上場!バリオセキュア(4494)のIPOの初値予想

更新日: IPO

バリオセキュア

バリオセキュア(4494)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は2020年11月12日(木)~11月17日(火)、上場日は2020年11月30日(月)です。

新規上場する市場は東証2部で、想定価格は2,210円(1単元22.1万円)です。公募価格は2020年11月18日(水)に決定。

仮条件は2,210円~2,250円と上振れました。予想PERは16.8~17.1倍です。

初値予想は「公開価格近辺でマイナスリターンの可能性がある」です。以下のレンジを想定しています。

2,200〜2,500円(仮条件の上限比-2.2%~+11.1%)

バリオセキュアは、総合的なネットワークセキュリティサービスを展開しています。

監査法人はEY新日本有限責任監査法人で、本社所在地は東京都千代田区神田錦町1-6 住友商事錦町ビル5Fです。

バリオセキュアとは

バリオセキュアの経営理念は、「インターネットを利用する全ての企業が安心で快適にビジネスを遂行できるよう、日本そして世界へ全力でサービスを提供する。」となっています。

インターネットに関するセキュリティサービスを提供する企業として、安全にインターネットを利用することができる施策を講じています。

インターネットからの攻撃や内部ネットワークへの侵入行為、またウィルスの感染やデータの盗用といった各種の脅威から企業のネットワークを守っています。

区分 サービス内容
マネージドセキュリティサービス VSRを利用した統合型インターネットセキュリティサービス
データのバックアップサービス(VDaP)
インテグレーションサービス VCR
ネットワークインテグレーションサービス(IS)

バリオセキュアは、セキュリティサービスで利用する機器の調達、機器にインストールする基幹ソフトウエアの開発、機器の設置/設定、機器設置後の監視/運用までをワンストップで行っています。

  • VSRを利用した統合型インターネットセキュリティサービス
  • データのバックアップサービス(VDaP)
  • 中小企業向け統合セキュリティ機器(UTM)であるVCR(Vario Communicate Router)の販売とネットワーク機器の調達や構築を行うネットワークインテグレーションサービス

エンドユーザーは、機器の選定や運用サービスを個別に検討する必要がなく、手間がかからずにサービスを利用することが可能となります。

また、バリオセキュアがワンストップでサービスを提供しているため、問題が発生した際に原因の究明と対応が行い易く、エンドユーザーは、問い合わせやトラブルに対するサポートを迅速に受けることができます。

バリオセキュアは、監視/運用サービスを基本に各種セキュリティサービスを月額費用により提供しています。

導入企業が増加すれば、年々収益が積み上がる「リカーリングビジネス」と呼ばれるモデルであり、収益の安定化と継続的な拡大に大きく貢献。

2020年1月末で、全国47都道府県に7,258拠点(VSR設置場所数)のマネージドセキュリティサービスを提供しており、継続的な収益の安定化を実現しています。

第4期事業年度の「リカーリングビジネス」であるマネージドセキュリティサービスによる売上収益の売上収益全体に占める比率は85.7%です。

バリオセキュアの販売モデルは、販売代理店を介した間接販売及びバリオセキュアによる直接販売に分類できますが、間接販売が中心。

通信事業者やインターネットサービス事業者、データセンター事業者など、バリオセキュアのサービスを付帯することで顧客へ付加価値を提供することを期待する販売代理店と契約しています。

これら販売代理店と日本全国をカバーする販売網を構築し、継続的な営業案件の創出が可能となっています。

バリオセキュアでは、さらに営業活動を推進するためにセキュリティの専門家であるバリオセキュアが、販売代理店の代わりに顧客に対して直接技術面の説明をする営業同行や、サービスの導入から設置までワンストップで支援することも実施しています。

