新規上場!SERIOホールディングス(6567)のIPOの初値予想

更新日: IPO

SERIOホールディングス

SERIOホールディングス(6567)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は2018年2月14日(水)~2月20日(火)、上場日は3月2日(金)です。

新規上場する市場は東証マザーズで、想定価格は1,780円(1単元17.8万円)です。仮条件は1,700円~1,780円と下振れました。

公開価格は仮条件の上限である1,780円となりました。予想PERは105.5倍、予想PBRは3.80倍(BPS 468.16)、予想配当利回りは0.16%(1株配当 2.78)です。

初値予想はプラスリターンです。大手初値予想会社の初値予想は以下の通りです。

  • 3,000〜3,400円(仮条件の上限比+68.5%~+91.0%)
  • 2,500〜3,000円(仮条件の上限比+40.4%~+68.5%)

初値予想会社の直前初値予想は以下の通りとなっています。

  • 3,500円(公開価格比+96.6%)
  • 4,100円(公開価格比+130.3%)

初日値付かずを踏まえた、初値予想会社の2日目直前初値予想は以下の通りとなっています。

  • 5,000円(公開価格比+180.9%)
  • 4,100円(公開価格比+130.3%)

SERIOホールディングスは就労支援事業、放課後事業及び保育事業の3つの事業を展開しています。

監査法人は有限責任 あずさ監査法人です。本社所在地は大阪府大阪市北区堂島1-5-17堂島グランドビル8Fです。

SERIOホールディングスとは

SERIOホールディングスのビジネスモデルは、子育て中の既婚女性の就労をサポートする就労支援事業からスタートしました。

その後、経営理念に合致した事業分野として放課後事業、保育事業の各分野に事業を拡大してきました。

放課後事業や保育事業への進出に際しては、すでに従業員として在籍していた幼稚園教諭の有資格者の活用や就労支援事業で培った人材確保の能力を活かすことで、事業展開を行ってまいりました。

従業員数は21名、平均年齢は40歳6ヶ月、平均勤続年数は11ヶ月、平均年間給与は462.6万円です。

就労支援事業

就労支援事業においては、仕事と家庭の両立を応援し、一人ひとりに合った働き方をサポートする事業を展開しています。

平成29年12月31日現在、東京・名古屋・大阪・広島に支店を設置しており、主に首都圏・名古屋地区・関西・広島地区において営業活動を行っています。

SERIOホールディングスでは、パートタイマー型勤務や一週間に2日もしくは3日の勤務など、仕事と家庭が両立し易いワークスタイルを提案しています。

子育て中の家庭を中心とした潜在的な労働力の労働市場への参加促進を行っています。

また、平成29年10月に新たに人材派遣事業ブランド「sacaso」(サカソ)を立ち上げました。

「自分に合った働き方を探しているみなさまへの働き方を提案」、「企業の課題を解決するソリューション提案」を迅速に行い、人材の有効活用を通して、よりスピーディな事業展開と高品質のサービスの提供を目的としています。

提供する就労支援事業は、人材派遣・人材紹介・業務委託契約・業務請負契約を中心とし、以下の分野に対応しています。

  • オフィス業務:営業事務、一般事務、経理事務、総務事務、金融事務、貿易事務、受付業務、データ入力、事務的軽作業、OAオペレータ、DTPオペレータ等
  • 電話対応事務:インバウンド、アウトバウンド、各業種スーパーバイザー等
  • セールス業務:接客・販売、法人営業(ルート・新規)、個人営業(ルート・新規)、セールスプロモーション等
  • 軽作業業務:倉庫内軽作業、商品仕分け、検品、ピッキング作業等
  • 在宅ワーク:CAD、設計プランナー、校正・編集・制作・ライター、HP更新等

放課後事業

放課後事業においては、自治体や私立小学校から各種放課後施設の運営を受託しています。

SERIOホールディングスは、さまざまな学びや遊びを通して子ども達の健やかな成長を支援し、安心・安全な環境で子ども達の成長を支える事業運営に努めています。

SERIOホールディングスは、運営する各種放課後施設を運営委託先の属性により、以下の3つに区分しています。

放課後アフタースクールの運営実績を活かして、自治体より放課後施設の運営を受託しています。

平成29年12月31日現在、自治体より125施設の運営を受託しています。

放課後子ども教室推進事業

放課後子ども教室推進事業は文部科学省が管轄する事業です。

地域の小学生を対象に、放課後や週末等に小学校の余裕教室等を活用し、子どもたちの安心安全な活動拠点を設け、地域の方々の参画を得て、学習活動やスポーツ・文化芸術・地域交流などの取り組みを実施する事業です。

