楽天証券は信用取引が充実!いちにち信用は手数料無料が恒久化!ポイント還元もあり

更新日: 証券会社 金融機関

楽天

楽天証券は信用取引の環境が充実しています。他社が先行リリースした制度も導入して、総合力でネット証券屈指のクオリティに向上してきました。

超割コース(取引1回ごとの手数料体型)、いちにち定額コースから、取引スタイル・ニーズに応じて手数料コースを選択できます。

手数料コースはいつでも変更できるので便利です。超割コースにはポイントプログラム、大口優遇もあります。

「いちにち信用」&「特別空売り」というデイトレに便利な仕組みもあります。

いちにち信用取引は、取引金額に関わらず取引手数料無料、買方金利および貸株料は1.90%(年率)のキャンペーンが恒久的制度に昇華しました。

手数料体系

1約定ごと

夕日の前で鳥を撮影する姿

「超割コース」は、1回の取引金額に応じて手数料が決まります。

超割コースは、国内株式取引はもちろん、投資信託や海外株式の取引手数料も1%をポイントバックされます。

現物取引手数料は細かく設定されており、最大でも1,050円(税込)です。

約定金額 手数料
5万円まで 50円(税込54円)/1回
10万円まで 90円(税込97円)/1回
20万円まで 105円(税込113円)/1回
50万円まで 272円(税込293円)/1回
100万円まで 487円(税込525円)/1回
150万円まで 582円(税込628円)/1回
3,000万円まで 921円(税込994円)/1回
3,000万円超 973円(税込1,050円)/1回

信用取引手数料は現物株式よりもシンプルになっています。

以前は約定金額にかかわらず388円(税込)でしたが、値下げしてSBI証券と並んで大手ネット証券では最安値水準となっています。

取引金額 新手数料
10万円まで 90円(97円)
20万円まで 135円(145円)
50万円まで 180円(194円)
50万円超 350円(378円)

更に超割コースは取引実績や残高に応じて手数料が割引になる「大口優遇」があります。

大口優遇が適用されると、信用取引手数料は約定金額にかかわらず無料となります。現物取引手数料は下表のとおりになります。

約定金額 手数料
10万円まで 無料
20万円まで 100円(税込108円)/1回
50万円まで 238円(税込257円)/1回
100万円まで 426円(税込460円)/1回
150万円まで 509円(税込549円)/1回
3,000万円まで 806円(税込870円)/1回
3,000万円超 851円(税込919円)/1回

以下条件のいずれか1つを達成すると、超割コース大口優遇が適用になります。

区分 判定条件 条件
日次判定 信用取引の新規建約定金額の合計金額 5,000万円以上
今月の信用取引の新規建約定金額の合計金額 5億円以上
15:00時点での信用建玉残高の合計 5,000万円以上
月次判定 貸株の平均残高 5,000万円以上
投資信託の平均残高 5,000万円以上

日次判定条件を達成すると、翌営業日から3ヶ月間、大口優遇が適用されます。月次判定条件の場合は、翌月から3ヶ月間となります。月次判定条件の判定期間は、前月26日~当月25日までです。

1日定額

水鳥

いちにち定額コース」では、取引を行った日の現物取引と信用取引の約定金額合計で手数料が決まります。

1回の取引が少額で取引回数が多い場合はお得になる傾向があります。 1日で取引を決済(日計り取引)すると「デイ割」が適用されて、片道分の手数料無料となります。

1日の約定金額合計 手数料
50万円まで 429円(463円)/日
100万円まで 858円(926円)/日
200万円まで 2,000円(2,160円)/日
300万円まで 3,000円(3,240円)/日
以降、100万円増えるごとに 1,080円追加

超割ポイントプログラムで楽天スーパーポイントが得られる

Edy 楽天ポイントカード

国内株式手数料コースを超割コースにするだけで、楽天証券での取引手数料の1%がポイントバックされます。

また、超割コースの大口優遇を達成すると、ポイントバックが2%になります。対象商品は国内株式だけではなく、多種多様です。

  • 国内株式取引(現物・信用)
  • 投資信託(投信積立含む)
  • 海外株式取引(米国株式、中国株式、アセアン株式)
  • 日経225先物取引(ラージ、ミニ)
  • 日経225オプション
  • 海外先物
  • 金・プラチナ取引

楽天証券の場合は、得られるのが1ポイント1円で使える楽天スーパーポイントである点が大きなメリットです。楽天スーパーポイントについては以下で徹底解説しています。

楽天スーパーポイントという楽天のポイントがありますね。日本最大級のECサイト、楽天で貯めたり使えることから、人気が高いポイント...

