新規上場!アルテリア・ネットワークス(4423)のIPOの初値予想

更新日: IPO

アルテリア・ネットワークス

アルテリア・ネットワークス(4423)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は2018年11月28日(水)~12月3日(月)、上場日は12月12日(水)です。

新規上場する市場は東証一部で、想定価格は1,400円(1単元14.0万円)です。仮条件は1,150~1,500円と上限が上振れました。

公開価格は仮条件の上限ではない1,250円となりました。予想PERは12.8倍、予想配当利回りは2.10%です。

初値予想は「公開価格近辺でマイナスリターンの可能性がある」です。以下のレンジを想定しています。

1,190〜1,290円(公開価格比-4.8%~+3.3%)

アルテリア・ネットワークスは電気通信事業法に基づく電気通信事業を展開しています。具体的には、光インターネット接続サービス、IP電話サービス、専用線サービス、VPN接続サービス等です。

監査法人はEY新日本有限責任監査法人です。本社所在地は東京都港区新橋六丁目9番8号 住友不動産新橋ビルです。

アルテリア・ネットワークスの上場・IPO

アルテリア・ネットワークスは以下の経営理念の下、企業価値の向上を目指して、最新の光接続技術によって構築された、安全性が高く高品質な光ファイバーを日本国内に自社で敷設しサービスを提供しています。

  • 「創業以来のフロンティア精神を研ぎ澄まし、変化し続ける顧客ビジネスの課題解決に取り組む」
  • 「独自のネットワークアセットと顧客志向性で差別化し、野心的で柔軟に発想、迅速で緻密に行動する」
  • 「情報通信プラットフォームの創造を通じ顧客の成長と世の中の進歩に貢献し、社員ひとりひとりの夢を実現する」

アルテリア・ネットワークスの光ファイバーネットワークは、日本国内の広範囲をカバーしながらも、通信回線を利用するデータ量が多く収益性の高い都市部を中心に集中的に投資して敷設しており、効率的なサービス展開を図っています。

従業員数は510名、平均年齢は40.5歳、平均勤続年数は8.0年、平均年間給与は645.9万円です。

インターネットサービス

光インターネット接続サービス

光インターネット接続サービスとは、アクセス回線に光ファイバーを利用し高速なデータ伝送を提供するサービスです。

主なサービスには、パートナー企業を通じて中小企業向けに提供している「UCOM光 エンタープライズ」や「ARTERIA光インターネット接続サービス」及びOEMでISP(Internet Service Provider)等に向けて提供しているサービスがあります。

アルテリア・ネットワークスの企業向けサービスの特徴として、顧客1社につき光ファイバー1本を提供している点があります。

これにより他のユーザーの影響を受けにくく通信が安定し、顧客に快適な通信環境を提供することが可能となります。

またアルテリア・ネットワークスの光インターネット接続サービスは、ISPとアクセス網を一括管理していることで、安定した通信を実現します。

IP電話サービス

IP電話とは、固定電話の回線(アナログ電話回線の低周波帯域)の代わりに、インターネットのブロードバンド回線を利用した電話で、従来の固定電話よりも通話料金が安い、距離による通話料金の差がないなどのメリットがあります。

アルテリア・ネットワークスの法人向けIP電話サービス「光電話ビジネス」は、広帯域・高品質な回線サービスと組み合わせて利用できるIP電話サービスとなります。

固定電話並みの伝送品質率、遅延性、呼損率(持続品質)がある「総務省クラスA基準」を満たした通話品質と低コストな基本料、通話料を実現しています。

ネットワークサービス

専用線サービス

専用線サービスは、ある特定の2地点間を結ぶ回線サービスです。

信頼性・品質・セキュリティが高く、企業の基幹ネットワークやデータセンター、通信事業者などのバックボーン、アクセス回線として利用されています。

アルテリア・ネットワークスは高スペックかつ、東京都内、東名阪福岡間に強みを持つ「ダイナイーサ」などのサービスを顧客に提供しています。

VPN接続サービス

VPN(Virtual Private Network)とは、インターネットに接続されている利用者の間に、仮想的な通信トンネルを構成したプライベートなネットワークのことです。

