上場!QDレーザ(6613)のIPOの初値予想

更新日: IPO

QDレーザ

QDレーザ(6613)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は2021年1月21日(木)~1月27日(水)、上場日は2021年2月5日(金)です。

新規上場する市場は東証マザーズで、想定価格は230~320円(1単元2.3~3.2万円)です。公募価格は2021年1月28日(木)に決定。

仮条件は300円~340円と上振れました。予想PERは赤字です。

初値予想はプラスリターンです。以下のレンジを想定しています。

430〜600円(仮条件の上限比+26.4%~+76.5%)

QDレーザはレーザ技術を用いた製品の開発・製造・販売を行っており、レーザデバイス事業とレーザアイウェア事業を展開しています。

レーザ(Laser)とは、Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation(誘導放出による光増幅放射)の頭文字を取ったもので、共振器を用いて電磁波を増幅して得られる人工的な光であり、指向性や収束性に優れ、また波長を一定に保つことができる等の物理的な特長があります。

監査法人はEY新日本有限責任監査法人で、本社所在地は神奈川県川崎市川崎区南渡田町1番1号京浜ビル1階です。

QDレーザとは

QDレーザのレーザデバイス事業では、結晶成長を自社で実施し、半導体レーザチップ加工及びモジュール実装を社外協力会社に製造委託しています。

水平分業体制によるファブレス製造を実現し、ハイエンド技術を基にした事業となっています。

QDレーザは半導体レーザの特性を決める活性層成長を担っており、特に量子ドットの結晶成長については他社にはないノウハウを有しています。

また、研究機関からの基礎技術の研究開発や、メーカの新規アプリケーションの光源開発を行う開発受託業務も行っています。

コア技術

  • 半導体結晶成長:半導体基板の上に半導体材料を作製すること
  • レーザ設計:所望の機能を満たす半導体レーザを作製するために、必要なパラメータ(例えば半導体レーザの長さ)を決定すること
  • 小型モジュール:半導体レーザは半導体レーザチップをパッケージの中に入れますが、そのパッケージのことをモジュールと言い、QDレーザの532nmや561nmレーザのモジュールサイズは、他社に比べて小さい
  • VISIRIUM Technology:メガネ型フレームに内蔵された超小型レーザプロジェクタから、網膜に直接画像を投影する技術
  • 回折格子:半導体レーザ内部に波長を選択するための周期100ナノメール程度の凹凸を作り込んでいる
  • 量子ドット:半導体材料で出来たナノメートルサイズの塊で、電子をこの中に閉じ込めることによって、温度特性を改善

従業員数は50名、平均年齢は50.33歳、平均勤続年数は3.38年、平均年間給与は766.8万円です。

QDレーザのIPOの諸データ

QDレーザの業績推移

業績面では売上高は減収、経常利益・純利益は減益の年度があり、収益化は道半ばとなっています。

QDレーザの業績推移

主要な経営指標等の推移は下表のとおりです。

回次第10期第11期第12期第13期第14期
決算年月2016年3月2017年3月2018年3月2019年3月2020年3月
売上高(千円)613,864579,952664,017960,986756,633
経常損失(千円)-358,313-808,127-1,075,219-996,094-1,225,739
当期純損失(千円)-356,506-810,967-1,128,917-1,040,521-1,240,167
資本金(千円)1,803,2402,553,24010,000343,852763,310
発行済株式総数
 普通株式(株)60,40060,40060,40061,70025,132,380
 A種優先株式(株)355,498355,498355,498355,498
 B種優先株式(株)41,66641,66641,66641,666
 C種優先株式(株)58,68058,68058,68058,680
 D種優先株式(株)85,71485,71485,71485,714
 E種優先株式(株)187,500187,500187,500
 F種優先株式(株)22,224345,984
純資産額(千円)485,8051,174,837245,9352,130,9531,729,699
総資産額(千円)1,131,2021,855,9781,199,9502,999,4072,919,364
BPS(円)-51,256-64,682-83,373-4,914.5368.82
1株配当(円)
EPS(円)-5,902-13,427-18,691-850.79-72.24
自己資本比率(%)42.9563.320.571.0559.25
自己資本利益率(%)
配当性向(%)
営業CF(千円)-1,184,162-1,208,362
投資CF(千円)-112,880-204,730
財務CF(千円)2,897,5411,161,374
現金等(千円)1,722,6841,464,175
従業員数(人)2233455055

