現金及び現金同等物の期末残高(千円)1,497,5531,803,533
従業員数(人)180200

市場トレンド

市況面では、上場直前3ヶ月間のインデックスが上昇トレンドの状況だと初値リターンが高い傾向となっています。

東証マザーズ指数はここ数ヶ月はボックス相場となっていますが、コロナウイルスの影響で足元では大幅に株価が下落しています。

このまま軟調になるとIPOにおいて向かい風となり、底打ちして再び堅調な相場に回帰すれば追い風となります。

東証マザーズのチャート(過去3ヶ月)

上場規模

サイバートラストのIPOの規模は最大で約4.6億円であり、東証マザーズとしてもかなりの小型です。小型であればある程、初値リターンは良い傾向があります。

公募株式数は150,000株、売出株式数は200,000株、オーバーアロットメント(OA)は52,500株です。

公開比率(オファリングレシオ)は最大で約11%とかなり低めです。公開比率が低ければ低いほど、初値リターンが高い傾向があります。公募株式数に占める売出の割合は57%です。

株主名保有割合ロックアップ
SBテクノロジー(株)64.83%
(有)SPCトラスト9.85%
日本電気(株)5.52%
(株)オービックビジネスコンサルタント5.52%
(株)ラック5.52%
(株)エヌ・ティ・ティ・データ1.58%
(株)日立製作所(常任代理人 資産管理サービス信託銀行(株))1.58%
(株)サンブリッジコーポレーション1.58%
セコム(株)1.58% 
大日本印刷(株)1.58% 

初値予想

サイバートラストの事業は認証・セキュリティ、OSS、IoTサービスということで、IPOにおける業種の人気度は最上級です。

人気が高いセキュリティ・IoT関連であり、訴求力の高い東証マザーズネット企業の範疇に属しています。

予想PERは13.0倍であり、類似企業と比較すると割安感があります。

コード銘柄名PERPBR配当利回り
3777FHTホールディングス赤字0.940.00%
3788GMOクラウド15.582.773.18%
3817SRAホールディングス245.301.235.54%
4726SBテクノロジー20.422.431.07%
6836ぷらっとホーム赤字1.730.00%

約4.6億円という上場規模は東証マザーズとしてもかなりの小型です。上位株主にVCはなく、満遍なくロックアップがかかっています。

東証マザーズの5億円未満の超小型IPOの初値結果は以下のとおりです。

  • ウィルズ:+372.4%
  • ブランディングテクノロジー:+177.3%
  • ハウテレビジョン:+209.5%
  • Amazia:+33.0%
  • バンク・オブ・イノベーション:+108.3%
  • ZUU:+246.9%
  • ビープラッツ:+354.5%
  • 日本リビング保証:+189.8%
  • アジャイルメディア・ネットワーク:+415.7%
  • みらいワークス:+230.4%
  • ウォンテッドリー:+401.0%
  • インターネットインフィニティー:+281.8%
  • ユナイテッド&コレクティブ:+177.8%
  • シャノン:+320.7%
  • エルテス:+263.7%
  • フィル・カンパニー:+205.3%
  • リファインバース:+62.9%
  • AWSホールディングス:+235.3%
  • 農業総合研究所:+78.1%
  • ホープ:+130.0%
  • グローバルウェイ:+373.0%
  • ヨシムラ・フード・ホールディングス:+50.0%
  • バリューゴルフ:+151.2%
  • ラクス:+228.7%
  • アクアライン:+21.7%
  • アイリッジ:+429.2%
  • テラスカイ:+350.0%
  • エクストリーム:+296.4%
  • ビーロット:+422.4%
  • レアジョブ:+169.7%
  • フィックスターズ:+162.0%
  • シンプロメンテ:+135.3%
  • サンワカンパニー:+268.4%
  • フォトクリエイト:+126.0%
  • ウォーターダイレクト:+200.0%

以上を総合考慮して、初値予想はプラスリターンです。


主幹事はみずほ証券です。その他は、SBI証券で申し込めます。

証券会社名割当株式数割当比率
みずほ証券339,50097.00%
SBI証券10,5003.00%

サイバートラストのIPOの当選のコツについては、以下で徹底解説しています。

株には「IPO」という制度があります。新規上場株式を購入することができます。人気銘柄は抽選となり、なかなか当選しづらいの...

