三井住友VISAカードの年会費を無料にする方法!割引も!2019年最新

更新日: 三井住友カード

三井住友VISAカード

三井住友VISAカードは、通常の年会費が有料のクレジットカードが大多数です。

しかし、自動リボ払いサービス「マイ・ペイすリボ」を活用することで、年会費を無料で維持できる券種があります。

銀行系クレジットカードの雄であり、セキュリティと信頼性の高さが魅力の三井住友VISAカードを年会費無料で保有する方法について解説します。

また、ゴールドカードや、ANA VISAカード、ANA Mastercard、Amazon Mastercard ゴールドは、年会費が無料になりませんが、割引を受けられます。こちらも併せて手順をご紹介します。

マイ・ペイすリボは2020年2月の利用分から、年会費無料の条件が改悪されますが、変更にも対応した2019年最新版です。

三井住友VISAクラシック・クラシックA・アミティエ

三井住友VISAクラシックカードA

三井住友VISAカードのうち、一般カード3券種は、少しの工夫で次年度の年会費が無料になります。

対象カード

いずれもインターネットでの申込みだと初年度年会費が無料なので、完全無料で利用することが可能です。

マイ・ペイすリボ+年1回のリボ手数料

三井住友カードの自動リボ払いサービスの「マイ・ペイすリボ」に登録し、年1回以上リボ手数料が発生すれば、年会費が無料になります。

マイ・ペイすリボは1回払いで支払った分がすべてリボ払いに自動転換される仕組みです。

初回の手数料は無料なので、毎月の設定額以上カード利用額が発生した場合、超過分からリボ金利手数料(実質年率15%)が発生します。

2020年1月のカードショッピング分までは、マイ・ペイすリボの設定+年1回の利用で年会費が無料になりました。

したがって、三井住友VISAクラシックカードの利用限度額とマイ・ペイすリボの支払限度額を同額に設定すれば、リボ手数料が発生せず、年会費無料で利用できました。

しかし、2020年2月のカードショッピング分からは、「マイ・ペイすリボの設定+年1回のリボ手数料の発生」が条件となります。

マイ・ペイすリボの金利手数料の計算は、初月は原則として10日~15日の5日分となり、残り23~26日分は翌々月に請求されます。

初月に200円のリボ残高を残せば、翌々月に1円のリボ金利手数料が発生するので、年会費無料の条件をクリアできます。

つまり、年1回200円のリボ残高が残るように、会員サイトやコールセンターへの電話で、マイ・ペイすリボの支払額を変更する手続きを行えばOKです。

スマホを見る男性

マイ・ペイすリボ利用でのボーナスポイントも狙う場合は、初月は残高を500円残して、2ヶ月目以降は100円残すようにしましょう。

注意点としては会員サイトではマイ・ペイすリボの支払額の変更が1万円単位となるので、最大で9,999円の残高が発生する点。

最大の9,999円の場合で、残高が完全に引き落とされるまで35日間(多くの月)だと、9,999×15%÷35/365=約144円。

請求確定後のマイ・ペイすリボの次回のみの追加は1千円単位なので、請求確定後に手続きした場合は、最大で999円の残高が発生します。

最大の999円の場合で、残高が完全に引き落とされるまで35日間(多くの月)だと、999×15%÷35/365=約14円。この程度であれば許容範囲ならば、会員サイトでOKです。

コストを最小化したい場合は、年1回コールセンターに電話して調整しましょう。

マイ・ペイすリボの制度内容の詳細、支払金額変更の手順については、以下で徹底的に解説しています。

三井住友VISAカードは、リボ払いサービス「マイ・ペイすリボ」を利用すると、年会費が一般カードは無料、ゴールドカードは半額と非常...

年間300万円以上の利用

三井住友VISAクラシックカード、三井住友VISAクラシックカードA、三井住友VISAアミティエカードは、前年度利用額に応じて翌年度の年会費の割引を受けられます。

マイ・ペイすリボの活用が面倒な場合は、カードショッピングでの達成も選択肢となります。

年間の利用額が300万円以上だと、次年度の年会費が無料になります。

公式サイト三井住友VISAカード 公式キャンペーン

三井住友VISAカード エブリプラス

三井住友VISAエブリプラス

無条件で年会費無料が希望の場合は、三井住友VISAカード エブリプラスがおすすめです。

リボ払い専用カードですが、年会費が無料である点にエッジ・優位性があります。

三井住友カードのマイ・ペイすリボは「利用限度額=毎月の支払額」に設定したら、リボ金利手数料は発生しません。

したがって、三井住友VISAカード エブリプラスなら年会費無料で維持することが可能です。

リボ金利手数料が発生した月はポイント3倍の特典もあるので、僅かなリボ金利手数料が発生するように運用すれば、最大1.5%の高還元カードに昇華します。

三井住友VISAエブリプラスというクレジットカードがあります。三井住友カードが発行しています。高還元のポイント、交換先が充実して...

コストパフォーマンスに優れた三井住友VISAカードを希望の方におすすめのクレジットカードです。

公式サイト三井住友VISAカード エブリプラス 公式キャンペーン

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカードは、18~25歳の方が申し込める若者向けクレジットカードです。

入会後3か月間はポイントが5倍(還元率2.5%)に跳ね上がり、入会4か月目以降も常にポイント2倍になる点が魅力的です。

三井住友VISAデビュープラスカードの年会費は初年度無料、2年目以降は1,250円(税抜)が基本です。

しかし、年1回以上カードを利用するだけで、翌年の年会費が無料になるので、年会費は実質無料と評価できます。

マイ・ペイすリボの利用、年300万円以上のカードショッピングは不要で流麗です。

三井住友VISAデビュープラスカードというクレジットカードがあります。三井住友カードが発行しています。高還元のポイント、交換先が...