市場トレンド

市況面では、上場直前3ヶ月間のインデックスが上昇トレンドの状況だと初値リターンが高い傾向となっています。

東証マザーズ指数は他の株価指数が好調な中、ここ数ヶ月は軟調な展開となっています。

このまま軟調な推移が続くとIPOにおいて向かい風となり、堅調な展開に回帰すれば追い風となります。

東証マザーズのチャート(過去3ヶ月)

上場規模

QDレーザのIPOの規模は最大で約42.9億円であり、東証マザーズとしてはやや大型です。小型であればある程、初値リターンは良い傾向があります。

公募株式数は9,451,800株、売出株式数は4,107,600株、オーバーアロットメント(OA)は2,033,900株です。

公開比率(オファリングレシオ)は最大で約45%高めです。公開比率が低ければ低いほど、初値リターンが高い傾向があります。公募株式数に占める売出の割合は30%です。

株主名保有割合ロックアップ
東京センチュリー(株)13.02%
MGI Global Fund L.P.
(常任代理人 Mitsui&Co. Global Investment, Inc.)
12.45%
グローバル・イノベーション・ファンド11.30%100%売出
グローバル・イノベーション・ファンドⅡ8.75%
アクサ生命保険(株)6.80% 
グローバル・イノベーション・ファンドⅢ6.59%
菅原 充5.17%
Beyond Next Ventures1号投資事業有限責任組合2.67%
第一生命保険株式会社
(常任代理人株式会社日本カストディ銀行)
2.67%
リアルテックファンド1号投資事業有限責任組合2.66%

※制度ロックアップによる継続保有を含む

初値予想

QDレーザの事業はレーザ技術を用いた製品の開発・製造・販売ということで、IPOにおける業種の人気度は標準的です。

予想PERは赤字であり、類似企業と比較すると割高感があります。ただし、PERは成長性に大きく左右されます。

コード銘柄名PERPBR配当利回り
6702富士通18.332.381.32%
6863ニレコ14.130.482.76%
6920レーザーテック97.9731.270.36%
7713シグマ光機16.520.653.36%
7725インターアクション19.812.640.95%
8031三井物産17.460.844.05%

約42.9億円という上場規模は東証マザーズとしてはやや大型です。上位株主にVCが名を連ねていますが、満遍なくロックアップがかかっています。

東証マザーズの35億~50億円未満のやや大型IPOの初値結果は以下のとおりです。

過去実績

  • Fast Fitness Japan:+33.3%
  • モダリス:+110.0%
  • ビザスク:-12.7%
  • きずなホールディングス:-4.3%
  • マクアケ:+74.8%
  • トゥエンティーフォーセブン:+11.1%
  • ダブルエー:-0.2%
  • ツクルバ:±0%
  • Delta-Fly Pharma:-8.1%
  • マネーフォワード:+93.5%
  • ティーケーピー:+74.3%
  • ソレイジア・ファーマ:+26.5%
  • うるる:+11.0%
  • MS-Japan:+5.8%
  • グローバルグループ:+60.0%
  • オープンドア:+23.3%
  • 中村超硬:+11.8%
  • U-NEXT:+31.7%
  • ムゲンエステート:+10.0%
  • GABA:-6.0%
  • ネクスト:+35.5%
  • エムケーキャピタルマネージメント:+157.8%
  • ナノ・メディア:+62.7%
  • クリエイト・レストランツHD:+28.6%
  • フィンテック グローバル:+103.0%
  • ディー・エヌ・エー:+210.0%
  • コスモス薬品:+5.5%
  • シコー技研:+66.7%
  • ディップ:+100.0%
  • 日本ケアサプライ:+23.1%
  • 日本ベリサイン:+108.3%
  • メディネット:+260.0%
  • トランスジェニック:+30.6%
  • ウォーターダイレクト:+200.0%

以上を総合考慮して、初値予想はプラスリターンです。

主幹事はSMBC日興証券、SBI証券です。その他は、岩井コスモ証券、水戸証券、極東証券で申し込めます。

証券会社名割当株式数割当比率
SMBC日興証券11,484,80084.70%
SBI証券1,898,30014.00%
岩井コスモ証券67,8000.50%
水戸証券67,8000.50%
極東証券40,7000.30%

QDレーザのIPOの当選のコツについては、以下で徹底解説しています。

株には「IPO」という制度があります。新規上場株式を購入することができます。人気銘柄は抽選となり、なかなか当選しづらいの...

