上場!ゼネテック(4492)のIPOの初値予想

更新日: IPO

ゼネテック

ゼネテック(4492)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は2020年3月3日(火)~3月9日(月)、上場日は2020年3月19日(木)です。

新規上場する市場は東証JASDAQスタンダードで、想定価格は1,700円(1単元17.0万円)です。公募価格は2020年3月10日(火)に決定。予想PERは12.7~13.5倍です。

初値予想は大幅なプラスリターンです。以下のレンジを想定しています。

3,300〜3,900円(仮条件の上限比+94.1%~+129.4%)

ゼネテックは、システム受託開発事業、エンジニアリングソリューション事業を展開しています。

監査法人は太陽有限責任監査法人で、本社所在地は東京都港区北青山2-13-5 青山サンクレストビル3Fです。

ゼネテックとは

ゼネテックは、カーエレクトロニクス全般、デジタル情報家電、半導体製造装置分野などの組込みシステムに係るソフトウェア開発およびハードウェア開発において、システム受託開発事業を展開しています。

長年培ってきた受託開発ノウハウを駆使し、仕様分析・検討、基本設計から製造までシステムの一括受託開発を行っています。

ソフトウェア専業開発と異なり、組み込みシステム開発にはハードウェア制御の知識が必須です。

また、製品の性格上、ソフトウェア開発と比べて非常に厳しい品質確保が要求されるものになるため、ゼネテックの強みであるソフトウェアとハードウェアの一体型システム開発力および通信・ネットワーク分野の開発技術力を活かせる分野になります。

また、「製造業向け3次元CAD/CAMソリューション」「ロボットティーチングシステム」「工場・物流・マテハン3Dシミュレーションシステム」について、輸入販売、導入・技術支援、サポート、教育・研修などのソリューションサービス事業を行っています。

創立来34年間のシステム開発で培ってきた通信・制御・センサーデバイス、ネットワーク、クラウド技術をベースにしたモニタリングプラットフォーム「Surve-i」を自社開発しています。

今後、飛躍的な成長が見込まれる製造業向けIoT分野において、製造機械・設備の稼働監視システムや防犯・災害対策用遠隔カメラ監視ソリューションとして販売しています。

その他事業として、緊急地震速報の受信と同時に、事前に合意登録されている家族の最新の居場所が自動配信され、お互いの安否が把握できるスマートフォン用防災アプリである、災害時位置情報自動通知システム「ココダヨ」を提供しています。

従業員数は244名、平均年齢は39.4歳、平均勤続年数は7.1年、平均年間給与は528.3万円です。


ゼネテックのIPOの諸データ

新規発行による手取金の使途については、設備資金、運転資金に充当する予定です。

ゼネテックの業績推移

業績面では売上高は美しい右肩上がりとなっています。経常利益・純利益は減益の年度も目立ち、ボックスでの推移となっています。

ゼネテックの業績推移

主要な連結経営指標等の推移は下表のとおりです。

回次第33期第34期
決算年月2018年3月2019年3月
売上高(千円)4,004,9514,482,808
経常利益(千円)134,639275,877
親会社株主に帰属する当期純利益(千円)83,628179,516
包括利益(千円)85,256178,144
純資産額(千円)770,117943,033
総資産額(千円)2,188,4702,217,877
1株当たり純資産額(円)515.47631.21
1株当たり当期純利益金額(円)55.98120.16
潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額(円)
自己資本比率(%)35.1942.52
自己資本利益率(%)11.4520.96
営業活動によるキャッシュ・フロー(千円)△14,628227,849
投資活動によるキャッシュ・フロー(千円)△25,278△103,247
財務活動によるキャッシュ・フロー(千円)93,310△168,613
現金及び現金同等物の期末残高(千円)495,589451,578
従業員数(人)216236

市場トレンド

市況面では、上場直前3ヶ月間のインデックスが上昇トレンドの状況だと初値リターンが高い傾向となっています。

日経JASDAQは美しい右肩上がりとなっていましたが、足元ではコロナウイルスの影響で軟調となっています。

再び堅調な相場に回帰すれば、IPOにおいて追い風となります。

ジャスダックインデックスのチャート(過去3ヶ月)