通信経路を認証や暗号化を用いて保護することにより、第三者が侵入することのできない安全なネットワークを構築できます。

1対1通信となる専用線サービスと異なり、複数の拠点間ネットワーク構築に適したサービスのため、主に多店舗展開をしている小売・流通・サービス業で通信インフラとして利用されます。

アルテリア・ネットワークスは、VPN接続サービスを設計から運用保守までワンストップで提供しています。

「ARTERIA光」・「UCOM光」の自社回線に加え、NTTフレッツ、KDDI、ソフトバンクなど様々なアクセス回線を組み合わせた提案が可能となっています。

その他ネットワークサービス

その他ネットワークサービスとして、アルテリア・ネットワークスはデータセンターサービスやクラウドWi-Fiサービスを提供しています。

データセンターとは、サーバーやネットワーク機器などのIT機器を設置、運用する施設・建物の総称です。

アルテリア・ネットワークスは「ComSpace」のサービス名で至便なアクセスの立地で柔軟なサービス体系のデータセンターサービスを提供しています。

クラウドWi-Fiサービスとは、顧客の無線LAN環境の構築から、運用・保守までを一括提供するサービスです。

クラウド上に無線LANコントローラー(クラウドコントローラー)を設置するため、拠点ごとに導入・設置をする必要がありません。

初期設定済のアクセスポイントを繋ぐだけで簡単に利用を開始できるため、複数拠点にまたがるアクセスポイント(AP)の一元管理が可能です。

マンションインターネットサービス

マンションインターネットサービスとは、アルテリア・ネットワークスがマンション向けに提供している光インターネット接続サービスを指します。

個人向けインターネット接続サービスは、各世帯の利用者がサービス提供者を選び直接契約を結ぶ方式(任意加入型)と、集合住宅全戸が一括でサービス提供者と契約を結ぶ方式(全戸一括型)に区分されます。

アルテリア・ネットワークスは後者の方式で高品質な光インターネット接続サービス「UCOM光 レジデンス」及び「e-mansion」を分譲マンション・賃貸住宅市場向けに展開しており、大手デベロッパー物件への高い採用実績があります。

また、アルテリア・ネットワークスは、光回線を複数の建物で共有する共有型接続サービスではなく、アクセス回線を他の建物と共有せず光回線収容局から建物まで一本の光ファイバーを用いる専有型接続サービスを展開しており、通信速度の低下が生じにくい環境を提供しています。

2017年3月には同業である株式会社つなぐネットコミュニケーションズを連結子会社化し、顧客基盤含めて当該サービスの強化を図っています。

なお、アルテリア・ネットワークスは当該サービス市場において全国シェア1位(全体の27.2%)となっています(株式会社MM総研調べ、2018年3月末時点)。

その他サービス

エネルギーサービス

アルテリア・ネットワークスはエネルギー分野のサービスとして、地域電力会社などから高圧電力を一括購入しマンション内の変電設備で低圧に変換して供給する電力一括受電サービスを提供しています。

これは電力のまとめ買いにより、家庭の電気料金を削減するサービスです。

MDMサービス

MDM(Mobile Device Management)サービスとは、スマートフォンやタブレットなどの携帯端末を一元管理するためのサービスです。

アルテリア・ネットワークスが提供する「VECTANT SDM」は、ライトユースからヘビーユースまでに対応する、オールインワンのMDMサービスです。

また、マンション公式ポータルサイトやマンションIoTサービス、更にはセキュリティカメラシステムなど、マンション生活をより便利で豊かにするマンション向けの施設サービスも提供しています。