自治体からの業務委託で運営を行っています。

自治体施設数
東京都江東区1
東京都台東区1
千葉県浦安市2
愛知県豊明市3
大阪市北区11
大阪市淀川区17
大阪市西区8
大阪市都島区10
大阪市福島区9
大阪市西淀川区14
76

放課後児童健全育成事業

学生

放課後児童健全育成事業は厚生労働省が管轄する事業です。

小学校に就学している児童のうち、保護者が就労等の理由により日中に在宅していない児童を対象に、授業の終了後等に学内の余裕教室等を利用して適切な遊び及び生活の場を与え、その健全な育成を図るものです。

自治体からの業務委託又は指定管理で運営を行っています。指定管理とは指定管理者制度の略です。

自治体より「管理代行」の指定により、公の施設の管理権限指定を受けたものに委任する制度のことです。

自治体施設数
東京都台東区1
東京都中野区1
東京都文京区2
千葉県浦安市3
千葉県習志野市1
愛知県豊明市3
大阪府泉佐野市13
大阪府泉南郡田尻町1
兵庫県西宮市3
広島県広島市4
32

放課後子ども総合プラン事業

放課後子ども総合プラン事業は、前述したi)ii)の両事業を組み合わせたものです。

全ての児童の安心安全な居場所を確保するため、同一の小学校内等で両事業を実施し、共働き家庭等の児童を含めた全ての児童が放課後子ども教室の活動プログラムに参加できるものです。

自治体からの業務委託で運営を行っています。

自治体施設数
東京都江東区2
東京都板橋区1
東京都北区1
大阪府堺市10
14

児童館事業

児童館事業は、0~18歳の子育て中の家庭や子どもに健全な遊びを提供して、その心身の健康を増進し、情操を豊かにすることを目的とした児童福祉施設です。

自治体からの指定管理を含めた運営を行っています。

自治体施設数
神奈川県鎌倉市1
愛知県豊明市2
3

私立小学校アフタースクール事業

学生

SERIOホールディングスは、トレジャーキッズクラブという名称で私立小学校より放課後アフタースクールの運営を受託しています。

学校の方針・風土をベースに、ネイティブ社員による英語プログラムの提供をはじめとして、学習・運動、芸術・文化・遊びの様々なプログラムを導入しています。

平成29年12月31日現在、全8施設を運営しています。

  • 聖徳学園小学校
  • 聖マリア小学校
  • 大阪信愛女学院小学校
  • 城星学園小学校
  • 城南学園小学校
  • 香里ヌヴェール学院小学校
  • 賢明学院小学校
  • 京都聖母学院小学校

民間放課後アフタースクール事業

SERIOホールディングスは、民間の放課後アフタースクールを自社運営しており、放課後を、楽しく学び、社会に通じる力を身に付ける時間とすることを目指しています。

ネイティブ社員の常駐による英語教育や22時までのサービス提供を行い、就労家庭の支援と子ども達の健やかな成長を支えています。

平成29年12月31日現在、民間放課後アフタースクールとしてトレジャーキッズクラブ茨木校を運営しています。

運営施設数の推移は下表のとおりです。

 公設放課後事業私立小学校アフタースクール事業民間放課後アフタースクール事業合計
平成22年5月期11
平成23年5月期22
平成24年5月期22
平成25年5月期224
平成26年5月期284234
平成27年5月期844290
平成28年5月期10961116
平成29年5月期12381132
平成29年12月末12581134

保育事業

保育事業においては、自治体からの認可を得て認可保育園と小規模認可保育園を運営しています。

働く親が安心して子どもを預けられる保育園を目指して、同じ保育士が同じ園児の食事、排泄、衣服の着脱等を日々見守り、より細やかな対応を実現することができる担当制保育を導入しています。

一人ひとりに寄り添う保育で、園児達の成長をサポートしています。また、自治体からの委託等を受けて地域子育て支援拠点等事業を運営しています。

認可保育事業

SERIOホールディングスの認可保育事業は、トレジャーキッズ保育園という名称で運営しています。

平成29年12月31日現在、6つの認可保育園を運営しています。

  • トレジャーキッズともぶち保育園
  • トレジャーキッズよこづつみ保育園
  • トレジャーキッズえのき保育園
  • トレジャーキッズあおばおか保育園
  • トレジャーキッズふれあい緑地保育園
  • トレジャーキッズあおみなみ保育園

