上場!アイスコ(7698)のIPOの初値予想

更新日: IPO

アイスコ

アイスコ(7698)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は2021年3月23日(火)~3月29日(月)、上場日は2021年4月8日(木)です。

新規上場する市場は東証JASDAQスタンダードで、想定価格は1,750円(1単元17.5万円)です。公募価格は2021年3月30日(火)に決定。

仮条件は1,750円~2,000円と上振れました。予想PERは8.4~9.6倍です。

初値予想はやや大き目のプラスリターンです。以下のレンジを想定しています。

2,900〜3,900円(仮条件の上限比+45.0%~+95.0%)

アイスコはアイスクリーム・冷凍食品の卸売業を行うフローズン事業、食品スーパーマーケットの運営を行うスーパーマーケット事業を展開しています。

監査法人はPwC京都監査法人で、本社所在地は神奈川県横浜市泉区新橋町1212です。

アイスコとは

アイスコは「I Care Everybody Company ~あらゆる人々に慈しみの心をもって接する企業でありたい~」という企業理念を掲げ、フローズン事業、スーパーマーケット事業を運営しています。

フローズン事業

アイスコのフローズン事業では、関東及び東海エリアを中心に13拠点の物流センター・営業所と約300台の配送用のトラックを所有し、主にドラッグストア、食品スーパー等の小売店で販売されるアイスクリーム及び市販用冷凍食品の卸売を行っています。

アイスコの取り扱うアイスクリームは、一般社団法人日本アイスクリーム協会の調査によると、2019年の市場規模は5,151億円となり、冷凍食品は、女性の社会進出などを背景として、近年市場が拡大しています。

アイスクリーム・冷凍食品の商品知識を備えた営業担当者を育成し、小売業のニーズに応える商品提案を行っています。

ドラッグストアなど、バックヤードに冷凍庫がなく少人数で運営する店舗においては、アイスクリーム・冷凍食品の性質上溶解が発生してしまうため、すぐに売場の冷凍ケースに陳列しなければなりません。

アイスコは、アイスクリーム・冷凍食品の専門の卸問屋として、「ドロップ納品」(商品をバックヤードに置いてくるだけの納品スタイル)ではなく、売り場に直接陳列して納品する「フルメンテナンスサービス」(得意先の売り場に直接商品を納品し、売り場づくりまでアイスコの配送員が行うサービス)を主として提供しています。