アルテリア・ネットワークスのIPOの諸データ

100%売出しのIPOなので、株式の新規発行による手取金の使途はありません。

アルテリア・ネットワークスの業績推移

業績面では売上高・営業利益・純利益のいずれも右肩上がりの傾向となっています。

アルテリア・ネットワークスの業績推移

営業キャッシュフローはいずれの年度も純利益を上回っています。一般論としては安心感があります。

前期の自己資本利益率(ROE)は50.9%であり、自己資本比率は15.1%です。主要な連結経営指標等(国際会計基準)の推移は下表のとおりです。

回次 第2期 第3期
決算年月 2017年3月 2018年3月
売上高 (百万円) 41,365 47,587
営業利益 (百万円) 5,926 7,549
税引前利益 (百万円) 5,503 7,146
親会社の所有者に帰属する当期利益 (百万円) 4,142 4,610
親会社の所有者に帰属する当期包括利益 (百万円) 4,192 4,599
親会社の所有者に帰属する持分 (百万円) 6,239 11,872
総資産額 (百万円) 75,419 78,560
1株当たり親会社所有者帰属持分 (円) 124.79 237.45
基本的1株当たり当期利益 (円) 82.85 92.21
親会社所有者帰属持分比率 (%) 8.3 15.1
親会社所有者帰属持分当期利益率 (%) 100 50.9
営業活動によるキャッシュ・フロー (百万円) 9,555 11,900
投資活動によるキャッシュ・フロー (百万円) △12,570 △6,914
財務活動によるキャッシュ・フロー (百万円) 3,357 △2,847
現金及び現金同等物の期末残高 (百万円) 5,140 7,278
従業員数 (人) 689 698

提出会社の経営指標(日本基準)の推移は下表のとおりです。

回次 第1期 第2期 第3期
決算年月 2016年3月 2017年3月 2018年3月
売上高 (百万円) - 31,588 42,237
経常利益 (百万円) △422 3,380 4,816
当期純利益 (百万円) △422 3,333 3,073
資本金 (百万円) 5,150 5,150 5,150
発行済株式総数 (株) 10,000,000 10,000,000 10,000,000
純資産額 (百万円) 9,577 6,304 9,378
総資産額 (百万円) 49,660 67,867 70,148
1株当たり純資産額 (円) 957.73 126.1 187.57
1株当たり配当額 (円) - - -
1株当たり当期純利益 (円) △113.19 66.67 61.48
自己資本比率 (%) 19.29 9.29 13.37
自己資本利益率 (%) - 42.54 39.2
配当性向 (%) - - -
従業員数 (人) - 578 527

市場トレンド

市況面では、上場直前3ヶ月間のインデックスが上昇トレンドの状況だと初値リターンが高い傾向となっています。

2018年2~3月には株価が急落して、4~5月、9~10月にかけて一旦持ち直したものの、再び下降トレンドに転換しました。

このまま下降トレンドが継続したら向かい風となります。反発して再度堅調な相場に回帰すれば、IPOにおいて追い風となります。

TOPIXのチャート(2018年8月13日~2018年11月12日)
(※マネックス証券より)

上場規模

アルテリア・ネットワークスのIPOの規模は最大で約281.8億円であり、東証一部としてはやや小型です。

公募株式数は0株、売出株式数は17,500,000株、オーバーアロットメント(OA)は2,625,000株です。

公開比率(オファリングレシオ)は約40%と高めです。公開比率が低ければ低いほど、初値リターンが高い傾向があります。公募株式数に占める売出の割合は100%です。

売出人及び貸株人であるRed Anchor Investments Limitedには、原則として90日間のロックアップがかかっています。株価上昇による解除条項はありません。

また、株主である丸紅株式会社には、原則として180日間のロックアップがかかっています。株価上昇による解除条項はありません。

株主名 保有株数 保有割合 ロックアップ
丸紅(株) 25,000,000 50.00%
Red Anchor Investments Limited 25,000,000 50.00%