その他、一時保育事業(全2園で実施)、体調不良児対応型病児保育事業(全1園で実施)を行い、様々な保育ニーズに応える運営を行っています。

小規模認可保育事業

SERIOホールディングスの小規模認可保育事業は、エンジェルキッズ保育園という名称で運営しています。

平成29年12月31日現在、8つの小規模認可保育園を運営しています。

  • エンジェルキッズ都島園
  • エンジェルキッズ城東園
  • エンジェルキッズ阿倍野園
  • エンジェルキッズ八戸ノ里園
  • エンジェルキッズ東大阪園
  • エンジェルキッズ大手通園
  • エンジェルキッズ神戸園
  • エンジェルキッズ亀有園

地域子育て支援拠点等事業

SERIOホールディングスの地域子育て支援拠点等事業は、主に在宅での子育てを行う親とその子どもを対象とし、自治体からの業務委託または指定管理により運営しています。

平成29年12月31日現在、2つの地域子育て支援拠点等事業(大阪市鶴見区子ども・子育てプラザ、西宮市高木北子育てひろば)を運営しています。

就労支援事業において、働きながら育児時間を大切にしたい女性の就労支援を行うと同時に、放課後事業及び保育事業において、働く女性が安心して子供を預けられる場所を提供することで、「就労」「育児」の両面から女性の活躍を支援しています。

SERIOホールディングスでは、就労支援事業で培った人材確保のノウハウを保育士・指導員採用に一部活用しています。

子育て中の既婚女性を中心とした派遣スタッフの募集にあたっては、放課後事業及び保育事業も運営していることで登録の促進につながっている等、上記3事業は、相互に関連しています。


SERIOホールディングスのIPOの諸データ

新規発行による手取金の使途については、全額を設備資金に充当する予定です。

  • すでに開設した保育園への設備投資に係る借入金の返済
  • 平成31年5月期に開設を予定している新設保育園3園(大阪府箕面市、東京都東久留米市、東京都足立区)の設備投資資金
  • 新規開設を予定している保育園(4園)の設備投資資金
  • 平成31年5月期以降の保育園並びに放課後施設の備品購入費及び人材採用費などの運転資金

SERIOホールディングスの業績推移

業績面では売上高は美しい右肩上がりです。経常利益・純利益は減益の年度があるものの、大局的には右肩上がりの傾向となっています。

SERIOホールディングスの業績推移

営業キャッシュフローは包括利益を下回っている年度と上回っている年度があります。

前期の自己資本利益率(ROE)は52.1%であり、自己資本比率は25.0%です。主要な連結経営指標等の推移は下表のとおりです。

回次第1期
決算年月平成29年5月
売上高(千円)4,065,748
経常利益(千円)43,439
親会社株主に帰属する当期純利益(千円)27,751
包括利益(千円)27,751
純資産額(千円)235,522
総資産額(千円)1,402,353
1株当たり純資産額(円)102.4
1株当たり当期純利益金額(円)13.86
自己資本比率(%)16.8
自己資本利益率(%)13.4
営業活動によるキャッシュ・フロー(千円)122,756
投資活動によるキャッシュ・フロー(千円)△42,123
財務活動によるキャッシュ・フロー(千円)59,042
現金及び現金同等物の期末残高(千円)348,965
従業員数(人)278

株式移転完全子会社である株式会社セリオの主要な経営指標等の推移は以下のとおりです。

回次第8期第9期第10期第11期
決算年月平成25年
5月
平成26年
5月
平成27年
5月
平成28年
5月
売上高(千円)1,255,5641,358,2812,117,2412,978,318
経常利益(千円)60,49510,67951,43640,164
当期純利益(千円)37,6369,66434,76634,237
資本金(千円)10,00010,00010,00010,000
発行済株式総数(株)200200200,000200,000
純資産額(千円)116,918120,532154,108181,309
総資産額(千円)379,791674,259900,8671,083,847
BPS(円)584,590602,664770.54906.55
1株配当(円)30,2475,95135.18
EPS(円)188,18048,321173.83171.19
自己資本比率(%)30.817.917.116.7
自己資本利益率(%)38.48.125.320.4
株価収益率(倍)
配当性向(%)16.112.320.2
従業員数(人)386086187