小売業の人手不足を補い、店舗に陳列の業務負担をかけることなく、商品を販売できるという付加価値を付けたサービスを対価を得て提供しています。

フルメンテナンスサービスの中には、アイスコ社員が得意先に代わって需要を予測し発注する、発注サービスも提供しています。

また、物流業界は深刻な人手不足、ドライバー不足となっていますが、アイスコの配送は、通常9割を自社社員が行い、残り1割を協力会社等に委託しています。

自社社員で配送することで、きめ細かいサービスを提供するとともに、フルメンテナンスサービスの質を高める教育を積極的に行い、得意先の開拓、拡大を図っています。

スーパーマーケット事業

アイスコスーパーマーケット事業は神奈川県を中心に「スーパー生鮮館TAIGA」を8店舗、テナントとして2店舗展開しています。

アイスコの強みである生鮮3品(青果・鮮魚・精肉)に注力する事で、大手スーパーとの差別化を図っています。

生鮮3品につきましては、鮮度・品質・品揃え・価格に徹底的にこだわり、より良い商品、美味しい商品を、よりお求めやすく提供できるよう不断の努力を続けています。

アイスコの直営店舗は、出店立地の環境に応じ、主に売場面積150坪から320坪の範囲で店舗展開を進めています。

商品の供給につきましては、鮮度を重視するため、早朝に市場にて、担当バイヤーが青果・鮮魚を買い付けています。

知識・経験豊富なバイヤーが買い付けた商品が、その日のうちに店頭に並び販売される、つまり当日仕入れ当日販売を行うことによって、鮮度にこだわっています。

従業員数は651名、平均年齢は36.8歳、平均勤続年数は5.5年、平均年間給与は413.7万円です。

アイスコのIPOの諸データ

アイスコの業績推移

業績面では売上高・純利益・経常利益は右肩上がりの傾向となっています。

アイスコの業績推移

主要な経営指標等の推移は下表のとおりです。

回次第64期第65期第66期第67期第68期
決算年月2016年3月2017年3月2018年3月2019年3月2020年3月
売上高(千円)32,163,47831,346,40232,991,38235,214,79136,728,211
経常利益(千円)261,296434,944831,414419,247212,303
当期純利益(千円)165,041228,658416,732223,205144,457
資本金(千円)75,00075,00075,00075,00075,000
発行済株式総数(株)107,000107,000107,000107,000107,000
純資産額(千円)698,1951,078,0501,498,0961,718,1051,833,626
総資産額(千円)9,795,84511,098,16012,227,61012,350,22313,648,457
BPS(円)6,52510,07514,0011,070.071,141.46
1株配当(円)250250
EPS(円)1,5632,1373,895139.0790
自己資本比率(%)7.19.712.313.913.4
自己資本利益率(%)27.225.732.413.98.1
配当性向(%)1218.5
営業CF(千円)682,684311,279
投資CF(千円)△474,657△564,431
財務CF(千円)△235,461△98,011
現金等(千円)1,582,8061,231,642
従業員数(人)411443518579632

市場トレンド

市況面では、上場直前3ヶ月間のインデックスが上昇トレンドの状況だと初値リターンが高い傾向となっています。

JASDAQ指数は美しい右肩上がりの傾向となっていますが、足元では調整含みとなっています。

このまま軟調な相場が続くと向かい風となり、堅調な推移に回帰すればIPOにおいて追い風となります。

ジャスダックインデックスのチャート(過去3ヶ月)

上場規模

アイスコのIPOの規模は最大で約10.7億円であり、JASDAQスタンダードとしてはやや小型です。小型であればある程、初値リターンは良い傾向があります。

公募株式数は217,500株、売出株式数は315,500株、オーバーアロットメント(OA)は79,900株です。

公開比率(オファリングレシオ)は最大で約34%とやや高めです。公開比率が低ければ低いほど、初値リターンが高い傾向があります。公募株式数に占める売出の割合は59%です。

株主名保有割合ロックアップ
(株)KANコーポレーション38.70%
相原敏貴21.07%
相原貴久8.60%
アイスコ従業員持株会4.56%
江崎グリコ(株)4.30%
相原久子3.01%
青木哲也2.58%
野口みゆき2.58%
永野泰敬1.03%
山本宗男0.95%

※制度ロックアップによる継続保有を含む

初値予想

アイスコの事業はアイスクリーム・冷凍食品の卸売業を行うフローズン事業、食品スーパーマーケットの運営を行うスーパーマーケット事業ということで、IPOにおける業種の人気度は高くありません。

予想PERは8.4~9.6倍であり、類似企業と比較すると割安感があります。

コード銘柄名PERPBR配当利回り
3038神戸物産41.0811.360.49%
3094スーパーバリュー5.851.450.62%
3160大光赤字2.071.29%
3222ユナイテッド・スーパーマーケ21.000.991.57%
7481尾家産業赤字1.150.00%
8006ユアサ・フナシヨク赤字0.440.67%
8079正栄食品27.111.841.08%
8142トーホー209.781.110.00%
8194ライフコ-ポレ-ション9.911.721.48%
8198マックスバリュ東海19.941.291.94%
8279ヤオコー17.952.370.94%
8289OLYMPICグループ6.480.792.28%
9823マミーマート9.190.961.54%
9974ベルク15.391.701.32%

約10.7億円という上場規模はJASDAQスタンダードとしてはやや小型です。上位株主にVCがなく、万遍なくロックアップがかかっています。

JASDAQスタンダードの10億~20億円のやや小型IPOの初値結果は以下のとおりです。

過去実績

  • 室町ケミカル:+73.7%
  • 東和ハイシステム:+130.4%
  • リベルタ:+76.7%
  • グラフィコ:+133.7%
  • ミアヘルサ:-25.0%
  • コンピューターマネージメント:+58.5%
  • 浜木綿:+39.2%
  • 共栄セキュリティーサービス:+36.5%
  • プリントネット:+45.8%
  • イボキン:+19.7%
  • ABホテル:+104.0%
  • ヴィスコ・テクノロジーズ:+204.9%
  • 幸和製作所:+126.7%
  • 大阪油化工業:+66.7%
  • 壽屋:+32.5%
  • クロスフォー:+44.0%
  • ネットマーケティング:+36.1%
  • ズーム:+49.9%
  • ほぼ日:+128.1%
  • グッドコムアセット:+32.4%
  • ウイルプラスホールディングス:-8.0%
  • ヒロセ通商:±0%
  • 平山:+29.5%
  • ヨシックス:+29.4%
  • 鳥貴族:+120.7%
  • ホットマン:+67.5%
  • イーグランド:+27.3%
  • 日本コンセプト:-8.0%
  • マックスバリュ九州:+4.0%

以上を総合考慮して、初値予想はやや大き目のプラスリターンです。

主幹事は野村證券です。その他は、SMBC日興証券、SBI証券、楽天証券、マネックス証券で申し込めます。

証券会社名割当株式数割当比率
野村証券506,60095.05%
SMBC日興証券18,6003.49%
SBI証券2,6000.49%
楽天証券2,6000.49%
マネックス証券2,6000.49%

アイスコのIPOの当選のコツについては、以下で徹底解説しています。

株には「IPO」という制度があります。新規上場株式を購入することができます。人気銘柄は抽選となり、なかなか当選しづらいの...