初値予想

アルテリア・ネットワークスの事業は電気通信事業法に基づく電気通信事業ということで、IPOにおける業種の人気度は標準的です。

上場する市場は東証一部か二部ですが、ほぼ確実に東証一部となるでしょう。

上位株主にはVCが名を連ねており、100%売出でexit臭が漂っているのはマイナスポイントです。ロックアップはフルにかかっています。

予想PERは12.8倍、予想配当利回りは2.10%であり、類似企業と比較すると割安感があります。

コード 銘柄名 PER PBR 配当利回り
3774 インターネットイニシアティブ 26.93 1.46 1.10%
3834 朝日ネット 17.71 1.50 3.58%
3843 フリービット 75.39 2.13 0.82%
9418 USEN-NEXTHLDGS 23.12 4.64 0.00%
9432 日本電信電話 10.02 0.94 3.72%
9433 KDDI 9.57 1.43 4.02%
9450 ファイバーゲート 46.36 12.76 0.00%
9984 ソフトバンクグループ 14.18 1.69 0.48%

約281.8億円という上場規模は東証一部としてはやや小型ですけれども、東証1部に関してはこのゾーンは公募割れも目立っています。

東証一部の100億~300億円のやや小型IPOの初値結果は以下のとおりです。

  • スプリックス:+7.8%
  • キュービーネットホールディングス:-6.0%
  • 日総工産:+23.7%
  • 森六ホールディングス:+10.2%
  • オプトラン:+66.8%
  • アルヒ:-2.3%
  • 西本Wismettacホールディングス:-6.0%
  • バロックジャパンリミテッド:-5.0%
  • ソラスト:-6.0%
  • メタウォーター:-6.0%
  • ジョイフル本田:-1.9%
  • 足利ホールディングス:+7.4%
  • オープンハウス:+18.0%
  • ブロードリーフ:+11.1%
  • 全国保証:+3.7%
  • カルビー:±0%
  • ホシザキ電機:-6.0%
  • バンテック・グループ・ホールディングス:-25.8%
  • キトー:-18.5%
  • チャイナ・ボーチー:+72.5%
  • 八千代銀行:-5.6%
  • テイ・エス テック:+26.9%
  • 共英製鋼:+21.3%
  • ダスキン:±0%
  • SRIスポーツ:-3.2%
  • 東洋炭素:+22.2%
  • テンプスタッフ:+11.8%
  • 岩井証券:+70.7%
  • 古河スカイ:+21.6%
  • オハラ:±0%
  • カブドットコム証券:+81.9%
  • 博報堂DYホールディングス:+13.2%
  • 芙蓉総合リース:+19.1%
  • テレビ東京:+15.5%
  • アルバック:+86.4%
  • NECシステムテクノロジー:+77.5%
  • イオンモール:+4.0%

以上を総合考慮して、初値予想は「公開価格近辺でマイナスリターンの可能性がある」です。


主幹事はSMBC日興証券、みずほ証券、UBS証券です。その他は大和証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、野村證券、SBI証券、マネックス証券、岡三証券、東海東京証券、岩井コスモ証券、水戸証券で申し込めます。

証券会社名 割当株式数 割当比率
SMBC日興証券 3,500,100 40.00%
みずほ証券 2,625,100 30.00%
UBS証券 700,000 8.00%
大和証券 612,500 7.00%
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 437,500 5.00%
野村証券 437,500 5.00%
SBI証券 175,000 2.00%
マネックス証券 87,500 1.00%
岡三証券 43,700 0.50%
東海東京証券 43,700 0.50%
岩井コスモ証券 43,700 0.50%
水戸証券 43,700 0.50%

三菱UFJグループのカブドットコム証券でも取り扱いが期待できます。カブドットコムのIPOは、公平性と機密性を確保したシステムによる抽選で当選者が決まります。

投資に詳しい方にヘビーユーザーが多い証券会社はカブドットコム証券です。知る人ぞ知るメリットが多いネット証券です。ただし、初心...

岡三グループの岡三オンライン証券でも取扱いを期待できます。口座数が少なくてライバルは少なめです。

岡三証券グループにはネット証券「岡三オンライン証券」があります。使い勝手がよくて投資に役立つツールに定評のあるネット証券です...

岡三オンライン証券は、当サイト限定タイアップでお得な入会キャンペーンを行なっています。口座開設と1回以上の取引だけで3,500円+特別レポートがプレゼントされます。

ネット証券のキャンペーンとしては破格の内容でおすすめです。まだ口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会に開設してみてはいかがでしょうか。

岡三オンライン証券

アルテリア・ネットワークスのIPOの当選のコツについては、以下で徹底解説しています。

株には「IPO」という制度があります。新規上場株式を購入することができます。人気銘柄は抽選となり、なかなか当選しづらいのがデメリ...