市場トレンド

市況面では、上場直前3ヶ月間のインデックスが上昇トレンドの状況だと初値リターンが高い傾向となっています。

東証マザーズ指数は2016年11月半ばをボトムとして長らく堅調な展開が続いていましたが、2017年7月下旬~9月上旬は反落して軟調な展開でした。

しかし、2017年9月6日をボトムとしてここ4ヶ月は上昇トレンドとなっています。

このまま堅調に推移したら、IPOにおいて追い風です。逆に再度調整に突入したら向かい風となります。

東証マザーズのチャート(2017年10月27日~2018年1月26日)
(※マネックス証券より)

上場規模

SERIOホールディングスのIPOの規模は最大で約14.7億円であり、東証マザーズとしてはやや小型~中型です。小型であればある程、初値リターンは良い傾向があります。

公募株式数は700,000株、売出株式数は20,000株、オーバーアロットメント(OA)は108,000株です。

公開比率(オファリングレシオ)は最大で約28%と標準的です。公開比率が低ければ低いほど、初値リターンが高い傾向があります。公募株式数に占める売出の割合は約3%です。

貸株人である若濵久、当初売却人である海老雅和、並びに当社株主である株式会社KDT、中村明裕、廣田純孝、朝山貴文、中川修、麻田祐司、猪俣慎二及び佐藤竜一には、原則として90日間のロックアップがかかっています。株価上昇による解除条項はありません。

上記のほか、SERIOホールディングスは、取引所の定める「有価証券上場規程施行規則」の規定に基づき、上場前の第三者割当等による募集株式等の割当に関し、割当を受けた者との間で継続所有等の確約を行っています。

株主名保有割合ロックアップ
若濵久50.92%
(株)KDT19.09%
セリオグループ従業員持株会12.73% 
海老雅和3.39%
中村明裕3.39%
廣田純孝3.39%
朝山貴文1.70%
中川修0.90%
麻田祐司0.85%
猪俣慎二0.85%

初値予想

SERIOホールディングスの事業は就労支援事業、放課後事業及び保育事業ということで、IPOにおける業種の人気度はやや高めです。

予想PERは105.5倍、予想PBRは3.80倍、予想配当利回りは0.16%であり、類似企業と比較すると割安感がありません。

コード銘柄名PERPBR配当利回り
2168パソナグループ85.484.230.55%
2181パーソルホールディングス27.704.160.69%
2462ライク23.414.881.07%
2471エスプール28.089.040.60%
2749JPホールディングス32.723.461.04%
3654ヒト・コミュニケーションズ18.353.450.84%
6065ライクキッズネクスト11.022.870.00%
6070キャリアリンク18.712.111.81%
6198キャリア54.0521.450.22%

約14.7億円という上場規模は東証マザーズとしては小型ではないものの、問題なく吸収できる水準です。上位株主にはVCはなく、万遍なくロックアップがかかっています。

絶好調で活況の株式市場はプラス材料で、IPOの初値も通常であれば公募割れ濃厚という銘柄まで手堅いプラスリターンとなって堅調な展開となっています。

東証マザーズの10億~15億円のやや小型IPOの初値結果は以下のとおりです。

  • グローバル・リンク・マネジメント:+134.0%
  • クックビズ:+134.7%
  • テンポイノベーション:+93.5%
  • テックポイント・インク:+64.9%
  • UUUM:+226.8%
  • トランザス:+170.0%
  • ツナグ・ソリューションズ:+112.0%
  • ユーザーローカル:+325.2%
  • ピーバンドットコム:+113.9%
  • レノバ:+50.0%
  • エイトレッド:+133.9%
  • シンシア:-7.1%
  • JMC:+89.2%
  • インソース:+55.8%
  • セラク:+160.0%
  • キャリア:+98.5%
  • ジェイリース:+34.5%
  • アトラエ:+135.6%
  • PR TIMES:+59.0%
  • ベネフィットジャパン:+67.2%
  • フェニックスバイオ:-2.1%
  • ブラス:+6.4%
  • バルニバービ:+130.0%
  • GMOメディア:+101.1%
  • ブランジスタ:+43.8%
  • アイビーシー:+251.0%
  • STUDIOUS:+20.0%
  • PCIホールディングス:+169.6%
  • Hamee:+67.2%
  • sMedio:+58.7%
  • ファーストコーポレーション:+25.0%
  • ファーストロジック:+52.5%
  • データセクション:+73.1%
  • サイジニア:+125.8%
  • フルッタフルッタ:+51.5%
  • メディカル・データ・ビジョン:+135.9%
  • セレス:+55.4%
  • オプティム:+260.0%