上場規模

ゼネテックのIPOの規模は最大で約8.6億円であり、東証JASDAQスタンダードとしても小型です。小型であればある程、初値リターンは良い傾向があります。

公募株式数は312,000株、売出株式数は129,300株、オーバーアロットメント(OA)は66,100株です。

公開比率(オファリングレシオ)は最大で約26%と標準的です。公開比率が低ければ低いほど、初値リターンが高い傾向があります。公募株式数に占める売出の割合は29%です。

株主名保有割合ロックアップ
上野憲二41.85%
上野大輔21.64%
山田陽國10.07%
ゼネテック従業員持株会7.59% 
井上由佳5.41%
八戸雅利3.42%
夏野剛2.49%
金井登志雄1.87%
遠藤直哉1.24%
濱登弘一、他15名0.12%

※制度ロックアップによる継続保有を含む

初値予想

ゼネテックの事業はシステム受託開発事業、エンジニアリングソリューション事業ということで、IPOにおける業種の人気度は標準的です。

3社同時上場となり、過密日程のIPOである点がマイナスポイントとなっています。

予想PERは12.7~13.5倍であり、類似企業と比較すると割安感があります。

コード銘柄名PERPBR配当利回り
2349エヌアイデイ11.181.161.61%
3858ユビキタスAI1,202.002.340.00%
3918PCIホールディングス17.661.842.83%
4394エクスモーション50.113.420.88%
4420イーソル58.916.890.32%
4430東海ソフト24.952.470.97%
4440ヴィッツ36.123.900.25%
9692シーイーシー15.802.161.99%

約8.6億円という上場規模はJASDAQスタンダードとしても小型です。上位株主にVCはなく、カバー率は高めです。

JASDAQスタンダードの5億~10億円の小型IPOの初値結果は以下のとおりです。

  • アミファ:+37.9%
  • あさくま:+46.7%
  • エヌ・シー・エヌ:+51.8%
  • 田中建設工業:+7.1%
  • ツクイスタッフ:+53.2%
  • グッドライフカンパニー:+21.9%
  • アクセスグループ・ホールディングス:+161.2%
  • ディ・アイ・システム:+157.8%
  • ブロードバンドセキュリティ:+166.8%
  • マリオン:+59.7%
  • 香陵住販:+15.9%
  • SIG:+133.3%
  • エヌリンクス:+108.8%
  • アズ企画設計:+117.8%
  • トレードワークス:+518.2%
  • シー・エス・ランバー:+84.1%
  • ニーズウェル:+130.5%
  • SYSホールディングス:+116.0%
  • ディーエムソリューションズ:+184.0%
  • No.1:+120.4%
  • 安江工務店:+4.0%
  • 日本モーゲージサービス:+39.8%
  • ノムラシステムコーポレーション:+51.0%
  • デュアルタップ:+127.0%
  • 富士ソフトサービスビューロ:+13.5%
  • プロパティエージェント:+115.0%
  • ナガオカ:+40.6%
  • デジタル・インフォメーション・テクノロジー:+246.2%
  • スマートバリュー:+344.9%
  • 三機サービス:+37.1%
  • エムケイシステム:+332.0%
  • 今村証券:+27.4%
  • マークラインズ:+77.3%
  • 東武住販:+12.0%
  • 白鳩:+46.2%
  • サイバーリンクス:+172.9%

以上を総合考慮して、初値予想は大幅なプラスリターンです。


主幹事はみずほ証券です。その他は、岡三証券、いちよし証券、SBI証券、マネックス証券で申し込めます。

証券会社名割当株式数割当比率
みずほ証券410,50093.02%
岡三証券13,2002.99%
いちよし証券8,8001.99%
SBI証券4,4001.00%
マネックス証券4,4001.00%

岡三グループの岡三オンライン証券でも取扱いを期待できます。口座数が少なくてライバルは少なめです。

岡三証券グループにはネット証券「岡三オンライン証券」があります。使い勝手がよくて投資に役立つツールに定評のあるネット...