楽天ポイントカードという楽天ポイントカード加盟店での買い物に、楽天スーパーポイントを使えるカードがあります。

マクドナルド、ポプラ・生活彩家、ミスタードーナツ、ツルハドラッグ、ダイコクドラッグ、くら寿司、大丸、松坂屋、プロント、出光などリアルの店舗で期間限定ポイントを消化できるのが大きなメリットです。

楽天スーパーポイントは2017年8月末まではサークルKサンクスで「ポイントdeクーポン」というサービスがあり、楽天ポイントカードの機能を使えば1ポイント1円超で交換できましたが終了しました。

サークルKサンクスのポイントdeクーポンの商品

現在は楽天カードに楽天ポイントカード機能が搭載されているので、より一層便利になりました。ネットだけ絵ではなく、リアル店舗でもお手軽にポイントを使うことができます。

楽天はリアルでも使えるポイントカード、楽天ポイントカードを提供しています。Tポイント、ポンタに次ぐ第三勢力です。2015年11月4日...

楽天スーパーポイントは、楽天Edyと1ポイント1円の等価で交換できます。楽天Edyから交換した楽天スーパーポイントの有効期限は、交換後から6ヶ月間となります。

Edy付き楽天カードか、楽天スーパーポイントを貯める設定にしているおサイフケータイにのみ交換できます。期間限定ポイントや提携先からの交換ポイントなどは交換できません。

また、キャンペーンページからエントリーし、楽天スーパーポイントからEdyへ交換後、受け取りをすると、交換額の3~5%分のEdyがもれなくプレゼントされるキャンペーンが定期的に開催されています。

楽天Edy交換で増額キャンペーン(2015年3月13日まで)楽天スーパーポイントから楽天Edyへの交換キャンペーン(5%アップ)

100ポイントを、Edy102~105円分に交換できます。交換レートはお得ですし、楽天Edyは極めて幅広い店舗で利用できるので便利です。

楽天Edyとは、プリペイドの電子マネーですね。「シャリーン」という電子マネーらしい決済音が鳴ります。店頭だけではなく、一部の自販...
楽天Edyというプリペイド型の電子マネーがあります。利用可能店舗が日本最大級を誇っています。日常的なコンビニ等での支払いでEdyを...

楽天スーパーポイントは2ポイントをANAマイル1マイルに交換できます。50ポイント以上2ポイント単位で細かくANAマイルに交換できます。ANAマイルへの移行手数料は無料なのが大きなメリットです。

ANAの飛行機

楽天証券の超割ポイントプログラムでは、各商品ごとに1日の取引手数料の1%がポイントバックされます。小数点以下は切り上がります。

例えば、国内株式取引手数料合計が1,250円、投資信託手数料合計が525円の場合は以下のとおりとなります。

  1. 国内株式取引手数料ポイント:1,250円×1%=12.5円→13ポイント
  2. 投資信託手数料ポイント:525円×1%=5.25円→6ポイント
  3. 1と2の合計で19ポイント

超割コースのポイントは、月に1回最終営業日の翌日に付与されます。着実にお得です。

短期・無期限・いちにち信用・特別空売りとバリエーション豊富

急降下するジェット機

松井証券とSBI証券が先行していたサービスを楽天証券も導入しました。

2016年12月19日(予定)からは 信用取引サービスの一般信用売建において、 返済期限が14日の「短期信用」と「無期限信用」の取扱いを開始します。つなぎ売りなど様々な局面で役立つ卓越した取引制度です。

嬉しいビッグニュースが飛び込んできました。楽天証券が2016年12月から、 信用取引サービスの一般信用売建において、 返済期限が14日...