18~25歳の方なら、三井住友VISAデビュープラスカードがおすすめです。

公式サイト三井住友VISAデビュープラスカード 公式キャンペーン

ゴールドカードやANA Visa / Mastercardの割引

三井住友VISAエグゼクティブカード以上は、マイ・ペイすリボを使っても年会費無料にはなりませんが、割引を受けられます。

カード名 年会費(税抜)の割引
三井住友VISAエグゼクティブカード 3,000円→1,000円
三井住友VISAプライムゴールドカード 5,000円→1,500円
三井住友VISAゴールドカード 10,000円→4,000円
三井住友VISAプラチナカード マイ・ペイすリボの割引なし

また、三井住友カードが発行しているANA VISAカードANA MastercardAmazonゴールドカード、ヒルトン・オナーズVISAカード等も同様に、年会費無料にはなりませんが、割引を受けられます。

3枚のANA VISAカード、2枚のANA MastercardAmazonゴールドカード

マイ・ペイすリボによる年会費割引制度も、2020年2月から改悪されます。

  • 2020年1月のカード利用分まで:マイ・ペイすリボの設定+年1回の利用
  • 2020年2月のカード利用分から:マイ・ペイすリボの設定+年1回のリボ手数料の発生

「利用限度額=毎月の支払額」と設定している場合、年会費の割引対象外となってしまう点に注意が必要です。

したがって、年1回は200円のリボ残高を残す作業を行いましょう。

死蔵カードにしている場合、一般カードの場合はマイ・ペイすリボの下限が5,000円、ゴールドカードは10,000円となります。

最低必要な作業

  • 一般カード:年1回5,200円の利用が必要(マイ・ペイすリボの毎月の支払額は5,000円に設定)
  • ゴールドカード:年1回10,200円の利用が必要(マイ・ペイすリボの毎月の支払額は10,000円に設定)

三井住友ETCカードは実質年会費無料で保有可能

三井住友カードのETCカード

三井住友VISAカードのETCカードは、発行手数料、初年度年会費無料です。

2年目以降は年1回のETCカード利用で次年度の年会費が無料になります。1年間まったく使わなかった場合は、500円(税抜)の年会費が発生します。

日常的に車を使っている方や、年1回は必ずレンタカーでETCカードを使うという方にとっては実質無料です。

なお、三井住友プラチナカード会員の場合、ETCカードの年会費は無条件で無料となります。

電子マネーは年会費無料

三井住友VISAカードのiD利用

三井住友VISAカードは、電子マネーのiDを年会費無料で追加発行可能です。

複数のタイプが有り、いずれも発行手数料・年会費が無料です。

  • クレジットカード一体型(三井住友VISAカード本体に内蔵)
  • Apple PayGoogle Pay、おサイフケータイ
  • iD専用カード

また、三井住友VISAカードは、関西圏の交通系ICカードであるPiTaPaも、年会費・発行手数料無料で使えます。

イオングループ等の店舗で使える「三井住友カードWAON」は、年会費が無料ですが、300円の発行手数料が必要となります。

まとめ

三井住友VISAカードは通常は年会費が有料のクレジットカードが大多数です。

しかし、自動リボ払いサービス「マイ・ペイすリボ」を利用して、年1回リボ手数料を発生させることで、年会費を無料で維持できる券種があります。

エグゼクティブカード、ゴールドカードは無料にはなりませんが、割引を受けられます。

カード名 基本還元率 年会費(税抜)
三井住友VISAデビュープラスカード 1.0-1.65% 無料で維持可
三井住友VISAクラシックカード 0.5-1.15% 無料で維持可
三井住友VISAクラシックカードA 0.5-1.15% 無料で維持可
三井住友VISAアミティエカード 0.5-1.15% 無料で維持可
三井住友VISAエブリプラス 0.5-1.65% 無料
三井住友VISAエグゼクティブカード 0.5-1.15% 1,000円で維持可
三井住友VISAプライムゴールドカード 0.5-1.30% 1,500円で維持可
三井住友VISAゴールドカード 0.5-1.30% 4,000円で維持可

また、ANA VISAカードANA MastercardAmazonゴールドカードも、年会費の割引制度があります。

「利用限度額=毎月の支払額」と設定している場合、年会費の割引対象外となってしまう点に注意が必要です。

したがって、年1回は200円のリボ残高を残す作業を行いましょう。

死蔵カードにしている場合、一般カードの場合はマイ・ペイすリボの下限が5,000円、ゴールドカードは10,000円となります。

ココがポイント

  • 一般カード:年1回5,200円の利用が必要(マイ・ペイすリボの毎月の支払額は5,000円に設定)
  • ゴールドカード:年1回10,200円の利用が必要(マイ・ペイすリボの毎月の支払額は10,000円に設定)

三井住友VISAカードにインターネットで申し込むと、プラチナカード以外は初年度年会費が無料になります。

初年度年会費無料で1年間利用して、イメージと違った場合は1年以内に解約手続きすれば、年会費が発生しません。

解約手数料や違約金はないので、コスト0円で三井住友VISAカードのポイント・特典を試すことが可能です。

公式サイト三井住友VISAカード 公式キャンペーン

-三井住友カード

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.