SBI証券が幹事団に入っているので、着実にSBIチャレンジポイントを貯めましょう。

参考まだ安全資産は定期預金と国債だけなの?IPOチャレンジポイントで確実にS級IPOをゲットできる

SBI証券でIPOの引受け部門で活動していたプロにインタビューして、貴重なお話を聞きました。以下にまとめています。

日本の幾多のネット証券の中で、ここ最近では、SBI証券は唯一、IPOで主幹事証券を担ってきた証券会社です。また、幹事証券と...

SBI証券は当サイト限定でお得なタイアップ・プログラムを実施しています。なんと口座開設だけで3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。口座開設・維持は無料です。

SMBC日興証券のネット口座は小口個人投資家でもIPOが当選することがあります。口座開設をおすすめします。

SMBC日興証券という大手証券会社がありますね。SMBC日興証券はインターネット口座もあります。「ダイレクトコース」という名...
日本を代表する大手証券の一角がSMBC日興証券です。約100年の歴史があり、大正・昭和・平成と時を紡いできました。対面で...

マネックス証券は完全抽選で小口個人投資家でも当選する可能性がある証券会社です。

日本の大手ネット証券の一角がマネックス証券です。1999年創業以来、次々と先進的なサービスを提供してきており、日本初のサ...

株・投資信託ならネット証券のマネックス

野村證券はIPOの取り扱いが多いのがメリットです。小口個人ですと当たりづらいですけれども、ポチポチ作業を許容できる場合は候補です。

郵政3社、JR九州などの大型株に関しては意外な程に当たりやすいです。

野村證券

SBIネオトレード証券でもIPOの取扱いを開始しています。委託幹事に名を連ねる可能性があります。

現在はお得なキャンペーンを開催しています。

SBIネオトレード証券 公式キャンペーン

岡三オンライン証券でも取扱いの可能性があります。

岡三証券グループにはネット証券「岡三オンライン証券」があります。使い勝手がよくて投資に役立つツールに定評のあるネット...

岡三オンライン証券は、当サイト限定タイアップでお得な入会キャンペーンを行なっています。口座開設と1回以上の取引だけで3,500円+特別レポートがプレゼントされます。

ネット証券のキャンペーンとしては破格の内容でおすすめです。まだ口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会に開設してみてはいかがでしょうか。

岡三オンライン証券

楽天証券松井証券も委託幹事団に名を連ねる可能性があります。

楽天証券という楽天グループのネット証券があります。日本の大手ネット証券の一角であり、大人気で存在感がある証券会社です...
日本を代表する大手ネット証券の一角が松井証券です。約100年の歴史があり、大正・昭和・平成と時を紡いできました。日本初の...

岩井コスモ証券は、ネット抽選分は小口個人投資家に嬉しい完全公平抽選となっています。

100年以上の歴史を誇る老舗総合証券の一つが岩井コスモ証券です。対面口座だけではなく、ネット専用口座もあります。IPOの取...

東海東京証券は小口個人投資家には嬉しい完全抽選がある証券会社です。

東海東京証券という準大手証券会社がありますね。東海東京証券はインターネット口座もあります。店頭口座はハードルが高いと...

むさし証券もIPOのサービスを提供しています。インターネット口座は売却手数料がリーズナブルです。

むさし証券という証券会社があります。対面口座とネット口座があり、ネット口座のトレジャーネットは、安価な手数料と金利に...

<投資スタンス>
やや強気
(※強気・やや強気・中立・やや弱気・弱気の5段階)

  1. 強気:対面証券・ネット証券で全力申込
  2. やや強気:ネット証券・対面証券で申込
  3. 中立:ネット証券、回数制限に問題なくS級銘柄の当落に影響がない対面証券で申込(大量獲得を狙える場合は妙味あり)
  4. やや弱気:ネット口座以外は原則回避(ただし、マイナス覚悟の勝負で申し込むことも) ※安全重視ならSBI証券のみ
  5. 弱気:SBI証券以外は回避(対面証券はバーター取引ならOK)

過去のIPO初値予想の履歴

-IPO

© 2014-2021 The Goal