SBI証券が幹事団に入っているので、着実にSBIチャレンジポイントを貯めましょう。

参考まだ安全資産は定期預金と国債だけなの?IPOチャレンジポイントで確実にS級IPOをゲットできる

SBI証券でIPOの引受け部門で活動していたプロにインタビューして、貴重なお話を聞きました。以下にまとめています。

日本の幾多のネット証券の中で、ここ最近では、SBI証券は唯一、IPOで主幹事証券を担ってきた証券会社です。また、幹事証券と...

SBI証券は当サイト限定でお得なタイアップ・プログラムを実施しています。なんと口座開設だけで3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。口座開設・維持は無料です。

SMBC日興証券のネット口座は小口個人投資家でもIPOが当選することがあります。口座開設をおすすめします。

SMBC日興証券という大手証券会社がありますね。SMBC日興証券はインターネット口座もあります。「ダイレクトコース」という名...
日本を代表する大手証券の一角がSMBC日興証券です。約100年の歴史があり、大正・昭和・平成と時を紡いできました。対面で...

マネックス証券は完全抽選で小口個人投資家でも当選する可能性がある証券会社です。

日本の大手ネット証券の一角がマネックス証券です。1999年創業以来、次々と先進的なサービスを提供してきており、日本初のサ...

株・投資信託ならネット証券のマネックス

楽天証券も幹事団に名を連ねています。

楽天証券という楽天グループのネット証券があります。日本の大手ネット証券の一角であり、大人気で存在感がある証券会社です...

野村證券はIPOの取り扱いが多いのがメリットです。小口個人ですと当たりづらいですけれども、ポチポチ作業を許容できる場合は候補です。

郵政3社、JR九州などの大型株に関しては意外な程に当たりやすいです。

野村證券

大和証券も厳正かつ公平な抽選サービスとなっており、小口投資家でも当選の可能性はあります。

岡三オンライン証券でも取扱いの可能性があります。

岡三証券グループにはネット証券「岡三オンライン証券」があります。使い勝手がよくて投資に役立つツールに定評のあるネット...

岡三オンライン証券は、当サイト限定タイアップでお得な入会キャンペーンを行なっています。口座開設と1回以上の取引だけで3,500円+特別レポートがプレゼントされます。

ネット証券のキャンペーンとしては破格の内容でおすすめです。まだ口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会に開設してみてはいかがでしょうか。

岡三オンライン証券

SBIネオトレード証券でもIPOの取扱いを開始しています。委託幹事に名を連ねる可能性があります。

現在はお得なキャンペーンを開催しています。

SBIネオトレード証券 公式キャンペーン

松井証券も委託幹事団に名を連ねる可能性があります。

日本を代表する大手ネット証券の一角が松井証券です。約100年の歴史があり、大正・昭和・平成と時を紡いできました。日本初の...

岩井コスモ証券は、ネット抽選分は小口個人投資家に嬉しい完全公平抽選となっています。

100年以上の歴史を誇る老舗総合証券の一つが岩井コスモ証券です。対面口座だけではなく、ネット専用口座もあります。IPOの取...

東海東京証券は小口個人投資家には嬉しい完全抽選がある証券会社です。

東海東京証券という準大手証券会社がありますね。東海東京証券はインターネット口座もあります。店頭口座はハードルが高いと...

むさし証券もIPOのサービスを提供しています。インターネット口座は売却手数料がリーズナブルです。

むさし証券という証券会社があります。対面口座とネット口座があり、ネット口座のトレジャーネットは、安価な手数料と金利に...

<投資スタンス>
やや強気+
(※強気・やや強気・中立・やや弱気・弱気の5段階)

  1. 強気:対面証券・ネット証券で全力申込
  2. やや強気:ネット証券・対面証券で申込
  3. 中立:ネット証券、S級銘柄の当落に影響がない対面証券では申込(大量獲得を狙える場合は妙味あり)※回数制限やS級狙いで回避することも
  4. やや弱気:SBI証券以外は原則回避(ただし、マイナス覚悟の勝負で申し込むことも)
  5. 弱気:SBI証券以外は回避(対面証券はバーター取引ならOK)

過去のIPO初値予想の履歴

-IPO

© 2014-2021 The Goal