以上を総合考慮して、初値予想はプラスリターンです。


主幹事は野村證券です。その他は、大和証券、SMBC日興証券、みずほ証券、SBI証券、エース証券、岡三証券で申し込めます。

証券会社名割当株式数割当比率
野村証券643,00089.31%
大和証券21,0002.92%
SMBC日興証券21,0002.92%
みずほ証券14,0001.94%
SBI証券7,0000.97%
エース証券7,0000.97%
岡三証券7,0000.97%

岡三グループの岡三オンライン証券でも取扱いが期待できます。口座数が少なくてライバルは少なめです。

岡三証券グループにはネット証券「岡三オンライン証券」があります。使い勝手がよくて投資に役立つツールに定評のあるネット証券です...

岡三オンライン証券は、当サイト限定タイアップでお得な入会キャンペーンを行なっています。口座開設と1回以上の取引だけで3,500円+特別レポートがプレゼントされます。

ネット証券のキャンペーンとしては破格の内容でおすすめです。まだ口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会に開設してみてはいかがでしょうか。

岡三オンライン証券

SERIOホールディングスのIPOの当選のコツについては、以下で徹底解説しています。

株には「IPO」という制度があります。新規上場株式を購入することができます。人気銘柄は抽選となり、なかなか当選しづらいのがデメリ...

SBI証券が幹事に入っているので、着実にSBIチャレンジポイントを貯めましょう。

参考まだ安全資産は定期預金と国債だけなの?IPOチャレンジポイントで確実にS級IPOをゲットできる

SBI証券でIPOの引受け部門で活動していたプロにインタビューして、貴重なお話を聞きました。以下にまとめています。

日本の幾多のネット証券の中で、ここ最近では、SBI証券は唯一、IPOで主幹事証券を担ってきた証券会社です。また、幹事証券としての引...

SBI証券は当サイト限定でお得なタイアップ・プログラムを実施しています。なんと口座開設だけで3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。口座開設・維持は無料です。

SMBC日興証券のネット口座は小口個人投資家でもIPOが当選することがあります。口座開設をおすすめします。

SMBC日興証券という大手証券会社がありますね。SMBC日興証券はインターネット口座もあります。「ダイレクトコース」という名前です。...
日本を代表する大手証券の一角がSMBC日興証券です。約100年の歴史があり、大正・昭和・平成と時を紡いできました。対面での総合コ...

今回は幹事団に入っていませんが、マネックス証券は完全抽選で小口個人投資家でも当選する可能性がある証券会社です。

日本の大手ネット証券の一角がマネックス証券です。1999年創業以来、次々と先進的なサービスを提供してきており、日本初のサービスを...

株・投資信託ならネット証券のマネックス

ライブスター証券でもIPOの取扱いを開始しています。委託幹事に名を連ねる可能性があります。

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン

ライブスター証券は当サイトと限定タイアップキャンペーンを行なっています。証券総合口座の新規口座開設だけで特別に2,000円がプレゼントされます。信用取引口座の開設は不要です。

現物取引手数料が2ヶ月間も無料で取引でき、更に当サイト限定で、口座開設だけで2,000円のプレゼントもあります!

当サイト限定!ライブスター証券の口座開設で2,000円プレゼント

<投資スタンス>
やや強気
(※強気・やや強気・中立・やや弱気・弱気の5段階)

  1. 強気:対面証券・ネット証券で全力申込
  2. やや強気:ネット証券で申込、対面証券では原則申込(回数制限やS級狙いで回避することも)
  3. 中立:ネット証券、S級銘柄の当落に影響がない対面証券では申込(大量獲得を狙える場合は妙味あり)
  4. やや弱気:SBI証券以外は原則回避、対面証券はバーター取引ならOK
  5. 弱気:SBI証券以外は回避