いちにち信用」取引は、当日中に返済をするデイトレードに特化した一般信用の取引です。取引は、売建、買建ともに可能です。当日中に返済しなかった建玉は、原則として翌営業日に強制決済されます。

一日信用は現引も可能です。低コストで株式を購入することが可能です。

特別空売り」は、通常は空売りができない非貸借の新興市場銘柄などをショートできるサービスです。新規上場して間もないIPO銘柄を売建るチャンスもあります。

2016年10月31日までは、1約定あたりの売買代金が300万円未満の場合は買い方金利は2.8%、貸株料は2%でした。ただし、キャンペーンとして、 買方金利および貸株料が1.90%(年率)、 取引金額に関わらず取引手数料は無料でした。

しかし、好評を博していることから、11月以降も同キャンペーンの内容で取引できるように、 通常サービスとして恒久化されました。2016年9月30日に発表されました。

今後、楽天証券のいちにち信用取引は、取引金額に関わらず取引手数料は無料、買方金利および貸株料は1.90%(年率)となりました。

2017年7月からは恒常的な制度として、無料の条件が売買代金100万円以上で金利・貸株料のいずれも0%となりました。

「特別空売り」銘柄の場合は、貸株料の他に更に「特別空売り料」がかかります。料金は変動性です。レアな銘柄ほどに料金が高くなります。

いちにち信用&特別空売りは、Webブラウザ、マーケットスピード、iSPEED(株/for iPad)で取引が可能です。スマホアプリでは取引できません。

まとめ

超割コース・ワンショットコース・いちにち定額コースから、取引スタイル・ニーズに応じて手数料コースを選択できます。

手数料コースはいつでも変更できるので便利です。超割コースにはポイントプログラム、大口優遇もあります。

取引手数料の1~2%が楽天スーパーポイントで還元されます。楽天グループとしてのメリットを活かしています。

また、大口優遇が適用されると、最大で3ヶ月間も優遇が続いて現物取引手数料が割引・信用取引手数料は無料になるのが大きなメリットです。

「いちにち信用」&「特別空売り」というデイトレに便利な仕組みもあります。競合他社と比較してもエッジ・優位性がある要素があります。

項目 内容 楽天証券 松井証券 SBI証券
銘柄取扱い数 デイトレ専用空売り(2016年9月5日時点) 958銘柄 115銘柄 824銘柄
大口優遇(翌月) 優遇の有無 ×
手数料優遇 信用取引手数料0円
現物手数料も割引
× 信用取引手数料0円
優遇期間 翌営業日から3ヶ月 × 翌営業日
注文種類 逆指値注文
逆指値付通常注文 ×
IFD注文 ×
大引不成 × ×

楽天証券はPCの取引ツール楽天マーケットスピードでは、楽天RSSを無料で利用できます。

一度に取り込める銘柄数が岡三証券の岡三RSSと比較すると少ないというデメリットはありますが、無料の条件が岡三証券よりも緩いのが大きなメリットです。信用取引の口座開設だけで無料になります。

私もフル活用して諸々のデータを取り込んでトレードに活かしています。私のトレードのエッジは楽天RSSから産まれています。楽天証券がないと困ってしまいます。

楽天RSSで取り込んだデータ

以前に楽天証券にインタビューに行き、サービス内容について取材したことがあります。数多くのエッジ・優位性があるネット証券だと感じました。

楽天証券という楽天グループのネット証券があります。日本の大手ネット証券の一角であり、大人気で存在感がある証券会社です。業界最...

一般信用売りも可能になり、つなぎ売りがしたい局面では非常に役に立ちます。

一般信用売りが可能なネット証券は限られており、その中でも楽天証券は手数料が安いので、低コストでトレードすることが可能です。

嬉しいビッグニュースが飛び込んできました。楽天証券が2016年12月から、 信用取引サービスの一般信用売建において、 返済期限が14日...

