dポイントのJALマイル移行キャンペーンがお得!2024年最新

更新日:   ポイント JALマイル

サイト運営費用を賄うための運営ポリシー

dポイントとJALマイル

dポイントはJALマイルへの交換で強みがある共通ポイントです。

2ポイント単位で50%のレート(2ポイント→1マイル)で移行でき、かつ定期的にJALマイルへの交換が+10%(10ポイント→5.5マイル)で交換できるキャンペーンが開催されています。

毎年JALの決算期である3月に開催されることが多く、2022年は3月だけではなく11~12月にも実施されています。

dポイントのJALマイル交換で+10%のキャンペーンについて、注意点を網羅してわかりやすく徹底的に解説します。

公式サイトdポイントからJALマイルへの交換レート10%アップキャンペーン

キャンペーンの内容・上限

dポイントからJALマイルへの交換レートUPキャンペーン期間中は、dポイントからJALマイルへの交換レートが10%増量となり、1.1倍のレートで交換できます。

内訳

  • 通常の交換レート:1,000 dポイント → 500 JALマイル(50%)
  • キャンペーンの交換レート:1,000 dポイント → 550 JALマイル(55%)※1.1倍

JALマイルは基本50%の交換レートでしか各種ポイントを交換できないので、キャンペーン時の交換がお得です。

dポイント→JALマイルレートUPキャンペーン概要

  • 対象:dポイントクラブ会員&JMB日本地区会員の方
  • 期間:2023年2月1日~3月31日にJALマイルへの交換申し込み完了
  • 内容:JALマイルが1.1倍に(通常50%→キャンペーン55%)
  • 上限:1カ月あたり40,000ポイント
  • 注意点:1マイル未満の端数は切り捨て
  • ボーナスマイルの加算時期:1~2ヶ月程度(通常マイル分の交換完了と同時に積算)

例えば10,000ポイントを交換した場合、通常は5,000マイルのところ+500マイルで5,500マイルを獲得可能です。

JALマイル

過去のキャンペーンの開催時期

dポイント→JALマイルレートUPキャンペーンは、日本航空の決算期直前である2月~3月に開催される年が多いです。

特典航空券までマイルが少し不足しており急いで交換する必要がある場合は別ですが、急ぎではない場合、dポイントは増量キャンペーン開催時にJALマイルに移行するのがベストです。

もちろん今後も開催されることが公表されているわけではありませんが、1回程度は開催される年が多いので、今後も実施を期待できます。

ちなみにJALマイレージバンクのメルマガに登録していると、dポイントの増量キャンペーンの案内があるので、見逃す心配はありません。

dポイントのJALマイルへの交換レートUPキャンペーン

他のポイントもdポイントに移行して増量キャンペーンを利用可能

dポイントなんて全然もっていないという方も多いでしょう。

しかし、dポイントに交換できるポイントは多いですし、各種ポイント→ハブとなる大手ポイント→dポイントというルートもあります。

ポイント名交換単位実質レート必要時間
リクルートポイント1→1ポイント100%即時
.money
(ドットマネー)
300→300 dポイント100%3営業日以内
ハピタス300→300 dポイント100%約5日
モッピー500→500 dポイント100%即時
ちょびリッチ200→100 dポイント100%即時
Gポイント100→100 dポイント100%即時
PeX1,000→100 dポイント100%即時
エポスポイント1,000 →1,000 dポイント100%約30日
オリコポイント1,000→1,000 dポイント100%1~15日:25日頃
16~末日:翌月10日頃
永久不滅ポイント100→500 dポイント100%即時
マネックスポイント1→1 dポイント100%即時
松井証券ポイント1→1 dポイント100%即時

※Gポイントはポイント交換の前後一定期間に対象サービスを利用しない場合は5%の手数料

各種ポイントをdポイントに移行し、JALマイル交換レートUPキャンペーンを利用するのも有力な選択肢です。

ただし、最新のキャンペーンは2023年3月末が期限なので、それまでに各ポイント→dポイントへの交換が完了していないと、キャンペーンを利用できません。

オリコポイントエポスポイント永久不滅ポイントは移行完了まで時間がかかるので注意しましょう。

各ポイント交換のハブ(中継点)として活用できるGポイントやドットマネーからdポイントに等価交換できるので、これらの活用がおすすめです。

空港で例えると、トランジットに役立つシンガポール・チャンギ国際空港、タイ・スワンナプーム国際空港、ドバイやカタールのような存在です。

人気ポイントサイトはdポイントに直接交換できるポイントが多く、無理でもドットマネー・Gポイント・Pexルートを利用できます。

したがって、dポイントのレートアップキャンペーンを利用すると、最終的に55%のレートでJALマイルに移行できます。

Pontaポイントや永久不滅ポイントの方がお得

JALメールニュースでのPonta増量キャンペーンの案内

dポイント以外にも、Pontaポイント永久不滅ポイント等が、交換レートUPキャンペーンを定期的に開催しています。

dポイントは+10%増量の時期が多いですが、Pontaポイント・永久不滅ポイントは+20%増量がほとんどです。

したがって、dポイント→JALマイルより、Pontaポイントか永久不滅ポイント→JALマイルの方がお得になっています。

各種ポイントサイトのポイントをJALマイルに交換したい場合、できれば以下のキャンペーンがベストです。

PontaポイントのJALマイル移行キャンペーンがお得!2024年最新
PontaポイントはJALマイルへの交換で強みがある共通ポイントです。2ポイント単位で50%のレート(2ポイント→1マイル)で移行...
永久不滅ポイントのJALマイル交換キャンペーンがお得!2024年最新
永久不滅ポイントはJALマイルへの交換で強みがあるポイントです。50%のレート(1,000円相当の200ポイント→500マイル)で移行...

まとめ

dポイント

dポイントは2023年2月1日~3月31日の期間中、JALマイルへの交換で10%増量キャンペーンを開催しています。

内訳

  • 通常の交換レート:1,000 dポイント → 500 JALマイル(50%)
  • キャンペーンの交換レート:1,000 dポイント → 550 JALマイル(55%)※1.1倍

1,000円相当のdポイント=550マイルで移行でき、JALマイル交換レートが55%に昇華します。

各種ポイントからJALマイルへの交換は、平常時の交換レートはよくて50%となっています(10円相当のポイント→5マイル)。

したがって、dポイント増量キャンペーンでの交換レート55%は好条件です。しかも上限が月4万ポイントなので、大量のポイントをJALマイルへお得に流し込めます。

モッピーのドリームキャンペーンは80%ですが、1ヶ月あたり確定1万ポイントが必要でハードルが高めとなっています。

したがって、大量のポイントを持っている方は、55%のdポイントのJALマイル増量キャンペーンの活用がおすすめです。

ただし、PontaポイントのJALマイル移行キャンペーン永久不滅ポイントのキャンペーンは+20%なので、そちらの方がお得です。

なお、日常生活の決済では、マリオットアメックスJALカードセゾンプラチナ・ビジネス・アメックスなど、JALマイルが貯まりやすいクレジットカードを活用すると効率的にJALマイルを貯められます。

入会キャンペーンもお得になっており、お得な還元を享受することが可能です。

-ポイント, JALマイル
-