岡三オンライン証券は、当サイト限定タイアップでお得な入会キャンペーンを行なっています。口座開設と1回以上の取引だけで3,500円+特別レポートがプレゼントされます。

ネット証券のキャンペーンとしては破格の内容でおすすめです。まだ口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会に開設してみてはいかがでしょうか。

岡三オンライン証券

ゼネテックのIPOの当選のコツについては、以下で徹底解説しています。

株には「IPO」という制度があります。新規上場株式を購入することができます。人気銘柄は抽選となり、なかなか当選しづらいの...

SBI証券が幹事に入っているので、着実にSBIチャレンジポイントを貯めましょう。

参考まだ安全資産は定期預金と国債だけなの?IPOチャレンジポイントで確実にS級IPOをゲットできる

SBI証券でIPOの引受け部門で活動していたプロにインタビューして、貴重なお話を聞きました。以下にまとめています。

日本の幾多のネット証券の中で、ここ最近では、SBI証券は唯一、IPOで主幹事証券を担ってきた証券会社です。また、幹事証券と...

SBI証券は当サイト限定でお得なタイアップ・プログラムを実施しています。なんと口座開設だけで3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。口座開設・維持は無料です。

SMBC日興証券のネット口座は小口個人投資家でもIPOが当選することがあります。口座開設をおすすめします。

SMBC日興証券という大手証券会社がありますね。SMBC日興証券はインターネット口座もあります。「ダイレクトコース」という名...
日本を代表する大手証券の一角がSMBC日興証券です。約100年の歴史があり、大正・昭和・平成と時を紡いできました。対面で...

今回は幹事団に入っていませんが、マネックス証券は完全抽選で小口個人投資家でも当選する可能性がある証券会社です。

日本の大手ネット証券の一角がマネックス証券です。1999年創業以来、次々と先進的なサービスを提供してきており、日本初のサ...

株・投資信託ならネット証券のマネックス

岩井コスモ証券は、ネット抽選分は小口個人投資家に嬉しい完全公平抽選となっています。

100年以上の歴史を誇る老舗総合証券の一つが岩井コスモ証券です。対面口座だけではなく、ネット専用口座もあります。IPOの取...

むさし証券もIPOのサービスを提供しています。インターネット口座は売却手数料がリーズナブルです。

むさし証券という証券会社があります。対面口座とネット口座があり、ネット口座のトレジャーネットは、安価な手数料と金利に...

東海東京証券は口座開設数が少ない穴場の証券です。しかも、小口個人投資家には嬉しい完全抽選がある証券会社です。

東海東京証券という準大手証券会社がありますね。東海東京証券はインターネット口座もあります。店頭口座はハードルが高いと...

SBIネオトレード証券でもIPOの取扱いを開始しています。委託幹事に名を連ねる可能性があります。

口座開設キャンペーンでは、約2ヶ月間も売買手数料が無料となります。

SBIネオトレード証券 公式キャンペーン

松井証券楽天証券も委託幹事団に名を連ねる可能性があります。

日本を代表する大手ネット証券の一角が松井証券です。約100年の歴史があり、大正・昭和・平成と時を紡いできました。日本初の...
楽天証券という楽天グループのネット証券があります。日本の大手ネット証券の一角であり、大人気で存在感がある証券会社です...

<投資スタンス>
強気
(※強気・やや強気・中立・やや弱気・弱気の5段階)

  1. 強気:対面証券・ネット証券で全力申込
  2. やや強気:ネット証券で申込、対面証券では原則申込(回数制限やS級狙いで回避することも)
  3. 中立:ネット証券、S級銘柄の当落に影響がない対面証券では申込(大量獲得を狙える場合は妙味あり)
  4. やや弱気:SBI証券以外は原則回避(ただし、マイナス覚悟の勝負で申し込むことも)
  5. 弱気:SBI証券以外は回避(対面証券はバーター取引ならOK)

過去のIPO初値予想の履歴

-IPO

© 2014-2021 The Goal