SBI証券が幹事団に入っているので、着実にSBIチャレンジポイントを貯めましょう。

参考まだ安全資産は定期預金と国債だけなの?IPOチャレンジポイントで確実にS級IPOをゲットできる

SBI証券でIPOの引受け部門で活動していたプロにインタビューして、貴重なお話を聞きました。以下にまとめています。

日本の幾多のネット証券の中で、ここ最近では、SBI証券は唯一、IPOで主幹事証券を担ってきた証券会社です。また、幹事証券と...

SBI証券は当サイト限定でお得なタイアップ・プログラムを実施しています。なんと口座開設だけで3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。口座開設・維持は無料です。

SMBC日興証券のネット口座は小口個人投資家でもIPOが当選することがあります。口座開設をおすすめします。

SMBC日興証券という大手証券会社がありますね。SMBC日興証券はインターネット口座もあります。「ダイレクトコース」という名...
日本を代表する大手証券の一角がSMBC日興証券です。約100年の歴史があり、大正・昭和・平成と時を紡いできました。対面で...

楽天証券も幹事団に名を連ねています。

楽天証券という楽天グループのネット証券があります。日本の大手ネット証券の一角であり、大人気で存在感がある証券会社です...

マネックス証券は完全抽選で小口個人投資家でも当選する可能性がある証券会社です。

日本の大手ネット証券の一角がマネックス証券です。1999年創業以来、次々と先進的なサービスを提供してきており、日本初のサ...

株・投資信託ならネット証券のマネックス

野村證券はIPOの取り扱いが多いのがメリットです。小口個人ですと当たりづらいですけれども、ポチポチ作業を許容できる場合は候補です。

郵政3社、JR九州などの大型株に関しては意外な程に当たりやすいです。

野村證券

SBIネオトレード証券でもIPOの取扱いを開始しています。委託幹事に名を連ねる可能性があります。

口座開設キャンペーンでは、約2ヶ月間も売買手数料が無料となります。

SBIネオトレード証券 公式キャンペーン

岡三オンライン証券でも取扱いの可能性があります。

岡三証券グループにはネット証券「岡三オンライン証券」があります。使い勝手がよくて投資に役立つツールに定評のあるネット...

岡三オンライン証券は、当サイト限定タイアップでお得な入会キャンペーンを行なっています。口座開設と1回以上の取引だけで3,500円+特別レポートがプレゼントされます。

ネット証券のキャンペーンとしては破格の内容でおすすめです。まだ口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会に開設してみてはいかがでしょうか。

岡三オンライン証券

松井証券も委託幹事団に名を連ねる可能性があります。

日本を代表する大手ネット証券の一角が松井証券です。約100年の歴史があり、大正・昭和・平成と時を紡いできました。日本初の...

岩井コスモ証券は、ネット抽選分は小口個人投資家に嬉しい完全公平抽選となっています。

100年以上の歴史を誇る老舗総合証券の一つが岩井コスモ証券です。対面口座だけではなく、ネット専用口座もあります。IPOの取...

東海東京証券は小口個人投資家には嬉しい完全抽選がある証券会社です。

東海東京証券という準大手証券会社がありますね。東海東京証券はインターネット口座もあります。店頭口座はハードルが高いと...

むさし証券もIPOのサービスを提供しています。インターネット口座は売却手数料がリーズナブルです。

むさし証券という証券会社があります。対面口座とネット口座があり、ネット口座のトレジャーネットは、安価な手数料と金利に...

<投資スタンス>
やや強気
(※強気・やや強気・中立・やや弱気・弱気の5段階)

  1. 強気:対面証券・ネット証券で全力申込
  2. やや強気:ネット証券・対面証券で申込
  3. 中立:ネット証券、S級銘柄の当落に影響がない対面証券では申込(大量獲得を狙える場合は妙味あり)※回数制限やS級狙いで回避することも
  4. やや弱気:SBI証券以外は原則回避(ただし、マイナス覚悟の勝負で申し込むことも)
  5. 弱気:SBI証券以外は回避(対面証券はバーター取引ならOK)

過去のIPO初値予想の履歴

-IPO

© 2014-2021 The Goal