過去のIPO初値予想の履歴

銘柄名(2015年)発表時BB直前結果
Keeper技研やや強気やや強気49.1%
ケネディクス商業リート投資法人中立やや強気13.3%
ファーストロジック強気強気52.5%
ファーストブラザーズやや弱気やや弱気2.5%
ホクリヨウ中立中立8.9%
ALBERT強気強気115.7%
シリコンスタジオやや強気やや強気102.0%
コラボス強気強気137.6%
エムケイシステム強気強気332.0%
ショーケース・ティービー強気強気193.9%
ヘルスケア&メディカル投資法人やや強気やや強気54.5%
エスエルディー強気強気15.3%
ヒューマンウェブやや強気やや強気11.7%
イード強気強気46.4%
ファーストコーポレーションやや強気やや強気25.0%
RSTechnologies中立中立-23.6%
シンデン・ハイテックスやや強気やや強気12.2%
ハウスドゥやや強気やや強気47.2%
Aiming中立中立12.2%
モバイルファクトリー強気強気99.4%
日本動物高度医療センターやや強気やや強気44.2%
プラッツやや強気やや強気70.2%
sMedioやや強気やや強気58.7%
サンバイオ弱気弱気-14.5%
海帆やや強気やや強気76.5%
Hameeやや強気やや強気67.2%
日本スキー場開発中立中立9.9%
シーアールイー弱気弱気-7.3%
三機サービス中立中立37.1%
レントラックス強気強気53.1%
リンクバルやや強気やや強気27.9%
ジグソー強気強気236.4%
Gunosy中立中立0.0%
デザインワン・ジャパンやや強気やや強気50.9%
テラスカイ強気強気350.0%
ヘリオス中立弱気22.5%
スマートバリュー強気強気344.9%
マーケットエンタープライズ強気強気167.0%
デジタル・インフォメーション・テクノロジー強気強気246.2%
エコノス弱気中立120.0% 
中村超硬弱気弱気11.8%
メニコンやや強気やや強気73.5%
冨士ダイス弱気弱気50.9%
ファンデリー強気強気102.1%
ナガオカ中立中立40.6%
サムティ・レジデンシャル投資法人中立中立 -2.9%
富士山マガジンサービス強気強気126.4%
クレステックやや強気やや強気82.4%
平山やや強気やや強気29.5%
アイリッジ強気強気429.2%
デクセリアルズ弱気弱気-3.1%
ジャパン・シニアリビング投資法人やや強気やや強気-10.5%
イトクロ中立中立4.1%
PCIホールディングスやや強気やや強気169.6% 
エスケーホーム中立やや強気13.8%
パルマ強気強気70.5%
メタップス中立中立-7.9%
ラクト・ジャパン中立中立0.0%
土木管理総合試験所中立中立-2.4%
アクアライン強気強気21.7% 
ベステラやや強気やや強気25.0%
STUDIOUSやや強気やや強気20.0%
JESCOホールディングス中立中立5.4%
ピクスタ強気強気34.8%
アイビーシー強気強気251.0%
ブランジスタやや強気強気43.8%
AppBankやや強気強気45.8%
グリーンペプタイド弱気弱気-8.0%
GMOメディアやや強気やや強気101.1%
パートナーエージェントやや強気強気217.5%
バルニバービやや強気やや強気130.0%
日本郵政中立中立16.5%
ゆうちょ銀行中立中立15.9%
かんぽ生命保険中立中立33.1%
ロゼッタ強気強気433.1%
あんしん保証強気強気292.5%
ベルシステム24HD弱気弱気-5.0%
ネオジャパン強気強気401.7%
いちごホテルリート投資法人投資法人中立中立-1.8%
インベスターズクラウドやや強気やや強気93.3%
鎌倉新書やや強気強気 180.6%
ラクス強気強気228.7%
ランドコンピュータやや強気やや強気103.4%
ダブルスタンダード強気強気128.8%
オープンドアやや強気やや強気23.3%
ミズホメディーやや強気やや強気156.5%
ツバキ・ナカシマ弱気弱気4.5%
アートグリーン中立中立46.2%
フリューやや強気弱気0.6%
ビジョン中立中立 10.7%
アークン強気強気262.1%
マイネット強気やや強気19.3%
ソネット・メディア・ネットワークス強気強気139.1%
ソーシャルワイヤー強気強気56.9%
ケイアイスター不動産弱気弱気6.8%
プロパティエージェントやや強気やや強気115.0%
一蔵中立弱気2.1%
  • この記事を書いた人

まつのすけ

14年に渡ってクレカ・電子マネー等のキャッシュレス決済を探求。日本のキャッシュレス化に貢献することが目標です。55枚のクレジットカードを保有し、支払年会費の総額は113万円。実生活において徹底的に活用した経験を活かして、記事を執筆しております。

-IPO

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.