持株会社の従業員数は73名、平均年齢は40.08歳、平均勤続年数は5.71年、平均年間給与は721.9万円です。

バリオセキュアのIPOの諸データ

バリオセキュアの業績推移

業績面では売上高は右肩上がりであり、経常利益・純利益は減益の年度がああります。

バリオセキュアの業績推移

主要な経営指標等の推移は下表のとおりです。

回次 第1期 第2期 第3期 第4期 第5期
決算年月 2016年2月 2017年2月 2018年2月 2019年2月 2020年2月
売上高 (千円) 1,056,138 2,226,157 2,299,255 2,513,337
経常利益 (千円) -320 119,381 507,797 443,621 495,894
当期純利益 (千円) -349 22,768 275,535 235,406 260,402
資本金 (千円) 10 310,000 310,000 310,000 310,000
発行済株式総数 (株) 1 186,330 186,330 186,330 3,726,600
純資産額 (千円) -339 1,821,347 2,096,883 2,332,290 2,592,692
総資産額 (千円) 10 6,584,352 6,173,760 6,003,264 6,194,121
BPS (円) -340 9,774.85 11,253.60 625.85 695.73
1株配当 (円)
EPS (円) -350 181.3 1,478.75 63.17 69.88
自己資本比率 (%) -3,398 27.66 33.96 38.85 41.86
自己資本利益率 (%) 2.5 14.06 10.63 10.58
株価収益率 (倍)
配当性向 (%)
営業CF (千円) 389,018 894,187
投資CF (千円) -50,726 -149,285
財務CF (千円) -401,000 -400,996
現金等 (千円) 288,323 632,229
従業員数 (人) 49 56 66 70

市場トレンド

市況面では、上場直前3ヶ月間のインデックスが上昇トレンドの状況だと初値リターンが高い傾向となっています。

東証2部指数は2020年3月中旬を底値として反発しましたが、ここ3ヶ月はボックス相場での推移となっています。

堅調な相場に回帰すれば、IPOにおいて追い風となり、反落したら向かい風となります。

上場規模

バリオセキュアのIPOの規模は最大で約60.1億円であり、東証二部としては大型です。

公募株式数は0株、売出株式数は2,365,000株、オーバーアロットメント(OA)は354,700株です。

公開比率(オファリングレシオ)は約73%とかなり高めです。公開比率が低ければ低いほど、初値リターンが高い傾向があります。公募株式数に占める売出の割合は100%です。

株主名 保有割合 ロックアップ
アイ・シグマ事業支援ファンド2号投資事業有限責任組合 91.66%
稲見吉彦 2.04%
山森郷司 0.39%
亀松節子 0.36%
梶浦靖史 0.35%
市瀬敦彦 0.35%  
バレスティモシー 0.29%  
池田毅 0.24%  
伊藤英明 0.24%  
佐々木大祐
鈴木泉永
原武史
藤井豊
藤田有悟
柳峰雄
0.24%  

※制度ロックアップによる継続保有を含む

初値予想

バリオセキュアの事業は総合的なネットワークセキュリティサービスということで、IPOにおける業種の人気度は高めです。先進性はなくてもセキュリティ関連銘柄は堅調な傾向があります。

予想PERは16.8~17.1倍であり、類似企業と比較すると割安感があります。

コード 銘柄名 PER PBR 配当利回り
3042 セキュアヴェイル 93.07 3.22 0.00%
3356 テリロジー 62.50 3.84 0.95%
3857 ラック 22.39 2.71 1.89%
3927 フーバーブレイン 赤字 11.58 0.00%
3968 セグエグループ 36.11 5.73 0.72%
4288 アズジェント 67.43 3.05 0.41%
6835 アライドテレシスHLDGS 赤字 3.90 0.00%
7518 ネットワンシステムズ 26.16 4.53 1.35%

約60.1億円という上場規模は東証2部としては大型です。上位株主にはVCが名を連ねているものの、万遍なくロックアップがかかっています。

東証2部の20億円以上のIPOの初値結果は以下のとおりです。

過去実績

  • STIフードホールディングス:+9.5%
  • リバーホールディングス:-25.0%
  • ウイルテック:±0%
  • カクヤス:+16.6%
  • テクノフレックス:+18.0%
  • ワシントンホテル:+11.6%
  • ナルミヤ・インターナショナル:-3.8%
  • 信和:-3.8%
  • オプティマスグループ:+11.2%
  • 要興業:+26.7%
  • プレミアグループ:-4.3%
  • Casa:+2.7%
  • ウェーブロックホールディングス:-3.9%
  • 船場:-7.5%
  • ジャパンミート:+3.0%
  • 一蔵:+2.1%
  • ケイアイスター不動産:+6.8%
  • ラクト・ジャパン:±0%
  • 冨士ダイス:+50.9%
  • シーアールイー:-7.3%
  • 大冷:-6.7%
  • SFPダイニング:-16.5%
  • 日本ビューホテル:-2.3%
  • OATアグリオ:-6.3%
  • 丸和運輸機関:-8.8%
  • 日本BS放送:+6.6%
  • ウィルグループ:-4.2%
  • アサンテ:+11.2%
  • ファルテック:+5.3%

以上を総合考慮して、初値予想は「公開価格近辺でマイナスリターンの可能性がある」です。


主幹事は野村證券です。その他は、SMBC日興証券、大和証券、いちよし証券、みずほ証券、岡三証券、岩井コスモ証券、SBI証券、楽天証券、マネックス証券で申し込めます。