SBI証券が幹事に入っているので、着実にSBIチャレンジポイントを貯めましょう。

参考まだ安全資産は定期預金と国債だけなの?IPOチャレンジポイントで確実にS級IPOをゲットできる

SBI証券でIPOの引受け部門で活動していたプロにインタビューして、貴重なお話を聞きました。以下にまとめています。

日本の幾多のネット証券の中で、ここ最近では、SBI証券は唯一、IPOで主幹事証券を担ってきた証券会社です。また、幹事証券としての引...

SBI証券は当サイト限定でお得なタイアップ・プログラムを実施しています。なんと口座開設だけで3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。口座開設・維持は無料です。

SMBC日興証券は小口個人投資家でもIPOが当たるチャンスがある証券会社です。口座開設をおすすめします。

SMBC日興証券という大手証券会社がありますね。SMBC日興証券はインターネット口座もあります。「ダイレクトコース」という名前です。...

野村證券はIPOの取り扱いが多いのがメリットです。小口個人ですと当たりづらいですけれども、ポチポチ作業を許容できる場合は候補です。

郵政3社、JR九州などの大型株に関しては意外な程に当たりやすいです。

野村證券

マネックス証券は完全抽選で小口個人投資家でも当選する可能性がある証券会社です。

株・投資信託ならネット証券のマネックス

岩井コスモ証券は、ネット抽選分は小口個人投資家に嬉しい完全公平抽選となっています。

100年以上の歴史を誇る老舗総合証券の一つが岩井コスモ証券です。対面口座だけではなく、ネット専用口座もあります。IPOの取り扱い数...

東海東京証券は口座開設数が少ない穴場の証券です。しかも、小口個人投資家には嬉しい完全抽選がある証券会社です。

東海東京証券という準大手証券会社がありますね。東海東京証券はインターネット口座もあります。店頭口座はハードルが高いという方に...

ライブスター証券でもIPOの取扱いを開始しています。委託幹事に名を連ねる可能性があります。

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン

ライブスター証券は当サイトと限定タイアップキャンペーンを行なっています。証券総合口座の新規口座開設だけで特別に2,000円がプレゼントされます。信用取引口座の開設は不要です。

現物取引手数料が2ヶ月間も無料で取引でき、更に当サイト限定で、2,000円のプレゼントもあります!

取引が不要で口座開設だけで2,000円プレゼントの証券会社のキャンペーンは稀有です。まだライブスター証券に口座をお持ちでない方は、今がチャンスです。この機会にぜひ口座開設してはいかがでしょうか。

当サイト限定!ライブスター証券の口座開設で2,000円プレゼント

松井証券楽天証券も委託幹事団に入る可能性があります。

楽天証券という楽天グループのネット証券があります。日本の大手ネット証券の一角であり、大人気で存在感がある証券会社です。業界最...
日本を代表する大手ネット証券の一角が松井証券です。約100年の歴史があり、大正・昭和・平成と時を紡いできました。日本初のボックス...

松井証券でのIPOの申込手順については、以下で解説しています。

5大ネット証券の一角である松井証券は、IPOの取扱いもあります。楽天証券よりも取扱本数は多く、存在感があるサービスを提供していま...

<投資スタンス>
やや弱気
(※強気・やや強気・中立・やや弱気・弱気の5段階)

  1. 強気:対面証券・ネット証券で全力申込
  2. やや強気:対面証券・ネット証券で申込(回数制限で回避することも)
  3. 中立:ネット証券、S級銘柄の当落に影響がない対面証券では申込(大量獲得を狙える場合は妙味あり)
  4. やや弱気:SBI証券以外は原則回避、対面証券はバーター取引ならOK(ただし、マイナス覚悟の勝負で申し込むことも)
  5. 弱気:SBI証券以外は回避

過去のIPO初値予想の履歴

-IPO

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.