信用取引の大口優遇制度もあり、専業トレーダーの強い味方です。マーケットスピード、マーケットスピード2、iSpeedという秀逸な取引ツール・アプリを提供しており、パソコンでもスマホ・タブレットでも快適な取引が可能です。

専業投資家だけではなく、兼業投資家にとっても有用なサービスです。

楽天証券の楠 雄治 代表取締役社長

チャイエックス・ジャパンPTS、SBIジャパンネクストPTSの2つで取引でき、SOR注文によって取引所と比較して有利な価格で約定できる場合もあります。

楽天証券が証券会社で初めて、3市場に接続する「SORサービス」の提供を開始しました。2018年2月13日から東証、チャイエックス・ジャパ...

投資信託では少額での積立が可能であり、他社ではポイント対象外の低コストインデックス投信も、楽天証券ではポイント付与の対象となっています。

楽天カードで投信積立が可能で、月5万円まで1%の楽天スーパーポイントを獲得できます。

楽天カードのクレジット払いでポイント還元を受けながら、楽天証券で投資信託の積立ができるサービスが開始しました。還元率は通常の...

ポイントでの投信購入で楽天SPUが+1倍になり、楽天市場でのお買い物がお得になるメリットもあります。

楽天市場・楽天ブックス・楽天Koboでのお買物で誰でも毎日ポイントを10数倍にできる「SPU(スーパーポイントアッププログラム)」とい...

楽天銀行との連携サービスは自動スイープが秀逸な出来栄えで、証券口座の余剰資金は自動的に楽天銀行の0.1%という圧巻の高金利が適用され、かつATMで出金できます。楽天銀行の残高は証券の投資にいつでも使えます。

楽天銀行には「マネーブリッジ」というサービスがあります。無料で利用できます。楽天銀行と楽天証券の口座を連携することで、銀行の...

日本初のブロックチェーン技術を活用した高セキュリティな本人認証サービスの開発を進めていて、ID・パスワードが不要になるというプレスリリースがありました。

楽天証券が、 日本初のブロックチェーン技術など最先端のフィンテック技術を活用して、ID・パスワードが不要となる本人認証サービスを...

個人型確定拠出年金(iDeCo)では運営管理手数料を無料で利用でき、リーズナブルな手数料、優良な低コストインデックス投信にエッジ・優位性があります。

確定拠出年金(401k)という制度があります。愛称は「iDeCo」(イデコ)です。絶大な節税メリットがあり、所得税・住民税を大きく減税する...

デイトレーダー、スイングトレーダー、バリュー投資家、グロース投資家、インデックス投資家などありとあらゆる投資家が有効活用できる、卓越した総合オンライン証券です。初心者から玄人までフル活用できます。

複数の証券会社を使い分けるのは面倒で、一つの証券会社で済ませたいという場合は、楽天証券が有力候補の一つです。米国株式取引手数料も低水準です。

つみたてNISAでは楽天スーパーポイントが利用可能である点がメリットです。

2018年から積立NISA(つみたてNISA)という制度が開始します。正式名称は「非課税累積投資契約に係る少額投資非課税制度」です。節税メ...

楽天証券は日々のトレーディング、中長期的な資産運用の両面で優れており、資産形成に資するオンライン証券です。私もフル活用してパフォーマンスを向上させています。

楽天証券のiDeCoも手数料が無料で優良な商品ラインナップとなっています。

以前に楽天証券を訪問して、iDeCoについて取材しました。管理画面のインターフェイスの工夫、シングル・サインオンの仕組みが独自のメリットです。

楽天証券という楽天グループのネット証券があります。日本の大手ネット証券の一角であり、大人気で存在感がある証券会社です。2016年...

口座開設・維持は無料であるにもかかわらず、100万の資産運用でも大活躍します。

一歩先に進んだ画期的な仕組みが満載のネット証券であり、証券会社の基準を変えて一新する程のインパクトを放っています。

楽天証券での投資はボーナスの使い道としても有力な選択肢です。お得な口座開設キャンペーンも開催しています。

楽天証券 公式キャンペーン

-証券会社, 金融機関

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.