証券会社名 割当株式数 割当比率
野村証券 2,046,100 86.52%
SMBC日興証券 70,900 3.00%
大和証券 70,900 3.00%
いちよし証券 47,300 2.00%
みずほ証券 23,600 1.00%
岡三証券 23,600 1.00%
岩井コスモ証券 23,600 1.00%
SBI証券 23,600 1.00%
楽天証券 23,600 1.00%
マネックス証券 11,800 0.50%

岡三グループの岡三オンライン証券でも取扱いの可能性があります。

岡三証券グループにはネット証券「岡三オンライン証券」があります。使い勝手がよくて投資に役立つツールに定評のあるネット証券です...

岡三オンライン証券は、当サイト限定タイアップでお得な入会キャンペーンを行なっています。口座開設と1回以上の取引だけで3,500円+特別レポートがプレゼントされます。

ネット証券のキャンペーンとしては破格の内容でおすすめです。まだ口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会に開設してみてはいかがでしょうか。

岡三オンライン証券

バリオセキュアのIPOの当選のコツについては、以下で徹底解説しています。

株には「IPO」という制度があります。新規上場株式を購入することができます。人気銘柄は抽選となり、なかなか当選しづらいのがデメリ...

SBI証券が幹事に入っている場合は、着実にSBIチャレンジポイントを貯めましょう。

参考まだ安全資産は定期預金と国債だけなの?IPOチャレンジポイントで確実にS級IPOをゲットできる

SBI証券でIPOの引受け部門で活動していたプロにインタビューして、貴重なお話を聞きました。以下にまとめています。

日本の幾多のネット証券の中で、ここ最近では、SBI証券は唯一、IPOで主幹事証券を担ってきた証券会社です。また、幹事証券としての引...

SBI証券は当サイト限定でお得なタイアップ・プログラムを実施しています。なんと口座開設だけで3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。口座開設・維持は無料です。

SMBC日興証券のネット口座は小口個人投資家でもIPOが当選することがあります。口座開設をおすすめします。

SMBC日興証券という大手証券会社がありますね。SMBC日興証券はインターネット口座もあります。「ダイレクトコース」という名前です。...
日本を代表する大手証券の一角がSMBC日興証券です。約100年の歴史があり、大正・昭和・平成と時を紡いできました。対面での総合コ...

マネックス証券は完全抽選で小口個人投資家でも当選する可能性がある証券会社です。

日本の大手ネット証券の一角がマネックス証券です。1999年創業以来、次々と先進的なサービスを提供してきており、日本初のサービスを...

株・投資信託ならネット証券のマネックス

楽天証券も幹事団に名を連ねています。

楽天証券という楽天グループのネット証券があります。日本の大手ネット証券の一角であり、大人気で存在感がある証券会社です。業界最...

野村證券はIPOの取り扱いが多いのがメリットです。小口個人ですと当たりづらいですけれども、ポチポチ作業を許容できる場合は候補です。

郵政3社、JR九州などの大型株に関しては意外な程に当たりやすいです。

野村證券

大和証券も厳正かつ公平な抽選サービスとなっており、小口投資家でも当選の可能性はあります。

ライブスター証券でもIPOの取扱いを開始しています。委託幹事に名を連ねる可能性があります。

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン

ライブスター証券は当サイトと限定タイアップキャンペーンを行なっています。証券総合口座の新規口座開設だけで特別に2,000円がプレゼントされます。信用取引口座の開設は不要です。

現物取引手数料が2ヶ月間も無料で取引でき、更に当サイト限定で、口座開設だけで2,000円のプレゼントもあります!

当サイト限定!ライブスター証券の口座開設で2,000円プレゼント

松井証券も委託幹事団に名を連ねる可能性があります。

日本を代表する大手ネット証券の一角が松井証券です。約100年の歴史があり、大正・昭和・平成と時を紡いできました。日本初のボックス...

<投資スタンス>
やや弱気
(※強気・やや強気・中立・やや弱気・弱気の5段階)

  1. 強気:対面証券・ネット証券で全力申込
  2. やや強気:対面証券・ネット証券で申込(回数制限で回避することも)
  3. 中立:ネット証券、S級銘柄の当落に影響がない対面証券では申込(大量獲得を狙える場合は妙味あり)
  4. やや弱気:SBI証券以外は原則回避(ただし、マイナス覚悟の勝負で申し込むことも)
  5. 弱気:SBI証券以外は回避(対面証券はバーター取引ならOK)

過去のIPO初値予想の履歴

-IPO

© 2014-2020 The Goal